« 北のぐるりドライブ(2) | トップページ | 北のぐるりドライブ(4) »

2019.08.22

北のぐるりドライブ(3)



 3 日目の予定。
 秋田から角館仙北を通って盛岡に出て、通り抜けて道の駅区界高原。盛岡に戻って南下。福島の 飯坂温泉

 3 泊目もお宿を変更をしまして、岩手一関から福島の飯坂温泉に
 高温予想で短く予定した 2 日目を長くして潟上を済ませられて、 3 日目に大きく余裕が生じ、その分だけ泊地を南下させました。
 車だで、距離と暑さバテの用心で押さえていた 4 泊目の佐野もキャンセル
 また暑くなる 4 日目に、一関から 450 km の帰宅は自信がなかった押さえ。


 さて、 3 日目。

 エアコン設定に気をつけたおかげか、夜中に目覚めることなく、 05:50 に覚醒。目覚まし時刻より少し早かったです。
 外を見ると、雲が多いけどスキッ!とした陽射しもある。




 そして風。チョト強いくらいか。




 夕暮れ時には空になっていた駐車場に、またたくさんの車。お部屋入りしたときと同じくらい。フェリーに乗る車なんでしょうね。




 いよいよ近づいてくる台風の影響下で、船は怖くないのかな。(^^;

 昨日一昨日の高温は、台風の影響が大きくあったことでしょう。南の海上の暖かい大気が送り込まれてきて(東京は雨がちが続いたらしい)、それが吹き降ろされてきた、強いフェーン現象だと理解しました。


 で、天気予報を見ていて総合した今日の予想

 秋田市内の朝は気温が高めで(台風は熱を運ぶもの)、風がそこそこある。雨はまだ。角館や仙北を通っている頃に、台風の位置的に強風が始まるかもだけど、山間地形からしてまず影響がないはず。盛岡も同様。
 盛岡まで、雨が降っても散発的

 本格的な雨は、区界高原を終えて盛岡に戻った頃のはず。東北道や R4 なら通行止めはない程度だろう。雨で増える事故と渋滞は懸念される。


 結果は、ほぼ予想通りでした。
 雫石から盛岡を通って区界高原を終えて、盛岡に戻ってきたまでの散発的な雨が、時おり霧雨が舞った程度に少なかったことが予想外だったくらい。
 これならバイクでも困難なかったな。とか思ったら、盛岡を離れる頃・・・


 朝ぐあんに下りたとき、ついでにメロンの箱と衣類バッグを車に積み込んでおく。




 明け方に少し降ったようです。




 ボディ色で、汚れているように見えませんが。先頭写真の前ガラスと同様、風で舞う土埃を被っているはず


 朝食バイキングは新発田よりずっと良い印象でしたが、かつてを振り返ると「品数がちょと減って、気づくくらい原価も落としてあって、調理する時間帯もひどく手を抜いてるな」思います。
 少なくとも、一括仕入れしたものの使用が増えたことは明らか。
(米どころの新発田で、米すら他地域か?と疑った)

 揚げ物、焼き物。材料が安くても、揚げ方・焼き方のセンスが少々悪くても、調理して間もなければ美味しく食べられる。これが長時間を置いたら「餌」級に感じてしまいます。
(冷えてから食べる前提の駅弁、高いですよね。使ってるものが良くて上手)

 まぁ、「ビジネスホテル」の 本旨 に立ち返っている、と言えますけど。
 新発田より品数だいぶ多く取りましたが、今朝も 納豆ご飯がメイン の気持ち。




 出発。 08:04




 少し早いですが、今日は 400 km 以上あるし、東北道が渋滞するかもだし、と。
(初日 2 日目ともに 390 km 弱)

 そして、 8 時に 33 度は誤差が大き過ぎでしょう。思ったのですが、直後に市内を走っていて見た現在の気温 32 とな。(^O^;)
 後刻ラジオで聴きましたが、秋田市の最低気温が 30 度もあったそうです。


 ラジオと言えば。聴き始めた初日午後から、 AM NHK が台風の話題ばかり。それも同じ話しの繰り返し
 高校野球を流されるよりは良いのですが、すぐ飽きてもうたです。(^^;;;
 地域の民放が中心になりました。おかげで気温情報が詳細に。(笑)


 ナビの誘導で『秋田北』から秋田道へ。秋田市の中心部を直接に見られぬこととなりました。




 どこも町中の古い商店は厳しいようで。(^^;




 途中に見た「秋田県警」の文字を目にするのが珍しくて、思わずパチリ。




 秋田道に入ってから秋田南 IC 手前くらいまで、「風が強いのかな? 時おりわずかに進路が揺らぐ」思ったですが、轍の影響だったかも。
 日本海東北道との JCT を過ぎてちょっとの『協和』から一般道。

 ACC 下り勾配ではEco Pro 」モードを使いながら、淡々と進む。たぶん、普段より車が少なかったのだろうと思います。淡々と

 角館、仙北と進みながら途中、秋田新幹線こまちと併走になってテンション上がったり。(笑)
 いくつも越えていく峠の高さ山深さや天候の変化から、なるほどここが国境になったわけだわ、とか思ったり。


 盛岡に向けて下りていく途中に、道の駅を発見。雫石




 トイレ休憩としました。警告機が「もう休めよ」言うし。(笑)
 売店部をウロウロして、土産候補を物色。していたら、これは逝くっきゃないでしょう! 発見。(^o^)




 なぜか日本酒もその気になって、いぐ!




 2 本とも生酒で、要冷蔵なんですが。箱の方の解説にありました。

 微発砲の生酒なので持ち帰りも冷蔵道中の保冷具合に十分気をつけよ、と。失敗すると期待と違うものになっちゃうよ、と。

 トランクの保冷ボックスが、初日で終わった保冷材しか入っていません。ロック氷も買って桃と一緒に入れておくつもりで購入決定。(^o^)
 今日は日差しが無くて高温もないし、明朝に氷を買い直せば大丈夫でしょう。

 車だから可能な芸当♪ 再び。(^o^)


 新聞紙包みの方を、帰った翌日に開けてみました。




 相棒が評して曰わく。
 ちゃんとした酒の味がする。匂いも悪くない甘いけど。




 なるほどね。酒のことがわからぬ ぽてちも同じ感想でした。もうちょっとだけキリッとしていたら、もっと口にし易かったと思うたです。


 あ、背後の白いのは道の駅象潟で買った 稲庭うどん です。




 道の駅雫石を出発するにあたって、盛岡市内で給油するスタンドを確認。セルフが希望で、ナビと Google map ストリートビューの両方で確認です。
 残量まだ十分で、調べておいた市街の手前から市街の向こう側に変更。




 区界高原を終えて盛岡に戻ることも可能そうなれど、無理はできません。

 実際には。
 カチカチ、カチカチ、大人気ないくらいギリギリまで入れて。まだ 7 L 以上残っていました。
 905.1 km 走って 44.73 です。挑戦したら、大台いけた。(笑)




 もし渋滞ほとんどなければ、西方なら山口に届いちゃうのねん。

 ちなみに Eco Pro モードの恩恵表示は +9.3 km だったか。酷くもっさりするだけで、鬱陶しさに見合った効果はないらしい。
 赤とんぼが頭を過ぎりましたですよ。(^_^;)

 今後、使うシーンを選ぶようにします。(ガラ空きで信号も無い平坦路とか)


 給油を終えて、道の駅区界高原へと上がる。 11:34 着。



 


 着いてから、微かな霧雨が たま~に短く舞うような天候。




 気温が高くなくても、蒸し蒸しして暑く感じました。

 ここで昼ぐあんを食べようと決めてから




 スタンプ。




 だいぶ珍しい置き場所だな、思うたです。




 ふつーは建物内ですよね。もしかして閉店が早くて、その対応でしょうか。

 続けて売店部。何かよさ気なものはないかな~♪




 えっ?




 もっとあった。(笑)




 そっか、雪の季節によく売れるのでしょうね。
 で、結局これ。




 そして昼ぐあん




 なんか、昔のスキー場のような・・・ (^^;;;;;;




 うん昔のスキー場級!(笑)




 こういうのもセンスと手間なんですよね。材料の値段じゃなくて。 43 年前の長野原駅ホーム立ち食い蕎麦がメチャメチャ美味しかった(家族全員びっくり)とか、ありますし。


 終えたらリアル 1 本で、出発です。 12:21




 次なる目的地はこの日の最終。福島の飯坂温泉


 出てすぐのトンネルを抜けると、あとは盛岡まで強く下っていく一方のような道。ダラダラ下りつつ Eco Pro モードのコースティング(空走)機能を使って燃費を稼ごうとしましたが。ダメ。
 前に車がいると、追いついちゃうんですね。(^^;

 追いついてブレーキ踏むのはいい。単独でも、勾配が急だと ちょくちょく軽いブレーキで速度上がりすぎを抑えなきゃならないから。
(圧縮比が高いジーゼルは、強力なエンブレの緩和で燃料を使ってる。はず)
(だで、下り勾配で稼ぐ気のときはギアをカチャカチャやりません)
(軽くブレーキ踏んでも勝手に回転数が少し上がって、緩いエンブレやるし)

 ほとんどの前走車は特にカーブの速度が低くて、勾配が緩いところでアクセルを踏まさせられてしまいます。このときもそうでした。

 後ろに車がいないのを良いことに、失速状態をしばらく維持して距離をとって、取れたら転がり落としていくようにしていました。


 VICS 情報を見ると、仙台の手前で長い事故渋滞が発生している模様。急がず近づけば、ある程度は解消してないか? と期待して

 R4 をちょっと走る気になりました。


 下り切る手前から時おりバラバラと降って、下りたときは重い曇天。 R4 に入って間もなく、ドザ降りになりました。
 以降、豪雨ではないけど、だいぶ強い雨が続く。花巻で東北道に乗ってからも。

 さすがは東北道で、本格的な雨でもそこそこのペースを維持している車が多数。 Eco Pro モードと ACC に任せて巡航していきました。

 バイクだと だいぶ疲れているはずで、濡れたウェアに雨具を重ねるのも雨そのものも、辛かったでしょうね~。(^^;;;
 グローブとメッシュのシューズが濡れて手足ぐちょぐちょ。顎と首も濡れて・・・


 で、事故渋滞なんですが。近づいたときには事故マークが消えていた。でも、渋滞は延びていた

 情報では始まるのが築館 IC の先。実際は手前の紫波姫 PA のチョイ手前から。
 築館から古川まで R4 を走る手を考えて、詳しく見るために紫波姫 PA で休憩




 本降り雨で、ここまで下がりました。




 たぶん、ズレ無し。たぶん。


 で、考えた手、ダメでした。 Google map の交通状況レイヤーを見ると、 R4 も各所で渋滞しています。
 Google map の交通状況は実際より大袈裟に表示されるものですが、状況からして負担軽減を期待できません。
 素直に渋滞に突っ込むのが 最善の手 だと結論しました。


 本降り雨の下で、長くて本格的な渋滞。バイクだと辛かったでしょうね~。(^^;;;
 もっともバイクで予定したのは一関で、一関なら渋滞なしで行けたけど。(爆)


 渋滞が解消した位置はほぼ情報通り。古川 IC の少し先、三本木 PA の手前。

 現地を通りながら思った。事故処理が終わってけっこう経つのにまだ伸びているし、事故渋滞から下手っぴサンデー渋滞にまんまシフトしたな、と。
 合流の直後。強めの登り勾配。フラグ立ってる!というやつだ、と。(笑)

 この先の小さな渋滞 2 つは、近づいたときには解消。雨が弱まった影響かな。


 仙台を過ぎると雨がほぼ止んで、白石以降は曇天。先に生じている長い渋滞の手前で下りて、ナビの案内でお宿まで。
 翌朝に寄ってみる桃直売所はここを曲がって行くのね、とか。

 16:39 、到着。



 


 お宿の前からお宿の車に先導されていった駐車場での写真です。

 この日は 423 km の走行。




 で、保冷ボックスのロック氷をどうしよう?と思ったですが。観てみるとまだだいぶ融け残っている。気温は上の写真にある値で、明日の朝まで高温はないはず。 大丈夫だろう! と放置を決定。
 いちお、融け残り具合を見て、位置を入れ替えましたけど。
(明朝に観たら、少し融け残っていた)


 車に乗せていってもらったお宿はこんなん。(翌朝の撮影)





 どこから来た?と問われて。秋田市を出発して盛岡に回ってから来たと、中居のおねーさんに話したら。
 凄まじい距離の運転だ!との反応。

 ふつーだし、まだ短いですよねぇ。(笑)


 ちなみに、いちお温泉旅館なので。こんな部屋。




 風呂もシャワーだけにせず、展望風呂の浴槽に浸かって(写真は翌朝の撮影)



 


 食事も「どこで食べようか」の頭を使わず




 ルートインで食堂夕食にするより ¥4,000- くらい高かった価値があったか? とも考えず。(笑)
(朝食もバイキングより良かったから・・・ 割りがギリ合うと思うた (爆) )

 この写真、ボケをかました記録です。




 ご飯茶碗はポットの陰にあったんですね。どこ?と探して、これかな?と使っていたのは、ちょっと前に自分で外して置いた煮物の蓋でした。(火暴)




 中居のおねーさんに指摘されて理解したです。(^^;;;


 この日も、晩のうちに梱包できるものは梱包して。猫の様子問いの電話をかけて、早々に おやすみなさーい♪




 やっぱベッドの方が楽。(^^;

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 北のぐるりドライブ(2) | トップページ | 北のぐるりドライブ(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北のぐるりドライブ(2) | トップページ | 北のぐるりドライブ(4) »