« 防風レッグカバー・ハンカバ | トップページ

2019.12.21

袖切りの具合、確認試走に失敗



 写真はワオ店のおねーさんが 62 サイズを着て遊んでいるところ。(笑)


 半月も前のことになりますが。試走 で、横浜へ往復してきました。




 目当ては、首都高速で の確認。袖を切ってもらったストリートガード 58 サイズ の具合はどうだろう? と。



 写真は 62 サイズ


 デグナーの方に診てもらって「これも 6 cm 切りましょう」と言われ、 5 cm カット にとどめておいてもらった 58 サイズの確認です。



 写真は 62 サイズ


 62 サイズの方は提案通り 6 cm カットで Go! サイン。完成試着の印象はちょびっと切り過ぎたようだ。(^^;
 肘パッドの位置も高過ぎると感じて、 1.5 cm 下げる修正をしてもらいました。
 こちらは近所用で、リードにハンカバ着けるし、何とかなるべ。



 写真は 62 サイズ


 後日、肘パッドをやや小ぶりなベンチャーシェルのものに入れ替えて、位置の違い感を抑えてみています。
 速度が出ない近所用だから、何とかなるべ。


 本気サイズの 58 は?
 完成試着では、ちょうど良く感じた。長さも、肘パッドの位置も。

 それを、実走して確認してみよう と思い立ったわけです。儀式が面倒くさいと逡巡しておったですが、ついでに萬珍楼の肉饅を買うお楽しみを付け加えて、重い尻を「やっとこさ!」動かしました。(^o^;)
(準備・儀式を面倒に思ったあたりからして、体調が良好ではなかった)
(案の定、不調の証である「変に暑い、変に冷える」になって不快だた)




 ハンガーへのかけ方を 失敗 して、自重で 肩パッドが巻くようにひん曲がってしまっていた から。さらに、手で押し広げる修正をしたとき、片方の上下向きを間違えて入れてしまって
 肩に密着せず、少しつり上がった状態 で着る形になっていたからだと思う。

 着ると「あれ?こうだっけ?ちょっと切り過ぎた?」と感じる袖先の位置。肘パッドの位置も同様、ちょっと高過ぎると感じた。


 走ってみると、首都高速で袖先から冷気が侵入アウターとインナーの間に冷気が入ってきていました。
 肘から肩にかけて、冷や冷やし続け

 気温が 13.5 度もあって陽射しもあって、「こりゃマズイ!」と思うほどではなかったのですけど。
 もっと低い日(それが普通)だと「こりゃマズイ!」になることが明らか。(^^;;;


 帰路についてすぐの大黒 PA 休憩で、背中チャックが開いていたことに気づいて。(^^;;;




 閉じたら程度は下がったけど、やっぱり冷や冷やし続けでした。


 こりゃ何とかしないとならんな~。と、あれこれ考える。


 ストリートガードは、長いグローブで袖先を覆う作り なんですよね。

 だから袖先を締めるベルトが無い。グローブの腕覆い部下に差し込み易いよう、袖先の一部を尖った形にしてある。


 冬に常用しているメッシュのツーリンググローブは本来夏用だから、腕覆い部が短めで細くて、ジャケットの袖先が下に入らない
 よって、グローブの腕覆い部をストリートガードの袖で覆う形になっていました。

 それで大丈夫だったのは、たぶん、袖が長すぎて手のひら辺りまであったことで、冷気の侵入が抑えられていたのだと思います。

 だったのが、切ってもらっていて、つり上がっていたから。負圧で腰下あたりから抜ける空気の代わりが手首からジワジワ入ってきていたのだと推測です。


 要するに。試走失敗。(^^;;;


 翌日の晩に肩パッドの再修正を試みて、片方の上下向き入れ間違いに気づいて直して。着てみたら、「そう完成試着の印象はこうだったよね」となる。

 常用のメッシュツーリンググローブはやはり袖先を覆えず、エンデューロガード 2 in 1 グローブなら覆えた。「これなら、たぶん大丈夫」といった印象でした。
 ジャケット 袖の長さは ピッタリちょうど と認定すべき状態かも

 エンデューロガード 2 in 1 の腕覆い部はチョト短めで、もっと長ければ真冬も安心なんだけどな。まあ、しかたない。


 つり上がりを解消して、メッシュ ツーリンググローブをあきらめてエンデューロガード 2 in 1 を使うことにして。これで冷気の侵入が 解消するのか否か
 また首都高速の試走をしてみますです。

 上手くなかったときは。(^^;;;
 臨時の対応で、結束ベルトを手首やや上に巻いて締める手があるかと。(笑)

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 防風レッグカバー・ハンカバ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防風レッグカバー・ハンカバ | トップページ