« すごいわ、いいわ | トップページ | お試しカメラのセカンド インプレッション »

2017.07.04

エアコン必須


 エンジン回さずほどほどで流して、でもカーブではちょびっと詰めて、操縦性や車の動き方を確かめた一往復の体験を反芻していて。

 思う。

 低重心かつ理想的なマスバランスで、軽くてほどほどパワーだから、あれほどしなやかで乗り心地よく、なのに操縦性抜群に仕立てられるのだろう。
 カーブで右足を小刻みに動かしたのは、だいぶしばらくぶりの事でした。

 ほどほどパワーでも濁りなく軽々と吹けるから、シフトがピタリピタリと決まって、不足を感じなかったのだろう。

 フロントの剛性が足らないとの評があって、それがわかる動き方もした。でも、心地よく流して行くには十分。
 詰めて遊ぶのでも、前に突っ張り棒を入れるだけで解消しないかな?

 ほどほどと言ってもサスペンションの仕立てを上回るほどのパワーを持っていて、上まで回して深く踏んでいったら、結構な腕前が必要になる。
 詰めていく気になれば、チャレンジングで楽しそう。で、流せば最高に心地よい


 よく作ったものですよ。

 こういうサスペンションと動き方だったらいいのに。ずっと思ってきたもの、そのまんまじゃないかしら。
 RX-8 もよく出来ていたけど、乗り心地よく手頃な速度域で懐深い快感を得られる観点で、約 15 年の進化と成熟を感じます。

 相棒と高原の旅行に出かけたら、素晴らしく気持ちよい上機嫌なドライブになりそうだと思いました。

 マツダの FR スポーツに、やはり身体が蝕まれていましたね。(笑)


 ひるがえって大鳥居くん。たぶん、ショックアブソーバーの品位とブッシュ類の詰めが、車重とパワーに見合っていません
 1,480 kg 40.3 N・m もあると、 STi N20* NBR くらいの金額を出さないと上手くないのかも。


 さて、と。


 うちの子は、冷房があまり好きでない様子。

 居間の室温が 30 度や 31 度あっても冷房の利いた寝室に入らず、居間でごろごろしています。
 31 度を超えてくると、小さく開けた寝室扉前の廊下でゴロン。エアコンの冷気が流れ出てくる位置です。



 前の猫は 25 度が限度で、 26 度になるとグッタリしてきたものでした。



 GW を過ぎたらエアコンを常時稼働させねばなりません。寝室のエアコンをつけたままで、扉を細く開けておいて、自分で開いて好きに出入りできるようにしていました。


 前の猫がそうなったのは、約 5 年後に「ぱいちゃ 」した直接の原因である癌が発生していて、体力を蝕まれていたからである可能性が高いと思います。

 親父が死んだ直後に冷え込む寒空の下でひと月も締め出し状態になって、ご飯もままならず見るも無残に消耗したとき、身体の根幹を壊した可能性も大きい。


 猫は 30 度くらい平気なものだと思っていたら、せいぜいで 30 度くらいの、さほどの室温でなかったはずの日に熱中症で倒れたようになっていまして。



 完全にのびて、このまま死ぬんじゃないか?と思ったほどの様子。

 若くて元気な頃は、 33 度はあるベランダでエアコン室外機の熱風を浴びて涼んでいる姿を何度も見せたアホな子だったんですけど。(笑)



 その後、室温が 25 度を超えそうな日はエアコンつけっぱにすると主張する ぽてちと、 30 度くらいまでは通気と扇風機で十分だと言い張る相棒と、何度も言い合いを繰り返したことを思い出します。
 可愛がっていたし、のびてる状態に気づくのは相棒だったのに、不思議なことでした。



 まぁ、わからんでもなくはない。
 あれは相棒が初めてうちの夏を最初から迎えようとした年でありました。


 松戸に住んでいたときは 30 度を超える時間が長くなかったし、風がよく通る立地と作りで、 30 度なら風を通して扇風機を回せば十分にしのげたものだった。休日はそれを心地よく感じたくらいで。
 夕刻になると、窓から入る風がスッとしてきたものだし。

 相棒の「夏」感覚や対処方法は、似たような環境で培われて身についたもののようです。

 うちも、ぽてちが小さい頃は似たようなものだったのですけどね。今は深刻に暑い


 夜 0 時を過ぎても家を包む大気が高温のままで、扇風機だけだと 3 時に室温 31 度とか。 22 時に帰ってきたときより 3 度も下がったじゃないか♪ ってな具合。(笑)

 風がほとんど通らず、もし通ったとしても 30 度超の温風じゃ有り難くも何ともない。

 ぽてち的には戻ってきて、相棒的には移り住んで、うちの「夏」を初めから終わりまで経験した後に。
 知っている「夏」とは違うが支配していて、対処方法がまるで異なると納得したそうな。

 納得するまで頑固でいかん。(笑)


 ちなみに、前の猫は半分以上お外の子になっちゃっていて、ディーゼル煤煙でどろどろ。そこへ厳寒期の冷えと栄養失調、そして酷い口内炎でボロボロ。
 うちで落ち着いて寝るようにさせて毛づやまで回復させるのに、 1 年以上かかりました。



 頭がよくて本当は甘え方も知っていて、いい子でしたよ。



 今の子はまだ若くて元気。



 快適温度が 27 度とか 28 度くらいに見えます。 30 度 31 度あっても扇風機が動いていれば平気でゴロっていて、帰宅時に 32 度 33 度ある居間から出てくることもままある。
 どちらかと言うと寒がりのようで、 26 度では少し寒い様子。

 でもまぁ、うちは本当に暑い家だし。当にゃんに選ばせるのが安全策だろうと、 29 になったらエアコンを動かすようにしています。
 枕と枕の間にハウス設置で、入ればエアコンの風が直に当たらず済むようなったし。


 ちなみに、スマ-トフォンからの室温・外気温監視とエアコン操作です。


 つけたままで家を出ない今の時期は、ちょっと怖い。

 仕事でバタバタしていて室温チェックを忘れているうちに 30 度を超えてしまうとか、あり得ますから。
 いちお、相棒にもチェックをするよう依頼してありますけど。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« すごいわ、いいわ | トップページ | お試しカメラのセカンド インプレッション »

コメント

一家に点滴ワンセットに背中丼

投稿: にゃびのママ | 2017.07.05 23:51

>>ママさん

考えた方がいいかなぁ。

気温が上がってきてから、ちょっと気がかりな様子になりまして。

ビクビクッとして身体を大急ぎで舐めて、やたらと人間の上に逃げてくる行動が、日曜晩に再発。
だんだんはっきりしてきて、水曜日は隙あらばよじ登ろうとしていました。
背中や腰が爪傷でピリピリしています。
で、よじ登った肩の上で居座ろうとするし、膝に載せるといつまでも下りないし。
人間トイレで無理やり下ろすと鳴いてぐずって、抵抗するし。

エアコンが本格的に動き始めて肌寒く、それでムズムズするのかな?と思ったのだけど。
乗っている体が、ちょっと熱いんですわ。

ここ 3 週間ほどの間は食欲が落ちる日があって、火曜日水曜日もそうで、水曜日は顕著。
晩に相談して、ビクビク対応の薬混ぜ ちゅ~るの後にスープたっぷりの缶を膝の上で食べさせたら、スープだけきれいに飲みきりました。

1 時間後くらいにはカリカリと音を立てているのが聞こえてきて、遅い時間には食べ残していた晩の缶と、残していたスープ缶の固形分もほぼ完食。

脱水症状だった可能性を考えています。

寝室のエアコンをつけてあるのに入らず、つけてなくて暑い居間にいるのがパターンなんですよね。
さらには熱い人間の上でぴったり張り付いて暖まっているのだから、アホですね。

と言うても当にゃんわからない居間もエアコンつけて様子を観ることにしました。
閉じ込めっきりの気の毒な環境に置いていますから、せめて温度管理はしっかりせんとですね。

投稿: ぽてち | 2017.07.06 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/65494435

この記事へのトラックバック一覧です: エアコン必須:

« すごいわ、いいわ | トップページ | お試しカメラのセカンド インプレッション »