« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018.08.31

渋谷は見送り


 今回は、行くのを見送りにしましょう。
 渋谷まで行くのが暑くて面倒臭い。(笑)


 Nikon の新しいミラーレスカメラ Z7Z6 に、どーも萌えないんです。

 「 行くと欲しくなるから (^^; 」とか言いつつ、相棒を誘って行ってしまったのが D3 のときと、 D850 のとき。
 どちらも使用頻度がさほど高くないにも関わらず、満足度がとても高かった



 発表直前から流れてくる情報、正式発表された情報に、発表と同時に出てくるプロのインプレ。これらで、けっこうわかるもののようです。
 このことが切っかけになって

 見てみたい、触って手応えで確かめてみたい!

 と、強く思うようであれば満足度が高いものらしい。近頃はそう思うんですね。


 その観点からして、蒸し暑い中を行っても得るものがないように思うです。



 多数のプロを動員する Nikon の意気込みや、 Nikon ファンの熱気は感じられると思う。高齢者がとても多いユーザーの中に、 30 代 40 代がどれほど混じるようになったかを観ることもできると思う。
 動画性能が禁じ手と言われるほど猛烈らしいから、 若い世代が増えているかもですよ。


 とは言え、機体を見送りと感じてる状況だと、わざわざ渋谷はねぇ

 渋谷って、距離感ができた中高生の頃は うちから行きづらくて遠く感じて、それが継続しちゃってるし。
 原宿と並んで若い子向けの羽目を外す場の印象で、興味関心の対象が異なった ぽてちは大学生の頃から好きじゃない。(^^;



 新宿で開催される撮影講座最終回の帰りに回れば往路の面倒は軽減されるのだけど。
 電車内が混雑するし、混雑下の乗り降りや駅の混雑も面倒臭い。(^^;;;


 など考えている時点で、 Z7 & Z6 は見送るべきなんですね。(^o^;)

 てな訳で、パス!
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.27

凄いやつと蜂が帰ってきた


 凄い奴が帰ってきましたね。

 画像は日曜日のものです。



 大手町が 36.0 までいったそうですから、うちのベランダとしては順当なところでしょう。
 もし反射温度計で玄関前を計ったら、顔の高さできっと 37 度超

 で。
 情報画像のエアコンと異なる、 PC 小部屋のエアコンが効かない効かない

 12 になるから、ガスが抜けてきたのでしょう。
 在宅時に常駐しているところなので、けっこう困ります

 念のため、室外機の様子を見てみようと玄関を出た。ら、通路の奥、床に目に入るとても困ったもの・・・


(通路が一部濡れているのはパーツクリーナー)

 床にいた 5 匹のうちの 1 つです。



 あらら~ また来ちゃったのね~。(^^;;;


 2 週間ほど前だったか、やはり凄い奴が来ていたとき。晩に帰宅したとき玄関ドアに 5 匹ほどくっついていて、入るとき あやや~。(^^;;;
 それが宅配のとき入ってしまったらしく、 PC 小部屋で飛ぶ姿を見て あやや~。(^^;;;

 そして翌日に発見しました。通路奥の壁と天井の角のあたりに 25 匹くらいが群れでくっついていた。(^^;;;
 玄関の上の蝶番にも 3 つくらい隠れていて、あやや~。(^^;;;


 蚊と G と小蠅と羽虫にセミしか見ないところです。驚いた。驚いただけでなく、慣れていないのもあって大慌て。(^^;;;

 近寄っても刺されなかったことからして、温厚な種だろうとは思ったけど。
 場所・距離からして、共存できる相手ではない。バイク・車用のパ-ツクリ-ナ-( G 退治用で常備)で散らしました。


 今回、あらためて気づいた。パ-ツクリ-ナ-は、蜂相手には瞬殺力が無い。
( G は瞬殺です)
 前回も今回も、逃げるし直撃は落ちるけど、ジタバタしてしていてまた飛ぶ。後刻にも床に落ちていたのは直接噴霧を繰り返したうちの 1 つだけ。

 散らせればよいから、それは置いといて。


 5 つに夢中になっていたら耳元で、ブンっ! (^^;

 見上げたら、あらまぁ。(^^;;;;;;



 前回と同じ状況。思わずカメラをとってきてもうた。(笑)

 数も前回とおなじくらい。元気でいて、戻ってきてしまったのかしらん。



 常備のパ-ツクリ-ナ-を床の 5 つで使い切っていて、予備を倉庫部屋から取ってきて散らしました。

 写真で数えたら、 42 。床にいたのが 5
 見て 25 くらい?と思ったのが大間違いでした。


 陽があたらない。風も避けられる。人の動き少なく、静か。

 んな理由で、格好の避難場所なのかもです。でも、可哀想だけど、共存できる相手と距離でない。もし巣を作られたら困るです。


 Google 先生に尋ねたら、セグロアシナガバチというやつだそうな。『キイロスズメバチ』によく似ていて、スズメバチ科だとか。
 攻撃性が高くない種類で、触らなければ刺される可能性が低いとな。

 スズメバチに襲われて巣が壊滅した後に、近くの木の葉陰にたくさんぶら下がっている写真がありました。
 前回が、近くで古い家を取り壊している最中。似たような状況なのでしょうか。


 エアコンに戻る。

 室外機は普通に動いていて、特に異常なし。室内機のフィルタ-を洗っても状況が変わりません。
 やっぱりガス抜けかな~。

 ちゃっと検索したら、 DIY は 10 kg のボンベ (^o^;) ということになりそう。
 メ-カ-のサイトから修理依頼をかけようとしたら、製造番号の入力を求められて頓挫

 保証書は、居間の相棒席奥の戸棚かな~。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.08.26

Nikon Z


 2 つ前の記事でチラッと触れましたが。

 木曜日に、 Nikon 新ミラーレス システムを発表をしました。


 仕様を見てみると、 Z7 準上位機かな。一桁機にだいぶ及ばず、重要な一部性能で、中級機に及ばぬところがある。
 実売の値段が、そこらを見事に現しているように思います。


 仕様を見るくらいだから、かなり興味があるのですけどね。財布が大臣だったら、もう予約していると思う。(笑)



 ミラーレスの良いところダメなところ向き不向き
 レフ機の良いところダメなところ向き不向き

 それぞれ思うところがある。性能でも仕様表に現れないものがあって、自分なりに思うところがある。
 だから、ミラーレスだ!バンザイ!!派 ではありません

 今後ミラーレスが主流になっていく可能性が高いと思っていますけどね。
 ほとんどの人はミラーレスで十分でしょう。知らない幸せってやつもある。
 そう言う自分も FUJIFILM X ばかり多用しているように、多くはそうだし。



 総じて言うと、発表された Z 2 機種はフルフレーム センサーのミラーレス機として、今の時点で実に中庸な印象を受けました。
 動画性能を除けば飛び道具も無い。 Nikon らしい手堅さだ、と。

 D850 より 300 g ちょっとくらい軽いのだけど、 300 g ちょっとだけ。
 Z6 と D750 を比べると、わずか 150 g ほど。

 レンズが直接比較できる仕様じゃないから、レンズを込みにした比較は難しいのですが。あえてやると、だいぶ軽く見えることもあるのですが。

 まずはこれしかない Z 24-70mm f/4 S をつけて、 1,175 g です。

 D850 に AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR をつけると 2,075 g
 AF-S 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR だと、 1,470 g

 Z 24-70mm f/4 は AF-S 24-70mm f/2.8 に相当すると捉えれば 900 g も軽くなりますが、現実的なのは AF-S 24-85mm だと考えたら 295 g の違いでしかない


 代わるものが無ければ、 295 g 大歓迎!ですが・・・



 X-Pro2 と、鉄板の XF18-55mm F2.8-4 OIS で 805 g です。
 軽さを重んじて XC16-50mm F3.5-5.6 OIS にしたら、わずか 690 g

 X-Pro2 は APS-C センサーであること、ボディ内手ぶれ補正が無いこと。土俵が大きく異なるのですけど。


 びみょーなんですよね~。



 D3 , D4s , D750 , D850 を手にしてきた経験で、フルフレームセンサーの威力はよくわかっているつもりだけど。
 Nikon の APS-C 機と比べたとき、違いが顕著だったわけで。

 FUJIFILM X なら APS-C センサーで ほぼ足りちゃうんですよ。

 もちろん違いはあるし、エンジンが Expeed 5 になってから Nikon の描画は凄いものがある。それを感じていてほぼ

 X も センサーとエンジンの世代があがって、かなり良くなりましたけど。
 嘘くささがだいぶなりを潜めて、 Nikon 的な生々しい描画になってきた。


 てな訳で、ぽてち的には 「ほぼの解消 と 1,175 - 805 = 305 g 重量増の取り引きなんです。
 XC レンズなら 485 g も重くなることになる。


 我が使い方からして、びみょーだよな~ と。(^^;


 FUJIFILM X(箱形)には スナップシューターの魅力があって、小型軽量であることと合わせて、これがとても大きいし。
 すると・・・



 FUJIFILM X を Nikon Z に入れ替えるのでなく、 Nikon Z を追加したとして持って出るかな?
 ここなんですね。(^^;

 SLR (現有は D850 )なら、明らかに異なる部分を必要として持って出ることがある。


 まずはファン ミーティングで実機を手に持ってみようと思っています。起きられたら。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XF27mm のレンズフード


 八仙堂の「新型レンズフード ねじ込み式 Φ39mm 」 ¥1,500-


 XF27mm F2.8 には純正のレンズフードが用意されていないので、上記のものをポチ♪ってみました。


 着けてみて、 X-E3 だと、せっかくのコンパクトさがスポイルされるような印象を受けた。

 そこで X-Pro2 に着けてみたところ、だいぶそれっぽい雰囲気に。(^_^)



 X-E3 に比べれば大柄なボディで、重量も 495 g だかある。なんだけど、この組み合わせ( 585 g くらい)だと、エラく軽く感じます
 頭が大きさから勝手に予想する重さを、手応えが下回っているからかな?

 取り回しも良く感じて、スナップ機はこうだよな~♪ と。
 初めて使ったコンパクトカメラを思い出して、嬉しくなってもうた。(^_^)


 あわせて、撮影画面の情報表示拡大を設定してみました。



 標準の状態と比べると、いかに見やすくなっているかがわかるかと。



 小さな字が見えなくなってきた おっさんには、とても有り難い♪っす。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.25

スナップ撮影講座 4 回目(実習)


 パフェとピッツァの翌日は、一日中ゴロゴロうとうと。
 一日いっしょにいるよと話した、その通りの日になりました。



 さて、その翌日。日曜日のこと。
 Nikon のスナップ写真撮影講座 4 回目、撮影実習に参加してきました。



 場所は原宿。



 やはり気温が高くなくて、アメダス大手町の最高がなんと 28.6 度。最低は 23.6 度だなんて、朝のうちは「秋か?」と思うような過ごしやすさ。
 湿度があって、日中は蒸し暑く感じましたけどね。でも、前回と大違い。


 原宿は、好きじゃないところです。駅や立地が嫌いなわけじゃない。風俗。

 若い子たちで賑わっているのが嫌なんじゃない。楽しんでるねー♪よいねー♪と思う。
 たちの良くない子たちや、たちの悪いプチ大人たちが醸す、街を蔽う空気が嫌い。



 撮影地が原宿だと知って、だいぶ気乗りしませんでした。欠席しようか?とも考えた。

 でも、せっかくの機会だから。吸収力が小さな ぽてちだけど、参加すればちょっとでも吸収できるはずだし。
 参加しておかないと、最終回に提出するネタが無くなるし。

 そう考えて、参加しました。 32 度を超える酷暑だったら欠席したと思う。(笑)


 集合 & 打ち合わせのとき観たら、講師のカメラは D850 でした。レンズは単焦点。



 そして背負っていたリュックは Nikon ブランド。 Nikon の講座ですものね。

 今日からの講座実習では Z7 ・ Z6 になるのだろうか。(^o^)



 んな事はいいとして、講師に引き連れられて撮って回ったわけですが。



 人と車と障害物が多くて



 どうしていいか、悩むばかり。

 ちょっといい感じ?と思ってカメラを向けると、色々と入ってしまうです。



 付いて歩いているから、人の動きが上手く入ったタイミングを長時間待って狙うこともできないし。



 スナップ・・・ 人・・・ 光と反射・・・
 困った挙げ句に、こういうものを撮って誤魔化せないか?と考えてしまう。(笑)



 


 いやはや、難しいものです。



 竹下口から竹下通り方向も、表参道方向も、すごい人の数。それを撮ったろ。(爆)



 雰囲気の良い建物もあったりするんだけど



 向きや確度を矯めつ眇めつ切り口を探している時間が無い。

 見上げた鏡面に映る通りがかりを撮ってみよう。



 鏡面であることがわからない、なのにモヤった写真になってもうた。(爆)

 子供たちが弾けるように笑っている姿はよいな♪ と思うのだけど



 原宿っぽさは単調な背景だけ。(笑)

 こっちの方が、もっと原宿で遊ぶ子供たちっぽい?



 いや、どっちもアカン。ヽ(^▽^;)ノ

 木。(走召火暴)



 電線が邪魔。(^^;;;

 車と自転車が邪魔。(^^;;;



 上手くいかないのがわかっていて行っているのですが。



 こうも思ったようにならないと、辛くなってくるですよ。(^^;;;



 家に帰ってから、シシャモで憂さを晴らす。(笑)



 さっぱりとしていて、良質なタンパクだと感じる味わいでした。
 スーパーのシシャモも 30 年くらい食べてないから、良し悪しわからなんだ。(火暴)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.24

フルーツパフェと本格ピッツァ


 快晴の空にポツっと浮かぶ、小さな雲が不思議。


 さて、と。

 一日いっしょにいるよと言ったのに。酷いあんちゃんは翌日もお出かけ。(^^;

 出かけたのは 14 時半頃だから、それまではいっしょだったのですけど。相棒の誘いですから、苦情は相棒に言ってもらいたいところ。(笑)


 出かけた先は四谷三丁目恵比寿。足はバスと電車。目的はそれぞれ

 四谷三丁目でフルーツパフェ



 恵比寿でピッツァ



 と、昨今は有名らしいカフェ



 恐れていたほどには気温が上がらなかった日でした。アメダス大手町の最高気温が 30.0 。最低気温は 21.3 とな。
 湿度はあるけど、これくらいが普通だと夏もしのぎやすいんだけどねー!
 なんて言葉が出るくらいです。

 バスも総武線の中も、休日モードの空気が支配的。四谷で丸ノ内線に乗り換え。



 四谷三丁目まで一駅で



 駅から徒歩のんびり 3 分。



 相棒がどこかから聞いてきた人気店で、いつも開店時間前から並んでいるのがお約束だとか。



 2,3 年前に連れてこられたときは開店前から行列して、おかげで一巡目で入れた。

 今回は開店 15 分に着いたので、だいぶ待ちました。気温がさほどじゃなかったおかげ。外気下で長い時間立っていても、あまり苦痛を感じずに済みました。



 でも、ただ立って待っているのは。(^^;



 見上げてみたり



 覗き込んでみたり。



 


 行列を見てあきらめて去って行く人たちもチラホラ。我々の前で並んでいたのに、時計を見て去って行く人もいました。


 けっこうな時間が経った後、一巡目が出て行き始めてちょぼちょぼ進んでビルの中。階段で待ち。待ってはちょび、待ってはちょび、っと進む。
 イラチな ぽてちがよく我慢していたと思いますが。得られるものが大きいから。(笑)

 階段の途中にこんなもの。



 気温が高くなくて「わーい♪」とはならなかったけど。普通なら大助かりでしょう。

 知ってる品種を探して暇つぶし。



 次だ!



 席に着くまで 1 時間 15 分くらい並んでいたです。



 我ながらよく我慢した。(^O^;)



 得られるものが大きいから♪ (笑)



 で、スイカジュース♪



 続けて 桃パフェ♪



 どっちも ンマ♪!

 果物めっちゃ美味しい♪ し、生クリームも美味しい♪
 果物どっちゃり!で、生クリームまで美味しいパフェ。あまり出会えないです。


 友人と通っている相棒は、未制覇に今の季節のものがないとのことで、チョコバナナにしていました。



 友人と来るのは季節のものが出たときで、するとチョコバナナを食べる機会がないそうな。うん、わかる。(笑)


 食べ終えたらさっさと出ないと、待っている人たちが気の毒。すぐに出て、四谷駅まで歩いて移動する。珍しい。(笑)

 次は恵比寿。総武線に乗って



 代々木で山手線に乗り換えて、恵比寿。



 ホームの上に通路があるのですね。


 で、アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ



 何年か前の日本進出直後に紹介記事を読んで、機会があったら一度行ってみようと、相棒に話したところです。
 ピッツァは好きな食べものですから、相棒から提案されたら遠くても断れない。(笑)

 ピッツァの店だけど、ピッツァは 2 種類だけ



 壁に掛かっていた詩の翻訳にありました。「あれこれ乗せるのはジャンクフードだ。伝統的なマルゲリータが財布にもお腹にも優しいんだ」



 「本当に美味しいピッツァを出すところは、ナポリでもほんの一握り。ミケーレ師匠は最高のピッツァ職人なんだ」



 だそうです。(笑)  2 つ目の詩は、ファンが書いたものらしい。


 前菜



 サラダ



 薄い豚肉のカツレツ



 どれも ンマイ♪ 画像をクリックして拡大を見てみてください。


 いよいよ本命。マルゲリータ



 一切れ取ってから写真を撮ってないことに気づいた。(^^;

 次はマリナーラ



 どっちも ンマ♪!


 どっちか?と問われたら、ぽてちはマリナーラかな。生地の美味さがより強く感じられて。
 どっちも美味しいんだけど。独りで入って二択を迫られたとしたら。


 かなり満足して、お腹も苦しいくらい。時間で区切っている時間が近いと言われて、店を出ました。
 19 時の 5 分前。店の外は 19 時からの客がたくさん行列していました。

 外は暑くなく、快適と言うほどでなくても いい感じ。相棒が、機会だから猿田彦へ行こう!と言うので着いていく気になる。

 ぽてちが名を知っているくらいだから、人気店。大ハズレはなかろう。



 友人といちど来て、恵比寿の本店はアリだと思ったそうです。珈琲にも好みがある ぽてちを誘うくらいだから、きっと良い。

 なのに、アイスコーヒーにしてしもうたです。(^^;;;



 うん、美味しかった。(^_^)


 以上 3 軒を終えて帰りの電車に乗る。



 帰って猫のご飯を出して、しばらくしてお布団ごろんしたら。すぐ脚の間に入ってきておねむ



 ぽてちがトイレに立った後も、こうして爆睡していました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

72 ヶ月点検、試乗、中華街(買い物編)


 湾岸線を神奈川県に入った頃。たまには萬珍楼か、よく入る店で昼食にしようと提案

 相棒は気が進まぬようで、ぐずぐず言う。
 萬珍楼は小皿でも量が多いから 2 人じゃ楽しめない。よく入る店はワンタンの皮が変わって、かつてほど美味しくなくなった。など、ぐずぐず。

 かと言って、ぽてちは他が眼中にありません。

 友人知人の個人的な情報なく挑むと、ハズレの確率が高いですから。(^^;
 そして期待してハズレたときもの凄くがっかりするタイプでして。(^^;;;


 しばしタブレットを見ていた後に 2 軒を提案されて、どちらもその気になれませんでした。
 1 軒は 15 年前に相棒と入った有名店で、期待ほど美味しく感じなかった店。
 もう 1 軒も有名店で、萬珍楼並の値段のはず。ハズレたら後悔が大きい。

 家を出る前からその気になっていれば、挑戦もアリなんですけどね。(^^;

 ハズレると嫌だから嫌だと言い、相棒も ぽてちの提案を却下だと繰り返し。@@続く。(笑)
 終いには、まだお腹が減っていないとな。


 ほう。お腹が減ってきているのは ぽてちだけですか。


 ならば、期待値通りが確かで間違いないところで、ぽてちだけ食べよう。
 相棒のお腹が減ってきたら、好きな店を選ばせて、ぽてちは味見程度でつき合おう。

 という腹づもりで、期待値 5 の かき揚げ蕎麦を食べるべく、大黒 PA に寄りました。



 もちろん、期待値の通り。つゆがゲロゲロに甘かった。ヽ(^◇^;)ノ
 蕎麦が平均を超える量で、食べきるのに気力が求められた。(爆)

 全体として期待値通りで外れていないって、気分的に楽で良いものです。(笑)


 揚げたての情報を得て、揚げたてであることだけを期待して、挑戦。



 うん。期待通り、揚げてからそう時間が経っていない。表面はまだカリッ☆ 感あり。
 中は・・・ もうちょっと時間をかけて揚げる仕様じゃない? (笑)


 そして着いたるは、中華街



 けっこう混んでいました。昼を過ぎたら一段と混んでいったです。


 まず、あの店で肉饅を持ち帰りで売ってないか?と相棒が店を探すのにつき合って、店は見つけたけど持ち帰りはやっていなくて。

 続けて、いつもの華正樓売店で、アーモンドクッキーをたくさんと饅頭を少し。



 蒸し暑くて蒸し暑くて、汗がだらだら。(^^;;;
 寝不足が癒えていないのもあって、汗だらも動き回るのもしんどくて。(^^;;;

 相棒も似たような状況だったらしく、喫茶店で休む? うん! 即答。(笑)



 かつて友人の手引きで入った店。



 奥の席はタバコが吸えるんですね~。(=^^=)

 エアコン風があたる席に陣取って、 1 時間半以上もヘタリ込んでいた。(^^;


 そろそろ戻るべよ。と、尻を上げたのは 15 時過ぎ。萬珍楼で肉饅を買って、東京に戻りました。



 大きいのは ぽてち用♪ ぽてちにしては数が大人しい。(笑)


 帰路は湾岸線でなく、横羽線都心環状線を選びました。これ、車のデキを確かめるためです。湾岸線は道路が良すぎ。
 確かめた結果が、前の記事です。

 フルモデルチェンジして出たばかりとは言え、あれは要改良だな~。(^^;

 ガタイと排気量が大きく Eye-Sight まで付いていたから勘違いしているのかもしれない。 C セグメントの車だと。
 大きいけど本当は B セグメントの、それも格安な下駄車だと捉えるべきなのかも。(値段は今もまだ見ていない)

 現状、そんなレベルだと思うたですよ。(^_^;)


 大鳥居店に戻る前に、日用品と食料の買い物でヨーカードーに寄る。



 やっぱり暑く感じてヘバっていたので、相棒が日用雑貨を探して回っている間、見つけたところで一休み。



 急須で煎れた緑茶を、氷いっぱいのカップにザッと注ぎ込んでいました。



 いい値段しましたが、悪くなかった♪ (^_^)


 そして大鳥居店に戻り、説明を受けたり支払いをしたり。


 シガーソケットが給電しなくなったのは、復旧を確認したそうな。

 リングが戻らずシフト操作が阻害されるのは、ノブの締め込みを緩くして復旧したとか。これ、ちょっと疑問なんですけど。(^_^;)

 ETC カード不認識は端子双方のクリーニングで、様子を観てくれと。


 で、警告灯類のこと。

 エンジンの補機のなんとかタンブルなんとか」が、エラーを起こしたログが残っていたそうです。これじゃないか?と。
(日時まで特定できるログじゃないそう)

 これ、手を入れるにはインテークマニホールドまでを外す大がかりな作業が必要で、 1 日でできる作業ではないとのこと。
 2 度目が起こったらそれで確定だから、そのときは大がかりをやるそうな。


 サービスの説明を待っている間に BRZ のカタログで仕様を見ていたら、客の見送りで出てきた担当営業氏が「それ、ぽてちさんには無理ですよ」とな。(;^◇^;)
 どっかん!パワーは要らないのに、彼は何かを勘違いしている。(^^;;;;;;


 とゆーことで、家路に就く。

 「大鳥居くんはホント乗り心地悪いね~」
 「ガツン!ドシン!と突き上げられて揺れるけど一回で収束してユサユサ続かないから、私はこういう方がいい」(;^◇^;)
 「シートと座面の傾き具合はよくて、他になかなかないんだよね~」
 「たしかに。シートは良いと思う。」
 「シビック R はシートも運転姿勢もバッチリだったけど、1,875 mm はあり得ないわ~」
 「最小回転半径も忘れないように(笑)」
 「池袋駅前の地下駐車場はギリギリだろう。入れる気にならないはず」
 「ドアパンチのリスク考えたらスーパーの駐車場も無理」
 「 6 年経ってもボディがミシリとも言わないのは、期待通りだったね」
 「ボディね。内装は寒いとき派手にミシミシ鳴るじゃない」

 など話しながら帰宅。


 猫が自分に気を引きたくて、珍しいところに。



 独りお留守番が続いて、ちょっと気の毒。(^^;
 暑さと寝不足でバテているし、金土は一日いっしょにいるよ♪言いました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

72 ヶ月点検、試乗、中華街(試乗編)


 そこ、危ないってば。うちが狭いのは申し訳ないと思うけど。(^_^;)


 4 時起き 4 時半起きと続いた翌日は、だいぶ気楽な 8 時過ぎ起き


 開店から間もない時間に大鳥居くんを大鳥居店に持ち込んで、代車を借りて、横浜の中華街へ菓子類の買い物へ。



 代車は新しいインプレッサ G4 とのことで、乗ってみたかった車に試乗できるです。


 大鳥居店は旧盆休みが終わったところで、初めて見る大混雑



 商談は多くなかったようなれど、点検と修理と下取り車の入庫が殺到していましたです。


 だいぶ慌ただしい空気の中で、やってもらう事の確認。 72 ヶ月点検に加えて、ミッションオイルの交換。そして不具合 3 件の修理と、原因究明&対策が 1 件。


 不具合は
  一つ、シガーソケットに通電していないこと。
  一つ、シフトレバーのバック用リングが戻らないのが再発していること。
  一つ、 ETC ユニットを触るとカード不認識が多発すること。

 混んでいるうえにこの作業もあって、 2 時間や 3 時間じゃ終わらないと言うので代車を出せる日にしてもらったですよ。

 そして原因究明と対策は
  エンジン警告灯横滑り防止装置警告灯 SI-Drive 警告が出たこと。

 ちなみに不具合 3 つは、助手席エアバックのリコール交換作業後に発生しています。


 荷物の一部を大鳥居くんからインプレッサ G4 に積み替えて、出発。乗り込みが駐車場でなくピットで、いつもと違う出口でした。




 インプレッサ G4 の印象


 足が柔らかで、低速では乗り心地がよいハンドルが軽くて楽

 で、アウト!
 詳しく書いてもあまり意味が無いから、いちど書いて消した。(^^;

 大ざっぱに書いておくと、感覚的に、コマンドを一つ一つ打ち込んでいく感じ。打ち込んだ結果が出て見定めてから、次を打ち込む。そしてまた次、と。
 大鳥居くんに疲れるのは、これがあったんだ。硬くて間が短いから意識しなかったけど。

 バラの盛り合わせ。一つの料理になってない。大発見です。

 もう一つ、横羽線や都心環状線で ひよひよピョコピョコ と、揺れ続けすぎ。



 相棒曰く、後述するシートのデキもあって、うちが次を普通のセダンにするのは(相棒的にも)あり得ないとよくわかったとな。
 C クラスや 3 シリーズ、シビック R は普通のセダンじゃないような口ぶり。シビック R なんて、横幅と最小回転半径がおバカである以外は普通の実用ファミリーセダンを完璧にこなすのに。(笑)


 2.0 L NA の動力性能は、高速道でも平坦路なら今の ぽてちにゃ十分だな、と思った。



 嫌いな CVT も燃費狂を避けた設定のおかげかだいぶマシに感じて、どこか安っぽい以外は「これでもアリかな」と。
 ただ、ドライブモード「 I 」では走りづらく感じることが多くあって、「 S 」を積極的に使いました。

 ちなみに日頃が変わった どっかん!車だから。 (笑) 「 S 」でも至って平凡に感じて。 (笑)
 基本が S になったです。不快感少なく燃費を稼げる状況になったら、「 I で定速巡航

 大鳥居店から首都高速と湾岸線で、横浜まで往復してんな印象



 往路の湾岸線を走行中に装備を発見した Eye-Sight について。


 車間維持クルーズコントロールは使えそうです。

 前走車との車間距離を選べて、前走車が減速して近づくとスッと減速して車間を維持して、離れていくと設定速度を上限に追走していきます。
 前走車がいなくなると、設定速度まで上げて単独巡航を始める。
 割り込んでくると、また車間維持クルーズ。

 忙しない湾岸線でなく、高速道路で試してみたいと思いました。感じたように使い物になるなら、高速道路の移動が楽になるはずです
 もちろん、いつでもブレーキを踏めるよう、前方をしっかり見続けていて右足の準備もしておくべきですが。


 「斜め後方の死角に車が来ているよ!注意灯も、あって良いと思うたです。精神的な疲労を軽減してくれると思う。
 これも依存しちゃイカン!思いますけどね。

 なぜか、ミラー根元が光るインプレッサよりわずかに遠いミラー面が光るアテンザの方が、気づきやすかった。不思議ですね。


 維持は・・・ まだ熟成不足。ぽてちはあっても使わないです。


 相棒が気づきました。前走車が変わったふらつき方をする姿が増えてきたけど、あれは車線維持機能を使ってフラフラしているのじゃない?

 それだ! 間違いない。

 車線ペイントの片側が切れても無くなっても複雑模様に遭遇しても、路面が傾いていても、中央を維持するようにならないと。
 カーブでもキチッと真ん中を走るようでないと。内側へのズレはある程度なら許容できても、外側へのズレは怖くて自動で戻るのを待てないし、後続車もヒヤヒヤするですよ。
 現状では、まだ恐くて使えません

 良くしていくには、少なくともショックアブソーバーの質をドン!と上げて、ブッシュのチューニングと合わせてハンドリング全体の質をあげないと。バラの盛り合わせが見えてしまうようじゃ厳しいだろうな~
 そう思うたです。


 とゆーことで、「維持は使えそうだよ」「斜め後方の警告は依存せず点灯しないときも必ず視認するなら使える」「維持はまだまだだね」
 なんて話しながら湾岸線を巡航。


 シートについて。


 ぽてちは、シートと運転ポジションにだいぶ五月蠅い方です。

 良し悪しが運転持続時間を直接に左右しますし、ぽてちは一般的かつ平均的なところより長いです。
 上手くはまると、トイレ停車の他は連続で 800 km くらい平気で走れるつもりでいる。

 負担があると辛いのはもちろんのこと。運転への集中と操作の確かさに影響するだけでなく、翌日以降の日常活動も大きく左右するですよ。(^o^;)
 体力が無いですからね。だいぶ重要な事なんです。

 そして体格的に、ライティングパンツで苦悩し続けたのと同じような事が、運転姿勢(ハンドル・ペダル・シートの位置関係)でも発生してしまうのです。

 かつて、これは完璧に合格だ♪と思ったのは、現行シビック R1 シリーズ 3 シリーズのみ。
 許容範囲は POLO と C クラス、 A1 & S3 。
 大鳥居くん同様の、ギリ範囲が現行スカイライン。

 シート単体なら良かったのは、 LIFE DIVA Turbo(ちび助)が、意外にも。


 大鳥居くん( GVB )の標準シートは完全に不合格でした。単体で 50 点。テレスコピックの可動範囲が狭いのと、電動でメモリー機能が無いのが -30点 の、 20
 大鳥居くんオプションのレカロシートは、シートが 80 点で、テレスコピックの可動範囲が狭くて -20点の、 60 というところ。

 ふつーは計 0 点から 25 点というところですから、現状はだいぶ良い方です。
 次を現状より落とすことは、余程の理由がないとあり得ません。

 で、インプレッサ G4 はどうだったかと言うと、 10 かな。(^^;
 レンタカーの FIT は 0 点(本当はマイナス)だったから、マシな方なんですけど。(笑)


 相棒の表現では、表面が柔らかくて、下の硬いところで体に合わない形に強いられる。だから痛くなるし、疲れる長く乗れない
 ぽてちは、というと。横浜に着いたとき左腰がムズ痛くて、帰ったときには左腰が痛んで腰が重い
 翌日にも残って、気にならなくなってきたのは翌々日です。

 たかが片道 1 時間の横浜往復でこれじゃね。 1995 年アコードの古式なバネ吊りシートと大差ないと思うたですよ。
 まして電動でメモリー機能が無いなんて、完全にアウト!です。


 新しいインプレッサ G4 は記事評判が良いから、大鳥居くんの次の候補にアリなんじゃなかろうか?



 そう考えていたんですけどね~。あり得ないが結論でした。(^^;;;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.22

枝豆、 19 度、温泉、ステーキ


 山羊さんと相棒実家で 4 時起きだった翌日。今年は行く気になりました。

 4 時半起きで 5 時半出発の、金精トンネル奥日光湯元温泉日光へ。


 以前は旧盆の時期にだいたい毎年行っておったです。最初は 2004 年の 8 月 17 日。まだ松戸に住んでいた頃。車は八兵衛( RX 8 )で、 1 年経っていなかったはず。
 このときは昼過ぎの出発で日光から入って『ステーキハウスみはし』に初挑戦をして、時間的に湯元温泉は通過で金精トンネルに登って、沼田、昭和 IC と抜けて帰った。



 趣旨は、クソ暑さにうんざりの毎日で、金精トンネルの冷気で寒い思いをしたい-! (笑)



 トンネル入口で外気温計は 18 だったはず。

 このときのカメラは FUJIFILM の FinePix F402 というコンデジで、新松戸のダイエーに入っていたサトームセンで安く買ったもの。
 今の X-Trans CMOS ではないけど、やはりセンサーが特殊なカメラでした。

 FUJIFILM はこの頃から特殊なセンサーが好きなのね。買う方も。(笑)


 で、本当は前日同様 4 時に起きて 5 時に出発したいと言いつつ、それぞれ 30 遅れ。

 遅れたけど、外環も関越道も渋滞の兆候すらなくて順調。



 赤城高原 SA で朝食としました。



 その気になるものが他になくて、やっぱり得意の かき揚げ蕎麦。(笑)



 七味の量が何かを主張している。(火暴)


 営業時間を調べずに、最初は「道の駅川場田園プラザで野菜を買っていく?」とか言ってたんです。
 車内で相棒が調べたところ、ぜんぜん開いてない。(^^;

 ならば、近年は毎年のように寄っている尾瀬市場は?

 調べたら、開店時間の 8 時くらいにちょうど着きそう。ということで、保冷ボックスに入れる氷を買ったりしながら向かう。



 08:05 『尾瀬市場』到着。



 


 敷地内だけど『尾瀬市場』とは異なる、奥の方の建物をのぞいてみた。



 自分で包むと 20 円も安くなるのは面白いね~♪ と。(笑)



 相棒も ぽてちも「これ!」となるものがなく、『尾瀬市場』に入る。



 やけに長時間かけてトマト選びをしていました。

 うろうろしていた ぽてちが先に見つけて、枝豆があるよ~ と。



 試食を口にした相棒が、黙って 4をかごに入れる。
 その姿を見た ぽてちも試食をしてみて、黙って 2つかんでかごに追加する。抗議の声があがりませんでした。(笑)

 当初目的の一つであったトウモロコシも、 6 本。



 相棒曰くでは。

 大賑わいの道の駅ほど客数がなく、すなわち取扱い量が炸裂していなくて、ご当地の新鮮な野菜類が買える
 賑わっている道の駅の野菜は、地域スーパーと変わらない事が多いけど。

 ぽてちも同意見です。


 なぜか、こんなものもかごに入れていた。



 重い買い物ビニール袋を車に積もうと一足早く出て



 撮っていたら



 会計で遅れて出てきた相棒に



 撮られていた。(火暴)



 であ、次は菅沼キャンプ村向かいの菱屋菅沼営業所駐車場へ。



 まだ空いている時間だから、駐車場でゆっくり休憩して時間調整を図る。



 金精トンネルの一歩手前の位置で、日陰なら涼しいだろうと期待したわけです。涼しければ車内で うとうとも可能だろう、と。



 気温は 20 で、十分に涼しいはずだった・・・ のに、湿度で蒸し暑い。(^^;
 45 分ほどいて、うとうとできたのは 15 分くらい。


 そろそろよかろうと、出発。そしてトンネル手前で停車。



 期待より 2 度高かった。湿度で蒸し暑く感じ、期待のヒンヤリ♪がない。



 トンネル内も同様で、 19 度。期待より 2 度高く、手を出してもヒンヤリと感じません。出たところで再び停車して、パチリ☆



 時間調整をしたのは、湯本温泉の日帰り入浴のため。


 毎年利用している『湯守釜屋』の日帰り入浴営業時間を相棒が調べて、 10:30 からとの情報。その時間に合わせて湯元温泉に突入!



 したのですが、断られてしまいました。今日は 12 時を過ぎないとダメ、と。


 浴場清掃の都合だと思うけど、これまでに無かったことです。

 景気が、かなり良くなったのですね~。

 初めて利用したときは、日光鬼怒川あたりの旅館に寒風が吹きすさんでいた頃で、湯西川の老舗が別ホテルとして拡大したところが倒れたニュ-スから間もないとき。
 『湯守釜屋』も森閑としていて、 2 人で ¥2,000- の日帰り入浴でも大歓迎!といった感じでした。


 ダメなものはダメなので、他は?と車で@@

 相棒が『板屋』に幟が立っていたと言うので回ってみて、相棒が訊いてきたらダメ
 いちど利用したことがある日帰り施設はまだ開いてない

 今年はあきらめかね~ と話しつつ、車でもう一回り。幟が立っていて看板も出ていたところに最後の挑戦
 相棒が車を降りて訊いてきたら



 入れるとな♪! 源泉 ゆの香という、食事と入浴の店でした。



 旅館のような大きな風呂じゃないけど。



 脱衣所から覗き込むと、かなり期待してよい雰囲気がぷんぷん。



 湯が濃厚に感じて、「『湯守釜屋』より良い♪」とすら思った。



 これ、相棒も言うていたから贔屓目じゃないと思う。



 露天の浴槽が、実は内湯の浴槽と繋がっています。



 ここの難点は脱衣所も洗い場も小さいことで、 5 も入ったらだいぶ忙しく感じるであろうこと。
 平日か、休日ならまだ空いているであろう午前中の利用が良いはず。



 このときは入ったのが 11 時直前で、空いていました。

 先客は一人。ぽてちが湯に浸かっている間に出ていって、ぽてちが出て行くとき入れ違いで 3 人が入っていったです。
 まいどカラスの行水なんですが、気分はゆったり♪でした。

 店の前で一服しながら、汗が引くのと相棒を待つ。



 


 出てきた相棒も落ち着いた頃合いを見て、源泉を見に行ってみる? うん。とのことで、すぐ裏の源泉まで ふらぷらと。

 金精峠から下りてくると ぷーんと温泉の臭いがするのは、ここから。



 たぷん 27 年ぶりです。



 27 年前は 3 月末で、半分雪に覆われておったです。



 木道があったので、歩いていってみる。



 たぶん先は温泉寺で、どんな雰囲気なのかを偵察してみるつもりで。



 写真にあるように、日帰り入浴をできる寺なんですね。



 1 時間 500 円だとか。

 相棒は挑戦してみたかったらしい。湯は手を入れて確かめるくらいにして、広間で 50 分横になっているのはどうだろう?との提案。
 んが、ぽてちは 2 日続きの早朝起動の寝不足で眠くて身体がだいぶ怠くて、挑戦する気力が出てきませんでした。


 帰省と行楽ラッシュの隙間に落ちたような日で、関越道も R120 も通常の日曜日より車が少ないくらいに感じたとは言え。
 東北道の渋滞懸念がないわけじゃない。よって早く高速道に乗るのが良い。

 日光に下りてから『ステ-キハウスみはし』に挑戦するなら、待ちを覚悟せなならんし、早く下りて早く食べて早く帰路につくべ。

 なんて判断もありましたし。


 とゆ-ことで、日光奥日光の王道観光ル-トの流れとは逆コース。湯ノ湖、湯滝、光徳牧場、戦場が原、竜頭の滝、中禅寺湖、華厳滝、いろは坂とぜんぶ通り抜けて、東照宮の神橋へ。

 ちなみに、上記ポイント全部、かつてちゃんと連れて行っています。 d(^^;


 ということで、神橋が先頭の 2 km ほどが酷い渋滞。ここはお約束だから、イライラすることもなく、悠然とこなす。でも、もうちょっとクラッチ軽かったらな~。(^^;

 で、ステーキハウスみはし着。



 神橋のすぐ近く、金谷ホテルに登る急坂の途中にあります。



 今年も待ちが 1 時間以上と言われてあきらめることになる。そう思っていたら、なんと、ヒョイ入れてしまいました



 やっぱりラッシュ隙間の日だったようです。

 どれにする?



 なんか、相棒が弾けていまして。(笑)
 指を指したのは、いちばん高いやつ。(^^;

 そろって同じものにして、お約束の日光湯葉サラダも。



 ドレッシングが、たまらなく美味しい♪

 きたきた♪



 かなりジューシー♪



 ということは、霜降りの脂がたーっぷりということですが。くどさをまったく感じなくて、とても良い味わい♪


 よーするに ンマイ♪!


 値段が高いと評価がシビアになっていく相棒も、珍しく誉めてばかり


 かつて 2000 年代中頃の良さが戻ってきたかな。狂牛病の騒ぎで牛肉が高騰して為替の状況も変わってから、値段が上がって質はちょっと落ちていたんです。
 値段はだいぶ上がったけど(たぶん 2 千円くらい)、この質なら年に一度とか 2 年に一度のたまにはよい、そう思わせる美味しさでした。

 ぽてち的には 300 g でガッツリ!にするのが良かったかも。(笑)


 この後、日光宇都宮道路の日光 IC から入って、東北道、首都高速。休憩なしのノンストップで帰って、帰着時のナビが言うには、なんと、 1 時間 43 分だったそうな。

 そうなんです。渋滞・混雑がいっさい無かった。このペースで移動できるなら、涼しくなったら東照宮見物に行きたいと思うたです。



 撮ってきた写真をガサゴソ中のあんちゃんを監視。



 せっかくの連休なのに、独りお留守番が多い。ちょっと可哀想だった。(^^;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.21

湿るとツル~ン!


 夏休み 4 日目。 4 時起床。目標は、山羊さんコーナーと相棒実家をハシゴ。


 車なお友だちから声がけがありまして、しばらくぶりにお山へ上がる気になりました。前回は、現行スカイラインの運転席 ぽてちフィッティング調査だっけか。(笑)

 芦ノ湖スカイラインを流して楽しむ気はまったく無くて(大鳥居くんはその気になるような車じゃないし、「流し」でも大鳥居くんを楽しめる道でない)、駐車場で談笑しながら朝の清涼な空気を楽しもう。そんなつもり。

 そして、ハシゴの予定があるから離脱も早くて、 10 時の予定でした。

 相棒実家への突入予定時間帯からして、もう 2 時間くらい長くいることが可能でしたけど。芦ノ湖スカイラインも向かう道も混んでくるし、裾野や御殿場へご飯を食べに下りる時間の余裕もありません。
 向かう途中で買い物でもするべぇと、 10 時の離脱予定。


 出発時間は 5 時を予定。
 少しでも早く出ないと、東名の渋滞が始まってしまいかねません。

 小田原厚木は終点出口を懸念。始まるとしたら早川方向からですが、時は盆休み期、あおりで新道方向の車線が潰されかねません。

 とゆーことで 5 時に出発して、首都高速は順調。もうこんなに走っているんだな、そう思う交通量でしたが、混雑には至りませんでした。
 東名も厚木まで順調。早くに出発した価値があったようです。

 小田原厚木も、終点を含めて順調。



 まだ肉食パンダが出る時間じゃないけど、時間を見てのんびり淡々と巡航。

 箱根新道も順調と言えば順調。



 順調じゃなかったのは天候です。路面が湿ってきて、だんだんガスってきた。



 箱根峠では濃霧になり



 芦ノ湖スカイラインに入ったら完全に霧雨。



 ここでバックフォグも点灯させました。たいへん珍しい事態です。

 ガスがドーン!と濃くなる瞬間ってありますから、そういうタイミングで後ろから飛んでくる車がいたら嫌だな~と。
 ハザードを点灯させるほどの濃霧ではないと考えて、ハザードは点灯させず。


 着いたるは、パノラマ絶景 (笑) の山羊さんコーナー。 07:02



 フロントガラスに雨がパチパチ! 霧雨でなく雨と言っていい降り方も、時々。


 少し遅れて上がってきた友人と車ネタでしばしの談笑をして、 4.0 L NA エンジンの M3 を、一往復運転させてもらいました。

 大排気量 NA って、楽ちんで良いですね♪
 それ以上の感想は無理なロケ-ションなり。だって、 4.0 L ですから。(^^;

 続けて、友人が我が大鳥居くんを運転してみたいとのこと。大鳥居くんの助手席に乗って出発する。
 大鳥居くんも、多くを期待できないロケ-ションと路面状況。重い車でタイヤをダウングレ-ドしているから、なおさらです。


 戻る途中でバイクの転倒事故直後に遭遇しました。


 2 台目が停まっていたけど手伝うことがあるかもしれないと、友人に大鳥居くんを停めてもらいました。
 2 台目はお連れ様かと思ったら、ソロだそうな。やはり見て停まったそうな。

 道路のすぐ脇に仰向けに寝ていて、でも意識はあって、話しもしていました。

 まず、頭を打ったか否かの本人確認。流血の有無も、目で確認。

 頭は打っていないとのことで、大きな流血の様子もない。それで話しもしているなら、まずは一安心でしょう。
 左手首を地面に打ちつけたらしく、皮膚が削れて少々の出血。
 左肘をわき腹に打ちつけて、肋骨を痛めた可能性があるとのこと。
 ということは、左肘の打撲も間違いない。

 バイクは 2,3 のプラパ-ツが落ちたらしいのと、シフトペダルがポッキリ。
 倒した側のカバ-類とウィンカ-がザリザリ。

 救急車の要請はすでに終えたそうで、本人が警察へ電話していたところ。


 運良く道路管理の車が通りがかって、結論としてはレッカ-の手配をしてもらったことになります。
 転倒したご本人、ある種のハイになっていて、救急車で病院にかつぎ込まれた後に警察の聴取を終えて、すぐに戻ってくるつもりでした。はじめのうちは自走して帰るような口ぶりも。

 それは無理でしょう、と。身体的にも、時間的にも。シフトのフットペグ無いし。

 とりあえず、友人といっしょにバイクを道路脇に出して、大鳥居くんを防護的な位置に動かして、ハザ-ドつけて。
 通りがかる車へのペ-スダウン指示は友人の友人と道路管理の 2 人目に任せて、「レッカ-を道路管理の方に任せましょうよ」と、ぼちぼち説得していったような形。

 友人の友人は、「いつまでも帰ってこないな」と、心配して見にきてくれたのでした。
 ぽてちも相棒に電話をして、救急車が来て出るまで居るからしばらくかかる、と。

 ぽてち的には、三島にあるホンダの販売店まで運んでもらうのが順当だと思った。そう口にもしたけど、ご本人が違う選択を道路管理の方に話したようです。

 タンクバッグを外してご本人に渡して救急車を見送って、山羊さんコーナーに戻る。


 で、芦ノ湖スカイラインって、濡れると何かの拍子に つる~ん!


 二十と何年か前に、近くからガシャン!聞こえてきて亡くなったらしいと翌日に聞いたのも、バラバラっと降った直後でした。
 十と何年か前に友人が車を傷めたのも、路面が濡れているときでした。
 友人が曰く、速度はまったく出していない。なんで? と繰り返していました。

 転倒したバイクも、本人的にはえっ?!だったと推測します。


 濡れるどころか 湿ったらヤバイ!


 みなさん気をつけてくださいね。湿ってグリップがいい舗装じゃないです。

 友人の運転技量は信用しているけど、最早そういう気分でなく再度の大鳥居くん試乗を断って、相棒が M3 の助手席試乗に出て。
 戻ってきたところでレストハウス。



 懐かしい感じ。



 朝ご飯不十分だったから、ソフト♪



 10 時を迎えて解散となった頃に、ガスが薄くなってきました。



 山羊さんから相棒の実家まで、有料道路は順調。



 相棒が初めてだから寄ってみたいと言う厚木 PA で休憩と買い物。



 実家の前で車を駐めるとき、ホイールを派手にガリガリッ! (^^;;;
 実家のわんこが、高齢で酷く不調。小型犬に多い弁膜症だそうな。(^^;;;



 とどめは辞して家に戻ろうとしたとき。

 エンジン警告灯、横滑り防止装置警告灯、 SI-Drive 警告。 3 つ点灯して、エンジンを何度かけなおしても消灯しません。
 SI-Drive の変更操作をすると、ピピッと鳴って却下。



 あきらめて出発し、 5 km ほど走って、コンビニで再びエンジン再始動。消えない。
 切った後に電源のみ入れて、時間をおいてかけたら 3 つとも消灯しました。


 朝からスマートフォンが絶不調だし、色々と不調だった一日。(^^;;;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.18

寝て暮らした 2 日間


 夏休みの初日はスナップ写真撮影講座と、晩に大学の後輩たちとだいたい年に一度の邂逅。



 今年は同期と先輩がみな欠席で、後輩 3 人に混ぜてもらった感じ。



 2 日目、何もせず寝て暮らした一日。



 家に居るなら PC に向かってないで自分を構え。



 そんな風情。(笑)


 3 日目、やはり何もせず寝て暮らした一日になりました。

 予定は、晩に宅配便を受け取るだけ。昼間は予定が無く、スナップ写真撮影講座の実習撮影地をロケハンに行く頭もあったのですが。
 暑くてぐずぐずしているうちに、強い雷雨が近づいているとの情報。

 こっちまで来るのかな~? と見ていたら、ドロドロと始まりました。



 そこそこ強い夕立もあった。



 中野や荻窪の方はだいぶ強い雨だったようです。

 夕立で気温が下がるかな?と期待していたら、大いに下がりました。



 ここまでじゃないにしても、ぽてちが子供の頃はよく夕立があって、降ると気温がスッと下がったものです。
 今は滅多になくて、降ってもパラパラ程度が多い。湿度が上がるから無い方がマシ。(笑)
 なのに珍しく気温が下がる夕立でした。


 晩は予定通り宅配便の受け取り。

 まずは ぽてちが挑戦したシシャモ。



 冷凍ですが、本物のシシャモです。食べるときが楽しみ♪



 続いて、相棒が挑戦した桃。新しい品種だとか。



 検品を受けて、問題は無かった様子。



 たまたまその気になってアップデートの有無を確認したら、タブレットに来ていました。



 

 


 スマートフォンは?とチェックすると、やっぱり来ていた。



 ならば!と、迷い無く始めた。



 完了後、めちゃめちゃ調子が悪くなった。(^^;;;


 翌日まであれこれと試行錯誤をして、指紋認証を使わぬようにしたら復活したようです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.13

梨が届いた


 鎌ケ谷へ梨を買いに行って挫折した話し、その後。


 関東を遠く離れた地から梨園に電話をして、帰宅後にファクシミリで注文。今年は買うことができました。

 10 日ほどで届いた箱を開けて、アラ驚いた。



 こうなる運び方を、梨農家がするとは思えないんですよね。すると黒猫??


 黒猫は郵便と並んで信用していたし、よく外に居る。
 この日も、すぐ脇を通ってトランク開けて、ガタガタやっても寝るの続行だった。



 トランクがさごそからリアドアに回ったら、さすがに下りていきました。距離 45 cm というところですから。
 でも、バイクの向こう側で待機



 写真を撮ったら立ち去ったので、いなくなったと思っていたら。家に上がるとき、着いてきていた



 家に入って小窓から見ると、玄関前で三角になって待機。(笑)

 期待してせっかく来たのだからね~と、時間帯無視で うちの子が食べなかった高級缶をだしたらペロリでした。


 梨の話しに戻る。



 ジューシーで果肉パリッと、美味しい♪
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナップ写真撮影講座 3 回目


 実習の回に撮った写真の講評回に行ってきました。


 A4 プリント 3 持参。よいものが無かったら、他の機会に撮ったものでも可。

 とのことで、ろくなものがないと思いつつ。まだマシと思うものを 3 枚と、他の機会に撮ったものを 1 枚の、計 4 枚をネットでプリント注文して。

 Nikon 機だから、Professional Xプリントは利用できず。
 そこまでするような写真でないから、いいんですけど。(笑)


 世は盆休みの入口らしく、山手線車内も新宿駅構内も、大荷物を持った人たちでだいぶ混雑していました。
 なのに西口ロータリー界隈は、台風が近づいていた 2 週前より人が少ない

 うん、帰省と、旅行と、長距離移動する人たちがたくさん動いているんだな。
 んな感想を抱きました。

 ぽてちは東京生まれの東京育ちで、今いるところが田舎。帰省する先が無い
 土産に指定席の確保に荷造りと、大変でしょうけど。ちょっと羨ましい。(笑)


 喫茶店で一服



 建物に入ってしまうと吸えません。一服するために、ちょっと早く家を出ています。



 エルタワー 28 階。



 ニコンプラザが夏期休業に入っていて、フロアが静かなものでした。
 講師と担当の おねーさんは大変ですね。おねーさんは他の日に休めるだろうけど、講師はほぼぶっ通しの可能性がありますね。


 講座の流れは、もろに講評。一人ずつ前に出て、 3 枚を掲示して ねらい等を説明してから講師の講評を受ける。
 正直なところ、面白いものじゃありません。が、勉強になります


 ぽてちは前にここで貼った写真です。

 ちょっと考えて おねーさんが歩いてくる縦写真を予備に回し、少し切ったらスナップ写真風になったと書いたやつを 3 枚のうちに入れました。



 これが一番評価してもらえまして、「ここをこうしたら良くなる」の言葉が出ず、スナップ写真的な要素を(参加者たちに向けて)解説してもらったような講評でした。
 テーマとして今後追っていってもいいのではないか、とも。


 テーマを言葉にしたら「酷暑の東京」となります。
 んなの 追ったら あぢー! っす。(笑)

 撮ったときの意図は「早朝から あぢー!よ。仕事行きたくね~」でした。
 仕事行きたくね~をテーマにする方が良いかも。(火暴)


 実習回で撮った 3 枚は、「こうしたらマシになる」と「ん~」と。(笑)


 講座が終わって新宿駅へ。再び喫茶店に入り、一服
 480 円だったアイスコーヒーが、昼は 540 円でした。

 前回同様、駅弁で駅弁を買うべく、特急ホームにあがって移動。



 閑散としていた前回と異なり、かなりの人波。



 西口を入ってすぐの総武線・山手線のホームを歩くよりマシな人波でしたけど。ちょっと歩きにくいと感じたほどでした。
 帰省や旅行で長距離列車に乗る人たち。人波のほとんどが、そういう風情でした。

 古い 189 特急『あさま』の車輌が運行されるのは珍しいのでしょうか。



 先頭車輌の前方にかなりの人が群がっていました。


 この日撮った写真はすべて X-E3 XF27mm F2.8 です。
 小さくて軽くて、ホームへの階段を登りながらでもバッグから取り出せる。
 手に持つ姿が物々しくない。

 Nikon もスナップシューターを出してくれるといいんですけどね。

 もうすぐ発表される新ミラーレス システムは、フルフレームのセンサーで、大きなレンズマウントだそうです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.10

アウトレット


 アウトレットで 45 % 引き



 詳しいことは後日。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X-E3 の印象とか、その後(2)


 X-E3 の操作性悪くないです。

 が、背面 LCD の脇に並ぶ 3 つのボタン配列 X-Pro2 と異なっていて、それが使い勝手を落としています


 X-E3 はだいぶ小さいから、同じに並べられないのは当然なんですけどね。

 「削除」を上に持って行ったのは、まあいい。仕方ない。

 十字キ-と真ん中 MENU / OK ボタンが、小さくしてもやっぱり欲しかったな~

 LCD フリックで十字キ-の機能を賄う、挑戦的な設計だとは思うんだけど。


 撮る
 「再生ボタンで LCD に表示して、露出の確認
 リア コマンドダイヤルを押し込み、拡大表示する
 スティックで上下左右させながら、ピントと手ぶれの確認
 「 MENU / OK 」ボタンで全体表示に戻して再確認
 シャッタ-ボタン半押しで撮影モ-ドに復帰

 確認して失敗のとき、
 「 MENU / OK 」ボタンで全体表示に戻してから「削除」ボタン
 続けて「 MENU / OK 」ボタンで削除の確定
 シャッタ-ボタン半押しで撮影モ-ドに復帰


 この流れは X-Pro2 でも X-E3 でも同じにやっているんですけど。



 上は Pro2 ↑ で、下は E3 ↓ 。画像は FUJIFILM のサイトから。



 指の動きがだいぶ異なって併用時に混乱します。


 X-E3 単機持ち出しのときは、混乱するのは始めのうちで、そのうち指が慣れてくるんですけどね。
 併用だと混乱がいつまでも続いてしまいます。

 十字キ-と真ん中「 MENU / OK 」ボタンが、小さくても欲しかったな~。

 それが物理的にできないならせめて配列を。一番上を「再生」、真ん中を「 MENU / OK 」に、一番下を「 DISP / BACK 」にして欲しかったな~。



 上位機と中位機であれこれ異なっている Nikon 他の常識を、完全に打ち破ってほしかった。

 絵作りやメニュー構成がほぼ同じなのに、 3 ボタンの配列は画竜点睛を欠く


 Fn ボタンのカスタマイズは、ほぼ行っていません

 X-Pro2 で FUJIFILM のデフォルトに慣れることを考えて、あまり変えずにいたから、 X-E3 も変える必要があまりない。
 「 AF-L 」ボタンの動作が異なっていて、同じにできない不満はあったりする。



 できる範囲で X-Pro2 に近づけるため、フリック動作の割り当て変更は行いました。

 右フリックを ISO 変更に。下フリックをホワイトバランスに。これで X-Pro2 の十字キーに近づきます。
 上フリックを DRIVE 変更に変えればもっと近づくけど、 LCD 上に物理ボタンがありますから。デフォルトの AF モード変更のまま。これはたぶん使わない。


 こうして X-Pro2 に近いけど同じではない UI ですが、総じて FUJIFILM X の UI だと感じて、使い勝手は総じて良いです。

 併用の混乱を避けるためには、 2 台同時使用のために X-Pro2 をもう 1 台買うべきなのでしょう。(笑)
 X-E3 は、身軽に単機でスナップシュート用として持つのが吉かも。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X-E3 の印象とか、その後(1)


 いま X-E3 につけてあるレンズは XF27mm F2.8

 X-E3 の小ささ軽さを最大限に活かすレンズだろうと考えて、出かけた先でそうしてから交換していません。
 単焦点ですから画角固定。ぽてち的「これ 1 本で」の画角。

 手ぶれ補正が無いことが主な理由で、画角の自由度が無いことが従の理由で、家の中では手に取ることが少ないのですけどね。



 手ぶれ補正が無いことで、カメラをこれまでと異なる設定にしてあります。


 ISO 値を 200 ~ 3,200 の AUTO で、最低シャッタ-限界を 1/200 にしてあります。
 レンズの絞りは F4 くらいにしておくよう心がける。

 高感度画質の向上を積極利用して、ボケが強くなることに妥協。そう、ぽてちは被写界深度が浅くてボケが大きな写真は好きでないんです。
 でも妥協


 いいレンズのボケは綺麗なこと、知っていますけど。高いから。(笑)
 そういうレンズは、大きくて重いのも難点です。

 同様に、解像感がキレッキレ!の写真も好きでなくなってきました。
 大河ドラマ『真田丸』に出てきた伊勢氏直の前半。あんなの毎日目の前にしたら疲れまっせ。(笑)



 目が悪くなってきて、眼鏡で補正して見えていても、目と頭が疲れるようになってしもうたんです。遠近は左右の合焦範囲が狭いこともあって。
 よって、解像感を優先的に追ったレンズは、ぽてち的には地雷だったり。

 ちな、解像感の強弱と解像の有無とは、別のことなんですよね。

 諸性能があるセンに入っていて一部だけが突出せず、バランスが良い。そういうのが目に楽だと思うようになってきています。
 すると、ニコンは高くないレンズもよくできてると思えてくる。
 FUJIFILM だと XC16-50mm F3.5-5.6 OIS なんて安いあたりも。

 鉄板の XF18-55mm F2.8-4 OIS は、解像感がちょっと強すぎかな。
 センサ-の画素数が増えてきて、目につくことが増えてきました。
 小型軽量であることを含めて諸性能が高くまとまっているから、撮る気で出るときはこれですけど。



 脱線回復


 しっかりと押さえて、屋内でも照明がしっかりあたっているものなら。手ぶれ補正なしでも何とかなる感じです。


 これが X-Pro2 だと。

 ISO を 200 ~ 1,600 の AUTO で、低速シャッタ-限界を 1/40 にしてあります。
 撮り終えたら絞りを F5.6 に戻しておくよう心がける。

 レンズは XC16-50mm F3.5-5.6 OIS か、XF18-55mm F2.8-4 OIS
 手ぶれ補正にしっかり働いてもらう設定です。

 X-Pro2 を事実上の「これ 1 台」な「お手元カメラ」として、最も多用しています。小カメラバッグに入れてあって、体を回せば即座に手に取れるところ。



 X-E3 の話しに戻って。


 日中屋外では、設定がちっとだけ違う。 IOS AUTO の上限を 1,600 にして、低速シャッタ-限界を 1/250 に。絞りは F5.6 を心がける。
 よく晴れて日射しある日中の屋外だと上限を 800 で、低速シャッタ-限界が 1/250 で絞りが F8 戻し。

 ともに低速シャッタ-限界が高いのは、を撮る機会を得たときのため。(笑)

 んな感じに設定して、バッグの中。


 フィルムシミュレ-ションを初めとする画質の設定は X-Pro2 と同じで、ほぼ固定です。

 シミュレ-ションプロビアで、シャドウト-ンを-1、ノイズリダクションを-1。以上。

 フィルムシミュレ-ションを変えて写真作りをする楽しみがある事。撮影講座担当の方やプロの話しでわかっていますけど。
 ぽてちはまだそこまで至っていないものですから。

 透明感ある鮮やかさが美しく、でも「やり過ぎでない『プロビア』一本槍。
 記憶色に近くてナチュラルに見えることも『プロビア』が好きな理由です。

 いじっていると、何が良くて何が失敗なんだか、わからなくなってしまうし。(^_^;)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.09

いっしょにおねむ


 しばし腰を伸ばそうと、布団にゴロしたら。

 必ず、扉の外でしばらく中の様子を伺ってから。唐突に飛び込んできて、ハウスに飛び乗る。



 乗ると必ず毛繕いを開始して、一通り満足すると。キュ-とか ピ-とか言いながら、あんちゃんの脚の間に移動する。



 移動した後、長い毛繕いをするのも必須です。このステップがどうして必須なのか。わかりません。(笑)

 画像は、どんな姿勢でいるのかを見ようと、手にしていたタブレットのカメラで見て撮ったもの。


 ハウスの上で長い毛繕いを終えて、そのまま寝るときもありますけどね。奴の気分で切り替わる、一定期間の周期があるようです。



 続き。

 毛繕いを終えたくらいのタイミングで あんちゃんシ-に行きたくなって、ごめんね言いながらトイレに行った。
 トイレの後、 PC 小部屋で一服を始めたら。

 迎えにきました。(^^;



 わかったわかった。おふとん戻るよ。おいで。一緒におねむしよう。

 声をかけてゴロに戻ると、ちょっとだけ間を開けて。



 爆睡に至ってしまえば、あんちゃんが移動しても寝ています。こうして顔を載せられていると、起きてしまうから動けませんが。
 爆睡に至るまでにはひっくり返るから、動けるようになるです。

 ちなみに、あんちゃんの脚は むき出しであるのが快適らしい。次善は、薄いタオル毛布がかかっている状態。
 パジャマズボンを履いているのは良くないそうです。謎。(^_^;)


 人間の不在時は、日中によく寝ているらしい。

 あんちゃんが日中も在宅していると、あんちゃんの動きが気になって、しっかり眠れないらしい。
 これは おね-ちゃんの在宅時も同じようですが。

 日中も在宅しているときは、様子と時間を観ていて、寝かしつける必要があるらしい。
 そうしないと夕刻以降が不調に見えて、晩にぐずり始めもする。(^^;
 「もう寝ようよ」と思しき ピ-!キャ-!騒ぎが大きいです。(^^;


 猫が家にいると、面倒くさい。


 過去の経験から十分わかっていて迎えたけど。思っていた以上に面倒くさかった。(笑)
 夫婦二人で共通の感想です。

 宇宙船の中の暮らしみたいなものだから、そうなってしまうのでしょう。


 2 人そろって泊まりの旅行をしないとか、帰宅が 2 人とも遅くならないようにするとか。
 これも面倒くさい事なんですけど。 3 年間、 1 度もせずにいます

 キャラからしてペットホテルがダメだとなったので。

 今後 20 年近く、 2 人そろって泊まりの旅行をできません。仕方ないこととして覚悟しています。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.07

暑さ耐性を


 これを撮ったのは、ぽてちに割り当てられた 2 分間の占有時間だったのですけどね。
 占有時間でもこうですから、積極的な参加者がいると講師近くは位置取りが難しいわけです。で、いるのが普通。


 さて、扇子でパタパタしながら講師についてぞろぞろ移動しているとき。


 たまたま隣に位置したモデルさんに「暑いですね~。陽のあたるところに立つから大変でしょう」と声をかけ、扇子でパタパタ風を送る。
 「すいません。大丈夫です。慣れていますから。」との言葉。

 確かに慣れていて対処万全なのだろうし、だいぶ細身だから、ぽてちよりダメ-ジ少なそう。

 たまたま左に位置していた Nikon の引率おね-さんにも、同様に。こちらも同様の言葉。
 まだ 20 代と思しき、小柄で細身のおね-さんでした。

 ともに、汗を拭うこともなく歩いていた。



 ぽてちは家でカフェイン水分を摂り過ぎて、大汗だらだらだったけど。気温は 34 度くらいだったから、暑さに強い人が体調を整えていてビル日陰を適宜利用すれば、さほどのダメ-ジを受けなかったかも。

 この季節、細身の人の方が強いのかもですね。本当に。

 講師も、細身とは見えなくても、引き締まって見える体つき。特に辛そうにしている風は見えず、普通に過ごしているよう見えました。



 とは言え、暑いものは暑いでしょう。

 ほてちは趣味遊びだから、暑くてもう嫌だとなったら、サボることも途中離脱もできます。
 が、講師を含めて 3 人は仕事。逃れられませんね。

 後刻、引率の おね-さんが曰く。

 今日は夕刻からの 1 つだから、だいぶマシなんです。昨日は午前と午後の 2 回、暑さ厳しい時間帯に外でした。

 ぽてちだったら、今日は使い物にならない状態だろうと思った。(火暴)



 いきなりバイクは危ないけど、暑い日中に外を歩いた方がいいかもですね。

 好きに時間を使える休日は、睡眠と体力の回復チャ-ジに充てるのがお約束になっているのだけど。
 でも、どこかで無理をしないと、衰える一方・・・

 盆休みにでも、カメラぶら下げて出歩いてみますかね~。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.06

体当たりの攻撃をくらう


 んちハイで駆け回って、ストッカーの上に飛び乗ったところへ近づいた。

 予想外のことに、肩に飛び乗ってきた

 うつむいて ちょっと前屈みになって、肩と首のあたりで座っていられるよう、姿勢をとる。けっこう苦しいのですけど。

 もそもそ動いて向きを変えて、ちょっとだけ座っていて、下りていった。


 約 30 分後、 PC 画面に向かいながら頭を触ったら、むにゅっとした感触の小さなゴミが・・・


 おわかりでしょう


 悪気はまったくないから、いいんですけど。(^_^;)


 指名手配写真



 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナップ写真風


 2 つ前にアップした写真を、ちょっとトリミングしたものです。
 50 mm 相当をちょっとだから、 75 mm 相当くらいになるのかしら。

 うん、スナップ写真風になりました。


 元はこれ。



 が、こうなったわけです。



 ちょっとだけスナップ写真風。(笑)

 何も考えずに「朝早くから暑いな~。このギラつきを撮れないか?」と撮った偶然の写真なんですが、考えてねらえば、スナップ風が撮れた瞬間でした。

 もったいないことをした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さ対処に失敗


 スナップ写真撮影講座の実習 1 回目。

 暑さへの対処に、大きく失敗してしまいました。


 夕刻近くに家を出るまで、全館冷房状態にして引き籠もり。全館冷房状態のおかげで利きが悪く、暑いからと、清涼飲料やアイスコーヒーをカプカプと大量に飲み続け
 何度もトイレに行くほどカプカプと大量に飲み続け

 そして、キョーレツに暑い東京駅前へ。

 RS タイチの吸汗速乾シャツの上に普通のシャツでしたが、普通シャツがずぶ濡れになるほどをかいてしまいました。
 ずぶ濡れを見た Nikon の担当おねーさんや講師に心配されるほど



 根本は、飲みすぎ。(^^;;;

 飲んでいたのが、汗やシーで出て行く塩分等を補充できないものだったことも良くなかった。

 コーヒーやコーラはカフェインも入っていて、飲んだものを塩分等とともにどんどん出すことになって、体内水分の調整として根本的な失敗でした。


 頭痛とか立ち眩みとか気持ち悪いとか、ヤバイ症状は無かったですけどね。
 汗をだらだらかき続ける不快感で、集中に欠けてもうたです。
 汗だらは、それだけで体力も消耗するんですよね。(^^;;;



 講座の内容


 半分は講師について歩いて、講師の説明を聞いて講師が撮ってみせるものを背面 LCD で見て真似をする



 モデルさんを使った撮影で、主たる説明は、強い反射と人のの活用。
 アクティブ D ライティングを off にして、露出補正マイナスが推奨。



 時間の半分は、東京駅前界隈を好きに撮って歩く

 でした。で、ぽてち、ろくなものを撮れていません。


 こういう実習では、講師が言うた通り真似して撮るのに適した位置に立つこともままなりません。
 受講者に積極的な女性が複数いたらなおのこと。講師の周りは彼女たちのもの。(笑)
 そこに後からぐいぐい入り込んで位置取りする気がありませんし。

 同じ講座の受講が 2 度目 3 度目にもなれば、先回り先回りで身を処すことも可能なんですけどね。
 そうしたとしても、講師の近くはなかなか難しい

 よって。

 聴いたその場で、かなりテキト-でも、いちど真似しておく。後々に、聴いたことを活用できる状況に遭遇したとき、活用できる状況を求めたとき、そのときが真似の本番。

 そんなつもりでテキト-に切っていますから、ろくなものになる訳がなく。(笑)



 好きに撮って歩くときも、事前にロケハン行って「ここで こんな瞬間をねらう」を頭の中に準備しておかないと、それっぽい写真が撮れるものじゃありません。

 撮ろうとしたとき アイデア 偶然 に恵まれる。そんな天然の bless が ぽてちにあったら、何十年も前にその筋から見出されているですよ。
 写真そのものか、少なくともそっち系で食べているはずです。


 ということは、 4 日(土)にロケハン行っておけばよかった?

 暑かったし。 (火暴)



 事前にわかっていても、いざ直面するとガックリとなる。
 4 日(土)は、気力も回復を図らねばならぬところでした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.02

ぼやき


 なんてことない逆光写真。

 でもこれが、 8 時前から 30 度を超えている図。そんな情報つきで見ていただくと、味わいが感じられ・・・るかも。(笑)

 この季節の外営業はキライ。(火暴)


 暑さが続く毎日ですね。

 エアコンの動作確認で見たら、 9 時にベランダが 33 。陽当たりエリア近くは 34

 9 時ですよ! 9 時!! ヽ(^◇^;)ノ

 たぶん、暑い時間帯はアメダスが 35 度か 36 度で、うちのベランダは 37 度 38 でしょう。
 うん、そんなものだったようですね。ヽ(^▽^)ノ



 エアコンの動作確認は、まさしく猫の生存確認です。

 もし、エアコン情報もネットワ-クカメラも、ともに受け付けないようになって、 10 分後に再び試みてダメだったら。

 最悪の事態である、停電が発生していると考えざるを得ません。
 それも、無事だった前回アクセスの直後からだと考えねばならん。

 そしたら・・・ 仮に重要案件で大忙しになっていたとしても、放り出して家に向かう覚悟です。
 手遅れかもしれないけど、放り出して家に向かう覚悟。

 窓際は、重い立場で重要案件に関わらないから大丈夫。(笑)



 気温の高さだけなら、 37 度も 38 度もそう珍しくないのだけど。

 今年は暑くなるのが早くて、それもあって今年マジ暑い!と感じるのでしょうね。

 感じるだけでなく実際に、 7 月 20 日すぎに 38 もの高温になることは、珍しいと思いますし。
 ふつ-なら、梅雨が明けたかまだか、といった時期ですよ。


 相棒が毎年きまって取り寄せる、岡山の清水白桃。今年はめちゃめちゃ甘くてジュ-シ-♪



 なんだけど、果肉の質がイマイチのように思います。豪雨は直前で、そこへの影響は、あって表面の痛みくらいのはず。
 デリケ-トな大玉白桃には、やっぱり暑すぎたのじゃないか?と。



 ここまで高温続きだと、休日は、体調を崩さぬよう引き籠もりつつ体力の回復を図ることしかできません。
 写真撮影講座に行ったり猫医者に行くくらいの事はしますけど。
 平日の晩も、昔の仲間と年に 1 度の会食くらい行きますけど。

 梨の手配に行って枝豆を手に入れてきたこともあったか。(笑)


 でもね~。車で 5 のス-パ-に行くことすら辛い
 家を出るだけで辛くて、エアコンが利き始める頃には着いてしまう。(笑)


 車な お仲間が箱根に上がる告知をしとったけど。箱根って、標高そんなになくて、 10 時にもなるとかなり暑いんですよね。(^^;
 陽なたが暑いのは奥日光でも菅平でも同じですが、低い分だけ暑い。

 夕刻からの撮影講座実習に、間に合うんですけどね。寝不足と暑さで消耗した後に都心溶鉱炉でうろうろしたら、倒れてしまうです。(^^;;;
 倒れなくても、開始直後に入った喫茶店から出てこず、撮らない。(笑)

 エアコンがある車のお遊び企画ですら、そんな調子。

 今年は特にバイクは無理ですね~。



 もしバイクに乗ったら・・・ わりとマジで、熱中症で深刻なダメ-ジを受けること、危惧しています。

 今の体調・体力だと、容易にヤバイ状態に転げ込むゾ、と。

 会社行ってるだけの日常生活でも、昼過ぎや夕刻に「ちょっとマズイかな?」思い始めることが、割とよくありますから。
 そうでなくても帰ってすぐに、猫に添い寝してもらって 1 時間とか 1 時間半のク-ルダウンとウトウトをして、ようやくコンビニ蕎麦の準備にかかれる感じ。

 あ、自慢でした? (笑)



 ワオを動かした最後はいつだっけかな?
 会津坂下へ行った、 6 月 20 日くらいだっけ??

 オイル交換のワオ店は会津坂下の前だった気がするし・・・

 今年はスタンプあきらめで、危険を感じながらでもバイクに乗る動機が無くなりましたからね~。

 次に動かすのは、最高でも 29 度くらいの日。 9 月末くらいになるのかな。


 あまり不動でもオイルが下がって良くないから、カバーを外してエンジンをかけるくらいは・・・ 駐車場が暑くてイヤ。(火暴)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.01

スナップ写真撮影講座( 1-2 )


 もうすぐ発表される Nikon のミラ-レス機。公式テザ-映像を元に、少しずつ分析が進んでいるようです。

 思うに、フルフレ-ムであることは間違いないでしょう。たぶんセンサ-は SONY 製だと思う。

 マウント径が 50 mm くらいだろうと言われていたのを裏付けるように、径がけっこう大きく見えます。
 これまたたぶん、もっと大きなセンサ-に対応するマウントだと思う。

 商業写真や風景で、中版への要望とニ-ズがあるはずです。

 応じるか否かは、 Nikon の経営判断ですけどね。伝統の F マウントを使わず新しくするなら、応じない方が不思議です。
 今さら「高い動画性能」は、お呼びじゃないはず。 Nikon 1 で懲りたはずだし。


 SONY α が APS-C とフルフレ-ムで、一般消費市場にやや軸足。 Nikon はフルフレ-ムと中版で、商業写真市場にやや軸足。そんな棲み分けかもしれません。
 APS-C と中版を分けた FUJIFILM 。各社の判断があって、面白いと感じています。



 絵作り・画風について、ぽてちの真の好みは Nikon FUJIFILM も好きだけど、やり過ぎと感じることが、ちょこちょこある。でも何よりも、カラ-調整ほぼ不要の楽ちんさが好き。

 ほぼ余談ですが。 SONY は ぽてちの好みとチト違う。だで、 RX100 系に手がでません。
 もしかすると、SONY の画風が好きな人は RICOH GR も好きかも。


 話し戻って。

 D850 で、 Nikon も楽ちんになりました
 カラ-バランスをいじらずに済む楽ちんさ♪に加えて画風が好み

 大きく重くなければ、 Nikon がメインで不動のはずなんです。操作性や確かな手応えも、圧倒的ですしね。
 FUJIFILM X の「扱う楽しさ」とは異なる、自在で極めて確かな心地よさ。


 ミラ-レスの機構と新しいマウントの新しいレンズ群で、大きさ重さがどうなってくるのか。
 Nikon DSLR が他を圧倒している AF の性能は、ミラ-レスでどうなるのか。

 正確な仕様一覧と、早い人のインプレが楽しみです。(^_^)


 いきなりの長い閑話休題


 スナップ写真撮影講座のこと。



 初回のガイダンス的座学をうけてきたと、 1-1 で書きました。

 過去に 3 回受けた FUJIFILM のスナップ写真撮影講座で聴いたことと、そこそこ被る内容でした。



 X100 から始まった FUJIFILM X は、スナップ写真の DNA が濃い。ア-ウィットだブレッソンだ、スナップ写真のあり方を変えた著名な写真家の作例をいくつも見せて解説しながら、そもそもスナップ写真とはから説き起こしていくものでした。

 「著名な作家の定評ある写真をたくさん見ろ」が繰り返され、参加者が撮ってくるべき課題写真への要求レベルも高かった。メモや記録・記念でなく、スナップ写真を!と。
 そして、講評もシビア。口が黙していても、黙していること自体と、気を遣って言葉を選んで語る内容や目や表情と、すべてが雄弁だった。(笑)

 いま思うと、かなり濃密で高度な講座でした。課題の提出と講評が辛かったけど、めちゃめちゃ良い講座だったわ~。



 今回の講座ではそこまでの話しは無く(当然だべな)、一般的な助言と注意事項、といった感じ。
 「この作例は、何をどう撮るか事前に考えて、ねらってるよ。季節も時間帯も選んでいるし、撮るとき時間かかってるよ
 要するに同じでした。「動いて視点を変えてみろ」も同じ。

 似たような話しで、「光の向きと質をよくよく観ろ、活かして撮れ」が「反射を活用しよう」になっていた。
 反射を活用しようと思ったら、光の向きと質に目がいきます。


 人物点景の話しが、 FUJIFILM の講座では「奇跡のようなタイミングをねらう」姿勢と、そのための「事前設計」と「長い待ち時間」を強調されていたのに対して。
 今回のは、「点景として活用してドラマ性を持たせる」だった。が、見せられた講師の作例は、絶妙のタイミングをねらったもの。光の向きと質も、強く強く意識されとった。もちろん、練られた事前設計がなければ撮れない写真



 同じことを考えていても、いま伝えようとするものが違う。そんな印象でした。

 作例で見せてはいるのだけど、口にすることは平易で、要求が控えめ。すなわち「まずは好きに撮りなよ参考までにねで、想定する客のレベルが幅広い。客がカメラで楽しむレジャ-度を意識している程度もやや高い印象を受ける。
 そうも言い換えられると思うたです。


 FUJIFILM の講座も素人が対象で、カメラのレジャ-なんですけどね。担当者の趣味性の高さが現れていたのでしょう。(笑)
 シェアがシェアで有するカメラがスナップ志向中心だったから、客のスナップ経験レベルを高く想定していて、深堀りしていたとも思う。

 未知の世界への明確な手引きを感じた、ひじょ-に良い講座だったと思います。無くなってしまったのが残念。
 4 回目 5 回目と参加して同じことを繰り返し聴いて、徐々に体に染み込ませていきたかったです。


 ちな、 Nikon の講座も良いのですよ。念のため。

 かつて参加した鉄道写真の講座も、築地市場のスナップ講座も、同様。「まずは各人のペ-スでやってみよう」「実習現地で訊いてくれればどんどん答えるよ」といった導き方。
 難しい・辛いと思わせないことも、一般対象で趣味を深めていくのに大切な方針でしょう。


 鉄道写真の講座と言えば。

 かつて参加したときの講師、助川康史さんが、講座会場の隣室で写真展を開催していました。



 青春 18 切符のポスタ-撮影で有名な長根広和さんのもとで活躍されていて、 TV で有名になった中井精也さんも、かつては「同じ釜の飯」だったらしい。

 めちゃめちゃ朗らかで、めちゃめちゃ おもしろ弾丸ト-クサ-ビス精神がはちきれているような お人柄。
 別の講座でお世話になった長根広和さんも似たようなキャラ設定だった覚えが。(笑)

 長根さんが SNS で、新しい社用車を買い与えた・その分だけ働け-!と書いていたから、助川さん、こき使われているのでしょうね。(笑)
 当日も、夜を徹して秋田から戻られて朝から展示会場だったようです。


 SNS で助川さんをフォロ-していなかったから写真展のことを知らずにいたですが、講師が「隣で助川プロが写真展をやっているよ」と。
 で、休憩時間に行ってみましたです。

 やられたわ。(笑)



 冗談だけでなく、ほんとうに。やられた・・・

 作品の数々を 1 枚観るごとに頭を殴られたように感じてこれは凄い・・・」のつぶやきが何度も。

 真似できるようなレベルじゃないですけどね。でも、家を出るとき頭に思い描くのは助川さんのような写真。現実はつまらない下手くそ写真だとわかっていて、撮りに行きたくなった。(笑)

 ぽてちの場合は おままごとレベルなんですけど。こんなの撮ってみたい!と思うことって、必要なんだな~と思うた。
 でないと家を出ないです。(火暴)


 本当にやろうと思ったら。

 様々な撮影適地を調べて何度も何度も撮りに行ってもちろん担いで歩いて登って藪に分け入って、「この季節この時間帯にこう撮ろうを頭に醸成していかないと撮れるものじゃないんですよね。
 そこまでできない意味でも、おままごとレベルです。(^_^;)


 とゆ-ことで、初回が終了。

 助川さんのギャラリ-ト-クを聴きにいくことなく、ニコンプラザ新宿を後にしました。
 台風が迫っていて、風による交通の乱れを危惧したものですから。(^^;

 中央西口から入って、特急のホ-ムに上る。



 特急のホ-ムは人が少なくて、楽に南口まで移動できます。d(^_^)



 南口へ回ったのは、駅弁を買うことが目的でした。コンビニ弁当よりずっと高いけど、ずっと美味しいから。機会があったら買って帰ります。

 蒸し暑くて、駅弁屋『祭』にも多い、甘辛い肉の弁当がちょと辛く。でも、こってりしたものを食べたくて。



 絶滅の危機が叫ばれる昨今、ちゃんとした鰻屋の鰻しか食べないことにしているのですが。



 いちお、鰻専門店だし。ス-パ-やコンビニ、ファストフ-ド等の乱売による資源圧迫と価格高騰の元になっている土用の丑の日」が、とりあえず過ぎていたことだし。
 一折りわずか ¥2,160- だなんて、これも乱売のひとつでなんですが。(^^;;;


 バスへの乗り換えで駅を出たとき雨無し風無し。断続的な強い雨が降ったのは、夕刻からでした。
 これなら助川さんのギャラリート-クを聴いてくれば良かった。(^^;

 断続的で、一過性。よって うちのあたりは川の水位警報が鳴ることもなかったです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »