2019.03.23

半日オモチャいじり(3)

 
 
 シートカバーを付けてみる前に、工具等を仕舞いながら古い保冷箱を持ってきて、シート下に入れてみた。
 09 の 8 月 2 日に愛鷹 PA で買ったものだから、 10 年ビンテージです。
 
 
 
 
 いま見ても D40 の描画は立派なものですね。この時代はもう、カメラは画素数だけじゃない。カメラが軒並み画素数を上げて描画を落としていた時代に、売りやすいスペック値より描画を重んじた名機でした。
 車はライフ DIVA ターボ。背が高すぎて走行安定性が酷かった他は、いい車でした。車はパワーだけじゃない。 25 cm 低かったら長く乗ったはずです。
 
 
 で、保冷箱。入るとは思ったけど、シートが閉まったよ。(^O^;)
 
 
 
 
 この後、シートカバーの下にゲルザブを仕込んでメリメリ☆と着け終えて。今日やろう!と思ったことは、これで終わり
 工具等を完全に片づけたところで、散水ガンが壊れた散水ホースリールを入れ替える。
 
 
 
 
 ぽてちはほとんど使いませんが、別階がほぼ毎日使っています。
 まだ 2 , 3 年のはずですが、接着が劣化して外れたのでしょう。物の扱いが雑な人だし。
 
 
 散水と巻き取りのテストをした後、リードのテスト走行に出ました。
 
 
 
 
 行くアテは、区営プールの駐輪場所。改装工事を長くやっていて、再開されてから少し経っています。
 駐輪環境が変わっていなければプール運動を再開するつもりで、確認に。
 
 「区がやる改装だろ? バイク駐輪が改悪されてないか?」と、ごく自然に懸念を抱かせる我が区なものですから。(笑)
 
 
 笑い事でなく、悪い予感が大あたり。(^_^;)
 
 
 かつてバイクの駐輪場所だったところの壁面に大きく駐輪禁止と書かれていて、じゃあどうするの?と目で探すと。
 貼り紙があって、あっちまで持って行け、とな。
 
 持って行けです。
 
 坂道 50 m くらい手で押し上げる。見に行かなかったけど、かつて自転車で溢れかえっていた場所に置けということらしい。
 
 
 我が区は、本当にダメな子だなー!
 
 
 思いながら戻りました。
 
 足が悪い人が、尾根筋にある区営プールへ身体を動かしに行く。足が悪くてもプールなら負担が小さいし、原動機付き二輪で行けばバスのステップ乗降をせずに済むし、ヨチヨチ歩かずに済む。気軽にサッと行けて、水中歩行運動やゆっくり遊泳の全身運動を気軽にできる
 
 実際に ぽてちが、左膝が壊れていて、家でも駅でもバスでも、階段は痛んでイカンのです。坂も、 114 kg を長く押し上げる負荷を膝にかけたくない
 
 区の職員に、そういう視点が無いようですね。坂を押し上げろってさ。
 
 区がやった歩道工事でも、家がある路地に入る段差を大きく強くしてしまって、重いバイクで入るの危なくされてもうたですよ。
 子供チャリもだいぶフラつくゾ! コケたとこ車が来たら轢かれるゾ! と。
 
 
 我が区は視野が単眼 で、どーもイカン。
 
 一部の意見を聞き入れて、評価してもらえる良い事をしたつもりなのでしょう。
 もしかすると、職員と区長だけでなくて、区議もかもね。
 
 (区内の繁華な地域にも)区のバイク駐輪場が一つもないままだし、作る気配も無いし、コミュニティバスのルートは偏ったままだし。
 いい仕事した気になって老人、子供、怪我人に辛くあたる意識の高さが、駐輪場整備にも現れていますよ。うちの区はダメだわ。意識高そうな区長になってから拍車がかかったかな。
 
 
 なんて考えつつ、戻る道々、気がついた。
 ハンドル前側パネルかその中で、 キシキシ! キシキシ! 鳴り続けている。
 
 騒音に包まれているバイクなのに気になるレベル。走行の振動で鳴り続けていました。手で押さえてみると、ハンドル前側パネルか、装飾銀色パネル。
 
 戻って、またバラしました。この状態まで。(^^;;;
 
 
 
 
 工具持ってきて、ラチェット長く動かしてスクリーン外して、装飾銀色パネル外して。前パネル外しは省略して、ハンドル前側パネルだけ外そう・・・
 狭くて作業性が悪く、傷つけて壊しもしそう。前パネルも外す。(^^;
 
 ハンドル前側パネルがキチンと嵌まっていなかったようです。
 
 
 このとき、ステップ床を見たら小ナットが一つ。どこの?・・・
 診ると、締め込み確認済の印し(白色塗料)が付いている・・・
 
 こりゃ重要部分・・・ そっか、ブレーキレバーだ!
 
 
 
 この写真でも、 +ネジの下部にナットが付いていないことが見て取れます。
 
 
 とゆーことで、失敗にようやく気づいた。(^^;;;;;;
 
 古くて変質して効果が失われている可能性が高いネジロックをいちお付けて、キチンと締め込んでホッ。(^o^;)
 
 
 パネルがキチンと嵌まったことを確認しながら組み上げる。はめ込みに苦労してギシギシやっている最中に、ヘッドライトが上下にグラグラ動いてもうた。
 (1)に貼った写真
 
 
 
 
 ボルトの締めが緩くて、ガタガタ・ギシギシやっているうちに、完全に緩んでしまったらしい。
 強く締めちゃ良くなさそうな作り・・・ホンダ! ドレンホースも! (笑)
 
 
 光軸調整して締めなきゃならんです。パネルやスクリーンを組み上げてから 8 mm メガネを取りに行って、こんなもん?に調整して仮締め。
 ちょうど暗くなってきたので試走に出て戻ってチョイ上げる作業。
 
 疲れた。気分も身体も疲れた。頭痛が酷くなってきたし。
 もう試走に出ず、これで ok にしとく! と本締めしてしまう。
 
 
 完全な手仕舞いにかかったところへ相棒が帰宅してきました。
 時計を見たら 19 にもなっていた。
 
 どんどん酷くなってくる頭痛に耐えながら、あれこれを完全に手仕舞い。雑に仕舞うと、次回に所在不明になるから頑張った。(笑)
 家に上がってバッグを置いたら痛み止めを飲んで、お布団 Go !
 
 猫の晩ぐあんは、相棒に任せてもうたです。
 
 
 
 
 普通なら家に入って第一番にやることなんですけど。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

半日オモチャいじり(1)

 
 
 まさに春本番を思わせる陽気だった春分の日。猫に見送られて下に降りる。午前中から着手しようと思っていたオモチャいじりを開始したのは、ちょうど 12 でした。
 
 取り付けるものやら工具やら、折り畳みミニ椅子も、用意して挑む。
 
 
 
 
 一番の目的はパーキングブレーキレバーの取り付け。そのためにはハンドル前側パネルを外す必要があります。
 前パネルも外した方が圧倒的に作業性が良いらしいのと、バッテリー端子ボルトも交換するため、前パネルから外す。今回は落とさずに済んだ。(^^;
 
 こんなネジで誤魔化していました。
 
 
 
 
 バッテリー端子用のボルトに交換。
 
 
 
 
 続けて、ミラーが一体になった純正オプション スクリーンを外す。取り付けの根本ボルトを抜いて、ごっそりステーごと。たしか 14 mm で、たくさん回す必要がありました。
 スクリーンを傷つけぬよう注意して作業するも、小傷がたーくさん。(^^;;;
 
 
 スクリーンを取り除いたら、ヘッドライト上の銀色装飾パネルを外す。爪を割らないよう気を付けながら、サービスマニュアルの通りに下部の持ち上げから。バキ☆バキ☆と外す。
 心臓によくないな~。(^^;;;
 
 
 
 
 と思いながら、次はハンドル前側パネル(ヘッドライト付き)外し。
 まず、ネジを 6
 
 
 
 
 ネジをした後、念のために見てみる。これも外すのかな?とサービスマニュアルを見るも、そう書かれていないから触れず
 
 
 
 
 ネジの後は、いよいよ本番。割れ易いカシメがあるらしい。
 
 サービスマニュアルでカシメの位置を見ておいたし、内装剥がしのヘラも使ったんですけどね。
 んしょ!んしょ! やっていたら、パキン☆ と音がして動いて(ここまでは良いのだけど)、小さく軽いものがカチリ☆ と落ちる音。(^^;;;;;;
 
 
 
 
 やっちまったよ~。(^o^;)
 
 下の写真の右の方、割れています。(レバー装着後の写真)
 
 
 
 
 拡大。
 
 
 
 
 上側のカシメ 3 箇所のうち中央が丈夫で留めも強いから、たぶんきっと使用に問題ないはず。(^^;
 
 やっちまったものは仕方ないです。欠片を拾って作業を続行する。カシメが外れてゴッソリ外れたら、ヘッドライトのソケットを抜く。
 
 
 
 
 ここに置いとくと絶対に落とす。(笑) 写真を撮ってから移動。
 
 
 とゆーことで、パーキングブレーキレバーの取り付けにかかれるわけですが。先に、存在するはずの空き給電端子を確認しておきました。
 
 
 
 
 あった♪ ネットで見た位置。配線図の通りの色。やはり変わっていたのですね。
 
 ようやくで、パーキングブレーキレバーに着手。写真はもう装着後のもの。
 
 
 
 
 まず +ネジの方から外したのですが。大失敗をしていました。下も取り付け後の写真です。 +ネジの下部に、ナットが付いてないでしょう?
 
 
 
 
 緩み止めのナットがあること。完全に頭から抜けていて、力づくでネジを緩めていました。
 普通、上から +ドライバーをあてて、下の緩み止めナットをメガネで緩めてからメガネを当てたままドライバーで本回しするでしょう。
 
 存在を忘れられていたナットは とーぜん下に落ちるのですが、運がいいことに、ステップ床を留めるボルトの窪みに入っていた
 これ気づいたの、テスト走行から帰ってきて再度バラしたとき。(^^;;;
 
 
 上の写真はパーキングブレーキを解除した状態。下のは、かかっている状態。
 
 
 
 
 上下するレバーに付いているネジぽっちが、レバーを押し下げてブレーキを離すと隙間に挟まって、ブレーキがかかったままになる。シンプルな仕組みです。
 
 昔は大同小異の仕組みが標準で付いていたように思うんですけどね。今はコスト低減なのか、国交省の行政指導でもあったのか。
 「動いているときはかけられない仕組みにしろ」とか。「うっかり触らぬ位置に離せ」とか。指導があると、コストが・・・
 
 
 ちなみに、ボルトの方でも失敗をしました。
 
 
 
 
 P ブレーキの黒い板を下に、後ろブレーキレバー取り付けクランプを上にすると、締め込み不足になってブレーキレバーが上下にガタつきます。やり直し。(^^;
 
 
 後ろブレーキの遊び調整をして、完了。 v(^o^)
 
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.03.22

半日オモチャいじり

 
 
 お昼から作業開始。
 
 
 
 
 段取り悪くて、えらい時間がかかりました。大失敗もあったし。
 
 すべてが終わったのは 19
 
 
 
 
 詳細はまた後日。
 
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.03.20

Navi V 取り付け台と小売り業


 BMW Navigator V 用の取り付け台が届きました。

 UK の店だと思っていたけど、 DE からでした。よく見てなかったのねん。海外通販でこういう事をやると、危ないっす。 f(^^;;;


 台そのものが小さくて、生えている線が電源だけ。端子のカバーも付いている。願った通りのものでした。



 配線が希望よりチョト太くてゴワかったけど、耐久性に配慮がある外国製品はこんなものでしょう。


 面白い!と思ったのは、取説がまったく無くて、ネジを 1 本だけ仮組みして組み立てのサンプルとしてあったこと。



 これをクランプバーに取り付ける機材は、サインハウスのマウント 3 点キットを amazon で手配済み。ギボシも買ってある。配線カットや圧着ペンチは在りもので。

 他のオモチャいじりと合わせて、半日かけて取り付けてみようと思います。


 あらためて思うた。百貨店での買い物もあって。


 リード125 用オモチャ機材のほとんどを amazon で手配してきました。実店舗で買ったのはギボシだけ。

 小売店が厳しい時代だと、よく書かれますけど。そうなっちゃう

 小売店に行っても「こういうのがあれば」が置かれてないから。希望するあたりの展示が無くて店員に訊いても希望達成に至ることがほとんどないし。
 「こんな便利(そう)なものが、世にはあったのか」も、ほぼ無い。

 だからそうなっちゃいます。(^^;;;


 Google で意図を検索して、主に個人の blog 記事で商品名を知って装着例を見て、 Google で商品を検索して、メーカーの商品紹介と amazon ぽち♪りのページに至るわけです。
 仕様や詳細写真を見て疑念が解消されたら「これだ」と、ぽち♪に至る。

 ※ 主に個人の blog 記事で、雑誌やネット誌の商業サイトでないことに注意


 ぽち♪が木曜日の晩でも金曜の晩には届いて、土曜日に昼まで寝コケていても午後から取り付けをできる。
 だから日曜日が空いて、出かけるなり他の用事に携わるなり。

 寝コケなきゃならん休日の半日一日を潰さずに済むんですね。行っても無駄足だったとか、とても多いことが無くて済む。そんな有り難さもあります。


 3D メッシュシートカバーのように、装着例に行きあたれず願望で ぽち♪って敗退する失敗もありますけどね。
 そういうことは滅多にないし、 amazon の販売品なら「現物合わせで不適合」が理由でも「間違えた」が理由でも返品を受け付けてくれる。(ほぼ、しませんけど。いずれ何かに使う機会があろうし、手間が面倒だし (爆) )


 上記パターンとは異なりますが、取り付け台も Google の検索から始まりました。
 検索で至ったのが ebay の ぽち♪ページで、個人の装着例に至れなかったのがパターンと違います。
 が、ネットの検索で見つけてネット ぽち♪ったから、同じと言えましょう。


 駐車場や駐輪場ありの品揃え充実な小売店が、近くにあればだいぶ違ってきましょうが。
 身に着けるもののように現物を確認しなきゃならないとか、タイヤのように取り付けてもらわなきゃならないとか、それも行けば目的を果たせる可能性が高い場合に限られちゃいます。


 目的を果たせる可能性が高い夏スーツと半袖Yシャツは実店舗(百貨店)で作ったけど。並べてあるもの系の食卓椅子とデスク椅子は、テナント(ニトリ)の展示がみな希望外で、店員も近くにいなくて希望のあたりの取り扱い有無すら不明
 2 人であれこれ試している姿を見て寄ってこなかったことからして、きっと、店員を探して訊いても「ここに置いてあるものだけ」で終わるな。

 現物で身体合わせをしなきゃならないデスク椅子は別として、単機能の食卓椅子はネットで仕様を見て ぽち♪ることになりそうです。

 なんか、とても似ていません?


 小売り流通の本流が、大きく変わってきていますね。
 小売店の厳しさは景気動向だけが理由じゃないなと、あらためて思いました。


 最後に。

 「 Hallo Japan 」と、ツアラテックのサンシェードをオマケにつけてくれていました。



 使えたら、けっこう嬉しい♪
 シールで貼り付けちゃってもワオに取り付けられるか否か、こんど試してみます。

 出先でも使っている専用ケースに入らなくなることは確実。(^^;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

X-Creen を一部組み


 X-Creen の一部を組んでみました。

 簡素な取説の絵図を見ながら、こっち向き?それとも逆向きかな?と、組み方の予習で確認してみたという感じ。


 パチン☆はめ込むと、容易なこっちゃ外れぬ留めがヒンジの 2 箇所に。
 別売パーツである、バイクのスクリーン側取り付け部。こちらのヒンジ留めだけで止めておきました。

 バイクに付けるとき、絵図と違っても逆向きに組んだ方が良いとか、あったら目も当てられません。(^^;


 この続きを、日曜日に出かけなかった場合にやろうと思っていました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.03.13

バイブル入手と、次


 近所用の足にスクーターを導入したい思いが再燃して 2 ヶ月。導入に向けて動き出してから 1 ヶ月
 レンタルで乗ってみて、 125 cc クラスのスクーターがどんなものかを体験してみよう。そう考えて PCX をレンタル予約したのが、ちょうど 1 ヶ月前。そんな日付に書き始めている記事です。

 車両の注文だけでなく、あれこれ準備 ぽち♪たくさん行ってきました。


 仕事で続くウンザリからの逃避憂さ晴らしだとの噂もありますが。(笑)
 まぁ、ちょうどいい機会だったよ。なんて思いもある。 v(^o^;)


 気軽かつ楽に動ければ、引きこもりが減って出かけるようになるはずだし。出れば小さくとも刺激があって、気持ちの張りも出て来よう。(願望)

 乗って出かけなくたって。寝コケているのが定番の休日に、倉庫部屋と駐車場に降りてガサゴソやるだけでも違います
 いじると失敗する率が高く、もし失敗したら、復旧の手間も費用もダメージ大きなワオと違って。部品が少なく構造も分かり易い国産 125 cc スクーターなら、オモチャいじりをする気になれる。そんな面でも気軽かな。

 とは言え、失敗は嫌なものです。
 失敗率を下げるために、バイブルを ぽち♪りました。



 ぽてちにもできること、時間がかからず根気の範囲のこと、ある工具や機材でできることしかやらぬつもりですけど。
 特に外装の、カシメの位置や爪の向きを知れるだけでもバイブルの意義が大きい。ワオならネジ 6 本と爪が 2 つのところ、ネジ 3 本とカシメ 6 箇所、なんてイメージですから。

 知らずに「何とかなるでしょ」でやると、上手く外れずガタピシしているうちにイライラしてきて、力任せになってバキ!
 ぽてちがやらない訳がありません。(笑)

 始めのうちは、読んで段取りを考えているだけでも楽しいものです。


 次のオモチャいじりと考えているのは、 P ブレーキレバーの取り付けです。



 '17 型までのリード125 対応のものだそうですが、販売元の blog 記事を見ると、使えないことはないらしい。
 blog 記事にあったように、透明シートを貼って誤魔化すですよ。

 取り付けに、ハンドル部の前パネル(ヘッドライト ユニット付き)を外す必要があります。
 パネルを外すには、ミラーを、すなわち風防スクリーンを外さないとならない。

 ならば、ついでにこれの取り付けも、「こんな感じで?」のアタリを付けておこうと考えています。



 BMW Navigator V 用の台座を取り付けるために、ミラーの根本に組み込むクランプバーです。
 リード125 は、ハンドルバーの露出がないものですから。



 あわせて、電源をとる端子も確認しておくつもり。
 純正電熱グリップの電源をとるための空き端子があるそうな。電熱グリップを付ける予定は無いから、活用するです。

 '18 型リード125 は、検索して見た複数の blog 記事写真と配線の色が違うようです。バイブルの配線図を見た限り、写真と同じ配線色の端子は無い。
 あれれ~?と検索していて見た写真。 '18 PCX の写真の色が、配線図と合います。
 変わったようですね。

 空き端子を使うための、電源線に付けるギボシはゲット済み。近所足でいちばん最初の買い物でした。
 BMW Navigator V 用の台座も手配済みそのうち UK から届くです。

 台座をバーに取り付ける方法は、サインハウスかな~。(^_^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019.03.12

X-Creen Touring 試すだよ


 あれこれを準備ぽち♪ っていた勢いでぽち♪ ヽ(^◇^;)ノ


 ワオと近所足の両方で試してみるつもりもあるんです

 近所足は、純正オプションのスクリーンで足りている感じ。スクリーンの上端が、ヘルメットシールドの真ん中ちょい下くらいの位置になります。
 温暖な都内ばかりだし、何より速度が低いし、冷え込んだときでも首の防風ウォーマーを着ければ十分そう。スクリーンに手を加える必要性は低いと思いました。

 手を加えるにしても、ヘルメットを全て隠すくらい大きく伸ばさなきゃ、現状を変えるほどの効果が無いはずだし。
 先代 GOLDWING なんか、この状態なんでしょうね。


 X-Creen Touringは、ワオで試してみたい気持ちでずっと気になっていたものです。

 だで、ワオで試すため ぽち♪ と言うのが正しい。


 ワオの防風性能は大したもので、高速道路でスクリーンを上げるとそこそこ良いんですよね。
 ちなみにスクリーンは、夏以外はワンダリッヒの大スクリーンです。

 一番上まで上げると、ヘルメットの上から 2/3 くらいに風があたっていく感じ。下部 1/3 が、走行風の直撃無しとも言える。
 顎の部分や下端に強い風が当たっていずダクトを閉じていれば、風切り騒音がほどほど我慢の範囲になります。
(シートを標準の Low 位置で使っているのは、このためもある)

 スクリーンを一番上の位置から ちょびっとだけ下げても、騒音の状況があまり変わりません
 だから 10 mm 15 mm 下げて、スクリーン端を目線から遠ざけることが多い。
 寒い!とか横風の影響で五月蠅い!なんてときは、一番上まで上げますが。


 とゆーことで。

 大したワオであっても、ぽてち的には「ほどほど我慢の範囲がいっぱいのところなんですね。
 前屈みになってスクリーンに頭を隠したときの静かさには 程遠いです。

 うん、そこまで求めうるものじゃないと、わかってる。(^^;
 そうなるまでのものは売っていないし、違う乗り物になってしまう。(笑)

 ちなみに、頭を隠したときの静かさ。長い高速道路で疲労が小さくなるし、エンジンから響いてくる音が聞こえるようになって心地よいんですよね。
 メカニズム音と爆発音が渾然一体になった、エンジン独特の響き。(^_^)


 再び、とゆーことで。(笑)
 顎部を始めとするヘルメットの下端に速い風や渦が当たってこなければ、下 1/3 が隠れていようが下半分が隠れていようが、風切り騒音がほぼ同じだとわかっているのだけど。

 このX-Creen Touring整流効果に興味深々だったりするだよ。(^o^)



 スクリーン下端から入ってきて、スクリーンの内側とカウルやメーターバイザーの間を吹き上げてくる風
 スクリーン上端で発生する渦巻き乱流を、はね上げる効果があるはず。

 手で探ってみると、とても強い流れではないんですけどね。
 ここに流れが無く無風だと渦が巻き込んでくるはず。それを防ぐための隙間だと理解しています。
 東北道で鳥の糞爆撃を喰らったときの被害状況 (笑) からして、けっこう効果があると思います。隙間からの気流が、ヘルメットのシールドからギリ肩にかけて流れていました。

 渦巻き流の更なる低減はね上げを狙って。
 スクリーン上端ちょい下の外側に、ボーテックス ジェネレーターを設けてみたいんですけどね。
 飛行機や新幹線、 F1 で使われている技です。 NEOTEC II も意識してるやつ。

 小さな渦巻きを起こして面に沿う流れを剥がすのだそうな。すると後方の大きな渦巻きが弱まるのだとか。
 やってみたいじゃないですか。(笑)

 でも、小さなのがたくさん目線に入って目障りだろうと考えて、策動してません。


 話しを戻して。
 『 X-Creen Touring 』は小さいから、直接の防風効果は誤差の範囲のはず。

 スクリーン上端に少し重ねるようにして、第 2 の隙間流を外側に作れないかな? と考えているんですね。
 もし隙間流ができたら、正面からの気流をもう一段跳ね上げて、騒音が減るはず。

 でも、もしかすると。

 スクリーンがわずかに伸びる形になる真ん中と、その左右で流れが違ってしまうから。竜巻を横倒ししたような渦が、ちょうどヘルメットのあたりで発生してしまうかもしれません。
 100 系新幹線の最後尾車両を左右に叩き揺らす渦、のようなのが。
 もし、そうなってしまったら。騒音が酷いことになるはず。(^^;;;


 やってみないとわからんです。

 天気のいい休日の午前中に取り付けて、昼過ぎに首都高速を使ったテストで中華街に往復して、ついでに萬珍楼の肉饅頭を買ってくるとか。(^_^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.23

DATZ 広角ミラー


 少し前に入荷の連絡があった広角ミラーを、取り付けてもらいに行ってきました。

 シールものは、自分で貼り付けると絶対に失敗します。σ(^o^;)


 ものは DATZ 広角ミラー

 BMW 2 輪ディーラーの DATZ があつらえたものを、パイツマイヤーカンパニーが扱っている形になるのかな?
 ぽてちはワオ店に頼んで取り寄せてもらいました。親水コーティングつきです。

 そう言えば、ワオは DATZ から取り寄せた車体でしたね~。


 前の記事のタンクバッグを取り付けてから出発。例によって のんびり時間に下りて のんびりやっていたので、いつも通りに思っていたより遅くなる。(^^;

 ついでに診てもらったこと等。

 1. ETC アンテナとインジケータの両面テープ貼り直し
 2. メーターの角度変更について、確認
 3. クーラント量の確認
 4. シフトペダルを 2 mm 下げ


 1 について

 スクリーンのアームが立つと ETC アンテナのケーブルが少し押されていた。納車まもなくにアンテナの断線でドタバタしたことから、ケーブルが押されるのは嫌だな~と思うた。で、アンテナ位置をわずかに変更。
 そしたら当然のこと、強粘着の両面テープがダメになった。

 工場に余っていた両面テープできちんと貼り付けてくれました。


 2 について

 取説に依れば、ワオは 2 段階で動かせます。標準と、わずかに寝かせた位置の 2 段階。「これで寝ている?」と思うくらいだったので、確認してもらった。


 3 について

 R1200 RT LC はエンジン左側シリンダーつけ根にある穴からクーラントを吹きます。世の blog のおかげで吹くものとは知っていて、さほど気にしていない。
 ただ、帰ってくると必ず吹いた跡がついている。クーラントの残量が気になった

 よく見えなくて、見慣れた眼で確認してもらった。マイスター曰く、車体を揺すって確認するそうな。なるほどね~。(笑)

 そしてやっぱり、吹くものだそうな。 5,000 km くら走ってウォーターポンプが馴染んでくると吹かなくなるそうな。
 なれど、中には吹く量が多い個体があって、ポンプを交換したことがあるとのこと。液補充しておいたけど、もう少し様子を見ましょうとのこと。


 4 について

 自分でわずかに下げたのが、下げ量不足。ついでと言ってはナンだけど、プロの確かな作業でもうちょびっと。


 閑話休題



 比較を撮ってないし、だから何だ? とゆー写真。(^^;

 ちゃんと貼れたよ~♪ というところ。(爆)


 両面テープで仮留めして、またがって確認。その後に本貼りをしてもらいました。


 ちっと懸念していたのです。凸面が過ぎて見辛くなってしまわないか? と。アフターパーツは効果を演出するために「やり過ぎ」るケースがあるから。

 さすがは BMW 正規ディーラーがあつらえたもの。適度な範囲に収まっていました。印象としては、メバチくんと同じくらいです。これなら ok !


 ワオは、バイクにしてはミラーが大きい方だと思う。たぶん、大きさを活かすよう、平面度が高いミラーなんですね。
 遠近感の脳内補正が少なくて、見やすいと言えば見やすい。

 とは言っても左右方向がそれほど大きくなっているわけでなく、斜め後方が若干。。。

 車線を移ろうとミラーをチラ見して、ヨシ。移るアクションを与え始めながら目視確認をしたら、車がいた!!
 バイクに復帰して以来習慣化している目視確認に助けられたことが、何度かありました。


 ワオ店からの帰路、つけている方が見やすいと思うたです。

 エンジン振動によるブレと、左右のピント範囲が狭い遠近メガネの合わせ技で、いつもくっきりスッキリ見えるわけではありませんけどね。 v(^o^;)


 表面の硬度はどれほど? すなわち、目に見えぬような小傷がつき易くて曇っていくのか、そうならないのか。

 今後の観察課題です。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.01

ニーグリップシート張り替え

  再掲

 この写真をクリック拡大するとハッキリわかると思うのですが、納車から間もなく以来、ニーグリップシートをメバチくんに貼ってきています。

 半透明の厚いシートが背景のグレーの上で目立ってしまい、見た目が悪い。貼り終えたとき、あんれまぁ(^^;) と思いましたけど。
 ぽてちはバイクの運転、下手くそですからね~。いつもニーグリップする筋力も習慣も失われていると判断して、見た目より効果を採るつもりで、小さめに切って貼りました。

 これは3年も経つと表面の摩擦が失われて、貼ってある効果ほとんど無し。
 あっても無くても同じだね、くらいのレベルになっていました。

 やり直さなきゃな。そう思いつつ2年も放置していた。v(^o^;)


 ということで、「たぶん同じものだろう」と思われるものを Web!ke ポチ♪で取り寄せました。
 ちなみに、追加したゲルザブ2枚も Web!ke ポチ♪ で取り寄せです。

 こんどはガッツリと貼るつもりで、 A4 コピー紙とマジックを持って形決めから着手。まずまず思った通りに貼ることができました。

 前のものを剥がすとき表面を痛めると面倒だから、相棒のヘアドライヤーを借りて、暖めながら剥がす。残った糊を剥がすのも、思ったより手こずらずに済みました。

 試乗してみて、「膝の内側が軽く触れるだけでも違いが感じられるな」といった状況。見た目は悪いけど、ま、いいんじゃないでしょか~♪ (^o^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.27

配線1本にエラ!苦労

 横浜のさるお方からサジェスト頂いた電熱インナージャケット。ず~っと頭にあったのだけど、踏み切れずにいたものです。
 コメントを読むなり リンクをサクッとたどって、即座にポチ♪ (爆)

 さるお方のサジェストは、170,000 km の実体験が基になっています。アドバイスを聞き入れて間違いなし!ですから。(^o^)
 これで腕と肩の冷え、ケン!ケン!が無くなってくれれば。v(^_^)

 ということで5日ほどかかってブツが届いた。使うにはバッテリーから電源をとる配線をしなきゃなりません。晩ご飯を食べて体が暖まったところで駐車場に降り、作業開始。

 う~ん・・・ タンクカバーの下に線を通さなきゃならんよな・・・ でも、タンクカバーの外し方知らん。v(^^;
 とりあえず手をつけて、試行錯誤すればいいか。(^^;

 ねじを2本。バッテリーカバーを外す。タンクカバーを留めている ねじを6本外す。動きゃしない。タンクサイドカバーを留めている ねじを4本外す。少し動く。タンクキャップを留めている ねじを6本外す。だいぶ動くようになってきた。

 線を隙間に突っ込んでみる。ソケットの太さがあって、通りゃしない。(^^;

 サイドカウルが少し動くように、ねじを7本外す。あまり変わらないけど、マシ。
 ここでバキバキ☆と音を立てながら、強引に線を通す。(爆)

 結線と線の納め方は後回しで、先に組み立て開始。 

 ずれたタンクカバーとタンクサイドカバーを、上手く組めない。バキバキ☆と音を立てながら、何度も試行錯誤したけどダメ。(^^;

 サイドカウルをもっと動くようにするため、ねじを2本外してラジエターグリルをとり外す。フロント側でサイドカウルを留めている ねじを6本外す。
 ねじが1本、隙間に落ちていった・・・ ぎゃぁあ~。ヽ(^◇^;)ノ

 なんとか回収。(^^;;;

 ぶらんぶらんになったサイドカウルの隙間からのぞき込むと、ねじが2本ある。左右で4本外す。これでタンクカバーとタンクサイドカバーだいぶ動くようになって、なんとか組むことができました。v(^_^;)

 本格的に組みあげ開始。でも、ねじが山のようにあって、それも長短あって、どれがどこのやらすでに不明。(爆)

 まぁいい、とりあえず組んでいってみる。(火暴)

 再び ねじを隙間に落としてぎゃぁあ~。ヽ(^◇^;)ノ

 なんとか回収して、作業続行。v(^^;

 ・・・これで完成だ!と思ったら、ねじが1本足らなかったり。(走召火暴)

 地面を探して回って発見。ようやく完成です。手が傷だらけになりました。(^^;

 ついでにエア圧の確認と車のエア圧調整もやって、補充電のセットをして、部屋に戻ったのは 0:50 だった。何時間やっていたのだろう・・・ 我ながら、好きなんだねぇ。(笑)
 
 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (11) | トラックバック (0)