« ぼやき(デジカメ) with 猫 | トップページ | ニコン DL 発売延期に思ったこと »

2016.05.22

バイクで行った水野和敏氏プチ講演会

 長引いて記念撮影の時間が無くなったとのことで、氏の写真は1枚だけ。


 バイクなお友だちの勧めで登録した、雑誌ベストカーアンバサダーチームで募集していた『シークレットイベント』に申し込んだところ運良く当選となって、聴きに行ってきました。
 もう2週間も前のことになってしまいます。(^^;


 水野和敏氏は日産 R35 GT-RZ の開発責任者を務めた方だそうです。

 日経 BP で連載記事の中にあったインタビュー記事を読んで、熱く激しく車創りに打ち込む人らしいと感じていました。

 開発ドライバーやニュルブルクリンクでのアタックを勤めてこられた鈴木利男氏とのやり取りを聴いていると、「なるほど、日産のような大企業でこりゃ異風。部下になった人はたまらんだろうなぁ」と。(笑)
 とは言え、氏のような激しく仕事に打ち込む勢いが日本の製造業を盛り上げ、今の日本の豊かさを築いてきたのだろうとも感じたところです。



 会は、鈴木利男氏が経営するショップノルドリンクの新店舗移転記念『新天地 NordRing に倍旧のご愛顧をお願いします会』に、ベストカーから数名が混じらせてもらうといったものでした。



 その会の中に、水野和敏氏のプチ講演や、ベストカー編集氏がホストを務める鈴木利男氏とのトークがあったわけです。

 ショップに集う馴染みの GT-R 乗りがほとんどの中で、バイクでやってきて乗ってる車も違う ぽてちは、ちょっとアウェー感。(笑)



 講演の内容はとても興味深くて、

 「ぶっちゃけて言うと今の国産車はつまらないものばかり」の理由や

 「世では国産車の品質が世界一のように思われ続けているが、今の国産車は、どうも欧州車に見劣りして感じるのだが」への解答と理由

 そうだよね!そうそう!、やっぱりそうだったかー! と、首が前後に動いて止まりませんでした。


 理由となるめちゃめちゃ大きな要因。法規制の増加。これによって、開発工数が対 90 年代比で7割り増しになっているそうです。
 もちろん開発に携わる人数は応じて増えず、相対的には大幅減員のようで。

 すると何が起こるか... 書きませんが、頭がたれてきます。(__;


 氏は明言しませんでしたが、国産メーカーが第一に重視する市場はどこなのか?も大きな要因だと思います。
 米国市場の特徴を話されていましたが、「とにかく安くて、そして大きいこと」が大切な大切な市場。

 これはホンダで開発を主導された方から 90 年代末に聴いた話とも一致します。「1立方センチあたりいくらか?の市場だ」という言葉でした。

 まぁ、今の日本市場もそうなっていて、米国に次ぐ重要市場となってきた中国市場も同様でしょう。

 すると何が起こるか... 我が頭の中に過ぎるものがあり、頭がたれてきます。(__;


 そんな環境の中で R35 GT-RZ のような心をかき立てる車を創るには、水野氏のような強い意志激しさが必要なのだろうと納得しました。

 部下はたまらんでしょうけど。(笑)


 もう2つ、不可欠で根本的に重要だと思ったこと。

 取締役会の決定ですよね。取締役会を納得させ、従わせる、トップの意思と力量。そして会社の体力(資金や販売力)も。
 それらが無ければ、大きな組織の中で下が騒いでも組織としては微塵も動かぬ訳で。

 逆もまた然りで、氏の言う「現場が作れぬものの図面をひくことはできない」同様、上がいきり立っても実行部隊の意思と実力が伴わなければ絵に描いた餅でしょう。

 R35 GT-R の登場は、水野氏とゴーン旋風のおかげですね。


 「我が社だったら?」と頭の中で問いながら聴いていて、かつて(半分くらい)予定されていた立場でも、今の立場ならなおさら、「こういう店・会社にしたい」と思うことに自分ができることは無いわな~と。(^^;;;
 歳をとって、我が社が業界の中でおかれた位置や取締役会の意思決定要素なんかもハッキリ見えてくるから。(^^;;;

 で、また頭がたれてきた。(笑)


 その他あれこれ、興味深くて参考になる話しがたくさんありました。質疑応答で、氏のテスラへの見方なんかもサラリと。猛烈に面白かったです。

 ベストカー誌に感謝!感謝!感謝!


 車好きの皆さん。欧州車を買いましょう。(火暴)

 氏がいま現在深く携わっている『LUXGEN』なる台湾のメーカーも要注目です。
 
 
 なお、当日は珍しくバイクで会場に向かいました。


 いい日和だったし。会場の瑞穂町は高速道路で真っ直ぐというわけにはいかないルートで、多少の混雑を織り込んでおくべきエリア。
 暑さ寒さで消耗しなければ、機動力の高いバイクが楽ちんでしょう、と。

 集まる台数の都合で指定された駐車場と会場との距離を考えても、会場に備わる駐輪場に置いておけるバイクが無難。
 会の成り立ちからして、バイクがたくさん集まることはあり得ませんから。


 往路はきわめて順調。圏央道の狭山 PA で白身バーガーとアイス狭山茶の昼食をとって一服。


 それでも早めに会場到着。


 会場であった瑞穂町郷土資料館の見学をして時間調整をしました。
 展示品の数は少なかったものの


 自分の年齢には懐かしい展示もありました。


 世代的に、本当は違うのですけどね。 TV や書籍でよく目することがあった、そんな風情です。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« ぼやき(デジカメ) with 猫 | トップページ | ニコン DL 発売延期に思ったこと »

コメント

水野さんのお話、面白かったでしょ〜
難しく話さないんですよね、あの方。
内容はすんごい高度な事を話されてりしてるんですが。

で、ぽてちさん。
欧州車買うの?(爆)

投稿: まーぼー | 2016.05.22 10:56

>>まーぼーさん

すんごく面白かったです!
お勧めしてもらってよかったわ~、と。(^o^)

で、財布次第ですけど、次が欧州車になる可能性、あります。

会話の中で感じられていたと思いますが
水野さんの話を聴く前から、けっこう真面目に検討していますから。

相棒が「外車」への逆信仰を打ち払うことができたら、可能性大です。

どうやって打ち払うか。
もうけっこう長く説き続けているのと、バイクで国産が合わず BMW にしたら長く乗っている実績があること。
そこらへんですかね~。

投稿: ぽてち | 2016.05.23 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/63665738

この記事へのトラックバック一覧です: バイクで行った水野和敏氏プチ講演会:

« ぼやき(デジカメ) with 猫 | トップページ | ニコン DL 発売延期に思ったこと »