2017.03.02

猫缶他まとめ買いと、島忠ホームズ


 デカ!

 上が 10 kg 包で、下が 15 kg 包だそうな。こんなサイズがあるんですね~。販売用の猫を飼育する業者向けでしょうか。

 日に 3033 g の消費で大袋だと、当面の量を小袋に分けて各々閉じ具で締めていても香りが飛ぶらしく、食いが悪くなっていきます。
 だで、 2 kg 包をやめて 400 g 包に変えました。



 前回の買いだしは 12 月下旬だっけか? さほどの量を買わなかった記憶が。カリカリは通販でも買っていて、細かく。


 今回、だいぶいい金額になってしまったのはちゅ~る 120 本入り缶が2つあったから。各缶に3種の味が 40 本ずつ入っていて、計6種の 40 本ずづで 240 になりました。(^O^;)
 これが約 ¥8,500- 也。



 主に、夜遅くに薬を追加投与するとき使っています。あとは、たまのご褒美。

 そう、ピリピリ痛い痛い (T_T) が、未だ治らないんですね~。(^^;;;

 ビクビクッ!としてダッシュで逃げて、大急ぎで体を舐める、人間によじ登って逃げてくる。始まると繰り返すやつ。
 もう4ヶ月にもなるというのに、治まりません。


 薬どっぷり漬けもイカンわぃと、与える量を少し減らしています。晩ご飯では与えず、発症するまで与えない。
 発症したら「ちゅ~る」に朝の半量をふりかけて摂取させるようにしています。

 だいたい毎晩、奴は「ちゅ~る」にありつけているわけですが。(笑)


 困ったことに。2人とも外出せず家に居続けた日は調子が良い。(^^;;;

 良いと言うても、 19 時発症が 23 時発症に延びるくらいですけど。


 ということで、¥26,000- のあれこれまとめ買いでした。



 ちな、下の籠に入っているシステムトイレ専用の吸収シート防臭力吸収量が、ペットシーツと段違いに大きく違います。

 トイレ粒のメンテナンスは奴が使った度にやっていますけど。専用シートはシー4回を十分に耐えるかな。
 うたい文句の1週間交換不要は、盛りすぎ。(笑)
 大柄な子だで、シー1回の量も多めだとは思うけど。

 メンテで取ったものは、これこれで。確かに、防臭力が高い。

 通常の猫トイレと固まって流せる砂粒を使っていた前の猫のときより、格段に楽になりました。


 さらに、ちな。

 小さな頃に気になっていたンチの匂い。今は気になる匂いでなく、ただ臭い。(笑) 緩さもなく安定しています。整腸剤の投与を止めて久しい。
 ご飯が、今は子猫の頃の名残りなく、完全に大人のご飯になっているからかも。

 ご飯と言えば、嗜好の変化でご飯が変わるものなのですね。

 子猫缶や子猫カリカリを好まず、大人用を好むようになりました。猫牛乳も、好きではあるけど大好きではなくなった。
 たまに与えても、以前なら完飲した量をわずかばかり残します。

 今は「純缶ミニ」を一缶と、「ロイヤルカナン インドア」 16 g +誤差 が、朝晩の定番。

 これに晩の薬で「ちゅ~る」1本が加わって、だいたい 189 KCal 。本来ならカリカリ 10 g ほど足らないのだけど、うちの子は狭い屋内限定で運動がないから。(^^;)
 違う猫缶のときはカロリーがちょびっと高くなるのと、とっとと食べ尽くした晩は追加で別のカリカリ(ニュートロ ナチュラルチョイス)を 5 ~ 7 g 出してやることでカバーです。

 さらに、ちな。毛玉対応を謳うカリカリは、うちの子も外の奴らも嫌います。


 てな事で、ビニール袋をいくつも車に積み込んで撤収。

 前回はレジを通した純缶を3パック、袋に入れ忘れられたよう。今回は相棒がちゃんと見ていたことでしょう。


 帰路、島忠ホームズに寄りました。第一の目当ては、これ。



 駐車場の蛇口用。経年劣化で動きが渋くなり、締め込みが難しくなっている接手カップリングを交換するためです。
 蛇口側のネジ山が痛んでいるようだと、これだけじゃダメなんですけど。(^^;


 次の目当ては、バイクカバーへの野良猫爪穴防止で乗せておくもの。



 いま使っているもの ↑ を、もうちっと手軽かつ安定したものにできないか。できることならば、大きなもの1枚で済ませたい。
 重しで載せているワイヤーロックも使わずに済むようにできれば、そうしたい。

 ずっとそう思っていて、ちょうど良さそうなものがないかと当たってみる。


 結論としては、いい材質いいサイズいい厚みのものが無くて、妥協で選んで試してみたものもイマイチでした。
 幅 1 m 、長さ 1.5 m 、厚さ 1.5 ~ 2 mm の柔らかなゴムシートとか、家庭用品や DIY の店じゃそうそうないわな~。


 続けて、ホース。放水ホースリールを屋外に置いて、洗濯機用の蛇口まで届かせる取水のためのホースです。

 現状は屋内側置きで、放水栓とホースを窓の隙間からゴトゴト送り出さねばならぬ。回収時も、ガラスの角でホースを削るような形になってしまっているものでして。



 リールと同じメーカーで、アタッチメント付きの 5 m にした。 v(^_^)



 片側は形状が違っていて、切り取って現状のものを取り付けました。



 安くする策でしょうね。外せない作りで、切り取るしかありませんでした。

 今度はホース径が合わなかったけど、ホースをドライヤーで温めて、シリコンスプレーを吹き付けて、ヌルリと入った♪
 もちろん、金属バンドで締め付けです。


 実はこれ、野良猫のシー対処なんです。ご飯を求めて上がってきて、シーをしていきやがるんだな。玄関扉と、脇に立ててあるに。
 たぶん、ソックスとライオンもふのオス2つ。2階も同じで、酷いもの。(^_^;)

 月曜日には、2階にンチまでしてきやがった。(^_^メ)

 ゴトゴト送り出しと水を抜きながらゴトゴト回収するのが億劫で、流す頻度が低くなっていました。
 もうちょっと頻度を上げるために、わずかでも便利にしたいと考えたのでした。


 最後の目当ては、寝室蛍光灯で切れた豆球の交換用。ものは試しで LED にしてみた。

 色温度に慣れず不気味に見えるけど、ちゃんと点灯して、 LED にありがちな「輝度が高すぎる」と感じることもなくて済みました。


 その他、猫をベランダに出すための掃き掃除に使う T ティッシュペーパー 25 箱入りで ¥1,000- の大袋。使い捨てマスク 30 枚入りを、2サイズの各1箱。

 なんてとこ~。


 大きなホームセンターはあれこれ見ているとキリが無くて、時間がどんどん経っていってしまいます。
 切り上げて会計を済ませ、車へ積みに上がって、戻ってお茶の一休み。

 近所のスーパーにも寄って夕食用の材料を買って、いちど帰庫して相棒と食材を下ろし、給油しに行って再び帰庫。
 たくさんの猫缶他を持って上がるのに、階段を3回も上がりました。(^^;


 ちなみに、給油は 50 ぴったし。燃費は 9 km/L ちょっと。

 一度に 50 L を飲ませたのは初めてです。燃料計も貧乏ランプも信用ならない大鳥居くん。 43 L くらいで点く貧乏ランプに急かされ早めに給油しておく気になって、これまでの最大は 47 Lだったかな?
 本来であれば 52 L で点灯するはず。すごい誤差なんです。(^o^;)

 スタンドから帰庫するまでのトリップ計の値が、 0.1 km 増えました。タイヤが減ってきたようです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.03

仕事用にロングジャケットを買う


 相棒の実家に行った際、儚い夢を胸に抱いてバイク用品店に寄ってみました。

 「奇跡が起こって、大きなバイク用パンツが置かれてないかしら」

 なんて夢。むろん、そんな奇跡が起こるわけがありません。(^^;;;
 
 
 
 やっぱりある訳ないよな~とガッカリしつつ、店内をぷらぷら見て回って。

 いま使っているヘルメットが 9 8 になるから、いいかげん何とかしたいよな~と眺める。
 眺めただけ。(^^;;;



 


 ここで買ったのは、ジェット型ヘルメットで顎と顎下を冷風から守るネックウォーマー。相棒が見つけたスマートフォンを支える小物。



 同シリーズで頭から被るフェイスウォーマーは首回りをバッチリ蔽ってくれて、真冬でも陽光のある昼間だと暑くなりやすい
 暑くなると消耗するから、よく冷えている曇天と夜間のツーリングで使っています。

 前面が主体のネックウォーマーが欲しかった。(一つあるのは相棒用になっている)


 ついでだと寄ってみたもう1店で、仕事用の上着を買いました。



 5XL サイズで、珍しくセーターの上でもキツくなく着ることがでけた。これは仕事用に求めていた防寒上着になるゾ!と、ヒートアップ。(笑)

 胸、肘、背中のプロテクターは、防寒性を高めてくれます。バイク用だから、立って風に吹かれているレベルなら防風性能も十分以上。

 有り難いことにフードが付いていて、耳の痛みも防ぐことができる。これを着ているときはフードが防塵にも使えて、ゴミ箱から拾い上げた頭巾を使わなくて済む。(爆)


 4割引でも ¥17,800- もの値段で、悩みましたけど。(^^;

 相棒が曰く、欲しがっていたスタジアムジャンパーもしっかりしたものは2万円を越えるでしょう。

 風邪をひく恐怖に おののき続けているより良かろうと、思い切りました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.31

壊したもの交換

 開いた花がポイント♪ ↑
 
 
 
 で、血は争えないもの。似たものです。(^_^;)

 思ったように動かないと力尽くに訴えて、壊す。(火暴)


 こちらは ぽてちじゃありません。



 いい歳して力尽くで巻き伸ばしを繰り返して、どっちにも動かなくなっていたホースリール。具合を見ながら丁寧に巻いていけば、こんなことにならんのに。

 昨日、せんどうのついでに近くのケイヨー D2 潮見で買い直しました。もうボロっていたからいいでしょう。



 ぽてちがやらかしたのはこっち。



 アライのシールド着脱は難しくて壊しやすいと目にして、約 8 年前に予備で買ってあったものへ。
 とうとう交換しました。


 無理押しではめることを繰り返して、どこかを潰してしまったのだと思います。無理押しでも丁寧でもキチンと入らなくなってしまって、上げると右側が外れるようになってしまっていました。

 いい歳して無理押しするなよ。(火暴)


 交換したら、キチンとはまるようになりました。これであと 5 年は闘える。
 
 
 
 春に道の駅三芳村でベース部が砕け散ったのも、無理押しが原因だったと思う。(^^;;;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.09

20 気圧防水を買う


 バイク乗るときつける腕時計は、5気圧防水で十分なんじゃね? と、思う。

 夏でも手首をむき出しで乗ることはないですものね。たとえ「夏は自己責任」をやっていても、グローブにほぼ隠れるでしょう。
 大粒の雨がボタンや竜頭を直撃で連打し続けとか、まず無いことだろうと。

 プライベート用に1万円弱のものを買ったときは防水の程度を気にせず買って、バイクに乗るときも使っています。
 先日確認してみたら、5気圧防水でした。


 プール用っす。



 カシオの G-SHOCK AWG-M100S-7AJF というもの。ヨドバシで ¥18.100- でした。

 G-SHOCK はいっときだいぶ流行っていましたよね。ぽてちは特段の興味なく、要望を満たすものなら何でもよい
 要望は 20 気圧防水で、視認性が良く、電波でソーラー。ストップウォッチも。

 視認性に影響する文字盤の大きさは写真でわからず、仕様表にも項目は無い。ケースの大きさ値から推し量るくらい。
 実際に見てみないとわからんです。ならばヨドバシ Go



 で、 RICOH の服を着たおとーさんも言うていたけど、 20 気圧防水を要件にするとだいぶ限られてくるんですね。
 おとーさん曰く、 G-SHOCK か、潜水用か。 G-SHOCK の言葉が繰り返し出ました。

 けっきょく、 web で調べて有力候補だったものが店頭でも候補になり、web で調べて最有力候補だったものに落ち着きました。



 カシオに限らず 10 気圧防水ならメーカーも水泳に」を付けるんですよね。用途がそれっぽい作りの時計の仕様を調べると、大半のものが 10 気圧防水です。

 けっこう高くから飛び込むとか、滝に打たれるとか (笑) 、しなきゃ 10 気圧で十分なんだろうな~と思うた。

 が、そこは大艦巨砲主義の ぽてちですから。(^◇^;)


 20 気圧防水のものが少ないことは G-SHOCK から選ぶことで解決だけど、視認性が意外と困難な条件でした。

 こういうやつ、 G-SHOCK はもちろん他のメーカーのものも、たいていゴチャゴチャしていてコントラストも低く、若い人向き
 細かいものが辛くなった ぽてちは、見るのを目が嫌がってしまうものばかり。(^^;


 これも条件を満たしていて、買ったものより文字盤が大きくて、コントラストも高く、単純な時計としては見やすいのが良かった

 値段が一段高いだけに、質感も高く見えて良かったし。


Gw40001ajf_l


 でも。。。

 クロノグラフというやつに憧れを持たない ぽてちにとって、針や文字がたくさんなのは邪魔で見にくく感じてダメな子なんですね。
 手に取らせてもらったけど、やっぱり目に入る情報が過多に感じたです。

 頭の中で、不要な情報(小さな針や目盛りや文字)を却下していく演算処理が必要。スパッ!と頭に入ってこないんです。
 まぁ、慣れたら無意識のうちに行われるようになっていくのかもしれませんけど。

 小さな方が必要なときこそ大変だと思うた。

 ストップウォッチを動かしてみて、小さな針が忙しなくチョロチョロ動くの見ていたら、もう目がショボショボしてしまって。 f(^^;)
 小さな方の読み取りに拡大鏡が必要になりそうなのも、アウト!でしょう。(^_^;)

 拡大鏡まで持ち歩くことはできないっす。ましてプールの中まで。(笑)


 こちらは小さな針や文字が少なく&通常は読み取る必要がなくて許容範囲で、文字盤が大きくてコントラストも高い。同じくシンプルな時計としてまずまず良いと思うた。


Prw70001a_l


 けど、値段が高すぎ。(^_^;)
 盛りだくさんの機能を真に必要としていなければ出せない金額だな~ と。


 ということで、実際に買ったものに落ち着きました。



 どこか立ち寄り温泉に行ったとき。

 時計は脱衣籠に入れておくわけですが、硫化水素臭がガンガン!漂う いい温泉ならいい温泉なほど、脱衣所にも漂う硫化水素の付着がちょい気になるわけです。
 20 気圧防水なら、脱衣所を出たとき水道で流し洗いしてもまったく問題なし!

 プール時計であり、温泉時計でもある。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.02.17

超音波洗浄機ゲット


 またまた遡って土曜日のことですが。

 相棒がデパートで買い物をしている間にビックカメラのカメラ館でオモチャ見物をしようと分かれて、まず眼鏡屋に行きました。
 首からぶら下げるツル紐を家に置いてきてしまって不便。高いものじゃないから1本買おう、との目的です。

 珍しく、店頭に置いてある超音波洗浄機を使ってみる気になった。

 最近になって眼鏡を常用するようになって、すると脂汚れによる曇りとても気になるわけです。これまで眼鏡を使ってきたことのない奴で、曇りや汚れが鬱陶しくて仕方ないのねん。(^^;)

 超音波洗浄機にかけてみたら、一発でスッゴ!クリア♪になるじゃないですか。(^o^)
 びっくりです。

 いつもは洗剤で指洗いして、水分を拭き取っているうちにまた脂がつく。微細な脂が落ちきっていず、吹き上げたら曇りが残っていたり。
 そしてようやくクリアにできても、すぐに汚れるのです。面倒くさくなってレンズペンでぬぐっても同じ。それもやっぱり面倒くさいし。

 超音波洗浄機の一発ぶりに感心しました。

 ということで、完全に予定外のビックカメラ本店へそのまま Go!(笑)


 超音波だろ、1福沢と2福沢の間くらいかな~?(イミフメイ)

 なんて思いながら売り場に行くと、何種類か並んでいて、1福沢を超えるものは無い。

 店員のおにーさんに機能等の違いを訊ね、おにーさんのお勧め(多段階タイマー付きで5夏目切り)とは違うものを掴む。
 一番高いものだったのかもしれませんが、水桶が分離して水道栓のところまで持って行けることを買いました。

 

 高いと言っても税込み ¥7,140- だったかな? 超音波だから 1.5 福沢くらいする(イミフメイ)と思っていた奴は「これくらい、いいでしょう(^o^)」と思ってしまった。(笑)

 
 
 
 ということで、帰って使ってみました。

 汚れたままで突っ込むと、タイマー上限の5分かけても曇りが残りました。もう5分かけると、完全にクリア♪
 あとは水道水をかけて流し洗いし、ティッシュで水分を拭き取るだけ。

 5分では曇りが残ることがあるのが気に入らなくて、取説にあった、食器洗剤を小さじ半分入れることも試してみました。
 結果、ひどく汚れているままで始めなければ5分で ok ♪

 こりゃ良い買い物をしたわい♪

 と思ったのだけど、使っているとすぐに汚れがついてきます。微細な埃、おでこや眉毛のあたりを掻いて落ちた皮脂や、たぶん落ちたフケ等。
 瞬きで飛ぶらしい微細な水滴による汚れも、時間がたつと目立ってきます。

 少しでも軽減できないか?と考えて思い浮かんだのが、最近見た Tips 。

 洗濯のとき使う柔軟剤をバケツ水に1滴落として洗った雑巾で拭き掃除をすると、埃がつきにくくなるというものです。
 なるほど、静電気防止の効果があるはずで、試してみる価値はあるゾ!と。
 
 
 結果、効果は上々♪
 
 
 流し洗い後にティッシュで拭いたとき、微細な埃が残らないようになった。
 レンズ用ブロアで吹くと、ついた埃や皮脂がだいぶ飛ぶ。
 また洗おうと思うまでの時間が長くなった。
 
 
 なんてことで、何らかの障害が発生しなければ、日々常用することになりそうです。

 問題は置き場所なんですが、他に思い当たる適当な場所が無いことと、思ったときすぐに使えることを優先して、ごちゃごちゃのデスクトップに割り込ませて鎮座させました。

 邪魔だけど、その価値あります。d(^_^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.12.10

Meisterstuck 149 大破損と修理

E-M10,M.ZUIKO ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

 
 むかし先輩から聞いた、人の興味・趣味の対象の変遷、ひとつのパターン。

 スポーツや外での遊び → 平行して自身の子供 → ペット(犬・猫)→ ペット(小鳥・小魚) → 植木・花 → 庭石

 こんなだったと思います。それがわかるようになりましたです。(笑)

 自由になる時間やお金だけの問題じゃないですね。体力と、体力に左右される気力忍耐力が大きな要因でしょう。
 うちで再び猫を迎えられるようになったとして、元気がはち切れている子猫の相手はシンドイかも。なんて考えますから。(^▽^;)


 出不精になっていて、机に向ってする遊びネタ。という訳ではなく、万年筆は子供の頃からの憧れです。

 実は、就職して何年か後にキヨブタで買った MONTBLANC Meisterstuck 149 を、先日会社で床に落としてしまいました。
 指から滑って弾くような勢いで落ちて、ペン先が酷く曲がってもうたです。(T_T)

 滅多に持っていかないものを、たまたま持っていって起こった惨劇なり。

docomo F-01F

 これ、銀座のお店に持っていったら、まず間違いなくペン先の交換でしょう。費用はいくらになるだろう?
 費用だけの問題でありません。新品のペン先がアタリで気持ちよく使えるなら高額の交換費用でもよいけど、ハズレだったら・・・ 調整やら何やら、どこでやってもらう?やら、また面倒な話しになる。
 んなことも考えました。

 そこで、元セーラー万年筆のペンドクター川口明弘さんに修理をお願いしました。

 ドクターの診立てによれば、メーカー窓口だと即座に交換宣告だそうです。そんな状態のペン先修理とインク量調整を行っていただけました。

 結果は上々。どころか極上

E-M10,M.ZUIKO ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

 裏から見ると、ペン先全体が中央になく、破損時と逆に左に少しズレたままです。ここは訳あって、これ以上の手をつけずにあるのだと解釈します。
 根本の曲がりを細かく修正すると歪んでしまって、芯とペン先の密着が良くない具合になってしまうとか。

 先端は見事に修正されていて、微かな傷が残るのみ。目が悪くなった素人がパッと見た目には痕跡がわかりません。

 尖端部の調整もしていただけて、横に動かしたときの線の太さが解消しました。これはとても有り難い

 銀座でやや絞り過ぎたインク量もタップリに戻していただいて、弱くとも筆圧を伴って書くと「出過ぎ」に思えるほど。
 ところが、キャップを尻につけて筆圧ほぼゼロで速めに動かしてみたら・・・

 これがま~ ちょうどいいインク量と好みの太さ♪

 なるほどね~。

 インクを絞ると筆記速度を上げらなくなって、上がらないとサッと手に取る対象でなくなっていく。
 線の細さは尖端の仕上がりで決まっていくもので、インク量での調整は極々わずかな範囲にあるもの。十分すぎるくらいのインク量でこそ、実用性が確保される。

 なんて思うたこと。「好み」や用途の問題ということになるのだろうけど、万年筆の王道の一つじゃないかしら。

 なんて考えたら、PILOT 万年筆のインク量を理解できたように思うたです。

 他社より粘性が低いらしい純正インク( Blue Black )を使うと、出過ぎに思うくらいダブダブと出るんですね。
 うん、一つの正解なのかも。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.20

目のつけどころ

  

 D7000, AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G 

 今の冷蔵庫を買ったのは、5年前。

 引っ越しでドアの開く側がキッチンの構造に合わなくなると、とても不便。経験をしていた直後のため、両開きのものを購入しました。
 狭い家で狭いところに押し込むため、観音開きはボツ。

 両開きを出していたのは1社のみ。自動的にメーカーが決まりました。


 そして5年。ドアノブの中のバネが折れた。(^_^;)

 しばらくギシギシ言うてたのですが、あるとき折れたバネがぽろりん


 今日、修理に来てもらった。


 扉まるごとの交換になるそうで、¥23,000- と言われたそうな。

 ちゃちなバネひとつ・・・
 
 
 
 目のつけどころシャープ!(笑)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.02.15

続、万年筆(6)長原スペシャル

  


 5時間待って、ぽてちの番がようやく到来。\(^O^;)/

 調べて調べて「これだ!」と見込んだセーラー万年筆 21 金ペン先の F(細)。そのインクの出方がイマイチ希望に沿わず、針葉樹の葉のゴミの山。(笑)
 ペン先突端の紙あたりも抵抗が強めで、書いていると疲れるし、ときにザリ☆っと紙を引っ掻いてしまう。

 書いて書いて書いて試して、「まず、インク量が不足気味なんだな」と断定。インク量の不足が原因の大半を占めるけど、ペン先突端の仕上げもやや不足しているように感じた。

 理想は、20 年以上も前に削ってもらって、ちょっとずつ使っていたらある日大変身していた Meisterstuck 146 のそれ。(ほんのちょびっと、自分で手を出したことは認める。(爆) )

   

 くっきりと安定した細線が なめらかな紙あたりでスルスル続く。筆圧が低くても線が不安定にならず、書いていて疲れず、スルスルが気持ちよい。線の太さも好みのピンポイント。
 我が 146 は、いつの間にかそんな1本になっていた。(尾軸が外れて修理に出したらインク流量が減って「ちょっとな・・・」になりましたけど。(^^;) )


 二匹目のドジョウを、手が求めるわけです。(笑)

 146 とセーラーのペン先と、タイプが違うことは理解しているつもりです。でも、タイプ違いなりに「これくらいにまでは、なるはずだ」のターゲット像が頭と手にあって、その像とけっこう違っていたんですね。(^^;)

 セーラーの 21 金ペン先が持つ味わいが、本来の繊細さでなく神経質さや不安定さになってしまっているよう感じて、ある種のじゃじゃ馬暴れん坊。備えているはずの、優しいタッチも表に出てくれない。

 書けば馴染むか?と、書いて書いて書いて試していて。ある時、たまったイライラを抑えきれなくなってつい自分でいじってしまう。(火暴)
 当然のことながら上手くいく訳がなく、もちろん大失敗。何度も手を出しているうちに、事態、もはや収拾不能

 使い続けていけば馴染んで良くなる可能性があると思うんですけどね。イラチなこの性格、本質的に、万年筆に向かぬようです。σ(^^;)

 そんなペン先を、名人に救ってもらいました

 仕上がりは、さすが、お見事なり。すんごいものでした。


 吊しの Meisterstuck 146 と 149 (EF)の太っとい線に目なれた ぽてちには、セーラーの 21 金ペン先 F(細)は吊しで極細認定相当で、それも繊細なタイプだったりします。

 だから「万年筆で字を書く」気で机に向かわないと、そうでなくペン先に気を配れぬ状況で無意識に書くと、速度筆圧も高くなって繊細なペン先を壊しそう。壊れるまで行かずとも、先を歪ませて調子を悪くしてしまいそう。

 加えて細線ペン先は、セーラーに限らず、ある程度以上に細いとよく紙を掻いてしまうザリッ☆ガッ☆
 尖った突端と紙との抵抗があって、タッチも悪くなりがち。手が疲れがち。カリカリカリカリカリカリ・・・
 仕上げ不十分だと筆記速度と勢いに負けて、時にペン先鳴りまで起こることも。ペチッ☆パチ☆

 細字って、ペン先突端がだいぶよく仕上がっていてインク量も多くないと使いにくいものなんだな~と、今さらながら発見してみたり。


 そんな F(細)ペン先でも、急がず落ち着いて、奴めが望む角度と向きに迎合してやって、筆圧を低く紙を撫でるように書いていくといい具合。

 これがセーラーの 21 金ペン先だと、「軟」でなくても繊細な優しいタッチで気持ちよいんですね。気難しい F(細)にしては手が疲れずに書ける。工芸品のようだと書いている理由の一つだったりします。
 突き進む戦車のような盤石感を伝えてくる Meisterstuck 146 と、タイプが全然違います。

 でもね、気持ちよいのは紙を撫でるように書いても十分な量のインクが出て、期待する線になってくれるとき
 思うような線になってくれないと、一転、ものすごくイラつくわけです。抵抗が強くなるし、ひっ掻きも多くなる。さらなるインクを期待して、筆圧が高くなっていく。すると悪循環。(^^;

 イラついて我慢できなくなって、つい手を出してしまう訳。v(^^;)


 名人が削って直してくれたペン先は、セーラー F(細)の、ぽてち的極細」な細線が戻ってきていて、なおかつインク量が十分で多すぎもせず、線が前より安定していました。
 落ち着いて書けば、とても気持ちよいペン。大変身です。

 真っ直ぐに立てて、小さ~な丸を書いてみて。・・・何これ?!

 細字はインクが渋いと言われるけど、本当は違うんですよね。うん!うん!

 よいと思ってくれたら、セーラーにはこういう人間がいると宣伝しておいて。(笑) うん!!!(笑)


 すごいわ~。名人、すごいわ~。(^O^)


 ということで、静岡まで行った甲斐がありました。5時間も待った甲斐がありました。

 長原スペシャル。これは自分的家宝かな、と。永く大切にしていきたいと思います。(^_^)

 もっとも、ぽてちが日用の筆記具として使うには、線がちょい細過ぎ&ペン先が繊細すぎることもわかりました。
 細線好きの ぽてちにそう思わせるのだから、セーラーと長原名人、すご過ぎっす。(^o^;)

 セーラーのインク「青墨」は色味がきれいで濃淡も美しくて気に入りました。が、サラサラで、細字だとタッチがイマイチ。紙を掻きやすい。淡めの色が、細い線をさらに細く見せる。
 対策として紙あたりのまろやかさを狙い、 MONTBLANC の Royal Blue を入れてみた。結果は狙い通り!

 だったのだけど、線がさらに細くなってもうた。(火暴)

 紙の質にも依るんですけどね。セーラーの 21 金ペン先は、 FM(中細)がいいのかもしんまい。セーラーに限らず国内メーカー3社、あーたら突き進み過ぎ!(笑)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.12

続、万年筆(5)ペンクリニック乱入

  

 先々週の土曜日のこと。だいぶ眠くはあったのだけど、思い切って動かないと丸一日寝ていて終わってしまうので、車で出かけました。

 行く先のアテは、セーラーのペンクリニック。開催地は静岡県静岡市

 ペンクリニックを目あてにわざわざ行く距離じゃないと思うんですけどね。頭はそう言う。でも、そこはまぁ、ぽてちだから。(笑)
 片道 185 km で、15 年前に何度も何度も往復した兵庫県との 1/3 にもならないし。晴れた陽射しの下で ぼや~っとドライブするリラクゼーションを兼ねる、ということで。

 そう。車やバイクで日常と異なる景色を見ながら ぼんやり流していると、ド~ンとリラックスできるんです。半分以上、これが目的でした。v(^_^)

   

 運よく、首都高速も東名道も渋滞なし。混雑すら無し。順調に進行しました。

 みんな順調だから・・・ 静岡県警高速隊が、お客様感謝デーご商談キャンペーンをやっていた模様。
 足柄の手前で。裾野 IC 出路で。計3件の商談を目撃しました。(^^;)

 3件中2件は軽自動車です。 100 km 制限区間で捕食されるって、その速度は・・・ う~ん・・・(^^;;;
 もう1台はハイブリッド。燃費がよい分だけ踏んで速度を出しますか。う~ん・・・

 税の優遇って、やっぱじゃね? とか考えつつ、身重なファミリーカーのハンドルを握り、商談に至る可能性がまったくない速度で淡々と進行。

 ちなみに大鳥居くん、い~ GT に変身しました。ハンドルもアクセルもブレーキも、不感帯が無くなって感じて、色々な操作が一発で決まって修正せずに済みます。流していて、楽ちん楽ちん♪
 どうして初めからこの設定にしないのだろう? とても不思議です。(^_^;)

   

 静岡では、お昼を有名な『丁字屋』で とろろにしようと考えていました。が、休憩で寄った愛鷹 PA で匂いに釣られてしまいまして。(^^;;;

 桜エビ天そば ¥530- なり。

 遅めの朝もしっかり食べていたし、これでお腹いっぱい。ペンクリニックの大混雑もあって、『丁字屋』を断念することとなりました。(^^;

 ペンクリニック会場近くの駐車場に入れたのが 13:00 直前。昼の休憩時間が終わる頃で、順番を待っても 14:30 くらいに終えて出られるかな?と期待していたのは大甘だった。受付をしたら、15:30 くらいになるとのことです。

   

 遅くなっても「丁字屋」に行ってみるか?とか、戻りに薩垂峠に寄ってみようとか、即座に終われば由比の新幹線撮影ポイントを偵察してみるのも悪くないとか、だいぶ怪しくなりました。

 日本橋三越や丸善のフェアではかなり混むと予想して、静岡までやってきた。んが、静岡も大都市ですからね。ニッチな趣味イベントが混んでも不思議はない。仕方ありません。

 さて、どうやって時間を潰そう? 静岡市周辺の知識も情報もないし、車で離れるには待ち時間が半端です。
 会場すぐ近くを廻って、写真でも撮ってるべ。その後、喫茶店で一服しながら PC パチパチやっていれば程なく 15:00 を回るべ。と、せっかくの初訪問都市なのに、こういう時の「いつものパターン」になってしまうのでした。(^^;

  

 ということで、いったん外へ出てウロウロ。静岡鉄道の駅へ行ってみて、静岡県庁や静岡市庁を見て、駐車場近くのドトールで PC パチパチ。

   

  

 15:30 前に、会場に戻りました。

 15:30 に順番がやってくるとは思っていませんでしたけどね。けっきょくえらい待ちまして、順番がやってきたのは 18:00 でした。戻ってからも2時間半待ったんですね~。(^o^;)

 特設のパイプ椅子に座わらせてもらって、待つ間用にと用意されていた万年筆ネタのムック本を読みながら待つ。待つ。待つ。待つ。待つ・・・
 しびれが切れてきましたが、「ここまで待ったらあきらめられない。明日も休みだし、遅くなってもとことん待つ!」と、辛抱々々。待つこと、だいぶ苦手なんですけど。f(^^;

 店内で待っている何人かが待ちくたびれてきた様子をお店の人が見かねて提案。なんと!、名人持参のペンを試筆させていただくことができました。\(^◇^)/

 すんご!貴重な、まず滅多にない体験をさせてもらえたんですね~。(^o^)

# 貴重な体験と言えば、例の梨ジュースを飲まなきゃな。(笑)

 猛烈に柔らかな鍛造のペン先のもの(非売品)から超極細の細微研ぎ、セーラー復刻の長刀研ぎ、3枚重ねのエンペラーやらミュージックなどなど、あれこれ。
 もちろん、名人がバッチリ調整した極上の状態にあるものです。

 中でも感嘆したのは、名人が B(太)から削りだして EF(極細)に仕上げた『プロフィット』の書き味でした。
 非常なる細線で、間違えると「カリカリ」感がでてしまうのだけど、きちんと動かせば豊富なインクで細い線がスルスル。くっきりと、ず~っと、細い細い線がスルスル続く。

 インク量が豊かなことから、極細の尖ったペン先突端でも筆圧低く書けば紙あたりのタッチが悪くない。スルスル~。
 小さい字で書く手帳や小さな字で書く手紙に最適だろうと思いました。

 なるほどね~。ガリガリしやすい極細でも、名人の手が作り上げると気持ちよい幸せなもの♪になるのねん。(^_^)

 どんな道でも、とことん行った人が作り上げるものは凄い。感嘆しました。(^o^)

 店の人の言葉の端から察するに、その場でペンを買って名人に頼み込めば、同じにやってくれそうな雰囲気でした。

 んが、あまりにも「せっかくの機会」なんだけど、ぽてちは極細の使い道がないんですね。あらためて探すように考えても、無い。
 予定帳は完全に電子モノへ移行してるし、セーラーは F(細)でも十分以上に細い線で、雑記メモには細過ぎるくらいだし。そこまで思い切れず、不動。待ちを続行しました。(^^;

 待ちの3番目になったときからカウンター席について、名人の作業をしげしげと眺めて待つこととなる。

 特殊グラインダーで少しずつ削っています。ちょっと削ってはルーペで見て、再びちょっと削って、ちょっと書いてみて、また削って、またルーペの繰り返し。
 使っていた工具はグラインダーと金磨き布だけ。素人が見ていて何かを学べるようなものではありませんでした。

   

 へぇ~と思ったのが、前の前の人と、前の人。

 前の前の人は大学生くらいに見えて、当日に買ったペンを微妙に仕上げてもらっていたようです。だいぶ強い書き癖があるとのことで。
 名人は快く受けて作業に入り、「どう?」「うん!」と言わせてました。

 見ていて、今どき若い人が万年筆を使うなんて珍しい。そして、買ってすぐに微調整をしてもらえるなら、安心して買えるよな~と思いました。

 すでに筆記具の中心から降りて概ね趣味のものとなっている万年筆には、その良さを求めたい。すると、製造のバラつきや個人の癖・好みを吸収する『仕上げ』がないと買いにくい。と、逆のことも思った。

 とは、趣味のものであると同時に、あくまで実用の道具でもありますからね。使っていて不快感があるようでは、実用の道具として価値が低いだけでなく、趣味のものとしての立場もありません。
 収集するだけで使わずにいる記念品的一本なら別ですけどね。

 工芸品の空気も漂って感じるセーラーのペン先が、熟練の手による『仕上げ』で我が手に合う『名品』になれば、生涯の友にもなり得ます。
 セーラーと名人は、素敵な取り組みを続けていると思いました。


 さて、真に驚いたのが、前の人。(^^;)

 お店の人たちの言動から、前の人は店の常連さんであると思った。体格・風貌とお店の人たちの言動、そして本人の言葉からして、高校2年生か3年生だと思った

 高校生が Pelikan スーベレーンを2本(1本はスケルトンで、スーベレーンでなかったかも)持ち込んできていて、他社のも2本持ってきてあったらしい。
 高校生が万年筆を使っていることも、それがスーベレーンであることも、たいへん珍しい姿だと思いました。万年筆は、文系科目のノート筆記に使っているそうな。

 その後、名人やお店の人たちとの会話から、なんと、中学3年生だと判明。

 さすがにお店の人たちも驚いたようです。ぽてちも驚いた。(^O^;) 彼、いい体格をしていましたからね~。
 咄嗟に思い出したのが、早稲田高等学校の入学式に向かう新入生たちの姿。「今頃に卒業式か?」と思ったくらい、みんないい体格をしていました。世の中、発育優れて大きくて、なおかつ年齢以上に大人びて見える子がいるものなんですね。(^_^)

 で、中学生が万年筆です。中古で入手したとは言え Pelikan スーベレーン。本格志向じゃないですか~。

 今どきカルテも電子化が進んでいて、将来の仕事で毎日大量にさっさか書くことは、なくなりつつあると思います。ましてカルテ書きなら、 M(中)くらいが世のならいだとも思う。親御さんの方針で「今のうちから慣れさせて・・・」というのとは違いそう。

 若い頃から『よい物』に肌なじみをさせておく、ということなんですかね~。

 小遣いの範囲で好きにやらせている。そう考えるのが妥当かな。でも、中学生が Pelikan スーベレーンを知っているとはね。そこはやはり、親御さんの影響でしょうね。

 依頼内容は、2本ともセーラーの F(細)相当への削りだし。名人は「もったいないと思うよ」と、3度くり返していました。

 が、本人の希望揺るがずとのことで、「では、しばらくぶりにやりますか。ガッツリと。しばらくぶりだな」と作業に着手。さすがに時間がかかる作業だったようです。

 (続く)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.03

続、万年筆(4)細字の定番

  


 細字ならプラチナ。端正な細字が安定して続くプラチナ。世評一般、そんな感じ?


 そして、細字用途には、「端正な線が安定して続くものが向くことが多いように思います。
 冒頭の「細字ならプラチナ」という言葉を web 上で複数回見ましたが、なるほどね。実用の向きには、ただ細ければよいってものではないようです。

 線の始まりが針先のようで徐々に太くなるタイプ。ペン先が尖って細く弾力もある「抑揚がつく」系の細字ペン先は、優れて達筆な人が落ち着いて自分のペースで書く向き。そうでなければ、使いこなしが難しいのではないでしょうか。

 ぽてちのような下手くそが書いて、運筆中の筆圧変化で線の太さと紙に乗るインク量が変わると、極細針葉樹の葉が散らばるゴミの山のよう。(笑)

 なるほどね~。検索して回っていてあたった記事、なるほどね~です。


 そして、プラチナと言うとインク流量渋めが通例だそうです。ぽてちは渋いのが好きでありません。
 ところが、何年か前にリニューアルされた #3776 Century シリーズは、驚くほど改善されたとのこと。加えてペン先の製造も安定していて、調整要らずが多いとか。

 これ、定価 ¥10,500- で、 amazon なら ¥8,000- 前後

 MONTBLANC だったら、好み外れふるい落としの試筆と後の調整&メンテのために専門店で買うべきで(まず定価でしょう)、でもペン先削りだしのあてはない。
 そんな Meisterstuck 146 が、約¥70,000- です。 Pelikan のスーベレーン M600 で、¥42,000- なり。

 国内メーカー恐るべし!と言うべきか。

   

 タッチがやや硬質で「カリカリと書く」手応えであることもプラチナ細字の特徴らしいですが、細字は「カリカリ」が他も同じようなもので、違いはタッチの硬軟かな?と。
 紙滑りの軽さは、ペン先突端の馴染みで なめらかさが出てくるか、否か。ではなかろうか?と。どうだろう?

 削ってもらった直後はガリガリだった Meisterstuck 146 が、別物のように なめらかな手応えに変化していったことを思うと、期待していいのじゃなかろうかと思いますが。
  #3776 Century シリーズでも、ペンクリニックで軽く手を加えてもらえたら、それで完全に ok! となるような気がしないでもない。

  


 そのペンクリニックのこと。パイロットは、京橋のステーションに行けば依頼できるらしい。セーラーは、全国最寄りの大都市に年に一度くらい名人が出張って来て、1本2本なら診てもらえるらしい。

 プラチナは、ハッキリとした情報にたどり着けずにいます。購入店からメーカー送りの、修理扱いのようになるのかしら。
 もしそうだと、amazon 購入組は ちょっと面倒ですね。

 たいてい3月にあるらしい、日本橋三越や丸善の『世界の万年筆フェア』みたいなイベントに来ていればラッキー♪という感じ?

 匠の手による工芸品のような雰囲気も漂うペン先を主力商品に積むセーラー

  

 や、もはや万年筆が主力事業ではない印象だけど大手企業の空気が漂い『武人の蛮用にも耐えうる』系の確かさを感じさせるパイロット

  

 と、プラチナはまた異なる雰囲気ということかしらん?

 そこらへんまだよくわかりません。が、 amazon なら約 ¥8,000- 前後#3776 Century シリーズは、細字を書くに役立つ実用の道具として、コスト for バリューの猛烈な良さがあるように思います。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)