2017.07.23

お泊まりツーの準備にかかる


 西のスタンプ荒稼ぎツーリングに向けて、荷物の準備を始めました。

 と言うても、アンダーウェアや洗髪用具を段ボール箱に放り込み始めた程度ですが。

 肌着や靴下は洗濯が追いついていず、順次となります。細かな用具もこれからで、ま、入れ忘れは絶対に生じる。(笑)
 一週間も前から着手することで、「あ、あれも入れとかなきゃ」と気づく事を期待


 バイクは、朝霧高原に行ったとき以来、触れていません。

 木曜日の晩にトップケースとメッシュのシートカバーを付けて、ついでに空気圧調整と油脂類の確認をするつもり。
 あわせてインカム(実質ラジオ)の充電も。別にすると、絶対に忘れてまう。(^_^;)



 前日の土曜日は仕事から戻って即座に寝たいので、デイパックと雨具の積み込みは金曜の晩にする。
 そこまでに、衣類、洗髪用具、スマホ等の充電用具、薬などなど、パッキングを完了させねばなりません。


 カメラや財布、スマホ、睡魔除けの薬、ナビ等は別のバッグで、いつもの小カメラバッグとタンクバッグの予定。
 保冷バックに詰めるスポーツ飲料は買い込んである。予備数本を左パニアの予定。


 カメラ。レンズ交換式はこの組み合わせにしましょう。



 レンズが欠品で届くの間に合わないと思っていたのが、同時に届きましたから。テストと習熟を兼ねて、これを持っていくのが順当でしょう。
 Nikon が D750 のリコール修理をせっかく急いでくれたとこなのだけど。

 D750 だと DX レンズ( DX 18-140mm )でクロップ撮りすることになるから、あまり良い結果にならないし。なのに 1,330 g にもなって、暑さと疲れでバッグから取り出すのを億劫に感じちゃうこと間違いないし。(^^;)

 X は電池を食うミラーレスだけに、カメラバッグに予備 2 つと、デイパックに充電器も必要ですね。


 メインで使うだろうと思われるカメラは、お試し導入のコンデジ



 少し慣れてきて、恐れていたほど悪くない印象を受けています。熱暴走を起こさなければ、手軽なこちらがメインになるはずです。

 電池の予備が欠品で届かないので、ホテルで充電を忘れぬよう気をつけなければ。
 起動とズームがレンズ交換式より遅いことにイライラせぬよう、気をつけねば。(笑)


 といったところで、楽しみで楽しみで仕方ない(らしい)お泊まりツーリングが、動き始めました。

 一番大切な準備は、木金土の晩に 1 分でも多く寝ることです。 v(^^;)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.07.03

すごいわ、いいわ


 しばらくぶりに車ネタなんですが。


 友人が車を購入したお披露目をするとのことで、箱根までヒョイ行ってきました。目覚ましで起きず、出庫したのが 08:10 で遅刻。(^^;
 とは言え珍しく道路が異様に空いていて、まだ車談義に花を咲かせている盛りに到着。



 20 年前、ここで毎週のように集ってワイワイやっていた頃を思い出します。



 さすが FCAR だけあって、その後、これで子供 2 人を育てたとか。写っているのはチャイルドシート。



 子供ができたら 2 ドアクーペじゃ無理!とか、言い訳だよなと確信する。(笑)


 到着と入れ替わるように同乗試乗へ出て行ってしまった主役が戻ってくる。



 本当にコンパクトだな~♪ と、感心しました。

 今どきの車にしてはガチャガチャしていない、すっきりしたエンジンルームにも感心。狭い中に見事に収めてある。



 縦置きがバルクヘッドに食い込むように収まっている図にも、ニヤニヤしてしまう。


 乗ってくる?と言われて断れなかった ぽてち。(爆)



 良かったです。ひじょーに良かった。

 次はこれにしちゃうかも。と、車検の見積もりをしてきた翌日に思った。(^^;

 近いうちにタイヤも替えて、あと 2 年は乗るつもりだけど、その次を悩んでいるんですね。「これだ!」が無くて。
 体格的にちょっと厳しいという大きな課題があっても、ドライブフィールでこれにしちゃうかもしれません。

 自分が、どんな何を求めているのか。わかっている事を、より優れた形で突きつけられたような印象でした。


 戻ってきて、「いい♪」としか声が出ず。(^_^;)


 朝からイマイチだった体調が、談笑中にもイマイチ感が進行してきて、こりゃ早く帰った方がいいと判断。
 レストハウスでトイレを借りて、お茶を 1 本買って、ぽてちは離脱することに。



 新道を下りながら考えていました。

 運転が楽ちんでも あの身体の収まり方だと丸一日走り続けというわけにいかないから、長距離旅行用と買い物用を兼ねた 4 座車も別に必要になりそうだ。
 POLO ? デミオ? そんな事になったらワオを維持できないな。 etc ・・・


 繰り返し考えながら小田原厚木を巡航していたら、左車線の車の間から黒い車がポン!と出てきて追っかけ始めてきた。
 ポン!と譲って、左車線の車の後ろにつく。

 異様に空いていたからでしょう。小田原厚木で 3 台、東名で 1 台、路肩でむさぼり食われていました。
 小田原厚木は白馬の騎士も出没するんですね。


 朝ご飯も食べていないことを思い出して、中華饅を買うために港北 PA に寄る。



 買って車に戻りつつ、大鳥居くんを見て思う。



 ショックアブソーバーが車重とパワーに見合ったものだったら、ブッシュのチューニングをもう少しやっていたら、良い車になったかもしれないのにね。
 今どき 400 福沢で 43.0 N・m もあるエンジンを買えるという点で希有な車だけど、そこ止まりになっちゃってるね。

 あまりにもデキの良い車を試乗した直後なので、見る目が冷たかったです。(笑)


 体調イマイチゆえ給油をパスって、 13:10 に帰庫。 4 時間 50 分の ぷらり箱根でした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.15

北の荒稼ぎルート

 写真は鳥海山


 朝霧高原のスタンプを取ってきたことで、日帰り圏がなくなりました。


 三岳はぎりぎりで日帰り可能かもしれません。 Google map に依れば往復 522 km です。西の荒稼ぎ弾丸ツー初日 563 km の予行演習として、いいかもしれない。

  4 時に出発するのは、睡眠体力的にどうなのか。その時間帯に 2 時間 3 時間でどれほど距離を稼げるのか。何時に眠くなってきて、どれだけヘバってくるのか。
 1 日で 420 km までは知っている世界だけど、その先の尻や膝の痛み身体の疲れはどんなものなのか。

 やっておいて損のない予行演習かもしれませんね。

 これにてしばらくお休みと言いつつ、頭にチラチラ・・・(笑)


 朝日は、往復 800 km 。ほぼ全線が高速道路なんだけど、日帰りは無理でしょう。

 車ならトイレ停車を入れて 10 時間と、ほぼ正確なところを見込めて、可能な範囲です。休憩を入れれば 11 時間
 車中昼寝の回復チャージが入っても 12 時間ってところ。楽勝♪ (爆)

 だけど、バイクじゃ休憩が多く長くなって回復チャージをできない。無理無理!(笑)


 ということで、北の荒稼ぎルート。


 一日目 https://goo.gl/maps/cD7kwaHjVUK2

 二日目 https://goo.gl/maps/cYKPUcQSkm72

 三日目 https://goo.gl/maps/KURLRF5QQB92


 西の計画と比べりゃマシだけど、楽な距離ではありません。まして、連続ウン十日の熱帯夜とか言うてる時期。 d(^^;


 メバチくんで温海温泉へ向かった暑い日を思い出します。



 関越トンネルから六日町あたりまでを除いて胎内市に入るくらいまで、高速道路のほとんどの行程で 33 を超えていたのじゃなかったっけ。



 埼玉深部と、小出以降の新潟市までは、 35 36 なんてレベルで。



 村上から一般道になって以降も、よゆーで 30 度を超えていた記憶あり。

 あの再来だと思うと、背中にヒヤリとするものが。(笑)


 でも、景色が目に残っているんですよね。笹川流れって、どうして観光の対象になるんだ?と思ったことも。(笑)



 食後に撮っていて、ふと下を見ると気持ちよさそう。



 道の駅温海温泉で買った かりんとうがンマ♪かったことも、よく覚えています。

 あのときは、翌日に鳥海山のレストハウスに上がって友人と食事をして、道の駅象潟へ下りて戻りました。

 この写真が日本海沿いで観た景色の北限なんですが、今年はこの中を通って遥か北の方へ進みます。



 象潟より先がどんな景色なのか、楽しみです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.11

暑さ対策のテストで朝霧高原( 9 つ目)


 我ながら、元気っすね。(笑)

 32 の予報を見て、朝霧高原のスタンプを取りに行く気になりました。

 27 度予報の日曜日でなく気温が高い土曜を選んだのは、真夏の荒稼ぎ弾丸計画を念頭に、暑い中で体調を観察することと、暑さ対策の飲料や用具のテストをするため。


 この日 290 km の走行で、 23.63 km/L  総走行距離 7,630 km

 帰りにライコランド東雲へ周り道しただけでなく、帰庫直後、格納の儀式の前に下回りの洗い流しまでやる異様な元気。(爆)



 7 時に駐車場へ降りたいと言っていて、降りたのは 8 。毎度のこと。 v(^^;;;

 急いで出発の儀式だわぃ! とバイクを見たら、猫爪防止策(大昔に買った 500 円のサンシェード)が爪研ぎでボロボロにされていました。



 初めてのことです。座り心地・寝心地を慮って、わざわざ柔らかいものを選んでいたのに。近頃は気温的に良いのか、黒い子 3 号(小顔くん)の王様椅子になっていることが多く、先日はゲーもされていました。
 いいんだけどさ。買い直さないと、バイクカバーどころかシートに穴を開けられそう。


 この日はトップケース無し。付けるとやっぱり重くて、駐輪するとき出るとき、ある無しでグラつき方が異なります。
 右パニアに保冷バッグを入れて、財布やスマートフォン、カメラにタバコ、スタンプ帳などなどはタンクバッグです。


 08:29 出発



 クールダウン ベストを持ち忘れたことに気づいて、一ブロック回って戻る。(爆)
 (数年前に買ったもので、あまり効果を感じられず放置になっていた)

 倉庫部屋に駆け込んで、あらためて出発。 08:33

 上の写真の気温は駐車場の温度で、表通りに出たら 26 でした。


 で、何故なのか。わかりませんが、頭から抜け落ちていた渋滞の可能性が。出発のときも、首都高速に乗ってからも、渋滞情報を見ていなかった。(^^;


 西新宿 JCT のちょい先で詰まってからようやく、電光版の渋滞情報を見るようになりました。そしたらエライ渋滞が始まっておった。

 日野バス停あたりを先頭に 7 km だっけかな。そして八王子バリアの先から上野原あたりまで、断続的 17 km だったと思います。

 西新宿 JCT にさしかかる前に気づいていたら、ルートを急遽変更して、新東名道で富士宮から回ることにしたのですけどね。
 「今さらどうしようもあるまい。いちど降りて用賀を目指しても、いいことにはならない。」 そう考えて、観念しました。(笑)


 気温が府中くらいからグンと上がって、八王子で 28 。以降、都留で 30 度まで上がるものの、平均して 27 29 で進行。
 ずっと頭の中にあったのは、気温による体感(しんどさの変化と荒稼ぎ計画のこと。

 水分補給のため、谷村 PA で停車。



 けっこう汗をかいていて、上着シャツを脱ぎました。でも、クールダウン ベストは羽織らず。こちらは 31 度を超えてからテストする予定。

 ちなみに、 ストレッチ アンダーを着ていました。

 これが意外と。値段が高いだけあって、伸縮性がよくて一部だけ強く締め付けられることが無く、肌あたりも良い
( amazon で見つけて試しポチ♪ったあまり高くないストレッチ アンダーは、締め付けが強くムラがあるうえに、縫い目が肌にあたって暑さで肌が疲れてくると不快。)

 アウターのジャケットは 7 年選手の Seal's メッシュジャケット。下は BMW のエアスルー パンツ。シューズは GOLDWIN のメッシュです。



 なお、エアスルー パンツは腹が緩くて、ベルクロで締め付けきれないことがわかりました。サスペンダーで吊しています。 v(^^;


 河口湖で降りて 27 度。鳴沢で 25 度。精進湖 24 度。本栖湖 22.5 度。思っていたよりだいぶ気温が低くなり、こりゃ用具のテストにならんわぃ。(^^;

 道路は遅い車がたくさんいて、けっこうストレスでした。帰路は一部でも別の道にしようと考え始めた。


 ということで、道の駅朝霧高原着。 11:08



 到着直前の、富士山と広い裾野の景色が素晴らしかったです。


 まずスタンプ。 9 つ目♪ v(^o^)



 続いて売店部に突入。相棒のご下命です。



 何年か前に、横浜の偉大な夫婦のお声がけで行ったとき買ったベーコン。あれがとてもンマ♪かった買ってこい!とのこと。

 デカいのに惹かれるのがお約束。(笑)



 んが、考え直して半分のを 2 つにしました。


 続けて見て回って、目を惹かれた。お腹が減っていたのでしょうね。



 ナチュラルに籠へ。



 バイクに積み込んでいたら、耳に入った親子の会話。

   少年:「すっご! この原付 、すっご!」

   おとーさん:「原付じゃねぇよ」



 少年が感動した 原付 には、ワイパーがついていました。 (^o^)


 たばこを吸いながら上の写真なんぞ撮っていたら、突然、空腹であることに気づく。ということで、昼ぐあん♪



 うろうろと立ち食いをしていて発見♪



 ここもたくさんの雛がいて、親鳥が盛んに飛び交っていました。季節なんですね。

 もう1本吸って、出発。 12:00



 わずかな距離ですけど。 R139 で、遅い車の後ろでイライラするのが嫌でした。

 オプションで砲を積みませんでしたから、「あなたたち、消えておしまい! とスイッチを押しても、ドライブモードが切り替わるだけです。
 せめてもの手で、牧場の脇を通り抜ける地元道を抜けて県道 71 号へ出ました。



 やっぱり綺麗な高原景色が広がっていた。



 県道 71 号は、車の運転免許を取った翌日に、レンタカーで走った道です。なかなかに気持ちの良い高原道路で、以後、レンタカーで何度もドライブした道。

 後日に知りました。サティアンが道路のすぐ近くにいくつもあって、富士宮に向かって T 字を左折した先には富士山総本部があったこと。
 警察の大軍団に停車を命じられてトランク開けさせられたのは、総本部の前でした。

 なるほど、ここか! と、そのとき知ったのですが。


 この日もまずまずに車が少なく、ほぼイライラすることなく鳴沢まで出られました。消えておしまい!と思ったのは、わナンバー 1 台だけ。(笑)


 県道 71 号に出たとき 19.5 度まで下がった気温が、日射しが戻ってきた鳴沢で 26 度。河口湖で 28 度。中央道に乗って 29 度。



 河口湖からの気温は、会津金山から郡山のときよりちょっと高いくらい。なのに、あのときのように暑さ疲れをしませんでした。


 理由を考えてみるに・・・

   比べれば湿度が低かったこと。(3)
   上記のアンダーにして身体の不快が減ったこと。(2)
   標準のスクリーンにしたこと。(2)
   上着シャツを脱いだこと。(2)
   スポーツ飲料を意識して飲むようにしたこと。(1)

 等々の影響だろうと思います。
 高速道路速度だったことと、普通は気温が上がる都留の手前から大月で、上の写真のように曇って薄日になったことも影響がありますね。


 シューズのメッシュは良し悪しでした。中に熱がたまって熱くなるのは無くて済むのだけど、メッシュがエンジン熱の温風を通す。(^^;
 メバチくんの右足熱風直撃よりはいいけど、温風もそれなりに熱い。(^^;

 標準スクリーンも良し悪し。 Wunderlich ツーリングスクリーンより肩と上腕にあたる風がたくさんで、気温が高くないと五十肩が痛んできます。(^^;;;


 大月で待望の(?) 30 度になったことで、クールダウンベストが登場。濡らして着る、そのために談合坂 SA に入る。
 休みたくて入ったわけでなく、暑さバテしていないことを感じました。


 相模湖から平野に下りて 31.5 度。八王子で 32 度。多摩川を越えるとき 31 度。あまり変化がなく、以降も 31 ~ 32 度でした。(湾岸エリアだけは 30.5 度)


 クールダウンベストは、快調でした。
 ほどほどの気温で ほどほどの湿度なら、十分に効果があると認定です。

 下のストレッチ アンダーが上手く働いて、ベストから水を吸って揮発して放熱する流れができていたのじゃないかしら。
 放熱のために汗をかくエネルギーが少なくて済んで、消耗の程度がほどほど、と。


 普通なら「あぢー!」となっているはずの日射し付き 31 度超えであまり辛く感じず
 だからでしょうね。東雲の用品店まで、大きく周り道をする気になったのは。


 とは言え、暑けりゃ体力を消耗することは間違いなく、スポーツ飲料の補給も怠ることはできません。
 首都高速 4 号線の代々木 PA に飛び込みました。入るの初めて



 台数はとても少ないものの、ちゃんと日陰に 2 輪スペースあり。



 ドトールの看板が立っていた。パッと目を引かれた。でも、施設が公団の作り(分煙窟なし)で、どうせ禁煙だろうと思って入らなんだ。



 疲れと暑さバテとの闘いが続くバイクのとき、エアコン利いた部屋に座ってドトールのアイスコーヒーで一服できると、最高なんですけどね。


 台場まで渋滞無しを確認して、出発。

 バイクはスッと出られるけど。ここの出路合流も、車の運転がイマイチな人には厳しいものがあると思うた。



 PA の予告案内板に上級者向けと書いておいた方がいいんでね?(笑)


 ということでライコランド東雲着。 30.5 15:38



 目的はヘルメットを被ってみること。

 先日ポチ♪った SZ-Ram 4 の被り心地がどうもイマイチで、「どこか不快」の感がなかなか消えてくれません。
 SHOEI だとどうなのだろう?と、試着してみたいと思うようになりました。


 J-CruiseJ-Force 4 の XXL を試着してみた体感と、ヘルメット専用コーナーにいた おにーさんの情報とから。

 軽量化を追って わずかでも帽体を小さくしたものは、 XL じゃチト厳しい人間には向かない。( XXL は、 XL 帽体+薄い内装)
 内装を薄くした分のいくらかを、帽体の小ささが相殺してしまう。

 ふむ。 そういうことですか。なるほどね。

 SZ-Ram 4 には XXL( 63 cm ) が無く、先日ポチ♪ったのは L サイズ帽体 + 薄い内装の XL サイズ( 61-62 cm)です。帽体も、やや小ぶりに見える。
 もとより無理があったらしい。

 でも不思議。 Ram 3 は、小ぶりには感じても問題なく使えていたのですよね。 Multitech も XL サイズで、ソフト内装にして問題なく使えている。
 相棒が推測したように、帽体の形状を今の若者向きに変えているのかしらん?


 体感で J-Force の XXL だな!と納得したところで、ヘルメット下取り ¥4,000- キャンペーンが単なる値引きだったら買って帰ったかも。(爆)
 そういう時のために荷物ネットを積んであるんだし。(火暴)

 おにーさんに訊いたら、値引きの方便でなく本当に下取りだとのことで、手ぶらで店を出る。
 隣のオートバックスに入ればサンシェードとか化学繊維ウェスとか、買うものはあったのだけど。さすがに疲れてきていて「またこんど」


 いつものスタンドで給油して、帰庫。 31.5 15:38



 東雲へ回り道したことで 1 時間遅くなった感。


 そして「我ながら元気だね~」と思った下回り洗い流しを開始。


 朝霧高原を取ってきたことで日帰り圏が無くなって、真夏の荒稼ぎ弾丸ツーまで しばらくお休みです。
 ぴかぴかだったワオも、けっこう薄汚れてきた。

 目立つところだけでも洗っておこう! と。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.09

西の荒稼ぎルート


 一日目 https://goo.gl/maps/eFWV2ai5jF62

 二日目 https://goo.gl/maps/K3USArAUmbw

 三日目 https://goo.gl/maps/2BSdcBae2jQ2


 勢いで宿を押さえてしまったけど、冷静になって見直すと・・・


 初日と二日目が、だ~いぶキツイ。(笑)



 車ならよゆーだけど、猛暑 下のバイクだからね~。(^^;;;;;;


 初日、中央道を使った方がわずかに涼しいことは間違いないものの、中央道は規制速度が低くて時間がかかる。濃尾平野への突入が遅くなる分だけ、濃尾平野の気温があがってしまう。

 未明出発で新東名を急ぐ方が、熱中症のリスクがまだ低いはず。
 景色つまらなくて眠くなるけど。(笑)


 二日目は、『のと里山海道』以降『能越自動車道』を降りるまでの自動車専用道で一車線がけっこう長くあるはず。
 よって車に抑えられて巡航速度が落ちて、時間がかかってしまうはず。

 休憩が多く長くなるバイクで、七尾の営業時間に間に合うのか?
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.06.05

スタンプ 8 個目、鴨川


 間違いなく「新しいオモチャ」効果です。あまりにも、やる気。(笑)
 スタンプ 8 つ目鴨川を取ってきました。

 この日、 227 km 走行、燃費 22.45 km/L 。総走行距離は 7,339 km


 前日は、中学校のときの友人に誘われて、ウン十年ぶりにオッサン二人でデート。海浜幕張周辺を歩いてきました。
 友人の提案で、エアレース会場近くを歩きながら遠目に見よう、とのネタです。



 だいぶ離れているところも見える位置は「歩道で立ち止まらないでくれ」アナウンスが盛んだったもので、無料応援スポットの野球場駐車場へ移動。

 剥がれた細かい砂利が散乱する駐車場の地べたに体育座り。日陰を求めると、展示トラックの影に座り込むしかありませんでした。お尻が痛かったです。

 そこそこの高度を取るデモ飛行の他は DC3 も予選も実物が視界に入ることがほとんど無く、何枚か撮った他はオーロラビジョンで観ていました。



 

 


 帰りながら零戦のデモ飛行を見ることも、いちおうでけた。



 速度を落とすためでしょうね。脚を出したままの飛行で、せっかくの繊細な造形を美しく見られませんでした。



 で、翌日曜日。

 脚の筋肉疲労(から波及する身体の疲労感)が思ったより強く残っていて、どうしよう?と思ったのだけど。
 気温が上がらないうちに、できるだけ取っておきたい。そうも思う。

 たとえ近くても、新鮮味のないところは暑い時期に足が遠のきます鴨川はその筆頭で、完走できなかったとき残したうちの一つになる可能性が高い。
 相棒も、起こしたとき「房総は燃えない」と繰り返していました。(笑)


 予報最高。東京 26 、館山 24 。路上は多分、 28 度と 26 度。行っておかないと

 ということで、相棒をしつこく起こして出発!

 の前にスクリーンを交換しました。標準のものです。初めて使う。



 この日は寒くなるわけがなかったけど、風切り音低減のためです。ショートスクリーンは一番上にしてもヘルメットの風切り音が賑やかで、インカム通話の障害にもなっていました。

 初めて標準のもので走ってみた感想は。「さすが、落としどころに落としてある」でした。よく検討した結果なのでしょう。
 当初に考えた通りに、ショートは 31 度超が日常になってからで良さそう。


 二人なので魚や野菜を買って帰ることもあろうと、トップケースも付けました。


 出発、 09:13 22



 二人乗りで入れる豊洲まで、山の信号で止まり続ける下道です。もっさりな車も多数。首都高速の都心部二人乗り禁止は、ホント何とかしてくれないものかなあ



 初の休憩は、房総スカイラインの入口が近づいた頃にあったコンビニ駐車場。側頭部がキツくて辛く、もうヘルメットを脱ぎたいとの要望で停まりました。

 ぽてちは脱ぎたくてたまらなくなるほどではありませんが、やっぱりどこか(複数個所が)不快で、疲労が早まる印象。
 SZ-Ram 4 は SZ-Ram 3 から多々改良したのだろうが、改良の一つで、想定する頭の形状を変えてないか? とは相棒の推測。あってもおかしくないですね。


 相棒用の一段薄い内装が届いていて、出る前に換える?と訊いたら不要とのことでした。「次は換えてみよう」と話したら、このときは素直にそうするとのこと。(ぽてち用は打つ手なし)
 バイクで装具の不適合シビアな辛さを招き、身体を合わせるつもりで我慢するのは難しい。ヘルメットはその代表ですね。

 実は相棒も、バイクウェアの入手が困難な一人です。用品店にある女性用はみな小さくて、男性用を使っている。形状が合わなくて不都合があるとか。
 相棒もワオ店行きが決まり♪ですかね。(笑)


 水分の補給をしつつ一休みして、再出発。

 房総らしい景色。



 房総スカイライン。



 九十九谷の中を通り抜ける道です。相棒は初めて通る道ですが、特に感動なく、やっぱり房総は房総だとか。(笑)

 鴨川有料で鴨川市に入り、 R128 で江見へ。



 FUJIFILM X 最初期の X-M1 は、絵作りがまだちょっとおかしい。



 太陽光燦々も、カメラにとってだいぶ厳しい撮影条件です。今の絵作りと AF の技術で後継機を出して欲しいカメラの一つです。

 で、到着。



 わずかに 23 なんだけど、強い日差しと湿度でけっこう暑く感じていた



 撮っているところを撮られていました。



 入って、まずスタンプ。



 続いて売店部をウロウロして、買って帰るものを選定。



 これはさすがに買えなかった。(笑)



 うむ、良さそうじゃないですか♪



 一つ買って、食べながらこの後の予定を相談



 出発も買い物もこうして食べているのも、のんびりし過ぎ。帰りの渋滞を避けたい観点からすると、時間の余裕が無くなっていました。
 経路を調べておいた国吉駅近くのラーメン屋に行くと、時間がけっこうかかる。
(そして帰路に上総鶴舞 IC から高速道路速度になるまで、ずっと暑い。)

 どうする?

 ぽてちは目に入っていて見てなかったこと。ここ(鴨川オーシャンパーク)にも食堂があって海鮮丼があって寿司飯を使っていると、相棒の情報提供がありました。

 相談は ご飯どうする?の相談にもなっていたわけです。


 熱くないものがいい。海鮮丼や (ようするに海鮮丼である) おらが丼が良いのだけど・・・ 温かい白ご飯の上に刺身を載せてある銃殺ものの店がけっこうあって、そうだと食べたくないんだよね。
 みんなで行った天津小湊の近くは鴨川を横断しなきゃいけなくて帰りが遠くなるし、数年前に入った店は場所がわからなくなっていて、それに温かい白ご飯じゃなかったっけ?

 なんて話していたら、ここは・・・ と情報提供。どこぞに寿司飯と書いてあったそうな。



 ならここで食べていこう と、即断。(笑)



 ぽてち、海鮮丼。 ¥1,200- なり。一日 10 食限定とな。



 相棒、地魚・鴨川野菜のフライ定食。 ¥1,000- なり。



 ぽてちは前日の疲れが残っていて、相棒は夜更かしの寝不足で。二人ともあまり元気じゃなかったから、足を延ばさずに済ませられたのが良かったです。

 出てきたものは、「誉めはしないが不満もない」といった感じ。南房の相場な感の値段なり」で、高くない分だけ魚がたくさんではない(薄い)。納得の範囲でした。


 食後、ぽてちは一服。相棒は離れの産直小屋へ。何やらを買って戻ってきました。

 積み込みで、売店部で買った相棒用の鯖の開き(冷凍)を保冷剤の間に入れたのは失敗でした。帰ったとき完全にカチンコチンで、晩ご飯にできなんだ。(^^;)
 ペットボトルを凍らせる保冷剤ですから、凍ったものがわずかでも緩む訳がありません。



 同じ道を戻るのはつまらんから、富浦から富津館山道に乗る予定で館山を目指す。



 よく晴れて、いい景色だったのですけどね。一般道速度じゃ暑い暑い。(^^;;;

 そしてお約束。(笑)



 銚子水揚げの鉢マグロ冊とキュウリとトウモロコシと・・・ 買って富浦 IC へ。



 船形側に抜けるトンネルの手前から車が並んでいて、のんびりし過ぎを後悔しました。

 のろのろ区間が断続的にあったり、富津中央先の車線減少部で渋滞っぽくなったり。木更津金田料金所では行列。越えたら渋滞
 海ほたる入口を過ぎたら流れ始めた! と思ったら、



 トンネル入ってすぐに渋滞。 v(^o^;)

 アクアラインの渋滞はずるずる動くのだけど、やっぱりバイクでは辛いですね。


 湾岸環八から大井料金所まで断続 8 km 渋滞の情報は誤報に近く、実際はいつもと同じ。京浜島でトンネルを出るあたりから大井南出口まで渋滞。料金所までずるずる。

 山手トンネルができたことで、山手トンネルを目指して 1 号線から湾岸線に流れ込んでくる車が増えたと思います。
 トンネルを出る頃から大井南出口までの渋滞が、週末夕刻の常態になりました。


 大井 PA で休憩。
 湾岸線上の気温は 27.5 止まりなんだけど、暑さで疲れちゃって。(^^;;;



 水分たっぷり補給して、トイレも行って、相談です。都心部が二人乗り禁止だから。


 一つ、いつものように豊洲で下りて、都心をえっちらオッチラごちゃごちゃ横断

 一つ、高温を覚悟で山手トンネルに入り、初台南まで。比較すると先は少し楽


 なかなか決断できません。確認すると、山手トンネルに渋滞なし。でも 35 になると思っておいた方がいいよな~と考えて・・・
 相棒は 33 度を予想し、ぽてちは 35 度を予想しました。

 心身がすっきりした状態なら、 35 度でも渋滞が無ければ 10 分やそこらだ!と、入っちゃうのですけどね。


 すでに終えたアクアラインの情報を見て、木更津 JCT から浮島までの渋滞に延びているよ!と騒いで現実逃避。(笑)


 結局、山手トンネルを選択。大橋 JCT のあたりで 34 まで上がりました。

 R20 の西新宿交差点から新宿駅南口前を通って新宿四丁目交差点まで、いつもより格段に車が少なくて、するっと通過。
 いつものスタンドで給油して、帰庫。 16:36



 早ければ 13:30 に帰り着くと考えていたのは、やっぱり甘かった。(笑)


 おまけ。格納の儀式で充電器を繋ぐと、必ず充電が始まります。



 紛失したと思っていた U ロックの鍵がタンクの上にあったので、この日の格納の儀式はスムーズに終了。
 トップケースの着脱にもだいぶ手慣れてきました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.28

スタンプ 7 つ目(2)


 32 度から 34 が続く高速道路で暑気あたりを起こした翌週に、ほぼ完全な夏装備で日差し無い高速道路の 18.5 度に震える
 風邪をひかなくて運が良かったと思います。運。体力からして、運。 d(^^;

 バイク ツーリングって、奥が深くて、経験がものを言うなぁと思うのでした。


 さて、道の駅川場は、いくつもの建物に分かれて各種の店舗や体験工房がある、広くて綺麗な道の駅でした。



 5 年くらい前だったか、スタンプラリーのことを耳にはさんだ別階が、川場の道の駅が良いから行ってみろと言うていた。



 でも、とりあえずご飯! たばこよりもスタンプよりも、ご飯! (火暴)

 だいぶお腹がへっていて、カツカレーの写真に目が釘付け。(笑)

 看板の商品写真を見ると、若い人向けの、今どきなラーメン店が道の駅にも出店しているような印象を抱く。



 施設は道の駅で、なかなか快適だし雰囲気も良い。



 ラーメンの写真と厨房の雰囲気からして、出てくるものにアタリはたぶん無かろうと予測しつつ。でも食券を購入。(走召火暴)

 だって、カツカレー食べたかったんだもの~。 (^。^;)



 はい。カツカレーも鶏の唐揚げも、好みと違いました。(^^;



 カレーはめっちゃ甘くて辛味なく、カツは薄くて今どき外食産業風。唐揚げは独特の(たぶん中華料理の)調味料が強く臭ってカンベンぎりぎり。
 使っている食材は悪くないと思ったのだけど、どっちも好みと違いました。 (^^;

 (米は美味しくて、炊き方もベタっとしてなくてだいぶ良かった)

 相棒のラーメンは魚ダシの臭みが限度ぎりぎりをちょっと越えていて、でも載せてある柚子を混ぜることで救われたそうな。


 うどん店も、看板写真を見た限りは若い人向け。ソフトクリーム売店の装飾と店員も、若い子たち向け
 でも食べてみたい ぽてちのダダコネで、河内晩柑を 2 人でつつくことに。(笑)



 軽井沢あたりにありそうな、洒落た内装とパッケージのケーキ店もありました。館内放送を聞いていたら、パン屋の焼き上がりアナウンス。帰宅後に調べたら人気のパン屋だそうな。


 町の若い衆を呼び込もうという趣旨じゃないかと思います。でも、若い衆が集まる立地とは思いがたく、案の定、駅全体として客で多いのはやっぱり中高年
 小さな子を連れた夫婦もそこそこ多くいました。



 ラーメン店や うどん店がねらっているよう見える 20 代向けの味だと、中高年はもちろん、子連れ年齢層とも合わないんじゃないかな~。

 (相棒が偵察してきた限り、蕎麦店は町の蕎麦屋の出店に見えたとか。)

 まぁ、観光客が殺到する夏場には、どの店も大賑わいになるのでしょうけど。


 駅全体として、広くて綺麗で快適で、食べられるもの買えるものの種類も多く、並の SA を越えている。道の駅の中でも人気が高いところだそうです。
 給料日後とは言え ただの日曜日なのに賑わっていたのが、理解できました。



 で、ここではっきり良いと思ったのが農産物直売所。たばこを吸っている ぽてちより先に偵察に行った相棒がやる気になる充実ぶり。(笑)

 特産品はもちろん ( 2 種類買った)



 群馬県は加工食品業も盛んな県で、商品として製造するノウハウや資材の入手しやすさがあるんじゃないかと想像。(これも買った)



 商品開発に、村として力が入っているのは間違いないと思います。



 後日食べるのを楽しみにしています。



 よもぎ餅の色が濃いですね~。



 これ、晩に食べてみた。



 色の濃さを納得する風味でした♪



 村内に多いリンゴ園を飛ぶミツバチのものだそうな。思わず手が出た。(笑)



 レジの おとーさん曰く、この 500g の蜂蜜を集めるのに、ミツバチ 400 匹が 1 年間かける計算だとか。
 農業が多彩で盛んなところは、たいてい養蜂もあるようですね。南房もそう。


 つい、こんなものも籠に入れてしまった。



 手に持ったらずっしりとして、良さそうに思ったですよ。(^_^)

 他にも かりんとう饅頭とか げんこつドーナッツとか。大手製造のスカスカふにゃふにゃでなく、しっかりして見えたので。
 最後に買ったのは、これ。駐車場に向かうとき購入。



 ちなみに、先に偵察していた相棒は『バイクに積める範囲』と考えて、買い物候補に ぽてちを案内した様子。
 「車で来たら楽しいことになる」とか、言うていましたし。

 今日はクッションになる上着を積んでいないから、卵は振動で割れる可能性が高い。だけどイチゴなら買えるトマトも買える潰さずに積めるスペースが、十分にある。
 そう言うていたのですけどね。

 RT の積載能力を、舐められたものよ。(笑)

 実際のところ、パニアにはまだまだ おーきな余裕がありました。左パニアは工具ポーチと養生テープに荷物ネットを入れた袋くらいのもので、スカスカでした。右のパニアもまだまだ入った。


 上を見上げると、ここでもツバメが飛び回っていました。



 ということで、道の駅川場村を出発。 12:53



 立ち寄るところを思いつくか? 無い。 が週末をわかっていて、二人とも家に居るはずの日なのに二人とも出かけちゃうの?といった風の情けない顔をしていた

 帰ろう


 沼田 IC から乗ってまもなく。



 往路で撮った利根川。また雲が増えてきました。



 トイレに行きたくなり、駒寄 PA で短時間の休憩。

 その後、埼玉県に入ったらまた曇り。 20 くらいの気温が続きました。

 往路と違って 18.5 度まで下がることはなく、霧雨の揮発で熱を奪われることもなく、さほど寒くは感じずに進行。


 ワオ、高坂 SA の手前で 7,000 km を越える

 坂戸西スマートの直前で相棒も越えたことに気づいて、ちょっと過ぎたけど記念撮影。路上のポールは坂戸西スマートの合流です。



 川越を超えたら唐突に気温が上がって、 24.5 くらい。
 二人とも尻がキツくなってきて、三芳 PA でタバコ 2 本の休憩をとる。

 三芳 PA に入るときは 26 。この日は、東京とその周辺が暑いくらいの陽気で、普通ならもっと暑くなるはずのエリアで終日だいぶ涼しかったようです。

 下はメッシュにしたけど上はインナー無し冬ジャケットだった相棒は、三芳に入った頃から暑い!を繰り返していました。


 三芳を出て、 27.5 。大泉から 27 度。

 2人乗り規制が始まる東池袋で首都高速を下りて、向原で給油し、帰庫。



 上の写真、撮ってもらわねば見ることのないシーンですね。

 この日 314 km で、燃費が 24.16 km/L でした。



 日立港と茂木に行った日から、明らかにエンジンの振動が増していて、回転上昇の渋りも出てきたをことを感じていました。

 よってこの直後、セルフでオイル交換を実施。元気だね~。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンプ 7 つ目(其の一)


 道の駅川場村 1 。 7 時間半で 314 km 。燃費は 24.16 km/L

 普通は燃費が落ちる 2 人乗りだったから、驚きました。オンボードコンピュータの値は 25 km/L を越えていました。
 もしかすると前面投影面積が減ったからかもしれないけど。エンジンが、いよいよ馴染んできたようですね。


 川場村に行ってきました。すなわち、沼田へ。


 沼田はこれまで何度も何度も通っているところです。

 もう 15 もほぼ毎年、暑さ厳しい旧盆期に『金精トンネルの冷気で寒い!と言いに行く』ドライブをやっていて、その度に通っている。
 真田丸の沼田城趾も昨年訪れてしまっていて、寄り道してみたいアテが無い。伊香保は行き飽きているし、赤城も 5 年前に車で上がっています。


 そう、沼田界隈は、盛り上がれる目的地じゃないんですね~。(^^;

 関東一円とその周辺は、たいていどこもこんな状態だったりするんですが。(^^;;;


 そこでスタンプラリーなわけです。スタンプを取る目的で、行く気になれる。おかげでまた、新しい経験を積むことができる。

 今回は相棒にも声をかけて、タンデムで行ってきました。



 で、二人揃って衣類の選定を失敗寒かった。(^^;;;

 予報気温と天候の読みが行程の 9 割ほどでズレて、ぽてちはほぼ真夏の装備 18.5 から 21 の高速道路速度な風を浴び続け
 なんと、スクリーンもショートに換えてしまっていました。



 往路、大泉 JCT くらいから曇ってきて、所沢では降った跡。



 川越のあたりから「これは降るゾ」という空模様。暑くなる地域に入っているのですけどね。気温がいっこうに上がりません。下がっていく。(笑)
 鶴ヶ島からは弱い霧雨になって一段と下がり、 18.5 揮発でさらに冷や~。(^^;

 高坂 SA に入ったとき止んで、嵐山あたりでまた降ってきて、本庄児玉あたりまで続いたのだっけか。
 その後も気温が上がらず、けっこう寒い移動になりました。


 川越あたりを走行中のことです。相棒から訴えが出ました。新調して初めて着用したヘルメットがキツいと。
 しばし様子見で進行するも、繰り返し出て、辛さを訴えるようになりました。

 それが深刻な辛さだとわかるので、高坂 SA に飛び込む。内装の側頭部調整スポンジと、頬パッドの調整スポンジをはぎ取りました。



 あわせて、インナーキャップをしないようアドバイスをする。で、相棒曰く。

 ある程度はよくなったが、何回か使っても馴染んでこなかったら(えらく高いものだけど)買い直してもいいくらい。
 そして前の( SZ-Ram 3 )と何かが違って深く被れていない

 とのこと。ぽてちが感じている事と、同じです。

 相棒用は、一段薄い内装(公式の推奨)を買うことで対応できるだろうと思います。ぽてちのサイズは、薄いものが存在しません。サイズの辛苦、ここでもか! (笑)


 寒さも訴えていたので、ぽてちメッシュ ジャケット付属極薄インナーを相棒に着せようとパニアを開いたら、入っていませんでした。(^^;;;
 相馬から帰ってきたとき、荷物下ろしで抜いてしまったようです。

 大きなスクリーンが後席も風から守っていたこと、実感したそうな。


 とりあえず進行。するしかない。(^^;



 上に写るスクリーンは、一番高くしています。さすがショート!と思う小ささ。


 渋川伊香保のあたりからようやく日差しが戻ってきて、気温も少し上がって 21 。下は渋川伊香保 IC ちょい先で利根川を越えるところです。



 下は赤城高原 SA を過ぎて昭和 IC のあたり。谷川連峰にまだ雪が残っている!と騒いでいたら、相棒が撮っていました。



 画面右 1/3 にある高い鉄塔の奥に見える町並みが、沼田らしい。

 こちらは、 21 度になって少し暖かいのが嬉しくて撮ったらしい。(笑)



 沼田で一般道に下りたときも 21 度。高速道路速度の風がなくなって、ようやく人心地がつきました。


 そして道の駅川場田園プラザ着。沼田 IC からすぐでした。 10:58



 湿度はあっても、日差しあって 21 度はさっぱり暖かく感じて気持ちよかったです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.23

2日目、 34 度の陽気に暑気あたりを起こす


 2 日目、 379 km 、 6 時間半。燃費 22.30 km/L

 スタンプは相馬ひとつ。


 道の駅相馬で開店を待っているときは、いる位置と時間をもったいなく思って、せっかくだから気仙沼まで行ってしまおうか?と考えました。
 計算すると帰宅が 20 時とか 21 時。十分に実行可能な時間だが、帰宅するなりで風呂入って寝ても、明日の仕事に影響を及ぼすな・・・

 止めておいて正解。この日この後、エライめに遭いました。(^_^;)


 なお、 2 日目は写真がほとんどありません。停まったのが道の駅相馬、湯ノ岳 PA 、守谷 SA だけで、ほとんど撮る機会なし
 相棒とタンデムだと、たくさん撮ってもらえるのですけどね。


 07:00 、ホテルを出発。



 7 時ちょうどの出発だなんて、ぽてち的異常事態ですね。(笑)


 残念なことに、これがいい結果に繋がらなかった。調子がよかったのは相馬を出た頃までで、その後は「なんか不快」と感じ始めて、東海 PA から高温続きでノックアウト。ヽ(^◇^;)ノ

 這うように階段をあがって玄関に入った最初の言葉が「吐くか倒れるかしそう

 エアコンで体のあら熱をとって、扇風機をゆるくつけた部屋の布団で 1 時間半ほどウトウトして、ようやく動けるようになりました。(^o^;)

 寝不足と、今年初の高温で、完全に参っちゃったようです。半世紀を過ぎるまでは、こんなこと無かったんですけどね~。(^_^;)


 話し戻って。


 前の晩、 21 時半におやすみなさいしたけど。夜通しで、何度も目が覚めていました。室温の変動と騒音が大きなエアコンで、設定温度を下げて寝なかったのが最大の敗因。 TV をつけたまま寝入ってしまったのも大失敗だった。(^^;

 TV は 0 時頃に消したようなれど。寒くて目覚めて布団をかける、エアコンがうるさくて覚醒してしまう。うつらうつら・・・ 寝落ち後、エアコンの動きが止まると暑くなって布団を剥いでしまう。
 動くとまた寒くなって・・・ これの繰り返し。


 04:00 頃には一度ハッキリと起きてしまって、二度寝できたのが 05:15 。目覚まし鳴って起きたの 06:10

 時間的には足りるくらい寝ていたけど、質がとても悪かったんですね。d(^^;


 ときどきやるように、出発時間を大きく遅らせて、チェックアウト時間ギリまで寝ようとしたとしても。
 35 度予報の福島市近辺が暑くなるし、相馬も暑くなる予報。首都高速が渋滞する時間になってしまうし、家でごろごろして疲労を抜く時間が短くなる

 ガバチョ!と起きて、出発準備開始。着て、履いて、荷物をすべて持って朝食バイキングに下りました。
 で、 07:00 出発が可能になった。部屋に戻るとぐだぐだしちゃうんですよね。


 出発してすぐに乗った東北道は冷や冷やして感じたくらいで、気持ちよかったです。 20 くらいだったか。

 福島松川スマ-トで下りて、ごちょごちょ走って R115 に出る。途中短距離走った R114 は、相棒を乗せてきて道の駅川俣のスタンプをとった後に走った道です。
 あのとき 2 食付き ¥13,000- ほど(だったと思う)で泊まった温泉宿が、今回調べたら 2 万円になっていました。 2 万円は出せません。(^^;;;


 R115 、霊山の目の前を登ってゆき、霊山過ぎの高原に上がり、相馬へと下りていく道。途中、相馬福島道路が一部開通していて、予想より短い時間で相馬に着きました。
 Navigator V も Base Camp も道路情報をまだ持っていません。 Google map は通るよう案内していたけど、半信半疑。念のために通れない前提で予想していました。

 高規格道路は景色を眺める余裕があって、関東とは違う雰囲気の自然豊かな景色をきょろきょろ見て楽し♪

 08:23 に道の駅相馬着。ここまで 91.1 km でした。



 開店を待つ BMW が、ワオを入れて 4 。袖ヶ浦のゴ-ルに行くと、いらっしゃるのでしょうね。
 ぽてちは一人、ちょい離れた たばこベンチで待つ。



 店が開くなりスタンプをゲット♪



 ここはちょっとでも買い物していこうと売店をうろうろしているうちに、 3 台がいなくなってました。
 皆さん次へ向かわれたのでしょう。気仙沼かな?喜多方かな?

 ぽてちはイチゴ 2 パックとトマトと、鮭の中骨の水煮缶を購入。晩にイチゴを食べて、期待通りに めっちゃめちゃ!ンマかった♪

 進みすぎくらいに見えたのが、 2011 年だったか、かつて四ツ倉で買った桃と同じであることを期待して買いました。
 これが期待通りだったわけです。今年食べたイチゴで一番美味しかった♪


 積み込み完了。



 おわかりでしょうか。この記事の中で唯一の、 APS-C 機で撮った写真です。


 09:21 に出発。


 南相馬鹿島スマートで常磐道に乗る。ここまでの途中、 GS でないとあまり走りたくない道を案内されてびっくり。(笑)
 以降、常磐道をひたすらに南下。家まで 290 km くらいになるはずです。
 南相馬鹿島から四ツ倉までは初めて通る部分で、景色が楽しみ。


 実際のところ、楽しみとは言っていられない光景が目に入りました。


 南相馬の先あたりで 0.2 μSV の電光表示と「浪江から富岡までの R6 を、二輪車は通れない」の看板。
 浪江の手前だったか、 1.4 μSV 表示。

 びっくりしたのが、の高速道横断。これは別の話し。(^▽^;)
 えぇ、奴はニホンザルでした。しっぽが小さかった。速かった。(違)


 浪江 IC の先で「ここらは避難指示地域」の看板と 3.3 μSV の電光表示。
 常磐道から見える範囲で次々と汚染土の集積場が目に入りました。

 避難地域では家屋が荒れていて、農地も草ぼ-ぼ-。家屋の周囲に人影なく、車も無く、牛舎も静まりかえっている様子が見てとれます。


 人が避難して間もない頃に、取り残された家畜が餓死したり、「苦しませるより、いっそ」で殺処分した話しを思い出しました。

 いま現在も、犬や猫がたくさん取り残されていて、週に 1 度くらいの餌提供でかろうじて命をつないでいる話しも。
 そっか・・・ ここらか・・・ と、厳しい状況が見て取れる犬や猫の写真が脳裏を過ぎる・・・


 見たことない景色を見られたと、喜んでいる場合じゃない光景でした。(^^;


 四ツ倉までたどり着くと、その先は走ったことある道です。 2 度訪れたときの経験から、四ツ倉あたりの常磐道は暑い。磐城の界隈はもっと暑いと予想していたのがアタリ。(^^;

 29 くらいまで上がったのだったかな~。まだまだな気温なのに、これがけっこう応えてきました。
 磐城 JCT 過ぎの湯ノ岳 PA で休憩をとる。ベンチに座り込んで一服二服三服・・・

 暑いところで休憩したことになります。(爆)


 北茨城あたりから日立あたりにかけて、ちょっと涼しいだろうと予想。頑張って出発。で、予想通り。

 日立南太田から再び気温が上がっていく。東海 PA を過ぎて 30 。水戸 32 。美野里 33 。土浦北から 34
 以降、 32 度から 34 度を行ったり来たり。


 真夏のツーリングと同じ状況です。

 風切り音の少なさより風を! と、スクリーンを下までさげる。スクリーンを交換せずにいたこと、後悔しました。(^^;;;;;;

 とうとう気持ち悪くなってきてしまい、停まる予定の無かった守谷 SA に飛び込む。水分補給をば。



 はっきりと大きな日陰になる駐輪スペースが、ありがたい。


 積んでいたぬるいペットボトルでなく、自販機で冷たいものを購入しました。ちなみに SA の中は 33 度。

 あまり長居をせず、意思の力で出発。(笑)
 出たらやっぱり 34 。高速道路上は暑いのですよね。(^^;

 利根川を越えるとき、江戸川を越えるとき、そのときだけ 1.5 度くらい下がったのには感動しました。
 やっぱり水が豊富にあってこそ、人が住める環境になるのねん。


 首都高速が驚くほどに順調で、まず滅多に通らない両国 JCT 経由で都心環状に入る。 6 号線も、小菅も、両国も、江戸橋も神田橋もスイスイだなんて、うちの猫が肩を揉んでくれるくらいレアなことです。(笑)

 いつものスタンドに着いたのが 13:15 。 31.5 度でした。

 しんどい。気持ち悪い。しんどい! と思いながら給油を終えて帰庫。 13:24



 荷物を降ろす作業と格納の儀式が辛かった。(^^;;;

 しんどいフーフー!と胸ムカムカに、頭クラクラも加わってしまいました。
 倉庫部屋に入る度に座り込みながら少しずつ。だいぶ長い時間かかってしまった。

 で、ようやくで家に上がったとき、「吐くか、倒れるかしそう」

 完全に暑気あたりだったと思います。(^^;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.22

初日 3 つの詳細と暑気あたりの予兆


 初日、 389 km の 9 時間 20 分。燃費 23.79 km/L

 繰り返しになりますが、スタンプは 3 塩原会津金山喜多方です。


 ぽてちにしてはそこそこ早い時間( 08:08 )に出発。



 半袖シャツを着てショートブ-ツを履いた以外は、真夏とだいたい同じ衣類。吸汗速乾のストレッチアンダーと半袖シャツを着て、メッシュのジャケット。
 下も吸汗速乾ストレッチアンダーを履いて、メッシュのパンツ。

 ストレッチアンダーは、今回初の試み。速乾メッシュの T シャツとメッシュのアンダーパンツを履いていたこれまでと比べて、どうだろう?と。
 上はだいぶ前に買っておいた RS TAICH のもの。下は今年になってから amazon でポチった海外製。
 かつてのも今回のも、上下ともにサイズが厳しいのを無理矢理。v(^^;;;


 そしてジャケットとパンツ。チャック取っ手のゴムはポロリポロリ無くなるし、袖チャック金具は青く錆びているし。お腹のボタンの飾りゴムもポロリ無くなる。
 7 年にもなると、耐用年数を過ぎているようです。ゴムはいいとこ 5 年かな?


 で、東京を出るまで、首都高速速度が少し冷や冷や感じたくらいで概ね快適♪

 ちなみに、スクリーンはまだ交換できていません。 Wunderlich ツーリング スクリーンのままです。
 これが翌日に痛かった。(^^;;;


 首都高速、順調。東北道、久喜で渋滞の情報が実際はちょっと渋った程度。加須の先から利根川を渡る橋まで渋滞。橋の上で追突事故の処理中でした。

 都賀西方 PA でトイレと一服。 13 分の休憩でした。



 もう初夏だなと思わせる景色と気温と湿度。本線上は 26 度。まだ朝のうちなのに。
 メッシュのジャケットでスクリーンを上げていると、まずまず快適でした。



 西那須野塩原 IC まで 2.4 km の表示を過ぎたところで、カラスの糞爆弾をくらう。前方を大きな鳥が飛んでいるなと思って下を通過したとき、パッ!と、スクリーンとシールドに飛沫が広がる
 音は聞こえたような聞こえなかったような。

 こちらは高速道路速度。もの凄い練度ですね。爆撃のベテランらしい。(笑)

 道の駅塩原で見てみると、スクリーン下の顔、ヘッドライトのちょい上にヒットしていた。そこから大きく飛び散ったようです。
 よって、ワオ顔、スクリーンの裏、スクリーン下のごちゃごちゃしたところ、人間左肩、シールドとヘルメットサイド、インカムが被害を受けていました。



 放置するとこびり付いて大変だろうと、濡らしたウェスと化学繊維ウェスでこつこつ拭き取る。洗ってまた拭いて、けっこうな時間がかかりました。
 31 分も過ごして、拭き取り作業の他はスタンプとタバコ 2 本だけ。

 道の駅塩原着が 10:37 で、出発は 11:08 でした。(時間はナビのログによる)


 車やトラックに前を抑えられながら塩原温泉を抜けて、日塩トンネルを抜けて、上三依塩原。ここから北に向かって野岩鉄道沿いを走るのは初めてです。

 軽自動車とトラックがいなければ快適な道路。北上する路面を、かつての上三依塩原までの経験から懸念していたのは杞憂でした。
 今は平成 29 年。バブル崩壊後しきりにバラ撒いた恩恵で、全国の道路が良くなりました。

 ほぼ、淡々と巡航する。会津田島を 11:57 に通過。


 会津田島から入った R400 の状況を、もっと懸念していました。関東から見ると奥只見や尾瀬の裏側になり、会津若松から見ても山間に入った地域です。
 でも、やっぱり杞憂。思ったよりずっと路面が良くて、ガタガタ無し。道路幅普通で、細い急カーブがしつこく続くようなことも無し。


 会津田島から進んでいくと立地相応に静かな山里の景色が広がって、季節柄、農作業に勤しむ おとーさん達の姿もチラホラ。
 相棒を連れてきてこの山里景色を見せたいと思いました。

 どんどん登っていったてっぺんは、立派なトンネル。会津田島で 25 度ほどだったのが、トンネル内は 14.5 まで下がりました。
 メッシュで 14.5 度の長いトンネルは、気持ちいいというレベルを超えていた。(笑)


 トンネルを抜け少し下ったところで道路脇に停めてちょっと休憩。お尻がキツくなっていたのと、山道でカーブが続いてやっぱり疲れたのと。
 清涼な雰囲気を、しばし味わいたいと思った。分杭峠を過ぎた先で休憩したことを思い出します。



 尻がキツくなったこと。あとで気づきました。ゲルザブは良し悪し。座面の前傾がわずかに増して、前にずれる動きが出やすくなる。
 加えて張りが無く潰れて沈むことで、尻の表皮が引き攣れるんですね。

 試しで 2 枚重ねにして出発していたのだけど、夕刻に磐梯山 SA で 1 枚とって少し楽になり、翌日もう 1 枚も外してみたら、さらに一段楽になりました。

 とは言え、恩恵もある。平均を大きく超えた体重と時間でシ-トが潰れてきても、堅いシートベ-スがグリグリ当たってくるのを緩和してくれます。
 次回、 1 枚を前後逆につけてみるお試しをやってみます。


 閑話休題


 道路脇を渓流が流れていて気持ちいい。トンネルを抜けてからたくさん見た残雪も目の前に。



 6 分ほどの休憩で再出発。


 12:30 近くになっていて、道の駅会津金山に着いたら昼ご飯だな~と思っていたところで道路脇にはためく幟。
 道の駅昭和村が、 2 km 先にあるとのこと。

 座れない 6 分の休憩では不十分だったことから、休憩を兼ねて良さそうな蕎麦があれば昼ご飯をとるつもりで道の駅昭和村に入る。

 ここにも残雪があった。



 食事に先だって、カラスの糞爆弾を再び拭き取る。

 そう、峠で休憩した時に気づきました。 2 つ上の写真は暗くてよく見えないのだけど、よく見ると、フロントフェンダー脇にも被弾しています。
 2 発くらっていたのですね。(^_^;)

 飛び散っていたのは、右フロントフォーク、顔下の中のゴチャゴチャしたところ、脇の外装パネル、右シリンダー、右シリンダーヘッドというところ。

 トイレでウェスと化学繊維ウェスを濡らしてこつこつ拭き取って、またトイレへ行って洗って拭いて。疲れただ。(^^;;;

 トップケ-スにも若干飛び散っていたことと、右肩も派手にやられていたこと。会津金山で気づきました。右肩は小さな 3 発目かもしれません。
 レンズを新しくした眼鏡のピント範囲がシビアで、近頃は見ていて見てないことがよくあります。d(^^;


 ざる蕎麦大盛りと本日の野菜の天ぷら。



 これは概ねアタリだ♪と思って、嬉しく挑む。(=^Q^=)

 ここで残念なことが発覚。券売機のメニューに無く、壁に貼られている紙を見て店員に直接注文する十割蕎麦があったんですね。
 食べつつ、他の客が注文しているのを見て知りました。

 先日の大町で十割蕎麦の味をしめていまして、残念に思った。山品よ再びの夢。(笑)


 食後、たばこベンチでゆったり休憩。ジャケットを脱いで日陰でそよ風を浴びていると、極楽な気持ちよさ。 25 度くらいだったでしょうか。



 他に観光客がいても、全体として静かなところでした。バイク ツーリングの大きな集団もいました。

 50 分ほどを過ごして、出発。


 ここから只見線沿いの R252 に出る間も、なかなかの山里景色。村の中心部に何件かの旅館があって、どういう用事の人が泊まるのだろう?登山客がそんなにいるのかな?と、不思議に思う。

 後から考えると、道路保全や山林保全の工事の人たちだろう、と。


 R252 に入ってまもなく、道の駅会津金山 13:44 に到着。



 まずスタンプ。



 標高を下げて川筋の谷に入ったので、そこそこ暑く感じてくる。



 数値をすぐ忘れちゃうんですよね。認知症のハシリじゃないかと思う。(^^;;;;;;

 時間に余裕があったけど長居をせず、トイレとたばこ 2 本で出発。ここ、 13 分間。


 只見線に SL でも走るのか、たくさんの撮り鉄があちらこちらで三脚を立てていました。 会津坂下にでると、気温がグッとあがって 27.5 度。

 田園景色と磐梯山が美しかった。



 下の写真は飯豊山とか大日岳の方。

 飯豊山って、新潟県と山形県の県境になる山稜に、 3 県の境が集まる三国岳山頂から登山道 1 本分だけの福島県領が、飯豊山の山頂過ぎまで通っているんですよね。

 この話しが TV で振られたとき、山岳信仰だろうと思ったのがアタリ。

 古くから福島県側の人々の信仰登山の山で、明治政府が県境を決めたとき、山が新潟県と山形県の県境になって福島県から完全に切り離されることに猛反発があったそうな。

 あそこかな?と思いつつ、綺麗だわさ~♪とバイクを止めて写真パチリ☆



 道の駅喜多方着。 14:57 で、 28 度。ツバメ?が何羽も飛び回っておりました。



 2010 年に来たときと比べて、暑さが断然マシだと思いつつ・・・

 今日のスタンプ予定完了!の安堵感と暑さと距離を走った疲れとで、けっこう長いこと、たばこベンチで座りこみ。
 体の芯が火照ってしんどくなり始めた感触もでてきていた。

 バイクがちゃんと入るよう、立って動く元気が失われてきた証のような写真。v(^^;



 ここまで 316 km 7 時間

 真夏に 5 度も高い気温に包まれて 550 km を走破しなきゃならん若狭湾までや、日本海沿いの新潟・山形・秋田。
 直接の参考にならないけど、見えてくるものが若干あるように思いました。

 と、この段階で思ったのは見積もりが甘かった。d(^_^;)


 ベンチに座り込んでいれば快適な気温・湿度でなく、早めにホテル入りしてしまおうと考える。部屋に入れば、エアコンを入れて座れます。横になることもできる。

 売店部をぐるっと見て、豆菓子(塩豆)を一つ買って出発。 15:39

 会津縦貫道が喜多方から会津若松まで通ったおかげで、若松との間が 2010 年よりずっと楽になっていました。

 会津若松 IC 周辺、 29.5 度


 どうやらバテが出てきていた模様。磐越道に入ってすぐの磐梯山 SA で休む気になる。道の駅喜多方の出発から 30 分経っていません。



 ベンチで ぐでぇ~っと。 27.5 度くらいあって湿度もあって快適じゃないんだけど、長いこと、ぐでぇ~っと。



 上半身の皮膚が暑さと発汗の疲れでひりひりしてきていること。体の芯が火照ってきていること。自覚しました。真夏のスタンプ ツ-リングでさんざん味わった、暑さバテの症状。
 「あぢぃ!」のしんどさとは別の不快感です。

 ブ-ツの中も熱く感じて、ブ-ツを脱いでしまう。メッシュのシューズを履いてくればよかったと、後悔する。



 けっこうボロってきていますね。いつ買ったのか覚えていませんが、 4,5 年前じゃないかと思う。この 1 年ちょっとはロングの方を履いてばかりで、ほぼ履いてないのだけど。
 バイク用品の諸々。耐用年数の設定が、それくらいなのかな~。


 20 分以上も座り込んでいて、ようやく出発。出がけにゲルザブを 1 枚、外してみる。増した前傾が減って圧迫のされ方が変わり、ぐっと楽になる。
 どうやら、付けたり外したりで圧迫のされ方が変わると、そのとき痛んでいたのが楽になるようです。


 郡山 IC を出てすぐのコンビニで、飲み物と晩ご飯のサンドイッチを買う。 29 度。



 食べてから入るにはちょっと早く、ホテルの周りに適度な店が無さそうで、ヘバリ気味だとホテルを出る気にならないことも確実。
 電子レンジが無くても食べられそうなもので、サンドイッチにしました。

 そして、ホテル目の前のスタンドで給油。 17:20 。ホテル入りは 17:30 くらい。



 ぽてちにしては珍しく、 21:30 に電気を消しておやすみなさい
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧