2017.04.23

ポチ♪った


 またタンデムのお出かけをすることが、ほぼ決まったので。

 ものはこれとほぼ同じ。



 上の写真のは、今 ぽてちが使っています。相棒がゲット!♪してきたものですけど。

 ポチ♪ったものは B+COM SB4X Lite と、 Lite がついている。どうやらマイクが一種類しか付属していない、ということのよう。
 外装とかスイッチとか、若干違うようですけど。中身は基本的に同じでしょう。


 先日のツーリングで、 60 km/h を越えると ぽてちが何を言っているのかを相棒がさっぱり聞き取れなくなる事態が一日続きました。
 ぽてち側のワイヤーマイクの位置が悪かった事に起因した面もあると思いますが。

 少なくとも、 B+COM SB213 から B+COM SB4X に換えた ぽてち側は交換前より格段に聞きやすくなっています。

 長い移動に備えてポチ♪


 また文鎮になるような事がないといいな。(^^;;;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古いソケット式タンクバッグ


 タンクバッグって、何でもいいものじゃないな~と思っています。

 9 年前から 2,3 年の間、いくつか試して至った思い。


 大きさが要だとは思う。小さいと不足するし、大きすぎても目障りだったり邪魔だったり。大きさだけで決まるものでもなく、細かな使い勝手も大切
 以前書いたように、肩に提げるベルトの取り付け向きも、使い勝手に影響するです。

 チャックの開け閉めしやすさ(品質や角の R の作り方)も、些細な話しであるようでいて、実はけっこう利いてくる要因だったりするし。
 その他にも、「こうだったらいいのに」がけっこう出てくるものです。


 BMW の 2 輪に乗るようなって、磁石式の取り付け方法をとれなくなりました。吸盤式はもちろん、怖くて使えません。
 コンデジでもカメラを入れると、他と合わせてけっこうな重さになりますから。

 メバチくん登場から早々に SW-Motechソケット式タンクバッグを導入した理由。


 使ってみると、買ったものはバッグそのものの使い勝手が悪くて、お蔵入り。ソケット式であることは便利だ♪と思ったのですけどね。

 あるとき思いついて、普通のマグネット式小型タンクバッグを改造してソケット式に変更。ちょこちょこ使っていた。

 Google で「ソケット式タンクバッグ」の検索をしたら、画像のトップに自分の写真が出てきたのには驚いた。(^^;


 ハンドルに当たらぬサイズ。見た目で邪魔に感じないサイズ。やっぱり容量が厳しくて、使わぬようになっていました。
 レンズ交換式のカメラを入れられぬ薄さが、その主因です。ガラケーがスマホになり、タブレットも使うようになって、荷物容積がさらに増えました。容量可変でちょっと厚くなるならよかったのだけど。


 それでも、再び装着してみる気になった。


 メバチくんでは感じにくかった、ケース無しで走る軽快感。ワオではハッキリと感じられるので、ワオ店に行くようなとき、使えるんじゃね?と。

 手持ちのシートバッグをリアキャリアに取り付けるのが、どうしても思ったように上手くいかない。そんな理由もありますが。

 TOURATECH に テールラックバッグ アンバート なるものがあるのだけど。下車したとき取り外して持ち歩くことをまったく想定していない作りに見える。「ちょうどよい」が、なかなか難しいものです。


 ソケット式の新しいものを買ってもいいのですけどね。 SW-Motech でも GIVI でも。だけどメーカー Web ページの商品情報を見る限りではこれだ!が無く、店頭で現物を確かめようにもほとんど置いてない

 やや高額な路線に勝負をかけているライコランド東雲で展示品が 2 メーカー 3 種しかないようだと、他では難しいですよね。
 多種の展示をしているところがあれば、少々遠くても見に行くのだけど。タンクバッグとしては高いものだから、そんな店は無いだろうな~

 まぁ、ね。ソケット式のタンクバッグはソケット式であることで事足れりとしている感があって、使い勝手の工夫がほとんど無いように見える。
 6 種 7 種を見ても、「これじゃないが漂うと予想していますけど。(^_^;)


 とりあえず現有のものを使えるようにしておいて、一般的なタンクバッグで希望に近いものがあったら加工して替える手がある。
 加工が、ちょっと面倒なんですけどね。

 まずは、現状のものをワオに付けることにしました。


 タンク側のリングを付ける。



 標準のネジを 4 本抜いて、付属のカラーを入れて、付属のネジで締める。タンク側を痛めぬよう、適度に締める。でもキッチリと

 バッグ裏のソケットはこんな状態。



 取り付けたところ。



 バックへのソケット取り付けは、ホームセンターで買った軟鉄材とネジ・ワッシャーで、このように留めてあります。
 磁石を外したフラップを折り込める作りになっているのが幸い。狙って買いました。



 バッグの底にタオルを敷いて、クッションにしてあります。


 レンズ交換式カメラが入らないので、写真はすべて XQ2 で撮ったものです。豆粒大の 2/3 センサーにしては、やっぱり優秀な方だと思う。

 これが 1,000 万画素程度の 1 inch センサーになってくれたら。。。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.22

だぼだぼ写真


 すっご!  だほだぼ (^^;;;


 届いて初めて着てみたときから、「これは失敗したなレベルに近い だぼ ぶりだと、わかってはいた。

 しかしま~ 自分以外の視点から乗っている様子を見ると、凄いっすね! (^O^;)

 しなやかな生地でジャストなサイズをぴたりと着こなす 6 人の姿を見た直後だけに、余計に「これはあんまりだわさ」と思うた。(笑)



 写真は、観桜ツーリングに参加していた まーぼー氏が送ってくれたものです。


 実際のところ、着た感触で。

 ジャケットは間違いなく一つ下のサイズの方がよかったと感じています。

 上の写真を見ると、背中のしっかりした 4 層プロテクターが、身体から離れてしまっていますね。大だぼでも風でバタつくような柔らかな生地じゃないから、問題は無く済んでいますけど。


 パンツもびみょ~

 腹と尻と太股の だぼだぼぶりからすると、一つ下のサイズでも十分だと思う。だけど、サロペット部があるおかげで肩から吊れて、問題を感じることは特になく。

 もしサロペット部が無かったら、間違いなく「これは失敗したな」ですが。(^^;;;



 もし無いと、腰からずり落ちぬよう留めるのに苦労しそうな様子です。


 とりあえず上下とも、問題(不便)を感じて買い直しが頭をチラつく直前スレスレの範囲に収まっている感触。
 珍しくて貴重な だぼ体験を楽しく嬉しく思っています。(笑)


 まじめな話し、それほどまでに、ちょうどで入るサイズが無くて辛い思いをし続けてきたストレスが鬱積しているのです。

 写真を見ると、さすがに「行き過ぎ」な感を受けますけど。(^◇^;)


 だぼにも良い事はある。

 まず、だぼだぼのおかげで体のどこもキツく感じるところがなくて、とても楽♪

 特にパンツは助かっていて、膝裏脇や脚のつけ根を締め付けられて血行が阻害されずに済むんだな。

 おかげで走行中に足が攣って難儀することなく済んでいます。帰宅後、血行不良が理由で晩に攣ることもない。
 まれに晩につったときは、他に理由がある。運動不足過ぎなのに筋肉を使ったという。手入れで、立ったりしゃがんだりして。それだけで。(火暴)


 次に、だぼだぼがたっぷりの空気層になって保温がよく、一番寒い時期にも寒くなかった

 1.5 まで下がった箱根峠で何も問題なかったし、 1.5 2.5 の高速道路速度で、冷たて辛く感じるところがなく快適に走れてしまった実績もある。
 どちらのケースも下のセーターは極薄で、インナーのチャックも開けたままでいたのに。

 防風性能が高いワオとの合わせ技ではありますが、前のジャケットよりずっと冷えないことは確か。
 腰に冷気が忍び込みにくいロングタイプを選んだことも正解だったと思います。



 寒さ冷たさがすぐ身体の負担になって、すぐに消耗する ぽてち。(^^;

 寒さ対策は暑さ対策とともに大切で、一番寒い時期は、防風保温ウィンドブレーカーと もこもこのセーターがお約束だったんだな。
 だから、余裕がある方がいいだろうと考えたわけです。(不要だったけど)


 まぁ、何年か後に買い直すことがもしあったら。一つは下げます。 v(^^;;;


 年齢からして ぽてちのバイク人生はワオとともに終わるはずで、買い直しがあるとは考えにくいのですけどね。

 できることなら、一般用衣類の書い出しで、ドイツ旅行をしたいものだと思いました。実際に だぼを体験できただけに、本当にそうする努力をすべきか?と。(^_^;)
 もし行ければ、苦なく入る衣類が多種あって選べて、試着もできて丁度を入手できますものね。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.26

ラリーグローブを買った


 土曜日のこと。
 東京モーターサイクルショーを見てみるつもりでビックサイトまで行ったのですが。

 大きな東棟駐車場は、貸切となっていて入れない。たしか泥砂利だったから、入れても難儀するんですけどね。
 西棟駐車場もシャットアウト。狭いフェリー埠頭側も当然満車で、仕方なく、指示された遠い遠い臨時駐車場へ・・・

 向かおうとしたら、東館の前から鉄鋼団地入口交差点までずっと渋滞しておりました。(^_^;)

 右車線にぎっしりズラ~っと、まるでパレード待ちのバイクの海のよう。これが続いたら一般社会的に問題になるのじゃないか?と思ったくらいのレベルでした。


 予想通り鉄鋼団地入口交差点の右折渋滞で、ライコランドの方から直進していけば、スパッと行ける状況でしたけどね。素直に並んでいる大渋滞があることをわかっていて、ズルっぽいことはしたくなく。

 みんなも右往左往せずマナーよくみっしり並んでいて、今どきのバイク乗りは総じて行儀が良い との思いを裏付けてくれました。


 けっきょく ぽてちは入場を断念して、ライコランド東雲へ逃げました。入場してもきっと大混雑で、カメラを構えられるほどゆっくり観られないと考えた。

 その後ネットで情報を見たら、どうやら大混雑でアタリだったようです。


 よく晴れていて、気温は 12 くらいだったと思います。湿度も、翌日の天候が崩れる相応に ちょびっと高め

 速度が低く信号で頻繁にぶつ切りにされる一般道では、ストリートガードの上下だと暑く感じたくらいでした。
 ライコランドに着いてまず、ジャケットのインナーを外す。パンツの通気チャックを開ける。下半身が少々汗ばんできていて、本当はパンツもインナーを外したかった。


 でも、後に移動を開始したとき、一般道でも流れが良いとインナー無しでは首回り(ヘルメットとの隙間)や肩が若干冷たい。
 流れが悪い都内町中の雑踏の中でぶつ切りされながら走ると、冷たくない。インナーを外せない下半身の暑さが目立ってくる。

 びみょーなもんですね。(^^;)


 ライコランドのベンチでだいぶゆっくりタバコを吸って、店内でタンクバッグや夏グローブを見てプラプラして、ワオ店へ

 向かったのは 13 時前になっていて、再び通り抜けたら渋滞が無くなっていた

 開場からしばらくの間に大集中して、その後は憑き物が落ちたように落ち着いた。なんてところなのかしらん。

 チラッと考えたけど。埠頭側の駐輪場の様子を見に入ってみるか?と。左スイッチボックスの交換作業でこれから行くと、ワオ店に電話してしまったところです。


 ワオ店で営業氏と話したら曰く、いつもは日曜日が混むのだが、日曜が雨の予報で今日に集中したのではないか?

 うん、ありそうです。やや寝不足だけどワオ店の前に行ってみようと ぽてちが思い立ったのも、日曜日の雨予報があったからでした。


 で、 SET・RES レバーにガタつきが出てしまった左スイッチボックスの交換作業は、あっと言う間に完了しました。


 わずかな待ち時間の間に夏グローブのことを思い出して、営業氏に尋ねてみた
 BMW のグローブでメッシュの涼しいのって、どんなのがあるの?とにかく涼しいのが欲しいんだ♪と。

 で、営業氏のお勧めが吊されていたラリーグローブで、引き出しから出てきたのがエアフローグローブ


 縫い目のあたりの少なさや肌触りのソフトさはエアフローグローブが良いものの、ドイツの夏は北海道の夏のようなものだよねという言葉が、ぽてちと営業氏の両方から出てきた。(笑)

 ということで、こんなものにも釣られて。



 買ってみた。



 12 サイズはちょっと大きかったけど、 11 サイズにすると握ったとき中指の先が縫い目にあたってしまいます。
 何よりも、例によって緩い♪と感じる希有な体験に目を輝かせてもうたですよ。(笑)


 帰路、さっそく使ってみて。


 ちょっと。縫製の部分の肌へのあたりが良くない。徐々に、不快感として感じる弱い痛覚を感じてくる。これまで使ってきた GOLDWIN のものの方が、この点で優れていると思うたです。
(現有のものの後継モデルは XO サイズが無く、 XO でも指長が合ってはいない)

 あたりが悪いのは左の方だけ

 グローブって、ちょびっとした裁断の違いや縫製の違いで、同じ製品でも違うんですよね。キツい中から少しでも余裕があるものをと、いつも試着を繰り返して選んできて知ったことです。

 12 サイズは 1 本しか吊されていなかったから、選びようがありませんでした。


 帰宅後にひっくり返して縫製の部分の余剰を切り詰めてみた。あまり変わらない。(笑)

 まぁ、このラリーグローブを使う夏本番は涼感アンダーグローブをつけるから、たぶん大丈夫
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.03.18

三河へ


 我ながら、荷物が減ったものである。パッキングも手早くなった。



 かつては、大荷物がお約束だったんです。けっきょく使わず持って帰るだけのものも衣類も、ごっそりと持って出たもので。(^^;)

 横浜の某偉大な夫婦のツーリング記に憧れてバイクでお泊まり外出をするようになって、否応なく荷物が減りました。
 いくらケースが3つもあると言うても、車のようにはいきませんから。


 ストリートガードを着て出ました。



 クッソ重く感じることの他は、上々。

 防寒性能が前のジャケット&パンツより高く、気温が上がってきて日差しを浴びたときの暑く感じる程度も若干マシに感じます。
 気づかぬ細かなところまで、工夫と改良を重ねてあるのだろうと思う。

 重くてゴワいけど、念願のサイズが合ってキツくないことも込みで、トータルで受け入れる気になります。


 で、こんなとこ、行ってみた。



 今年は全くと言っていいほど見てないんですけどね。 > 大河ドラマ
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.01

上州屋チューン


 体調イマイチである。(^^;;;

 ひたすらに怠くて億劫で、やる気が湧いてこない。すぐに咳き込みもするし、鼻水も出やすくなっている。も、なんか変。
 この状況。3,4年前にはっきりと自己把握して、2,3年前に自認しました。


 花粉 っす。 鼻水や目の、目立つところは軽度ですけど。


 の日は、そこそこ調子が良くて「やる気」もマシになるんですね。このことからも、花粉で間違いないだろうと結論しました。
 以前は「ただの怠け者」だと思っていました。そういう面も、確かにあるから。(笑)


 早いと今年のように2月下旬からはっきりと怠い日がでてきて、これが GW 明けくらいまで続きます。


 たぶん、黄砂とディーゼル煤煙も影響していることでしょう。 PM は古くて新しい話し。東京も、なかなか過酷です。
 日々これを吸い込んでいるわけですから。



 手前がリアガラスを拭いたウェスで、奥がフロントガラスを拭いたウェス。



 褐色です。これでもだいぶマシになった方です。1都3県のディーゼル排ガス規制が始まるまでは、ウェスが漆黒になりました。
 窓近くに置いた TV の上も、雑巾で拭くと黒くなる。翌日に拭くと、もううっすら黒く。

 それを思えば、マシ。一時はもっと良かったのですけどね。濃茶でしたから。

 旗振り役が退いてから何年にもなると、監視の目が緩んで、網の目をくぐろうとする不届き者が増えるのでしょう。
 週末にパンダで一般市民を食い散らかしていないで、こういう事をちゃんと取り締まれよ!と思うところ。(^_^;)


 いきなりの閑話休題


 上州屋チューンのこと。少々、悪戦苦闘しました。


 40 mm 径ではだいぶ太くて、出力が低いヘアドライヤーで収縮させるのが難しく、事実上の失敗に至る。
 35 mm 径に変えて、収縮させるのにチョイ苦労をして、なんとか完成

 そんな顛末でした。


 使ったのは「共和 ミリオン ラバーグリップ・スーパー」。ハンドルグリップの摩耗を防ぐ工夫で、けっこう前から有名なチューン素材のようです。
 本来は、釣り竿用。



 まず、検索で得た blog 情報を元に 40 mm 径を選択。 35 mm 径だとグリップエンドを通すのに大苦労をして、 40 mm 径ならすんなり通るとのことでした。

 確かに、すんなり通ったのだけど。



 上の写真は、再挑戦をしたとき比較で撮った 40mm 径。下が 35 mm 径です。



 能書きを読むと、 120 で収縮するとありました。竿をガスコンロで炙れ、と。

 相棒から借りたヘアドライヤーは Turbo モードで 120 度にしかならず、それも気温が 30 度のときとある。
 熱量が足らず、ネチネチと加熱しても十分に収縮させられませんでした。

 それが先頭の写真と、この写真。



 まずまずのように見えるのだけど、実際はブカで、スルスルと回ってしまいます。


 後日、車な友人の助言を得て、熱湯をかけてみる気になる。沸騰直後でも 98 度程度の熱湯じゃ足らないだろうと思ったけど、ものは試し
 サランラップを巻いて養生し、バイクも熱湯がかからぬよう養生してみた。



 ここで大苦労が発生。倉庫部屋と駐車場共通の電気系統。ブレーカー 10 A に変更されていて、電気ケトルを動かすと落ちる落ちる。(^^;

 除湿器、空気清浄機、電灯、駐車場の人感知センサー投光器のすべてを切って電気ケトルだけにしても、少し動いて落ちます。

 倉庫部屋のブレーカー前で監視していると駐車場のケトルの沸き状況が見えず、ご飯が欲しくて周りをチョロチョロしている奴らがケトルを倒して火傷をしても困ります。



 ケトルの側にいて、落ちたなと思ったら倉庫部屋へ。何度も繰り返して、ようやく 1 L の熱湯を作れました。


 さすがに 10 A 契約は不適だと、管理者(別階)に何度か言うてきたのですけどね。ケトルひとつで落ちるとは。(^^;)

 上げ床にしていない倉庫部屋は、除湿器と空気清浄機を常時動かしておかないと、ものが黴びてどうしようもないのです。除湿器が必須。
 除湿器も高いのですよね。値段を見て、長く逡巡していました。で、導入前から置いてあったグローブとショートブーツがひどい黴で捨てることになったし、ジャケットやパンツも、今もカビ臭い。(^_^;)

 ときどき掃除を依頼しているらしい人が除湿器のスイッチ操作がわからないようで、掃除機でブレーカーを落としてそのまま帰る。(笑)
 すると除湿器と空気清浄機が、止まったままになってまう。

 だで、せめて 20 A でしょうと何度か言うてきていた。今週になってようやく変更したよう。


 で、なんとか沸いたお湯をかけてみたところ、やっぱりイマイチでした。 40 mm 径の使用を断念して、作業中に届いた (笑) 35mm 径を使うことにしました。
 いま話題になっているヤマトの配達員さん、ありがとう。(^o^;)

 サランラップもスイッチの養生だけにして、グリップに直接お湯をかけることにする。写真は 35 mm 径で、熱を加える前。



 チューブを通すために、グリップ エンドを外しました。使った工具はこちら。



 トルクスのビットは 45 だったかな。

 大きな力が斜めに入ってしまうことを嫌って、外す最初と、締める最後に T 字レンチになるハンドルを使います。
 その後はジャッコ!ジャッコ!のラチェット(小)が便利。(^_^)

 振動のきめが細かいメバチくんと違って、ロックタイトを使っていないようです。両手で力をゆっくり加えていくと、ぬるりと回り始めました。


 チューブの通りはどうだったか。浴室から持って下りた石けんのヌルッとした部分をちょこちょこ塗って、スルリと入りました。
 こうしてグリップ エンドを外すなら、水だけでよかったかもしれません。

 グリップ エンドを付けて、慎重に締めつける。メバチくんにハンカバを着脱するので慣れた作業です。
 エンドとグリップの隙間もサランラップで養生。準備完了


 まず、再びヘアドライヤーでねちねちと熱を加えて、第一次の収縮をさせる。

 熱湯は、届いた 35 mm 径チューブを切りに上がったとき、ガスコンロで沸かしたお湯をサーモスのポットで持って降りたもの。
 かける直前に、電気ケトルでひと煮立ち。これならブレーカーが落ちなくて済んだ。

 外の奴らがチョロチョロしていたので、熱湯の扱いに気を遣ったです。(^^;


 結果。


 まぁこんなもんじゃないかな。回そうとすると少し回るけど、ヘアドライヤーとお湯では上々なところだ、と。

 現状より収縮させるには、ちゃんとしたヒートガンか、ガスバーナーが必要でしょう。ササッと、上手にやらないとならないはず。
 適した機材を持たぬのにネチネチやり過ぎると、最後は壊しますここまで!


 んな顛末でした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.26

リアキャリアにシートバッグを


 この土曜日。夕刻から 40 年来の友人たちと 15 年ぶりくらいになる邂逅を果たす予定があったので、「バイクでお出かけ」は無し。

 早くに出て間に合う時間までに帰ってきても、寝不足と疲れで「まず寝るわ」になること間違いなく、遅刻やサボリになったら困るでな。(笑)


 ということで、日中が空いていた。前からやろうと思っていた事に着手してみました。


 現状はタンクバッグのリアキャリア設置。トップケースを付けず、パニアを空けておきたいとき、タンクバッグを使っている。
 付属のアタッチメント ベルトをくくりつけて、リアキャリアに設置しています。



 これを、手持ちのリアシートバッグに変更する作業を行いました。

 どうやったら取り付けベルトをリアキャリアに上手く取り付けられるか。その試行錯誤に手を染める気になったんですね。


 中に入っていたレシートを見ると、このリアシートバッグは 2010 年 10 月 3 日にライコランド東雲で買ったもの。
 デイトナ扱いの Henly Bigins ブランドで、税込み ¥8,920- で買っています。



 メバチくんのとき付けてみたら、リアシートの上だと乗降時に蹴る蹴る。(笑)

 なかなか脚が上がないお年頃だでな~。ヽ(^◇^;)ノ

 おまけにタンデムのときはアタッチメント ベルトを外す必要があって、外すのも再装着するのもけっこうな手間と時間が必要。


 よってリアキャリアに付けたいところなんだけど、シート取り付け用のベルトで、工夫無しには付けられない。
 面倒臭くてタンクバッグに戻してお蔵入りとなっていました。(^^;


 そのタンクバッグが、ちょっと使いづらかったんです。ショルダーベルトで提げると、下の方から開ける形になってしまう。
 財布を取り出すにもいちいち置いて、横にしてから開けなければなりませんでした。

 これがリアシートバッグの方だと、上から開ける形になって、出し入れがし易くなる。


 ということで、無理矢理に取り付けてみました。



 後方側は、もうちょっと考えなければなりません。



 が、とりあえず使えるでしょう。


 トップケースもパニアも外して身軽に出かけるのに、ちょうどいい感じ。例えば、点検でワオ店に行くときとか、、、他は思いつかない。(火暴)

 ケース3つ外すと、感じる重さがだいぶ違って運転が楽。

 でもまぁ、パニアは転倒や立ちゴケ時の保険として、外さないけど。双葉 SA の乱が勃発したとき、パニアが無かったらだいぶマズかったですものね。
 
 
 
 夕刻からの会食で、嬉しいサプライズがありました。

 「お前はドイツの標準だ」と言うた友人も来たんですね。会うのは 17 年ぶりになります。



 仕事で、2週間の日本滞在だとか。転勤で、勤務地がミュンヘンに変わったとか。 BMW の本社があるところですね。

 相変わらず達者な日本語。「話す前に考えるとき、ドイツ語と日本語のどっちで考えている?」と訊かれて、「う~ん・・・」と悩んでおった。(笑)


 なお、日本で有名なレーベンブロイは、ミュンヘンで一番不味いビールだそうな。(火暴)
 先週日本に来てから飲まされて、がっかりだったそうな。(走召火暴)

 アサヒのドライと春巻きがいいそうですよ。変わってないわ。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.24

ストリートガードのテスト(ジャケット編)


 ぽてちが導入したジャケットは、ロングタイプの方です。すっきり感より、裾から冷気が入り込んで腰を冷やす可能性の低さを選びました。


 テストに出かけた日。上半身の衣類は、肌着シャツ、上着シャツ、羊毛の極薄セーター。その上に、胸から下をパンツのサロペット部(男性用のみ)が蔽う。

 そしてストリートガードのジャケット。


 前のジャケットのときはたいてい重ね着していた BMW のウィンドブレーカー(廃番)は着ずに、パニアに入れておきました。
 これ、薄くて柔らかく、着やすい割りには保温性がけっこう高いんです。

 今はなき以前のディーラーで処分価格で吊られていて、相棒の勧めで試着してみたら余裕で入ったことから買ったもの。
 値段が高くて縁遠いと思っていた BMW 純正ウェアへの評価を高めたものです。

 欧州人向けの作りは、ぽてちには袖が長いこと。再確認したものでもありました。



 このウィンドブレーカーを着なかったのは、慣れない固くゴワゴワしたジャケットで厚着して動きにくい感を増したくなかったのと、防寒性能の程を知りたかったのと。

 おまけに、ジャケットのインナー部チャックを開放。ジャケットの保温性が高そうに見えたのと、前のパンツに無かったサロペット部の保温性があって、さらに暖かかろうと思ったのと。


 気温が低い朝だったのですけどね。出発儀式の他あれこれをやっていた駐車場が 2.5 度だったほど。
 もし冷えて困るようだったら、大井か君津で閉めるなり着るなりすればいいや、と。

 湾岸線でだったかな、電光板で知りました。東名道の大井松田から裾野の間が雪の凍結で通行止め。残って凍結するほどの雪だったとは、知らなんだ。
 関東一円がだいぶ冷えていたようです。

 それほどでも、日差しで暑くなって消耗することを警戒していた ぽてち。 v(^^;



 出発儀式の他あれこれは、まず、手間のかかるトップケースの装着に数分。そして、以前書いた雨水流れ込みの可能性確認です。



 うむ。流れ込んで、流れ出ていく作りのようです。どこをどう流れ出ていくかは、わかりません。
 考えられているのでしょうけど、中がびしゃびしゃするのは、よい作りでないな~。


 続けて、シートを外したついでに、これ。



 メバチくんのとき、前後とも各々2枚重ねで使っていたゲルザブです。

 ワオのシートと乗車姿勢はメバチくんのときのような股ぐら攻撃性が無いし、クッション材がしっかりしているから、潰れてきてプラの土台が脚のつけ根にあたって痛くなることも、まずない。(ぽてちは重いですからね~。 v(^^;;; )

 だで、房総へ行くくらいの乗車時間なら、必要を感じないのですけどね。岐阜へ行ったときはさすがにお尻が痛くなった。

 某横浜の偉大な夫婦が同じようなものを敷いているのを見て、ワオでも試してみようと思い立ったのでした。
 モノはたぶん、某横浜の偉大な夫婦が使っているものの方が良いです。ゲルザブは、気持ち前下がりになって尻の落ち着きが悪いから。


 試してみた印象。シート表面を固く感じるのが緩和されて、良い。気持ち前下がりに悪評が出なければ、タンデムシートにも着けることになるでしょう。
 2,3 mm でも座面が高くなって、膝のキツさにも良い。。。はず。(笑)


 あれこれの最後は、これ。



 スマートフォン充電用のリール式ケーブルを、手持ちの中で小さいものに変更しました。

 白い方だと、ストレージコンパートメントに入れたとき真にギリギリ。出し入れし難いのと、いつか端子を壊しそうなのと。
 黒い方に変更したら、若干の余裕ができました。



 ということで、ようやく出発した次第。


 前のジャケットで大きな懸案だった、二の腕と肩の冷え込みは如何?


 は大丈夫。ごっついプロテクターの保温効果だと思う。おかげで、五十肩が痛んでこなくて大いに助かる。

 二の腕と脇の下が、けっこう冷や冷やする。脇の下は、どこかから冷気が僅かばかり流れ込んできているような感触。
 インナーのチャックを閉めるなり、ジャケットの裾の始末を検討するなりの、必要あり。

 まぁ、前のジャケットより冷え方の程度が少なく、暖かいんですけどね。


 ちなみに、襟とヘルメットの隙間がけっこう小さくて、首回りが冷たくて不快に感じる程度がだいぶ減じました。
 これは予想外のことで、有り難い!

 襟の中にフードが畳み込まれているそうで、ガッツリしているんですよね。

 代わりに、その襟がヘルメット下端にあたって、首を上げる動きが少々阻害されます。車線変更時の後方目視確認の首振りも、ちょっとし辛いかな。



 ということで、全体として暖かい。前のジャケットより確実に暖かい。二の腕と脇の下の他はぬくぬくと快適
 冬の長時間走行でも、冷えて体力を消耗する心配が少なくて済む。

 7年半前だったっけか、前のジャケットを導入したときも、こりゃ暖かい♪と思ったのですけどね。上には上があるものだわい♪と。(^_^)

 よって、消耗とバテの有無は、多くが寝不足の程度と暑さに帰することになると思います。


 たくさん着込んでモコモコすることなく済んで、防風保温の首巻き腰巻きを使う必要もなくて、楽ちんだとも思いました。

 ストリートガード自体で、十分にゴワゴワ感ありますけどね。着ているうちに馴染んで、多少はゴワが減ってくれると思います。人間側の慣れもでてくるでしょう。



 ストリートガードの話しを離れて、お出かけのこと。


 1.5 度の君津 PA では、盛大に霜が降りていました。もしかしたら、夜中に降った雪だったのかも。
 ここで失敗。(^^;

 わずかにたばこを1本吸っている間、グローブをシート上に置いておいたら冷え冷えになってしまいました。
 タブレットの操作で指も冷えて、以後、富楽里に着くまで指先が辛かった。(^^;

 いちお、(厳重でない方の)冬用グローブを着けていったのですけどね。いちど冷えてしまうと、指先はグリップヒーターを使ってもなかなか回復しません。
 やっぱりハンカバを使った方がいいのかな~。


 富楽里では冷やさぬよう、サロペット部に差し込んでおきました。


 富楽里で並べて駐めた祖先です。



 富楽里で買ったもの。大きなブロッコリー、レタス1玉、小松菜1羽、トマト1袋、八朔2個。手作りプリン2つに苺も3パック。



 だいぶ賑わうようになっているからでしょう。こんなものまで売られていた。



 こんなものも。



 初めて見ました。

 日本みつばちの蜂蜜は、西洋みつばちと違って固まりやすいようですね。それだけ糖分が濃厚なのかな?
 ¥7,200- だったか、 ¥7,500- だったか。富楽里で通常の蜂蜜の。えらく高い値段でした。希少なものなのでしょう。


 たばこベンチでの休憩を入れて、滞在は約 50 分。 10:20 に富楽里を出発。

 この日もえらい寝不足で他に回る気を失い、まっすぐ帰路につく。特に行ってみようと思っていたところがあったわけでないし。
 その代わり、富津中央まで R127 トコトコをやってみる気になる。


 うん。1車線の道で車の後ろは、辛かった。(笑)



 やっぱりね。にぶいんですよ、先読み判断と車の動かし方が。そして燃費が悪い動かし方を、いいと勘違いしてやっている。
 さらにやっぱり、のろいんですよ。今の多くの車種の動き方が。

 こういう車が、 15 年前と比べても増えたと思います。それだけ車が普及して、高齢の運転者も増えたのだと思う。
 打つ手が無いことだで、愚痴がこぼれるのみ。(笑)


 帰路は、 R127 も館山道もだいたい 7 ~ 8 度。


 館山道巡航中に、ブーツの中、土踏まずあたりから先の方が冷たいことに気づく。ただ冷えているだけでなく、どこかから僅かばかり冷気が流れ込んで、通り抜けているような感触もあった。
 今は断線してお蔵入りになっている電熱ソックスを履くために、だいぶ大きなサイズにしたブーツ。ぶかぶかの悪影響かな?

 前の記事に書いたことで、裾のさばき方を考えないとなりませんね。



 湾岸線と都心環状、 9 度。給油して、 12:15 帰庫。 9.5 度。

 185 km 走ってきて、燃費が 21.73 km/L

 シングルだと伸びますね。車でも、排気量が小さく車重も小さい車は、一人か二人かでけっこう変わってきますが。
 今回のは、 R127 で効率よく走らせてもらえていたら、もうちょっと伸びたはず。


 格納の儀式の際にやったこと。雨水の流れ込みで収納物が濡れないよう、キチンと奥に押し入れる作業をしました。



 ビニールポーチに入っているものは、パンク修理用のボンベ。その右に丸く見えるものがパンク修理キット
 ポーチの上の四角く白いものは、圧縮して固められた軍手

 その上の薄いビニールポーチに、車検証と自賠責のコピーが入っています。さらにその上に、見えないけど ETC ユニットがある。

 けっこう入るんです。



 左側の外パネルを留めているネジ。お気づきになりますでしょうか。

 右側と違って、はっきりズレていますよね。これも、黒パネルがぱかぱかになってる原因じゃないかと疑っています。
 黒パネルが熱で歪んでネジ穴の位置がズレただけでなく、受け側もズレている?と。


 部品が入荷して黒パネルの交換に行ったとき、訊いてみようと思います。もうすぐ4週間になるで、そろそろ連絡があると思います。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.21

ストリートガードのテスト(パンツ編)


 ストリートガードのテスト。届いてすぐ、 11 の土曜日でした。

 次にアップする予定のジャケット編の次の記事は、やはりストリートガードのテストにもなったお出かけになるかな。 18 日土曜日に、再び伊豆韮山へプラリ行ったことです。
 それとも、月曜と火曜の晩に挑んだ上州屋チューンの顛末が先だろうか。


 で、 11 日。

 けっこう冷えていた朝の 06:25 に玄関を出て、出発の儀式あれこれの後に なんと 08:47 出発。岩井の富楽里まで行ってきました。
 出発時のあれこれは、後述します。


 天気は快晴。往路復路ともに全線で日差しがありました。出発時、駐車場の気温は 2.5

 最も冷えたのは、君津 PA の 1.5 です。



 路面凍結の警告マークが点いていますね。

 高速道路速度で巡航中に最も低かったのは、君津 IC あたりから君津 PA ちょい先までの 1.5 2.5 度でした。


  2.5 度、出発時
  3.5 度、家の近くで大通りに出たとき
  4.0 度、首都高速都心環状界隈
  4.0 度、レインボー橋と湾岸線
  4.5 度、アクアライン橋梁部
  4.0 度、木更津金田から
  3.5 度、木更津 JCT から
  2.5 度、君津 IC あたり
  1.5 度、君津 PA


 君津 PA 後は、出てすぐの佐貫町手前から温度が上がっていって、富楽里に着いたときには 7 まで上がっていました。



 駐めて降りると、無風なら襟元を開けたくなる暖かさです。もの凄い落差に感じました。


 この日の衣類。

 下は、肌着パンツと夏用のメッシュ アンダーパンツを履いて、その上にストリートガード

 腹がぶかの楽ちんで、尻周りがぶかぶかです。大腿部もぶか。足らぬところがどこにも無く、完全によゆ~♪の喜び。(笑)


 で、履いてバイクに乗った感触は。

 ストリートガードは頑丈な生地でけっこうゴワゴワしているので、膝プロテクターの位置が馴染まず、頻繁な信号等停車からの発進の度に位置を合わせようと手で押して押して、何度も押していて。

 だいぶフラフラとしてしまいました。後ろにいた車は怖かったことでしょう。(^^;


 これ、パンツの裾をベルクロできっちり締めると、裾がブーツの一番細い位置、すなわち足首の位置にくるからなんです。
 丈が長くてゴワいものですから、ズリ上がって、膝プロテクターの曲がらぬ位置が膝小僧にきてしまうんですね。で、屈曲が困難。

 これまでとは真逆の理由で、これまでと同じ事態に至る。発見の気分で、新鮮でした。

 これまでは必ず、大腿部の長さが足らないことで膝プロテクターの位置が悪く、プロテクターの曲がらぬ位置が膝小僧にあたっていたわけですよ。
 それが、長いことが理由で。。。 新鮮で新鮮で。(笑)


 この幸福感♪ たるや、もう。。。 (笑)



 とは言え、62 サイズのパンツは、大腿部の長さがほぼ丁度だけど、膝下がちょっと長かったわけです。
 なるほどね。欧州人の体型は、脛の長さがあるのねん。

 ちなみにこれ、ジャケットの方で、袖の長さと肘プロテクターの位置にも同じ事を思った。欧州人は一の腕が長い。


 ズリ上がって膝の屈曲をしにくい事は大問題です。これ、裾をちょっと緩めることで解消しました。

 緩めすぎるのも問題です。高速道路速度で長時間だと、裾とブーツのベロの隙間から微かに走行風が入ってくるらしく、ブーツの中が冷たくなってしまう。
 裾とベロをちゃんと始末して、適度に締める。これで翌週は問題なく走ることができました。


 パンツのこと、さらに続く。


 腹は大いに余裕で、締めつけ感がゼロ。尻はぶかぶか。大腿部の太さが尻近くで大余裕になっていることもあって、尻の脇、脚のつけ根がだいぶ余ってゴワゴワと邪魔。
 生地がゴワゴワでなければ、合わせて ぶっかぶか!に感じるはず。

 この状態だと腰脇のプロテクターの位置が前方向にズレるらしく、座るとけっこう邪魔に感じます。

 昔々の大昔に見た『コンバット』に登場するドイツ軍の軍曹くらいの下士官おっさんの体型。
 ごっつくて、尻も大きかったものな~。(^o^;)



 もっと続けて、防寒性能は?


 レインボー橋に登ったあたりから先が、走行風による冷え込みが本格化してくるところです。
 ここらから、身体の各部の感じ方(冷え方)を監視していました。

 前のパンツで大きな懸案だった、太ももの外側と、尻の脇の冷たさは如何?


 太ももの外側が、少々冷たく感じる。尻の脇は、腰脇プロテクターの効果が大きいのでしょう。冷たくならない。

 懸案だった太もも上面も、冷えてこない。でっかいプロテクターが入っている膝のちょい上も、まったく問題なし。

 ダボっている部分で空気が保温層になっているためでしょうか。全体として、対策を必要に感じるほど冷えてきません


 そこに頭を突っ込んだら見えないって! ↑


 期待していて、期待通りだったこと。透湿性能


 発汗で蒸れにくいからなんでしょうね。降りているとき、店内にいても暑く感じにくい。
 暑くて不快になりにくいから、バテにくい

 ジャケットでも感じることです。


 例えば、日用の防寒着にした古いジャケットのように透湿性能がイマイチだと、



 温度がちょっと上がると、中に湿気がこもってくることを感じる。

 するとてきめん、暑くて不快に感じてきて体力を使わされる。前を開けると湿気が冷えて、体温と体力を奪っていく

 なんとかドライという透湿素材を使っているそうなんですけどね。


 これが先日まで使っていたジャケット( Honda Super Bold'or GORE-TEX GCジャケット )だと、蒸れにくくてけっこう良い。
 前のパンツ( Honda SuperBold'or GORE-TEX GCパンツ )も、まずまず。

 駐車場や冷え込む倉庫部屋でゴソゴソやるときの防寒着として着ていても、その違いを如実に感じます。
 防寒性能は、蒸れない先日までの方がずっと高いのですけどね。暑くなりにくい。


 めっちゃ高価なストリートガードにキヨブタしたのはサイズが理由の一番だけど、透湿性能も理由の一つでした。


 ジャケットその他編に続く
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.10

ストリートガードが届いた


 ということで、届いたわけなんですが。


 外箱が湿っているだけでなく、中に浸水してビニール袋が濡れているじゃないか。荷物そのものが濡れていないからいいけどさ。

 と思ったことは横に置いといて。


 腰掛けて膝が曲がった状態で、これ。



 う~む・・・ このぽてちをして、どこも余裕があって、長さも足りちゃっている。

 腰掛けると膝で攣れて裾がズリ上がるのでなく、ズリ落ちる。感動です。ブーツを履いたらほぼ丁度。ちょびっと長すぎるくらい。


 さらには、膝の太さがダボダボなほど余裕があるなんて、初めてですよ。

 どでかいプロテクターが入っているのにダボ。これほど余裕があると、プロテクターを薄いものにする必要がない。まったく初めての体験です。

 靱帯が一部壊れている左膝を圧迫されて、乗っているうちに痛くて痛くて仕方なくなる心配をしなくて済むってものじゃありませんか! (^◇^)


 日本で売っているものは、通常の *XL サイズは膝骨の大きさ原因で太さが足らず、コミネの *XLB では裾長が理由でプロテクターを薄いソフトタイプに換えて誤魔化そうとしていましたから、ホント初めてです。

 感動! ヽ(゚▽゚)ノ


 立って撮ると、この状態。脱着式のサロペット部で肩から吊っています。



 ベルクロ式の腰ベルトを締めると、しわしわになってしまうくらい余裕がある。肩から吊っていないと、腹がユルユルで、腰から落ちてしまうでしょう。

 なんとか範囲』だけど。うん。ワンサイズ小さくてよかったかも。(^^;


 肌着シャツと上着の裾とアンダーパンツの腰部、場合によってはセーターの裾までの厚みを包含しなきゃならない。
 サロペット部を使ったら、いつもの極薄セーターの裾も含むことになりますよね。

 キツくて辛い思いばかりをし続けた今までの経験から、考えたわけです。

 丁度を試みて小さい方に失敗すると、辛くて履かなくなるし、そうそう買い直しをできる金額ではない。
 余裕を取れるなら余裕を取ろう

 などなど考えて選んだ 62 サイズ。大きすぎの方向で、ギリ。(笑)


 上着の方は?というと。



 男子のブレザーを着て遊んでいる女子高生ではない。(笑)


 あらためて見て考えるに、袖先にグローブを上から被せて風を入れない設計かな?
 袖先をベルクロで絞る作りになっていません。雨のとき、隙間から手に浸水してしまわないかな?


 ちょっと動かして、こんな感じ。



 立って真っ直ぐに垂らすと、爪くらいまで隠れます。


 こちらも袖の長さの他はなんとか範囲』で、不適合というほどじゃないんですけど。ワンサイズ小さくてもよかったかも。(^^;

 袖の余剰と、袖の中のデ~ッカくてご~っつい肘プロテクター、そしてやはりごっつい肩のプロテクターがデカい!を呼びますし。


 袖の長さは予想していました。ほぼ予想通りの余剰です。欧州のものは、肩幅や胸囲が適合しても、袖が長すぎるのが通例でして。

 肩幅が足らず脇の下が攣れて辛い思いばかりをしてきたから、胸囲のスペックで余裕をとれば肩幅が足らないことは無かろうと考えた。
 どうせ長い袖の余剰をわずかに減らすことよりも、肩幅と胸の余裕を優先したんですね。

 いつもの極薄セーターと薄い BMW インナージャケットに重ねて厚めのセーターを着ることもあるだろう、と。 7.5 以下で日差しがない、高速道路走行あたりで。

 などなど考えて、余裕をとれるなら取ることにした 62 サイズ


 肩幅と胸囲も、パンツ同様に大きすぎる方向でギリ適合

 ごっついプロテクターが入っていてインナーもついてるから「範囲」だけど、インナーを外したらちょっとガバ」じゃないかしらん。(^^;;;


 で、丈夫な生地で、背中のプロテクターも4枚5層ほどのしっかりしたもの。片手で掴んで持つと笑っちゃうほど重く感じて( 3.77 kg )、着ているだけで疲れそうに思うくらい。

 本日の計測 5.32 kg の猫よりずっと軽いから、猫を肩に載せていることを思えば、たいしたこっちゃないんですが。(笑)

 でも、下はできたら薄い保温衣類1枚にして、厚着をしない方がよさそう


 すると肩幅が合えば余裕はあまり必要なくて、大きな余裕はガバガバの「邪魔」感になって気分疲れに繋がりそう。
 大きすぎてシンドイ思いをしたことが無い人間の、スペック表だけを見ての選定。


 ギリでした。(笑)


 今後は、衣類は BMW 純正だな! と、確信した。 ヽ(゚▽゚)ノ
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧