« 12 ヶ月点検 | トップページ | レンズの故障とは珍しい »

2016.06.13

神田川を水面の視点から


 ぽてち的には、柳橋から先の隅田川も京浜運河も どーでもようございました。
 毎日見る神田川が目当て。よく目にする景色を水面の視点で見てみたかった。



 見ることができたのは水道橋から柳橋までなんですけど。



 まぁ、それ以上は浚渫船でも乗らなければ無理。新三崎橋防災船着場から見たということは、実質的に可能な限りを見られたということになります。

 乗船したのは「京浜運河&隅田川&神田川ゆったりクルーズ」という企画です。



 中でも興味深かったのは、やっぱり水道橋から秋葉原。とりわけ、お茶の水までです。



 


 よく見るエリアだし、とりわけダイナミックなところだし。



 連れて行った相棒も、その様に感じたそうです。


 TV でも紹介されていた『淡路亭』を見て、喜んでおりました。(笑)


 船は満席だとかで、あまり自由に動いて撮ることは叶わず。まぁ、十分ですけど。


 前に立つ客が抱きかかえた男の子の髪の毛です。(笑)


 けっこう、耐震補強工事が雰囲気を台無しにしているなと思うたです。



 ここらへんから先は、さほど見馴染みが無いエリア。



 柳橋界隈の屋形船が見えてきた。



 


 波立てて停泊する船を動揺させないよう、ゆっくりゆっくり航行するのだそうな。



 顔を出していた中央区の漁業組合?だかの会長さんと、観光ガイドのアナウンスをしていた おにーさんが挨拶をしていました。



 ということで柳橋をくぐり、神田川が終わり。



 これから先は、羽田に近づくまで船室で席に着いていました。



 


 あまり見ない視点ですよね~。上はよく通りますけど。



 


 首都高速1号線で、かなり痛んでいる東京モノレールとの併走部分を架け替えるという話しをニュースで見ました。
 こうして見てみると、なるほど、架け替えが必要そうです。(^^;



 


 神田川でも隅田川でも京浜運河でも、水はきれいに見えなかった。(^^;;;
 昔に比べれば格段にマシなんでしょうけど、やっぱり、ちょっと...



 ということで羽田空港。



 


 到着間近に不思議なものを発見。



 これと同じものが、進行方向の左側にもある。

 首都高速から分かれてきたようにも見える橋が、水路の左右で回転して、水路の上を空けているんですね。

 相棒が調べたところ、使用していない空港西入路だそうです。
 こんなものがあるとは知りませんでした。


 予定時間通り、羽田空港船着場に到着。

 これが空港から距離がちょっとあって、『羽田空港船着場』と言われると、素直に空港まで歩く気になれない。(笑)

 web ページにあるうたい文句のうち、「観光交流・振興」を目的とした「アクセス拠点」とするのは無理でしょう。船は遅いし便数が少なく、増便も難しいですから。(^^;

 バス停でどうしよう?と相談していたらバスが来たので、バスで京急蒲田へ。
 所要時間からしたら、空港まで歩いて、都営浅草線直通の京急特快で帰るのがずっと早かったんですけどね。


 帰宅したところ、待ち構えていた3つ。



 一党の頭領も登場。



 待ち構えているのは前の おねーちゃんが出してくれる夕ご飯なんですけど。この待ち構え体勢、知らない人たちから うちの猫だと勘違いされてもおかしくない位置でセットアップ。(^_^;)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 12 ヶ月点検 | トップページ | レンズの故障とは珍しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/63770007

この記事へのトラックバック一覧です: 神田川を水面の視点から:

« 12 ヶ月点検 | トップページ | レンズの故障とは珍しい »