« 南房で拿捕される | トップページ | エンジンの慣らし »

2016.12.06

日曜日の出発準備


 土曜日に寝不足で出かけて疲れたらしく、9時間も寝てしまいました。

 普段は5時間とか6時間で目覚めてしまって、睡眠不足で怠い一日を過ごしてしまうのがお約束。珍しく、たくさん眠った。
 起きてから2時間くらいは体が重くて動く気になれませんでしたけど。(^^;

 動けぬ2時間でぼやぼやと、ネットで大きなサイズのバイク用パンツをあたるも、安心して買えるサイズはやっぱり無い
 ぎりぎりイケルかな?と思うものがチラっとあるくらい。


 せっかく晴れているのだし、ちょっとでもバイク乗るべ。 Naps でも行って、パンツの実物を見てくるか

 時期的に冬物はもうほぼ払拭で、たくさん作った小さなサイズが売れ残って吊されているくらいだろう。メーカーの直売サイトもその状態で、ほぼ終わっているし。
 それでも、見て触って耐寒性能や質感を確かめるくらいはできる。来シーズンに向けて、ぎりぎりイケるかもしれないものの情報を仕入れておく価値はある。


 そう思ってから下に降りるまで1時間。(笑)

 ときは 14。普通なら出かける気を無くしている時間。(^^;


 降りたらまず、バッグを車のリアシートに放り込む。続いて王様椅子のクッションともなる覆いを撤去。ワイヤーロックは重しです。



 王様椅子にされるのも、泥足で汚されるのも、構わないのだけど。シーをかけられることも、あきらめている
 でも、爪穴は歓迎しないから。(^^;)

 覆いが丁度よいクッションになるようで、さっそく乗っている姿を見かけました。


 ベルトのロックを外す。



 バイクの周りを何度も周りながら、ちょっとずづカバーを外していく。



 あちこちが引っかかるから、一度にサッと外すことができません。面倒臭い。

 カバーが外れたら、クリップでスクリーンに留めてあるバスタオルを外し、車のトランクに放り込む。
 国内価格にしてはちょっと安かったことから、擦れて小傷で曇ることを警戒してタオルをかけました。面倒臭くなって、そのうち止めるかも
 でも、メバチくんの純正はもちろん、社外の特大より傷つきやすい感を受けています。


 次。カバーに潜り込んで登られたとき、シートに爪穴を開けられることを予防するためのマットを撤去する。



 これ、12 年くらい前に 500 円ほどで買ったもの。もう車で使っていないから流用。


 見に行くだけから、トップケースを外す気になりました。 11 kg は重くて、メバチくんと違って走行に影響していることがハッキリと感じられるものですから。

 で、前シートのロックを外す。



 ひょいと持ち上げて、ヒーター用配線のコネクタを外します。



 配線を繋いだままタンク部に立てかけることでも作業を続けられますが、今回は配線を外す気になりました。
 うっかり落とすと、コネクタをシートに留めてある爪を割ってしまい、配線も痛めます。

 線を痛めぬよう気を遣って、慎重に外す。難儀はしないけど、サッと外れてはくれない。メバチくんのときと同じ。



 ちなみに車載ツールは写真で見えている3つだけ。メバチくんのときから使っている自前の工具をいくつか、パニアに入れてあります。


 外した前シートをハンドルに引っかけておく。これで意外と安定しています。



 さて、リアシートです。前シートのように、キーを入れて回せばカチャッと。とはいきません
 三角のノブを@@回してネジを外します。2つ。



 けっこうたくさん回す必要があって、面倒臭い。



 何か工夫はなかったのかね? と、思う。

 外したネジを置いてあるのは写真のためで、普通はジャケットのポケットに入れておきます。隙間に落ちたらとても面倒臭いですから。


 後シートを外したら、こいつ。トップケースからの配線を繋ぐコネクタを外さないとなりません。



 留めから外し、両手で回すと外れます。



 コネクタを外したら、配線を外します。



 配線は隙間に押し込む仕様で、痛めぬよう用心しながら外していく。

 ちなみに写真の状態は押し込みの状態。本当はもっと奥の方まで押し込む仕様。トップケースの着脱をするつもりで、一部押し込むだけにしてあります。


 これでようやくトップケースを外すことができます。ちょっと馬鹿じゃね?と思わないでもない。。。 いや、思う。(火暴)

 ケースを開け、マットをめくって、ノブ ダイヤルを発掘する。



 両手で力を込めて回す必要がある。最初は操作方法を間違えているのだろうか?と思いました。
 馴染んできたら軽く回るようになる。らしい。


 ロックを外す前に、しなければいけないことがありました。倉庫部屋まで行って、扉を開け放つこと。
 いない間にうっかり落ちたりしないよう(たぶん大丈夫なんだけど)、再びロックして倉庫部屋に向かう。



 新タイプは取っ手が無いので、両手で抱えて運ぶ必要がある。すると、扉を開けられません。
 運ぶに先だってひと往復しないとならない。


 これでようやく、トップケースを外せます。再びロックを外し、両手で抱えてケースを持ち上げて外し、両手で抱えて倉庫部屋へ。取っ手が無いから、手を滑らせぬよう慎重に運ぶ。



 無事、棚に置くことができました。


 扉を閉めてバイクに戻り、ストレージ コンパートメントに入れておいた配線カプラのキャップを着ける。



 留めに押し込んで、ようやくほぼ終わり



 ほぼ終わりで、一手間まだ残っています。そう、後シートのネジ留め。


 一発で入れるため、上から覗き込んで穴の位置を合わせて置く。ズレていると@@回しても無駄になりますから。



 ネジ留めしたら前シートを戻し、これでトップケース外しがようやく終了

 このとき、前シートのヒーター配線を忘れちゃいけない。よくやるんだけど。(爆)


 だいぶ手間ですよね。ここまで 45 かかっています。写真を撮りつつ、途中でタバコ休憩も入れたから、余計に時間がかかったのですけど。
 テキパキやれば、降りてきてから 30 かな。

 ちなみに、時間節約で結線を省略してケースを着けるだけ。できません。ケーブルとコネクタがぶらぶらしてしまう。
 束ねてガムテープでケースに貼り付けることになるでしょう。見栄えに目をつぶっても、コネクタのキャップは無いから雨が降ったらヤバイです。


 壊れていない旧タイプを持っている人は流用を考えてみるべきだと書いたのは、この作業が一番の理由でした。


 さて、出発準備はまだ終わっていません。

 あまり長い作業に、見学者が現れました。王様椅子の利用が一番多い、黒い子3号。小顔くんです。



 トリクル充電器の配線を外します。



 保護のゴムキャップを被せ。外した充電器を車のトランクに放り込む。

 充電器用のコネクタケーブル配線は、納車前整備のとき併せてやってもらいました。バッテリーに直結してあります。


 まだ終わりじゃない

 ワンダリッヒのスクリーンだとアンテナを完全に畳めないため、カバーをかけられない。かけたら折れそうで。
 外してあるアンテナをパニアから取り出して、ねじ込む。



 これでようやく、バイク側の準備が完了。。。ではない。(火暴)

 普通はこれでバイク側完了ですが、この日はまだ長くかかる作業がありました。タンクバッグを留めるソケット ベルトを4本、リアキャリアにくくりつける作業です。



 取り付け方や位置の試行錯誤。長さの調整と余ったベルトの始末で、何度も何度も何度もやり直し

 終わって時計を見たら、なんと 15:41 でした。


 休日が終わった。ヽ(^◇^;)ノ


 この時点で Naps に行く気を失いました。

 翌日は会社なのに、帰ってきたら夜になってしまっている。日曜日でも、いや日曜日だからこそ、夕刻になったら住居人口の多いエリアは遅い車で混んでいる。楽しむどころか不快な往復になる。

 でも、せっかく作業したのだから、ほんのちょっとでも乗らないとねぇ。(^^;
 てことで、近くのホームセンターへ猫のカリカリを買いに行くことにした。(笑)


 倉庫部屋に入ってブーツを履いてジャケットを身にまとい、ヘルメットとグローブを持って戻り、身に着けたら 16:01 。(^_^;)

 往路は回り道をして 7.2 km 。帰りは 2.9 km 。計 10.1 km
 総走行距離 634 km


 ちなみに、目当てのカリカリは扱っていなかった。(^^;;;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 南房で拿捕される | トップページ | エンジンの慣らし »

コメント

めんどくさっ!(笑)
ケース着け外しのメカニズムよりも、11kgにこだわるぽてちさんがめんどくさっ!!(爆)
結局バッグつけるんだったらケース着けっぱで良いんじゃね?と思う私は鈍感な凡人でしょうか?(^_^;)

投稿: まーぼー | 2016.12.06 11:47

土曜日はありがとうございました。おかげで楽しかったです~。(o^_^o)

で、わはははは (^▽^;)

・沈み込みと動きが違って、不要なら無い方が安心。
・沈み込みと動きが違って、無い方が気持ちよく乗れる。
・路地入り口の段差が先週からシビアになって、土曜に帰ってきたとき振られて転倒しそうになり、ケ-スの重さとモ-メントを如実に感じて怖かった。
・不要なときはパニアも外したいが、パニアは転倒時の脚ガ-ドになる。

なんてとこでしょうか。
いざというとき怖いから、不要な重さはできるだけ避けたいのが一番かな。

ケ-スを着けっぱなしが自然ないでたちは、 GTL だけじゃないかしら。
たぶん次期 K1600 の登場に合わせて改良してくるだろうと思っています。


タンクバッグ。 CB1300 用で7年前に買って、メバチくんでもたまに使っていました。
パニアで用が足りるとき、財布やカメラと携帯電話のバッグでパニアを潰さないため。
アタッチメント ベルトの取り付けが上手くいけば、あとは つけっぱなしです。
ソケット4つで着脱できて、便利です♪

そう。ベルト取り付けが上手くいけば。(^^;;;;;;
(今の状態に納得してないらしい)

投稿: ぽてち | 2016.12.06 18:13

 『文字にすると長いが、ぽてちは5分で完了させた。』と小説なら書きたくなりますが、実態は『文字にすると長いが、実際はもっと長かった。』ですね。

 もうこうなったら『ややこしいものは全部外して、ねこ様の楽園仕様』をもう一台準備するべきかと。

 きっとねこ様が何時もより余計に冷やかな視線をくれる事でしょう。

投稿: フックランナー | 2016.12.10 08:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/64587855

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の出発準備:

« 南房で拿捕される | トップページ | エンジンの慣らし »