« おねーちゃん撮り2( TMS ) | トップページ | おねーちゃん撮り4( TMS ) »

2015.11.14

おねーちゃん撮り3( TMS )

 前の記事に書いたように、展示を心熱くして見つめることができず、でもプラ~っと見て回って楽しむモーターショー。

 ふ~む、ほむ、ふむ!と、展示のいくつかは見ていました。

 まずは RX-VISION 、マツダです。


 評判がいいようでした。「これ、かっこいいね!♪」と、彼氏連れ女性の心浮き立った言葉。「かっこいいわ♪」と、若いおにーちゃん。耳に入りました。


 個人的には、 RX-8 の柔いボディを現代的に改良して、エンジン周りはロータリーならターボ化したものがツボのど真ん中です。
 RX-7 みたいなハイパワーでなくていい。低回転域を中心にぶ厚いトルクを持たせて、上まで段付き無く綺麗に回っていく、そんなターボ化をして欲しい。 9,000 rpm まで回さなくていいから。回したって無駄なだけだから。

 という気持ちで、ぽてちは見たのですけどね。


 RX-VISION のような2ドアボディは、他に無ければ仕方ないけど、できたら選びたくないボディだったりします。
 2ドアにすると、前後重量比のためとは言え、ボンネットを相対的に長くすることになるんですよね。上の写真を見れば前オーバーハングを切り詰めた合理的デザインですけど、実車になったらどれくらい延びるのか。。。

 RX-8 がそうであったように、やっぱり4ドアのセダンボディがいいな~。


 エンジンをロータリーとしたところ、このコンセプトカーの肝の部分です。でも、自分はこれが何よりもダメだと思っています。

 シーケンシャル・ツインターボでも付けていないことにはスカスカの実用動力性能で、運転が鬱陶しくて疲れる。そのくせ構造由来で燃費が激悪。絶滅した 2st エンジンほどではないけど、排気ガスを綺麗にするのが構造的に至難の業。

 大鳥居くんは RX-8 よりずっと重くてずっと力のある古典型ターボエンジンだけど、燃費が RX-8 より常に 1 km/L 以上良いんですね。
 自動車用の動力源としては、ロータリーは筋が悪すぎます。航空機に使われていないことも、筋の悪い動力源であることを示していると考えています。


 マツダが世界史を書き換えるような革命的ブレークスルーを実現しない限り、 RX-VISION が市販車となって登場することはありません


 そして ぽてちがガッカリしてうなだれるのは、マツダが実現不可能なロータリーにこだわり続けるフリをして逃げている限りは、レシプロエンジンを使った実現可能な車で勝負してこないから。

 ロードスターを続けていることたった一つでも、マツダの体力からしたら十分以上に大勝負をしていることは認めます。

 でもね~。ロータリーを黒歴史として一刻も早く葬り去って、 2 Lチョイ級のレシプロ縦置きスポーティー車(有蓋で、できたら観音開き 4 ドア)を出して欲しい。

 今回のショーでも、その想いを RX-VISION ではずされました。(^^;


 とゆー具合で、展示を天真爛漫に見られなくなっている ぽてち。(^^;;;
 

----------
別画面で開く拡大画像の右上部をクリックすると全部でるので、面倒な撮影機器情報つけをやめます

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« おねーちゃん撮り2( TMS ) | トップページ | おねーちゃん撮り4( TMS ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/62675917

この記事へのトラックバック一覧です: おねーちゃん撮り3( TMS ):

« おねーちゃん撮り2( TMS ) | トップページ | おねーちゃん撮り4( TMS ) »