« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017.11.28

大スクリ-ンに交換


 日曜日のこと。ワオのスクリ-ンを、 Wunderlichツ-リング スクリ-ンに交換しました。


 ワオはネジ止めのバカ穴度がメバチくんより増していて、これが苦手で面倒くさいなと思っていたのだけど。
 夏につけていた標準スクリ-ンが思ったより優秀で、冬もこのままいけないか?と、期待してみちゃっていたのだけど。

 袖ヶ浦に行ったとき、アクア連絡道で二の腕と肩の冷えを辛く感じたものですから。


 WRT さんからのコメントにもありましたが、現行モデルのストリ-トガ-ドは、二の腕と肩が冷えやすいのかもしれません。

 これは初めて着た昨冬から思っていたこと。高速道路速度では、二の腕から腋の下のあたりを冷気が通り抜けているように感じたのです。
 そして冷や冷やと感じていたのが、五十肩で二の腕と肩の痛みに転じてくるらしい。


 これ、袖先をキュッと締められるベルトが無いことで、袖先から冷気が侵入してくるのかな? と。

 ぽてちの場合、だぼだぼサイズとゴワが理由で体との間に隙間が生じているはずで、腰周りにも隙間が生じているはず。
 袖から入ったわずかな空気が隙間を通って、裾へと通り抜けていくのではないか?

 敵は走行風ですから、負圧による引き抜き効果もあることでしょう。

 次回乗るときお試しで、袖や裾、少なくとも袖の始末をキッチリさせてみるつもりです。ジャケットの袖先に、グロ-ブの裾を被せるよう装着する工夫をば。


 閑話休題


 概ね天気が良く、昼が近くなったら気温も上がって、この時期の晴れの日らしい暖かさ。着手する気になりました。

 で、スクリ-ンの交換作業は、思ったより早くに完了しました。



 スクリ-ンを取り外すまで、ネジ 6 。スクリ-ンを落とさぬよう、用心しいしいネジを緩め、スクリ-ンを落とさぬよう、用心しいしい持ち運び。

 覚悟していたおかげか、バカ穴を合わせてネジ止めする苦戦も、恐れていたほど困難に感じませんでした。
 位置や傾きがあまりズレぬよう、少し力を入れて押さえつつネジを回したからかな?


 で、手で押し引きしてみて動かぬことを確認し、作業完了とする。

 失敗が多少の程度なら、手で押し引きしたくらいじゃ動くわけがないんですけど。(火暴)



 一服後にバイクカバ-をかけて、バイクカバ-を水で洗い流しました。

 バイクカバ-は砂埃と煤煙で汚れているだけでなくて、猫シ-の特盛りがけを食らっています。(^_^;)
 シャワ-をかけながら、洗車ブラシで軽くなでていきました。

 変色した跡は落ちないけど、たくさんのシ-滴が乾いた濃縮物は落ちてくれました。


 これにて終了。猫爪除けをかけて、



 切れた駐車場の蛍光灯球をついでに換えて、撤収です。


 いい陽気で、横浜中華街へ肉饅を買いに行きたいくらいの思いはあったのですけどね。午後に入っていたから、バイクで出かけるのは止めました。
 3 階に戻って寝倒しの午後に。


 小布施に行くのを土曜日にして、日曜日の午後を寝倒したことで、月曜以降の疲れがマシでした。
 とは言え、土日ともゴロゴロしていた週末開けと比べて、余分が無いわけじゃない。

 これは袖ケ浦に行った前週にも感じていたことです。土曜日に寝倒して、わずか 137 km だったのに、月曜以降に疲れが残っていた。

 イカンですね~。(^_^;)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.27

小布施ふたたび


 土曜日のことになります。小布施へサンふじを買いに行ってきました。


 ぽてちの好みからすると、少し遅いのですけどね。一般的には、小布施界隈のサンふじが盛りの時期でしょう。

 あわせて、櫻井甘精堂で恒例の栗強飯の御膳を食べて、恒例の竹風堂で栗強飯を買ってくるのが目的。
 もし売っていたら、小布施栗の生栗も。その他、ちょっとばかしの栗菓子も

 買ってくる荷物が多いことで、はじめからの利用を考えていました。前回は生栗が主目的だったから、晴れていればバイクでと考えたのですけど。今回は気温的にも厳しかろう、と。


 06:18 に出発。

 首都高速は混んでいず、美女木 JCT で渋滞。和光北まで混雑。関越道は、例年より車が少なかった。同様に、上信越道も空いている方。

 例年と違って、土曜日だった影響があるかもしれません。

 外気温計をチラリ見ると、嵐山のあたりで 3 。八風山トンネルを抜けて佐久平に向けて下っているとき 2 。坂城のあたりで 3

 やはりバイクは無理だったね。そう思う気温が続いてました。

 09:15 くらいに到着。ハイウェイオアシスおぶせです。



 先着していた友人たちの隣に駐めて、



 まず買い物へ。



 先月はあまり並んでいなかったサンふじが中心。時期ですね。



 栗も、少ないながら売っていた♪



 スラッとかっこいいワンコもいた。



 相棒が実家への発送手続きと野菜の物色をしに行っている間に、車をネタにちょっとばかりの談義。



 上と下を見比べると、思想が違うよね~、と。



 飾りカバーのように見えるけど、取り外すとエアファンネルが鎮座しているそうな。 NA だから可能なんだね~とか、話しが盛り上がる。


 相棒が戻ってきて、町営駐車場に向けて移動。



 櫻井甘精堂泉石亭』へ。



 待ち列の一番でした。



 しばしの暇つぶし



 甘精堂御膳なり♪



 食後は竹風堂へ Go



 途中、先月入った『栗の木テラス』でケーキを買う



 


 相棒のお勧めは先月食べた『オートンヌ』だそうな。


 相棒の要望で小布施堂にも入る。



 先月買って実家に送ったけど、自分用は買っていなかった栗かのこタルト。買いたかったそうな。



 で、竹風堂



 これが目当てです♪



 中学 2 年のときだったかな。スキ-旅行の帰りに寄って、昼ご飯として車内で食べたのが篦棒に美味しく感じた。ヽ(゚▽゚)ノ
 以来、竹風堂の栗強飯は大好きな食べ物のひとつになっています。

 40 年も昔の鮮烈な感動が、今も行動を決めさせている。凄い。(笑)

 運転していた親父としては、信州中野から R18 を目指す道(県道 29 号)の渋滞や千曲川を渡る渋滞、 R18 で長野市を通り抜ける渋滞を回避する手だったわけです。
 小布施を通るル-トに逃げて、小布施を通るなら昼ご飯を栗強飯にしよう、車内で食べれば時間ロスが無い、と。

 当時は湯田中バイパスも信州中野のバイパスも、高速道路も、と-ぜん無い時代です。志賀高原から東松山までずっと一般道で、高速道路は東松山-練馬だけでした。
 所要時間を 8 時間くらいに見ていたのじゃないかしらん。

 竹風堂の後、長野市界隈の渋滞回避のために菅平越えで上田を目指すべく、須坂から山道に入っていく。
 が、登り始めて早々に引き返すことになりました。(^_^;)

 車は初代のアコ-ドで、 FF だったのですけどね。チェ-ンを巻いていてもタイヤが空転して、なかなか登りません
 勾配が厳しいだけでなく、積雪も志賀高原に登る道より多い。助手席で見ていて「無理だ」と感じて、ビビリました

 「登り始めてすぐにこれじゃ、もっと深くなる。無理だよ。身動きできなくなる。動けているうちに引き返そうよ。またチェ-ンが切れたらほぼ遭難になる。引き返そうよ」と繰り返したところ、よくわかっていない母親も心配になったようで、「引き返して!」と繰り返し始めた。

 言い出したら聞き分けない親父が(ぽてちに向けて)「そうしたいか?」と言い出したのは、親父もビビっていたのだと確信しています。(笑)

 当時の親父は、今の ぽてちより 10 以上も若かったんだな~。びっくり。


 閑話休題


 竹風堂で栗強飯を買ったら、用事はほぼ終わり。ぷらぷらと駐車場に戻る道中に発見。『笑い栗』なる名を付けた焼き栗。



 駐車場の脇で売っている焼き栗と、食べ比べをしてみたくなりました。蒸して、焼いて、ここまでは普通。
 焼いた後に、あえて冷凍したものだとか。

 駐車場の脇でも、予定通りに購入。



 帰宅後に食べ比べてみたところ、『笑い栗』はより甘くて、食感が柔らかい焼き芋のよう。通常の焼き栗も甘いのだけど、焼き栗の風味が比較して残っている。食感は似たようなものだけど、少しだけ栗っぽさが残る。

 好みは通常の焼き栗の方かな。


 12:20 に駐車場を発つ。

 小布施スマートから上信越道に入って、順調。例年より車が少ないのは、時期と、土曜日だったことがあるのじゃないかしら。

 佐久平 PA でトイレ休憩をとって、



 


 高坂 SA で給油をして、 15:35 くらいに帰庫。

 運転していた時間が 6 時間半くらい。走行距離は 500 km ちょっと。ぽてちらしい、「行って帰ってこい」の日帰りドライブでした。


 猫は特にテンション上げることなく、平静に出迎え。



 えぇ、しょっちゅうガブ!られています。これも『平静』のうち。(^_^;)



 ちなみにリンゴは、味は抜群。食感が、好みより少しだけボケていました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.23

納税拒否


 上の写真は、愛しい あんちゃんの手を抱え込んでいる図ではない

 猫飼いならば、後ろ足の位置でご理解いただけよう。


 PC 小部屋の椅子をとられて、あんちゃんはチャチな折り畳み椅子を持ち込んで 3 時間。爆睡から目覚めたところ、爪の伸び具合を観た。ら、


 ガブ!ガブ!ガブ! が始まって



 痛い!痛い!痛い!



 そのときの図である。



 これほど邪険に扱われている あんちゃん。



 健康チェック(保健所)、トイレのメンテ(下水道局と清掃局)、非常事態発生時の救急(消防署)、暖房冷房の管理(庁舎管理)、遊び相手(学童保育)、ご飯係り(学校給食)、 etc ・・・

 あって当たり前の地方行政扱いで、なのに納税はしないお布団に入れても逃げる)。気に入らないとガブ!ガブ!する(苦情は言う)。

 なんて可哀想なあんちゃん。

 ちなみに、ひどくガブ!られたときのが、手首にまだ残っている。(T_T)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.20

スタンプラリ-最終ゴ-ル


 日曜日のこと。タイトルの案件で袖ヶ浦へ行ってきました。

 バイクにちゃんと乗るのは、なんと、ほぼ 3 ヶ月ぶりです。 v(^^;


 集合が 13:30 と、だいぶゆっくり。(午前中はサ-キット走行会だったよう)
 ということで、のんびり起きて小部屋でぐだぐたしていて、下に降りたのは 11:00 だったかな。


 降りる前。ストリ-トガ-ドのパンツに、外してあったインナ-とサロペット部を取りつけて履く。
 ストリ-トガ-ドの下は、肌着パンツと taichi のストレッチ アンダ-

 このとき思い出す。ストリ-トガ-ドを着るのは、春に信濃大町と志賀草津道路へ行ったとき以来であること。

 東京の予報最高気温は 12 と、昨今の東京では冬真っ盛りのもの。でも晴れ予報だったから、上は薄着のままで降りました。
 とは、普通の肌着シャツと、普通の襟付きシャツだけです。


 倉庫部屋に置いてあるジャケットに、まずインナ-を取り付けて、熱気抜きチャックを閉めて、羽織ったわけですが。


 重い重いめちゃめちゃ重い。(^^;;;
 ゴワいゴワいめっちゃゴワい。(^^;

 そっか、ストリ-トガ-ドはこうだったよね~。(^o^;)


 と、思い出す。だけど、めちゃめちゃ希少ダボダボサイズであることと、強力な防寒性能を思い出す。

 問題なし!(笑)


 帰ってきたとき思いついたけど。儀式のときは、捨てずにとっておいてある古いジャケットを羽織って作業した方がいいようで。
 ストリ-トガ-ドは重くてゴワいし、防寒性能が強力で、 11.5 度でも動いているうちに汗ばんできて蒸れるし。



 いつもの儀式で、猫爪除けやバイクカバ-、充電器を外す。空気圧の点検と調整も。気温が下がったことで、圧が落ちていました。

 このとき、シ-トバッグのリアキャリア載せに再挑戦しました。

 レンズ交換式カメラを持って行きたくなったとき。買い物の予定があってパニアを埋めたくなくて、かと言ってトップケ-スは大仰なとき。
 トップケ-ス無しの方が軽く動いて運転が楽だし、無い方がヨロけ難いですから。

 で、今回もあまり上手くありませんでした。(^^;)



 これをやっていてスクリ-ンを大に換える時間がなくなってしまい、標準スクリ-ンのままで出発する。
 12:12 だったかな。大通りに出て 11.5 度。湾岸線 12.5 度。


 アクア橋は 11.5 で、連絡道 11 。失敗したと思いました。高速道路速度だと二の腕と肩が冷えて辛くなってもうたです。(^_^;)

 スクリ-ンをに換える事を優先すべきだったようです。

 もしくは、下に保温性ウィンドブレ-カ-を着込むべきでした。

 陽差しうららかだと予想していたのが実際は曇りがちで、アクア橋を渡り終えてからは時おり細かな雨粒がスクリ-ンにポツポツつくくらい。


 木更津東 IC で降りて、「あれが新しくできた道の駅馬来田ね」と視認。立ち寄っている時間は無く、まっすぐ袖ヶ浦サ-キットへ。

 たくさんの BMW 2 輪とすれ違いました。

 午前の走行会に参加した人たちや、『最終ゴ-ル』と言うても特にしなければならない事がなく記念品をもらうだけで、「記念品はいいや。天気イマイチだから帰る」となった人たちだと思います。


 13:15 くらいに到着。読み通り。v(^_^)
 集合時間前から、記念品の受け取り待ち列ができていました。



 先に記念撮影とのことで、入り口近くに移動を求められる。待ち列から離れても撮影場所に移動しなかった人がけっこういて、列についたままの人たちもいた。
 先に配っちゃって、記念撮影を後にした方が良かったのじゃなかしらん。

 記念撮影の後は、賞品争奪ジャンケン大会。ぽてちは自分の弱さを深く認識している (笑) ので、離れて持参の超小型椅子に座って、一服していました。



 ジャンケン大会の後に、記念品の配布。



 


 毎年恒例のピンバッジと、携行ボトルをいただきました。(^_^)



 5 年か 6 年前に行ったときやっていたバイク展示や物販がなくて、全体としてだいぶ閑散としていた印象です。
 奥のパドックの方は走行会が終わってその撤収もほぼ終わり、「今日はもうおしまい」といった空気が全体に漂っていたし。

 撮影とジャンケンと記念品配布だけで、他にすべきことが特にないと知って、早々に帰って行く人もいたようです。

 ぽてちも、記念品はいいから帰ろうかな?と思ったのだけど。昼を食べてないから道の駅馬来田で軽食を、という気持ちもあったし。
 でも、ワオ店の店長も運営に加わっている姿が目に入ったから、頭数のつもりで残りました。

 体調イマイチと言う相棒を、無理に連れて行かなくて正解だったと思う。(^_^;)


 14 時ちょい前に、帰路につく。



 走り始めてから ETC がエラ-を吐いていることに気づき、すぐに停車してゴソゴソ。

 リアキャリアの下になる部分の上側にユニットを裏返して張り付けてあるのが良くないらしい。そう、夏に気づいていた、それが再発したんですね。
 ユニットの読み取り端子とカードの端子が、裏返しで接触不良になるようです。

 マジックテ-プをバリバリと剥がして引っ張りだし、ひっくり返して放り込んで完了です。
 イグニッション電源を on にすると、こんどは ok ♪

 袖ケ浦サーキットを離れたのは 14:00 でした。


 木更津東 IC 入口の交差点で考えました。新しくできた道の駅馬来田に寄ろうか?と。

 でも、交差点に集まってくる車の台数と、時間を見て、パス。そのまま IC に入る。

 それで正解でした。アクア橋から浮島まで、 50 km/h まで落ちる渋りが何度も。渋滞一歩手前と言うほどではなく、渋滞二歩手前の渋り。
 大井 PA で情報を見ると、やっぱり風の塔まで渋滞。ぎりセーフ! (^O^;)


 いつものスタンドで給油して、 15:25 に帰着



 このときの気温 13 。やっぱり真冬の日中の気温。


 たったの 137 km だったのに、なんか疲れていて、片付けの儀式に時間がかかりました。しばらくぶりの出動だったからかな?
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.11.16

iQOS 2.4 その後


 Firefox のデザインが大きく変わって、驚いとります。


 使ってみている iQOS のこと。現状で、概ね使い始めに感じた通りの印象です。


 1. 吸い始めと吸い終わりの手間と時間が多い
 2. タバコ感・吸った感が弱くて本数が増える
 3. 煙がほぼ無いのが良い。


 と喫煙可能な街角では iQOS を中心に吸って、街の喫煙コ-ナ-や飲食店の喫煙席では普通のタバコを吸うようにしています。



 1. について。

 チャ-ジャ-ケ-スをポッケから出し、中から iQOS 本体を出して手に持つ。
 このとき LED の一時点灯で本体充電済みを確認。ケ-スをポッケにしまう。
 iQOS 専用タバコの箱をポッケから出し、箱からスティックを 1 本出す。
 スティックを本体に差し込んで、本体のスイッチを長押し。
 加熱が開始され、 LED が点滅を始める。
 約 20 秒の待ち時間の後、 LED が点灯に変わったら喫煙可能。

 さっと取り出して火をつければ即座に吸い始められる普通のタバコより手間と時間がかかります


 本体がブ-ブ-と振動して LED が点滅に変わると、あと 2 口。もしくは 20 秒。
 このとき吸い込み過ぎて咳き込みやすい

 LED が消灯したら終わり。
 差し込み部を引き延ばして、吸い終わったスティックを抜く。
 加熱済みの葉の一部が残ることが多いため、ポンポンする。

 チャ-ジャ-ケ-スをポッケから出して、本体を格納し、ポッケに戻す。
 携帯灰皿をポッケから出して、吸い終わったスティックを入れる。


 以上のような段取りで、吸いさしを携帯灰皿に入れるだけで終わる普通のタバコより手間暇がかかります。

 さらには、本体充電に 3 分 4 分かかる事から、チェーンのぽてちは iQOS が 1 式では足らない。実は 2 つ買って、 2 つ持ち歩いている



 ポッケの物が増えて邪魔だな~と思うところ。


 で、家に帰ったらチャージャーケースを充電しておかないとなりません。

 取説によれば、 1 箱吸い終えたら専用の綿棒で本体を清掃せよとある。見るとたしかに、細かな葉クズと少量のヤニがついていて、清掃しないと上手くなさそうです。(ぽてちは普通の綿棒と無水アルコールを使っている)



 写真は先端部を取り外して中を覗いてみたところ。清掃からさほど間がないのに、けっこう汚れています。


 ここで中にある加熱フィンのこと。このフィンが熱くなって葉を加熱するわけです。



 iQOS の鍵になる部分ですね。フィンを折ってしまうとアウト。スティックを回すことなく、真っ直ぐ抜き差しします。


 2. について

 タバコ感・吸っている感が弱く、ついつい深く吸い込んでしまう。すると咳き込む
 これはまぁ、だいぶ慣れてきましたけど。

 タバコ感・吸っている感が弱いことへの対策で、レギュラーとメンソールの 2 種をほぼ交互に吸っています。



 体が求めるのは少しでも濃いレギュラーの方なんですけど、だいぶ不足して感じるから、メンソールで口内への刺激を補充することで誤魔化す手

 2 種の 2 箱がポッケの中は邪魔になって、鬱陶しい。半分ずつ入れ替えて、ポッケの中は 1 箱にしています。

 普通のタバコなら 1 本で済むところが iQOS だと 2 本吸わねばならん、なんて事で、費用も増したかな。
 1 本で吸っていられる時間も、普通のタバコより短いように感じます。


 とゆーことで あれこれ上手くないんだけど、家では iQOS ばかりを吸っています。 3. がその理由。

 寒くなってきて、猫が PC 小部屋に入ってくる頻度が高くなりました。入ってきたとき、狭い小部屋が煙で霞んでいないのが良いんですね。



 タワーファン換気扇で流れを作っていても廊下に流れ出てしまう煙が無い。のが良い。

 小部屋のヤニ汚染は、壁も天井も置いてある物も、もはや打つ手なし。酷い状態です。その進行も、とりあえず止まるべ。(笑)
 内装をやり直すようなお金も気力も無いから、止まった現状で死ぬまでこのまま。(火暴)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.04

iQOS に挑戦


 出て間もないものは、きっとイマイチでしょ。何より、嗜好品で味や香りが違うと吸わなくなって無駄になる。
 そう思って、電気加熱タバコに手を出さずにいたのですけど。

 猫や相棒に少しは良いのではないか?と、ふと思いまして。


 調べてみると、やはり使い勝手がイマイチのよう。独特の味や匂いにも慣れが必要らしい。

 そして、入手が面倒臭いらしい。


 予約のために iQOS のサイトで登録しようとしたら、本人確認で運転免許や健康保険証の写真を送れとな。
 それは嫌だな~。大手とは言え、漏洩や不正利用の可能性がゼロではないもの。(^^;)

 ということで、毎朝寄っているコンビニで予約してみようと思って尋ねてみた。


 ら、在庫あるよ~♪ とのこと。
 新しい iQOS 2.4 だと言うので、その場で買ってみました。


 使ってみて、う~~ん・・・


 味と匂いがだいぶ独特。慣れるまで時間がかかりそうです。そして、取説を読まないと壊しますね。定格で使用期間が 1 年というのも、チト厳しい。

 帰りにもコンビニに寄ったら、いつもの おばちゃん曰く。

 「どう? 私も試したけど、不味くてダメでしょ?」

 おぃ! (笑)


 いいんじゃね?と思うのは、 PC 小部屋のヤニ汚染が進行しなくなること。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食後にも


 ひょいと膝の上。



 それほど寒いわけじゃないのですけどね。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストロボの使い方


 どこにも出かけない、寝倒しの土曜日。それほど寝不足をため込んでいる自覚は無かったのだけど。
 起きて食ってまた寝て、起きて食ってまた寝て、もう晩。やってしまいました。

 今週は普通に寝ていたつもりで、金曜日の仕事がいつもよりちょっと負荷が大きかったかな?くらいなんですけどね。
 明日もいつもより忙しない仕事だから、寝ておいて正解かな。



 猫には良い日だったようです。いつもと違って、人間が二人ともずっといて。



 特に遊んでやったわけじゃないんですけどね。いるだけで、いつもの平日とは全然違っているはずです。

 髪留めゴム輪ひとり遊び + ときどき投げてもらってドドドッ・・・
 トイレに立つ あんちゃんを背後から襲って ふくらはぎ両手タッチ。ドドドッ・・・



 布団に乗って、あんちゃんの足に触れながら毛繕いとウトウトも。



 これだけなれど、平日はこれだけすら無いですからね。眠っているか、窓際にうずくまって窓の外を見ていると推測しています。



 さて、と。ストロボを使う撮影講座に行ってみました。



 ストロボ メ-カ-のニッシン デジタルが開く初級講座(有料)に参加してきました。もうけっこう前のことで、一月近く前になります。
 会場は初めて訪れる高円寺で、ニッシンのスタジオでした。


 上の写真は帰り際に撮影。


 CP+ や東京モ-タ-ショ-に行ったときクリップオン ストロボを焚いて撮ってみて、ど-も上手くいかなんだ。
 このときだけでなく、たまに試すと上手くいかない。ストロボ内蔵の DSLR で撮ったときが一番まとも。それも不安定。

 で、いっそ教えてもらっちゃえ!と。



 収穫ありました。

 ・ ISO 感度を上げて撮れば、背後が真っ暗にならない。
 ・評価測光と TTL オ-トに頼るべし。
 ・堅い光になるのは光源が小さいから。小さいと多灯でも堅くなる。
 ・だで天井や壁のバウンスを積極利用すべし。ただし、向きを常に確認。
 ・付属のバウンスアダプタ-つけて斜め発光させるのは、ほぼ意味がない。
 ・バウンス時に内蔵キャッチライト反射板を使うのも、堅くなるから意図して使う。
 ・瞳の中のキラ光は、本格設計した撮影でなければ期待通りにならない。
 ・被写体と背後の壁との距離も、めっちゃ影響が大きい。
 ・日中 FP 発光は至近距離でないと効果が出ず、ストロボの負担も大きい。
 ・(意外なことに)猫は直射しなければ大丈夫。(バウンスなら大丈夫)


 てなあたりが、午前の講座で「へぇ~」だったこと。


 午前のモデルは森實りこさん。


 午後は、ストロボをカメラから離して(無線発光)、スタジオ機材を使った撮影の「最初の一歩」でした。
 モデルは稲葉マリさん。



 スタンドに設置したストロボに 60 cm のディフュ-ザ-や 100 cm の傘をつけて光源を大きくしつつ、光をあてる距離や向きによる違いとか。
 傘も白と銀と半透明で効果が違うこと、実際に撮って観せながら特徴の解説など。



 こちらは「参考までに」といった受け止め方で聴いていました。ポ-トレイト撮影に手を染める気が無いし、スタンドや傘を買うまでする気がないですから。
 ポン付けのディフュ-ザ-は買ってもいいかな?と思いましたけど。


 予想以上に興味深くて収穫のあった受講でしたが、午前・午後を通して感じてた困難が。。。


 綺麗な おね-さんと至近距離で向き合って、コミュニケ-ションをとりながら撮影せよとの指示。
 これには参りましたですよ。そんなん、したこと無いもの。



 女性に至近距離で向き合うだけでドキドキしちゃうじゃないですか。

 おまけにコミュニケ-ションだなんて、何を話せって? 「朝ご飯は何でしたか?」等はダメだと釘をさされるし。

 いや- 困難でした。


 意外な話しで。「可愛い」「綺麗」はプロのモデルさん相手には有効だけど、素人だと逆効果になることが多いとか。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »