« DX クロップ | トップページ | 小諸城趾の部分咲きと、上田城趾の満開 »

2016.04.18

暴風の中、ほぼ突発の房総から帰還


 イチゴタケノコを買いに行く。

 との仰せ付けがあった。

 よろしい、その代わり「いつものペース」でなく早い時間に出立するゾ!と。(笑)

 宣言のかいあって 07:30 過ぎに出発。野良猫の見送りを受ける。


 首都高速都心部、がらがら。首都高速湾岸線、がらがら。アクアライン、がらがら。館山道と富津館山道路、がらがら

 アクアラインは横風が強く、背の高いボックス車とトラックがふらふらしておった。

 のんびり淡々と流して、 09:00 過ぎに道の駅三芳村着。

 「運転手クラス・障害物」の参加車両が前に1台もいなければ、こんな時間で着けちゃうんですね。出発前は2時間を見込んでいたのに。

 


 イチゴを購入。期待より小粒で、味もちょびっと薄かったような...

 タケノコも購入。 17 日に収穫と書かれておった。

 怪しいものを発見...

 そそられたけど自制。どれも買わなかった。v(^^;)


 遅い朝ご飯を富楽里の網納屋で摂るべく、移動。到着したとき、雨が降ってくる。

 体格差

 店内に漂う魚の臭いで感じ取れるものって、ありますよね。本来苦手なものだから、敏感に感じるのかな?

 あら煮の定食。だいぶイマイチだったそうです。

 定置網の地魚丼が休漁で無くて、あみなや丼。こちらもイマイチ。

 キスだから淡泊でイマイチさを感じにくかったけど、そう新鮮ではなかった印象。


 後から思えば... 今日のこのレベルだったら網納屋で食べずとも良かった。当初の予定通り物産部をひと眺めしただけで帰路に就いていれば、アクアラインが閉鎖される( 11:10 )前に突破できたのに...
 有名になりすぎましたね。ここのところ続けて、当たりに出会えなくなっています。

 物産部で追加の買い物。


 出発前から雨が本降りになっていました。

 これでもうよいか?と尋ねたら、家の近くでもどこでもいいからスーパーに寄りたいとのこと。
 ならば!と、富津館山道に入らず おどや鋸南店へ向かう... ぽてちの狙いは... (笑)


 すんごくしばらくぶりに、きなこパンに出会う♪ 4本ぜんぶ大人買い!(火暴)

 ベンチに座って1本やっつけるのがお約束です。(笑)

 出発前の確認で、腹を きなこと砂糖だらけにしながら交通情報をチェック...

 げ!げ!げ!げ~! アクア通行止めっすか!! (^◇^;)


 この画像は帰宅後のもので、鋸南でチェックしたときには京葉道の渋滞がまだ始まっていませんでした。

 なんで通行止め?と思ったら、強風が理由とな。

 おどや鋸南店の駐車場にいる分には、実はその後の R127 でも富津館山道でも館山道でも、そんなに風が強いと思わなかったのですけどね。


 館山道・京葉道・東関道のルートは蘇我から穴川までの渋滞が日常的で、同じ渋滞でも停車して動いてまた停車するシャックリ動が多いです。
 渋滞していてもズルズル動くアクアラインより時間もかかるし、クラッチが重い大鳥居くんは足が疲れて攣ってきてしまいます。

 だから、ほんと嫌。(-_-;)

 今はまだ渋滞していなくても、近づいた頃には始まってしまうかもしれない...


 「4駆だし羽がついているし、この車なら海を渡れそうに思う」と、提案してみた。
 「私がいないときに挑戦してみてくれ」とのこと。


 覚悟を決めて保田から富津館山道に乗り、情報板がある度に「閉鎖が解除されていないかな~」と期待して見ているも、ダメ。
 そして松が丘の手前からノロノロになって、千葉東 JCT を通過するまで続く。

 通過後はまずまず順調。湾岸幕張 PA でトイレ休憩。

 このとき車外は強風と言うより暴風で、これなら通行止めも仕方ないと思うたです。

 乗用車は大丈夫でも、トラック、背の高いボックス車、そして軽自動車が流されて、他の車なり道路施設なりに衝突してしまうでしょう。


 この後も雨は本降りなれど道は順調で、給油をして 13:35 に帰着。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« DX クロップ | トップページ | 小諸城趾の部分咲きと、上田城趾の満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/63501306

この記事へのトラックバック一覧です: 暴風の中、ほぼ突発の房総から帰還:

« DX クロップ | トップページ | 小諸城趾の部分咲きと、上田城趾の満開 »