2018.07.16

夏風邪が続く


 先月 17 日の東北道で冷えて風邪をひいてしまったのが、重症化しまして。(^^;

 21 日にとうとう医者へ行って抗生剤を処方され、ようやく快方に向かいました。で、復調傾向なら四谷で食事をするくらい大丈夫♪
 ということで、 24 日にはランチ ツーリングへ出かけたりしておった。

 それで悪化する事もなく、もう大丈夫。(^_^)



 と、思っていたら、月末の冷え込みでぶり返してもうた。(^^;;;


 これがだんだん悪化していって、 7 日の仕事の暑さで酷く消耗したのが利いたのかな~。翌 8 朝には顕著に悪化
 8 日にと考えていた某写真家さんの写真展鑑賞を断念して、寝込んでおった。

 その後、さらに悪化していって・・・

 12 だったか、こりゃ抗生剤を処方してもらわなイカン!と、医者へ

 ようやく復活傾向です。

 んが、まだダメ。もう 1 回、抗生剤でなくても医者処方の効く薬を処方してもらってきた方がいいのかも。



 仕方ないとは思っているけど、この 3 連休、完全に引きこもり。(^_^;)


 前に立てた予定では、この 3 連休に 3 泊 3.3 日で岐阜、石川、富山、長野、群馬とスタンプ取って回ってくる計画で、お宿の予約もしてありました。
 四谷の頃にキャンセルしたのが大正解。バイクはまったく無理な体調です。

 『グレート・トラバース』の田中陽希じゃないけど、日程時程に追われて焦燥感に焼かれながら動くのじゃ、「なんだろね?」になってしまう。
 んな事を考えたのは、体調の悪さがそうさせたのだろうと思います。



 で、朝から晩まで、寝ては起きての繰り返し。


 土曜日は家を一歩も出ず、日曜日はすぐ近くのミニスーパーへ行った。スーパーへ行く前に、駐車場の地面のあら熱を取ろうと、車の上面を水洗いするなんて暴挙も。(笑)

 昼を過ぎたらベランダが 34 で玄関の前が 37 まで上がる、本格的な夏の日。



 ベランダも、反射温度計で測ると 36 のところがほとんどでした。



 今の体調でこの暑さに身を曝すと消耗してヤバイですから、猫と一緒にごろごろと引きこもり。



 月曜日は、車で 5 分のスーパーへ行くくらいしましょう。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.15

早くも夏本番


 やっぱり今年は暑くなるのが早いですね。



 ベランダも玄関も、家の外は 36 です。



 ここ数日、寝室に置いてある子猫用トイレをちょこちょこ使います。
 普段はほとんど使わずにいるのですけど、ここ数日、急に使い始めた。

 ・・・ 気づきました。



 廊下に出ると暑い。よく使うトイレが置いてある洗面所は、もっと暑い

 なるほどね。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.08

大雨被害の報に思う


 ぽてちが大学生の頃までなら、浸水と土砂崩れの被災家屋が全国で数万軒の、死者数が三桁近いとか、なって不思議じゃない。
 なんて書いた翌々日に、本当にそんな事態になってしまいました。


 これまで経験したことがないような大雨」「重大な危険が差し迫った異常事態と、気象庁が発表するような雨だったそうですね。

 それが 1 日に留まらず 2 日も 3 日も続いて、治水・治山の事業が設計する際に想定した異常高水量を遥かに超える水量だったのでしょう。
(土砂崩れは設計もなにも無いから、大雨が続けば発生してしまいますが)

 四国だったか、取材を受けた 50 代の人の「ずっとここに住んでいるが、ここまで水が来ることはなかった」という言葉も、それを裏付けていると思います。



 うちのあたりも都市中小河川の氾濫というやつに悩まされ続けた土地で、就職する頃までは数年おきに氾濫が発生して、床下浸水や床上ギリ手前浸水を何度か経験しています。
 ぽてちが産まれた年は、 1 階で首の高さまで来たとか。

 首までの 3 年後くらいの建て直しで、定期的な水害を想定して盛り土でちょっと高くして、周りの家が床上のとき、うちはたいてい床下くらい。
 周りの家が床下のときは、うちは被害なし。これも何度かありました。


 うちが床上ギリ手前で畳の下の板が湿るくらいになると、路地を出た外通りは大人の胸くらいの水深になります。

 家を出て太ももまで水に浸かりながら外通りを見ていたら、町会の人が胸まで浸かって泳ぐように通り過ぎていき、ちょっと後に消防のボートが通り過ぎていった。
 あまりに非日常な光景に、目を丸くした覚えがあったりします。



 ぽてち的に最大の被害は、母親がテンション上がっちゃってギャー!ギャー!になることでしたけどね。(^_^;)
 膨大な量の荷物家具を 1 階から 2 階に運び上げろ!と。

 年上の男兄弟が多数で娘一人の家に育った人だから、大騒ぎで怒ってみせれば周りが言いなりになると染みついているんですね。
 戦中戦後の飢餓期に育ってモノが高い時代を過ごしてきたから、処分できない人でもある。


 大学生頃には、騒いでるだけでなく自分も運べよ、と。(^_^;)
 水に浸かっちゃ困るものは 2 階に置けるくらい荷物を減らせよ、と。

 「これは重いからあきらめろ」「それも濡れたら捨てろ」と、ぽてちに返されるようになって、親父も ぽてちの意見を受けて動かぬようになって、自分で運び上げようとしてみてその重さを思い知ったようです。
 勝手なもので、即座にあきらめ。ギャー!ギャー!が少し減った。(笑)

 いずれにせよ、まさに天災。ヽ(^◇^;)ノ



 そんなことで、大雨と水害にはちょっとだけ意識が高い ぽてち。(笑)

 大学生の頃、『水と緑と土』なんてタイトルの新書を読んで、治山と治水と人間の活動に思いを巡らせたこともあります。

 昭和以降の治水技術・治水思想で、人間が使える土地が大きく増えました。

 昭和以前は遊水地にしか使えなかった広大な土地が田畑になり、高度成長以降の更なる治水技術の向上と大型投資で、住宅や商業にも使うようになってきました。
 その効果が逆にも働いて、雨水が即座に排水になって、河川に集中する。想定した最大水量を超えて氾濫を起こす。起こせば、かつて遊水地や田畑が受け止めた氾濫水が、住宅や商業を襲う。

 さらなる治水工事が行われ、さらなる雨水の集中を生み、氾濫が起これば劇症化
 いたちごっこの繰り返し。



 うちのあたりの氾濫は、予算潤沢だったバブル期に都が大規模な投資をして以降、ぴたりと収まっています。

 が、温暖化による大雨の劇症化で想定した異常高水量を超えるようになるかもしれません。
 今回の大雨も、天気図がちょっと違って関東が襲われていたら、そうなったかもしれないんですよね。

 そのときは、経験で下す「こうなったら、こうなる」の判断が通用しなくなります

 たぶん、過去のように近くでなく、上流で発生した氾濫水が、川のように押し寄せてくるはずです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.06

大雨の報を SNS で見ていて思う


 異様に早く終わった梅雨を埋め合わせるように、中部圏より西の方で大雨が降っているようですね。
 本来は、この大雨をもたらしている梅雨前線の北上をもって梅雨明けなのかもしれません。


 で、 SNS で画像や動画を見ると。

 ぽてちが大学生の頃までなら、浸水と土砂崩れの被災家屋が全国で数万軒の、死者数が三桁近いとか、なって不思議じゃないように思いました。

 バブル崩壊以降に長く続いた莫大な金額のバラ撒きがその効果を発揮している。んな印象を受けます。
(日常で感じるのは、どこへ行っても道路が過剰なほどによく整備された事)



 少し気になっているのは、林野庁の皆伐方針と新設の伐採補助金で禿げた山肌が、その下流域にどの程度の影響を与えているのか。


 当然、保水力が落ちて、集中増水や土石流が発生しますから。鉄砲水のような激症被害や洪水が発生しなくても、上流ではダムや防砂堤防が埋まって巨額の建設費がかかり、下流域でも河川と港湾の浚渫費に影響があるはず。

 ところが土砂も止めればよいというものでなくて、止めると沿岸漁業の資源衰微に繋がるとの話しや、海岸の保持に莫大な建設費が必要になっているという話しもあります。

 補助金頼みの伐採目的で無理矢理つけた急造の短絡林道が、半年も経たずに崩壊し始めているなんて話しを見るし。
 同時に、出荷に適した樹齢を迎えた木は切って次を植えていかないと、手つかずになって山を荒廃させる。なんて話しもあります。(伐採補助金はここが目的のよう)


 投下した資金が一巡するまでの期間が数十年にも及ぶ林業と、国土の保全と。すなわち災害対策と。
 落としどころ探りも簡単な話じゃありませんね。



 幕末は、全国で禿げ山だらけだったそうですよ。

 戦国の世が終わった頃の人口が、だいたい 2,000 万人。大きな戦乱が無く治政が安定していた徳川期に、超高密度化した食料生産で扶養できるようになった人口は、だいたい 3,300 万人。
 全国を禿げ山だらけにしてぎりぎり生きていけたのが、だいたい 3,300 万人ということですね。

 今は幕末の 3 倍以上の人口で、幕末とは比較にならぬほど豊かで衛生的な生活をしています。それを維持していく落としどころ」探りは、徳川以前とは比較にならぬほど難解な問題であることが間違いありません。


 こういったところを、メディアは深くがっつり取材して、多面的に報じてもらいたいです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.08

ブぅオォ-!のテスト


 上の写真。渋滞が始まっているから早く出なきゃ!と降りたとき、車の前にいた

 こ奴なんですよ。 4 時半にギャオ!ギャオ!ギャ-!ギャ-!言わせていたのは。騒いでいたのは壊れた楽器モフモフですけど。(^^;)

 けっこう乱暴者で、壊れた楽器モフモフは怖がっている。にらみつけるし、他の子が近くにいると叩く。自分から近づいて。
 壊れた楽器モフモフも、怖くて騒ぐんですね。(^^;)

 五月蠅かったよ。おかげで眠いよ。トドになってみせても許さへんからな。



 このゲーも、お前のだろう?



 トドになってみせていないで、答えなさい。



 さて。

 横浜の偉大なご夫婦が征伐してきたという、足利フラワ-パ-ク。実は ぽてちも頭にありました
 が、 GW は混雑が凄いことになるだろうと考えて、行ってみようよ!までにならなんだ。(^^;


 40 年前だったか、同じ関東平野で、たぶん足利とは違うところ。同じような時期に藤を見に連れて行かれて、車を駐めるまでにも長い長い時間の行列をしたこと。ありありと覚えています。
 当時は藤を見ても「だから?」ってなもので (笑) 、待ちと人混みが辛かった。(^^;

 やはり似たような状況だったようですね。諸インフラが整った今の時代なだけに、集まる人の数はずっと多かったのかも。
 それでも無傷で討伐を終えてきたご夫婦は偉大なり。認識を深めました。(^_^)



 さて、 GW 後半戦 3 日目


 また房総か、はたまたワオ店へ顔見せか、萬珍楼の中華まんを買いに行くか。
 それくらいでも、 GW 中にもう 1 回バイクに乗ろうとの気持ちがあって、相棒にも言うていた。

 が、起きたら、前の記事にちょい書いた体調でした。(^o^;)

 どよ-んと身体が重くて頭もどんよりとして動かない。頭が動かないのはいつもの事なれど (笑) 、いつも以上にだめ。
 身体が怠くて、何をする気にもならない。前日に重いクラッチ踏み踏みした、左脚と左尻の筋肉も痛い

 寝不足で出かけて、帰ってから昼寝をせず、長時間を扇風機浴びて過ごしたのがイカンかったのでしょう。
 湿度で「暑い!」となって、でも気温は実は・・・ のパタ-ンかな。(^^;



 何もする気にならず、翌日に予定する 90 cm BBQ で使う 100 円ショップ資材を買いに行くのもパス。相棒に任せてしまいました。
 もちろん、バイクで外出は頭に浮かびませんでした。

 でも・・・

 よく晴れて、気温もほどほど。 GW 真っ最中
 昼が近づいた頃に、さすがに何かをしたくなった

 外出の代わりに頭に浮かんだのが、 90 cm BBQ 会場となるベランダのケルヒャ-がけと、ブぅオォ-!のテストです。
 ケルヒャ-がけは、体調に関わらずやっておかねばならんですし。



 まず、ケルヒャ-がけから。道具は後半戦初日に運び上げてありました。

 洗濯機の水道栓に撒水ホ-スリ-ルを取り付けて、ホ-スをずるずると、ベランダまで。
 以降、猫びっくり!なるも興味津々らしく、すぐ近くで隠れていました。ときどき様子を伺いに出てきては、また隠れることの繰り返し。


 で、ベランダの泥砂埃を洗い流すには、ケルヒャ-がけが効果的であることがわかりました。
 撒水ホ-スを「ストレ-ト」にした勢いと、レベルが違ったです。v(^o^)



 ケルヒャ-一式を倉庫部屋に運び下ろしてから、いよいよブぅオォ-!のテストです。
 用途 2 、駐車場地面のゴミ・泥砂埃の吹き飛ばし。


 AC コ-ドリ-ルを準備。



 ブロワ-と、オプションのガ-デンノズルを準備。



 試してみた結論は。


 多くが舞い上がって、だいぶ戻ってきてしまう。(^^;;;
 濡れて乾いた花びら等のゴミは、こびりついて飛んでいかない。

 箒で十分に掃き寄せてからでないと上手く行かないな、と。掃き寄せるなら、そのまま掃き出した方がいいかも。こびり付きの掻き取りにもなるし。

 で、戻ってくるから、時間もだいぶかかってしまう
 吹き飛ばすより、吸引を使うのがいいかもしれない。



 なんてものでした。

 巻き上げられた泥砂埃がバイクの下からカバ-の中に入り込んで、バイクを汚したとも思います。

 要するに、いまいち失敗。(^^;;;


 コ-ドリ-ルについても、動き回るなら、やはり「逆リ-ル型が適していたなと思うたです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.15

またケルヒャーでビャー!


 昨日の記事に美しく写る大鳥居くん。実はこんな惨状。(^^;;;

 花粉でなく、黄砂と通常の砂埃のミックスでしょうね。



 色を見て、石原ジイさんがトラックのディーゼル排ガスの規制を進めてくれて良かったなー!と思う。かつてだと、黄砂の時期も黒ずんでいたですよ。
 『』という言葉が、ピンとこなったものです。

 大多喜を出てから鶴舞までの間に、わずかな霧雨に遭遇。



 少しまだら状になって、惨状を視認しやすくなったかも。(^o^;)


 思ったより天気の回復が早く、寒くなく、暑くもない。

 珍しくその気になって、洗い流しました。相棒がポイントでもらった最安ケルヒャーを、少し使って。


 まだ少し効果が残るボディコーティングを傷めずに少しでも保持しておきたいと考えると、ケルヒャーでビャー!は、考えてかけないとならんですね。


 まず、リール式撒水ホースの口をシャワーにして、どっぷり濡らす。このときそこそこ流れ落ちるはず。

 続けてケルヒャーを投入する。かなり浅い角度で水流をあて、横に吹き流す。角度を立てるときは距離を取る

 再びシャワー口のリール式撒水ホースで水をかけながらウェスで撫で洗いする。

 最後は厚手の化学繊維ウェスで水のふき取り。



 んな段取りで、取り組みました。

 なお、撫で洗いもふき取りも、腰を屈めたりしゃがんだりせずに済む、ドアハンドルより上だけなり。(火暴)

 だからこんな状態で作業終了!



 前回初のお試し後にぼち♪った、延長圧力ホースや給水ホース接続アダプター他のテストにもなりました。
 延長圧力ホースが大正解。周りを動く必要がある車だと引き回すのに必要。

 思いつきでやってみたこと。撒水ホースの撒水ガンをとり外して、ケルヒャーの給水口に取り付ける方法。成功して、これが大正解。
 ケルヒャーを置きたい位置まで給水する事が可能になったです。 v(^_^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018.04.09

GW か・・・


 毎日のように酷く痛んだ右肩が、日曜日はほぼ無事。\(^o^)/


 酷く痛む日も、朝から昼過ぎまでは概ね無事。昼過ぎに痛み始めてきて、夕刻には動きを制限されるほどになって、晩には苦悶の呻きが出るような状況。
 土曜日も、撮影講座から帰ってくる電車内で痛み始めて、晩は呻いていました。(^^;

 そんな訳で、外出だけでなく、バイクを清掃する企画も取り止めにした。


 日曜日は一日中ごろごろウトウトしていたおかげで、痛むまでに至らなかった?

 相棒が使い残していた医者処方の湿布薬を、 3 晩続けて貼ったのが効いている面もあると思いますけど。



 さて、 GW はカレンダー通り。(のはず)

 ぽてちへの影響力が大きな方面が、ブロワーなる楽しそうなものを振り回しているだけでなく、 GW のツーリング計画を立ち上げているようです。

 そこで ぽてちの対応。


 まず、 amazon で検索してみる。(火暴)

 次に、猫缶買い出しの計画と、池袋のデパへ行く企画を相棒に持ちかける。


 そうっす。 GW の遠出はあきらめています。v(^^;;;



 かつての昔は、 GW お約束の行事で富士五湖方面へドライブのオフ会を催行していたこともありました。
 が、これもいつの間にか立ち消え・・・


 最大の理由は、やっぱり渋滞なんですよね。(^^;


 やはりかつては、早い遅いで時間帯をズラして緩和を図ることが多かった。 4 時半出発の 23 時半帰宅とか、よくやっていた。
 だども今は、睡眠の時間帯をズラすのが厳しくて。(^^;;;
 局所的にでも不足すると体も頭も動かなくなってもうて。(^^;;;



 加えて今は、がいる。それを考えると、 2 人で泊まってくるのは無理。
 よくやっていた時間帯も難しいっす。

 他との関わりがいっさい無い独房のような環境だから、人間がいるはずの時間にいないとストレスけっこう大きいようでして。
(いても特になんてことなく好きに過ごしているけど、いないのは嫌らしい (^^; )


 いいとこ、ちょっと早めに出て早めに帰る、房総半島半日かな。(^。^;)
 横浜中華街は激混みで、買い物だけでも大変だろうし。



 すると房総半島でネタが必要だけど・・・ ぽてちが好きなピザ屋は高すぎると却下されてばかり。 v(T_T)

 あの金額を出せば都内でも美味しく食べられると言うけど、なら都内でわざわざ探してわざわざ行くか?なんですよね。(^^;
 都内はバイクで行けないし、よく知ったところでないと車も難しいし。


 ま、「早起きできれば 」になるから、都外はどこでも可能性は低い。(火暴)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.06

あんちゃんも猫も


 生後 6 週でうちに来てから兄弟との「ご飯の争い」と無縁になって。



 出してもらったご飯(猫缶)に、ちょっと口を付けて・・・ だいぶ経ってからまたちょっと口を付けて・・・
 カリカリに至っては、はっきりお腹が減るまで長時間の放置が標準のスタイル。


 兄弟と一緒だったときは、一人前に先を争って食べていたそうですよ。(笑)


 独りになってからは、先に食べられちゃうことが無いし、飢えるほどご飯にありつけないことも無いですから。
 まぁ、鷹揚なものです。(^o^;)



 とは言えご飯を出してもらうことは大切な儀式と考えているようで、時間が近づくとせがんできてせがんできて、邪魔でもう大変。

 キーボードに無頓着に机の上に乗ってきて、キーボードに無頓着に居座る。



 おねーちゃんにもらった髪留めゴム輪を咥えて机の上に乗ってくるのも、「遊べ!」でなくて、本当は「構ってちょうだい(ご飯を出せ!)」なんです。(^_^;)


 お腹はたいして減っちゃいないんです。ちょっとだけ口をつけて砂かけ動作をするのがお約束ですもの。
 美味しくないとか人間にはわからぬ「匂いが変だ」とか、あるのかもしれませんけど。


 そんな調子で、ガツガツと食べる姿を見ない子なんですが。

 土日は食欲が無くていつもと違う状況でした。
 元気も無くて、ついて歩いて回るし、やたらとくっ付きたがっていましたし。



 日射しが好きな居間の窓際でなく、人間がごろごろしていた寝室の、うちの子専用ハウス上で寝ていましたし。


 要するに、体調が悪かった。(^^;



 あんちゃん 2 泊ものお泊まりで出かけたのが良くなかったのかな~。(^^;



 あんちゃん心配で、ときどきチェックしていたんだけど。



 なんてオロオロしていたら、水曜日から徐々に回復♪



 入れ替わるように、あんちゃんの右肩が痛むようになってきた。(T_T)

 五十肩の再発といった状況で、コンビニ袋をさげるのも辛い状況です。



 帰路の東名道で 16.5 度の走行風にジャケットのインナー無しが冷えて、センタースタンドかけるとき無頓着に引っ張って
 この 2 つがいけなかったのじゃないか?と思うています。d(^^;

 4,5 日も遅れて発症したのは何故だ? (火暴歹匕)



 抱っこは左手を中心に 5.4 kg を支えるスタイルだから、とりあえず大丈夫ですけど。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.31

桜餅と干もの、そして JA 直売所と渋滞


 上の写真は初日の夕日です。やっぱり霞んでいる。


 風光明媚なところで豪華食事付きの骨休め。とても楽しみにしていたけど、いわゆる旅館飯は、わずか 2 日続いただけで 飽きてくるんだな~。(^^;
 2 泊でよかった。そう思いながら、朝ぐあん前に荷物のパッキングを済ます。

 もう飽きていたから、朝ぐあんの写真なし。(爆)


 旅館でも 2 泊目以降は、ハングリータイガーのような豪華ハンバーグのコースとか、肉どっさりのすき焼きとか、予約時に選べるようにしてくれたらいいのにね
 朝ぐあんも予約時の選択で、洋食で焼きたてパンを食べられるといいのにな。

 もちろん、魚や凝った小物がたくさんの いわゆる「旅館飯」が良い人は、そちらを選べばよい、と。d(^_^)


 朝ぐあんを見て、もし 3 泊に伸ばすならビジネスホテルを探す! と思うた。
翌朝 8 時に芦ノ湖スカイライン集合だから、ちょっと考えた。(笑) )



 で、相棒のご下命があったため、食後に出発を急がず一服二服・・・

 その命とは、「松崎の近くにいるなら桜餅を買ってこい」とな。 (^^;


 何年前だろう?

 たしかメバチくんに乗るようになって 1 年くらいしたとき、あじまご茶を食べに松崎まで行った。
 食べてみて「こりゃ珍しい♪」と思って、後に相棒を連れて車で再訪した。



 ちなみに、初訪問のとき隣で食べていた VFR 乗りの おにーさんと「マイミク」というやつになって、今もよくツーリングに出かけている記事を楽しませてもらっています。


 で、再訪したとき、道路向かいの店で自分ち土産に買った桜餅が美味しかった♪



 桜葉の塩漬けも美味しかったのでしょうね。相棒の命は、桜餅が無かったら桜葉の塩漬けだけでもいい。
 とゆーことで、数 km とはいえ、東京から遠ざかる方向へ帰る。(笑)



 出発時の気温 16.5 度 09:30



 ほぼ曇りと言っていい空模様。が少しあって、ひんやりしていました。
 ジャケットの前ベルクロを留め、袖先チャックも閉めて、パンツの裾もキュッ。


 10 分かからず松崎おみやげセンターに到着。有り難いことに、開店していた。



 さらなる自分ち土産で、干ものを買う気になる。目当ては民芸茶房なり。



 ここも何年か前から「いつかそのうち」と思っていた店です。



 他に土肥の漁協直売所が候補にあったけど、松崎まで行くなら民芸茶房』の干ものを試してみようと思うた。
 漁協の直売所って、たいてい冷凍モノしか売っていないですから。(^_^;)

 で、『民芸茶房』の干ものは、見た限りアタリ♪



 4 枚入りを買って、半分は別階への土産にした。
 買った直後に覗いた松崎の直売所はやっぱり冷凍だけでした。


 今年に入ってからかな? 某ママさんパパさんが向かいのここに泊まったはず。



 とゆーことで、 10 時ちょいに出発。東京へ。 R136 を北上する。



 下の写真は前日の『いせや』前で撮ったものですが。



 日中の R136 は、うんざりします。ほとんどの車が、おっそいんだな。遅いだけでなく、トロいんだな。(^_^;)
 だから出入りがある度、町を通る度に、混む

 土肥から船原峠に向かって登る道でも、おとーさんたちのノロノロにうんざりでした。(^_^;)

 遅くても状況を見て判断しながら運転している風に見える車は、動きにキレがあって、後ろにいて苦痛が少ない。次が読める。
 気持ちを切り替えて、合わせて ゆっくり付いて行けば済みます。

 んが、観光のおとーさんはたいてい、前だけ見てぼんやりと我が道を行くスタイル。
 イライラさせられるですよ~。テキパキと動けよ~。\(´。`)/

 速度じゃない。周りを見ていず頭が動いていないぬるぬるの動きにイライラしてしまうんですね~。
 棺桶に片足突っ込んでいるような姿を晒すの、やめようよ~。(^_^;)


 かく言う ぽてちもバイクは下手っぴで、のろいわけですが。おとーさんたち、バイクの ぽてちをうんざりさせるって、棺桶だぞ! (笑)

 とか思いつつ、船原峠で西伊豆スカイラインへ折れて一休み。



 あ~辛かった~ と。(笑)


 初日に、くたくたに疲れた登りと西伊豆スカイラインと下り道。復路も疲れはしたけど、だいぶマシでした。
 中日の下田往復で一生懸命に意識して走って、「ぽてちはこんなもんでしょ」くらいに戻ってきたようです。 v(^^;


 ちなみに、西伊豆スカイラインで 9.5 まで下がりました。


 激のろい車がいること間違いなく混雑する修善寺に下りず、熊坂のあたりに下りました。以後 R136 で韮山、折れて韮山駅を見ながら JA 伊豆の国伊豆の国グリーンプラザへ。

 バイクで R136 は、やっぱし辛かった。(^^;;;



 課題にしている「江川邸代官屋敷」がすぐ近くなんだけど、またの機会にしておいた。東名と首都高速の渋滞が気になるし、猫も待っているし。(笑)


 グリーンプラザの目当てはイチゴと、辛さを癒やす休憩。(笑)



 イチゴを積んで、たばこベンチに座って、お茶を飲みながらゆっくりできたです。



 時間は 12 ちょうど。曇って風もあって、また冷や冷やしてきた。 16.5

 こんどはジャケットのチャックを半分閉めて、首周りのベルクロも留める。これから走る高速道路対策です。
 寒く感じるようなら、積んである薄手のセーターを SA・PA で着るつもり。



 伊豆仁田のあたりまで出たら 18 。伊豆縦貫道で 17 。御殿場あたりは 16.5 でした。

 以降は上がっていって、薄日が戻ってきた海老名あたりで見たとき 21


 伊豆縦貫道から新東名への JCT 手前で、渋滞情報が出ていました。東名川崎から谷町 JCT まで 10 km の 30 分とな。
 気にして見ていたらだんだん伸びて 12 km 40 までいった。

 ワオの車載ラジオと、 B+COM も活躍です。


 東名から家を目指すとき、逃げ道の代替ルートが無いんですよね。(^^;)

 事故直後でまったく動かないようなときは別だけど、普通の程度だと、どう逃げてみても時間が余計にかかってしまう。素直にはまる方がマシ。d(^^;

 保土ヶ谷バイパスが空いていれば、横羽線か湾岸線でストレス少なく走る手はあるけど。こういうとき保土ヶ谷バイパスが空いてスイスイだなんてあり得ないし~。(^O^;)

 今回もそういう判断をしつつ、港北 PA で最後の休憩をとりました。
 時間は 13:27 で、韮山からここまで 1 時間半切り。


 ふむ。やっぱり渋滞しとる。(T_T)



 海老名 SA から大和トンネルまで渋滞していなかっただけマシですね。(^^;;;
 帰ってからの昼ご飯用に中華饅頭を買って、一服して、早々に出発しました。


 東京料金所を過ぎてから少しの間、まだ流れている方の第一走行車線。黄色線になる少し手前で、首都高速に向かう渋滞にスィっと入りました。
 動きが機敏なバイクだから無理なくできることですね。 v(^_^)

 以後、用賀料金所まで渋滞。用賀の先は少し流れて、駒沢あたりからまた渋滞

 ワオはクラッチが軽くなっていて、ホント助かります



 翌日に伊豆スカイラインから帰ってくるとき、同じところでもっと酷い渋滞に遭遇して。重いクラッチを踏み踏み、ちょびちょびと動きながら「お腹減ったなー」と周りを見ていて思った

 日本人(サンデー)は 車の運転が下手だと言われて、それは間違いなく正しい指摘だと思う。
 車体運動を知らず周りの見極めも下手で、判断も動きも のろい

 でもでも、渋滞のこなし方は、みんな上手なものだ。 d(^_^)

 動かずアイドリングしているのは、おとーさんたちも もっと上手♪なんじゃなかろうか。(走召火暴)



 谷町 JCT の手前は、外回り方向に入る車線は渋滞と言えない程度で済みました。出口渋滞がちょっとあって、いつものスタンドへ。 14:25 着。


 前日に仁科で給油してから 210 km 20.85 km/L



 全行程の給油 to 給油は 489 km21.10 km/L
 ブランク大きい ぽてちにしてはよく走ったと思います。v(^_^)

 14:40 に帰着しました。



 お出迎え。



 暖かくなってよかったね~♪ (^_^)

 荷物下ろしと格納の儀式でちょうど 30 。家に入ったのは 15:10


 うちの子の出迎えはなかったなかった。(-_-;)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.27

ガススタンド探し


 かつての昔は、家のすぐ近くにガソリンスタンドがあって、徒歩 2 分を切るくらいでした。たとえ 2 分でも、灯油を買ってこいと言われるのがとても嫌だったな~。重いし、指が痛くなるから。
 そう、昔の金属缶は取っ手が小さな金具だったんですね。金具で持って運ぶ想定でなく、底を抱えて運ぶものだったのでしょう。服が汚れるからそうしたくなくて・・・

 で、このスタンド、バブル崩壊で経営者が投機に失敗。なくなってもうたです。


 他に家から 1 km 無い距離のスタンド 2 軒とも廃業して久しい。

 今、最も近いスタンドは 1.2 km くらいになるのかな。大きな通り沿いで、戻るときは@っと回って 1.4 km くらいになります。



 バブル崩壊の余波で廃業がチラホラ出て、景気低迷に加わった昨今のハイブリッド車による需要減少でパタパタと廃業していって。

 多くの商店と同様に、店主の高齢化で、「子は独り立ちしてサラリーマンだし、しんどい割には儲からないからもういいや」もあるのだろうとも思う。

 昔からの住宅商業複合地域の周辺で廃業跡が目について、多かったバブルの時代までと比べると、はっきりと減って感じます


 都心部はもう、廃業はあっても新規出店は無いでしょうね。
 主要な顧客だった「近所の小規模自営業」が、どんどん無くなっていますし。


 どうであれ、灯油は徒歩で買いに行けるものでなくなった
 買うことありませんけど、気づいたら買えないものになっていた。



 世の中の多くのことで時代の変わり目を感じるのが、バブル崩壊です。
 昭和がバブルとともに終わった感を受けるんですね。社会の様々な環境や様子、暮らし方や働き方も。



 地方でも、ガソリンスタンドの減少を感じる


 ツーリングやドライブの際、廃業したスタンド跡を目にすることが、だいぶ増えた。
 都心部と同じく、現役時代もパッとしていなかったろうと感じる跡が多いかな。

 昔から、地方に行くときは「あの辺りで給油しておかないと」とか「あそこにあったな」と考えておくものでしたけど。
 高速道路も 50 km 毎にあるものだと思っていたら、それが通用しないところがある。



 バイクは航続距離が短いのと、できたらセルフがよいことから、計画段階から調べておくのがお約束になりました。
 Google 先生のおかげで、それが可能な時代なんですよね。

 時代がすすんで便利になったのだか、不便なんだか。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧