« 小布施から野沢温泉へ、のんびり | トップページ | 温泉宿屋街とスゴイ温泉 »

2014.12.01

11年ぶりに野沢温泉へ

 

 あれは 11 年前。文化の日にからむ連休のこと。乗り換えて2ヶ月の RX-8 を駆り、野沢温泉行きました。

 

 上の写真は、向かった初日、奥志賀高原から野沢温泉スキー場の上に出る奥志賀林道の途中です。

 早朝に松戸を出て、小諸からアイス目当てで長門牧場に往復した後、東部湯の丸の地蔵峠を越えて、草津から志賀草津道路を通り抜け、奥志賀へ。トドメのクネクネに疲れて休憩中。
 この直後、ナビがクネクネで酔いました。自車位置があらぬ所をのたくりまくっていて、車を止めてみたら、輪を描いて回り続けていましたですよ。(笑)

 松戸への帰路、早めのお昼に「富倉蕎麦」なるものを食べてみるべく、かじか亭を訪れたときのもの。

  

 ハイウェイオアシス小布施まで下道移動で向かい、リンゴ畑の中の道にあった道ばた売り売店でも買ってみたときのもの。

 まだピカピカ☆ですね。
 この車が自分のクルマ感をガラッと変えるとまでは想像できなかった頃です。

 いずれも Nikon D100 と AF-S 24-85mm F3.5-4.5G による撮影で、手ぶれと露出オーバー連発。写真をほとんど残せていません。(^^;)

 その野沢温泉に、11 年ぶりに行きました。


 前の週と同じ松代の宿の予約をするとき、2週続けて小布施に行って即座に帰るだけなのも、もったいないね~と。
 どこかでもう一泊すれば、ぶらぶら写真を撮るなりして、ゆっくりできるべ~と。

 3連休だけあってどこもいっぱいで、なんとなくその気になる宿が空いていたのは北軽井沢と野沢温泉だけ。
 温泉の内湯があって泉質も期待できて、北軽井沢より気温が温いと思った野沢温泉を選択。

 11 年前の経験から、「温泉は外湯を使ってくれ」のお宿だったらパス!でした。野沢温泉の外湯は、体を洗うのに決意が要りますから。(^^;)

 古くから有名な温泉と古くから拓かれたスキー場の宿屋街で、古くて小さな宿が密集していて徒歩○分の公共駐車場になることや、宿施設の古さ貧弱さは覚悟しました。
 一泊なら受け容れる価値がある温泉だと思うので。


 で、荷物を下ろして村営駐車場へ車を預けに行った戻りの撮影。

  

 まぁ、予想通り↓ (^o^;)

  

 泊まった宿よりも、写真の左に写る建物に注目です。野沢温泉らしいかと。
 で、次。

 写真だとパリッと写りますね。(笑)

 お湯が本当に良い、とても古くからの温泉スキー場です。格安に泊まろうとしたら、こんなものでしょう。

 町全体が古びた小さな建物ばかりの中で、立派でパリッと新しいお宿に泊まろうとしたら、大枚何枚かな?
 それよりも、これだけの軒数の中、大きなお宿は源泉の量が足りるかな?

 泊まったお宿は内湯が絶品の温泉で、値段にしては食事が良くて、良いお宿でした。

 こういうお宿。ぽてちが連れられて行っていた子供の頃は、食事が貧相でね~。(^_^;)
 掃除も不行き届きでね~。(^_^;)

 だいぶ危惧しましたが、ぜんぜん違いました。(^_^)

 昭和な空気たっぷりの古びた温泉スキー宿も観光イベントの一つとして選定したわけですが、果たして相棒は何と?
 清掃がよくされていて、食事も良かったからでしょう。

 「こういう所は初めてだけど、一泊ならアリ」と、受け容れのお言葉。(^o^;)

 ちなみに 11 年前は、もっとこぢんまりとしていて、もうちょっと新しかったけど、内湯が温泉でないお宿でした。
 で、外湯で銭湯と同じようにやろうと思ったら、そういう空気でなかった。(^▽^;)

 だいぶ面食らった覚えがあります。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 小布施から野沢温泉へ、のんびり | トップページ | 温泉宿屋街とスゴイ温泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/60746295

この記事へのトラックバック一覧です: 11年ぶりに野沢温泉へ:

« 小布施から野沢温泉へ、のんびり | トップページ | 温泉宿屋街とスゴイ温泉 »