« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019.10.23

ワオ 3 年



 写真は、車検を終えて引き取ってきたときのもの。

 前の記事でもチョロ触れたように、ワオ 3 年目の車検を済ませました。
 バイクはもうあきらめようかと思ったメバチくん倒しから、 3 年以上になるんですね。

 軽井沢へ行った 2 週前の週末にワオ店へ持ち込んで、 1 週前に持ち帰り。岩間へのツーリングがシーザー参加になった理由がこれ。



 


 このワオ店往復の前に乗ったのは いつだっけ?

 あ、給油に行っただけの 7 だ。 その前は?
 覚えてない。(^^;;; 5 月の楽太郎ツーリングとワオ店往復だった気が・・・




 行きやすい房総に飽きているだけでなく。

 今年 スタンプ地点が 遠くて日程的に無理 だとあきらめて、シビアな暑さで比較的近いところも自粛した 熱中症を本気で恐れた から。スタンプで距離を稼ぐこともありませんでした。
 2 年目点検の支払い明細が手元に残ってなくてわからんのだけど、 1 年間で 800 km くらいしか乗っていないと思う。(^^;;;


 スタンプは、 2 泊か 3 泊が 1 回と、 1 泊が 2 回。あとは日帰りを 3 , 4 回。日程的に、頑張ってもこれくらいが限度っす。(^^;
 これくらいの設計で地点設定して欲しいな~。語呂合わせは要らないから。




 それと、これも大事なこと。
 高速道路は平均 80 km/h 想定、一般道は平均 40 km/h の想定で設計して欲しい。

 今年だと、秋田と岩手の北部、鳥取西部に高知南部、そして南紀のエリア。どーも、 140 km/h とか 150 km/h で すっ飛んでいく設計に思えてならない。(笑)

 それが可能なバイクだけど、やるには「女王陛下のダブルオー ナンバーが必要ですもの。(^o^;)




 閑話休題


 少しは乗らないとイカンな

 と思ったのが、軽井沢駅前ピストンをワオにした大きな理由だったりする。
 ワオでもシーザーでも、どちらでもよかったんですけどね。

 天気が悪くなく極端に暑くも寒くもない高速道路が中心の片道 200 km 弱程度で、 1 人で荷物も少ないのに(バイクに比べて圧倒的に)デカい車を出すのは大仰で面倒臭く感じると、車を避ける心理的な要因もありましたが。




 軽井沢駅前ピストンをやって思うた。(車に比べて圧倒的に)小さくて俊敏な 大型バイクの機動力 は、 目を見張るものがある

 軽井沢だけでなく車検の持ち込み持ち帰りのときも、再び思ったことですけど。

 ワオは とても安定 していて怖さが無く、なのに 軽く動いて乗りやすい 。回せ!回せ!と急かさず疲れないのに かなり パワフル で、右手の小さな動きで自在に怖い状況から脱出できる。乗車姿勢も無理が小さくて 体の負担が少なく、優秀なダンパーと設定で乗り心地も良い
 出発到着のときや信号や渋滞で仕様値 274 kg の重さを感じますけど。動いちゃえば、ね。(^o^)

 ワオだけだと当たり前になって意識に上らなくなるのが、リード125 にも乗ることで、再認識させられます。




 無理な注文ですけど。

 この大柄さ(体格適合)と防風性能を維持したまま排気量を 850 cc まで下げて、スピーカーを削って 30 kg くらい軽く作れないものか?と思ってしまいます。
 ダイヤル式手動でいいから上下する大きなスクリーンと、クルーズコントロール、そして ESA は残して。シャフトドライブはあきらめてもいい。

 パニアを込みで 245 kg 。外して 230 kg ちょいくらいになれば、だいぶ楽になります。




 まぁ、あり得ない でしょうね。(^^;




 ところで。昨年の秋に「あと 5 年乗る」と決めました。それでサービス インクルーシブを購入したわけですが。

 まあ そのつもり。年限前の乗り換えは、たぶん無いです。




 動いちゃえば極楽らしい GOLDWING Tour DCT には興味あるけど、 383 kg っすからね~。(^^;;;
 乗り換えがあるとしたら、年限の後に 250 cc スクーターじゃないかしらん。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.10.22

ワオでとんぼ返り



 小布施へ、栗と栗強飯を買いに行く予定でした。ついでに松代をちょっとだけ観光して、関越道の渋滞が本格化する前に帰ってくる。
 これ、 19 土曜日に予定していたことなんですが。

 小布施でも氾濫が発生して、冠水被害があったようです。
 でも、訪問予定の店はすべて、金曜日までに営業を再開していました。

 大きな障害は一つ。上信越道の、碓氷軽井沢-佐久間の通行止め
(小布施スマートも停止中ですが、須坂長野東から大きな遅れなく到着可能)


 営業している限りは客に来て欲しいはずだし、買いに行くべさ。市内の道路もみな回復したらしいし。
 と、思っていたのだけど。あれこれ考えて、前の晩に中止
 参加の可能性は多くて 3 台。直前の中止でも混乱は無いから、とも考えて。


 で、買い損ねたもの。
 小布施栗。竹風堂の栗強飯。小布施堂の栗菓子。道中で買う、おぎのやの釜飯

 下の 3 枚は昨年のものです。



 

 


 これは一昨年の写真。




 調べたら、竹風堂に 軽井沢駅前店 があって、朝 8 時から栗強飯を売っている。
 小布施まで行くのはあきらめたが、軽井沢と横川へ買いに行かないか?
 相棒に問うたけど、否定的な返答。土曜の朝に再び声をかけたけど、起きださない。

 雨の中を一人で行く気を失って 土曜日に一日中寝ていた おかげで、日曜日はいつも通りの時間に起床。有り難いことに、風邪ひきの初期症状もだいぶ収まっていた

 よし!、買いに行くべ!


 とゆーことで、 Navigator V に地点登録をして、下に降りたのが 7 時ちょい
 相棒が寝たのは 3 時くらいのはずで、起きるわけないし、起こしても否定的な返事が間違いない。声をかけずに出ました。


 出発の儀式と、装束の準備と。のんびり進めました。

 2 台のバイクカバーと充電器に盗難防止や猫爪防止あれこれを外して、リード125 をどけて、ワオを前に出して。リードを引っ込めて、カバーをかけて。
 ワオの空気圧調整をして、念のためにトップケースをつけて、パニアをほぼ空にして。




 しばらくぶりにトップケース付き。
 後で気づいたですが、外してあるアンテナを付け忘れた。(^^;




 装束は、ストリートガードインナー外し。碓氷を登るまではエアフローがちょうど良かろうが、軽井沢は寒かろう、と。
 普通のズボンと普通のシャツの上に、インナー無しをまといました。ブーツはオールラウンド ブーツ




 シフトペダルの微調整をやるつもりで、工具ポーチはパニアに入れておいた。

 渋滞情報やラジオを聴くために B+COM をネオテック 2 に移設して、あらためてワオとペアリングする。


 08:20 出発!




 首都高速に乗ったら渋滞情報。川越から東松山まで、事故渋滞 9 km 。(^^;;;
 下手っぴバイクで微低速の停まったり動いたりをやると、消耗するしフラフラして倒しかねない。とゆーことで、東北道から圏央道周りで鶴ヶ島まで迂回

 鶴ヶ島から 3 km 弱の渋滞で済みました。
 プリウス α に商用バンが突っ込んだ事故。渋滞末尾の追突でしょう。


 シフトペダルは、もっと上げたいくらい。ショートブーツや前のブーツだと、もっと下げなきゃならんくらい。
 動かすと どちらかが妥協の範囲外だと考えて、いじりませんでした。
 オールラウンド ブーツのが、履いているうちに少し減ることを期待です。

 気温は 23.5 25.0 。時間とともに上がっていった感じ。湿度が高くて蒸し暑く感じ、陽射しがあると汗タラタラ。(^^;
 ジャケットの前をチャック閉じせず、ベルクロだけ軽く留めて風を入れる
 袖先のチャックも開けたまま、風を入れる

 ネオテック II はジェット型より静か。でも暑い。頭頂の通気も J-Cruise II より劣る。暑い。(^^;


 通行止めの先に行楽で行く人が少なかったのじゃないかと思います。碓氷軽井沢 IC で渋滞することなく、その先、軽井沢までも渋滞することなく。
(離脱する時間の軽井沢は、さすがに車がたくさんでしたけど)
(車がたくさん集まりだすほんの少し前に軽井沢入りした感じ)

 碓氷軽井沢 IC から登っていくと気温がどんどん下がっていって、さぶいなー!と思うくらいまで。 15 まで下がったのだっけか?
 風が入らぬよう、走りながらベルクロを「きっちり」にしていく。袖先のチャックも閉める。


 竹風堂 軽井沢駅前店に到着。



 


 栗強飯♪を買って




 一服しながら考える。

 考えていた澤屋のジャム。買って帰ってもきっと歓迎されず、否定的な言葉を聞くことになる。考えていた おぎのや 峠の釜めしも否定的な言葉を聞くことになるだろうが、これは自分が食べたい

 ならば、横川駅前本店で食べて帰る? 朝食抜きで出て、何も食べていないし

 でも、予想より遅い時間になっていて、食べて帰ると渋滞が始まりかねない
(儀式に時間をかけ過ぎたのと東北道からの迂回で、思惑より遅くなった)

 ならば、買って帰って家で食べよう。碓氷軽井沢 IC 前店も開店する時間だが、せっかくだから横川駅前本店で買うべ。
 往復ともまったく同じルートもなんだしね、と。

 澤屋をパスして、横川駅に向かいました。 10:48




 R18 碓氷バイパスを下りるだけ。で、到着。 11:13




 駅の売店でなく




 店の方で




 「峠の釜飯」ゲット♪!




 上の写真のように、駅売店の外ベンチでチョト休憩。
 エアコンがある車で来ていたら「いい陽気だね~♪」の言葉が出たことでしょう。




 外気と陽光に身を曝すバイクだと、装束もあって蒸し暑い。(^^;

 で、 11:38 出発。




 25 分間の買い物と休憩でした。


 出発時 21.5 なれど R18 に出た頃には陽射しと湿度でだいぶ暑く感じて、 X-Creen を水平セットに変更。
 これ、効果が大きいんです。d(^_^)
 スクリーンに沿って上がってきた気流が、 X-Creen で強制的に水平になるですよ。
 上信越道に入ってからは五月蠅くて、元の傾きに戻しましたけど。

 松井田妙義 IC から上信越道に入って、東京に向けてヒタヒタと走る。藤岡を過ぎて見たときには 24.5 ~ 25.0 度で、やっぱり蒸し暑い。汗タラ。(^^;


 ちなみに往路も復路も、巡航速度をいつものツーリングより少しだけ上げていました。趣旨がツーリングでなく「とんぼ返り」だったから、とっとと行ってとっとと帰ろう、と。

 で、往路の後半に気づいたこと。

 車検のついででオイルを交換したばかりのエンジンが、だいぶ 滑らかに回って感じて、吹け上がりも軽くなったこと。
 これが熟れてきた本調子か♪ やっぱ動かさないと良くないのね、と思うた。
 んで、調子に乗って、本線合流や料金所の加速で上の方まで回してみたり。

 いつもは回しても 4,500 rpm くらい。大型のパワーで、それで十分に足りるから。
 なのに 6,000 rpm まで回してみたり、一度は 8,000 rpm を超えさせたり。

 ブーン! と、嫌がらずに延びていくじゃあないですか。(^o^)

 ならし中の喝入れで感じた振動や、たまに 4,500 rpm まで回したときの、それ以上を嫌がる素振りが無い。ブーン! と、ストレス無く軽く回ってパワーが出てくるです。

 かつて昔に本で読んだ事が頭を過ぎる。「 BMW 水平対向ツインは、中高回転がその真価を発揮するところ
 なるほどねー♪ 思うたです。(^_^)

 これなら、高速道路をビューン!と すっ飛んでいって遠方のスタンプを取って回る人がいることが理解できる。
 そうも思うたです。パンダに捕食されるのが怖くて、ぽてちはできませんけど。(^^;


 復路の関越道、渋滞・混雑なく、順調に進行。蒸し暑いだけ。
 寒くて冷えて風邪をひくよりは、この程度の暑さなら暑くて汗をかくくらいがマシだと考えつつ。順調に進行。


 川越を過ぎたあたりで、疲れを感じ始めました。朝出発してから、竹風堂で買い物と立ったまま行程を検討しつつタバコ 2 本の 20 分間、そして横川駅前の 25 分間しかバイクを降りていません。

 真夏ほどじゃないにしても汗タラだし、バテると危ないから休憩を取るべ
 休憩している間に練馬で渋滞してしまう可能性がある三芳 PA でなく、可能性がほぼ0になる新倉 PA で休憩しよう。

 とゆーことで、新倉 PA 。




 水分補給と、立ったままタバコ 2 本連続だけの休憩でした。

 ミニ折り畳み椅子を積んでいましたけどね。疲れを感じていてもバテバテではなくて、これならさっさと帰って早く横になった方がよいと考えて、立ったまま 2 本。

 以降、無いと思っていた首都高速でちょろっとだけ渋滞。数十 m の程度。
 直帰するか、給油してから帰るか。しばし考えて、給油してから帰ることにする


 Trip 計 358 km18.43 L の給油。 19.42 km/L でした。
 巡航速度をちょっと上げたのと、調子に乗って何度か上まで回したせいでしょう。

 13:29 帰庫。帰庫時の Trip A も 358 km でした。




 格納の儀式を終えて家に上がったのは 14 時半過ぎ
 化学繊維ウェスで虫汚れをフキフキして、 2 台の格納始末をして。倉庫部屋でジャケットとパンツの始末も。だいぶ のんびりでした。(^^;

 で、 15 時過ぎにこの日初の食事をば♪




 出かけていた相棒が晩に帰ってくるなり「でん粉質ばっか、たくさん買ってきたんだね」と否定的なことを言う。
 そして夕食は待望の栗強飯♪




 峠の釜めしは相棒の分。ぽてちは 栗強飯!




 待望の 栗強飯!!




 ぜんぶ食べたわけじゃありません。 d(^^;

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

2019.10.10

ローストポーク(岩間)



 ツーリングのお誘いをいただきまして、茨城県の岩間まで。

 が、ワオは前日から車検で不在。今回は欠席だなと思っていたら、シーザーかで来ればいいとのこと。
 ならばシーザーで食いにいぐ♪!!

※ 注
 楽太郎ツアーズは『 LINE 』なる SNS で連絡がなされるようになっていて、うちは相棒が窓口になっています。
 そこで知らぬうちに『桃』と命名されていたらしい。(笑)



 


 てなことで、 09:30 に守谷 SA 集合の命が下る。

 道がガラガラなら 45 分くらいで着いちゃうとこなれど、首都高速が行楽渋滞を始めるとどんだけ?!になります。
 用心して 08:00 出発の予定が、お約束で 08:20 の出発。




 うちにしちゃ だいぶ上々な時間でしょうか。(笑)

 江北 JCT の手前、八潮南のあたり。それぞれ渋滞の情報がありましたが、そこに至ったときには渋滞なし。
 順調に進行して、 09:05 に到着しました。一番乗り!!!(笑)

 タバコ窟で一服の間に 2 台がやってきて、おひさ~♪
 相棒は車内で寝ていて出てこない。(^_^;)


 計画通りの時間に守谷 SA を出発して



 


 着いたるは、ローストポークが大人気の彩美亭なり。



 


 他の客も集まり始めたところ。記帳 2 番乗り。とても良いタイミングだったらしい。




 注文受付の手違いで 1 時間以上の待ちになったのはご愛嬌。(笑)
 でも、ワイワイ話しに花が咲いていて、苦に感じる暇がありませんでした。




 ぽてちは「トリュフ塩と燻製塩」を選択。




 これはクセを感じて失敗。(^^; 後に食卓塩をつかったら、格段に良かった。「岩塩」にするのがよかったようです。

 相棒は「ネギと胡麻ネギソース」




 タレを多量にかけず、少しずつが良かったらしい。


 しかしま~ 美味しい肉で、上手に火を通していて、開店前から行列状態になっていたのが理解できたです。産地ならではの店じゃないかしら。



 


 食後、要望があって石窯焼きパンの店に寄り道。




 ここも人気の店らしくて、並んでいた種類が多くなく。 2 斤の食パンを購入。クリームたっぷり系でした。




 焼きたてで切ることができないと言われ、 2 斤で購入です。持つとまだ暖かく、凄く良い香りを立てていた。
 シーザーのリア荷室に入れておいたら香りが車内に充満。(^o^;)
 後席の背もたれとトノボードで隔てられているだけの車だから。


 パンの後は『サザコーヒー』を目指す。

 通ろうとした道が 2 輪通行止めで、登りかけて引き返すトラブル発生。




 かつて昔、 80 年代の峠遊びで設けられた障害が、筑波山エリアは未だに多く残っているんですね。

 2 輪も重量税やガソリン税を払っているわけで、これらを原資にする公共財の利用を拒否する合理的な理由を、ぽてちは思いつくことができません。
 体調イマイチだったから、少しばかり腹立ちましたですよ。(^_^;)


 楽太郎ツアーズ幹部が回避ルートを検討する間に、冷たい梨で休憩。




 冷やした梨 3 つを剥いて切って、保冷剤と一緒にトランク常備の保冷ボックスへポイと放り込んできたものです。
 30 度近くあって陽射しが強く、だいぶ暑く感じる午後だったので、ちょうどいいオヤツになりました。


 そして、サザコーヒー筑波大学店でお茶。大学内の店に抱くイメージとかけ離れていて、洒落た今どきの店でした。




 見回すと、さすがに学部生はいないよう。
  450 円のコーヒーはあり得ない。 330 円のカツカレーだよねー!とか、昔話。(笑)

 ぽてちはアイスコーヒー。




 相棒は『アイス蕎麦湯』。(違)




 16:30 くらいの解散(離脱)だったかしらん。 2 台は どら焼きだったかを買いに行くとのこと。

 今日はありがと-! またねー!




 で、うちは猫のもとへ Go!
 若干の渋りはあったものの、順調に 18:10 帰着。




 猫的に、不満が残らぬ時間。v(^_^)

 猫の夕ぐあん時間が近かったのと疲れていたのとで、給油に寄りませんでした。まだ 100 km 以上走れるし、今日はいっか、と。

 そそ。体調 & テンションがイマイチの日でした。
 寝不足が利いていたのかな。 7 時に起きるつもりだったのが 5 時半起きだったから。おかげで朝から追っかけられっこ」できましたけど。(笑)




 もの凄くお気に入りです。山陽新幹線みたいに駆け抜けてる。




 Freude am Fahren (笑)

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »