« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018.06.27

予約をキャンセル


 岐阜、金沢、富山、長野、群馬のスタンプ 6 を取って回ってくるお泊まりツ-企画で予約してあったビジネスホテルを、キャンセルしました。

 理由は、会津坂下とんぼ帰りで、帰路がだいぶシンドく感じたこと。そして案の定、風邪をひいてしまって、例によって長引いてキツかったこと。

 1 週間以上も逡巡して、ようやく決意しました。


 風邪ひきの原因は、気温を見誤って上下メッシュで出かけてしまったことなんですけど。
 帰路のシンドさも、往路に低温で消耗したのが主因なんですけど。(^^;)

 でも、もっとキツイのを決行する? と考えてもうた。(^_^;)



 楽しさの方が大きければいいのですけどね。

 距離をこなすことに精一杯で、時間に追われて。当然、暑さと湿度、雨と低温、そして高速道路の走行風や風切り音が、だいぶシンドいわけで。
 昨年の、西と北。かなり楽しんだけど、キツさも大きかったわけで。(^^;

 往路の東北道で追い抜いていったバイクたちのように巡航速度を上げれば、気ぜわしさと時間原因のキツさを低減できますけど。
 獰猛なパンダを警戒し続けるのが、長距離だと疲労の素になってまう。

 帰路に「矢板北まで頑張ろう」と走りながら、かよう考えました。



 よ-するに、シンドさ含めて楽しめないなら止め



 ということです。

 3 泊 3.3 日の旅程になると早くからの予約が必要で、天候不順でも決行しなければならない気になる。
 ドタキャンは申し訳ないですし。
 もちろん日程はタイト。必然的に、行程・時程もタイト

 今年は完走が無理だと思うと、楽しさも減退する。

 完走の可能性があれば、町会の夏休み早朝ラジオ体操で皆勤のご褒美をねらうように、無理を圧して頑張ることもあり得ますが。(笑)



 来年のスタンプラリ-で、また頑張るです。



 とは言え・・・

 日帰りと 1 多くても 2 で済むところは、天気予報を見ながら直前予約ができたら出かけるつもり。
 恵那 → 稲武 → 熊 の 2 泊 2.3 日とか。(地域的に、行ってみたい。)
 東御 と 藤岡 の日帰りも。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.25

日曜日のランチ ツーリング


 都内某所の四谷。

 現地集合で、豪華! 焼き肉ランチ ツ-リング♪



 たしか、ツ-リングの企画だったはず。

 そういう顔ぶれですもの。たまたま 1 台も乗ってこなかっただけです。
 ぽてちは、風邪が治ったらバイクで行こうと思っていました。(大嘘)



 皆さん いつものライディング ジャケットじゃないから、まるで別の人たちのようでした。(笑)


 後で相棒から聞くに、ネット予約限定の『お得ランチ』セットのようなものだったらしい。



 肉の質がとても良くて、焼く・食べるの設備・道具も良し。人数で割れる品出しも、各々が好きなペ-スで焼いて食べられるし、分けようとする手間が無くて楽ちんでした。

 相棒的には、ご飯が美味しかったのもポイント。言われてみると、確かに!


 灰皿テ-ブルの方はもっぱらの話題が、某豆さんに予定される転勤先についての話しでした。
 ぽてちは現地の具体知識が乏しくて、イメ-ジ中心の発言でしたが。
 3 人とも共通していたのが

 ・ 食べ物で「ハズレ」の店が少ない街。
 ・ 食材とダシと味付けが違う。
 ・ ツ-リング先に富んでいて、市街を出てしまえば空いている。
 ・ 住居の候補地は、あの 2 人に詳しく訊け。
 ・ 飲食で入る路を間違えるとパン!パン!と聞こえてくるかも。

 てなところ。(笑)

 何度も訪れている某パパさんは、ツ-リング先もそのときの食事処も、具体的かつ多彩にアドバイスされていました。


 もし、ぽてちが 2, 3 年の期間限定でそこへ行ってこいと言われたら。不安 1/3 楽しみ 2/3 くらいで、ニヤニヤっているかも。(笑)

 約 20 年前に 2 年間の遠隔地勤務をしたときは、生まれ育った街を離れて暮らすのが初めてで、それも文化が違うエリアで、どえらいストレスになりましたけどね。(^^;)

 これがもし今、話題の地域だったら。
 もし家賃補助があって、報告のためでも月一で帰省する費用を出してもらえたら。

 今は得られる情報量が隔世の感で違いますし、走り回るでしょね~。(^o^)
 かつて家賃と月一の東京往復に使った費用を丸々、走り回りに突っ込む! (爆)

 もちろん、にんべんの鰹だしゴ-ルドを持って行くです。ヽ(゚▽゚)ノ


 てなことで、あっという間に 2 時間半

 ぽてちはうでと楽太郎社長の早よ寝ろやメッセ-ジをもらって、好きな落花生をマイキ-さんからいただいて、店を出る。

 感謝々々!


 落として壊したコンデジ( TX1 )を秋葉原の LUMIX 工房へ持ち込むタスクがあったため、うちは離脱しました。
 みなさんはお茶をしながら もう一盛り上がりしたそうです。



 さすが LUMIX 工房。火曜日の夕刻にできあがるそうです。行けませんけど。(爆)


 かつてよく入ったルノアールで一休みして



 ルノアールを出て秋葉原駅に向かって歩きながら思うた。ルノアールにいた客と様々な店と歩く人たちの雰囲気が、かつてとまるで違っているね~ と。

 そして駅のコンコースを歩いているとき発見。と言うか、目を引かれた。



 プラムでなく、毛が無いタイプのだそうです。

 最終日となっていた通り、けっこう進んでいたから帰宅して即座に冷蔵庫へ。



 後刻食べてみたら、味はプラムの一種じゃ~ん と。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.18

4 つ目(会津坂下)


 3 つ取ってきて、 17 個も残っているスタンプ。 4 つ目になる会津坂下を、とんぼ帰りで取ってきました。
 これで残り 80 % ! (^O^;)


 残っているうち、連泊回遊の計画に入れていなくて、 1 泊以下で済むところ。

● 恵那、豊田市武節、浜松市天竜区熊
 金曜の晩に出発して諏訪まで動き、翌朝の朝食バイキングをパスって早めに恵那へ移動し、恵那から 3 つ取って天龍二俣へ抜ける。そして土曜日中に東京まで帰ってくる企画。

● 会津坂下
 土曜日の未明に出発して、日帰りで会津坂下を取ってくる企画。帰路は、日帰り温泉で入浴と個室仮眠をしてくるか、または猪苗代湖畔を少し走って白川中央へ抜けるツ-リング気分。

 どちらの企画でも、日曜日は回復チャージに充てる。


 んな事を考えていたのですけど~。天気予報を毎日確かめて確かめて確かめて、木曜日の晩に断念しました。(^^;)


 だもんで土曜日は飽きるほど寝て、ゴロゴロうとうとを繰り返していた。
 ら、晩にあきれるほど元気。(爆)

 これなら会津坂下は行けるのじゃないか?と。確かめたら曇りが基本で晴れ間ものぞくような予報で、気温も高くないし~♪
 これからの季節。降らずに気温が高くない日は貴重だな、と。

 とゆーことで、大慌てで荷造りをして、おやすみなさい!
 したのだけど、眠れない・・・ 昼間に寝すぎ。(火暴)


 できたら 4 出発。それが無理でも 4 時半には出発したいと思っていたのにな~。
 なんとか起きあがったのが 04:10 で、出発は 05:27 でした。



 着ていったもの。びみょーでした。(^^;;;

 エアフロースーツは寒かったのだけど、かと言ってストリートガードじゃ帰りが暑くてバテたかもしれません。

 上は、速乾肌着シャツ、半袖の普通シャツ、 BMW のウィンドブレーカーを羽織って、エアフロースーツのジャケット。
 下は、肌着パンツ、タイチの速乾ストレッチアンダーパンツ、エアフロースーツのパンツ。
 グローブもメッシュ。ブーツはロングの方にしました。


 出発時の気温 16.5 がずっと続いて、たまに 17 度。すぐに 16.5 度。曇天で気温が上がりません。走りながらヘルメットの通気ダクトを全閉。

 ジャケットの下にウィンドブレーカーを羽織っていれば大丈夫だろうと思ったのは、甘かった。(^^;;;
 こりゃ寒いわ~と蓮田 SA に飛び込んで、ウィンドブレーカーの前を閉める


 それでも腕と肩が冷える冷える。エアフロースーツが、思ったより風を通していたんですね。
 ストリートガードにすべきだったかも、なんて思うた。(^_^;)


 予報最高が、埼玉 21 とか東京 22 とか。会津若松も 21 だったか。

 湿度が高い季節の曇天で、寒暖差が少なく安定して蒸し暑いのじゃないか? 道路上の実際は予報より 2 度も 3 度も高くなるのが通例だし、と考えた。
 そうだったらストリートガードは、日が出たときインナーを外してあっても暑かろうと考えたわけです。

 予報最高が 19 だったら、ストリートガードにしましたけどね。
 パンツのサロペット部を外していれば、高くズレても何とかなろう、と。


 で、こりゃ風邪をひくゾ!と思って佐野 SA に飛び込んで、雨具のジャケット側を着る。

 佐野 SA に飛び込むとき 16 度。岩舟あたりから 15.5 度。上河内 SA を越えたらさらに下がっていった。
 矢板あたりから霧雨。(^^;  13.5 まで下がりました。(^^;;;


 雨具は防寒具としても活躍できるのですが、ジャケットしか着ませんでした。

 エアフローのパンツも風を通して感じて、こりゃマズイ。顎と首と顔の半分も冷たい風にさらされ続けで、だいぶ不快。
 ただ冷たくて不快なのでなく、体調不良に陥っているような不快。

 たいぶ体温を奪われていると考えて、黒磯 PA に飛び込みました。



 13.5 を示していて、オレンジぽっちも点灯している。そうなんです。グリップヒーターを点けていました。

 2 度とか 3 度の高速道路でも、ストリートガードをしっかり着ていれば、メッシュのグローブで走れちゃうワオなのに。
 今回は標準スクリーンに戻してありましたけどね。でも、ちょっと驚いた。

 暑さ蒸し暑さの懸念ばかりが頭にあって、これほど気温が低くなるとは考えずにいた馬鹿者です。(^^;;;


 黒磯で雨具のパンツを履いて、上は袖先と首元をちゃんと閉じて、再出発。

 以後はまずまず。首と顎の周りの不快は続いて、顎首マスクがあれば・・・ この季節、パニアから抜いてありました。(^^;
 のどが痛んできていたけど、とりあえず、まずまず


 白河のあたりだったかな。シューン!と走る 1600 GT と、プロロロー!の GS 3 台に抜かれる。「そっか、あのペースなら所要時間が短くなるな」と思って、でもちょっとだけ、巡航速度を上げた。
 けど、磐越道に入って止めた。

 今回は概ね、到着時間を計算しながら長距離を走るときの速度をとりました。 4 時半出発のつもりが 5 時半になっちゃったから。
 おかげで燃費はイマイチでした。さぶかったのは速度の影響もあるでしょう。


 会津若松で降りて、 19 度。
 すぐに道の駅会津坂下に到着。ねらった通り、 08:50



 磐梯山の上の方は雲の中。



 一服しながら 9 時の開店を待って、開店して間もなくゲット♪



 何か食べなきゃならんな~と食堂部をのぞくも、開店は 2 時間後。売店部に、その気になるものもなかった。
 あきらめて産直部をのぞいてみました。

 1 週間ほどしか出回らないものだそうです。



 やっぱり種類がいくつもあるのねん。



 とゆーことで。



 トップケースに積み込んで、またタバコを吸いたくなって灰皿コーナーへ。体調がよくないと増えます。消耗していたのでしょう。
 雨具の上を脱いだだけで売店部をウロウロしていたことも、暑がりの ぽてち的に異常。やはり冷えて消耗していたのでしょう。


 あわせて、簡易な朝ご飯も飲むことにしました。



 このとき、持参の折り畳み椅子を持ち出して座っていた。こんなやつ。



 雨具のパンツを脱ぐべく、灰皿コーナーから移動したとき。ついでに撮ったです。



 日陰で座ってゆっくり休みたい。タバコを吸って「くつろぎ」を演出し、休んだ感を得たい。
 疲れているときや体調イマイチのとき増えるのは、これが理由でしょう。

 ところが、近頃は灰皿コーナーにベンチが無い。たいてい無い。
 で、バイクで出るとき用に、邪魔にならず簡単に組めて始末も容易な椅子が欲しかった。



 ぽてちの希望には、ヘリノックスよりこちらが正解だったようです。


 09:50 出発。珍しく 60 でござった。



 動き始めたら、気温が 21 まで上がりました。
 覚悟していた とんぼ帰りゆえ、会津若松 IC から磐越道に入る。

 磐梯山 SA で、給油だけ。
 寒く感じて五百川 PA に飛び込み、雨具を上だけ着る。

 郡山で 21 度まで上がったものの、阿武隈 PA あたりからまた下がっていく。止まって雨具を着て正解。 v(^^;)


 寝不足と、風を浴び続ける疲れが理由でしょう。その頃から身体がしんどく感じてきて、首、顎、顔に当たる風を辛く感じてきて、ゴ-ゴ-の風音も辛くなってきて・・・ 休みたい・・・ 休みたい・・・ になる。
 冷えとは異なる、体が しんどいわー! という辛さです。

 こうなるとヘルメットの中の耳も痛くなってきて、辛い・・・


 辛抱たまらず、矢板北 PA で休憩する。



 何か食べた方がいいだろうと思うも、その気になるものがなく・・・ 炭酸飲料とタバコだけで出発。 17.5 度。

 シンドイと感じながら、淡々とこなす。利根川を超えたら 20 度を越えて、浦和で 21 予報通りでした。

 で、よく入る川口 PA でまた休憩。



 その気になるものがあって、ようやく昼ぐあん♪



 植え込みの縁に腰をかけて食べつつ前を見ると



 一回、運転してみたいなー。(^o^)

 出発前に変なもの発見。



 始末に困って(間違いない)変なところに追いやって置くようなものに、けっこうなお金を使ってるんだろうな~。
 と思わないほどに、疲れていた。(笑)


 頑張って出発して、いつものスタンドで給油。

 14:03 に帰庫。 593 km 18.58 km/L



 今回は距離がありましたし。翌日からの仕事に疲労を引きずらぬよう早くに帰って早く横になろうと考えて、巡航速度を車でのそれにしました。
 車で長距離を淡々とこなしていくペース。加えて、帳尻合わせモードがほんの少し。

 その分だけ燃費が悪く、たぶん、その分だけ強まる風で余計に疲労したのだと思います。


 カバ-をかける前に、虫だけ拭き落としておく。



 おーきなヘッドライトグラスにも、盛大についていました。(^^;


 タイヤはこんな状況。



 また真ん中だけ減ること間違いなし! (笑)



 矢板北まで頑張ったら休もうと思いながら、ぽてちの体力だと 1 日 250 km くらいが無理のない範囲なんだな、と考えていました。

 時間に余裕があってちょこちょこ休めるし、急いで強まる走行風で消耗が増すこともないし。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018.06.06

高演色 LED 灯


 新しいデスクライトを導入しました。

 消灯していている方です。まだテストの仮設置をしただけ。


 ものは 山田照明と EIZO が共同開発したらしい LED スタンド Z-80PRO2 です。

 山田照明EIZO のサイト。基幹部分を作り分けをするコストを嫌うでしょうから、ほとんど同じじゃないかしら


 サイトにあるように、色温度 5000 K (なかなかない)
 平均演色評価数Ra97 (まず滅多にない)
 白熱灯 100 W 相当 ( 10 % ~ 100 % の無段階調整)

 てなところ。


 LED 灯は、蛍光灯とはまた違った方向で、色がおかしいのが普通。これまでほとんど手を出さずにきたのですけど。
 5000 K Ra 97 なら、買ってみてもよかろうと考えました。

 机の上に置いたものを撮るとき、色の悪さを解消できそうです。



 うちのディスプレイで見る限り、実際の色にだいぶ近いです。

 カメラ( X-Pro2 )が、ナチュラルを謳って「標準」とされる「 PROVIA 」モ-ドでも、赤を鮮やかに演じてしまう。マグロの刺身が美味しそうに撮れることを目指したという、 FUJIFILM X の癖でしょう。
 よって、上は Lightroom で赤の明度を落として目あわせ調整したもの。日頃はここまでやりませんが、照明の確認でやってみた。

 下は色をいじっていないものです。



 日頃感じているカメラの絵作り傾向から思いつきでやってみた事で、期待通りの結果が得られました。(再掲)



 照明はまずまずということでしょう。


 ちなみに、古い方は買って 20 年近くになるのじゃないかしら。あまり使っていず、蛍光管を替えたのは 2 度だったかと。

 色は天井の蛍光灯より良いのだけど、写真となると、やっぱりおかしい。おかしいのと おかしいのがミックス光になっていると救済が難しくなるです。
 撮影のときも、あまり点けることがありませんでした。

 色が完全におかしい天井灯を、 Lightroom 等で修正するか、ストロボ光で打ち消すのが良かろうと。そんな手が多かった。


 天井灯はサ-クル管で、高演色管が存在しません。高演色が存在するのは直管です。

 小部屋の天井を直管タイプに換えるなら、その前に、ヤニで茶色くなっている壁紙と天井紙を張り替えるべきでして。(^^;;;
(天井バウンスを使えないほど茶色くなってしまっておる)
 それには、エアコン外しや山の荷物の出し入れがありまして。(^^;;;

 あきらめておりま。(^o^;)


 天井と壁、簡単マイペットで拭き掃除をしてみるかな~。
 広範囲すぎて無駄な抵抗かな~。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.03

日曜日の買い物とオイル交換


 上の写真は島忠ホームズ喫煙所からの眺め。


 日曜日も、比較的爽やかな初夏の陽気。猫の爪研ぎを買いに出かけました。

 足はワオ。装束は上下で色違いの網戸です。
 下は、速乾ランニングシャツと、普通の肌着パンツだけ。

 比較的爽やかとは言え、初夏の陽気。暑くて、できるだけ簡便に出たかったため、トップケースを配線が要らないメバチくんのやつにしました。


 12:31 だったかの出発。珍しく首都高速がガラガラだったので、使うことにした。で、 12:57 に到着。
 下道だと 1 時間くらいかかるので、半分以下の時間で着くことができました。

 だいたい 28.5 度の気温で、ところにより 29.5 度。

 車が多くて信号停車がめっちゃ多い下道だと、だいぶ暑く感じます。そんな理由もあって、首都高速を利用しました。
 首都高速は、汗をかきながら、不快でない風に吹かれている感じ。まずまず快適


 ペット用品コーナーにまっしぐら。(笑)

 うちの子が好きな爪研ぎをポイポイと放り込む。



 下に、うちの子が好きな『ボーノスープ』も入っています。v(^^;

 これ。



 ここで あっ!

 この長さ、トップケースに入らないかもしれない。そう気付きました。(^^;;;

 しばし考えた後、ダメだったら養生テープで括りつけていこう。そう考えて、レジへ。


 レジを済ませた後、フードコートのドトールでアイスティを買って、先頭の写真の喫煙所へ。「網戸」のおかげで微風を感じながら、心地よい時間をしばし過ごしました。

 危惧していた積載は、ぜんぜん問題なし。



 トップケースの威力を、舐めちゃイカンですね。(笑)


 島忠ホームズを出たのは 13:40 です。やっぱり 40 分ほどを過ごしていました。
 身体が要求する休憩の時間。そして飽きてくる時間。 40 分なんじゃなかろうか。


 出発時に考えた。辰巳 JCT で決めよう。


 大人しく 9 号線で真っ直ぐ帰るか。レインボー橋を渡ってワオ店に向かうか。という選択を、辰巳 JCT でしました。
 結論はワオ店。走っていて不快でないことと、オイル交換をしてもらおうと考えたのと。


 前回の交換から 3,000 km 前後なんですけど、振動に濁りが感じられるようになってきていました。
 アクセルを開けたときの反応も、微かに荒っぽくなっていた

 ぽてちは 3,500 ~ 4,500 km くらいを目処にしているのですが、今の BMW Japan オイルはやや早く感じます。指定オイルのワンランク下のイメージ。
 高温高湿度の環境で長距離を走る予定があるので、機会だし、換えておこうと思った。


 ちなみに、今年は完走をあきらめています。繰り返しになりますが。(^_^;)


 ガラガラだった首都高速を降りて、ワオ店に近づくにつれて気温が上がっていって、だいたい 30 。最高で 31 度を指しました。
 ワオ店に着いたのは 14:09 です。首都高速がガラガラだと、東京の移動も時間のロスがなくて多目的に動けますね。



 作業を待ちながら、昼ぐあん。



 ワオ店のあたりは気温が少々高いようです。風があったので不快ではありませんでしたけど。


 オイル交換のお代は ¥17,388- なり。

 自分でやれば 1 福沢くらい節約できるのだけど。

 駐車場が暑いだろうと思ったのと、新聞紙を会社からもらってこないと無いのと。ドレンボルトの締め付けトルクを忘れていて、調べに上がるのが面倒臭かったのと。(爆)

 次回は自分でやって遊ぼうと思って、ワッシャーをわけてもらいました。


 ワオ店を出たのは 14:58 です。こんどは約 50 分。オイル交換の待ちがなければ、きっと 40 分だったはず。(笑)

 もったいないと思いつつ、滅多にない機会だからと、また首都高速遊び。 v(^^;)

 いや~ 心地よいんですよ~。適温範囲でガラガラの首都高速は。
 風に吹かれて のんびり流して、加速も減速も自分とワオのペースで。


 いつものスタンドで給油して、 15:28 の帰庫。

 53.8 km だったかな~。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

土曜日の買い物 (猫)


 晩になって涼しくなってから。小さなホームセンターへ。全般的に昔より安くなって、大きなダイソーみたいな感じ。
 使い勝手が悪かったり、すぐに壊れたりで、近頃は滅多に行かないところ。

 目的は、猫のオヤツを買うこと。と、段ボール製の爪研ぎ。

 目当てのものはボーノスープ


 車で 10 分。


 『ぼ~のスープ』無し。代わりにいくつか見繕ってみた。
 加えて、『ちゅ~る』に総合栄養食版があって、買ってみる。

 爪研ぎも、うちの子が使うものは無し

 えり好みがあって、特定のものしかバリ!バリ!しないのです。(^_^;)


 これは、ちょっと考えがあって購入。



 寝る前のオヤツを、これにする日を作ろうと考えています。


 ちなみに、総合栄養食の『ちゅ~る』はアウト。 d(^^;
 ざんざん臭いを嗅いだ後に、ひと舐めしてプイッ! でした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »