« 長町武家屋敷街 | トップページ | 富山地方鉄道な日、雨 (2) »

2016.06.28

富山地方鉄道な日、雨 (1)


 08:53 電鉄富山駅発に乗って、始まるはずでした。

 Google map ストリートビューと車なお友だちの情報を元に綿密な行動計画を立ててあって、再び立山駅まで行って『立山カルデラ砂防博物館』も見学するつもりだった。


 07:10 、携帯電話のアラームを止めて、ベッドに戻って ふぅ~。

 また寝てしまったです。(^^;;;

 足腰体力鈍っている奴が2日間チョロチョロ歩き回って疲れをためて、慣れぬ枕で寝不足気味で、晩に 20 年にはなる車なお友だち二人とすんごく楽しい食事をしてテンション上がって、寝るのが遅くなって。
 原因はそんなところかな。(^^;


 再び目が覚めたら 09:38 。着替えて降りる時間を考えたら 10:00 までの朝食バイキングすら間に合わない。
 あらま~ やっちゃった~。(^O^;)

 でもまぁ、いいや。(火暴) 富山はまた来るだろうし。v(^^;)

 そしてカーテンを開けたら、また あらま~ (^_^;)



 予報通りでございました。やっぱし。(^_^;)



 ペットボトルのお茶とたばこを喫しつつ、のぉ~んびりと着替える。



 宅急便で宿に送ったバッグに詰め込んであった小型折り畳み椅子やクッション材、またバッグに戻す。(爆)
 いや、その、予備電池と小型三脚がリュックに加わるだけでもう精一杯です。(^^;;;

 2枚の雲台取り付けプレートすら嫌だと思いながらリュックに移した。(笑)


 先走って書くと、けっきょく使いませんでした。(^^; > 三脚

 要するに、くくりつけてあるリュックから外して展開&セットアップに至る過程がとても面倒臭く感じてしまうんですね。
 リュックを下ろす背負うで肩が痛むし、セットアップの最後が大問題。

 自由雲台が良いと読んで、軽いし、付けてあるんですけどね。自由雲台は素早いセットアップが、逆にできないんです。
 だいたいの位置を決めた後の、微調整ができないんですわ~。

 鉄道風景写真講座の講師に訊いてみたところ、やはり自由雲台はよほど高価なものでないと難しいでしょうとのことでした。


 閑話休題。


 行動計画はもう通用しないから、気分次第の出たとこ勝負に切り替える。急がず慌てず準備を終えて、さぁて、と宿を出る。
 富山城趾公園停留所からバスに乗るべぇ。



 天候は霧雨と小雨を行ったり来たり。

 翌日に知ったこと。宿の脇にある「総曲輪」停留所の方が便数多くてよかったようです。路線バスがなかなか来ないうちにコミュニティバスが来て、そちらに乗る。



 降ろされたのは駅ローターの向かい側で、ちょっと歩くことになったのだけど、代わりに東京では見ぬ様式を見られました。



 地鉄駅ビルで朝昼兼の食事をした後、乗車券センターで全線1日フリーきっぷの購入を。

 そうしたら、窓口のおにーさん曰く、この時間から全線のフリー券はどうかな?どこへ行きます?と。
 もう 12 時半でしたから、これは親切な話しでした。

 乗って降りて撮って、また乗って。光があるうちにこれを繰り返して券の価値が出てくる距離を乗るには、時間も便数も足らない
 我が撮影フル装備を見た おにーさんは判断したわけです。実際、それが正解

 自分もそう感じていたから「立山線のつもりだけど、そうですよね~」と。

 おにーさんの提案で出てきたのが、鉄道線一部区間と市内電車全線の1日フリーきっぷ。値段もグンとお得で、この値段ならギリ元が取れるでしょうというもの。

 その代わり、立山線は岩峅寺までです。でも、メインは寺田と岩峅寺だと考えていたわけだし、戻りに予定していた不二越・上滝線は乗れる。ホテルへのアクセスに使える市内電車にも乗れる。


 ということで、ようやく始まり始まり。小雨が降ってるけど。(^^;



 


 カメラ遊びで通りすがりに何でもテキトーに撮っている分にはテキトーだからいいのだけど、被写体やテーマを意識すると、ぽてちには難しいんですよね。(^^;;;

 わかっていて、「鉄」だけでなく「を意識して撮る気になりました。



 技術も知識もない ぽてちがまともに撮ってもろくなものになりませんから、やっぱり思いつきのテキトーですけどね。(笑)

 富山地方鉄道という対象が風情たっぷりの被写体だから、多少は何とか??



 


 なんて考えたのは、甘かった。(笑)


 車なお友だち推奨の寺田駅に降り立つ。



 


 イザ撮り始めてみると、やはりピンとくるカットが頭に浮かばぬものです。



 駅を出て、ちょっと離れたところから撮ってみたりもしたのですけどね~。



 


 被写体に風情があっても世は 2016 年。あれこれ入りすぎぬよう立ち位置やアングルを厳選して撮る必要があることを、しみじみと実感。

 で、それが簡単にはできぬわけだ。(^^;



 ま、撮れぬものは撮れぬ。仕方ない。(笑)



 寺田駅には1時間半近くいたかな。もうよかろうと、次なる駅へ移動開始。



 で、次は釜ヶ淵

 の、つもりだったんですけどね~。
 カメラの設定をいじっているうちに乗り過ごしてもうた~。ヽ(^◇^;)ノ
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 長町武家屋敷街 | トップページ | 富山地方鉄道な日、雨 (2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/63841683

この記事へのトラックバック一覧です: 富山地方鉄道な日、雨 (1):

« 長町武家屋敷街 | トップページ | 富山地方鉄道な日、雨 (2) »