2019.05.05

電工系(リード125)



 まず、オプティメート 4 Dual 付属の車載側ケーブルを使って、電熱グリップ用の電源端子から電源を取るための仕込みから。
 リード125 の車載側は TM 端子にものに交換してあって、そのとき外したものを使う




 まず、バッテリー接続の輪っか端子を切り落として、ギボシを圧着する。




 どちらがオスでどちらがメスかは、エーモンの解説ページを参考に。リード125 の端子を確認できてなかったけど、「普通はこう」をホンダが外している可能性は低いと考えた。




 ヒューズを、充電器用の 15A から Navigator V 台座の電源ケーブルに付いていたのと同じ 2A に交換。




 台座のケーブルに付いていたのはミニ平型で、オプティメートのは平型でした。よって流用をできず、平型 2A を ぽち♪ってあった。

 とりあえず完成。




 赤いゴムキャップがついている切り取られたケーブルは、古いオプティメート 4 の接続爪がもげた修理に使った残り。
 これを台座ケーブルの先に付けて、 SAE 端子で着脱できるようにする

 配線を、ミラー支柱(現在はスクリーン支柱)の穴に通すのが順当だと考えて、すると、手元で着脱できる端子を設けないと台座やスクリーンの取り外しが大事になるから。
 台座やスクリーンを外す度にハンドル部前パネルまで外してギボシ接続を抜くとか、やりたくない。(^^;


 着脱が容易な TM 端子にする手もあるけど、走行中に突発で降られたときのことを考えた。 SAE 端子の方が防水性が高そうだ、と。


 ここまで、 3 日の晩のうちに仕込んでおいたです。


 で、ぐすぐすげほげほ が治らず 微熱感もあったのだけど。翌日に午前のうちから車輌に取り付ける作業にかかりました。
 今やっておかないと、元号がまた変わるまでやらないと思ったし。(火暴)


 倉庫部屋へ何度も取りに行くはめになるを避けようと、一通り店開き。




 20 年くらいになる安物ラチェットハンドルにガタが出て、綺麗に回らなくなってもうたです。よって amazon ぽち♪って買い直したのが工具箱の中。取っ手が青いやつ。
 こういう物は、実物を見ずに買うのは良くないですね。思ったより重かった。(^^;


 前パネルを外して




 ヘッドライト上の飾りパネルを外す。
 カシメを外す作りは、本当に心臓に悪いバキン!☆ で割ったか?と。(^^;;;




 このハンドル部前パネルを外すのが難題で、以前に割ってしまったのがこちら。




 おかげでここは外しやすくなった。(笑)
 外したパネルをよく見たら、位置決めの小さな爪をいくつも折っていました。(^^;;;


 で、ビニールテープを切って、電熱グリップ用の電源端子を出す。




 茶がプラス。緑がマイナス。アースで緑?(笑)

 前の晩に作っておいたケーブルを接続する。




 ここで通電テスト。台座電源線の先っちょを、 SAE 端子の中に突っ込む。




 プラス・マイナスを正しく工作でけて、ちゃんと給電でけた♪
 電池マークの中に、稲妻マークが出ています。


 続けて台座の電源線を程よく切って、 SAE 端子のケーブルを繋げる作業です。

 切ってみたら、あれ?




 3もある。(^^;

 どれがプラスでどれがマイナス? 大いなる難題。(^^;;;

 切り取った電源線の先は、よくある赤と黒。被いゴムと収縮チューブで隠れている根元を剥いてみた




 これで解決♪ v(^o^)




 圧着接続端子と熱収縮チューブで接続。




 この後、自己融着のシリコンゴムテープでぐるぐる巻きしておきました。





 無事、支柱の穴に端子が通って、よかった♪
 に続けて、パネルやスクリーンを取り付けていく作業。そして完成♪




 工具類を片付けてから、テスト走行に出ました。

 ハンドル部前パネルがギシギシ・カタカタ鳴ることなく、 Navigator V もちゃんと給電されて動いたです。

 ちなみに、ディスプレイ照度を 70% までしか上げられなかったのは、やはり USB 端子から給電していたからでした。
 台座から給電すると、 100 まで上げられます。


 テストに出たついでに、事実上の初給油をしました。

 157.4 km 走って 4.28 L。 36.78 km/L です。
 ごく短距離ばかりで信号停車の嵐。その条件を考えたら立派なものでしょう。


 実は、大きな失敗をやらかしていまして。(^^;;;;;;


 ヘッドライトのソケットをはめ込み忘れていたんですね~。帰ってお布団ゴロしていて気づいて、再び下りて、スクリーンの取り外しから始まる作業を再度行いました。(^^;;;

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.04.08

X-Creen ツーリングを装着



 X-Creen ツーリング

 ワオに乗る機会が減っていて、装着が先延ばしになってきましたが。一部は仮組みしてあって、組立ての半分以上が終わっていたようなものでした。




 今日こそ着けてみて、すぐテストがてらにワオで島忠ホームズへ、失敗の挽回に向かうべよ。シーザーの方が楽ちんだけど、テストしてみたいし。そうしないとずるずる先延ばしになるし。
 なんて考えで、装着作業を行ってみた。(失敗の話しはまた別途)

 小さなパーツや小さなネジが指先から滑り落ちて何度もあたふたしてもうた以外は、概ね順調。 v(^o^;)


 イカンですよね。目が悪くなっていると、「こうか?」の当てはめに時間がかかってしまうし、斜めっていたりする。指先も滑りやすくなっていて、斜めっていると当てはめが容易に外れてしまう。ドライバーやスパナ、六角 L レンチも同様です。そしてまた「こうか?」に時間が・・・
 クルクルっと回して、あっ、ドライバー先が外れてしまった・・・

 高校時代にプラモで鍛えて、細密な指先作業が得意だったのにな~。(^^;
 田宮のウォーターラインはパーツが細密なのが良くてね~。(脱線)


 度重なる外れと再当てはめにイラついて作業が雑になってまう。(^^;;;

 根気を失って作業が雑になると、ネジの頭を傷める。ボルトを落としてなくす。締め込み過多と、確認漏れで締め込み不足。カシメを割る。こういう事が多々あるようになってもうて。(^^;;;;;;
 欲しいと長年思っていた電動ドライバーを強く欲しいと思うようなったです。
 外れる率が下がって、スーっと回していけると期待するんだな~。

 固く締まったところを弛めることと、仕上げの締め込みは、手ルクレンチ作業じゃなきゃならんと考えていますけど。
 すると最低で 3 の当てはめをする訳ですが、今よりだいぶ減る。(火暴)


 閑話休題




 セットした位置はこんなん。




 ネットで見たいくつかの装着例からして、ここらが効果を得られやすいはず。脳内風洞 (笑) で描く気流の様子からしても、ここらが良さそう。


 で、走り出してまず思うた。ワオ重い! (火暴)
 走り出す前に跨がって動かしたときも、グラついて思いましたが。(^^;

 でも、動いちゃえば ひじょーに安定していて、乗り心地が良い。なのに動きが鈍重といったことが無く、そしてパワフル
 あらためて思う。よくできてるバイクですわ。リードとは別の乗り物。

 ただ、出発や駐輪のとき、やっぱり重い。クソ重い。しばらくぶりにトップケースを付けると、感じる重さが尚更です。
 慣れを失っていて駐輪場でグラついて、冷や冷やしました。(^^;;;;;;

 リード125 で「バランス崩してもどうにでもなる」に、もうなっとる。(^^;;;;;;


 話しを戻す。

 ワオは、エンジンをかけるとスクリーンが前回の位置に戻ります。その位置、スクリーン上端が目線より少し低い位置でした。
 前回は町中移動だったから、いつもよりもう少し余計に低くしていた。

 X-Creen を付けると、目線が X-Creen の中央。 X-Creen 越しに前方を見る形。




 リード125 の充電で防水の重めな AC 延長ケーブルをかけていたら、スクリーンの左側が下がってもうた。(^^;;;
 ツアラテックのスクリーンはですね。傷もつきやすいし。

 一番上げると、こんな感じ。




 ここまで上げる意義は薄いかな。意義が生じてくるのは、大スクリーンを付けている季節のツーリングの際に、下道で突発の雨に降られたときくらいじゃないかしら。


 で、首都高速でどんなだったかと言うと。期待を大きく超える効果!


 スクリーンを一番上にまで上げる意義が薄いと書きましたが、効果が大きくて、最初の位置で十分だったんですね。
 以前、隙間流による跳ね上げを予想して、効果に期待していると書きました。その予想と期待を超える跳ね上げがありましたです。

 手をかざしてみると、強い走行風がヘルメットのだいぶ上を流れるようになっていて、ヘルメットのちょい上までは穏やかなもの。ヘルメットにあたる風による風切り音がほぼ無し
( X-Creen が起こしていると思われる、耳慣れぬ騒音はある。気流同士の衝突音かも)

 風切り音の低減こそが本来の主旨、装着の狙いです。嬉しいな~。(^◇^)


 首を左右に傾けてみると、ゴーゴー!と懐かしの風切り音。(笑)
 直立させると、静か。

 SZ-Ram 4 頭頂の吸気ダクト 3 つを開けても、ゴーゴー!になりません。

 試しにシールドを開けてみましたが。不快なほどの風が顔に当たることがなくて、カウルとスクリーンの間を上がってくる流れが柔らかに程よく当たっているくらいの感じ。
 糞爆弾を食らうようなことが無ければ、開けたままでいいか?くらい。
 それも不用心なんで、閉じますけど。(^^;


 もともと防風性能がとても高いワオで、ツアラテックの大スクリーンに交換してある。そこに加えた X-Creen がトドメになって。
 完全に願うレベルの防風を得られた感じ。 v(^_^)

 かつて展示場でホンダの説明担当に夏の対策を尋ねたら、「多くのユーザーが夏の対策は乗らないことだと言う」だった GOLDWING が、こんな感じに近いのじゃないかと思えます。




 そう、今の季節に「程よく当たる」くらいの気流じゃ夏は全く不足のはず。
 31 度を超える気温。陽射し。照り返し。股火鉢。強烈な暑さですもの。(^^;

 一昨年のスタンプツーリングは標準スクリーンで出かけましたが。
 プーチの小スクリーンに X-Creen を付けたら「ちょうど」になるかも

 一般道で胸に風を多くあてたいときと、高速道で風切り音や雨あたりを低減したいときと。夏の長いツーリングだと、両方がある。
 季節が近づいたら試してみましょう


 その前に、用心しすぎでストリートガード パンツのインナーを外さずに出て後悔するのが多いこと、何とかしなきゃ。(^_^;)
 パンツだと、出先のベンチじゃ外せませんから。通報されてまう。(笑)

 陽があたらぬ駐車場で装着作業してたら冷えてしまう・首都高速を走る予定だしと、用心したのが後悔の元。(^^;
 予報より高い気温になって、走っていないと暑くなってもうたです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.04.06

配線どうしよう?



 BMW Navigator V が、どんな雰囲気で付くのか

 マウントや取付け台の目障り感は? Navigator V の目障り感は?


 なんてことを考えて、仮に取り付けてみました。そうでもしないと現実感が出てこなくていつまでも先延ばしな奴です。(^▽^;)
 やってみたのは完全に「仮に」で、配線をしていません。線をただグルグルっと巻きつけて、電源はシガーソケットから。




 ゴワい電源線が邪魔感を大きく醸していたけど、マウントと取付け台、そして Navigator V はさほど邪魔に感じませんでした。
 Navigator V の見え方もまずまず
 ダイヤル無しで地図の拡大・縮小も、こうするとスムーズね♪ に至れる。


 理由は不明ですが、画面の明るさを 70 % までしか上げられませんでした。背面の USB 端子から電源を取ったから?
 もしかして、ワオのダイヤルでセットしたところが上限になるとか?
 でも、後に家で内蔵電池駆動したら 100 % まで上げられたし・・・

 今後、様子見です。


 話し戻って。

 やってみてわかった問題。リード125 がガタピシし過ぎで、強く締めてもマウントがズレ動いてお辞儀を始めてしまったこと。
 路面が良い方に数えられる幹線都道を走ってきたのだけど、 5 km も走った頃にはお辞儀を開始。(^^;;;

 マウントの中間アームをスクリーンのステーにタイラップ留めすることになりそうです。





 ゴワい電源線も問題で、空き電源端子があるハンドル部前パネルの中で束ねておくのは無理!な感じ。(^^;
 取付け台の線を大きくカットして、できるだけコンパクトにするしかない





 取付け台からパネル内へ引き込むルートも悩むですよ。
 ミラー(現在はスクリーンの足)を通す前パネルの穴に、スクリーンの足とともに通すのが順当だと考えていた。




 けど、無理なく通るかな? と。太くてゴワいものなぁ。(^^;

 最悪はグリップやリアブレーキの空間からだけど、これは見た目が悪いし、ブレーキ系の動きに干渉したら嫌だ。可能性は低いけど、中でタイラップが切れて線が大きく動いて引っかかったとか、あり得ないわけじゃない。
 ハンドル部前パネルを外すときは、これが好ましくはあるのだけど・・・




 そう。穴に通すと、ハンドル部前パネルを外すとき、電源端子をいちいち抜かないと大きく動かせなくなってしまうんですよね。

 ヘッドライトのソケットなら、前パネル&ライトのユニットを左手で持ったままソケットを外せますけど。
 ギボシになりますからね~。両手の作業が必要でしょう。その間どうする?


 Optimate 付属で使ってないケーブルを切って、接続端子を流用するかな?
 プラス・マイナスが、テスター無くてもわかるかな?
 小ぶりな TM 端子を使うのが現実的なれど、防水をどうする?


 などなど、どういう形態が望ましいのか、頭を悩ましています。(^^;;;

 仮に着けてみたことでリアリティが出てきて、実際にどうする? を本格的に考え始められた感じ。 v(^o^;)


 さて、ガタピシのこと。あらためて。

 幹線都道を往復 30 km 近く走ってきて。その後も幹線道を中心に夕桜見物とスーパーに回って、トータル 43 km も走って。

 リード125 のガタピシはかなりだな、と思いました。(^^;)
 特筆すべきレベルだと、ネットで書かれていたのを納得。(笑)

 ぽてち重いから、新車であってもリアサスは動いている方だと思うんですよね。これって、タイヤの影響も大きいはず。
 八兵衛も大鳥居くんも、タイヤでだいぶ変わりましたし。




 減る前に替えてしまうかもしれません。
 減るのを待っていたら、いつになるかわからんもの。(笑)



 


 この日は過去最長の 43.1 km 走って、 ODO 計 138 km に達しました。嬉し♪ 楽し♪ の新オモチャ導入から一月近くも経って、 138 km !!

 乗車回数は圧倒的に最多回なんですけどねー。ヽ(゚▽゚)ノ

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.03.31

断熱グラスウール シート貼り(リード125 )



 少しだけ寒いけど、悪くない陽気。
 相棒が寝たのは 8 時近くで、ホームセンターへの買い物等は無いことが確定。
 昼前から陽ざしが出てくるらしい。

 ならば、オモチャいじりをするべ。(^o^)

 懸案の、シート下ボックス外側に断熱グラスウール シートを貼る課題。まだ着手していませんから。


 ボルト 5 本外して、シートボックスを持ち上げて外す。



 


 このとき冷却液のキャップを外さないとなりません。




 ごっそりと外れたので、しげしげと眺める。




 コンパクトによくまとめられていますね。



 


 で、ボックスを倉庫部屋に持ち込んで、外側を拭き掃除。




 これを貼っていくのですが。




 凹みにあわせて貼っていくのが課題で、上手くいかなかろうと、ちょと億劫に感じて先延ばししてきました。
 上手く貼れるかな~?




 躊躇していても進まないから、断行!




 押し込んだり、切れ目を入れて重ねて曲面に合わせたり。下手な工作をゴソゴソと。
 生じた隙間に細かく切ったものを詰めてみたりも。




 上の写真でほぼ完成。残るは下の写真にある穴の対処です。




 アイドル回転数調整のネジに、ドライバーを差し込む穴です。




 いちおうの完成をみました。


 冷却液のキャップを外して、ボックスを車体にはめて、キャップを戻して、ボルト 5 本を締め込む。最後にキャップの閉まり具合を確認。




 この日のオモチャいじりは、この作業と、マフラーに耐熱ワックスをかけただけ。
 他のことは、またこんど。(^o^)/
 

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.03.23

半日オモチャいじり(3)

 
 
 シートカバーを付けてみる前に、工具等を仕舞いながら古い保冷箱を持ってきて、シート下に入れてみた。
 09 の 8 月 2 日に愛鷹 PA で買ったものだから、 10 年ビンテージです。
 
 
 
 
 いま見ても D40 の描画は立派なものですね。この時代はもう、カメラは画素数だけじゃない。カメラが軒並み画素数を上げて描画を落としていた時代に、売りやすいスペック値より描画を重んじた名機でした。
 車はライフ DIVA ターボ。背が高すぎて走行安定性が酷かった他は、いい車でした。車はパワーだけじゃない。 25 cm 低かったら長く乗ったはずです。
 
 
 で、保冷箱。入るとは思ったけど、シートが閉まったよ。(^O^;)
 
 
 
 
 この後、シートカバーの下にゲルザブを仕込んでメリメリ☆と着け終えて。今日やろう!と思ったことは、これで終わり
 工具等を完全に片づけたところで、散水ガンが壊れた散水ホースリールを入れ替える。
 
 
 
 
 ぽてちはほとんど使いませんが、別階がほぼ毎日使っています。
 まだ 2 , 3 年のはずですが、接着が劣化して外れたのでしょう。物の扱いが雑な人だし。
 
 
 散水と巻き取りのテストをした後、リードのテスト走行に出ました。
 
 
 
 
 行くアテは、区営プールの駐輪場所。改装工事を長くやっていて、再開されてから少し経っています。
 駐輪環境が変わっていなければプール運動を再開するつもりで、確認に。
 
 「区がやる改装だろ? バイク駐輪が改悪されてないか?」と、ごく自然に懸念を抱かせる我が区なものですから。(笑)
 
 
 笑い事でなく、悪い予感が大あたり。(^_^;)
 
 
 かつてバイクの駐輪場所だったところの壁面に大きく駐輪禁止と書かれていて、じゃあどうするの?と目で探すと。
 貼り紙があって、あっちまで持って行け、とな。
 
 持って行けです。
 
 坂道 50 m くらい手で押し上げる。見に行かなかったけど、かつて自転車で溢れかえっていた場所に置けということらしい。
 
 
 我が区は、本当にダメな子だなー!
 
 
 思いながら戻りました。
 
 足が悪い人が、尾根筋にある区営プールへ身体を動かしに行く。足が悪くてもプールなら負担が小さいし、原動機付き二輪で行けばバスのステップ乗降をせずに済むし、ヨチヨチ歩かずに済む。気軽にサッと行けて、水中歩行運動やゆっくり遊泳の全身運動を気軽にできる
 
 実際に ぽてちが、左膝が壊れていて、家でも駅でもバスでも、階段は痛んでイカンのです。坂も、 114 kg を長く押し上げる負荷を膝にかけたくない
 
 区の職員に、そういう視点が無いようですね。坂を押し上げろってさ。
 
 区がやった歩道工事でも、家がある路地に入る段差を大きく強くしてしまって、重いバイクで入るの危なくされてもうたですよ。
 子供チャリもだいぶフラつくゾ! コケたとこ車が来たら轢かれるゾ! と。
 
 
 我が区は視野が単眼 で、どーもイカン。
 
 一部の意見を聞き入れて、評価してもらえる良い事をしたつもりなのでしょう。
 もしかすると、職員と区長だけでなくて、区議もかもね。
 
 (区内の繁華な地域にも)区のバイク駐輪場が一つもないままだし、作る気配も無いし、コミュニティバスのルートは偏ったままだし。
 いい仕事した気になって老人、子供、怪我人に辛くあたる意識の高さが、駐輪場整備にも現れていますよ。うちの区はダメだわ。意識高そうな区長になってから拍車がかかったかな。
 
 
 なんて考えつつ、戻る道々、気がついた。
 ハンドル前側パネルかその中で、 キシキシ! キシキシ! 鳴り続けている。
 
 騒音に包まれているバイクなのに気になるレベル。走行の振動で鳴り続けていました。手で押さえてみると、ハンドル前側パネルか、装飾銀色パネル。
 
 戻って、またバラしました。この状態まで。(^^;;;
 
 
 
 
 工具持ってきて、ラチェット長く動かしてスクリーン外して、装飾銀色パネル外して。前パネル外しは省略して、ハンドル前側パネルだけ外そう・・・
 狭くて作業性が悪く、傷つけて壊しもしそう。前パネルも外す。(^^;
 
 ハンドル前側パネルがキチンと嵌まっていなかったようです。
 
 
 このとき、ステップ床を見たら小ナットが一つ。どこの?・・・
 診ると、締め込み確認済の印し(白色塗料)が付いている・・・
 
 こりゃ重要部分・・・ そっか、ブレーキレバーだ!
 
 
 
 この写真でも、 +ネジの下部にナットが付いていないことが見て取れます。
 
 
 とゆーことで、失敗にようやく気づいた。(^^;;;;;;
 
 古くて変質して効果が失われている可能性が高いネジロックをいちお付けて、キチンと締め込んでホッ。(^o^;)
 
 
 パネルがキチンと嵌まったことを確認しながら組み上げる。はめ込みに苦労してギシギシやっている最中に、ヘッドライトが上下にグラグラ動いてもうた。
 (1)に貼った写真
 
 
 
 
 ボルトの締めが緩くて、ガタガタ・ギシギシやっているうちに、完全に緩んでしまったらしい。
 強く締めちゃ良くなさそうな作り・・・ホンダ! ドレンホースも! (笑)
 
 
 光軸調整して締めなきゃならんです。パネルやスクリーンを組み上げてから 8 mm メガネを取りに行って、こんなもん?に調整して仮締め。
 ちょうど暗くなってきたので試走に出て戻ってチョイ上げる作業。
 
 疲れた。気分も身体も疲れた。頭痛が酷くなってきたし。
 もう試走に出ず、これで ok にしとく! と本締めしてしまう。
 
 
 完全な手仕舞いにかかったところへ相棒が帰宅してきました。
 時計を見たら 19 にもなっていた。
 
 どんどん酷くなってくる頭痛に耐えながら、あれこれを完全に手仕舞い。雑に仕舞うと、次回に所在不明になるから頑張った。(笑)
 家に上がってバッグを置いたら痛み止めを飲んで、お布団 Go !
 
 猫の晩ぐあんは、相棒に任せてもうたです。
 
 
 
 
 普通なら家に入って第一番にやることなんですけど。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

半日オモチャいじり(1)

 
 
 まさに春本番を思わせる陽気だった春分の日。猫に見送られて下に降りる。午前中から着手しようと思っていたオモチャいじりを開始したのは、ちょうど 12 でした。
 
 取り付けるものやら工具やら、折り畳みミニ椅子も、用意して挑む。
 
 
 
 
 一番の目的はパーキングブレーキレバーの取り付け。そのためにはハンドル前側パネルを外す必要があります。
 前パネルも外した方が圧倒的に作業性が良いらしいのと、バッテリー端子ボルトも交換するため、前パネルから外す。今回は落とさずに済んだ。(^^;
 
 こんなネジで誤魔化していました。
 
 
 
 
 バッテリー端子用のボルトに交換。
 
 
 
 
 続けて、ミラーが一体になった純正オプション スクリーンを外す。取り付けの根本ボルトを抜いて、ごっそりステーごと。たしか 14 mm で、たくさん回す必要がありました。
 スクリーンを傷つけぬよう注意して作業するも、小傷がたーくさん。(^^;;;
 
 
 スクリーンを取り除いたら、ヘッドライト上の銀色装飾パネルを外す。爪を割らないよう気を付けながら、サービスマニュアルの通りに下部の持ち上げから。バキ☆バキ☆と外す。
 心臓によくないな~。(^^;;;
 
 
 
 
 と思いながら、次はハンドル前側パネル(ヘッドライト付き)外し。
 まず、ネジを 6
 
 
 
 
 ネジをした後、念のために見てみる。これも外すのかな?とサービスマニュアルを見るも、そう書かれていないから触れず
 
 
 
 
 ネジの後は、いよいよ本番。割れ易いカシメがあるらしい。
 
 サービスマニュアルでカシメの位置を見ておいたし、内装剥がしのヘラも使ったんですけどね。
 んしょ!んしょ! やっていたら、パキン☆ と音がして動いて(ここまでは良いのだけど)、小さく軽いものがカチリ☆ と落ちる音。(^^;;;;;;
 
 
 
 
 やっちまったよ~。(^o^;)
 
 下の写真の右の方、割れています。(レバー装着後の写真)
 
 
 
 
 拡大。
 
 
 
 
 上側のカシメ 3 箇所のうち中央が丈夫で留めも強いから、たぶんきっと使用に問題ないはず。(^^;
 
 やっちまったものは仕方ないです。欠片を拾って作業を続行する。カシメが外れてゴッソリ外れたら、ヘッドライトのソケットを抜く。
 
 
 
 
 ここに置いとくと絶対に落とす。(笑) 写真を撮ってから移動。
 
 
 とゆーことで、パーキングブレーキレバーの取り付けにかかれるわけですが。先に、存在するはずの空き給電端子を確認しておきました。
 
 
 
 
 あった♪ ネットで見た位置。配線図の通りの色。やはり変わっていたのですね。
 
 ようやくで、パーキングブレーキレバーに着手。写真はもう装着後のもの。
 
 
 
 
 まず +ネジの方から外したのですが。大失敗をしていました。下も取り付け後の写真です。 +ネジの下部に、ナットが付いてないでしょう?
 
 
 
 
 緩み止めのナットがあること。完全に頭から抜けていて、力づくでネジを緩めていました。
 普通、上から +ドライバーをあてて、下の緩み止めナットをメガネで緩めてからメガネを当てたままドライバーで本回しするでしょう。
 
 存在を忘れられていたナットは とーぜん下に落ちるのですが、運がいいことに、ステップ床を留めるボルトの窪みに入っていた
 これ気づいたの、テスト走行から帰ってきて再度バラしたとき。(^^;;;
 
 
 上の写真はパーキングブレーキを解除した状態。下のは、かかっている状態。
 
 
 
 
 上下するレバーに付いているネジぽっちが、レバーを押し下げてブレーキを離すと隙間に挟まって、ブレーキがかかったままになる。シンプルな仕組みです。
 
 昔は大同小異の仕組みが標準で付いていたように思うんですけどね。今はコスト低減なのか、国交省の行政指導でもあったのか。
 「動いているときはかけられない仕組みにしろ」とか。「うっかり触らぬ位置に離せ」とか。指導があると、コストが・・・
 
 
 ちなみに、ボルトの方でも失敗をしました。
 
 
 
 
 P ブレーキの黒い板を下に、後ろブレーキレバー取り付けクランプを上にすると、締め込み不足になってブレーキレバーが上下にガタつきます。やり直し。(^^;
 
 
 後ろブレーキの遊び調整をして、完了。 v(^o^)
 
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.03.22

半日オモチャいじり

 
 
 お昼から作業開始。
 
 
 
 
 段取り悪くて、えらい時間がかかりました。大失敗もあったし。
 
 すべてが終わったのは 19
 
 
 
 
 詳細はまた後日。
 
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.03.20

Navi V 取り付け台と小売り業


 BMW Navigator V 用の取り付け台が届きました。

 UK の店だと思っていたけど、 DE からでした。よく見てなかったのねん。海外通販でこういう事をやると、危ないっす。 f(^^;;;


 台そのものが小さくて、生えている線が電源だけ。端子のカバーも付いている。願った通りのものでした。



 配線が希望よりチョト太くてゴワかったけど、耐久性に配慮がある外国製品はこんなものでしょう。


 面白い!と思ったのは、取説がまったく無くて、ネジを 1 本だけ仮組みして組み立てのサンプルとしてあったこと。



 これをクランプバーに取り付ける機材は、サインハウスのマウント 3 点キットを amazon で手配済み。ギボシも買ってある。配線カットや圧着ペンチは在りもので。

 他のオモチャいじりと合わせて、半日かけて取り付けてみようと思います。


 あらためて思うた。百貨店での買い物もあって。


 リード125 用オモチャ機材のほとんどを amazon で手配してきました。実店舗で買ったのはギボシだけ。

 小売店が厳しい時代だと、よく書かれますけど。そうなっちゃう

 小売店に行っても「こういうのがあれば」が置かれてないから。希望するあたりの展示が無くて店員に訊いても希望達成に至ることがほとんどないし。
 「こんな便利(そう)なものが、世にはあったのか」も、ほぼ無い。

 だからそうなっちゃいます。(^^;;;


 Google で意図を検索して、主に個人の blog 記事で商品名を知って装着例を見て、 Google で商品を検索して、メーカーの商品紹介と amazon ぽち♪りのページに至るわけです。
 仕様や詳細写真を見て疑念が解消されたら「これだ」と、ぽち♪に至る。

 ※ 主に個人の blog 記事で、雑誌やネット誌の商業サイトでないことに注意


 ぽち♪が木曜日の晩でも金曜の晩には届いて、土曜日に昼まで寝コケていても午後から取り付けをできる。
 だから日曜日が空いて、出かけるなり他の用事に携わるなり。

 寝コケなきゃならん休日の半日一日を潰さずに済むんですね。行っても無駄足だったとか、とても多いことが無くて済む。そんな有り難さもあります。


 3D メッシュシートカバーのように、装着例に行きあたれず願望で ぽち♪って敗退する失敗もありますけどね。
 そういうことは滅多にないし、 amazon の販売品なら「現物合わせで不適合」が理由でも「間違えた」が理由でも返品を受け付けてくれる。(ほぼ、しませんけど。いずれ何かに使う機会があろうし、手間が面倒だし (爆) )


 上記パターンとは異なりますが、取り付け台も Google の検索から始まりました。
 検索で至ったのが ebay の ぽち♪ページで、個人の装着例に至れなかったのがパターンと違います。
 が、ネットの検索で見つけてネット ぽち♪ったから、同じと言えましょう。


 駐車場や駐輪場ありの品揃え充実な小売店が、近くにあればだいぶ違ってきましょうが。
 身に着けるもののように現物を確認しなきゃならないとか、タイヤのように取り付けてもらわなきゃならないとか、それも行けば目的を果たせる可能性が高い場合に限られちゃいます。


 目的を果たせる可能性が高い夏スーツと半袖Yシャツは実店舗(百貨店)で作ったけど。並べてあるもの系の食卓椅子とデスク椅子は、テナント(ニトリ)の展示がみな希望外で、店員も近くにいなくて希望のあたりの取り扱い有無すら不明
 2 人であれこれ試している姿を見て寄ってこなかったことからして、きっと、店員を探して訊いても「ここに置いてあるものだけ」で終わるな。

 現物で身体合わせをしなきゃならないデスク椅子は別として、単機能の食卓椅子はネットで仕様を見て ぽち♪ることになりそうです。

 なんか、とても似ていません?


 小売り流通の本流が、大きく変わってきていますね。
 小売店の厳しさは景気動向だけが理由じゃないなと、あらためて思いました。


 最後に。

 「 Hallo Japan 」と、ツアラテックのサンシェードをオマケにつけてくれていました。



 使えたら、けっこう嬉しい♪
 シールで貼り付けちゃってもワオに取り付けられるか否か、こんど試してみます。

 出先でも使っている専用ケースに入らなくなることは確実。(^^;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

X-Creen を一部組み


 X-Creen の一部を組んでみました。

 簡素な取説の絵図を見ながら、こっち向き?それとも逆向きかな?と、組み方の予習で確認してみたという感じ。


 パチン☆はめ込むと、容易なこっちゃ外れぬ留めがヒンジの 2 箇所に。
 別売パーツである、バイクのスクリーン側取り付け部。こちらのヒンジ留めだけで止めておきました。

 バイクに付けるとき、絵図と違っても逆向きに組んだ方が良いとか、あったら目も当てられません。(^^;


 この続きを、日曜日に出かけなかった場合にやろうと思っていました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.03.13

バイブル入手と、次


 近所用の足にスクーターを導入したい思いが再燃して 2 ヶ月。導入に向けて動き出してから 1 ヶ月
 レンタルで乗ってみて、 125 cc クラスのスクーターがどんなものかを体験してみよう。そう考えて PCX をレンタル予約したのが、ちょうど 1 ヶ月前。そんな日付に書き始めている記事です。

 車両の注文だけでなく、あれこれ準備 ぽち♪たくさん行ってきました。


 仕事で続くウンザリからの逃避憂さ晴らしだとの噂もありますが。(笑)
 まぁ、ちょうどいい機会だったよ。なんて思いもある。 v(^o^;)


 気軽かつ楽に動ければ、引きこもりが減って出かけるようになるはずだし。出れば小さくとも刺激があって、気持ちの張りも出て来よう。(願望)

 乗って出かけなくたって。寝コケているのが定番の休日に、倉庫部屋と駐車場に降りてガサゴソやるだけでも違います
 いじると失敗する率が高く、もし失敗したら、復旧の手間も費用もダメージ大きなワオと違って。部品が少なく構造も分かり易い国産 125 cc スクーターなら、オモチャいじりをする気になれる。そんな面でも気軽かな。

 とは言え、失敗は嫌なものです。
 失敗率を下げるために、バイブルを ぽち♪りました。



 ぽてちにもできること、時間がかからず根気の範囲のこと、ある工具や機材でできることしかやらぬつもりですけど。
 特に外装の、カシメの位置や爪の向きを知れるだけでもバイブルの意義が大きい。ワオならネジ 6 本と爪が 2 つのところ、ネジ 3 本とカシメ 6 箇所、なんてイメージですから。

 知らずに「何とかなるでしょ」でやると、上手く外れずガタピシしているうちにイライラしてきて、力任せになってバキ!
 ぽてちがやらない訳がありません。(笑)

 始めのうちは、読んで段取りを考えているだけでも楽しいものです。


 次のオモチャいじりと考えているのは、 P ブレーキレバーの取り付けです。



 '17 型までのリード125 対応のものだそうですが、販売元の blog 記事を見ると、使えないことはないらしい。
 blog 記事にあったように、透明シートを貼って誤魔化すですよ。

 取り付けに、ハンドル部の前パネル(ヘッドライト ユニット付き)を外す必要があります。
 パネルを外すには、ミラーを、すなわち風防スクリーンを外さないとならない。

 ならば、ついでにこれの取り付けも、「こんな感じで?」のアタリを付けておこうと考えています。



 BMW Navigator V 用の台座を取り付けるために、ミラーの根本に組み込むクランプバーです。
 リード125 は、ハンドルバーの露出がないものですから。



 あわせて、電源をとる端子も確認しておくつもり。
 純正電熱グリップの電源をとるための空き端子があるそうな。電熱グリップを付ける予定は無いから、活用するです。

 '18 型リード125 は、検索して見た複数の blog 記事写真と配線の色が違うようです。バイブルの配線図を見た限り、写真と同じ配線色の端子は無い。
 あれれ~?と検索していて見た写真。 '18 PCX の写真の色が、配線図と合います。
 変わったようですね。

 空き端子を使うための、電源線に付けるギボシはゲット済み。近所足でいちばん最初の買い物でした。
 BMW Navigator V 用の台座も手配済みそのうち UK から届くです。

 台座をバーに取り付ける方法は、サインハウスかな~。(^_^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧