« したいようにさせとく | トップページ | 新規フロンティア »

2018.04.02

骨休めツー、補遺(これも長い)


 泊ったお宿への評価がイマイチなのはなぜだろう?

 ぐあんは豪華で量の不足もなかったし、仲居のおね-さんは親切だった。部屋の清掃状況も良かったし、エアコンも快適。
 和室は足腰が辛いのも、ネット環境が貧弱なのも、覚悟のうえだった。

 我ながら、チト不思議。


 つらつらと考えていて、わかりました

 温泉がだいぶイマイチだと感じたことが、最大の原因でしょう。



 もとより温泉らしさが弱いタイプの湯の、循環風呂実質的にただの沸かし湯の風呂ですね。
 獲得できている湯量の問題だから、改善の余地が無いことですが。
 これが理由で、ぽてちはリビ-トしないはずです。(^^;)

 次なる原因があるとしたら、布団が短くて寝心地が悪かったことかな。

 付け加えると、こんなところにプ-ルを作るセンスも、なかなかよ。(笑)



 そこそこ有名な観光地で、温泉の地なんだけど。高齢者には湯がイマイチで、レジャーの家族連れには料金が高い。
 なるほど、独り客を取っているのが理解できるように思います。
 湯がよければ、二名様~ で商売できる食事だったと思いますけど。



 バイクの設定等。


 空気圧

 タイヤを交換して帰ってきて、そのままでした。帰ってきてから動かしてないのだから、そりゃそうだ。(笑)
 出発直前に点検して、指定圧に調整してから出ました。


 プリロ-ドは、 人間+荷物

 デイパックの衣類が夏のスタンプ ツ-リングより少しだけ重く、 PC を Trans Book T90 Chi にして軽量化。(写真をいじるには能力不足すぎた
 相殺されてほぼ同等で、パニアから工具類を抜いて雨具も入れず、保冷バッグに保冷剤を入れなんだ。ちょっと軽い♪くらい。

 ちなみに、人間は重くなっている。(走召火暴)


 ダンピング。ほとんどの時間をSoftで走っていました。

 ぽてちは基本がNormal 」です。車に囲まれていて機敏に動く必要があったり、カ-ブが続くようなとき、車体の動きに遅れがない「 Normal 」が楽なもので。
 高速道路の継ぎ目を越えたとき等、トンっと持ち上げられた後、「 Soft 」だと上下にゆさゆさ振られるのも好きじゃありません。

 なんだけど、今回は身体が楽ちんに走りたいと強く訴えていて、ほとんどの時間が「 Soft 」でした。

 戸田峠を目指して登っていったときから「カ-ブを上手く走れず疲れて辛い!」になっていて、西伊豆スカイラインに入って「 Normal 」に変えてみましたけど。
 その範囲の話でなく、やっぱり上手く走れず疲れて辛かった。(^^;;;

 晩に思うところがアリ。二日目の朝から出力モ-ドをRAIN 」に変えて、あわせて自動でダンビングがまた「 Soft 」。
 以後は帰路の東京料金所を過ぎた渋滞に突入するまでずっと「 Soft 」で。


 出力モ-ド。上記のように、RAINを多用しました。

 これも日頃は「 ROAD 」が楽に感じて「 ROADばかりなんですけど。カ-ブ続きを上手く走れず微少操作が辛かったことと、トロい車の後ろで微少操作を続けるのを辛く感じたのとで、反応がダルRAIN 」を選びました。

 低速で曲がって傾いた車体を「 ROAD 」の感覚でアクセルで起こそうとすると、うっかりすると失速転倒しそうなダルさ。
 これがアクセルによるギクシャクを低減してくれて、楽に感じたです。
 低速からの立ち上がりで失速しそうになることは、大きく開いて回避。だで、 2 日目の燃費が思ったより悪かった。(^^;

 雨の白線で TCS が働いちゃうと、開いてもアウト!だそうです。(^o^;)

 帰路の伊豆縦貫道に入るときまで「 RAIN 」にしていました。入るとき「 ROAD 」に戻したです。


 昨年一万 km も走って使わなかった「 RAINがよく感じたのはなぜ?

 これも後から気づきました。スタンプツーリングのときよりキツいくねくねが た-くさんだったことと、首都圏から近い観光地ゆえ交通量が多くて、トロい車がたっぷりいたからでしょう。
 アクセルの on・off がたくさんになって、その度にギクシャクして、辛かったんですね。(^_^;)

 くねくねを上手くこなせなかったから。リズムが無くてギクシャクするようなアクセルになるですね。
 速度が低いことより問題な、トロい車。その後ろでギア選択とアクセルワ-クに大苦労するのは、書くまでもないことでしょう。(笑)



 コンデジ

 昨夏のスタンプツ-リングに備えてコンデジを買い換えたのは、やはり正解でした。

 首にさげていられる大きさ重さ。せめて 1 inch のセンサ-。ズ-ムが 200 mm 相当まである。できたら EVF 付き。
 そんな要件で選んだ、松下の DMC-TX1

 画質・画風は Canon G7 X II の方が良いのだけど、 200 mm 相当まで使えるとなると、 TX1 の一択でした。
( G7 X II が 140 mm 相当まであったら、 EVF が無くても選んだ可能性大)

 今回も、記録を含めてちょこちょこ撮ることがでけた。 v(^_^)


 同じく 200 mm 相当までになる 18-135 mm を着けた X-Pro2 は、トップケ-ス内のカメラバッグの中

 そこそこに使いましたけどね。

 はじめから撮る気でバッグを持ち出さないと、すぐは手にとれない。いったんバイクから降りなきゃならんし。
 さらには、疲れていたり雰囲気じゃないとき、降りても手ぶらで動きたいことが、けっこうある。

 そう、帰った翌朝に芦ノ湖スカイラインへ行ったとき。このときも X-Pro2 がカメラバッグの中にありました。
 でも、手ぶらで降りて談笑入りしていたわけです。首には TX1

 小さく軽いコンデジなら、のぞき込んだり乗ったり降りたりしても邪魔になり難く、友人の車にゴツン☆! やらかすこともないわけです。
 ジャケットのチャックを 2/3 上げて、中に入れればぶらぶらしないから。



 で、首からさげているコンデジは手元にないことがなく、思いついたらすぐ使えるですね。

 小ささ軽さ故の問題はありますが。
 今後のツ-リングでも、必須の携行品になるでしょう。d(^_^)


 ノ-ト PC

 Trans Book T90 Chi を持って行ったのは失敗でした。パフォ-マンスが低すぎて、画面が小さく不便で、ネットの調子も悪かった 2 日目には「ほぼ放置」になりました。

 いっそ無しか、 CF-AX3 を持って行くか。どちらかにすべきでした。
 CF-AX3 も、写真をいじるにはパネル品質の問題があるのですけど。(^^;


 お泊まりツ-リングのために CF-AX3 を買い換えるには候補が高価すぎで、ならば日頃は相棒が使っていて借りれば値段に見合う価値が出てこよう♪と思うも。
 「いらない!」の一言で却下なり。(笑)

 相棒がいま使っているのは 6 年か 7 年前に買ったもの。 Windows UPDATE をあてるとブ-トしなくなるようなってもうて、あてられない。( 3 回もロ-ルバックした。ら、 Windows 8 UPDATE から Windows 8 に戻ってもうた)
 セキュリティの観点で けっこうマズイ状態なんですけどね。(^_^;)

 相棒の PC に要保安な情報が無くても、同じネットワ-ク内の ぽてち PC にはあるから。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« したいようにさせとく | トップページ | 新規フロンティア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/66567425

この記事へのトラックバック一覧です: 骨休めツー、補遺(これも長い):

« したいようにさせとく | トップページ | 新規フロンティア »