2018.11.13

リンゴで再び小布施へ(長い)


 まず、タイトルとズレた話しなんですが。

 家からワオ店まで、車は相棒に運転してきてもらってきて。ワオ店から猫缶のまとめ買いに向かうとき。
 初めての車はどうだった?と尋ねてみました。

 すごく ふつーの車とのことでした。
 今のところ、それ以上の感想はないようです。

 聞いて「やっぱり?!」と思った。(^◇^)


 ぽてち的には・・・

 モード『 Comfort 』で周りに合わせて走っている限り、鈍くさいと感じることもないし急かす癖もない。踏み始めた瞬間がちょっと鈍いくらいで、それは無駄が無いということで、すぐ十分な出力
 前からわずかに入ってくる音が低音の響き。よく調律されたガソリンの上質さからは程遠い。から、よりふつーに感じる。

 一瞬の溜めがあるけどノーズが軽く動き始めてでも全体が安定指向で先がまったくふつー。動き全体がスポーツカーのそれから程遠い。ハンドルの切り角も、先で大きい。
 なのにバネの強さはハッキリ感じて、その分だけよく揺れる。けど、ダンピングが緩くて振動にカドが無い

 ごく普通の家庭用実用車スポーツグレード。スポーツカー視点で見ると、あくまで風味の範囲
 国産の家庭用実用車より値段が高い分だけ、 FR 採用をはじめとして全体によく作られていて、(走行性能と直接関係しない)電気的機能が盛りだくさん

 ぽてちのそんな感想と同じものを一言でまとめたらしい。(笑)


 死角に車が入るとチカチカ点灯する機能が無かったのと、後席の引き倒し式アームレストが無いのは残念らしい
 今どきチカチカは小型車でも付くようになってきたのに、とな。ぽてちもそう思う

 ぽてちはランバーサポート機能が無かったのも酷く残念。脇を締める機能より、ソフトなシートはまずランバーサポートでしょう。
 特装車では盛れないパッケージが要る。それもサンルーフと抱き合わせ。
 これはらしからぬ為業!と思うたです。(^_^;)

 シートは VW が良いようで・・・


 いきなりの長い閑話休題



 土曜日に、小布施へ行ってきました。リンゴの買い出しです。


 05:20 出発の予定が 05:45 出発になったのは、うちのお約束。(笑)

 ぽてちは空気圧の調整と、トランク内に放り込んである箱の中身の取捨選択。大鳥居くんよりトランク小さいのに大きな保冷ボックスも積んでいるから、要らぬものを選りだして、倉庫部屋に運び込んでいました。
 山盛りのウェスとか、実質ゴミ屑(爆) とか、渡された空箱とか、もらった非常脱出ハンマーや非常用トーチをば。

 空気圧を増す必要がほぼ無かったのは意外でした。
 冷間時に調整すべきところ、点検に持ち込んでまだ暖かいとき調整するからでしょう。持ち込んだ後は 0.1 ~ 0.15 不足しているのが常です。
 これが右リアのみ 0.05 不足していただけで、残りは規定値ぴったりでした。
 納車整備の調整だったから、冷えていたのでしょうね。

 ゲージの誤差を考慮すると、ぴったりに見えていて 0.05 足らない程度。
 これは気温の影響でしょう。薄い上着 1 枚だと寒い気温でした。

 飲み物ボトルの準備や猫の「いい子♪いい子♪」を終えた相棒が降りてきたときには、ぽてちもほぼ完了。
 ナビをセットして 05:45 の出発となりました。まだ 6 時前! ヽ(゚▽゚)ノ



 3 週前よりも、例年よりも、交通量が多く感じました。首都高速、関越道、上信越道の碓井軽井沢までの、いずれでも。
 ハイウェイオアシスおぶせの駐車場も、小布施の町中も同様。



 晴れの予報で、標高が高くないところが紅葉の盛りだったからでしょうか。



 紅葉が、例年より 1 週間は遅いようです。
 例年なら盛りを過ぎた頃。それがまだ盛りの前半。やはり今年は暖かいんですね。



 出発するなり、シートの調整を繰り返す。尻を下げて前端を上げて、背面を少し倒す。メーターが見えるようにする工夫です。
 これがなかなか決まらず、帰ってくるまで続きました。
 それが失敗し続けで、帰ってきた晩に背中と腰が痛んでもうた。(^^;;;
 ソフトなシートであまり倒しちゃイカンです。

 その他、高速道路で ACC の本格テストを実施。往復とも、ほとんどの区間を ACC 任せで走りました。
 「車間を維持する減速も加速も、ぽてちの常と違って疲れる。」
 んな苦情が出てもうた。(^^;;;

 でも、総じてよくできていて、解除する気にならない。気づくと追いついて速度が落ちているのが面倒臭いくらい。
 ぼーっとしていず、追くようだったら早めに追い越し車線に移るべきようです。



 ぽてちは朝ぐあんを食べていなかったから、お腹が減ってきて東部湯の丸 SA に飛び込みました。
 前の記事にアップした、お約束を退治する。(笑)



 食べ終えたらそそくさと出発。到着が 9 時より遅れたくないと考えていて、でも帳尻合わせ走行はしたくなかったので。
 見事に 9 時到着となりました。

 合流予定の 2 台は先着して待機中。


 一つ。目にしたのは 2 回目なれど、よく見たのは初めて。



 あれこれの装備が山盛りなのにビックリしました。軽自動車は、ファーストカーの立場に入り込んできていますね。完全に。

 普通車でもそうは選べない装備を選べるようになっているようです。値段も普通車並みだそうですが。
 この車、メーカーオプションに無い装備まで付いていました。



 車な仲間でよく「屋根を切るんでしょ?」と冗談を言っていますが、本当に切ったそうです。ヽ(^▽^;)ノ
 人数が集まったら「ヒドイなー」「アクだなー」の声が飛び交ったはず。(笑)



 もう一つ。彼のを目にしたのは初めて。うちと同じ頃に納車だったよう。



 20 inch! ヒドイですねー。アクですねー。これが本物の悪い子です。(笑)
 前のキャリパーなんて、こうですよ。ヽ(゚▽゚)ノ



 帰路のこと。眠くなってコーヒーを買いに離脱して、以後はトルクとトレッドの広さにものを言わせて追いかけた、とな。
 ドライバーもアク♪ (笑)
 うちも横川でコーヒー購入に停まったから、完全に先行されていた。(^^;


 で、リンゴを買い終えて小布施の町中に移動するとき。カーブでミラーの中にスーっと現れた姿を見て。
 前後左右の比と高さの、バランスが良い♪ と思うた。
 前後左右の絶対値は凄いんだけど。(^^;;;


 小布施の町中で、まず櫻井甘精堂。



 順番待ちの記帳が 5 組目でした。やはり 3 週前より人が多い。待っている間に寒さしのぎで入った生菓子売店部で、いい匂い♪に惹かれる。



 揚げ栗饅頭だそう。食後に買って帰ること決定♪

 食べたのはいつもと同じもの。『甘精堂御膳¥2,500- 也。



 話題になったのは値段で、何年か前より ¥550- も上がったね、と。『一茶御膳』も同じに ¥550- 上がっている、と。
 美味しければ「せっかくだから」として目をつむる。これもギリその範囲だね、とも。
 店が潤えばパートのおかーさんたちの雇用が生じて町が潤うから、悪くない、とかも。


 小布施は、観光地化に成功しましたね~。


 19 年前には努力を感じても「まだまだ端緒」で、あれこれにお買い得♪を感じました。ハイウェイオアシスの『おぶせ物語』に並ぶリンゴの値段もそうです。
 一袋 250 ~ 500 円で、中心は 300 ~ 400 円。大きくてきれいな上物が 500 円だった。
 それがは 600 円ばかりで、 500 円は少数。大きくきれいなものは 800 円。

 数年前は「ナガノパープル」も高くなかったんですけどね。



 売り場がリンゴの香りに包まれている本物のリンゴだから、毎年恒例のレジャーとして買いに行きますけど。(^o^)
 悪い子のドライバーも同じことを言うていました。


 食後に生菓子売店部で揚げ饅頭を買って、竹風堂へ。お約束の栗強飯をゲット♪



 小布施堂の『栗むし』は常時販売になってから落ちた?
 3 人の疑念が一致して、今回は見送り。とゆーことで、町営駐車場に戻って解散。



 うちは『ららん藤岡』で野菜を買うから、もし合流できるなら『ららん藤岡』で。
 んなことにして、三々五々、小布施スマートに向かう。

 藤岡 PA に着。



 鬼トルクとトレッドの広さにものを言わせた車 に、すっかり先行されていました。(^O^;)

 こうして見ると、シーザーは小柄ですね。ホント、好み♪の大きさ。(=^^=)

 帰路を通して 1,3,5 をちょこちょこ見かけて。見る度に 3 らしい」し、いい形をしているね♪ と思うのだけど。
 シーザーの中を見渡して、やっぱりこの大きさがいい♪ と、その度に。(笑)


 相棒が野菜を買っている間にも車談義。



 相棒が戻ってきて、解散。次は年末の喜楽飯店かな。

 藤岡からも渋滞がなく、坂戸西スマート手前で混雑の兆候と、美女木 JCT でちょっと並んだだけ。
 帰路はなぜか、例年比でも空いていました。

 給油に寄って、 16:30 に帰宅。

 伊東行きとあわせて、 770 km の走行でした。この日は 497 km
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.09

殿様サミット


 応募したら当選しまして。行ってきました。抽選倍率が 5 だったそうな。



 予定していた優秀レポートの紹介とやらは、「該当する作品が無く、別のプログラムに変更」だとか。うん、応募が無かったのでしょう。(笑)
 参加を得られたら各家(藩)と、区との関わりの紹介に変更。(区職員が担当)



 各家(藩)領地の中心市や県による地元紹介は、まぁ、そういうもの。
 観光 PR に長けた金沢。準じる熊本。手慣れていない水戸。機会が滅多にないと感じさせる福山。それぞれでした。

 ちなみに、参加を得られたら殿様は

 茨城県、水戸徳川家十八代。広島県の福山、阿部家十八代。熊本県の細川家十九代。石川県、前田家十八代。



 舞台に並んだ順は、石高ではありません。殿様が殿様だった時代に世襲した、朝廷位階や朝廷官職でもなさそう。
 徳川将軍家との近さ順ではないか。そう思いました。


 言うまでもなく、御三家の水戸徳川。言うまでもなく、「徳川」を名乗れた四家の一つ。最後の徳川将軍は水戸家の七男。

 阿部家は安祥譜代の大古参で、殿様が優秀なら幕閣入りも不思議じゃない家格。幕末の十三代将軍の頃には 10 年も老中を勤めて、老中首座のまま病死していたはず。
 譜代だから、老中 10 年でも外様大家ほどの石高にならない。福山 10 万石。

 細川家は足利将軍家に連なる名門。たどれば血塗られた摂津源氏。管領家や阿波家の嫡流でなく、足利将軍の近衆を勤める支流家だったはず。
 熊本細川の初代になる藤孝は、外様でも抜群の政治力で家康と良好。息子はもちろん関ヶ原東軍。熊本加藤家の改易後に半国で配置されて、まもなく一国持ちへ。

 前田家も、言うまでもなく外様の大家ですよね。富山、石川、福井で、通称『加賀 100 万石』。当主の世襲官職は「少将」だったように思います。違ったかな?
 印象なんだけど
 幕府は前田を粗略に扱うようなことは決してなく、仲良しだから 260 年間も安泰だったし、お約束の血縁も結んでいる。
 なんだけど、ビミョーな緊張が、双方にあったような・・・双方で「仲良しだけど、こいつに我がままを言っちゃいけないな」みたいな。


 以下、激しく要約。

司会:各家に伝わる家訓は?

  無い。碑文を見ると、んなこと考えていたのね、と思う。
  無い。区内の小学校に、難しいのが伝わっているらしい。
  無い。小さな頃に、母親に祖先の本貫領地へ連れて行かれた。
  無い。子供各人に守り役がいて、教育は守り役だった。

司会:ミッションは?

  墓守り。スッゴ!大変。墓稜の 400 基回ると 3 日間。本当は毎月。
  墓守り。スッゴ!大変。財団作って骨董貸して、アガリで墓の修理。
  墓守り。スッゴ!大変。(外向きに当主の座を譲られ、面倒はまだ)
  墓守り。スッゴ!大変。たくさんの寺と、切れるもんじゃない。

司会:各家と区との関わりは?

 各家、旧藩邸の立地と自身の移転経緯を説明
  本当ならここの地主はうち、とか。
  あの橋を最初にかけたのはうち、も。
  子供の頃に毎年ジイちゃんの家(昔の物置の跡)に遊びに来ていた、とか。

司会:大名家の交流は?

  こういう機会やあれこれの集まりと、葬式。
  こういう機会やあれこれの集まりと、葬式。
  こういう機会やあれこれの集まりと、葬式。
  こういう機会やあれこれの集まりと、葬式。みんな親戚。年中。

 「去年、尾張と紀伊と 3 人だけで飲んだけど、御三家の飲み会は 375 年ぶり」には笑ったです。

司会:親戚というと?

 ごちゃごちゃしてて、覚えてることだけ。
  戦前は宮内省が華族の婚姻を決めていた、とか。
  天皇が民間からもらったから、旧華族も民間アリになった、とか。
  かーちゃん近衛から来たからあちらと従兄弟どうし、とか。
  旧藩邸の裏が広島の浅野さんちで、親父とお袋がくっついた、とか。

司会:抱負は?

  を筆頭に、あれこれ守っていくこと。
  を筆頭に、あれこれ守っていくこと。
  を筆頭に、あれこれ守っていくこと。
  を筆頭に、あれこれ守っていくこと。


 んなとこ。(^o^)/
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.07

伊東のアジフライとソフトクリーム


 ストリートビューで店の位置と道を確認しようとして


あら! 無くなっちゃったんだ!


 と思ったら、移転していました。伊東の魚河岸なる店。ここのアジフライと、スイートハウス WAKABAのソフトクリームを目当てに、行ってきました。


 足はシーザー。事実上の「初乗り」を意識して、そこそこの距離を走ることにしたわけです。だから伊東を選んだ面もある。

 首都高速と東名道と、信号が少なく平日で交通量ほどほどの国道( R135 )を試せます。帰りにその気になったら、伊豆スカイラインと箱根新道の長い下り坂も試せる。新道は、運が悪いと大型トレーラー ペースですが。(^^;

 伊豆方面は距離が手頃なだけでなく、バリエ-ションに富んでます。
 週末は混むから、滅多に行きませんけど。(^^;;;

 日取りは月曜日。週末の仕事の代わり。

 相棒は有給を取得。
 自分だけお出かけ、ずる~い・・・ ってなもので。(笑)


 08:10 出発の予定がお約束で 08:25 くらいになって (爆) 、首都高速も東名道も小田厚も、順調
 大橋から三軒茶屋まで混雑の表示は、通ったときには解消していました。

 平塚 PA でトイレ休憩をとったのみで、だいぶ順調に伊東市入り。

 出たときちょっとバラついてきて、首都高速と東名道の一部、真鶴あたりでパラパラ。他はどんよりとした曇りでした。
 『魚河岸』に着いてから出るまでの間だけが、スポットで晴れ。


 予定より早く着いたので、これも計画のうち、移転前の魚河岸の向かいで みかんを買う。町の小さな八百屋といった風情の店です。
 味が濃いみかんを好きな相棒の要望でしたが、今年は以前と違う品種。残念でした。


 ちょびっと迷いながら『魚河岸』着。 11:10 くらいでしたが、すでに 3 台駐まっていて、 2 組が入口前で待機していました。開店は 11:30 です。



 待っている間にも車とバイクが増えていく。今も大人気店のようです。
 休日は 11:00 から整理券を配るほど並ぶらしい。


 移転後は、メニューをシンプルにしたようです。



 訊いたら、やはり単品はないとのこと。仕方ないので、魚フライ定食 2 と、海鮮丼を 1 注文。
 海鮮丼をメインにする ぽてちが、定食の 1 つをオカズだけ消費します。


 待つ・・・



 来た♪



 アジフライについて。

 ぽてちは魚が苦手で、魚特有の匂いがとりわけダメ。なんだけど、ここのアジフライは臭みがありません
 揚げ方も上手で、サクサク、ホクホク♪ 機嫌良く食べられる。

 相棒的には

 たしかに新鮮だけど身が薄く、アジらしい風味と うまみ味が薄い。何年か前に感じたのと同じ。
 乾燥パン粉も残念。かと言って生パン粉を使うと薄い味が負けてしまうはず。今日は開店と同時で、揚げ油が劣化していないのが点数高い。

 不得手と得手で、評価が異なりました。着眼点も。
 相棒の評に、ぽてちが房総でアジフライを「苦手な方」とする理由が潜んでいます。

 魚フライ定食の えびフライは、蕎麦屋のえび、って感じ。いかフライがけっこう美味しい♪
 ここは評価が一致しました。


 メインの海鮮丼♪



 これが大人気の理由。大きな刺身がどっちゃり。(^_^)

 これも評価が一致しました。

 量と値段にしては、質が良い。複数台ツ-リングのネタになる相当。寿司飯があっさりなのも良い。
 が、絶品♪と言うような刺身ではなく、知っていてこれだけを目的に来て大行列するほどではない。通りがかりで時間が合えば、選んで寄る。

 てな感じ。

 ぽてち的には、ハズレのリスクが小さく安心して まぐろの刺身をモリモリ食べられるのが良いです。
 刺身だし淡泊な種と部位だから、食べ過ぎても問題なかろうよ。(笑)


 で、衰えたり!ぽてち!

 寿司飯をちょびっと、残してしまいました。(^^;
 定食のご飯と味噌汁に、手をつけられませんでした。(^^;;;

 一般的には「たくさんよく食ったね-!」でしょうが、かつてアイア-ン! スタマック!! ヽ(^◇^)ノ」を誇った ぽてちです。
 それがショッカ-の小者 8 人相手に苦戦してしまったライダ-のよう。
 くそっ!(爆)


 食後はスイ-トハウス WAKABAに向かいました。ここのソフトクリ-ムを、揃って絶品♪認定です。

 コイン P に駐めて、ア-ケ-ドへ。



 タバコを取りに車へ戻っている間に先行していた相棒が、なにやら不穏な動き

 やっばり!



 定休日でした。(^^;;;

 ガッカリだね-! ガッカリだね-! 言いつつ戻る。と、ソフトの写真が!!



 あれこれ言っていられないと、代替を勤めてもらいました。



 伊豆高原の牛乳を使ったウンヌン・・・ に期待した通り、観光地によくある日東やスジャ-タの普及品ではありませんでした。
 練乳の風味があったことに、今どきの商品開発を感じたです。

 『魚河岸』や『 WAKABA 』のことをあれこれ話しつつ、店の前に置かれたテ-ブルでレジャ-気分を楽しむ。
 月曜日日中のア-ケ-ド。閑古鳥が鳴いていたのが、ぽてちは気楽で助かりました。短時間だけどリラックスでけた。(^_^)


 食べ終えて、伊東を離脱。

 亀石峠から伊豆スカイラインと箱根峠を経由して帰る気になったあたり、体調が悪くなかったようです

 遠くない時期に、 WAKABA のソフトクリ-ムを退治しに行かないと。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.21

小布施とんぼ帰り


 今年も、小布施栗とリンゴの買い出しを分けました
 時期がちょっと違うものですから。

 かつてはリンゴを買いに行ったときに栗を買えたのですけど。段々と、栗を見かけないようになりまして。
 観光地化が進んで、売り切れてしまうようです。


 で、今回は翌日が仕事だから、買ったらとんぼ帰り。食事やお茶は抜き。
 それで関越道の混雑速度低下渋滞を回避して、早く帰って昼寝。

 んな計画でした。

 結果はアタリ。

 05:38 に出発して、 08:58 到着。(鶴ヶ島の先で 5 分の渋滞あり)



 10:53 に駐車場を出て、 13:43 に帰庫でけた。(速度低下も無し)



 今回は、往路で交通量が多かったです。いつもと違って日曜日だからなのか、 TV で紅葉狩りに誘われたのか。


 とゆーことで、いつもの『おぶせ物語



 小布施栗



 有袋ふじも 1 袋、お試しで買う。先頭の写真にあるように、我が家定番の サンふじは今月末からのようです。

 相棒は向かいの『お百 SHOP おぶせ』で野菜やシャインマスカットも買う。



 すぐに竹風堂の駐車場へ移動。買い物だけだから、竹風堂の駐車場に挑戦。



 30 分遅いと竹風堂の駐車場に入れませんが、この時間なら大丈夫かな?と考えて挑戦してみたら、入れました。

 小布施で栗強飯なら竹風堂に限ると思っています。



 斜め向かいの小布施堂栗むし



 2 年か 3 年くらい前から、行くとお約束で買っています。渋いお茶でチビチビやっつけると、ンマイ♪ んだ。


 ぽてちはここで引き上げるつもりでしたが、合流した仲間が櫻井甘精堂のケーキを買って帰るとのことで、いっしょに行く。
 で、相棒が栗シュークリームその場で。ぽてちはパス。



 これで引き上げです。駐車場に戻って、車な話しをすることもなく「また 3 週間後ね~♪」 「新戦闘車両見せてもらうの楽しみにしてるね~♪」で解散。

 ちなみに、うちの次回出動予定は銭湯車両と呼ぶのが相応しい。 d(・_・)


 長野道、上信越道、関越道、首都高速。すべて順調でした。

 花園の先と、高坂 SA から坂戸西まで、速度低下に捕まる可能性があると思ったのですけど。まったく無し。(^_^)


 早い時間の帰宅だったからでしょうか。猫が動揺している風はありませんでした。



 逆光で おしげ がきれい。(^_^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.13

【悲報】 ND 断念 と、ぶどうパフェ


 またまた試乗をしてきました。


 今回は 118i M Sport が目的で、力感の比較で 118d Sport も。そしてロードスター テレスコピック付き標準シート車

 ガソリン 118 の試乗車有りを求めて、前回とは異なるお店。バス電車だったとしても、たぶん家から最も行きやすい立地です。



 希望に近そうな 120 i が受注生産なのは「待つ!」で済むけど、試乗車に無くて試せないのは残念。ですが、仕方ありません。(^^;


 で、 118 は i d で、それぞれに良い面足らぬ面、ありました。

 ノーズの動きの軽さを含めて上質で心地よいのは i M Sport 。静かで、上質な心地よい音で心地よく上まで回っていく。下から力があって出足からスムーズなのは d 。加減速の頻度が高くて周りのダッシュも強い東京の町中で、ストレスが低くてスムーズに走る。
 逆を言うと、 i は極低回転での力感が不足して感じて、グン!に陥りやすい。 d は停車中にシートに伝わる微振動とディーゼル音が、「やっぱりそうだったか」。

 んな印象。

 たぶん、ガソリン 2.3 L 低過給ターボの 128i M Sport なんてあたりが、自分のツボなのじゃないか。

 と、思うたです。んなものありませんが。(笑)



 こういう ↑ 時代ですものね。(^^;;;


 ちなみに、交差点を何度も曲がって車線変更も試した感じで。 FR と言っても、ヒラリ感・スゥっ感は小さかったです。アップテンポで右に左に流したとして、アクセルで進路を決めていける度合いが小さいはず。もし追い込んだとしたら、たぶんアンダーステア。ニュートラルじゃないはず。
 かつて友人が言うてた、安定性を重んじているはずだ、が 本当だったな~と。

 まぁ、普通の人を対象にした普通の実用車ですからね。だいぶ良いの範囲かと。



 街を走っていても愉悦に包まれるのは、やはりスポーツカーと呼ばれる範疇の車なのでしょう。

 つらつら考えながら店を辞す。とき、使わなかった紙手ふきが格好いいからもらってきた。(笑)



 さぁ次だ! と思ったら、突発の ぶどうパフェで四谷三丁目。



 いやはや、ンマかった♪



 そして本命の ND ロードスターへ。



 依頼したるは、テレスコピック付き標準シート車。用意してくれていたのは、 1.5 L の S Special Package 。
 行ってみて知った。かえって有り難いことに AT 車でした。

 結論は


無理だった (T_T)


 どうにもならん。ハンドルの位置や座面高の問題でないことを認識しましたです。
 コクピットの前後方向と膝上になるボードの高さが、どうしても足らない。
 ハンドルがもう 2 cm 手前に来たとしても、ダメ。(^^;

 予想した通り AT なら誤魔化して動かせるとわかったけど、ロードスターの良さが半減してしまうこともわかりました。
 半減した上で、長時間は乗っていられない。たぶん 1 時間で身体が辛くなってくる。帰路は苦痛との闘いになる


 ものすごーく残念で涙が出そうだけど、これは無理だと判断せざるを得ない


 そう話したら、営業氏も本音で無理だと思っていたようで。(笑)

 オランダ人の試乗につき合ったとき、やっぱり無理だったそうな。その話しをするあたり、同じ系統の「無理」なのでしょう。
 設計の想定体格が、ぜんぜん合っていないんですよね。(^^;

 減量して尻の肉を薄くしても無理だと思う。そう話したら、やっぱり「たぶん無理でしょう」と、苦しげに。(笑)


 結局、バイク選びと同じ苦労をしているわけですね。ヽ(^▽^;)ノ


 ものすごーく悲しい。今のマツダの車作りを好感しているだけに、余計に悲しい。

 荒れて、晩ぐあんは宅配という暴挙。ワッパー 3 。(火暴)
 リミッターは飲み会。ヽ(^▽^;)ノ


 尻が厚くなるな。(火暴歹匕)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018.10.11

品川 BARBACOA ランチ


 頑張って外出した日月のうち、月曜日のこと。

 ちなみに土曜日は晩まで寝たり起きたり。病人のようでした。(^^;

 楽太郎ツア-ズから楽しいお声がけがありまして、こりゃ行かなきゃだわさ♪ と、月曜日はランチ ツ-リング へ。

 集合場所は品川


 え? ツ-リングで品川に集合?


 と思ったのは、会員専用サイト( SNS とも言う)に登録している相棒に、「日曜日は何時にどこ集合?」と尋ねた 3 日前のこと。

 バイクを駐めるとこ無いんじゃね? と思いながら、出発の儀式にかかる。(嘘)


 品川って、なんか、遠いイメ-ジがありまして。遠いから車で行きたいと、だだをこねました。(^o^;)
 実際のとこ、バス電車で向かっても 50 分くらいなんですが。
 日頃は縁のないエリアで、国電が遅かった頃のイメ-ジが抜けず。

 で、まず車を入れたのはプリンスホテルの駐車場。相棒が「ここ違うんじゃない?」と疑問を呈す。
 疑問がアタリ。 WINS で食事すると割引になる駐車場は、入り口が 20 m 隣でした。(^_^;)

 WINS の駐車場は、かつて乗せていってもらったとき。 25 年前。プリンスホテルの駐車場は 20 年前
 記憶がごっちゃになっていたです。


 とゆ-ことでお店に着いたのは指定時間の 4 分。先着していたみんな、バイクス-ツ姿が凛々しく・・・(嘘)

 BARBACOAという、肉が食べ放題の店でした。



 相棒の言。

 高いだけあって、美味しい。ぽてちを連れてくる価値があると思っていた。が、都心繁華街は面倒くさがると思って断念していた。
 そして都心繁華街の店は混雑していて焼けるの待ちになりがちだが、品川ならちょっと空いていて、存分に食べられるのじゃないだろうか。

 だそうな。



 ランチだからお得な料金で、美味しい肉を腹いっぱいに食べられました。

 サラダバ-もショボくなくてヨシ!



 大串で焼いた肉を、テ-ブルで切り分けてくれる方式。



 


 話すことに集中していて肉の注文に無頓着でいましたが。



 次回は、一巡目で気に入った種類を 2 切れずつもらうようにしたいと思います。(笑)
 えぇ、何を気に入ったのか、さっぱりわからない。ヽ(^▽^;)ノ



 


 話しは様々だったですが、マイキ-号の思わぬ破損にびっくら。台風の暴風で倒れて大きなダメ-ジを負ってしまったとのこと。

 うちも、こんな被害がありましたけど。もうあきらめてる。(火暴)



 マイキ-号 破損部分の写真を見せてもらった印象では、修理が難しい破損に思えました。(^^;
 ガッツリと負荷がかかるところで、形状もなぁ。(^^;;;
 試みるなら、その道で本物のプロに依頼したい感じ。


 『 BARBACOA 』を出て



 流れていった『ルノア-ル』で、某ママさんは 1600 GT お買い上げ♪の背中をしまくりだったそうです。(笑)
 ぽてちも思うに、やっぱり 1600 GT でしょう! (違)


 ストレ-ト 6


 とか、書いていても仕方ありません。それは修理を試みてからのこと。試みて、上手くいってもいかなくても、場の総意(一部異議あり)で決定♪ したことです。 d(・_・)☆\バキ


 ちなみに、パパさんと ぽてちは憩いの別室。カメラや戦闘機撮りの話しをしていました。



 なお、豆さんの不在で憩い連合の勢力低下を感じた。(違)


 ぽてち、実は体調が万全でなく。室内がだいぶ蒸し暑く感じていて、食べ過ぎてしまったこともあり。
 けっこうシンドかった。よって本数が大幅増。(^^;

 湿度の高さが、ホントに苦手。(^^;;;

 よって解散後はス-パ-に寄ることもなく給油をしたのみで、素直に帰宅しました。



 時間外なのに、前のおねーちゃんをもう待っていた。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.10

お茶会と試乗


 先の 3 連休。日月と外出。頑張りました。(笑)


 日曜日。しばらくぶりにお茶会参加。車な仲間が CX-3 ( 1.5 ディーゼル) に乗り換えたとのことで、お披露目のお茶会です。
 場所は 20 年以上前から変わらず、いつものデニーズ。相棒の買い物で回った池袋から、首都高速を使って 40 分といったところ。



 1 時間ちょっと談笑をして



 ぽてちは早退。

 早退の際に駐車場で運転席に座らせてもらって、エンジンもかけさせてもらいました。

 すると、かつて初期の SkyActive D アテンザで弱く響いて聞こえ続けたカラカラ音が聞こえませんでした。
 軽くブリッピングしても、 2,000 rpm くらいを維持しても。吹け上がりもスムーズ。

 排気量が小さいことが好ましい方向に影響しているのと、動いていない状態だったことと。両方があるのだろうと推測です。
 車外にいた相棒には、ディーゼルの音がしっかり聞こえていたそうな。

 長所短所あるわけで。「これだけ進化しているなら、長所が短所を補って余りあれば受け入れる気になるわな」 「侮り難し! SkyActive D
 あらためて、そんなこと思うたです。


 感じたこと思うたことをまとめると。

   大きさ感が良い。このサイズがいい

   カラカラ音が聞こえてこない。進化しているのね

   シートが良い。欧州車並み。

   内装の見た目、見た目の建て付け、昔のアッパーミドル級

   この車は売れてしかるべき

 んな感じ。

 運転姿勢合わせは行いませんでした。ぽてち早退間際の短時間だったし、動かすわけじゃなかったし。


 で。

 ぽてちが SUV を選ぶ可能性はとても低くて、あり得るとしたら、アクセラかデミオだと思います。
 でも、「次の次ならアリかもしれない。マツダはプレミアム路線を目指しているらしいから、その頃にはもっと良くなっているかもだし」なんてこと、思うたですよ。

 たぶん、デミオやアクセラは「しがらみ」とか「固定観念」ってやつがあって、値段を上げにくい。すなわちコストをかけ難く、あくまで「ベーシックで十分に足りる機能・性能と、対抗比較でお買い得」の作りになる。
 電車の中で耳にした、おっちゃんの言葉。「シビックが 450 万円だって?!あり得ないだろ!」 これに通じる壁がある。

 が、 SUV なら、(ある程度は)解脱できる。骨格は同じでも、ショックアブソーバーやマウント類の部材、シート・内装に若干のコストをかけられる。
 現にその気配があって、さらなる可能性を感じた作りであったことも書いておくです。


 とゆーことで、駐車料金の清算に向かいながら「わずかな期間で進化するものなんだね~」など呟く。


 早退して向かった先は、プロペラ マークの試乗なり。



 320d M Sport420i Gran Coupe Standard118d Style の試乗を依頼してありました。

 真の希望320i Sport (MT) と 120i Sport でしたが、そこが無いとのことで。

  3 シリーズのサイズ感
  ガソリン 2.0 L Turbo の感触
  ガソリン 2.0 L Turbo と AT との調律の感触
  1 シリーズのサイズ感
  おまけでディーゼル 2.0 L Turbo の感触と、 AT との調律の感触

 を、バラバラで試させてもらうことにしたのでした。
 重さや調律が違うだで、本当にはわからんのですけど。時間をかけて反芻していれば、ある程度は。


 試させてもらった感じ。予想していたものが「予想とちょっと違う」だったり、「やっぱりね~」があったり、「予想外に良いね」があったり。



 総じて思ったのは、 1,500 kg を超えるとガソリン 2.0 L Turbo は難しい面が出てくるな、と。 8 段もの多段 AT を使っていても。
 もっとスポーツカーで MT なら、十分アリだとも思いましたけどね。

 重量は 1,400 kg 前後までで、それこそアイドリング+回転からの加給に命を燃やす! のが良さそう。
 トップパワーを落としても、極低回転のトルクに振るのが良いと思う。

 大鳥居くんが町乗りだと『 S# 』を使わないと扱いにくくて、 MT だから平和に『 S# 』を使える(笑) こと。思い起こしました。


 M140M3排気量に納得するとともに、メルセデスや BMW がディーゼルに積極的だっのも納得の理解

 マツダの大明神がインタビュー記事で言うていた、「大排気量ガソリンを使い難い今、重い E クラスや 5 シリーズだとディーゼルじゃなきゃ苦しい。だからもう一度、ディーゼルを大復活させてくるはず(意訳)」との言葉がわかるように思いました。


 うん、ずっと頭にあり続けた 3 シリーズなら、 340i が好みの動きに丁度のところかも


 車両本体 850 福沢!


 するとオプション他で 950 福沢!



 テレスコピック付きロードスター標準シートの試乗をお願いしなきゃ。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.30

実りの季節


 生落花生を買いに行きたいと言われたのは、 2 週間前のことだったか。

 その週末は土曜日が仕事で、日曜日はひたすらに睡眠回復チャージで消費。

 翌週の土曜日は(二人とも起きるのが遅くて、猫缶まとめ買いに出るのでいっぱい。日曜日も(二人とも起きるのが遅くて、おまけに蒸し暑くて(二人とも)家を出る気にならず。 v(^^;)

 その後、口にしなくなったので「もうあきらめたのかな?」

 そう思いながら金曜の晩に訊いたところ、起きられたらと。無謀なことを。(笑)


 で、 10 時を過ぎて寝室を覗き込んだら猫がハウスの上。写真を撮りに入り、行く?と尋ねつつ、レンズを向けられるのが嫌いな猫を撮る。
 上の写真は、ぷらぷらしているストラップに注意を引かれて見上げてる図。
 下は、嫌い! (笑)



 「行く?」と尋ね返され、もう遅いよな~と思いつつ行こうかね。出発が 11 と、千葉市を超える外出には遅かったけど。行ってきました。

 向かった先はみのりの郷東金なり。
 検索していて ひっかかったところです。


 いつも下りてる木更津東 IC で下りずに進むと東金。なんか、漠然とそう思ってしまって。アクアラインを目指してしまいました。(^^;
 出発直後にナビの全データ アップデートを始めて、検索できなかったのもあって。

 アクア橋上でアップデートが終わって検索したら、圏央道を進むのでなく、館山道を千葉東 JCT まで戻って 東金有料を使えと出た。
 えっ? と思いながらルート全体表示の地図を見ると、なるほど! (^_^;)

 アクア経由でなく京葉道から進むのが、あきらかに短い。(火暴歹匕)

 トイレ休憩に入るほどの、えらい遠回りをしました。



 ふつー、車で東金くらいなら、トイレ休憩も無しですよね。

 時間と高速道路代をだいぶ無駄にして、ようやく到着。



 入ってすぐのところに生落花生



 せっかくだから (いつもの発想 (笑) )、値段が高くても見栄えの良さそうなものにしよう。きっとモノが違うに違いない。



 とゆーことで、上の写真のものを籠に。



 2 つと言うと思って、 3 つ入れたのに。(火暴)
 もう 1 つ、とな。(^^;



 前にマイキーご夫婦からいただいた生落花生を自分で茹落花生にしてだいぶ気に入ったようです。


 相棒が野菜を矯めつ眇めつしている間に、ぽてちは中をぷらぷら。



 実りの季節なんですね~。(^_^)



 

 


 こんなものも目に入ったけど、自制した。(^o^;)



 だいぶ時間をかけて見ていたので、一服を兼ねて、遅い昼ご飯をとるつもりの食堂部を探しに行く。



 壁にあったメニュー写真を見て、食べるものを決めて、戻りながら物産部を撮る。



 戻ったら、見繕いをだいたい終えたところ。

 道の駅朝霧高原のベーコンが、高かったけど美味しかったね~。と話しつつ、なぜかここでベーコンを籠に



 この直前、バターピーも握りしめる。(笑)

 で、イカフライが筒状なのは、なんで?



 ふつー平たいものだと思うのだけど。(^^;

 会計を終えて



 食堂部へ。



 


 ぽてちは先ほど決めた通りにカツカレー。ピザも半分こで。



 相棒はこれ。



 メニュー写真の左上、角にあるやつ。


 カツカレーは、まぁ、それなり。業務用を土台に野菜や果実を入れたと思しき味わい。手が加わっている
 注文を受けてから揚げたカツは、揚げたての良さ。これも土台は業務用かな?

 カレー屋でも とんかつ屋でもないから、こんなものでしょう。と、納得。

 サラダは 異様に 美味しかった♪ です。

 相棒もサラダが美味しいと言い、料理の味付けも好みだったらしい。とゆーことは、材料の味がちゃんとあって、味付けもくどくないはずです。
 観桜ツーリングでマイキーご夫婦に連れて行ってもらった野菜ランチの美味しさ。あの風情があるのじゃないかな?


 食事を終えて、退散。



 15:05 くらいの出発だったかな。ナビの到着予想 16:50 と出ていました。


 で、完全に、迂闊でした。東金有料に入ったくらいで渋滞情報を見たら、千葉東 IC 手前から穴川くらいまで渋滞しているじゃないですか。(^O^;)

 台風接近中のニュースもある雨の週末で、出かけている人が少ないのだろう。
 往路のガラ空きぶりから、そう思い込んでいたんですね。

 その後、渋滞が伸びて、発生箇所も増えて。ナビが渋滞回避で遠回りを選んだり、トイレ休憩を入れたり。



 ナビの提案を却下で渋滞を避けて、さらに遠回りをしたりして。帰庫したのは 17:35 くらいだったと思います。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.23

丸の内ぷらぶら


 上の写真でゴミがレンズ内混入しているように見えるのは、照明の映り込みです。

 こうして撮っても写らぬくらい微細なチリが混入していまして、丸の内にできた FUJIFILM Imaging Plaza へ相談に行ってみました。
 丸の内の Imaging Plaza を訪れるのは初めてです。



 サポートのおにーさんが曰く、上の写真のようにゴミが入り込んで見えるものの多くが照明の映り込み。
 そう見えやすいレンズで、持ち込まれることが多いそうな。


 で、微細なチリが 2 つ入り込んでいるのは確か。おにーさんも確認。

 が、写真には写り込まず、写り込まないようなものを取ろうとしてバラすと他のチリが入り込んでドツボにハマる、とな。

 わかる。うん。
 液晶保護シールを貼ろうとしてズレて、直そうとしてドツボ。
 んな感じ? (違)


 けっきょく持って帰ることになったわけですが、ただ帰るのも面白くない。

 X-Pro2 センサー清掃と点検 XF18-55mm F2.8-4 OIS の清掃と点検(どちらも有料)をしてもらうことにしました。
 使い始めて 2 ヶ月の X-E3 がセンサー内に入り込んでいたくらいだから、 1 年ちょっとの X-Pro2 も診てもらうべ、と。

 1 時間とか 1 時間半が Nikon 銀座のデフォルト。同じような時間を覚悟。

 その間、レンタルサービス X100T X100F を借り出して、繁華街化した丸の内を撮りながらぶらぶら歩こうと考えた。(こちらは当日無料)



 ぽてちが持っていた丸の内の印象って、無味乾燥で古びてきた事務所ビルばかりの三菱財閥村。



 変わりましたよね~。



 三菱財閥村は不変でも、事務所ビルそのものがオシャレになったし、一部を繁華街化して一部の印象が別世界になりました。



 X100T X100F の印象ですが。

 X-Pro2 に馴染んだには、なんの違和感も迷いもなく使えて印象良好。目に馴染んだハイブリッド OVF も、やはり何の違和感もなく扱えて好印象



 レンズも評判通りの印象。開け気味だと柔らかいんですね。「開放からしっかり解像」と言われるようにカリカリ描画が多い昨今のレンズとはちょっと違う。手放せない人がいるのが理解できます。



 背面 LCD 右のボタン等配列 X-Pro2 と同じなのはとても使いやすいし、レスポンスも X-Pro2 と同等に感じました。
 ここらは X-E3 より明らかに優れているところです。

 X100T X100F は X-Pro2 と並び立つスナップシューターの 2 トップなんだな。そう思うた。


 ぽてち導入の対象になるか? と考えると、手ぶれ補正なしがチト辛い。(^^;
 換算 35mm の焦点距離も、ぽてちにはちょっと難しい。(^^;

 んな感じ。



 そう言えば。

 清掃・点検やレンタルの手続きを相手してくれた おねーさんが、ぽてちが X システムに思うところを話すのを聞いてくれまして。
 たぶん、 Nikon Canon フルフレームのミラーレスを出したことが、ぽてちが思っている以上に客の反応に出てきているのだろうと、撮り歩きながら思うたです。

 写真家が SNS に投稿していた記事でも、市場からのフルフレーム要望のことがチラッとあったし。


 わかるんですけどね~。



 Nikon Z に思うところを書いたように、フルフレームの良さはよくわかるんだけど。
 それって、 3.5 L の車は大トルクで乗りやすいってのと、同じなんですよね。

 3.5 L の車が、都内の一般道で動くことが大半の人に便利か? と。
 もっと言えば、日常のお供としてスーパーやコンビニに行くのに楽か? と。

 首都高速と高速道路で墓参りに行くときは、便利で楽ちんでしょうけど。


 車の場合、 2 台持ちできるなら別だけど、現実にはバランス点に落とし込むわけですよね。様々な要件を検討して。



 するとね。

 ミラーレスでボディが小さくなっても、フルフレームはレンズが重いじゃないですか。
 大きさも、バッグから取り出すのは「よいしょ!」で仕舞うのも引っかかって億劫になってくるし、傍目から見ていても物々しい。

 ぽてちのようにフルフレームでショボいレンズを使うと、ある程度は軽くても描画はそれなり。描画が見合うレンズは・・・
 Nikon の Z 24-70mm f/2.8 なんて、凄いことになってくると思いますよ。
 Canon のは、笑っちゃうような大きさですよね。



 そう、「どうせ買うなら良いものを」でフルフレームを導入しても、頻繁に手にするのはいつまで続くかな? と思うわけです。
 持って出て手にしなければぜんぜん良いものじゃない

 D 一桁や D850 の、自身の経験から思う。 D750 ですらそうだった。(^^;;;
 ぽてちは 2 システム体勢で、高速道路で使うからいいんだけど。(笑)


 とゆーことで、 FUJIFILM X 絶妙のバランスにあって、とにかく使いやすい。おねーさんに話したのはそんな主旨。



 ぶらぶらから Plaza に戻る前に、タバコ部屋を求めて入ったビルで懐かしの魚がし』を発見。



 昼ご飯を食べていず、お腹が減っていたので。



 昔は三島の回転『魚がし』で 11 22 カン確実だったのに、大人しくなったものです。(^^;


 戻った Imaging Plaza でぴっかぴかになった X-Pro2 を受け取って、 Plaza を退散。

 目の前のエレベーターで下りると地下駐車場。



 機械式は面倒なれど、予想した以上にアクセス性が良いところでした。

 ただ、幅の制限が 1,850mm まで。シビック R は入れません。(笑)



 ちなみに X-E3 は土曜日の午前中に宮城県から帰ってきています

 例の現象は発生条件が狭いから目をつぶるとしても、ボタン等配列 X-Pro2 と違って、やっぱり指が迷う
 意外とストレスであることを再認識しました。

 う~ん・・・ どうしよう。小ささ軽さは絶品なんだよな~。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.25

スナップ撮影講座 4 回目(実習)


 パフェとピッツァの翌日は、一日中ゴロゴロうとうと。
 一日いっしょにいるよと話した、その通りの日になりました。



 さて、その翌日。日曜日のこと。
 Nikon のスナップ写真撮影講座 4 回目、撮影実習に参加してきました。



 場所は原宿。



 やはり気温が高くなくて、アメダス大手町の最高がなんと 28.6 度。最低は 23.6 度だなんて、朝のうちは「秋か?」と思うような過ごしやすさ。
 湿度があって、日中は蒸し暑く感じましたけどね。でも、前回と大違い。


 原宿は、好きじゃないところです。駅や立地が嫌いなわけじゃない。風俗。

 若い子たちで賑わっているのが嫌なんじゃない。楽しんでるねー♪よいねー♪と思う。
 たちの良くない子たちや、たちの悪いプチ大人たちが醸す、街を蔽う空気が嫌い。



 撮影地が原宿だと知って、だいぶ気乗りしませんでした。欠席しようか?とも考えた。

 でも、せっかくの機会だから。吸収力が小さな ぽてちだけど、参加すればちょっとでも吸収できるはずだし。
 参加しておかないと、最終回に提出するネタが無くなるし。

 そう考えて、参加しました。 32 度を超える酷暑だったら欠席したと思う。(笑)


 集合 & 打ち合わせのとき観たら、講師のカメラは D850 でした。レンズは単焦点。



 そして背負っていたリュックは Nikon ブランド。 Nikon の講座ですものね。

 今日からの講座実習では Z7 ・ Z6 になるのだろうか。(^o^)



 んな事はいいとして、講師に引き連れられて撮って回ったわけですが。



 人と車と障害物が多くて



 どうしていいか、悩むばかり。

 ちょっといい感じ?と思ってカメラを向けると、色々と入ってしまうです。



 付いて歩いているから、人の動きが上手く入ったタイミングを長時間待って狙うこともできないし。



 スナップ・・・ 人・・・ 光と反射・・・
 困った挙げ句に、こういうものを撮って誤魔化せないか?と考えてしまう。(笑)



 


 いやはや、難しいものです。



 竹下口から竹下通り方向も、表参道方向も、すごい人の数。それを撮ったろ。(爆)



 雰囲気の良い建物もあったりするんだけど



 向きや確度を矯めつ眇めつ切り口を探している時間が無い。

 見上げた鏡面に映る通りがかりを撮ってみよう。



 鏡面であることがわからない、なのにモヤった写真になってもうた。(爆)

 子供たちが弾けるように笑っている姿はよいな♪ と思うのだけど



 原宿っぽさは単調な背景だけ。(笑)

 こっちの方が、もっと原宿で遊ぶ子供たちっぽい?



 いや、どっちもアカン。ヽ(^▽^;)ノ

 木。(走召火暴)



 電線が邪魔。(^^;;;

 車と自転車が邪魔。(^^;;;



 上手くいかないのがわかっていて行っているのですが。



 こうも思ったようにならないと、辛くなってくるですよ。(^^;;;



 家に帰ってから、シシャモで憂さを晴らす。(笑)



 さっぱりとしていて、良質なタンパクだと感じる味わいでした。
 スーパーのシシャモも 30 年くらい食べてないから、良し悪しわからなんだ。(火暴)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧