« おさわり無し | トップページ | 環境のよい猫カフェ »

2015.06.04

捨てるなよな~

下郎! 気安く触るでない!


 相棒からの情報提供をうけ、おさわりも可能なシェルターなるところへ行ってみました。

 結論。だいぶ辛い。(^^;;;;;;

 一日のうちの大半の時間がこの状態らしい。引き受け手が見つかるまで、ずっとこの状態。この子は3年以上も、この状態らしい。


 保護する猫が多くても、予算に限りあって、人手も資材もスペースも足らないのだと思う。

 野良でいる環境と比べたら、ご飯は提供してもらえるし、冬も温度が保たれるし、生命力を削り取られていくことがないのは間違いない。基本的に、虐待もない。

 短期間で死んでいくくらいなら、ず~~~っとマシ。だと思う。


 でも、厳しい環境であることも、間違いないと思うたです。

 3つで大きなケージに入っているのはいい。でも、トイレがだいぶ汚れていて、砂を換えて欲しくて必死に訴え鳴きかけ続けてくる姿とか、だいぶ辛かった。(^^;;;

 でも、換えてあげられませんか?と声をかけるのも憚られたんですよね。雰囲気があるし、予算のことが推測されるし、交換の基準があるだろうし。


 人に触られたい。人に触れていたい。

 


 それがありありと判る猫を見て、環境を振り返ると、胸が辛くなるです。

 これ、人に触ってもらった直後で、恍惚としている姿。


 可愛いや小さくて可愛いでなく、人の温もりを求めている訴えが一生懸命な子の中から一つ二つ、できたら引き受けたいと思いましたけどね。

 前の記事、ということになってまいます。(^_^;)

 いやね、虐待防止の主旨であることは容易にわかるんですけどね。やれ条件だ審査だ記録写真だ現場確認だ、追加確認だ。
 自分にはちょっと近寄りがたいテンションでもあり。。。
 
 
 総論。 捨てるなよ。オモチャじゃないんだから。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« おさわり無し | トップページ | 環境のよい猫カフェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/61693679

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てるなよな~:

« おさわり無し | トップページ | 環境のよい猫カフェ »