« 真夏の X-Creen Touring | トップページ | ローストポーク(岩間) »

2019.09.23

X-Pro3 開発発表



 詳細はまだ不明ですけど。 X-Pro3 開発発表があったようです。

 目玉は背面 LCD が小さな情報表示画面になって




 下に開くとライブビュー LCD が現れるこのとのようです。




 もっぱら OVF を使う造りにして、 FUJIFILM 的にはスナップ シューター志向を高めたのでしょう。
 もしかすると、 OVF に大きな進歩があるのかもしれません。

 その他、プロセッサーの高性能化と画像処理エンジンの進歩、 AF 速度向上、秒あたりの撮影枚数向上、電池持ちの改善などなどあるだろうと思います。


 で、だ。  ぽてちには響いてこない。(^^;;;;;;;;;;


 実質的なライブビューの廃止だけでなく、背面の十字ダイヤル廃止も、 改悪 だと感じます。

 先んじて無くなった X-E3 の LCD スワイプ方式は不用意に設定変更画面になってしまって不便だと感じています。
 が、小ささと操作性を両立するギリギリ妥協点だと、渋々受け入れている状況です。

 その LCD スワイプすらできなさそうじゃないですか。

 だけでなく、背面 LCD 上の ボタンも 2 つに減っている


 十字ダイヤル無しの操作系になっている X-E3 も併用していて、 X-Pro2 の操作性に一歩二歩劣ると思ってる身としては、どうも賛成できません。

 たぶん、 Leica のような「こだわり」だと思うのですけど。撮影画像を一切確認できない機種とか、モノクロしか撮れない機種とか。
 Leica なら、値段と何をやっても一定数売れて帳尻が合うブランド力からして、逝っちゃってる「遊び」もありでしょう。(笑)

 FUJIFILM X のスナップシューターが進む道じゃないと思うんですよね~。
 X Photographer なるプロは、こだわりの解釈・解説をするのでしょうけど。


 もっぱら OVF を使って背面は撮影情報だけ小さく表示するなら、ライブビュー LCD にそういうモードを設ければいいのですよ。
 実用性を落とす必要はどこにも無い。
 十字ダイヤルを廃する実用上の必要性も、どこにも無い。横方向がちょっと小さくなっているけど、場所はまだあるもの。

 理由があるとしたら、イロモノ化。「スナップ写真とわぁ~」のこだわり 恐竜化。だと思う。


 ぽてち的には、高い操作性をもトコトン追って秀でた実用性を誇った X-Pro が、 3 代目でイロモノ化とか恐竜化を始めたように感じられる。

 「 FUJIFILM がスナップ写真から撤退し始めた」と感じます。



 手ぶれ補正機構を小さくする技術が無いことが、こんな形になって現れてしまうとは・・・

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 真夏の X-Creen Touring | トップページ | ローストポーク(岩間) »

コメント

今回使用頻度が低かったXT-20やその他レンズなどを売却して、a6400+18-135を購入しました。フジの18-135を追加で買おうか相当期間迷いましたが、「さわってみてワクワクしない」ため購入を見送り、売却益とキャッシュバックで実質負担が無く機材を更新できました。普段RX100M5AとRX10のSONY1インチセットで大抵の撮影を済ませているので、機材共通化もできたの良かったと思います。
X30とX70の後継をそのままの流れでAFを高速化して出してくれれば、継続購入したのかなと思ったのですが、方針が異なったようなので仕方ありません。

投稿: yoyogi | 2019.10.06 19:46

>>よよぎさん

あらまー SONY に転向ですかー。
裏切りもの~。(笑)

とか言いつつ、「 APS-C α もアリの選択だよな」と思っていたり。
SONY 党から「レンズ交換式を買うのだが、何がいい?」と問われたら
APC-C の α がいいんじゃね? と答えるはずです。

いっぺんは FUJIFILM X を勧めますけど。(笑)
 
 
で、なんか、FUJIFILM が間違った方向へ走り始めちゃった印象です。

スマートフォンに押されているからって、多くの人が画面タッチ操作に慣れてきているからって。
十字ダイヤル無しも X-E3 や X-A7 なら「何よりも小型化!」で仕方ないと思うのですけど。

X-Pro が操作性を落としちゃイカンよなぁ、と。強く思うです。
少なくとも片手で持ったまま操作できなくなることは確実ですし。

Q ボタンはアクションが多いから、ボタンが減るのはとても困ります。

撮りながら「迅速に」やりたい事ってたくさんあるんですよね。
フォーカス点の変更、 AE ロックと AF ロック、 AUTO ISO の選択、測光方式の変更、ホワイトバランスの変更、フィルム シミュレーションの変更、ドライブモードの変更、ストロボの調光補正、撮影画像の確認、削除などなど。
これらのうち 5 つができなくなって、Fn ボタン 1 つ増が救済。
 
 
そして X-E3 と Powershot G7X III と LUMIX DMC-TX1 で共通して感じますけど。
画面タッチ方式は誤タッチがとても多くあります。
常時と言っていいくらいで、もの凄ーくイラつく。(^_^;)

意図せぬタッチを無くすために LCD を隠したのかもしれませんが、
「スマホ時代に対応」どころか「カメラ UI の退化だよなぁ」と思うんですよね。

腹が立っているので次々と書いてしまいますが。

開発の思想として OVF を使って欲しいと言うなら、いっそ、
ライカのキワモノ機種のように LCD を無くして、十字ダイヤルを残せよ!
と思うです。

撮影画像の確認は、スマートフォンに自動転送してやればいいじゃないですか。
そういう時代なんでしょ? と。
 
 
なんだかな~。
「出たら、いずれは」と思っていたけど、 3 ぱパスすることになりそうです。

投稿: ぽてち | 2019.10.07 18:17

a6400を買ったのは、小型で完結できる18-135と、購入は未定ですが70-350Gがラインナップに有ったからです。ただ、フルサイズαはどうも無理している感があり、肝心な時にコケそうな気がするので余り買う気は起きません。Nikon1が無くならなければ、SONYは買わずにそのまま継承していったのかなと思います。

フジはX70の代わりにXA-5を使ってみたのですが、入門機種とはいえ安っぽさだけが感触に残ってしまう感じでした。XF10やXT-100も同じ流れだったので一旦離れることにしました。

タッチ操作は「画面上でピントが合う」とか言う触れ込みの様ですが、私の保有機でも対応しているのかな?全く使った事が有りません。

撮影画像の転送は以前D500で試した所、途中でカメラ本体が固まってしまい、撮影画像の3割程が記録されてない(シャッターは切れていた)事が有ったため、使わない事にしています。

長々と申し訳ございませんでした。

投稿: yoyogi | 2019.10.08 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の X-Creen Touring | トップページ | ローストポーク(岩間) »