« やっぱり異常な乗り物 | トップページ | 野生動物の国 »

2016.07.15

アホウな大荷物

 再掲


 背負うたもの

 カメラリュック 自重 2,490 g

 外側に、

 リュックの付属ポーチ類、 ツルカメ RA_v2、 併用の くびの負担がZEROフックリュックずり落ち防止バンドOP/TECH のつり下げコネクタ、 カラビナにペットボトルぶら下げフックをつけたもの。



 中に、

 D4s + AF-S 70-200mm f/4G ED VR 2,200 g

 D750 + バッテリーグリップ + AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR 2,160 g

 予備電池 D750 用×2, D4s 用 ×1 322 g

 ストロボフラッシュと予備電池のポーチ 350 g

 OP/TECH のシステムストラップ、 予備レンズキャップ各1枚の2枚、 予備メディア数枚、 メモリカードリーダー、 接続ケーブル1本、 中型ブロワー、 クリーニングウェス、 クリーニングペーパー(湿乾2種)、 畳屋棒、 予備たばこ。
 その他、ツアーの書類束やらタブレット用のモバイルバッテリーやら薬やら鍵の束やら保険証やら。



 なんだかんだで 10 kg の重さでした。

 これだけ入るのだから、カメラリュック見事だなぁ。(話題が違う)


 リュックの他、ウェストポーチデジタル耳せん、 スマートフォン、 タブレット、 レンズペン、 薬、 ボールペン...


 引っ越しか?! (笑)



 と、まぁ、アホウのような荷物は黒部に行ったときも同じ。黒部のとき、富山地鉄を撮った日は、使わなかったトラベル三脚折り畳み傘も加わっていました。(^^;;;


 黒部のとき同様、滅多に見られぬきれいな景色を撮れる機会だから、生々しく描画する Nikonと、描写がよいレンズ2本を持って行ったわけです。

 標準ズーム機を FUJIFILM X-E2 にする手もありました。小さく軽くて気軽に持ち上げてパシパシ撮れるし記憶色優先の綺麗な描画をするのだけど、風景だと絵空事っぽい描画に感じるもので、やっぱり止め。
 写真は他人の「綺麗♪」評価より我が目の満足でやっていますから。(^^;


 でも、今回はさすがにどうだったかな?と。(^^;;;



 黒部のときは、関電黒部ルートの見学時程や立山黒部アルペンルート時刻表の縛りは強くあったけど、少なくとも立山黒部アルペンルートでは「動く」と「撮る」の案配と立つ地点を自分の判断でできた。
 富山地鉄を撮った日も、もちろん同様。

 肝心要の日は標高が高く基本的に清涼で、ほぼ汗を流すこと無く動けて、疲れを感じていても意欲的に重いカメラを持ち上げることができた

 だから 10 kg後悔せずに帰ってきた。


 なんだけど、バスツアーはやっぱり自由度が低くて、バス内の蒸し暑さで居るだけでも疲労が溜まっていきました。

 バスの窓ガラス越しに撮らねばならぬ事も多くて、せっかくの重いレンズを使って撮っても ろくなもんじゃあない
 使った F 値は基本的に 11 で、たまに F8 。重さの代償たる開放 F 値の低さも役に立っていない。



 結果、重さに無駄感を感じるように思うたですだ。


 旅行の満足度としても、黒部の4日間が A 評価とすれば、今回は C 評価。(四国と昨年の鹿児島は B 評価の満足度)

 高校までの5段階でなく、4段階のです。「可」の旅行に持って行く重さじゃなかったかな~ って。(^^;;;



 これまでの経験からひねり出した結論

 C 評価を予見したときは、 D750 1台に AF-S DX 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR の1本で 1,580 g28 ~ 211 mm 相当クロップ撮りだけ。( 2,800 g 違う)

 B 評価が見込まれるときは、2台持ちしても D750 には AF-S 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR の 1,560 g にしておく。( 600 g 違う)
 微妙なときは D4s をやめて、望遠ズームの D750 と標準ズームの X-E2 にしておく。(角館がこの体勢で、 1,760 g 違う)


 で、評価が事前にわかるんけ? (火暴)


 ちなみに、肩と上腕が激しく痛む『五十肩は若干の快癒を見せていて、苦悶がこれまでより格段に少なくて済みました。v(^o^;)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« やっぱり異常な乗り物 | トップページ | 野生動物の国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/63916865

この記事へのトラックバック一覧です: アホウな大荷物:

« やっぱり異常な乗り物 | トップページ | 野生動物の国 »