« 夢 | トップページ | 33 日ぶりのバイク »

2017.09.24

快打


 撮ってきた写真をあらためて見ていて。

 たいへん優秀なセンサーと、とても優秀な画像処理エンジン( Expeed 5 )だねー♪ (^◇^)

 と、感じました。


 センサーは、たぶん SONY で、 α99 II のものが土台になっているのじゃないかと推測しています。
 像面位相差 AF を採用していない分、画素数がちょっと多くなっているのじゃない?と。

 根拠は何もありませんけど。 v(^^;)


 これだけのセンサーを 1 年近くも売ってもらえないと、トップブランドの威信を維持するのも苦戦するわな~。
 そうも思うた。(^^;)



 今のところ Jpeg もまずまずに感じていて、外さずに撮れたときは Lightroom で微調整すれば十分に使える印象。
 上の写真 2 枚、カメラ出し Jpeg の微調整です。

 設定に Jpeg FINE と Jpeg FINE があって、後者の方。先頭の写真はカメラとレンズにシビアなシーンだと思うですが、よく写している。

 Jpeg ダメダメだったのに、やるじゃん♪ (^o^)

 その代わり、 FX で撮ると 28 MB くらいのサイズになる事がありまけどね。
 RAW は 58 MB くらい。 TIFF で書き出すと 230 MB とか、酷いことになる。(^^;)


 写真画像で圧迫を感じている HDD が、早々にパンクしそう。(^_^;)

 考えていた通り、 DX クロップ撮りかサイズ M 撮りを意識して使った方がよさそうです。


 この写真 ↑ は TX1 。さすがに厳しいっすね。(^^;;;
 調整で彩度とコントラストを落とすべきでした。


 ピクチャーコントロール「ナチュラル」での色の乗せ方も、ナチュラルに忠実色を重んじつつ、かつてならどんよりしたシーンでスッキリと乗せてきているように感じます。(普段撮りは +1 設定がいいかな?)
 オートホワイトバランスの変化もあって、利いていることでしょう。これまでの 800 番台と違うと思う。素材性から写真性に舵を切ったような。

 これ、バンパーの色の変化が、ちゃんと出ています。



 その他の部分も記憶に忠実な色です。
 Nikon らしい、生々しい解像表現をしつつ、どんよりしていない

 解像表現で言えば、猫の毛の風合いとか、ローターの錆び方がちゃんと表現されているところ。ナンバープレート下の、雨水が乾いた跡。
 グリルの砂埃汚れやタイヤの表面質感、ホイールのダスト汚れも、出ていますね。

 なかなかのものじゃないかしら。これも、 DX クロップ撮りです。


 あらためて、歩み寄っていると感じました。

 X-Pro2 が 2,400 万画素になって、色と階調によるリアル感に解像の生々しさが加わって、より一層の好みになった位置。
 D850 がアホウのような多画素と色表現とで、増した生々しさに写真性を加わえた位置と。


 Nikon はこのままじゃ、ともに重量をものとしないプロと(レタッチが自在な)上級者だけのものになって、少しずつ衰微していくだろうと思っていたんですよね。(^^;)

 乾坤一擲。状況を打開する快打かな。(^_^)

 これだけ写れば、面倒くさがりの ぽてちも持って出ることがあるはずです。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 夢 | トップページ | 33 日ぶりのバイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/65829290

この記事へのトラックバック一覧です: 快打:

« 夢 | トップページ | 33 日ぶりのバイク »