2024.02.18

バイクのネタ


 しばらくぶりにバイクのネタです。

 引き籠もってばかりは良くなかろう、と。 17 度を超えるあったかさだった故、駐車場に下りて 空気圧調整 を行いました。

 それだけ。(笑)


 リード125G310 GS2 。奥にある R1200 RT かったるくなって パス。 v(^^;

 リード125 は大きく抜けていました。 G310 GS は若干。予想通りです。


 外の奴らがご飯を待っていたようで、黒い子 2 号とモフモフが登場してウロウロ。


 前のおねーちゃんたちのご飯提供には、まだだいぶ早かったんですけどね。早い時間から見守るのが常らしい。

 茶色い子もマンションの植え込みから現れて、前のおねーちゃんの倉庫部屋に入っていきました。


 だいぶ馴染めたようです。

 作業後、黒い子はついて上がってきて、まだ早いと言いつつ高栄養食とプラカップを提供しました。


 写真は X-T5XF18-120mmF4 LM PZ WR で。ボケが賑やかですが、こんなものでしょう。
 そして、顔なじみの猫なら換算 180mm でも トリミングすれば使えるな♪ と。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2023.11.20

スプロケット交換してみる?


 ぽ太郎の車検持ち込みと完了後引き取りで首都高速を走っているとき観ていて。
 64,000 rpm5,000 rpm で、 68 km/h82 km/h

 5,000 rpm を超えると 五月蠅い から、できたら 5,000 rpm で巡航したいと思う。
 すると 82 km/h で巡航することになります。

 都心環状や三宅坂・新宿間を車の後ろで走っていると 65 km/h ~ 75 km/h といったところで、五月蠅くなることなく走れます。
 4 号線で新宿の先や湾岸線のように直線が長くなると 85 km/h ~ 90 km/h で車の後ろ。が多い。これは希望の範囲外で、五月蠅くなってきてしまう。


 1 月の記憶をたどると・・・
 流れが良い高速道路で 82 km/h は低くて、第一走行車線に張りついていてもチト怖い
 巡航は 90 km/h95 km/h にしたいと思うところ。

 1,000 rpm 増で 14 km/h 増速するから、 6,000 rpm96 km/h ですか。
 1 月の東名道で、それぐらいだった淡い記憶。だいぶ五月蠅くなっていました。

 五月蠅いだけでなく、走行風のキツさからも 95 km/h を超えたくないな、と思うた。ワンダリッヒのロングスクリーンにしてあるけど、幅が狭くて、願う防風性は得られていません。
 高速道路の巡航は 95 km/h が安楽の 限界
 これでも五月蠅くて、せめて 5,500 rpm の 89 km/h で巡航したいところ。

 まぁ、今のお出かけ状況だと、ぽ太郎で高速道路を走ることは滅多にないですけどね。


 巡航するときの状況はそんなとこなんですが。
 ギア比が低速寄り なことは、一般道速度域でも 忙しなさを生じさせる んだな。
 段が低いギアは実用速度に届かず( 1 速 2 速は特に)、変速が忙しなくなる。大幹線道だと すぐ 6 に入って、手足が 幻の 7 を求めてしまいます。

 やはり観察していると、一般道ではだいたい 3,000 rpm ~ 4,000 rpm を使いながら変速して速度を乗せていくらしい。
 エンジン・排気音が賑やかになることなく、平和♪

 で、これ以上はないトップの 6 に入れたとき、 54 km/h って事ですね。
 6 速 3,000 rpm での巡航も可能で、至って平和。一般道だとそんな巡航も多い。

 54 km/h ・・・ これ、 60 km/h にしたいよなぁ と思う。

 小排気量 で力に乏しく、 10,000 rpm もの高回転でピークパワーを出す 高回転型 で、低回転域の力が乏しく。
 不整路走行をも前提としている アドベンチャー なモデルで。
 そりゃギア比を低速寄りにしてくるよな、と理解はする。でも、もうちっと何とかならんかな?と思う状況。


 とゆーことで、スプロケットを交換してみたらどうだろう?


 なんて、ようやく思いつきました。チョイ検索してみると、前スプロケットを交換した人もいれば、後ろスプロケットを交換した人もいるみたい。

 知識なく、わからんのですが。

 6 速に入って 54 km/h が、前を 17 T というやつに交換すると 60 km/h らしい。後ろを 38T というやつに交換すると、 6 速に入って 56 km/h らしい。
 計算が根本的に違うかもですが。(^^;


 6 速に入って 60 km/h なら、巡航段としてアリだと思う。首都高速では、 6 速が 76 km/h91 km/h になる模様。アリだな。

 そして、本当に動き始めしか使わぬ 1 速を、少し使うようになるかも? 加速段としては低くてあまり使わぬ 2 速を、もう少し使うようになるかも?

 計算が正しければ前が良さそうだし、後ろの交換は大作業になるから、まずは を換えてみる手かな?
 マイナス効果が大きく感じたら元に戻すつもりで。
 マイナス効果をほぼ感じず効果不足に感じたら、後ろにも手をつけるつもりで。


 わからんのですが。マイナス効果としては、小排気量でパワーが出てない回転域を使うから、加速が鈍るはず。シフトダウンの頻度が増えて、アクセルを開けて対処することになるのかな?
 まぁ、後ろの邪魔にならない範囲でのんびりした加速しかしないですけど。


 とりあえず、工場長に相談だ♪!

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2023.10.24

ワオの設定等


 ひじょーに懐かしい 光景。もしかしたら、左に写るドライブインは並木ドライブイン』?

 小学校中学年の頃から中学 2 年の冬まで、毎年のように志賀高原へ、スキーに連れられて行っていました。妙高高原他を含めると、小学校低学年の頃からになります。

 志賀高原へは、浜松町バスターミナルから長野電鉄の夜行バスに乗ったこともあって、『並木ドライブイン』はその休憩地。
 珍しくこのときばかりは アメリカンドッグ を買ってもらえて、揚げたて がとても美味しくて、『並木ドライブイン』が 大好き。(笑)

 夜行バスは鉄道より安くて、蓮池まで直で行けることが良く思えたのでしょう。でも、夜行急行以上に眠れず、到着後の丸一日がキツかったのだと思う。 2 回だけ。

 メインは鉄道でした。

 あさまによく乗ったけど、特急で高いし移動で半日以上潰れますから、急行信州や夜行急行志賀のときもありました。そのときは、ちょくちょく運転台の後ろへ行って前方を見ていたものです。
 2 便あった『志賀』のうち遅い方が6 時頃に屋代駅で『妙高』を切り離し、長野電鉄線に入っていくポイントを次々と渡っていくシーン。脳裏に焼き付いています。

 早い便の『志賀』がまだ真っ暗な湯田中駅に着いてから始発バスを 1 時間以上も待つ間に、湯田中駅の待合室で大勢の客といっしょにごろ寝したことも覚えていて、脳裏に焼き付いています。
 眠れず落ち着かず真っ暗な駅前を散歩したときの光景や、親父が様子を見に出てきたことも。懐かしいなぁ。

 『あさま』で着いた長野駅から乗った 長野電鉄 にびっくりしたことも覚えている。なんと、走行中に乗降扉を開けられた んですね。(^^;
 暖房が利きすぎていて暑く、若いおにーちゃん達が開け放って、他の乗客も ぽてちも歓迎。開いた扉から観た景色は 一面の林檎畑 で、家屋がかなり疎ら。今とぜんぜん違いました。


 スキーは苦痛でしたねぇ。(^^;;;

 当時は足へのフィットなんて考慮する余地がなくて、スキー靴が痛くて痛くて痛くて。スキー板が、とにかく重くて重くて、大変で。
 乗るのが難しくて怖いリフトに乗らされて、一切の技術指導なく降りろ!」とだけ迫られる。ぐずっていると後で殴られる。降りればすぐに転倒して痛い。雪が冷たくて冷たくて。。。

 でも、日常を離れて出かけられること、他人の目があるところでは細かな事でギャーギャー言われたりすぐに殴られたりせずに済むこと。
 そして何より、速い 優等列車に乗れることが嬉しかった

 しかし懐かしい光景だなぁ。



 機関車連結にも『峠の釜めし』にもさほどの魅力を感じなかったけど、ここを登ればいよいよ嬉し楽しの地だ♪!ってなもので。(笑)



 初っぱなからの 閑話休題。ようやく ワオ(R1200 RT)のこと。(^^;

 奥に置いてあるワオを乗りだすのは、やっぱり大変でした。

 大変なのがわかっているから、やっぱり、いつまでもグズグズしていて。(^^; 玄関を出るまでの 最大の関門 である、靴下を履く までが長かった。(笑)

 黒い子に声をかけながら、カバーと充電器を外したリード125 をどかして。


 U ロックを手始めに猫爪防止あれこれたくさんやカバーや充電器を外して、延長コードとともに片付けて、倉庫部屋に置いてあったポーチをパニアに入れる。
 持ち忘れた車検証を 3 階へ取りにふーふーと上がって戻り、パニアに入れる。

 倉庫部屋から折り畳み椅子とバイクシューズを持ってきて、一休み の一服をしながら、駐車場で履く。
 ようやくで、車と G310 GS の間をソロソロと280 kg にまたがって前に出す。車の前に仮置きしたリード125 は、帰るまでそのままでいいや。(^^;

 倉庫部屋に戻って折り畳み椅子と脱いだサンダルを置き、ジャケットを着て、ヘルメットとグローブを取ってワオに戻る。

 ここまででもう、ふーふーの、汗にじみでした。(^^;


 乗り出すまでの面倒臭さを増している猫爪防止あれこれを廃止できる日は、やって来ないでしょう。
 黒い子はだいぶヨレヨレで口内炎も発症してしまっていますが、他にまだ 4 つもいるし、新顔が隣の路地からやってくるようになってしまったし。


 前に出すのにまたがったとき、ハイシート にしてあったことを思い出しました。うん。やっぱりハイシートが 楽♪ ですわ。
 ワオ登場から 1 年くらいして慣れてきた頃に買っていれば、キツイ思いが減ったのにな。当時はちょこちょこ出かけていたんだもの。

 出発して、やはり思い出す。ワオは、長距離ツアラーにしては 膝の曲がりがキツい こと。ハイシートでもキツく感じました。
 クッとニーグリップして、右に左にヒョイヒョイ走るにはいいんですけどね。そういうシーンまでの長い移動がキツイ。(^^;


 なんて思いながら首都高速の入路を目指す。なんとなんと、乗り方を忘れて おって。(^^;;; ワオ登場時に感じた、曲がるときのセルフステアをだいぶ強く感じる癖をまた感じて、どう乗るんだっけ?になってしまう。(^^;
 外苑を越える頃には身体が何かを思い出したらしく、意識に上らなくなりましたけど。自然に傾けるようになったのでしょう。

 さらに、走りながら適した設定を確かめていきました。どうやって設定するんだっけ?になったのはお約束。(爆)


 まず、プリロード
 ハイシートにしたことで、人間 1 人だけならほぼ空のパニアを着けていても「人間 1 人だけ」設定が乗りやすくなったことを思い出す。
 そしてプリロード変更は、停まっているときでないと動かないんでしたね。


 Dynamic ESA というやつ。要するにリアサスペンションのダンピング設定。これも覚えていた通りでした。

 Normalバランス良く過不足がない。相棒にも好評だった。
 Hard動きが機敏になって運転しやすいけど、周りに車が多い状況で機敏に動いても危ないから。珍しく多少は活発に走るとき用にとっておきたい
 Soft はフワンフワンの上下動が出て疲れる。高速道路と田舎道ののんびりで、フワンフワンが疲れるやつ。都内一般道では機敏さが落ちる感があって、適していない判断をしたことも思い出す。首都高速でも同じ。


 エンジンモード
 車が多い一般道と渋滞は Dynamic で、アクセルを繊細に操作すると、ギクシャクが減って楽。遅い車の後ろを走るときは覿面です。辛いギクシャクが減って、これだったか!となった覚え。
 首都高速流し他、基本的に Road でいい。

 ちなみに Rain はダルくて、かえって疲れます。首都高速を走っているとよく判るのですが、実用になる回転数が上がっちゃうんですよね。
 Road より引っ張ることになるし、逐一でアクセル開度が大きくなるし、ギクシャクが減るわけでもなく、ただ手が疲れちゃう。


 そんなあれこれを、思い出したり確かめたりしながらワオ店へ向かいました。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

38 km


 車検を終えて戻ってきたシーザー。ついでにコーティングのメンテナンスも頼んでおいたものですから、担当氏が「まるで新車のよう♪とお世辞を言うたくらい ピカピカ☆
 満 5 年でも、乗り換えを図る現実感がいよいよ無くなりました。(笑)


 そして昼ご飯を挟んで、ワオR1200 RT5 年目 の車検でお店まで行ってきました。
 ワオも、乗るのはだいぶしばらくぶりのことです。


 歳で、少し前のこともすぐ忘れちゃって思い出せなくなるんですけど。そうじゃないか と、疑ってはいたんですよ。


 出発したとき Trip 計の 38 km を見て、やっぱりそうだったようだ、となりました。もう、ほぼ確信と言えましょう。(^^;
 ワオに給油するガススタンドから家まで 1.6 km で、お店は往復 36 km ですから。(笑)

 整備内容の打合せのとき、状態を診がてら ODO 計と整備記録を見てきた担当氏がですねとな。

 やっぱりそうだったかー! (^o^;)


 4 年目点検の前のいつだったかに給油して帰庫。 4 年目点検でお店へ行って、終わって帰ってきて 1 年。そして今日を迎えたわけです。
 たぶん、そんなとこ。(^^;;;

 打合せているとき、何人かが通りがかって乗っています?♪と。(^^;;;;;;

  Z8 の ISO6400

 その前の 1 年間では、浜松まで日帰りで行ってきた記憶があります。写真が見つかりました。


 22 年 2 月 12 日。未明時に大スクリーンをつけて出発。東名道の中井から沼津辺りは 0.52.5


 電熱具 4 点セット全開+グリップヒーターに頼っても腕と肩が冷えてきて、朝を完全に迎えていた森 PA でベンチに霜が降りていた覚え。
 早朝の諏訪から大月まで R20 を走ったのは、いつだっけなぁ?


 そんな走行状況ですから。ワオを診てきた担当氏の推奨は、前回手をつけなかった オイル交換とブレーキ液の交換 くらい。

 バッテリーは注意喚起されたけど、トリクル充電器を着けっぱなしだからたぶん大丈夫だと強調しておきました。何年か前から 高い ですものね。(^^;
 タイヤはまだ大丈夫でしょう、とのこと。ヒビが生じ始めているそうですが。(^^;


 この日のように、乗り出してしまえば楽しめる んですよね。

 重いわ!とか。だいぶ涼しくて気持ちよい天気でも、ワオはしばらく乗ってるとエンジン熱で暑くなってくるんだったわぃ、とか。
 首都高速を走りながら、んなこと思いつつも。ある程度の距離 に出る(高速道路が長い)なら ワオに限る よね~♪と。

 けっこう、ご機嫌でした。(笑)


 工場が混んでいるそうなのと、自分の休みの日予定との合わせ技で。終えたワオが戻ってくるのはちょっと先です。
 そのとき G310 GS に乗っていって、入れ換えでワオを連れ帰る予定。

 G310 GS は、ワオと違って 乗っていますよ。 d(^o^)


 今年の正月に伊豆の松崎まで行ったことが確か!


 その後はどうだっけ? (^^;

 防寒着・防寒具の失敗で、松崎帰りの東名道でかなり冷えてしまって身体が受けたダメージ深く懲りてしまった状態 になったことは覚えています。(^^;;;

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2023.01.09

松崎への往路


 ナビのログから起こした時程。メモとして。

 10:47 出発
 10:58 首都高速 入(00h11m)
 11:15 東京 IC 通過(00h17m)
 11:44 厚木 JCT 通過(00h29m)
 12:29 駒門 PA 着(00h45m)(出発から 01h42m)
 13:58 駒門 PA 発(01h29m)
 14:13 オートバックス長泉 着(00h15m)(出発から 03h26m)
 14:55 オートバックス長泉 発(00h42m)
 15:33 伊豆月ケ瀬 IC 出(00h38m)
 15:56 土肥金山 着(00h23m)
 16:26 土肥金山 発(00h30m)
 16:52 仁科セブンイレブン 着(00h26m)
 17:16 仁科セブンイレブン 発(00h24m)
 17:20 松崎お宿 着(00h04m)(出発から 06h43m)

 6 時間半以上かかったけど、休憩やら食事やら応急修理がなければ 4 時間弱らしい。
 復路も概ね同じで、除くと 3 時間 45 分くらい。給油と桜味堂は仕方あるまい。


 例によって出発が遅かった。 10:47 はヒドイぞなもし。(^_^;)


 剥いで取って外して引っぱり出して、サイドバッグ外して、ドラレコのメディアを交換してフォーマット。サイドバッグを付けてソフトバッグ L を付けて、積んで。フューエル1を 65 cc くらい突っ込んで。
 身にまとって履いて整えて。 1 時間半以上やっていたと思うです。(^^;;;


 東名道では 80~85 km/h (メーター読み 84~89 km/h)の維持を心がけて静々と巡航する。
 ワオや車のときより速度が低かった理由は

 ・走行風で腕と肩、膝から下が冷えて、何より足先が辛くなってしもた。
 ・低パワーとギア比のこともあって、それぐらいが気楽だった。
 ・登り勾配になると速度低下してしまう等、速度維持が難しいのもあった。
 ・タンク容量からして、燃費を稼ぎたい思いも強かった。

 なお、風圧で右ミラーが回ってしまうこと、発覚。何度も手で戻すが、まるでダメ。すぐにまた動いちゃう。(^^;


 予定通り、朝昼兼のぐあんで駒門 PA に入る。


 車と人が多い SA より落ち着いている PA が好きです。
 そして、かき揚げが売り切れでヤケになる。(笑)


 でもね。 2 つ目はご飯を抜いてもらったし、一方も 2/3 杯で許しておいてやった。(火暴)
 小鉢も箸をつけたのも 1 つだけ。味噌汁は 2 杯とも、概ね飲みきったけど。

 んで、トンカツもショウが焼きも、ソースも、どれも不味かった~。(走召火暴)


 食後に一服したりトイレに行ったりルート上にカー用品店がないかと検索したりして


 ようやく出発


 1 時間半ものんびりやっていたとは。(^^;;;



 伊豆縦貫道長泉 IC を下りてすぐのオートバックスに飛び込んで、小ぶりなモンキーを買う。このとき、ネジロック剤を置いてなくてビックリ。整備工具類もショボショボ。
 4 輪はセルフ整備する人がいない時代なのかな。

 積んでいた六角 L 字でミラーを外して、風圧で回ってしまうナットをモンキーで締めたら@@@・・・ おぃ!(^^;;;;;


 リコールでブレーキマスターを交換した際、仮締めくらいで本締めを忘れていた模様。(^^; ワンダリッヒのエクステンダー付けてあるからモンクは言えんけど。
 ナットの塗装が酷いことになったけど、とりあえず解決。帰ったらマッキーで塗ろうとか考えて、出発す。



 チェックイン予定を 17:30 としてありました。この時間になると、「あのルートで景色を楽しもう」「あそこに寄ってみよう」等がすべてカットだな、と。
 最短ルートで向かうことにしました。


 冷えが溜まってきたらしく、長泉オートバックスから松崎のお宿まで、腕と手の日頃使わぬ筋肉が時おり痙攣模様。操作に支障はなく、「いてぇよぉー」くらいで済みましたけど。

 伊豆月ヶ瀬 IC から土肥までは、峠越え。道路脇の気温計が 5 度。そして伊豆のトラック、やっぱ速ぇえ! (笑)
 燃費を意識しつつギア比とパワーに合わせて「ぽ太郎なり」に 50 ~ 60 km/h(メーター読み)でのんびり流していると、前とちょうどか。上り勾配でアクセルをケチってゆっくり速度回復させるから、トラックも一般車も離れていってしまうか。(^^;;;


 土肥金山の大駐車場に駐めて、売店のトイレを借りる。


 ついでに自販機飲み物を買って、周囲無人の外ベンチに座って一服す。さぶかったけど。冷えもあって疲れが表に出始めていて、座って休むニーズが大きかったんですよね。

 車はシートを少し倒せば即席休憩室になんるだけど、バイクはねぇ~。(^^;;;

 総じて「快温の屋内で座る = 飲食物の注文」で、終えたら長居せず立ち去る空気ですから、十分な休憩が難しい。たばこ吸えないし。外ベンチがあればそこになって、寒い暑いでやっぱり短時間。
 この季節でもバイク乗りが外ベンチで長い時間休む姿を時おり見ますけど、日射しがあっても、体力と健康の勝負な気が。(^^; どちらも無い ぽてちは厳しいっす。(^_^;)

 風がだいぶ強くなってきていて、首と顔と耳が冷たく辛くなって出発。
 冬のフルフェイス型ヘルメットは偉大じゃ!(笑)


 土肥から松崎までも同じペースで、オレンジ色が綺麗な夕暮れ海をチラチラ観ながら進行。風で白波が立って夕日に輝いて、綺麗でした。
 一つ手前の町、仁科のコンビニで飲み物等を買う。


 出て一服するときにはオレンジ色が消え去ってゆきました。


 急速に紺色になってゆき、お宿へ。

 203 km 走って、17:35 にお宿に到着。オンボードの平均燃費は 28 km/h 。


 このときオンボードの Range は 130 km だったか。翌々日給油の満タン法で 28.82 km/L だで、あと 116 km のはず。直近の数十 km データを基に計算すると 130 km になるのかな。

 今回の消費ペースで 11 L タンク中ギリの 10 L まで使ったとすると、 250 km を超える航続距離があることになります。燃費は状況でばらつくから、 25 km/L の計算で。「GS」銘なのに短いなー。
 今回の実燃費で計算してみると、往復なら13.77 L が真にギリで必要。

 やっぱり 15 L タンクが欲しいぞなもし。


 さて、お宿。雨に濡れぬバイク用のスペースを用意してくれているのが嬉しい。


 部屋は以前とほぼ同じ。


 あぐらをかくと股関節が酷く痛む ぽてちは和室が好きじゃないのだけど、窓際にテーブルと椅子があるから ok 。
 飲み物とたばこ数本でリラックスした後に夕食へ。


 料金の割りには食事が豪華で、温冷もちゃんとしていて、仲居さんが親切かつ気さくで心地よく食事をできるのも嬉しい。お気に入りのお宿です。
 大浴場の温泉はイマイチですが、そこは割り切って。大きな浴槽で足腰の疲労をほぐせることで十分。


 

 

 

 から揚げは、たぶん 2 輪車客へのサービスです。


 今回は一言ありませんでしたが、前回 2 年前は出てきたときその旨の申し添えがありました。


 食事を終えて部屋に戻ると、外は強風。海辺に立つお宿ですから、それが顕著に。サッシの隙間が音を立て、波の音がしきりと聞こえてきました。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2022.11.08

ぽ太郎 24 ヶ月点検とドラレコ


 点検に持ち込んだ時の ODO 計が 2,140 km の ぽ太郎。昨年の点検から、わずか 191 km しか走ってないのねん。(^^;;;
 1 年の定期点検にはまだだいぶ早いのだけど、車とワオとほぼ同時、24 ヶ月点検 に出しました。

 ツーリングやドライブに良い季節で、週末は出かけることに使うべきなんですけどね。面倒なことはまとめて片付けてしまいたい。(^^;
 バイクを 1 週末の土日に まとめよう と企んだわけです。

 が、併せて、ドラレコ取り付け と純正ナビ台を前方に 15 mm ほどシフトする ブラケットの製作 を依頼したことで、引き取りが翌週。
 結局 2 週末 になってしまいました

 でも、ちょうど良かったようです。
 とは、点検でプレーキマスターシリンダーから 液漏れ していることが発見されて、交換 したそうだから。
 ドラレコやナビ台ブラケットを依頼していなくても、土曜夕刻持ち込みの翌日曜日引き取りは無理で、結局翌週の引き取りになったはずです。

 支払いと任意保険更新の話をして、以上。

 店を出て ぽ太郎に向かって、見たとき。撮り方うまくなくてそう感じにくい写真ですが。


 排気量 4 R より ずっとでけぇ! (;^◇^;)


 ぽてちはワオ店からそのまま上総湊の「ニコニコドライブイン」偵察に向かって、車は相棒に乗って帰ってもらいました。


 

 

 


 上総湊から戻って格納の儀式を始める前に撮影。


 違った。(笑) いや、これも撮影はそのときですけど。


 スクリーンを綺麗にしておかないとうまくなさそう。


 何やら四角いものも付いていますね。ぽてちは取り付け位置の指定をしていなくて、メカ氏に お任せ です。


 慣れたメカ氏が決めた位置でしょうから、ここが一番なのでしょう。
 後ろはこんな取り付け。


 最新型は入荷が少数かつ散発的だそうで、入ってきやすいのだか店頭在庫があるだかの、ワオに付けたものとほぼ同じものだそうな。

 取説を相棒に預けて持って帰ってもらったため、上総湊から帰ってきたときはスマホ接続のパワードがわからず、設定等は またこんど。(^o^)


 作ってもらったブラケットはこんな感じ。


 グリップヒーターの操作がし易くなるという恩恵もありました。


 元はナビ台の下になってしまっていて、指を水平に入れて探らないとなりませんでした。


 ちなみに、上総湊から戻ってきた ODO 計。


 ワオ店を出てから帰庫まで 163 km 。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

「点検で乗るワオ」状態


 ワオ72 ヶ月目 点検。費用はトータル 5.1 福沢

 お約束ですが、オイルが高かったです。少し値上がりしたそうで、 4 L で 1.6 福沢ちょい。リアデフのオイルは極少量で、 1 夏目。

 自分で交換すれば 2/3 以下 で済んだはずなれど、まぁいっか、と。
 ここ数年、休日は 眠りコケてばかり で、お楽しみ♪でオイル交換等のバイクいじりをする 気力が湧かない もので。(^^;

 8 ヶ月前に調整したきりの空気圧が下がっていた他は、点検の結果に特段の問題なし。

 前回交換からの距離からしてオイルフィルター交換は不要。使用ペースからしてブレーキパッドもタイヤもまだいいでしょうとのことでした。
 そらねぇ、 1 年間632 km しか走っていませんし。(;^◇^;)

 ついでに見たら、ぽ太郎は 191 km(;^◇^;)

 ワオの話しに戻って。

 お泊まりツーリングに出なくなったのが大きいように思います。出かけたい気持ちはあるんですけどね。(^^;

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2022.10.21

ぽ太郎用携行缶の試み


 ガソリン携行缶はなぁ・・・ といった後ろ向きな気持ちの言葉を書いた記事の直後に ナンですけど。(^^;;;
(実は前記事を書いたのはけっこう前)

 ぽ太郎用に、 2.5 L の携行缶 をポチ♪ってみました。


 その通り! です。
 準備(ガソリン詰めと、滲み漏れくらいは耐えられる積載)が 面倒臭くて、お試しの 1 2 回で お蔵入り しそうな予感 がタップリです。(走召火暴)

 詰めたまま倉庫部屋に置いておくわけにいかないものだから、使わなかったときの始末も面倒臭い。(^^;;;

 が、とりあえず試してみるべ、と。(^^;;;


 ぽ太郎は前記事のような燃費だから、 500 ml や 1 L ではまったく心許なく。(満タンにしちゃいけないものだし)
 少なくとも 40 km を、高速道なら 50 km を期待できる 2 L を入れて余裕 があるもの。底面積があって、サイドバッグの中で安定しそうなところも評価して。


 例によって amazon ですが、 2.5 L 版のインプレが少なく、漏れ については「使ってみてどうか?」というところ。
 横たえるつもりはありませんが、栓に入れられているゴムの品質精度はイマイチな感がありました。(^^;;;


 で、今はセルフスタンドで詰めることができないそうな。どこで詰めてもらうかな? も検討課題です。
 スタンドが減ってしまって、比較的近くのフルサービス店(とても少ない)は高くて不便なところしかないのよねん。(^^;


 取説には不要とありましたけど、使う前に 中を洗浄 しなければならんですね。錆防止で塗ってあるというオイルよりも、栓周りから出た金屑が入り込んでいる可能性を考えて。
 パーツクリーナー(中乾)を多量に吹き込んでガシャガシャ振ればよいでしょう。すると使う直前でないと錆てしまうなぁ・・・ 使用後も少量のオイルで濡らしておかないと・・・

 やっぱ 面倒臭そう。(^_^;)


 とりあえず、テストしてみなきゃだわさ。(^_^)

 テストしてみたいものがあると、俄然、出かける意欲が湧いてきます。(笑) 前記事に書いた、秩父往還旧道の探検に行ってみますかね。

 意外と予定がたて込んでいて、体力的に避けたい日曜日でも 頑張って出かけないと凍結が心配な季節 になってしまう。(^^;
 でも、そこでしょう。航続距離と給油地点の検討をしてみたルートだし、確認にちょうど良いルート(距離)です。「ぽ太郎で出かけるなら上限これくらい」の範囲だし。

 11 月中、遅くならないうちに決行するべ♪

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2022.10.20

せめてもう 2 L


 ぽ太郎の燃料タンクは 11

 高速道路ゆっくりと空いた一般道のんびりが中心なら 2730 km/L 走りますが、一般道が多ければ 田舎道でも 23 km/L くらいと考えておくのが安全

 実際、導入当初のゆっくり慣らし下田ツーで 30 km/L くらい。首都高速を使った近場の用品店回りで 25 km/L 。
 1,500 km の最初期慣らしをいちおう終えて、往路の高速道で巡航速度を少しだけ上げた旧道探検ツー 2 日目昼、帰路に就く前の給油で 24.5 km/L ほどでした。
 2 日目に上野原から大月手前まで旧道を辿ったときも、大月から一宮御坂までの中央道も、だいぶゆっくりだったんですけどね。(^^;

 慣らしを完全に終えて、車と信号の海な町中一般道がほとんどだと 21 km/L と予想です。

 ぽてちが重いのも原因だけど、ツーリングには 足が短い んですよね。(^^;

 田舎道もそこそこある近場のツーリング。値の変動があるから心配でたまらなくなるまで粘って、 9.5 L218 km ほど。 23 km/L での計算です。
 24 km/L の計算でも 228 km
 今は下田ツーの時より回すことがあるのと、避けようとしても多少の渋滞は避けられないから、こんなもんでしょう。高速道路の巡航速度も、最初期慣らしのときより少しだけ高いですし。(旧道探検ツーの往路で、首都高速の渋滞を抜けた後の高井戸から少し急いで、わずかに高めだった)

 関東平野を出るには 使いにくい足の短さ です。


 塩山から雁坂トンネルを越えて秩父往還の旧道 2 本を探検した後、三峯神社に上がって三峯トンネルを探検して、秩父・花園へ。そんな計画をずっと温めとるのですが、道の様子からして、重量と速度域を考えて ぽ太郎 の一択。
 往路の談合坂 SA または塩山で下りてからの給油が必須だなぁ。そこから 家までもつ? もつだろうけど、最後は心配 になってくるべ。(^^;;;

 てな具合。

 これがワオなら余裕で無給油が可能でしょう。 25 L タンクのワオは別格としても、 300 km心配なく走ってほしい なと思うです。


 もう 4 L 、せめてもう 2 タンクが大きければ なーと。
 残り 1.5 L でハラハラし始めるまでの 11.5 L × 23 で、少なくとも 264 km は走れると読めれば、グッと使いやすくなるですよ。

 GS は R の派生車種で、部品の共通化で 値段を抑える絶対的な命題 があるのは理解しますけど、 GS なんだもの。そもそもの 用途が R と違います からねぇ。

 さらなる派生車種で G310GS Adventure が登場してビッグタンクが採用されていたら、移植しちゃおう。
 なんて考えていましたけど、無さそう ですね。(^^;

  介護期用高栄養食の投入でだいぶ回復してきた頃の写真。


 心配する前にもっと出かけろ!ではあるんですが。(笑)

 小型の ガソリン携行缶 を積んでおく手かなぁ。

 でも、買うモノの良し悪しがわからないし、どうやって積む?がおっきな課題になるし。
 サイドバッグやソフトバッグの中で漏れたら悲惨だものなあ。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2022.10.13

また挫折


 もしかして、ぽ太郎はこの日( 5/18 )から動いていないかも。(^^;;;

 ワオはもっと酷くて、この日( 2/12 )以来不動じゃないかしら。(^^;;;;;



 んな調子なもので、この日こそはバイクで出かけよう と考えていたんです。

 体育の日 3 連休の日月は天気予報が悪く、土曜日は大丈夫。ぽてちは疲労の回復に 1 日は必要ですから、土曜日が最適だと考えた。
(予報が外れて、実際は月曜も概ね大丈夫でしたけど)

 出かけるとして、ネタは?

 用宗は先日シーザーで行ってしまったから、ワオが必要なほど長く高速道を走る先に「行ってみたいネタ」を思いつかない。気分的にも、サッと行ってサッと帰ってこられる 近場 がよいな、と考える。
 すると軽くて楽な ぽ太郎 がよい。ならば、アクアラインを渡ってしまえば空いた道を選べる 房総 だよね。 飽きてるけど。(笑)

 房総のどこへ? ネタが無い なぁ・・・

 ばんやの開店時間が少し早かったことを思い出し、遅い朝ご飯で開店時間に行ってみる 気になりました。
 開店同時の 9 時半なら混んでいることは無かろうと、高をくくって


 富津館山道でまっすぐ保田 IC へ向かうなら、 1 時間半のはず。出発は 8 時でよかろう。田舎道を走って楽しむのは帰路でよい。道の駅馬来田へ回って、田舎道を少し味わおう。

 装束は。
 上は長袖現場服の上に普通の長袖シャツ。ジャケットはベンチャーシェルスーツにして、朝のうちに高速道で寒かったら雨具を羽織ろう。
 下は現場服パンツの上に 5 ポケツッツジーンズ。速度ゆっくりなら君津の辺りでも冷えることは無かろうが、念のために雨具を上下で持って行くかな。

 飲料は、保冷ボトルにアクエリアスを入れて行けばよかろう。お湯は要らないはず。


 などなど考えて、晩のうちにナビの地点登録を済ませ、 6 時に起きる


 猫の朝パウチを出して、アイスコーヒーを飲みながらのんびり iQOS 吸って、 SNS のチェックもしてみたり。そしてのんびり着込み始める。腕時計も着けた。(ジャケットは 1 階倉庫部屋)
 おや、もう 07:10 じやないか。下に降りなきゃ。

 最後に交通情報を確認しておこう・・・



 が~ん。(^^;;;

 秋の 3 連休初日をなめとった。(^^;;;


 いちお湾岸線東行き京葉道を確認して・・・始まってしまっとる・・・

 んじゃ東名や中央方面に・・・そりゃもっと長いわなぁ・・・そりゃ関越も東北もダメだよなぁ・・・首都高速 6 号がダメだから常磐道方面もない・・・
 どちらへ向かっても、渋滞末尾につく頃には さらに延びている はず。


 渋滞に突っ込む覚悟で出かけるほどの計画じゃない。(^^;;;


 朝ぐあん を食べて。脱ぐのはもったいない感あって(着ていれば後刻にリード125 で半径 10 km くらいは出る気になるかも)そのまま お布団ゴロ。(笑)

 zzz・・・

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

より以前の記事一覧