« 冬の近所足 | トップページ | 次期型リード125 の改良要望 »

2019.11.25

防水靴カバーと相棒用ストリートガード



 木金と、 11 月の東京にしちゃ冷え込んで




 木曜の晩から風を伴う本降り雨で、日曜の午前まで。雨があがった後もどんよりとして湿度が高く、水溜まりや地面の湿りがいつまでも 残っていました。




 こんなときの車の運転は、 amazon で探してポチ♪った妥協の 運転靴 を使うのですけど。(底の薄さを一番の条件に、だいぶ検索した)
 そうでないときは、 17 年選手常用運転靴 を履きます。

 が、出かけてから予想していなかった雨に降られたとか、出かけた先が夕立の直後で多数の水溜まりがあったとか。
 そんなとき、工場長の伝手で修理してもらった靴を傷めてしまうのが困りもの。


 常用の 17 年選手は、いっとき流行して運転靴が多種多数、世に出回った頃に買った、同形色違いの 2 足。
 その後、流行が去り、サイズ・機能の観点で 後継となるものを買えず、どんどんボロっていくまま履き続け。とうとう靴底が崩壊 してきて、「さすがにもうダメか」とあきらめました。

 丁度そんな頃にワオ店で、ブーツの履き馴染みの事を教えてもらっていたとき。
 長く使ってきた運転靴が壊れて、新しいものに買い直すのが難しくて困ってると、ついで話しをしたら。

 知人のとこで直せるかも、とのこと。

 飛びついて 修理依頼をして、修理が成る。よかった~♪


 そんな運転靴ですから、できるだけ傷めずに使っていきたいわけです。革製で水が染み込みやすく、水濡れさせたくない

 シューズカバー なるものを検討してみました。

 車内常置でも邪魔にならぬコンパクトさで、運転席に座ったまま手早く簡単に履けること。耐久性は、薄くコンパクトなら 2 回も使えれば御の字。もし安ければ「 1 回だけ保てば」もアリ。

 そんな観点で探してみた。

 難問は、きっとサイズ
 そう考えていたら案の定、コンパクトに畳めそうなものに入りそうなサイズがなかなか存在せず、入りそうに思ったものは表記より 1 サイズ大きなものにすべきとのレビュー


 17 年選手は 28 cm サイズです。運転靴だけに底が薄くて、アウトソールと言われるものが無いに等しいペラ 1 枚。前後方向も大きくなるデザインではありません。
 足の形に馴染んで、横方向は太くなっていますけど。(^^;

 この靴ならギリで何とかならんか? と考えた。


 扱いがあった XL サイズは底面長 29.5 cm で、 28.5 cm の靴まで対応。と、謳われていました。

 この靴でも 若干足らなかろうが、ギリ使える範囲じゃないか? と考えた。




 底面長は表記に 8 mm 足らぬ状態ですが。




 この靴でも、中国本国にはあるらしい XXXL サイズが必要だったようです。

 「対応する靴が 28.5 cm サイズ」とは 無理な話し でしたね。26 cm サイズがギリでしょう。




 チャックを開け切れぬようなっていて、カッターで切り裂き増しを。




 よく判らぬ汚れも混入。虫?




 こりゃスニーカー等の普通の靴だと 26 cm サイズどころか 25 cm サイズがいいところでしょう。

 とりあえず、 1 回は使えるだろうと車に入れておきました。
 そして、たぶん製造の鋳型は同じで、足首上まであってコンパクトさに劣りそうだけど。底面長 34 cm、対応 28.5 cm サイズまでを謳うものと、底面長 32 cm で対応 28.5 cm サイズまでを謳うものを ポチ♪

 届いたものを測ってみると、初めの方が実測 34.5 cm で 28 cm の普通靴が入りそう。後者は実測が 31.5 cm で、常用運転靴にちょうど良さそうでした。
 届いて実物を見ないとわからんから、 2 つポチ♪りました。どちらもほぼ ¥1,000- 。


 さて、 3 枚目の写真はここの前。




 ワオ店から別の店舗へ向かう途中、寄り道して遅い昼食にしました。少し前から、ここのカツサンドを食べたい と思っていたもので。




 食べたいと思った 理由 は、自分でも よくわかりません。 SNS で写真を見て食べたくなったのかなあ。
 10 年くらい前に食べて期待外れだったような気がする・・・
 初のコメダ体験は、浜松のちょと西でした。そこで食べたような気も・・・

 期待外れだった記憶が何となくあって、注文のとき、こちらにも惹かれてしもた。




 でも、カツサンドも食べたい。何故か。(笑)

 解決策で、相棒から半分もらうことに落ち着きました。





 ワオ店へ行ったのは。 ようやく入荷 した連絡があった、相棒のストリートガードパンツ 試着サイズ確認と、合えば購入するため。
 それと、袖を切ってもらった ぽてち 62 サイズの肘プロテクター位置を再び変更しもらって、その受け取り。




 今回のサイズは ok でした。(前回 ok とした上も着て確認)




 おねーさんの依頼でポーズをとらされる。(笑)




 ジャケットの方は、前回に「これでヨシ」となって支払いを済ませてあって、預かってもらっていました。

 その前回のこと。

 ストリートガードは下に着込まなくて済むから、余裕が無くて大丈夫。余裕があり過ぎ になると、身体を動かしたとき中で身体が動いて、重くてゴワいストリートガードは思ったように動かず、すべての動きが「よいしょ!」になって 疲れる
 座ったときのダボダボ余りがゴワくて邪魔に感じて、これまた疲労に繋がる

 とは、ぽてちの 62 サイズ 失敗体験 から。(^^;;;

 そして、試着してみて重さに驚いて、ゴワゴワの動きの渋さに驚いて拘束感を受けて、大きめをゆったり着たくなる気持ちもわかる。


 試着した姿を見て「もう 1 サイズ小さい方がいいのじゃないか」と、繰り返し、注意を喚起しました。
 ジャケットは背中のプロテクターを抜いて、下にホンダのプロテクターベストを着るとのことで、双方納得

 パンツの方は 絶対に 1 サイズ下げるべきだ と、強い注意喚起を繰り返した。

 おねーさんの「その方がいいと思う」発言もあって、相棒やっとこさ納得。本人としても、膝プロテクターの位置が気になったようです。
 そこで再び取り寄せを依頼した 1 サイズ下のパンツが、ようやく入荷したんですね。 5 ヶ月。長かった。(^O^;)

 寒い季節を迎えて「もう使う季節なのに!」を、本国 BMW も考えた?(笑)




 これなら大丈夫でしょう。(^_^)





 これで、後ろで冷えて風邪をひかんか? と心配しなくて済むです。v(^o^;)

 ストリートガードを着てシートヒーターを使っても冷え込むようだと、あとはもう、電熱ジャケットしかないのじゃなかろうか。
 それほどに冷え込むときは、間違いなく私はパス!でしょうし。(笑)


 ちなみに、ストリートガードの ゴワさ なんですが。

 微調整可能なプロテクターの位置を根気よく調整して、よく使っているうちに 動くようになってきます
 すると感じる重さも軽減される。

 初めからしなやかで着やすい日本のものと、やはり違うんですね。こなれてきて本領を発揮する BMW 2 輪のエンジンと通ずるものがあるように思います。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 冬の近所足 | トップページ | 次期型リード125 の改良要望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の近所足 | トップページ | 次期型リード125 の改良要望 »