« お、おまーは何を! | トップページ | スタンバイ »

2016.04.20

まるでプラネタリウム

 立っているすぐ脇で、真剣なまなざしで見上げられた直後は...

 バリバリバリ!とよじ登られるのがお約束。


 鋭利な鋭利な新爪が、服を軽く射通し肌にプス!プス!プス!っと。
 4.5 kg を越える質量にかかる重力と駆け登る勢いで、深く刺さってくる。(T_T)

 登り切る前に止めて、落ちていくことも多い。


 刺さり方で「左手に鋭利な爪がある」等を判断し、熟睡しているところを襲って1本2本、爪を切る。v(^o^;)

 身を挺したチェック法。v(T_T)

 そして目が覚めると強く抵抗され、手腕をガブガブガブ (T_T)


 肌着シャツの大半がかぎ裂きに破れていて、「矢傷を負った落ち武者の背中のようだ」とは相棒の言葉。(^_^;)

 肌着パンツの幾枚かは無数の小穴が開いていて、まるでプラネタリウムのよう。


 高いところに用事があるときは、ほぼ一気に肩まで飛び乗ってくるくせに。
 よじ登ることが大切らしい。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« お、おまーは何を! | トップページ | スタンバイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/63510413

この記事へのトラックバック一覧です: まるでプラネタリウム:

« お、おまーは何を! | トップページ | スタンバイ »