« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019.02.25

小物の準備をぼちぼちと


 手軽で気軽に乗れて近所足にもなるスクーターを導入したい思いは、 5 年以上も前から頭にありました。

 双葉 SA でメバチくんを倒して足を怪我した 2 年半前。もうバイクを止めちゃおうかと、だいぶ考えたとき。
 大型バイクの代わりに、前から頭にあった 180 200 cc のスクーターにすれば、負担が小さく気軽に乗れるかな?なんて思った。(大柄で重い 250 cc スクーターは考えなかった)

 160 kg を切るくらいの、そんな排気量のスクーターが無くて。工場長の、間髪を置かぬ止めるの反対!(笑) があって。自分もまだ未練があって、ぽてち引き籠もりを恐れる相棒も乗り換えに賛成で。
 メバチくんからワオに乗り換えることにしましたけど。


 昨秋に「あと 5 年は乗る」と決意していなくて、今、もし 150 kg PCX180 が世に存在したら。
 ワオの立場がだいぶ びみょーになっているかも。(^o^;)
 首都高速を普通に使えて、喜楽飯店や江ノ島くらいを疲労圏内に感じそうで。


 さて。細かな用品を、ぼちぼち準備しています。


 まず、 PCX とリードを調べていて、評判が悪くなさそうだったもの。



 ぽてちの手には、グローブ着けて手を入れるとき小さいかもしれません。付けて試してみて、ダメだったらメバチくんで使っていたボロを試してみます。


 続けて。



 けっきょく amazon ぽち♪ しました。
 販売店で注文してもよかったですが、ハンカバ ぽち♪ ったついで


 シガーソケットでスマートフォンを充電する用と、念のための滑り止め。そして、荷物くくりつけに便利らしい ROK ストラップも。



 滑り止めはシーザーのシートで使うために amazon 調べて、ついでに念のためでリード用も ぽち♪ っておいた感じ。
 何年も前に相棒が買って、いい具合だったのに無くしたのと同じもの。

 ROK ストラップは、リードではあまり使わないと思いますが。
 ワオで真夏のスタンプ ツーリングに出たとき、暑くて脱いだジャケットを後席にくくりつけるのに良かろうと考えた。
 その程度だから長いモーターサイクル用にせず、短いスクーター用です。


 写真ありませんが、ドイトでゴムマットを買ってきました。車のフロアに敷く用のものです。
 シートにかけておく。外の奴らのシート耕しを防ぐです。 v(^^;

 ちなみに、ステップ床にゲーされることは覚悟済み。(笑)


 今は軽自動車向けの小さなフロアマットがドイト店頭の主流なんですね。
 カー用品コーナーが小さくなっていて、バイク用品コーナーは特に無く、自転車用品の小さなコーナーがあったのみ。
 90 年代中頃から後半にかけての頃と、雰囲気だいぶ違うなと。再び思うた。


 次、シート下ボックスの外側に貼って、エンジン熱を気持ちでも遮断するため。 1.4 mm 厚のグラスウールシート



 web で見た先人の真似っこです。効果は気持ち程度と書かれていたけど、それでも。しょせん 1.4 mm 厚だから、ぽてちは 2 重にしてみようと思います。


 次は、シート下やトップボックスに敷くための緩衝ウレタン



 リードはガタガタよく揺れるんですね。衝撃をあまり与えたくない物を入れるとき、下に敷いて気持ち程度でも緩和するためです。
 気持ち程度だろうし、前後 G もあるから。ケーキは崩れてしまうはず。(笑)


 最後はまだ届いていないもので、こんなものも ぽち♪

 自分だけの使用なら、さほどには気にしないのだけど。もしかしたら、相棒が AT 小型二輪の免許を取って乗るかもしれないから。
 もし相棒が乗るなら、綺麗な状態でどんぞ♪」とやりたい。そんなつもりで。

 もしかしたらなんですけどね。ドイトの後、入校案内をもらいに行って、ちょっと話しを聞いてきました。
 遠いけど、レインボー。近くには無く、どうせ遠いなら厚い信頼を寄せるところ。
 その気になるようだったら送迎します。週末を消費しても構わない。


 そう言えば、任意保険も。
 シーザー営業氏に電話して、ファミリーバイク特約をつける依頼をしておきました。


 なんて具合で、準備を着々と。でも、入荷の予定はまだまだ先
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.23

付けるもの・使うもの


 予想外なことに、入荷予定がけっこう先です。

 あまり人気がない車種とは言え、数が出るジャンル。販売機会を取りこぼさぬよう、そこそこ在庫していると思っていました
 スクーターは新車が店頭に並べられているのをよく見ますし。
 早ければ 3 , 4 日で納車可。かかっても 10 日じゃないかと予想していた。

 店主が曰わく、全数検査でもしているのかなぁ?

 昨年の後半にリコールがあったようだけど、また何かあったとか? なんて思うたけど、理由が何でも無いものは無い
 言われた入荷予定まで待つことにしました


 あわせて注文したオプションは、純正の風防スクリーンと純正の 35 L トップボックスだけ。


 速度が低いし時間も短いから、電熱グリップ無くてもハンカバで十分だべ。ハンカバは amazon でいいべ。
 オプションにあれば前籠も付けるけど、無いし。
 高速道に入れないから ETC も要らない
 アラームは、がよく乗るから付けられない。(近所の車は使用を断念 (笑))

 純正オプションが少なくて、あれこれ悩む楽しみがなかったです。(笑)


 一つ、こだわった事がありまして。トップボックスを CB1100 やインテグラ用の塗装済み品にしましたです。



 同じ塗料じゃないんだけど、同色系。無塗装黒との差額は ¥4,320- 。
 型番を店主と確認して、リード125 用の 1 キーシリンダーも入るな、と。

 お試し 6 km のとき、車両を見て。 PCX のような質感がなく、チャチに見えるなーと思ったものですから。(^^;;;
 無塗装黒の、荷物を当てた跡や、汚れが白っぽく見えるのを緩和したい
 同色系で揃えたら、チャチな印象も緩和されないか? とか。

 もしかしたら、相棒が免許を取って乗る気になるかもしれません。
 「バイクに Wellcom ! 綺麗でしょう?」とやる仕込みをば。(笑)


 その他。


 出先で使うロックは、手持ちで浮いてるディスク ロックにするべ。小さくて、邪魔に思わず済むから。
 家の駐車場では、浮いてるワイヤーロックか、安い U ロックを買うか。
 ワイヤーロックも、シート下に入れておいて出先用にする手があるかな。

 充電器はどうするか。毎日のように乗れば要らないだろうけど、そこまでは乗らない。オプティメート 4 を買い増すか・・・ しばし様子見かな。
 車載側ケーブル付けるのに前パネルを外さなきゃならんのが面倒くさいし、場合によっては内パネルに穴を開けて小物ボックスに引き込まなきゃならんですよ。適度な AC 延長コードも買わなきゃならん。様子見。

 シートの猫爪穴防止ゴムマットを買いに行かないと。
 無いとボロボロに耕されるだよ。(^^;;;

 バイクカバーは、ともに蔵入りしてるハーフカバーか、 CB1300 SB 用を。バサッとかぶせておくべ。


 必要なものは何か?が概ねわかっていて、蔵入りしてる手持ちが使えたり、衣類をどうしよう?と慌てることもなく。
 気楽なタイプの追加だと、気楽ですね。(=^^=)


 んなとこ~。(^o^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.22

選ぶ


 車種選びにあたって頭にあったのは、かえる妻さんと知人が乗っている PCX か、他の知人が使っている PCX150 でした。
 チラチラ目に入る話しで評判が良いらしいと感じて、町でも姿をよく目にします。
 あの 3 人が乗っているなら間違いないどっちかかな。」と思いながら調べ始めました。


 調べてみると高評価。よく売れてもいるらしい。こりゃ他をあまり詳しく調べる必要なくどちらかだろうと。

 さらに個人のインプレまで調べると、クッソ重い自分は 150 の方が良さそう
 理由は首都高速の可否でなく、流れが速い幹線道や坂道で、クッソ重い ぽてちを乗せてもイラチにさわらぬ加速をしそうだから。(笑)

 ちなみに、首都高速でどうだ?を考えたらバーグマン200 かフォルツァになると、考え至っていました。
 タンデム性能も同様。ぽてちは単体でもクッソ重いし、おっきいもの。 v(^^;


 150 に結論しかけつつ、でも決めかねました。決めかねた理由は、任意保険の費用がどれほどになるのか? です。
 重量税や自賠責に大きな違いはないらしい。


 できるだけ気軽に乗りたいと思っているし、維持費を含めて何か負担を感じるようだと長続きしません
 でも、ぽてちは クッソ重いイラチでもある。(^^;

 費用で 125 を選んで もしそれが失敗だったら、イライラ溜めて、すぐ買い直すことになってしまう。費用(火暴)

 自分理解がけっこう進んでいるなと思いつつ (笑) 、決めかねていた。


 こりゃ販売店に行って任意保険の見積もりをしてもらうまで決められないわ。



 なんて思ったところで、 かえる妻さんからレンタル乗ってみなーと。

 そうですね。 125 で足りるか足らぬか、乗れるなら乗って確かめなきゃ。もしあまりに足りぬようなら、きっと 150 でも足らないから、近所足企画そのものをボツにせなならんし。
 で、即座に調べたら、 125 の PCX なら現実的な立地にありました。

 即!予約

 したところで まーぼーさんから一言。買い物に使う下駄バイクなら リードが最強 なんだけどねーと。


 まったく頭になかったから、へっ? と思ったけど。
 まーぼーさんが言うことだもの、調べてみるべきだ。と調べたら。

 なるほど~、これは凄い。
 12 ロールのトイレットペーパーが入る写真が衝撃的でした。(笑)


 この段階で PCX150 かリード125 に絞られた感。 ヽ(゚▽゚)ノ


 主用途に想定する「近距離の買い物適性を重んじると、シート下容量の大きなリード125 がとても良い。
 12 ロールのトイレットペーパーが入る! トラベル三脚も入るはず。

 評判の走行安定性と、クッソ重さに負けずイラチにも応える出力を重んじたら PCX150 が良さそう。
 作りの質も良さそう。シート下が、リードには敵わずとも 28 L あるし。


 レンタルできたのは PCX だけど。 PCX 150 の車体性能と、リード 125 の動力性能を、まとめて見るつもりで向かいました。
 望外の僥倖でリード125 も短距離お試しできたのは、本当にしあわすだったです。

 その感想は、前に書いたようなものでした。



 帰ってから体験を反芻しながら考えを重ねて、思った。


 PCX 単体の体験だと「小さなスクーターはこんなものか」だったけど、比較すると、車体性能と運転姿勢がけっこう違うと感じた。
 150 にすれば、幹線道での追い越し加速性能や急坂も大丈夫だろう。
 大きさ重さは、近所足のギリ許容範囲内だと感じた。

 でも、長所が活きる距離を乗る気になるか?と考えると、 150 にしても びみょー。やっぱり小型なスクーター。
 下道で 15 km が、疲労を考慮したら気軽の範囲だよな~。
 ならば首都高速でワープする? それならワオかフォルツァだべ。


 リード125 は、積載量がやっぱり魅力。トップボックスを付けて、ステップ床とコンビニフックを活用すれば、小さくて気軽な近所足として最上のレベル。
 追い越し加速も、 PCX より活発に感じた。年次改変で同じに変えられちゃっているかもしれないけど、 16 kg 軽いことが多少はカバーするべ。

 ただ、運転姿勢がいかにもスクーターのそれ。ハンドルが遠くて低くちょこん腰掛けて操作が落ち着かない。
 どころか、遠いのに切ると膝に当たってしまって、交差点で足さばきが必要

 さらに、ぽてちの重さがあってもガタガタよく揺れて、ケーキを運ぶのは難しそう。

 この揺れ(跳ね)と走行安定性と ちょこん姿勢で、 PCX で出す気になりそうな速度を怖く感じて出す気にならないだろう。
 下道で 10 km が、疲労を考慮した「気軽の範囲かな。

 あ、不足にならないかも。主旨用途からして。
 高い速度より、中間域の追い越し加速が大事だもんなぁ。走る道の状況からして。


 なんてこと、つらつら考えた。


 あれもこれもと求めて虻蜂取らずに陥る 得意技 (笑) を 封じ て、当初主旨に集中しようと結論しましたです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想定した用途・道の状況


 Google map に拠ると、池袋まで 5 km くらい


 ここらが、近所足で真に気軽に出かけられる範囲じゃないかと考えました。

 東京は信号・交差点と車が多くて、加減速と瞬間判断の繰り返し。頭の老化防止にはいいのだけど、実距離で測れぬ時間距離 疲労距離があります。

 20 年近く前にしばらくいた田園丘陵地帯だと、その地域の 15 km には相当する感覚。 20 km に相当すると言ってもいいくらい。
 駐車場を出て 30 分間一度も信号で停まらないとかありましたもの。


 池袋くらいより遠くは日常圏外的な感覚で、元よりあまり用事がありません

 かつてよく行っていた銀座はバイク駐輪がタイヘン困難で、バイクに復帰してから行かなくなりました。行くとしたら、 Nikon 銀座センターに修理持ち込みと引き取りをするときくらいかな。
 たまには『スイス』を食べたいとも思うんですけど。

 バイクを駐め難いところは、余所では済まぬ用事がなければ、車でもバス電車でも行かないようになりました。
 困難の記憶に直結しちゃうんですよね。あそこは面倒なところ、と。
 あってもお粗末なラクーアもそう。改善されている可能性がありますけど。


 ズレた。(笑)


 12 km とか 14 km のバイク用品店は、だいぶ億劫だなー と思ってます。陽気がよいときは、ツーリング気分で行くこともあるはずですが。
 陽気がよければ、できたらワオにしたいかな。走ること自体はだで


 利用シーンの半分以上を占めると想定したのは、半径 3 km
 最多は 1 km から 2 km の買い物でしょう。スーパーと、パン屋や弁当。


 そんな考えで、近所足の選定。調べ始めたです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.21

近所足の導入を決心


 上に表示される Twitter にちょろっと書きましたけど。
 近所足に、リード125 の導入を決心しました。


 導入主旨 引きこもりを少しでも減らす


 晩に仕事から帰ってきてから、車でスーパーの弁当・総菜やホカ弁を買いに出る元気が無くなっているだけでなく。
 家を一歩も出ない休日が、数年前からどんどん増えてきていまして。(^^;;;

 布団と、買い置きのカップラーメンやポテチで過ごす休日率が・・・

 休日に寝コケて睡眠を回復チャージする必要があるのは確かだし、夏は暑さでダウンしてしまうのが怖いし、今の季節は風邪やインフルエンザに罹患してしまう可能性を恐れているのも確かです。
 どれも、仕事に障るです。やるとドツボが深くなったで。(^^;


 が、あまりにも酷い状況になってきた。

 落ちてきている体力をさらに落とすだけでなく、精神的な活力がジワジワ蝕まれているゾ と自覚するくらい。(^^;;;
 低活力で使わぬ頭の動きが鈍ってしまうことも怖い。元から鈍いのに。(笑)

 食って寝ているだけだと、どんどん重くなるし。(火暴)


 何年も前から考えていた、手軽で気軽に乗れる小型スクーターがあれば・・・


 冬でも、防寒アンダーを追加せず、ストリートガードより軽くて柔らかなバイク衣類を億劫感小さく身にまとい。すると楽々身を屈められて、履く作業が楽で早いショートブーツを履いて。
 あれこれ外して着ける出庫準備ほぼ無く、ヘルメットとグローブをつけるだけ。

 扱い・操縦に力と神経を要さぬ軽い車体が楽で、遅い車を機敏な加速で不安なくさばいて(イライラせず)走れる 2 輪の特性あり。
 行った先で駐めるところに神経を使う程度も小さくて済んで、駐める動作も楽

 出向いた先では、冬のガッチリ衣類の重さで疲れてしまうことも、商業施設の暖房が暑くて消耗してしまうことも(たぶんない
 夏も、エンジン熱をほぼ感じぬくらい熱くなくて、感じる暑さがマシなはず。


 これなら出かけるでしょう。近所のスーパーや池袋の買い物くらい。


 ご飯どうしよう?のときも「カップラーは飽きたけど、家を出るのが面倒だし徒歩のスーパーは酷く不味い」で出前を取ろうとするのでなく、ちっとは買いに行くようになるかも。
 チトあるスーパーの惣菜や寿司パック、ホカ弁、松屋、CoCo壱あたりが有力候補かな。

 もしかしたら?と期待するのは。ちょっと気を引かれる情報を何か得たときも、例えば先日のようにコツメカワウソの子供が可愛いらしい♪とか。
 「遅い車に前を抑えられ続ける移動が不快」や「自分とワオの準備が億劫で、駐輪場所探しもストレス」であきらめちゃわずに出かけるようになることです。


 さて、どうなるか。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.20

乗ってみた印象


 乗り始めからしばらくは、フラフラしてフラフラして。こんなに安定しないものだっけ? と思ったですが。
 10 km も走った頃には慣れてきて、以降はあんまり意識すること無く。

 スクーターは、 35 年前に 2 ヶ月くらい借りた友人のリード50 以来です。
( C650 GT で幹線道を往復した 6 km ほどの試乗体験を除く)


 慣れてきても、オートバイのような走行安定性は無いな~と思った。ネットで見ると、 PCX は安定していると、いくつも書かれていたのですけど。

 15 km を超えたくらいの頃。 30 km/h から 40 km/h で、ちょびっと長めのカーブを通った際のことです。
 ピタッと安定して曲がるじゃないか。こりゃバイク的な乗り味だ♪
 なんて思いましたです。

 ツーリングにも使えると書かれていることを、納得。

 なるほどね~と思ったものの、以下の観点で ぽてちには厳しいと思うたです。


 まず、乗車姿勢


 高速道を含む一般道の速度と道路環境では腰と背筋を立てて乗るのが、疲れないし、重心移動等の運転動作もし易いと感じています。
 要するに、白バイの乗車姿勢ですね。少なくとも下道はあれが最良だ、と。

 なんだけど、これがスクーターだと・・・

 足を前に置く腰掛け座りは腰と背中が曲がりやすく、つい崩れてしまう
 これはまぁ仕方ないことで、腹筋と背筋を強くするべきだとなる話し。

 が、シートも姿勢崩れを助長しやすいものでした。

 沈む部分に座って腰を立てていても、減速 G で尻が前にズレてしまう。シート前端が固くて(シートベースが高くなっている)元いた後方が柔らかだから、骨盤が寝て腰と背中が曲がってしまうんですね。
 曲がったまま乗っていると、自重と前後 G で腹筋背筋が疲労してきて、全体として「疲れたになってしまう。ツーリングの長時間は厳しいです。

 シート表皮を滑りにくいものにした方がいいと思うた。

 ぽてちの車両だったら、(今はまず見なくなった)ダュシュボード上トレーの小物を滑らぬようにする「滑り止めシート(ゴム素材)」で大きなやつをカー用品店で買ってきて、安あがりに対処するはず。
 貼り付けずに敷くだけになって、無くさぬ管理が面倒ですけど。

 併せて、沈む部分のクッション下層と中層をもっと固くして、尻への「当たり」に関わる上層だけ今の柔らかさで作るのが良い。
 コストに影響することだで、難しいと思いますが。

 ぽてちはめっちゃ重いから限界性能テストみたくなってしまって (笑) 、世で固いと言われるシートでもそんな感想になります。


 次は、トルクの谷


 40 km/h くらいから 60 km/h くらいまでの加速にかったるさを感じました。ネットで見たインプレの通りだな、と。
 これも ぽてちの重さが体感を顕著にしているはずですが。

 速度を落としていく前の車に合わせて速度が低下しつつあるところで、加速しながら車線変更して避けるようなとき町中で多いシーン。
 他の速度域と同じアクセルの開け方で、同じように加速しないんですね。

 期待した加速を得られず、追加でヨイショ!と開けてもあまり改善しません。
 移った先の車線の後続車が予測より速いと、ゴメン!ってなことになる。

 この非線形な反応、疲れます。イライラすると言うより、疲れる

 延々 50 km くらいこれを繰り返し続けないとツーリング的な道路環境に至れない ぽてちがツーリングに使うのは、チト厳しいと思うたです。

 たぶん、燃料の吹き方と、 CVT 変速比の設定が理由でしょう。 0 から 40 km/h くらいの加速は予想以上に良かったし、谷の先でもスィーっと伸びていく(らしい (笑) )から。

 そう設定している理由は、ツーリングのためもあったりして。

 安定した巡航をしているとき、元気な反応は疲れを招くことも確かです。燃費、すなわち航続距離のためにも良くない。

 興味深いことに、 45 km ほどの途中で 6 km くらい乗ったリード125 では、この「かったるさ」を感じませんでした。
 リード125 も同じエンジンとミッションで、ピーク出力は僅かに低いのに。
 リードは燃費もわずかに劣るし、「わざとの PCX 設定だと思うた所以なり。


 以上、ぽてちがツーリングに使うのは難しいと思った 2 大理由です。


 運転姿勢の話を出したところで。

 PCX だけの体験感想だと、腰掛け座りは良くないな~と思ったけど。ハンドルがリード125 より近くて高くて、いかにもスクーター姿勢なリードよりバイク的な姿勢に寄せてあると思いました。
 PCX は極短距離用でなく、ある程度の距離と時間を乗るための設計をしてますね。

 不思議だったのは、交差点をゆっくり曲がるような低速度だと、リード125 の方が安定して感じたこと。
 それ以上の速度だと PCX の方が安定して感じました。リードは ぽてちの重さがあってもガタガタよく揺れて、合わせ技で、調子に乗って速度を出したら怖いだろうと思わせた。


 積載量

 シート下が、 28 だそうで。



 今の 125 cc スクーターとして、標準より少し大きいくらい? 形状は良い方じゃないかと思いました。
 後輪を 12 inch にしたら、もうチョト大きくなりそうですね。

 ここでも、やはり走行性能に寄せた設計をしているな、と。

 車体の大きさと重量バランスを考えたら「落としどころ?」と思う純正 35 L トップボックスを着けると、大物は入らないけど合計 63 になる。
 ハンドルバーに付けるヘルメットホルダーをコンビニフック使いする手もあるそうな。

 財布とタブレットやスマホを入れた小さい手提げを入れて、その上にヘルメットを入れてきたバッグを置いたところ。



 空のバッグを潰して、さらにポテチ 2 袋を置いたところ。



 車体の大きさ

 125 cc スクーターに抱いていたイメージより大柄。でも 250 cc スクーターより格段に小さくて、置くとき気楽
 150 cc 版で必要な走行安定性に寄せた設計でしょうね。

 駐輪枠の切り方が 50 cc 90 cc のサイズ想定で幅狭な都内のコイン駐輪場には大きいと思うけど、でも必要だったら駐める気になりそう


 重量

 130 kg しかないと、何もかも楽ちんだわ~♪ と。

 山手通りの交差点で停めて、横断歩道を手で押して反対側まで軽いから可能でした。あの広い山手通りで問題なかったです。
 道路中央の盛り上がりを苦に感じることなく、反対側歩道の傾斜を押し上げるときも困難を感じるほどでなく。

 腰や尻の横で支えることができない ぽてちは手だけで支えつつ押すことになって、クソ重いワオはもちろん、約 200 kg の CB400 SF でも倒しそうになるのが怖くて押し歩きをできませんでした。

 PCX の押し歩きで感じた問題は、ハンドルが低すぎて押しにくいことと、体にあたる位置が太もも真ん中より下くらいで、支えるには低すぎたこと。(繰り返し、軽いから可能でした)
 これはメバチくんやワオの大きさがないと上手くなくて、仕方ないです。
 メバチくんやワオでも、体にあたる位置が低くて支えるに不適だし。(爆)

 もしかして、 R1200 GS Adv ならイケる位置になるかな? (^^;


 トータルの印象

 ファミリーバイク特約を使えることと、 40 km/h からの加速を改善できるらしいトルクカムなるものの交換をすることが前提で。

 無敵の通勤車

 駐める場所がある近所の足にヨシ。多くを求めなければ買い物もイケる


 よく売れているらしいのが、大いに納得でした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

125 esp エンジンの燃費

 写真は、荷物置きと食事で一時帰宅したときのもの。


 しばらくぶりの記事投稿です。

 相変わらず、写欲、運転欲、キーボード欲が回復しないのですが。土曜日を寝コケに使わず外出して、それが近頃珍しく「書きたい」気を起こしたものですから。


 PCX を半日レンタルしまして。都内を 45 km ほど走りました。
 幹線道を中心に走って、一時帰宅した家の周りもちょろちょろと。


 PCX に付いている平均燃費計。

 借り出したとき 43.1 km/L と表示されていて、返却に向かったとき見たら 45.3 km/L とか表示されていた気が。

 返却前に給油して、入ったのが 0.92 L でした。平均燃費計の値が伸びていったことと符合します。
 給油が少量で誤差がだいぶ大きいとは言え満タン法計算なら 50 km/L 近いですから、 45 km/L がだいたいのところだったのでしょう。


 燃費を意識して走っていたつもりはありません。大筋で流れに乗って、トロくて邪魔に感じた車を抜けるときは抜いていた感じ。
 時によっては流れをリードしていたくらいのつもりです。

 要するに、燃費を意識せず思ったように開けていたわけでして。
 40 km/h くらいからの加速に『谷』を感じてえぃ(ガバっ)」とか。(爆)

 ぽてち、めっちゃめちゃ重くて大きくて、走行抵抗が大きい。

 なのにワオ都内モードの 3 。シーザー都内の 3 倍強。大鳥居くん都内の 7 凄まじい好燃費だと感じます。
 油種はレギュラーだから、燃料費ではこの逆数より小さな倍率に。
 シーザーはちょっと安い軽油だから、シーザーの 35 % てなところ?

 大鳥居くんにかかる燃料費の 15 %!!!


 もし。書類を入れた鞄と小さな手荷物くらいを載せてるだけの車が、大挙してスクーターに乗り換えたら
 ガソリンスタンドが潰れていく速度は、今の比じゃないでしょうね。
 「あっと言う間に壊滅」と言っていい潰れ方をするでしょう。
 製油会社も合併で済まずいくつか倒れるんじゃなかろうか。

 いずれにせよ、 125 cc スクーターの燃費に感心しました。
 それでいて町中で不足なく走るのだから凄いものです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.08

イカンなぁ


 イカンです。写欲、運転欲、キーボード欲、未だ復活せず

 申し訳ないと思いつつ、コメントを返せずにいて・・・

 運転欲はちょっとあるのだけど、風邪をひかぬ用心と寝コケて回復チャージすることが最優先になっています。
 強烈に消耗する内容を含む連勤があったことも、だいぶ利いている。

 毎晩できるだけ早く寝て無用な消耗をせぬようにすることは概ね成功してますけど。
 おかげで、消耗から少しずつ回復してきているようです。

 でも、こういうとき用心を怠ると、ドン!とインフルエンザに罹患したりするんですよね。
 ピークは過ぎたようですが、流行に疎い ぽてちのような奴はけっこう危ない。(^^;;;

 そうなるとキョーレツにヤバイから、やっぱり用心々々。(^^;;;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »