« 断熱グラスウール シート貼り(リード125 ) | トップページ | 見頃だった桜 »

2019.04.02

メェ~



 断熱グラスウール シートを貼った前日のこと。車なお仲間が何人かお山に上がるとの書き込みが SNS にアップされていて。

 間に合う時間に起きられたものですから、ふらっと行ってきました。

 どんよりとした曇りで、少なくとも夕刻からは雨の予報。予報地点の小田原が夕刻からでも、お山の上は天気が違うと考えた方がよいです。駿河湾からの雨雲が直にぶつかってくる位置ですし。
 迷うことなく、足をシーザーにしました。




 間に合うといったレベルの時間に出発。(^^;;;

 高樹町から三軒茶屋までとなっていた渋滞はさほどでなく、大橋 JCT 前後だけ。横浜青葉の手前から横浜町田のちょい先までは、しっかりと渋滞。 11 km とかなっていたかな。




 お約束のところですね。出た時間が遅いから仕方ありません。

 その後は順調で、海老名でトイレ休憩をとっただけ。大橋 JCT 前後の渋滞から小田原西出口まで、ほとんど ACC 任せでダラ~ンとこなしていました。

 ACC は楽ちん♪ で良いのだけど、テンションがだらけてイケナイ。(笑)

 平塚の近くの対向車線で擬態パンダが捕食しているとこ見て、ハッ!とメーター見て「これなら大丈夫♪ 」と思ったくらいのダラ~ン。(笑)
 140 km/h 巡航がいいように作られているはずだけど、仕方ないです。


 小田原西を出るところから箱根新道に入るまでが、とても楽になりました。
 箱根峠から芦ノ湖スカイラインに入って、間もなく山羊さん。




 駐車場から引き上げたらしく、レストハウスに入ってみると 6 人 7 人が。しばらくぶりに会うお仲間もいたりして、 1 時間くらい雑談。車談義、バイク談義、四方山。
 が、 1 時間も話し込んでいると「そろそろ解散」の時間です。

 シーザーを一往復、お仲間に運転してみてもらいました。

 「乗って楽しい車じゃなくて、高速道から山道まで不快少なく移動をこなせる車(今どき貴重なのよ)」と、あらためて話しましたが。異論反論なく、納得してもらえたようです。
 出たばかりの頃の 1 シリーズと、印象がだいぶ異なると言うてました。

 その他。こりゃガソリンと言われたらそう思っちゃう。ハンドル中立付近の動きがしっかりしてる。視界と見切りが「今どき」ほど悪くなくて、取り回しやすい。
 同じ 5 dr で似たような大きさの某田車と比較されとりましたが、聞いていると、多分そうだろうと思っていたことが結構アタリ。へぇ-!そうなんだ! もありました。
 お仲間の評がいちばん頼りになるですよ。(=^^=)

 でも、後輪ホイール換えて 225 にする案は賛成してもらえなんだ。 v(^^;
 これはこれでまとまっているなら、これでいいんじゃね? って。


 んな訳で、戻って「またねー♪ (^o^)/ 」


 帰路の箱根新道を下りているとき、上る側でネズミ捕り。その後、上ってくるバイクにはご挨拶をば。(笑)
 小田厚で擬態パンダが捕食している惨劇を目撃。

 年度末の土曜日ということで稼ぎに入っていたのでしょう。


 小田厚に入ったところで知ったのが、首都高速の渋滞。大橋 JCT を先頭に、東名東京 IC の手前まで 11 km 40 の渋滞となっていました。
 だんだん伸びていって、見た最後は 13 km だったかな。谷町先頭まで加わっていた

 保土ヶ谷バイパスの渋滞状況をナビで見て、回り道をしました。

 川崎料金所の先から大橋 JCT までの渋滞は飽きていて、かなり重度であることがわかっている。
 保土ヶ谷バイパスの渋滞は、ナビによれば比較的温厚であると見て取れた。横浜町田出口もかつてよりマシらしい。ならば 20 年近くぶりに通ってみようと思った。
 実際、完全停車に至ることは少なくて、 ACC 任せでずるずる動いていた感じ。

 新保土ヶ谷で横浜新道に入ってからは順調。保土ケ谷で首都高速に乗り継いで、横羽線。都心環状も大丈夫でした。


 13:55 帰庫。




 メーターの平均燃費は出発前に走っていた約 44 km の影響を受けたもの。
 オンボードコンピューター(本日の走行分)は




 てな具合でした。  
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 断熱グラスウール シート貼り(リード125 ) | トップページ | 見頃だった桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 断熱グラスウール シート貼り(リード125 ) | トップページ | 見頃だった桜 »