« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017.10.24

小布施栗急行


 台風が近づいていた日曜日。毎年リンゴを買いに行っている小布施に行ってきました。


 今年は 2 回に分けて今回は小布施栗を買うことが目的
 リンゴは次回 11 月の下旬に、買いに行く予定です。

 例年は 11 月の頭にリンゴが目的で行って、まだ売っていれば小布施栗も買ってくるのがパタ-ン。
 近年は不作気味なのか、年を追う毎に小布施栗を買うのが難しくなっていました。

 加えて、 11 月の頭の頃の日曜日が、仕事が入っていて出かけられない。

 そこで、分けちゃいました。小布施栗がまだ売られているであろううちに、栗を目的に買いに行ってしまう。
 リンゴはまたこんど (^o^) 」とする。


 小布施栗がまだ売られていそうな時期で、混雑激しいこと確実な小布施栗祭りの日を避けて、仕事が入っていない日曜日。
 これら観点から、 22 を選定した。

 衆院選は、日取り決定の後にかぶってきました。

 ずらす事ができるとしたら 21 日(土)くらいなんですが、合流する意向がある車な仲間の中に、土曜日だと仕事で出撃できない人がでてしまう可能性がある。
 ということで、毎年日曜日に設定しています。ぽてち的には、土曜日の方が助かるのですけどね。
 と言うか、翌日が仕事になる日曜日は避けたいのが本音。日曜の晩だけでは睡眠不足と疲労の回復をできず、月曜以降の仕事に影響するようになっていますから。歳。 f(^^;

 でも、仕方ありません。衆院選は期日前投票で片づけておきました。


 ということで、 04:30 に起きて 05:33 出発の、 15:45 帰庫。往復 509.4 km
 燃費は 10.74 km/L でした。大鳥居くんでこの値、ぜんりょ~♪ (^o^)


 大型の台風が九州南方まで接近してきていて、全行程で時おり本降り。でも、風は無し。秋雨前線が刺激されて「よく降っている」といった天候でした。

 晴れだったらバイクで行かない? と話していたのですけどね。大鳥居くん出動です。


 往路の首都高速、外環道、関越道、上信越道のすべてが、この時期とは思えない空き方をしていました。

 そらまぁ、台風が接近して TV が大きな被害の可能性で盛り上がっている中を、日帰りで出かける人は、少ないことでしょう。

 相棒も「普通、この天気で出かけない」 「道中も行った先も雨だとわかっていると、盛り上がらない」 「普通、この天気で出かけない」と繰り返していて、出かけることが不本意だったようです。
 ぽてちは逆で、荒天下の運転はテンション上がってしまうのだけど。(笑)



 で、関越道は概ねよいのだけど。上信越道は路面がよくなくて、排水しきれていない雨水で水たまりが多数

 ほぼ新品のタイヤとは言っても 245 幅もあると、水たまりに気を使います。
 タイヤが通るところを選んで選んで、小刻みに進路を変えていました。もちろん、進路変更はゆっくりと。



 友人の車は前が 245 幅で、後ろは 265 もあるそうな。高度な電子制御を備えていても、けっこう気を使って、疲れたそうです。
 と言いつつ、帰路に横川 SA までランデブ-かと思ったら、須坂に達せぬうちに視界から消えていました。(笑)


 往路に停まった東部湯の丸 SA



 朝ご飯を食べる。空いていました。



 お約束の かき揚げ蕎麦を食べる気にならず、コロッケパンと飲むヨ-グルト(無糖)で手早く済ます。



 相棒はカツサンドとプリン。



 そして 08:53 に、ハイウェイオアシスおぶせ到着。

 小布施栗(生)と、野菜と、お試しのリンゴをゲット♪



 今年も栗の成りがイマイチなようで、小布施栗らしい特大サイズはだいぶ高価でした。「割れ」の出品も多かった。
 特大サイズや「割れ」を、自宅用と相棒の実家用に購入。

 雨でカメラを取り出す気にならなくて、現地での写真なし。翌日に栗の写真を撮ろうと思ったら、冷蔵庫野菜室の奥に入っていて、撮影を断念。で、なし。
 燻蒸していない生栗だから虫食いが進行します。冷蔵庫に入れるのが正解でしょう。

 リンゴ(フジ)は早かったようなれど、うちの好みからすると ok ♪ な出来でした。


 この後、町中に入って(珍しく)空いていた町営駐車場に車を駐めて、櫻井甘精堂栗の木テラスへ移動。



 開店 15 分前に着いて、開店待ちの先客が 2 組でした。この雨で 2 組ですから、晴れていたら 15 分前では 1 回転目を逃したでしょうね。



 小布施堂の季節限定朱雀は、 6 時ちょいに過ぎに並んで渡された整理券が 11 時半の回だったとか。この季節の小布施はつおいです。d(^^;)

 で、ケーキとお茶で一休み。



 小さいから、 2 つ。(爆)

 下は相棒の注文です。



 続けて予定通り、小布施堂栗むしを買って、竹風堂で『栗強飯を買う。



 これにて予定を完遂。

 小布施堂や竹風堂が、だいぶ混雑してきました。町を歩いている人も、だいぶ増えてきた。「高速道路が空いているうちに」と、帰路につく。 11:50 くらいだったか。

 帰路は、思ったより車が多く走っていた。台風の予報を見て早々に帰路についた宿泊組が多かったのじゃないかしら。
 普通なら昼ご飯を食べてから帰路につくところ、買い物だけして帰る人が多かった、と。

 上信越道で通常より車が多かっただけでなく、昼ご飯に寄った横川 SA も大混雑。フードコートで、席を取るのに大苦労したくらいです。



 いつものスタンドで給油して、 15:45 くらいに帰着です。

 晩ご飯は、もちろん栗強飯。(^o^)



 栗強飯は竹風堂のが好き♪なんですよね~。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.17

上越新幹線開業 35 周年記念列車ツア-


 『上越新幹線開業 35 周年記念列車( E2 系)に乗っていく、新潟新幹線車両センタ-見学の旅(乗車したまま洗車機の体験あり)』
 なんて企画の旅行が、旅行代理店各社から発売されていました。

 これは JR 東日本新潟支社の企画列車で、ぽてちが見たのはの新潟支社のニュ-スリリ-ス。『びゅうプラザ』他の旅行代理店で旅行商品が販売されるとのことでした。

 一月半待って日帰り商品の発売時期が来て、 web で調べる。大手代理店であったのは、一泊して 2 日目に『 SL ばんえつ物語』にも乗る商品でした。

 ぽてちは SL にロマン無く、いにしえロマンなら小さな頃に乗った路線と車両に感じる程度。好みは鬼神の疾走をする超高速鉄道(東海道新幹線)です。(笑)

 一泊する商品に特に惹かれず、のことを考えたら日帰りしかあり得ないこともあって、日帰りの商品の方を探しました。


 筆頭候補だった『びゅうプラザ』 web サイトは、日帰り商品の扱いを開始したはずの翌日には商品が見あたらず、売り切れらしいと断念。
 往復交通費のみで帰りの便を好きに選べて、うち的にツボだったんですけどね。

 旅行大手 2 社は、一泊する商品のみ募集中。日帰りプランは見つからない。大手の 1 社は一泊商品も見あたらない。
 続けて調べた代理店サイトで、日帰りの商品を扱っていたのは 2 。うち、帰りの便が早い方を選びました。

 どちらも『びゅうプラザ』商品に無い一食提供があって、ともに『びゅうプラザ』より ¥5,000- 高いのは同じ。
 団体旅行だけに提供食は「しょせんは・・・ 」のはずで、期待はしません。
 でもよく見ると、帰りの便の時間帯や提供される一食の時間帯と内容が違う。


 あらためて、ぽてちの好みからすると。

 記念列車に乗ったまま入っていく新潟新幹線車両センタ-の見学を一通り終えたら、(たぶん昼前に)団体から離脱して、タクシ-を呼んで新潟駅に戻って駅の周りで食事と買い物。
 帰りの新幹線に速達便を選んで、その時間までウロウロする。

 てなところなんですが。これができるのは、帰りの便が各自予約になる『びゅうプラザ』の商品だけです。

 仕方あるまい。と、比べて早く帰れて、比べて食事が良さそうな方を選択しました。


 ということで、 07:00 に八重洲北口集合。

 始発バスが遅れずに来れば時間に間に合うのだけど、集合前に朝と昼のご飯を選んで買うには時間が厳しい。
 仕方なく最寄り駅までタクシ-に乗って、余裕を持って東京駅着。



 前の記事に上げた写真のように、朝ご飯のサンドイッチと昼ご飯の豪華駅弁を買いました。

 時間に余裕がちょびっとあったので、八重洲地下街の喫煙室へ。



 


 36 名の集合の後、団体用ゲ-トをぞろぞろ通って中へ。



 団体と銘打たれた列車に乗るのは、生まれて初めてです。



 

 

 


 英語表記だとPartyになるんですね。



 発車後しばらくして、乗車証の配布がある。



 

 


 この乗車証を首にかけていることで、車両センタ-から新潟駅へ戻る記念列車に乗れるそうな。


 またしばらくして、会場案内図と記念品の配布がある。



 


 おね-さんビシッと立ってくれたのに、足先が切れてもうた。さらに、 ISO 感度を 1,600 で撮ればよかったと後悔。(^^;;;


 上越新幹線に乗るのは、実は初めてだったりします。開業当時の車内メロディを流していたそうなのだけど、違いがわからない男。(笑)



 新潟駅に着いても降車せず、座ったまま。



 しばらく待って、新幹線車両センタ-に向けて発車。新潟駅より先は、普通は乗ることができない区間です。



 8 月に、あの山の向こうへ走っていったんですよね~。走った日本海東北自動車道も目に入りました。


 で、ゆっくりになったな~と思ったら、洗剤ブシュ-で泡々。



 


 停まって、またゆっくり動いて、また停まって。洗車機に突っ込むゾ-!のアナウンスがあって、シャワシャワシャワ・・・
 ここは動画が良かろうと、動画( 45 秒)にしてみたですが・・・



 日頃、動画は全く撮らないから、なんだかよくわかりません。(^^;;;


 で、着いたるは新潟新幹線車両センタ-。みんな降車して、センタ-の公開イベントへ。



 


 乗ってきた記念列車。



 ぽてちは、乗車したままのシャワシャワシャワと検査場の見学をできれば概ね満足です。
 だで、中庭まで行ってみた後は検査場に戻って、何枚か撮影。



 

 

 

 


 停めてある車両の脇を歩いて、何枚か撮影。



 

 

 


 ブレ-キ ロ-タ-相当部分が、まだら模様になっているのが多くて不思議。



 検査場の出口に立っていた社員さんに訊いてみました。問題はなく普通の事との話でした。


 検査場を出た段階で、ぽてちは目的を達成。集合時間まで 2 時間半以上もあって困惑。

 時間つぶしのつもりで、 3 編成を展示してあるとの出発待機庫へ行く気になる。テケテケと歩いていきました。
 新潟の予報最高は 23 。腕まくりをして、暑くなく寒くなく、いい陽気

 途中、シャワシャワシャワの現場脇を通る。



 1, 2 本洗ってみせるそうなれど、時間が合わずにスル-。

 出発待機庫前の展示。



 特設の記念撮影台があって JR 社員がシャッターを押してくれるのですが、長蛇の列でスル-しました。
 テケテケと、歩いて戻る。



 秋ですね~。



 戻った中庭がだいぶ賑わってきていて、ぽてちが一服中に見に行った相棒が曰く、駅弁はすべて売り切れ。
 開放されていた食堂スペ-スに陣取り、東京駅から持ってきた豪華駅弁で昼食にしました。

 食べ終えた時点で、 1 時間半の暇つぶしが必要。仕方なくボヤボヤと過ごして、ひたすらに待つ待つ


 東京から乗ってきた列車に再び乗って、新潟駅へ向かいます。



 14 時から乗車開始。 14:10 に着席。 14:26 にドアが閉められて、発車はなんと 14:45 。 14:49 に出発待機庫で停車。



 再び動いたのは 15:00 で、新潟駅着は 15:08 でした。着席から 1 時間も。(^_^;)

 12 時半からずっと、 2 時間半以上も待っていたようなもので、つかれた-! (^^;



 


 佐渡も、いちど行ってみたいものです。



 新潟駅で駅弁を買って、寿司屋で食事をしたこと。前の記事に書きました。
 実は笹団子も買っています。

 何年か前にメバチくんで新潟へ行ったとき。 2 泊した中日に駅をうろうろして買った自宅土産の笹団子が、とても美味しかったんです。
 笹団子なんて特に美味しいものじゃないと思っていた先入観をブチ壊されました

 本場の本物はやっぱり違うものなんですね。

 今回の購入も、これよこれ!でアタリ。


 ということで、帰りの新幹線。カメラをバッグにしまい込んでいて、写真なし。乗車前に撮ったこれが最後。



  17:23 新潟発の、 19:40 東京着。

 各駅停車「とき」は ふつ-のようなのだけど、 16:09 発の速達便「とき」なら 26 分短くて済む。帰りの便を自分で選べる『びゅうプラザ』の商品だったら、これを選んだはず。
 そして、関東平野を東海道新幹線のペ-スで走れば、さらに 10 分くらい短くて済むはず。

 東海道なら「ひかりで 1 時間 40 分くらいの距離に、 2 時間 17 分もかかるのか~。

 と、ガッカリするのが団体旅行の列車選びと、 JR 東日本の新幹線。(^_^;)

 遅い理由がいくつもあると、わかっているのですけどね。待ち時間がとても長い日だっただけに、 1 時間半ちょっとと 2 時間半弱の違いを重く感じました


 新幹線改札を出たところで団体解散。国電の遅延があって、帰宅は 20:25 くらいでした。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.10.15

昨日のご飯


 朝ご飯



 これは東京駅で購入。



 昼ご飯



 これも東京駅で購入。



 会場の食堂スペースで食べたのだった。



 

 

 

 

 

 


 おやつ


 団体ツアーに付いていた食事。新潟駅万代口近くの富寿司なるお店で。


 東京から乗っていった車両で新潟駅へ戻り、



 

 


 新潟駅で下車。



 買い物タイム 30 分の後、 36 人の集団で富寿司へ移動した。



 


 晩ご飯



 買い物タイムを利用して、新潟駅で購入したもの。



 佐渡の食材を多く使っているそうな。



 よく食った日でございました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.14

新潟新幹線車両センター

新潟新幹線車両センター

上越新幹線に乗るのは初めてです。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.02

初回 1 年点検と中華街


 ワオ店は、公共交通機関を使うと家からけっこう行きづらいところにあります。バス、 JR 、 JR 、民鉄、ちょっと長い徒歩。
 そうしたことまだ無いけど、 1 時間半くらいかかるのじゃないかしら。

 本数少ないバスと使い馴染まぬ地下鉄路線と、本数が多くはないバスを使うと、バスの間がよければ 1 時間 10 分くらいのよう。

 でもね、バイク装束でヘルメットを抱えて人が多い都心の公共交通機関で移動するのは、 1 時間を切ってもやりたくありません
 奇異の目で見られること、間違いないもの。(^^;;;
 傍目が気にならないほど盛り上がっている、納車のときくらいにしておきたい。(笑)

 だで、点検や修理のとき、相棒に出動してもらっています


 持ち込むときは大鳥居くんで追走してきてもらって、ぽてちとともに大鳥居くんで帰る。引き取りのときは逆で、ともに大鳥居くんで行って、大鳥居くんを運転して帰ってもらう。

 土曜日の 1 年点検も、このパターンでした。



 朝のうちに預ければ夕刻に完了するとのことで、夕刻に引き取ることにした。

 預けて後日引き取りにすると、行けるのが 8 になってしまう。雨や仕事バテで 8 日を逃すと 15 日になってしまう。
 何より、相棒の出動回数が少なくて済むなら少なくしたかった。

 夕刻までどこかで時間を潰して当日中に引き取って帰る気になりました。


 時間潰しにたいしたアイデア無く、時間的にだいたい良かろうと、横浜の中華街に行ってきました。
 だいぶ寝不足で、ホームセンターでうろうろする元気が無かったのもある。(^^;

 ワオ店から中華街への道はナビ任せ。だ~いぶしばらくぶりに第三京浜を走りました。港北から新しい首都高速トンネルも通ったです。


 前回の中華街訪問時期。覚えていませんが、短くて 1 年前。長いと 2 年とか 3 年も前じゃないかしらん。
 いつも混んでいる所だから、あまり積極的に行かないんですよね。(^^;)

 そして入る店。

 かつて、珍しく豪勢にやろうとしたときは、萬珍楼がパターン。そうでないときは、かつて車な仲間の紹介で仲間たちと年に一度の恒例にしていた店がパターン。
 今回は後者です。



 食べた食べた。食べ過ぎ以上に食べた。



 あまりない機会だからと、調子に乗って注文してしまいまして。(^o^;)



 おかげでワオ店に戻る車中、眠い眠い。(笑)

 食後はドトールで一服と時間潰し。



 眼鏡を車に置いてきてしまって、タブレット遊びも辛いものがありました。


 飽きて、ちょっと早いかな?くらいのところで帰路につく。ワオ店に着いてすぐ運転交代で、相棒はそのまま先に帰る。
 「ちょっと早かったか」な時間ではあったけど、作業は終了していたようです。


 タイヤは換えませんでした。朝方に持ち込んだときよく見たら、前輪があまりいい状態ではなかったのですけど。

 再掲 ↓


 今さらで当日に交換を依頼すると、後日引き取りになってしまうものですから。(^^;


 ちな、工場長によると、 RT テレレバー車)は前荷重がしっかりとあって、よく減る方だとのこと。
 進入ブレーキを残しているときはもちろん、アクセルを開けても前加重がかかるとか。

 同じ銘柄のタイヤを国産ネイキッドで使うと、比べて減らず、もっとずっと持つそうな。

 下手っぴ ぽてちをして、ワオは曲がることが怖くなくて、クネクネ山道も疲れはしても苦に感じにくいこと。重心が低くて前荷重もあって、何をしなくても前後タイヤが路面をガッツリ掴んでいる感触があるからだと思っています。
 (殿様姿勢が過ぎると、ちょっとヒヤリとすることがある)

 その印象と符合する話しでした。


 タイヤ交換をグズった理由。

 サーキット走行用のグリップ命なタイヤじゃないのだもの。 10,000 km は、いくら何でも短すぎでしょう。維持費が大き過ぎて感じてしまう
 バイクのタイヤは車用と比べたらだいぶ短いこと、わかっているけど。できたら 15,000 km 、せめて 13,000 km 持って欲しい

 なんて、下らないものだったりします。 v(^o^;)



 その他。パニアケース保護シートを新しくしてもらいました。

 乗り降りするときシューズの踵で蹴って蹴って跡が山ほどついてしまっていました。シューズ踵ゴムの色、黒やら赤やら、もう賑やかに。(笑)

 歳をとって、足がシャンと上がらないんですよね~。疲れてないときも。(^_^;)
 よほど気をつけて足を持ち上げないと、ほぼ必ず蹴ってしまいます。デフォ。

 交換で傷だらけが綺麗になって、余計にいいバイクに見えるようなりました。(笑)


 さらにその他。初回 1 年点検のお約束で交換したのはブレーキ液だけでした。


 エンジンオイルは 1,500 km ほど前、北の荒稼ぎへ出る前に交換しています。フィルターも併せて交換してある。
 デフオイルは 2 万 km がメーカー指定とのことで、まだ半分。

 ドレン穴からよく吹き出していたクーラントは、工場長の言葉通り、あまり吹かなくなってきたようです。
 8,000 km とか 10,000 km で落ち着くことが多いとのことでした。
 よって、液量を診ておいてね → 問題ありませんでした、だけ。


 ということで、初回 1 年点検、特に大きなことなく終わり


 戻って、格納の儀式の監督を受ける。



 車の下に「壊れた楽器もふもふ」もいます。

 晩に、クライミングをくらう。(^^;



 背中、出血しています。(T_T)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »