2017.10.02

初回 1 年点検と中華街


 ワオ店は、公共交通機関を使うと家からけっこう行きづらいところにあります。バス、 JR 、 JR 、民鉄、ちょっと長い徒歩。
 そうしたことまだ無いけど、 1 時間半くらいかかるのじゃないかしら。

 本数少ないバスと使い馴染まぬ地下鉄路線と、本数が多くはないバスを使うと、バスの間がよければ 1 時間 10 分くらいのよう。

 でもね、バイク装束でヘルメットを抱えて人が多い都心の公共交通機関で移動するのは、 1 時間を切ってもやりたくありません
 奇異の目で見られること、間違いないもの。(^^;;;
 傍目が気にならないほど盛り上がっている、納車のときくらいにしておきたい。(笑)

 だで、点検や修理のとき、相棒に出動してもらっています


 持ち込むときは大鳥居くんで追走してきてもらって、ぽてちとともに大鳥居くんで帰る。引き取りのときは逆で、ともに大鳥居くんで行って、大鳥居くんを運転して帰ってもらう。

 土曜日の 1 年点検も、このパターンでした。



 朝のうちに預ければ夕刻に完了するとのことで、夕刻に引き取ることにした。

 預けて後日引き取りにすると、行けるのが 8 になってしまう。雨や仕事バテで 8 日を逃すと 15 日になってしまう。
 何より、相棒の出動回数が少なくて済むなら少なくしたかった。

 夕刻までどこかで時間を潰して当日中に引き取って帰る気になりました。


 時間潰しにたいしたアイデア無く、時間的にだいたい良かろうと、横浜の中華街に行ってきました。
 だいぶ寝不足で、ホームセンターでうろうろする元気が無かったのもある。(^^;

 ワオ店から中華街への道はナビ任せ。だ~いぶしばらくぶりに第三京浜を走りました。港北から新しい首都高速トンネルも通ったです。


 前回の中華街訪問時期。覚えていませんが、短くて 1 年前。長いと 2 年とか 3 年も前じゃないかしらん。
 いつも混んでいる所だから、あまり積極的に行かないんですよね。(^^;)

 そして入る店。

 かつて、珍しく豪勢にやろうとしたときは、萬珍楼がパターン。そうでないときは、かつて車な仲間の紹介で仲間たちと年に一度の恒例にしていた店がパターン。
 今回は後者です。



 食べた食べた。食べ過ぎ以上に食べた。



 あまりない機会だからと、調子に乗って注文してしまいまして。(^o^;)



 おかげでワオ店に戻る車中、眠い眠い。(笑)

 食後はドトールで一服と時間潰し。



 眼鏡を車に置いてきてしまって、タブレット遊びも辛いものがありました。


 飽きて、ちょっと早いかな?くらいのところで帰路につく。ワオ店に着いてすぐ運転交代で、相棒はそのまま先に帰る。
 「ちょっと早かったか」な時間ではあったけど、作業は終了していたようです。


 タイヤは換えませんでした。朝方に持ち込んだときよく見たら、前輪があまりいい状態ではなかったのですけど。

 再掲 ↓


 今さらで当日に交換を依頼すると、後日引き取りになってしまうものですから。(^^;


 ちな、工場長によると、 RT テレレバー車)は前荷重がしっかりとあって、よく減る方だとのこと。
 進入ブレーキを残しているときはもちろん、アクセルを開けても前加重がかかるとか。

 同じ銘柄のタイヤを国産ネイキッドで使うと、比べて減らず、もっとずっと持つそうな。

 下手っぴ ぽてちをして、ワオは曲がることが怖くなくて、クネクネ山道も疲れはしても苦に感じにくいこと。重心が低くて前荷重もあって、何をしなくても前後タイヤが路面をガッツリ掴んでいる感触があるからだと思っています。
 (殿様姿勢が過ぎると、ちょっとヒヤリとすることがある)

 その印象と符合する話しでした。


 タイヤ交換をグズった理由。

 サーキット走行用のグリップ命なタイヤじゃないのだもの。 10,000 km は、いくら何でも短すぎでしょう。維持費が大き過ぎて感じてしまう
 バイクのタイヤは車用と比べたらだいぶ短いこと、わかっているけど。できたら 15,000 km 、せめて 13,000 km 持って欲しい

 なんて、下らないものだったりします。 v(^o^;)



 その他。パニアケース保護シートを新しくしてもらいました。

 乗り降りするときシューズの踵で蹴って蹴って跡が山ほどついてしまっていました。シューズ踵ゴムの色、黒やら赤やら、もう賑やかに。(笑)

 歳をとって、足がシャンと上がらないんですよね~。疲れてないときも。(^_^;)
 よほど気をつけて足を持ち上げないと、ほぼ必ず蹴ってしまいます。デフォ。

 交換で傷だらけが綺麗になって、余計にいいバイクに見えるようなりました。(笑)


 さらにその他。初回 1 年点検のお約束で交換したのはブレーキ液だけでした。


 エンジンオイルは 1,500 km ほど前、北の荒稼ぎへ出る前に交換しています。フィルターも併せて交換してある。
 デフオイルは 2 万 km がメーカー指定とのことで、まだ半分。

 ドレン穴からよく吹き出していたクーラントは、工場長の言葉通り、あまり吹かなくなってきたようです。
 8,000 km とか 10,000 km で落ち着くことが多いとのことでした。
 よって、液量を診ておいてね → 問題ありませんでした、だけ。


 ということで、初回 1 年点検、特に大きなことなく終わり


 戻って、格納の儀式の監督を受ける。



 車の下に「壊れた楽器もふもふ」もいます。

 晩に、クライミングをくらう。(^^;



 背中、出血しています。(T_T)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.09.24

33 日ぶりのバイク


 スタンプラリーという目的でもないと、暑い時期は乗らなくなりますね~。北の荒稼ぎツーリングから帰ってきて以来、 33 日ぶりにバイクを動かしました。
 1 年点検( 10,000 km 点検)の相談で、ワオ店へ行ってきただけですが。 v(^^;)

 併せて、スタンプ 22 個とり終えているんだけど何かする事あるのかな?と、パニアケース保護シート貼り直しの相談も。


 3 つほど転がっていた外の奴ら ↑ に出発の儀式を見守られて、出発時の外気温計 25.5 。走り始めたら 27 27.5 で安定。
 もし湿度が低かったら、いい具合に気持ちよい天候でした。が、チト暑く感じた



 なんだけど、迎賓館から下ってたけしコーナーを抜けて、東宮御所と明治記念館の間を走っているときだけ 26
 緑があるところは違いますね~。


 広尾橋の交差点信号で停まったら、後ろからやってきた 1600 GTL がいったん横に停まり、「コンニチワ~」と声をかけてきながら微速で通り過ぎていく

 ???

 信号停車している車の間を、コの字コの字で縫っていきました。(^▽^;)

 足をつきながらとは言え、ケースフル装備の 350 kg で、まるで 125 CC スクーターのように、コの字コの字。
 めちゃめちゃ上手なんでしょうけど、筋力体力もめちゃめちゃあるはず。(^o^;)

 白人のおっちゃんは、やっぱ違うね~!と、びっくらこきました。(^^;;;


 ということで、ワオ店。



 工場長とあれこれの相談の後、営業氏とスタンプラリーの話しをした際。

 なんか、ひど~い ステッカーをくれましたよ。(笑)



 日本全国のディーラーと、日本全国の道の駅がポイントなんだそうな。(^◇^;)

 これはさすがにね~。(^^;;;

 5 年くらいかけていいという話しなら、挑戦しちゃうのですけど。来年の夏までは、絶対に無理です。(^^;


 ってことでワオ店を辞して、帰路につく。

 パニアケースを置いてきたので、だいぶ軽快に感じました。 1200 CC ある大型バイクとは思えぬヒラリヒラリで、ふつーのバイクの軽快感を思い出してニマニマ。

 これで ぽてちの軽量化をできたら、すんご!軽快だろうな~ って。(爆)



 25.8 km のおでかけでした。

 格納の儀式。



 工場長との話題に上っていたタイヤのこと。格納の儀式のとき見てみたら、フロントが変な減り方をしています。



 三日月の外側が、減っているんですよね。内側は減っていない。



 真横から見た形になる先端部で、外側だけが減っているのを見て取れると思います。


 リアは、中央だけが減っている、よくある状況です。

 交換はもうちょっと先にしました。ちょこちょこ乗ったとしても、初冬くらいまで引っ張りたい気持ち。
 この一ヶ月のようにほとんど乗らなかったら、来春かな。ツーリングシーズン前に。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017.08.22

北の荷物と洗濯三昧


 今回の主要荷物。最終日の出発前に撮ったものです。


 この他に左パニアに K1300 GT 用インナーケースが入っていて、車載工具やら荷物ネットやら養生テープやら。
 だけでなく、 BMW クールダウンベスト、上着シャツ 1 枚、化学繊維ウェス、雨天用のグローブカバー、予備グローブ、替えのインナーグローブ、ジャケットのインナー、ベルクロ留めのテープ紐、などなど。

 この日はグローブも、トップケースの中に置いてきてありました。


 写真の荷物はそれぞれ...


 左奥は小カメラバッグ

 中身は、 FUJIFILM X-Pro2 with XF18-135mm F3.5-5.6 、メモリカード リーダー、予備 SD メモリ、レンズペン、筆記ペン、メモ帳、ポッケロ、予備たばこ一箱、メガネケース、ガラケー、眠気止め薬、などなど。

 これは左手前のクーラーバッグともにトップケースへ格納します。


 左手前のクーラーバッグ

 強力保冷パック × 2 、凍らせたペットボトル、ペットボトル 2,3 本、保冷ポット。


 中央のデイパック

 着替えセット × 4 。それぞれ、肌着パンツ、靴下、タオル、ストレッチ アンダーシャツとパンツを入れた圧縮袋のセットです。
 パジャマ上下の圧縮袋と、上着シャツ 1 とズボン 1 の圧縮袋も。

 パジャマを持たずに済むといいのですけどね。
 浴衣が苦手で、夜中にはだけて風邪をひく確率が高いもので、仕方なく。(^^;

 他に、ズボンのベルト、たばこ、洗髪ブラシ、ひげ剃り、シャンプー&リンスの使い切りパック × 4 、ノート PC 、 AC アダプタや携帯マルチタップ、スマートフォン・タブレットの充電器やケーブル、薬、などなど。

 これは右パニアケースに格納。


 上に乗っているタンクバッグ

 SW-Motech の古いソケット式リングを無理矢理つけてあって、タンクにつけるときはカチン☆とはめるだけ。
 何年も前に、記事にして紹介してあると思います。

 中身は、スタンプ帳、財布、スマートフォン、 8 inch タブレット、コンデジ( DMC-TX1 )ウェットティッシュ、たばこポーチとライター、タオル、眠気止め薬、のど飴、などなど。


 右奥にあるのは雨具のポーチです。
 デイパックとともに、パニアの蓋裏にねじ込む形で格納。


 これだけの荷物を持ってホテルに入って出て、けっこう大変。(^^;)
 着て濡れなければ雨具ポーチはバイクに入れたままですけど。


 会津金山や相馬にスタンプを取りに行ったときから、寝る前に可能な限りパッキングをしておいて、朝起きてすぐに最後の荷造りをしています。

 そして、出発のいでたちで荷物をすべて持って部屋を出て、朝食前に外へ出て格納してしまう。戻って朝食をとる。
 写真は最終日の朝食バイキング。
 施設がよい割りには、バイキングは種類少なく補充も遅くて欠品状態多数でした。



 食べ終えたらフロントに寄ってルームキーを返し、そのまま外へ。



 前にちょろっと書きましたが、普通の上着とズボン姿で朝食に行って戻ってから最後の荷造りをしていると、出発がえらい遅くなってしまうものですから。(^^;)

 今の方式を採るようになってから、寝坊をしなければ 8 時前に出発できることが珍しくなくなりました。 v(^o^)

 前はたいてい 9 時前後で、遅いと 9 時半過ぎ。(^^;;;


 ちなみに最終日は 200 km ちょっとを帰るだけなので、慰安旅行気分を味わおうと、あえて遅くしました。
 1 時間や 1 時間半ぽっち早くしたって、首都高速の渋滞は変わらないですし。
 で、 08:50 の出発です。



 ということで、洗濯のこと。

 着替えセット 4 日分プラスで 0 日目に着たもの。計 5 日分の着替えの洗濯をしました。

 今回はさらに追加あり。

 ジャケットと、洗濯ネットに入れたヘルメットの内装を、アクロンで。面倒臭くなって、洗濯機で洗ってもうた。
 ジャケットはもうボロだから、えぃ! って。(^◇^;)


 シャワーの ぬるま湯をかけながら手洗い洗濯をしたものが、さらに。

 ヘルメット自体もザブザブと。雨具の上下をザブザブと。 BMW エアフロー スーツのパンツも、ザブザブと。
 これらもアクロンで。

 とどめで、 BMW クールダウン ベスト。これは ぬるま湯だけで、ザブザブ。


 これらの作業をしている間、がなぜかテンションを上げていました。



 風呂場の検分に来たり、ぽてちが風呂場を出ると狭い家の中を駆け回ったり。尻に飛び付いてきて、上が素肌だと気づいて爪を立てず落ちていったり。(^o^;)

 トイレに立つと背中に飛び付いてきたり、前屈みになったら肩と首のつけ根で 座り込んで下りなかったり。



 写真は あんちゃん常駐 PC 小部屋前で休憩中のものです。



 とってもいい子だから、いっしょにお仕事をしていたのでしょう。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の燃費メモ


  8 月 17 日(木)20:33 渋川  5.96 L 133 km ( 22.31 km/L)

  8 月 18 日(金)16:50 鶴岡 14.80 L 342 km ( 23.10 km/L)

  8 月 19 日(土)17:23 一関 18.85 L 405 km ( 21.48 km/L)

  8 月 20 日(日)15:43 磐城 13.60 L 317 km ( 23.30 km/L)

  8 月 21 日(月)12:20 東京  9.77 L 232 km ( 23.74 km/L)


 計 62.98   1,432 km(リセット時の小数点下切捨て補正) 22.73 km/L


 土曜日に 2 時間半の寝坊をしなければ、トータルで 23 km/L に届いたかも。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.20

スタンプ集めきった北の 3 日目


 0 日目を入れて、本当は 4 日目なんですけど。

 一関 → 気仙沼お魚市場 → 道の駅大谷海岸 → 南三陸町 → 磐城

 332 km の走行で、23.3 km/L でした。

 家を出てからちょうど 1,200 km 走りました。 ODO は秋田道の北上 JCT 手前で 10,000 km を超えています。


 ルートインの残念なところは、ベッドがいま一歩な事と、生卵が無いところがほどんどであること。



 宿のロビーで雨具上下を身につけて、雨の中を出発。気仙沼へ。

 気仙沼港。 26 年ぶりかな。



 お魚市場。



 


 立派な鮮魚が売られていました。



 家に送っても、さばけないし、ぽてちは食わんのですよね。(^^;



 これなら切るだけだけど、カツオはまだちょっと早いし。



 塩辛等の加工食品は、添加物たっぷりのものばかりでパスしました。

 座って休むところも無く、早々に出て、道の駅大谷海岸へ。 R45 は遅い車がたくさんで、けっこう辛かった。(^^;)



 あれが最後のスタンプだ!



 ということで、最後のスタンプをゲット♪



 いやはや、とうとう集めきりました。感慨深いものがあります。ワオもよく走りましたね。最高のツアラーだわさ♪



 南三陸町まで R45 で移動。雨はほぼ止むものの、遅い車が常にいてけっこう苦痛。(^^;


 気仙沼を含めて、あちらこちらで復興の工事をしていました。

 子供が「五月蠅いよ。静かにしろって」と母親をたしなめる声が入っていた動画を撮った学校はあれだな~とか、ヘリコプターからの映像に SOS が写っていた中学校はあれだ!とか。
 R45 では、「ここまで 過去の最大洪水水位」 「ここから 過去の最大洪水水位」が繰り返し現れました。


 南三陸町から三陸道に乗る。石巻を超えたらまた雨で、うんざりして矢本 PA で休憩。



 集めきって、気が抜けていた面もあるかな~。



 座り込んでボォーっとしてしまった。

 この日の残りは磐城まで移動するだけだで、その点でも気が抜けていたと思います。疲れがドッと出てきた感じで。(^_^;)


 一関を出るときからずっと、降ったり、霧雨になったり、止んだり。また降ったり。ずっと繰り返していました。

 『夏は自己責任』の上に雨具を着ているだけだと、気温 22.5 度の高速道路でちゃんと降ると寒くなってきます。
 仙台東部道路の鳥の海 PA に飛び込んで、ジャケットを着ました。

 すると、ちゃんと降らないと今度は蒸し暑く感じる。難しいものです。


 昼を食べていないことに気づいて、常磐道の南相馬鹿島 SA に入る。



 座り込んで昼ご飯。



 疲れた体に甘い揚げパンがンマかった♪

 出発する前に、晩のデザートと翌々日の朝ご飯を買う。



 いわき四倉 IC で降りて、給油。そしてお宿へ。



 最終日くらい、ビジネスでないところにすべぇ。



 晴れていたら綺麗なのでしょうね。



 一眠りした後、夕食へ。



 


 食後に大浴場へ行ったら、他に一人もいなくて独占でした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.08.19

スタンプ 21 個完了


 今日は大寝坊をして出発が 2 時間くらい遅くなって 09:45 だったか 09:50 。朝ご飯を食べられませんでした。
 上の写真は開き直って、チェックアウト時の勧めに応じて出発前に一休み


 で、考えていた酒田や由利本荘の寄り道をパスって、急ぎ北上すゆ。期待していた鳥海山の勇姿は、残念ながら雲の中。

 西目に到着。



 日差しが戻ってきて 28 がだいぶ蒸し暑く感じました。

 食べていないことを思い出して、メニューを見たら冷めたい蕎麦がある。ならば!と、遅い朝ぐあん。



 蒸し暑く感じる中で きっちり冷たく蕎麦もふやけていないのが美味しくて、昼ぐあん食べておくことにした。(走召火暴)



 代わりに、計画していた酒粕ソフトはパス。 v(^^;)

 ここから 『夏は自己責任』 を開始。続けて大潟へ。



 北海道かと思いました。このとき 29 。 『夏は自己責任』 絶賛開催中。

 道の駅大潟に到着。



 家に送ってみた。



 秋田道と東北道でドザ降りにやられて、ドザ降りの道の駅厳美渓に到着。



 21 個目あと一つ!



 夕食に計画していた本格ステーキハウスに ずぶ濡れで入るのもなんだで、ビジネスホテルの食堂で豪遊!



 西の 3 日目、 405 km の走行。

 明日、大谷海岸をとったら完了です♪
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.17

北の0日目


 暑さと距離を恐れて前に一泊増やす気になりまして。初日の行程を 130km ほど、今日のうちにやっつけておく、と。

 SA で夕食をとってホテル入り。



 今日は 134 km の移動。



 花園くらいから薄い霧雨。前橋から小雨でした。

 明日はお宿から新潟県を通り抜けるまでずっと雨かもしれません。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北方作戦の出発準備と監督


 梱包開始。


 埼玉・群馬・新潟の暑さと距離を恐れて 1 泊増やしてもうたけど、この天気なら不要だった。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.06

振り返り(最終日編)

 どうして? トイレに座ると必ずキャウキャウ鳴きながら駆けてきて、前に座り込むのかな? 扉を閉められないじゃないのさ。(火暴)

 これがなんとまぁ、駆けつけてくる前に扉を閉められたときも、扉に貼りついて待機しとる。なんで? (^_^;)


 さて、 4 日目、最終日。


 なんだかもう、朝から緊張感なし。(笑)

 基本的に、知ったところからの帰路。途中にスタンプひとつ取るだけですから。開田高原から三岳まで以外は見知った道で、交通量の程度まで、概ねわかっています。
 距離も 335 km 。初日と二日目で狂った感覚ではちゃめしごとに感じてしまう行程です。 v(^O^;)

 気をつけるべきは立ちゴケと事故くらいなもので、突発故障の他に心配事もない。

 ワオは本当にさすがで、バイク下手ッぴ ぽてちをして、慣れてきたら山道を苦に感じない。高山から伊那に抜ける山道の疲労を心配する気にもならなくなっていました。(ほんと、ツアラーだわさ。ホンモノだわさ♪)

 気も弛もう、ってものですね。(^◇^;)


 6 時前に目が覚めたけど、意識して、再び目をつぶりました。起き出したのは 6 時半過ぎだったっけか。
 ぼやぼやと荷物の一部を整理して、これの撮影時刻は 07:25
 実質ビジネスなのに朝食開始が遅い!と思った二日目の出発時間ですよ。(笑)



 気の緩みもあったはず。調子に乗って澱粉が増えて、野菜が減っている。(^o^;)

 野菜類が少なくて、美味しそうじゃなかったからです。はい、本当のところ。(爆)


 朝ぐあんの後は部屋に戻って、最後の梱包と準備をするスタイルをとる。もちろん部屋でぐでぐでになって、出発は 09:35 でした。



 R41 の石浦町南交差点から高山南部農免農道を目指し、続いて R361 に入る。



 この R361 で伊那まで抜けて、伊那から中央道で帰るルート。高山からの帰路として鉄板になっています。今回で 4 回目になるかな?

 理由は、山深く風光明媚で、交通量が少ないから。

 朝日村から御嶽山前に広がる開田高原までの本格山道ははっきりと少なく、開田高原から木曽までも、さほどに多くはない観光の車がのろのろ走るくらい。
 木曽からの R19 併走部分を除くと、神谷入口から伊那までも安定して走る大型トラックが中心で、けっこう少ない。

 朝日村から木曽までも、神谷入口から伊那までも、抜き処があるし。


 R158 で安房トンネルを抜けて松本に出るルートが 25 km くらい短くて済むんですけどね。こちらは往路に使うのみです。
 上高地や乗鞍、新穂高、高山が目当ての観光バスを筆頭に交通量が多くて、抜き処が少ないし、やたらと遅い観光の車に延々と抑えられ続けないわけがありませんから。(^_^;)

 帰路は、本降りの強い雨でメバチくんでの山道を恐れた 1 回しか使っていません。


 ここらへんはまだ里山の道で、もうちょっと入ると、深く山に分け入っていく。



 とは思っていた。かつては飛騨と信濃を隔てる山塊に突き入るダム建設道のようなもので、厳しい険路だったろう、と。

 再認識しました。うん、本当に山深かったのね。(^^;;;

 まだ秋神貯水池にたどりつかぬほど浅い頃のこと。道路の真ん中にヤマカガシが横たわってこちらを見ていたし、なんと、木に留まるまで見ちゃいましたですよ。 d(^o^;)

 野生の鷹を見たのは生まれて初めてです。


 とは言え、通る度に道路改良が進んでいることがわかり、今回、さらに走りやすくなっていると感じました。

 ほどなくして開田高原に出る。



 ここらの広がりが、高原らしくて好き♪



 雲がそこそこ出ていて、御嶽山の姿は見られませんでした。快晴だと凄い景色なんですよね。


 今回初めて、開田高原から三岳へと降りていく道に入る。

 25.5 度でも日射しを浴びていると暑くて、せっかく高原にいるのだからと、どこかで休憩したい気になりました。
 この先、気温がどんどん上がっていくはずです。まだ涼しい範疇のうちに、と。

 軒下日陰のベンチと自動販売機を見かけて、臨時ストップ。



 


 斜面で砂利の部分に入ってしまい、抜け出るとき足が滑って倒しそうになった。(^^;

 ベンチに座って、自動販売機で買った麦茶を飲みながら「夏の高原だね~♪」 「夏の高原はやっぱり麦茶だね~♪」



 「ちょっと暑いけど、気持ちいいね~♪」 「ここらで 1 週間くらい過ごしたいね~♪」



 なんて、いい調子。(笑)


 あんまり のんびりしていると首都高速の夕刻渋滞が始まってしまう!と、移動開始。
 程なく、道の駅三岳に到着。 11:13



 28.5 度まで上がっていますね。真面目に暑いと感じて、木陰に駐めました。

 今回のツーリング最後のスタンプげっと♪



 1,254 km 走ってきて 8 個目。通算で 17 個目です。


 28.5 度ですから。軒下日陰のたばこベンチも涼しいとは言えず、けっこう暑く感じて不快だったのですけど。やっぱり休憩は必要。事故を起こさぬために、休憩は大事。

 出発前にトイレへ行って気づいた。



 おっ、これは!



 土産に買わねばなるまい♪

 とか言って、自分が食べたいわけですね。ヽ(^▽^;)ノ


 出発前に 1 枚パチリ。



 ホント、見事なツアラーだなぁ~と、しみじみ思うたです。

 暑さと風邪の外に苦痛が無いのですもの。 1,254 km 走ってきて、脚も尻も腰も背中も肩も腕も手もぜんぜん平気
 疲れは?と自分に問うても、まったく無いわけじゃないけど、どうだろう?の程度。

 この季節、お宿の確保をできて、肌着パンツと靴下と、ストレッチアンダーウェア上下とタオルの洗濯をお宿でできれば。
 1 週間でも 10 日でも 2 週間でも、ツーリングを続けられるのじゃないかしら。

 凄い! と、あらためて思いました。


 三岳を出発したのは 11:50 だったかな。 R19 併走区間がやっぱり遅くてキツかったけど、再び R361 になってからは遅くても気分的に平穏。その気になったらいつでも抜けると思えることが鍵なのかな。
 トラックと車 1 台ずつの後ろについたまま登って、権兵衛トンネルを抜ける。

 権兵衛トンネル出口の脇で、トンネルの冷気を感じながら休憩することにした。



 気温計はまだトンネル内の温度を表示しています。



 実際は 26.5 度じゃなかったかな。



 涼しいと思えるのはここが最後だと思って停まったわけですが・・・


 伊那で 28 度。中央道本線上で 29 度だったと思います。諏訪盆地と甲府盆地で暑かろうと考えて、辰野 PA でクールダウン ベストを濡らして着たのが大失敗。 v(^^;

 どんより曇ってきて諏訪盆地でも気温が上がらず、原へと標高を上げるにつれて下がっていく一方。霧雨まで降ってきた。
 小淵沢を過ぎてもまだ寒い。甲府盆地まで我慢していたら風邪が悪化する。(^^;;;

 こりゃヤバイなと、八ヶ岳 PA に飛び込んで、クールダウン ベストを脱ぐ。 v(^^;



 陽が戻ってきて気温が上がり始めた八ヶ岳 PA で、この気温でした。



 甲府盆地に入ると予想通りに上がったけど、 29 度止まり。八王子に下りるまでは再び気温が下がるから、クールダウン ベストを着直すのは石川 PA だなと考えた。

 考えつつ、塩山を過ぎて笹子へ向けて登り始めた途端のこと


 ひや~


 (冷たい)湿気も強く感じて、えっ?大月は雨? もしかして東京に入っても雨?

 驚きながら 30 度の笹子トンネルを抜け出た瞬間


 霧雨と、 ひや~  21.5 ヽ(^▽^;)ノ

 おぃ! 8 月の大月だぞ!と。(笑)


 談合坂 SA くらいまで霧雨が続き、標高を下げていっても気温が上がりません。渋滞の状況を見がてら休憩をしようと停まった藤野 PA で、これ。



 この後、都心環状で 25 。給油のときも同様。帰庫したとき 25.5



 ぶったまげた。ヽ(^◇^;)ノ


 一番暑い時期のはずの 7 月末から 8 月頭だってのに、クールダウン ベストが真に活躍したのは二日目だけ。
 二日目だって、 33 度に達したのは鯖江から福井界隈だけだものねぇ。(^^;


 最後にびっくりさせられて、満足度アップ! (笑)


 最終日の走行は 334 km 。何度も停まって、高速道ものんびり走って 3 度も停まって、出発から 6 時間半で帰庫。

 ODO の引き算によると 4 日間の走行距離が 1,515 km で、レシートによると 69.7 L
 ガソリン代は、大鳥居くんで出かけた場合の半額以下が間違いなし。


 格納の儀式のとき、スクリーンとミラーとワオ顔を拭き上げちゃう余裕あり。やっぱりワオ凄すぎ!
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

振り返り(三日目編)

 あんちゃんが好きなのではない。ご飯が好きなんです。(^_^;)


 三日目のこと。まず朝ぐあん



 撮影時刻が 07:18 です。ルートインは 06:30 から開始で、それは七尾東もいっしょ。 40 分遅れて食堂に行きました。

 この日の予定はスタンプ 2 個で、走行距離 180 km チョイ。だいぶ余裕があるため、「風邪症状がやや悪化して辛いぞ」と訴えてくる身体の要求に従ってのんびりのんびりで荷造りと着替えをしました。

 症状は、鼻水ずるずると咳き込み。ずるずるはまだしも、咳き込みは直接にしんどい。たばこも美味しくない。(走召火暴)
 薬局を見つけたら飛び込んで、薬を買わないとならん。とうとうその気になる。


 出発装束で降りて食事の前に荷物を積み込むスタイルを、この日も踏襲しました。

 以前のように食事を終えて部屋に戻って最後の装束整えをして、そこから荷物を持って降りるスタイルは、余計な「コーヒーと一服」を招いてしまって腰が重くなります。


 07:55 出発。気温 26.5 。天候、霧雨が始まりそう。



 東京出発前の給油スタンド(家から 1.6 km )を起点にすると、二日間で 999 km だそうな。 ODO 計の引き算だと、家から 998 km
 しんどくて厳しい夏のバイクで、よく走ってきたね~。(^o^)

 前日が多くは初めて見る風光明媚な景色を通る一日で気分がよくなっていて、この日の予定がだいぶ短くて、何度も行って見知った地域に入っていくことからも、気楽な気分でした。


 すぐ近くの城山 IC から能越道。予想した通り、霧雨が降ってくる。コンデジを首に提げなくて正解。氷見北の手前からは小雨。氷見南の先まで続く。高岡の手前で完全に止む。

 高岡で降りて、県道 57 号 58 号で北陸道の小杉 IC へ。期待した小杉 IC 手前で薬局を見つけられず、富山に期待する。

 特に必要なかったけど、呉羽 PA で休憩しました。出発からちょうど 1 時間。



 どんよりと曇っていて、いつまた雨になってもおかしくない空模様。


 呉羽・富山・金沢の友人 3 人は元気かな? など考えながら、先へ進む。富山 IC で降りて R41 を南下

 ここらで薬を買っておかないとならん。山に分け入ってからでは無理だろう。そう考えて、 Google map で薬局を検索する。
 薬剤師がいること間違いなさそうな最寄り薬局に入ったら、求めていた商品を売ってない。教えてもらったドラッグストアへ移動。消防署がある交差点の角だとか。



 


 無事、求めていたアネトンをゲット。



 原因の風邪が治らなきゃ完全に止むわけがないのだけど、だいぶ緩和してくれるので、定番にしています。
 近所のよく行く医者が処方する薬より効く


 さっそく一包飲んで、 R41 南下を続行。すぐに山を分け入っていく景色になる。新猪谷ダムの湖面、というか川面に薄く霧がかかっていて、幻想的な雰囲気でした。

 スーパーカミオカンデの神岡、道の駅に到着。



 宿を出て 2時間半弱。 112 km 。



 


 スタンプ♪



 中にはスーパーカミオカンデを紹介する掲示がありました。



 湿度が高くてたばこベンチ座っていて快適ではなく、程なく上宝へ向けて出発。霧雨が断続的に降ってきて、近づくに連れて小雨模様のときも。


 思ったより近く、ゆったり走って 25 分ほどで到着。 11:35

 回転計下の大きな水滴が、天候を現しているかな。メーターパネル全体に細かな水滴もついています。



 案内板が見馴染んだ地名で、帰ってきたが漂い始めてしまう。(笑)



 家から見ると諏訪の先の松本の先の上高地の先の、さらに安房峠の向こう側で、平湯よりもっと入ったところ。 284 km になる位置なんですけどね。

 この感覚が、「あちこち行き過ぎてて、土日の二日間で無理をせぬ範囲くらいじゃどこへ行っても新鮮味が得られない」 「新鮮味を得ようと思ったら、片道 350 km は走らないとならない」というやつ。
 東海道と西海道を西進するだけだと、 700 km 走らないとならんです。 v(T_T)

 そんな事からすると、スタンプ地点が過酷なくらいでちょうどいいのかも。(笑)


 で、スタンプげっと♪ 通算 16 個目。



 これにて、今日のスタンプ終わり。出発から 134 km の 3 時間 40 分。

 日頃のツーリングだとこれくらいで目的に到着して、ご飯を食べて帰る。そんなくらいでしょうか。見知った地名を目にする感覚も、似て感じます。

 今日が終わった~。あとは高山へ降りるだけだ~。

 と、安堵。 22 度の気温が楽で たばこベンチに座り込んでいたら、 S660 で入ってきたおとーさんに声をかけられる。
 町田からだとか。 R1100 RT と、 F800 GS と、 GSX1000 だかに乗られているそう。

 羽ホンはムニャムニャで、今はコクボさんだと聞き。 RT は本当に楽だよね♪ という話しで盛り上がりました。


 さて、どうすべぇかな?と考える。のんびり座っていて、 12:30 になっていた。

 高山に降りても食事のあては無い。検索してその気になる店があったとしても、高山市街はバイクを駐める場所がまず無い
 とゆーことで、道の駅の食事処に入ってみる。



 期待はしていませんでしたけどね。かき揚げが、予想以上の団子でした。(T_T)



 新穂高温泉への分岐から先は見知った道で、平湯から高山へと降りていく。平湯トンネルの中は 19.5 まで下がる。
 上宝の手前から高山の手前までの区間が、今ツーリングで一番楽でした。

 衣類にも速度にも因るけど、一般道を走っているときは 20 ~ 22 度くらいが楽ちん。ストガーだと 12 ~ 14 度かな。


 あまり早く着いてもお宿のチェックイン時間まで持て余すので。市街よりだいぶ手前のコンビニで停まる。



 部屋で飲む用の飲み物や、塩豆よもぎ大福を買いました。店を出てから、さらに時間つぶしでカメラを構えてみたり。



 


 すぐ飽きて、高山市街へ。

 早すぎるな~ でも、バイクは駐める場所が無いから暇つぶしで観光する手も無いな~ と考えていたところで思い出す。
 たしか、観光ガイドブック的に有名な店が、通る道路沿いにあったゾ。

 ということで、店の脇に臨時停車してゲット♪



 チェックイン可能時間より前に入れてもらったお宿の部屋で、昼ぐあんとして食らう。(^Q^)
 食べ過ぎ? 上宝の蕎麦は無かったことにしておいたから大丈夫。(走召火暴)

 ぽてち的には、餡が甘いのみでパンチが無く、ハズレ。一般的には美味しい♪とされるのでしょう。皮はけっこうンマ♪かった



 ちなみに、お宿入り前に給油をして、それからお宿入り。



 到着が 14:30 、この日の走行距離 183 km なり。家から 1,181 km


 あとは部屋でごろごろです。特に何をするわけでもなく、ただベッドでごろごろ。タブレットで SNS アップしてみたり、 blog にアップしてみたり。昼寝をしてみたり。

 夕食はやっぱりお宿の夕食セットで、注文時にメニューを見て追加注文してしまう。



 朴葉味噌を食べたくなったんですね。飛騨にいるのだから飛騨牛も~♪と、牛肉の朴葉味噌焼きをば、注文したです。
 まぁ、牛肉は完全に値段なりのものでしたが、朴葉味噌が美味しく感じた。

 きっと体が塩分を所望。(笑)
 神岡からだいぶ涼しかったとは言え、三日間、よく汗をかいてきましたからね。

 夕食付きプランの選べる定食はこちら。



 食堂は各種工事に従事する おとーさん達で大賑わいになっていて、たぶん、とんかつが揚げ置きの憂き目。( 5 年前は揚げたて)
 たぶん、ひきも切らずに続く酒やつまみの注文で手が回らず、火をかけて放置。卵も肉も堅くなっていて衣はブニャブニャの憂き目。

 5 年前の経験から期待していたのですが、仕方ありません。こういうのは。朴葉味噌焼きを追加して良かった。(^^;


 晩はやっぱり部屋でごろごろ。楽すぎる一日でしたが、風邪症状は良くならず。アネトンで咳き込みは緩和しましたけど。
 家に電話しての様子を聞き、をよろしくと伝えてお休みなさい。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧