« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014.05.31

飛び入り万年筆2本

  


 使っていないという万年筆を2本、義父から提供いただきまして、その復活を図ってみました。v(^_^)

 どちらもインクを入れたまま長く置かれていて、インクが完全に乾燥して固形化。カジカジに固着しているよう見える状態でした。(^^;


 後で調べて判明したこと。黒軸の方は MONTBLANC 221 という銘。情報から見てみると、キャップの口輪にその通りの刻印がありました。
 もう1本のグレー軸も同じで、ペン先の色違い軸の色違いに見えます。だけどキャップの口輪には「 MONTBLANC GERMANY 」とあるだけ。ペン先の刻印は同じ 585 とある。

 この 221 という万年筆、どうやら非常なる柔らかさのペン先を持ち、首軸の分解は難度がとても高いとか。
 ペン先突端の形状は Meisterstuck でよく知る丸型を細研ぎしたのでなく、細長く尖ったもの。


 これだけ大量に乾燥固形化して見えると復活できるかな? と思いつつ、グレー軸の方に水を何度か通してインクを入れてみると、ちゃんと書けるようになったではありませんか。

 これならば!と希望を持ちつつ、状態がもっと悪く見える黒軸とともに洗浄液に浸けた。

 一晩たった状態です。煮詰めた煮汁?(笑)

 固形化したインク成分が、洗浄液に溶け出してきたんですね。ただの水だと、ここまでになりません。

 さらに半日、丸一日浸け置きした後に水を通して流すと、小さな粒になったインクがたくさん出てきます。
 こりゃ重症だわさ。(^^;;;

 黒軸の方が酷くて、グレー軸の方は比較してマシ。

 何度も何度も水を通して水に色がつかなくなってからも、ティッシュで吸わせると、だいぶ色がついた水が出てくる。

 ここでグレー軸の方を使ってみるテスト。

   


 面白い! こういうペン先は初めてだわさ。(^o^)


 ペン先が、柔らかいのです。すごくソフトなタッチ。初めて味わう感触♪

 細く尖った突端だとガリガリするのかな?と思いきや、そんなことなかった。よく整えられたら形状と柔らかさが、上手に受け流している印象。

 なうほど、現代の万年筆はボールペン慣れした現代の人に合わせてペン先が全体的に硬いとのこと、わかるように思いました。

クロップ拡大   


 俄然盛り上がってきた!(笑) 復活作戦、頑張ってみよう。(^o^)/

 グレー軸のインクを洗い流して、2本とも2回目の洗浄液つけ置きへ。

 初めの写真とこれは、2回目を終えたとき撮ったもの。ペン先の根本にインクの固着がまだたくさん・・・

  


 黒軸は EF シールが貼ってあって、 MONTBLANC の極細。国産だったら細字から気持ち極細寄りの太さです。
 極細だけど「軟」だから細字に近くなっている感じかな~。

 これ、極細寄りの細字なのにインクの流量がしっかりとしていて、なおかつ柔らかいのに線が安定して続きます。
 大きな字をササッと書いても、掠れが発生しません。ペン先が軽く紙に触れている限り、細い線がきれいに続く。封筒の宛名書きにだって使えちゃうくらい。かと言ってインク多過ぎで太くなっちゃうこともない。

 これは気持ちよい♪! 実用の道具にも良い♪

 貴重な1本だと思いました。道具としてよい具合でちゃんと役に立つ、 MONTBLANC らしい万年筆。
 3度目の洗浄液つけ置き洗いが決まり。(^o^)


 濃い人の blog 記事を読むと、至ってデリケートなペン先で、雑に書いていると先を曲げてしまうくらいだとか。
 かつて借りて使ったことがあるとの相棒が言うていた、「多少の事をしたって大丈夫なように作ってあるはず通用しないペン先らしい。よくぞ無事だった!(笑)


 乾燥固着が中症だったグレー軸の方。こちらは逆にチョイと難物です。

 義父が言うていた、字の書き始めに掠れが(よく)発生する、とのこと。その通りです。けっこうイラッとする。(^^;
 流量は絞るべきなほど多いですから、それで掠れるのはペン先の物理的な具合が良くないのでしょう。

 線の太さははっきりしません。物理的な状態を見ると黒軸と同じに見えるのですが、インクがだぶだぶと出て、国産の細字より太い。細字軟で、だいぶ中細寄りといった印象かな。もちろん、紙の質にも寄るのですが。
 インク流量を適切に調整したら、細字軟でやや中細字寄りくらいになるかもしれません。

 こちらは本格的な実用に供するならその前に MONTBLANC 銀座行きです。いくらかかるかな。(^^;)


 ということで、2本とも3度目の洗浄液浸け置き洗浄を行いました。黒軸の方は4度目も。


 その後、グレー軸は緑色のカートリッジを入れて、ちょいメモに供してみています。
 折を見て MONTBLANC 銀座に持ち込むつもり。


 扱いが決まらずにいるのは黒軸の方。極めて軟らかいペン先が、勢いに乗った速記に向かないんですね。座って、落ち着いて書く。そういう使い方向きだと思います。
 でないとペン先をひん曲げてしまいそう。(^^;)

 すると ぽてちは会社で使いにくく、相棒に「使ってみる?」と。

 今現在会社でメモ書きに使っている ぽてち提供の Meisterstuck 146 と使い分けるほどには書き物をせず、どちらか一方になってしまう。
 するとペン先が硬い Meisterstuck が心置きなく書けて、用途にもいい。

 とのこと。

 まぁ、一度試してごらんよ。義父さんから提供してもらったものだから、娘が使う方が望ましいと思うし。

 と、一週間使わせてみた。結論変わらず、 Meisterstuck 146 の硬さが安心して書けるそうです。(^^;)
 銀座で絞ってもらったインク流量が用途にちょうどよく、なのに掠れが発生せず良い感じで使えているし、と。

 うむ、ならば、ぽてちが家で使いましょう。(^_^)

 複数本を同時に使い分けるほど書かないから、時々で使うものだけインクを入れて、そのとき使わぬものは洗ってしまっておく、と。

 インク洗浄の面倒があるそんな使い分けをするのに丁度よい、時々無性に書いてみたい気持ちになる心地よいペン先を持っていますから。(^_^)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.29

日曜日(秋葉原編)

  


 常用のデスクトップ機が、調子悪くなってしまいました。(^^;;;


 不規則にブルー画面に陥ってしまい、プチッと落ちる。このとき、落ちてからの自動再起動でブートしない。黒画面に「 Boot Loader が無いよ」といった旨の表示が出て頓挫します。
 さらに再起動をかけて POST 画面を見ていると Boot ドライブを見失っている

 電源を切って入れなおすと、無事、再起動するのですが。(^^; アセアセ


 写真を取り込むために、 USB 3.0 のハブ(自己給電タイプ)を咬まして USB 3.0 のカードリーダーを挿しっぱなしにしてあります。これも変
 あるとき唐突に「供給電力が足らなくなりました」といった旨の表示が出て、フリーズの後にブルー画面が出て、プチッと落ちる。頻度としてはこちらの方が多いかな。

 これ、嫌な予感です。かつて使っていた自作機で、 USB 2.0 のカードリーダーを挿しっぱなしにしていると、同じメッセージとフリーズ。
 組んでからしばらくは発生せず、年単位で使っているうちに発生するようになった現象です。同じですね。

 自己給電型ハブを新しくする等、あれこれ試行錯誤したけどダメで、どうにも打つ手なし。結局、マザーの電力供給回路がヘタってきていると結論して、丸ごとゴッソリ買い換えることにしたのでした。
 他にも、中が埃で汚れ放題だったとか、ケースのネジ穴をなめちゃったとか、 RAW 現像にパフォーマンス不足を感じていたとか、理由がありますけど。


 今回は USB の電力供給のだけの話しでなく、 USB 3.0 のハブとカードリーダーを外しておいても、上記の不規則なブルー画面が発生します。


 ・ RamDisk 等、メモリへの負荷が高そうなアプリをいくつか削除した
 ・常駐プロセスを、「濃い人」なレベルにまで減らしてみた v(^O^;)
 ・ドライバ類を、最新のものにアップデートした
 ・筐体内の、多くはなかった埃をはらって、ヒートシンクを密着するようイジイジ

 でも、やっぱり発生します。(^^;


 メモリの故障や電源ユニットのヘタリなら、作業が軽くて済んで、そう大事ではありません。マザーが逝きかけているのだと、大ごとだよな~。(^^;;;

 かつても、原因不明の不具合に陥って参った経験がある。たくさんの時間を使って試行錯誤をたくさん繰り返した結果、

 1台はチップセットとドライバのデキが悪く、そしてマザーの使用部材も粗悪だったらしく、おまけに電源ユニットもヘタってきていたらしい。
 次の1台は、マザーに載っている小さな電子部品が経年でダメになっていったらしい。

 と、結論しました。

 このときの2台は自作で、あれこれのパーツが手に入りやすい安物でした。普通に買うと、たいてい安物になってしまう時代なのねん。(^^;)


 懲り懲りで、今のはショップ組み立て販売のもの。安さより安定性を優先したパーツを使っていると謳われていたものにしました。後継はこんな感じ。

 日常的に動かしているものは、優れて安定していてほしいだで~。

 BTO であれこれを希望の仕様にして、高かったんですよ~。(^O^;) かつての昔、 10 年動かしてビクともしなかった PC-286V よりは安かったですけど。(笑)

 それでも2年半になるから、ダメになってきた部品があるのかな~。静音に気遣った仕様で、冷却がいいとは言えないし。(^^;)


 その後の試行錯誤で、 Raid は組んでいないから、と削除していた Intel Rapid Strage Technorogy なる Raid ( SATA )管理ソフトを再インストール。マザーの BIOS も更新してみました。

 そうしたところ、まずまず安定したようには見える。ここらが主因? Windows Update で何かが不整合を起こした??
 でも、まだ怪しい動きが・・・


 とりあえず、 HDD は換装することにしました。2年半にもなるし、繰り返し、 HDD が逝くとかなり面倒なことになりますからね。(^_^;)
 同様のことは NSA で使っている HDD にも言えて、こちらはもっと長い。これも換装すべぇ。それと、 CPU ヒートシンクを外して、新しいグリスをつけよう。固定ぶりがどうも怪しいし・・・


 ということで Nikon 銀座の後に秋葉原 Go!


 まずはヨドバシで蛍光灯の蛍光管購入。 10 年以上選手になる懐中電灯も、 LED 球のものに刷新なり。
 ついでに、相棒が BL-R ディスクを、ぽてちは CD-R ディスクを購入。

 次は本命の HDD 。パーツ屋街に向かいました。

 途中、昔よく入ったフルーツパーラーの近くを通り、3年ぶりくらいの入店。腹が減っていると言う相棒に軽食を摂らせるため。

   

 かつて開店からそう間もない頃に扱っていたフルーツシャーベット、青果市場で買ってきたもののようですが、これがけっこう美味しかったんてすね~。
 7,8年前には扱いが激減して、5,6年前には扱いがもう無かったと思います。

 でも、それをわかっていて訊きました。もしかしたら復活してるかもしれないと、淡い期待を抱いて。(^^;)

 すると、「うちの店では、そんなもの・・・」と、おねーさん。土曜日の洋菓子屋さんと同じ反応でした。

 「こないだ」とか「何年か前」の幅が広くなっているようです。σ(^^;;;


 んで、 Ark で HDD を購入。

  Server 用と謳われるものを選びました。 HGST の Deskstar でなく Ultrastar です。
  IBM だった頃から一番信用してますです。(^_^)

 2 TB のものを、デスクトップ用に2つ、 NAS 用に2つ。計4つ。だいぶいい値段になってしましたした。(^^;;;

 メーカーを選ばず一般用にすれば、それだけで2福沢6夏目くらい安く済んだのですけどね。写真データだけでなく、あれこれを紙で残さなくなってきているものですから。もし飛ぶとだいぶヤバイっす。(^^;)


 ということで、「面倒な換装作業が待っているな~。いつやろう?」など考えながら、寄り道をせずに帰宅。

 週末が終わってもうた~。(__;

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.28

日曜日(Nikon銀座編)

  


 わずかな散歩で足腰疲れてしまった土曜日の翌日。v(^^;

 レンズを1本、メンテナンス(分解清掃)で Nikon 銀座に持ち込むことと、秋葉原で 3.5 inch の内蔵用 HDD を購入することが、この日のお題。


 レンズは AF-S 24-85 mm F3.5-4.5G(IF)です。中玉に汚れが付着していること、土曜日の準備をした金曜晩に気づきました。

 ゴミのように見えるけど、もしかしたらカビ?と悪い予感も頭を過ぎる。(^^; カビだと打つ手なしです。どうしよう?
 思い悩んでいても仕方ないので、早々に銀座センターで確認してもらうことにしました。


 奥の簡易修理部で診てもらった結果は、ゴミの混入。

 よかった~と思ったものの、悪い話しのオマケ付き。(^^;;;

 カウンターでの受付時、ズームで繰り出す鏡筒がガタついていると指摘されまして、それも要修理レベルだとのこと。

 この状態だと周辺部が怪しいでしょう?とのことでしたが、元より歪曲がひどいし、性能イマイチ認定で細かく見ずにいました。(^^;
 さらには VR 付きの他レンズを使うことがほとんどで、お蔵入り状態でした。

 なんですけど、比較して小柄で軽量なことが、思いの外使いやすいことに気づいた今日この頃。
 日中の屋外であれば VR が無くてもなんとかなりますし。

 この軽量さは、D3 に着けたとき威力を発揮するんです。だから土曜日も D3 と組み合わせて持って出る気になりました。
 そらね、D3 は何を着けても重いけど、900 g を着けて出るより何倍もマシ。v(^^;

 よし、お金がかかっても修理するべ!

 と思ったら、部品の製造が終わっていて修理不能とのこと。なんだよなんだよ~。(;^◇^;)

 代替パーツ等、何か手がないか、奥の技術に診せてみるとのこと。

 で、待つこと数分、やはり打つ手なしとのことでした。(^^;) 中玉のゴミは、チャチャっとバラして、ちょいな!っと清掃してくれたとのこと。

 これから使おうと思っていた矢先に不具合状態であることがわかり、がっかりしつつ一階の展示で後継レンズを見比べる。
 うん、わずかに太く、レンズキャップ分くらい長い。で、50 g 重い。

 斜め向かいのルノワールで一服しつつ考える・・・

   

  Df 企画が控えているから、お手軽レンズまで手が回らないよな~E-M10 にもツーリング用(旅行用)レンズを加えたいし。

 もっとシャキッと写らぬ AF-S VR 24-120 mm F3.5-4.5G IF-ED を、 VR を切ってシャープネスをガン!と上げて使うか? ちょっと重いけど、 900 g よか何倍もマシだもんな・・・ でもな、この組み合わせで持って出なくなったんだよな・・・

 などなど考えて結論出ず、秋葉原へ向かう。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.26

御城界隈(長い)

 

 OM-D E-M10(相棒撮影)


 長時間労働が続いてだいぶヘバっていても、体をたくさん動かして疲れたわけではなく、ドン!と眠って一気に回復させるのが難しい。

 相棒がそんな状態。

 ぽてちはと言うと、やはり体を動かして疲れているのでなく、たぶんストレスが理由でヘバヘバ。で、当然、眠れない・回復できない。
 長い風邪ひきからの回復もなかなか捗らず、常態の寝不足感とあわせて、すっきりせず。

 二人とも、ちょっと体を動かした方がいいね

 ということで、カメラを持って散歩にでました。土曜日のこと。

E-M10   

 行った先は、江戸城本丸跡天守跡北の丸公園靖国神社の参道と遊就館、そして南門向かいあたりになる洋菓子屋です。


 最寄り駅までバスに乗り、地下鉄で3駅。大手町駅で地下鉄を降りて、大手門へ。

  E-M10


 江戸城趾(皇居東御苑)に入る。

Nikon D3   
 AF-S 24-85mm F3.5-4.5G  

  D3


 東御苑を南から北へ通り抜ける形で天守台、そして北桔橋門へと向かう。


同心番所,D3  

  


 いよいよ御城に入ってきた空気が漂う。


 D3,百人番所

  

 花の季節でもないですし、比較的静かな方だったと思います。


 ここはちょびっと複雑です。

 ぽてち父方の祖父は徳川御三家の領内出身。祖父が出たのは百姓の家ですが、姓と家紋は家老を歴代務めた氏族と同じ。
 よく言われたように維新後の創氏創名のときご領主様と同じものにしたといった土地柄とは考えにくく、何らかの関係はあったのでしょう。

 で、徳川が後の天下国家を思って歯を食いしばり、薩長に明け渡した城、千代田城。

  


 ちょびっと複雑。(笑)

 まぁね。最末期の徳川宗家を背負った勝海舟に言わせれば、御三家のくせに江戸征討軍が進発したら右往左往で、ちっとも役に立ちゃあしない。そう言われた藩の、何らかの薄い関係ですけどね。

 おまけに、徴兵に取られた母方の祖父は近衛連隊で皇居門衛をやっていたことがあるとか。明治政府系にも薄い縁があったりするわけで、複雑も何もありゃあしないのですが。(^^;)

 でも、寛永寺を焼いた大村益次郎の像を靖国で見ると、少しムッとする ぽてち。(爆)


 相棒曰く、長く謹慎していた最後の徳川将軍は後に赦免されて、融和の面会までしてるでしょ。おっしゃる通りだわさ。(^^;)


 閑話休題


 富士見櫓から、何もかもが跡形もなくなっている『表』エリアを通って北へ向かう。

 暑いくらいの日でした。歩いているとけっこう汗をかく。汗をかきかき歩いていたら、ほんのわずかな距離で疲れてしまいました。

 そんなところで、いいもの♪を見つけて休憩。

   

 ゆっくりと燻らせ、相棒が気を利かせて持ってきてくれたアイスコーヒーで長い休憩。

 休憩後は松の廊下跡を通って北上。『半ドン』の由来を発見。

  


 続けて珍しいものを目撃! マークが違うのね~ん。(^o^)

   

 ようやく天守台へ。

  


 これからあっちの方へ行くつもり。

  


 北桔門から本丸エリアを出る。

   

   


 ということで、次は北の丸公園。環境省の管轄エリアです。

   

 写真はありません。特に目立ったものがない、ただの公園ですから。比較すると、宮内庁管轄の東御苑およびその周辺はとてもよく清掃されているのねん。

 こちらは文化庁の管轄。

  

 ということで、北の丸エリアを出る。江戸城はこれにて終了。


 さて、えらい疲れたし、バスで帰ろう。ここまで来たら九段坂上の先にある洋菓子屋さんに行きたい。
 靖国神社本殿の裏に野ざらしで置いてある古い戦車や野砲や回天を見たことある?

 なんて会話から、靖国神社の参道へ。

 途中見つけたこれ。


 この昭和な空気は、絶対にねらって残している。(笑)

    

 小倉ようかんは『戦艦大和 小倉ようかん』なる商品名。

 子供の頃に駄菓子屋で買って遊んだ「メンコ」の絵が、こういう画風の絵でした。懐かしいな~。こういう絵、まだあったのですね。

 店の外観

  OM-D E-M10


 さて、すぐに靖国の中心部。

D3  

 むかし子供の頃に感じたことを今回も、参道に入ったときから感じました。ここの空気、好きじゃないな~、と。(^^;)

 あれこれをデカ~く物々しく作ってあって、荘厳に見せよう権威を感じさせよう、帝國陸海軍だ!といったノリを感じます。
 どうして、こころ清明に深く静かに戦没者を慰霊する空気に変えなかったかな~。

 まぁいい。(^^;)


 目当てのブツは、今は様が大変わり。大きい建物ができていて、内部展示になっていました。訊けば平成 14 年からだそうです。


 飛行機は所沢からもってきたものだそうです。昔あった小さな戦車や回天は、有料の常設展エリアに展示してあるそうな。
 800は高いので、辞して洋菓子屋へ。

   

 評判のよい店だそうで、相棒が焼き菓子を買っていました。

 たぶん、親父がまだ動けた頃に自転車で買いに行って、「ここのフルーツ ロールケーキが絶品に美味いんだ。食べてみろ!」と土産に持たせてくれた店だと思います。(当時ぽてちは松戸に住んでいた)

 フルーツ ロールケーキは止めちゃったと、そのすぐ後に言うていました。ケースを見ても、やっぱりありません。
 店員に訊くと、ぜんぜんわからぬ様子。「そんなもの、この店で扱ったことは・・・」

 おねーちゃんが小学生の頃だろうから、そら~知らないよね~。(笑)


 暑く感じて、だいぶバテても感じて、塩分が欲しかったらしい。

  

 これで ¥1,000- だったかな~。


 出発から帰宅まで4時間半。暑くて汗をかいて、自分たちにしては歩いた方で、心地よく疲れて布団にゴロリ。(笑)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.24

将来の野望

  


 野望・・・ それは世界征服。ではありません。

 車ネタ無く、バイクねたはもっと無く、意味不明の書き殴り記事が続くここですが、さらに唐突に。v(^^;)


 定年退職をしたら全国周遊ドライブに出ようと考えています。


 我が体力体調からして、その頃にバイクで連泊の長期間連続移動は、まず無理でしょう。(^^;)
 複数回に分けて出かけるつもりの周遊旅行のうち、一部近県はバイクを使っても、基本は車が現実だね~、と考えています。


 自分でハンドルを握ったことのない県は、北海道、秋田、九州全県、沖縄。ここは絶対として、走ったことのある他も、もう一度のんびり走って周りたい

 全何泊の行程になるか不明ですが、1回あたり 10 日間から2週間、場合によっては 20 日間くらいの旅を何度か繰り返す形で、ただ走って眺めて泊まり歩きたいな~、と。

 長生きはせぬであろう自分。退職したらグズグズせず、動けるうちにサクサクと出かけるべきでしょう。(^o^)
 その頃に体力と時間があまり残っていないことを、相棒に理解していてもらうことも必要ですね。

   


 で、そのときの車、どうしよう? 今から考えて楽しんでます。(^_^)


 大鳥居くんは動きが重々しくて、疲れてダメなはず。次の泊地への移動や自宅帰還を急ぐようになってしまうこと、間違いない。
 高速道路移動にはとても強い車ですが、それでは趣旨に合いません。

 今後に予定しているタイヤ幅とグレードを落とすことで、大変身する可能性はありますけどね。
 大変身したとしても、年数と走行距離からして、その頃までうちにいる可能性は高くないと思いますし。

 ポンコツおやじがポンコツ車で旅をする、ってのも悪くないとは思いますが。(笑)
 故障で頓挫すると面倒です。


 できたら、RX-8 のように操りやすく疲れずにスイスイ曲がって走って、 RX-8 みたくブレーキ強力かつコントローラブルなのがいい。でないと、走行のほとんどを占めるはずの田舎道・山道が苦になってしまう。
 田舎道・山道なら重心が低くサスペンションの動きしなやかで、ストローク量も大きいのが望ましい。

 アクセル操作に対する反応も、低燃費指向全開の「ダル」な設定はイヤ。かと言って、若者向けスポーツの唐突さもイヤ。
 どちらも疲れるから、ポンコツおやじの長期間・長距離に向きません。

 あれこれが、体力がある人と同じにいかないところです。できるだけ楽ちんな車でないとならんです。

 楽ちんと言うても、国産高額車のほとんどはシートが合わず体を傷めて楽ちんどころじゃなく、ボディが良くても詰め・仕上げの部分の設定が疲れを呼ぶ。何よりも、車体が大き過ぎ。
 大き過ぎれば立ち寄りや細道を億劫に感じて先を急いでしまい、逆に小さいのは短距離向けのチャチな作りで意のままに走らず疲弊して、シートも体を傷める。

 その他あれこれの要件を考えていくと、なかなか難解。いま現在の車選びと同じで、「これだ!」が簡単ではありません。
 ミッションは、デキ次第で AT もいいかな~とか、日よったことを考えていますが。

  


 いま現在の車だったら、ロードスターGOLF GTI120i に絞られるのかな。


 ロードスターは、体力からして難しいようにも思えます。2,3年乗って体が慣れて、車に緩さが生じてきた頃なら大丈夫かな?
 でも、車内仮眠できないのは、だいぶ厳しい気がする。雨天でドアを開閉する度に水が落ちてくるのも、冬季は風邪ひきの元になりそう。
 クローズにすると乗り降りに一呼吸を要するのも、趣旨に合わないかな?

   

 120i が順当に思えてくるけど、メバチくんの故障率からして、長期間・長距離は出先での不安が隠せないように思えます。
 戻ってきているときも、修理が出発に間に合わない!とか、あって不思議じゃない。

 そんな懸念が無ければ、最有力候補かも。

 高い車ですけどね。周遊を終えたらサッと売っぱらって、手間と費用がかからぬ車に替えるのも手じゃないかな。

 ちなみに、メバチくん以下同様のことがラテン系の車にも懸念されて、趣旨に合いそうでも候補に挙がってこなかったりします。


 であ、 GOLF GTI

 乗ったことないけど、タイヤ太いから重々しいかな? 高いし、やはり Highline が鉄板? でも出力が山道でどうだろう? とかとか。

 故障についても、メバチくん実家の子たち同様にアタリ・ハズレがあるような印象で、やはり懸念があったりするです。


 なんて考えていても、まだまだ先のこと。

 現行モデルはモデルチェンジして、だいぶ変わっているはず。そして素人には先を見通せぬ複雑な時代です。
 その頃の社会・経済の状況次第では周遊旅行そのものが難しいことだってあるだろうし、自分の財布や体調だってどうなっているかわかりません。


 ま、検討そのものが楽しみの一つ、ということで。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.05.22

雷雨

  


 雷雨が通過しました。

 今の季節、これくらいの気温と湿度であれば、稲が育つ季節の到来を感じて好きです。

 蒸し蒸しよりは ひんやりと感じる6月初旬まで、ひと月間くらいのことですが、緑の多い地域で遭遇する雨が、けっこう好き♪


 蕃書調所って、こんなところで始まったのですね。



 知らなんだ~。


 たしか勝海舟も所属したところだった覚えが・・・

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.21

日清『ラ王』


 日清どん兵衛 生そば食感 鰹の旨みつゆに続けて、ラ王 冷やし中華 ごまだれ』、 しょうゆだれを気に入りまして。

 30をポチ♪りました。合計 90。v(^^;)


 スーパーの店頭でがっぷり四つに組んで押し合って見えるのは、まるちゃん正麺と、日清ラ王。ちぢれない麺の製法特許で争っていたのは、この2つだっけか?

 店頭在庫で優勢に見えるのは まるちゃん『正麺』です。『ラ王』が置いてなくても『正麺』は置いてある、そういう店が多い印象。

 ぽてちは、味噌味はラ王推し。

 まず麺が勝って感じて、スープもパンチ☆があって本格風に感じます。

 とんこつ味は正麺推し。

 『ラ王』の とんこつは、ぽてちはアウトでした。スープが本格風すぎて、匂いがダメなんです。麺は、細麺のプツプツ感がはっきりしていて伸びにくい『ラ王』の方がいいのだけど。
 まるちゃん『正麺』にも少々感じる とんこつの臭さが、『ラ王』はだいぶ強いんですね。これがダメで。(^^;;;

 『ラ王』は本格風な分だけ、素人の ぽてちには難しかった、と。(笑)


 『ラ王冷やし中華を試してみて、これはアタリ♪ ごまだれしょうゆだれ、ともに気に入りました。
 水で洗って冷水でシメる手間はありますが、だいぶ良いです。v(^_^)


   

 茹で時間を短めにして、ちゃんとした具材を用意すれば、袋入り生麺の冷やし中華負けないはずです。


 味噌、とんこつ、冷やし中華それぞれの印象から推し量ると、しょうゆ味も『ラ王』が良いのではないか?と思います。こんど試してみましょう。


 えっ?、東京者なのに しょうゆ味をまだ食べていないのか? うん。(^^;


 しょうゆラーメンは、子供の頃に食べ過ぎて、飽きて『美味しくないもの』になっちゃっているのかもしれません。
 もしかすると、美味しく感じる しょうゆラーメンに巡り会うことがまずなくて、「美味しくないから・・・」と、半無意識で避けているのかも。

 相棒曰く、煮物等で醤油や出汁の鰹削り節の質・量を黙って落とすと、ナチュラルに手が伸びなくなってナチュラルに食べ残して、本人は残したことを気づいていないとか。σ(^^;;;

 「美味しくなかった?」と問うと、「いや、べつに」くらいの返答だとか。うん、そういう事が時々あるな。(爆)
 問い詰められると出てくる言葉は、語彙貧困に「パンチが足らないかな」だけ。(^o^;)

 「どうせわからないんだから」作戦が通じず、腹が立つそうな。(笑)

 作戦でなく単なる失敗も、ナチュラルに食べ残すから、失敗を明示されるようで腹が立つそうです。(^^;;;

 「どうしてそうなるかな?」と問われても、醤油と鰹の方は「まぁ、東京者だから・・・」としか答えられませんです。f(^^;


 しょうゆラーメンでも、同じようなことが発生しているのかもしれません。内外食を問わず、ナチュラルに避けている可能性がある様にも思えます。(^^;)


 でも、『ラ王』ならチャレンジする価値があるかも~ と思うた。


 とは、『どん兵衛 生そば食感 鰹の旨みつゆ』が妥協の範囲内だから。

 茹ですぎなければ、確かに生そば食感があって食べやすく、カップ麺より伸びにくくて食べやすく、つゆは甘過ぎなんだけど我慢の範囲です。

 しょうゆベースの つゆでこうならば、『ラ王』も期待してよい? と。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.17

仰天

  


 急失速だ、大赤字だ、展望が見えないだ。とは経済誌。その観測や論調と逆を行く意見になってしまう ぽてち。(^_^;)


 で、だ。凄いですね~。

 何が?というと・・・

 SONY は極小サイズ高音質音楽再生機と今は亡き CRT ディスプレイを除いて、他はまったく眼中に無くて、商品情報をほぼまるっきりスルーな奴です。σ(^^;)

 が、たまたま目に留まった記事を読んでビックリしました。

 α7S というフルサイズ機が、2,430 万画素から 1,220 万画素へ画素数を減らしてきたという話しじゃないですか。
 これはもうビックリ。しばらく「あぅあぅ(^O^;)」してしまいましたです。

   

 センサーを売らんが為の真似事に見えていた SONY が、なんと、カメラ屋になる扉をノックしてきたか!!! と。


 コンパクト機の RX100 III では望遠域を II の 100 mm から 70 mm に抑えてきたとの報もあるし、どうしちゃったのでしょうね。(笑)

 「これからの売れ筋」を読んでそうしてきただけなのかもしれません。

 だけど、ちょっと期待しちゃいますですよ。(^O^)

 


 操作性。


 独自の呪縛から脱却できるのだろうか。今後を見守りたいと思う。その前にまず、出たら店頭で実機を触ってみよう。(^_^)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮流の変化

  


 経営者が交代して、毛色がすこ~し違う企画高額モノを出したり、要望があればオマケの増量に応じるようしたり、試行錯誤をしてるそうな。

 で、ぽてちは思うのでした。

 収益の大きな増大は、今の経済・社会環境で今の路線だとあり得ない。だから策動はポーズだけにしとけ~。
 無理をすると、ワタミやゼンショーみたくなるぞ~。

 と。

 一世を風靡した「一つ 100 円」で、仕入れも製造もオペレーションも、客が抱くイメージや実体験に基づく認知も、 100 円に合わせて完成しちゃっているのだもの。
 実際、高額モノを口にしても 100 円の風味・食味が広がりますし、店は落ち着かせぬ作りだし。


 変化した潮流の下で無理に成長を狙わず、「一つ 100 円」で飽きさせぬ策を考えなが維持を図るのが現実策でしょう。
 経済誌が記事ネタにして騒ぐほど困窮しているわけでなく、儲かっているのですから。

 下策で値上げを謀るのは、「見切られ」への幹線道路だと思う。もう、 100 円の店で、 100 円の商品なんです。
 多少のズレ(値上げ)は許されても、基本は 100 円のもの。トッピングにどこまでの値付けを許されるか?の状況にあると見ています。


 悪いことではなくて、他社にはそうそう真似できぬ圧倒的な低価格実現力じゃないですか。繰り返す潮流下で、もて囃されたりそうでなかったりするだけです。
 非正規雇用者への教育力や管理力も、なかなか、今日や昨日にこね上げたものじゃない完成した力量を感じる。

 なのに、どうしても転換を図りたいなら。

   

 仕入れも製造もオペレーションも、店の作りも、全部を変える大投資をするのが現実策でしょう。業態替えをするような勢いで。

 これは商品と客層の総入れ替えによる客単価アップ策で、ビジネスモデルそのものを変えることになる。イメージや認知も一から作り直す事になりますね。
 が、新しい経営者の最初の表明で「子連れが入りやすい」云々とあったから、無い線でしょうね。

 となると、今の状況変わらず良くて維持、もしくは徐々に縮小して、どこかで下げ止める。そう推測しています。


 いいんじゃね?


 いつでも常に急成長なんて、あり得ないもの。それを追うのは、ネズミ講みたいなものだわさ。
 急成長期待の投資対象から、社会の実ニーズに裏打ちされた安定経営を期待される、違った投資の対象に切り替わっていくですよ。

 実際、ニーズはあるんですよね。それも強く。

 昨年の初秋のこと、茨城の石毛で他によい手が無く仕方なしに入ってみたら、子連れ客が絶えずに入り続けていて大賑わいを見せていました。喧しい喧しい。(笑)

 ぽてち的には微笑ましい光景であっても「あり得ないな~」な姿だけど、相棒はしきりと肩を持っていました。

 強いニーズはある。だけど低価格指向も強い層。

 さあ、5年後にどうなってるかな。畑違いなおっさんの観察と推測です。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.16

「失速」報の今、 micro 4/3 推し

  


 デジカメ全般、売れ行きにいっときの勢いがぜんぜん無くて、コンパクト機はもうガタガタ。ミラーレス機(実質的に micro 4/3 を指すのでしょう)も急失速中であるとの報を、何度か目にしました。


 ぽてちは、良いと思うんだけどな~。> micro 4/3


 だ~いぶ進歩して、だ~いぶ良くなったと思うんですよね。

 画質性能、 AF や EVF 等のハード性能、大きさ重さなどなど、趣味が病のレベルな人や先物買い志向な人でなくても、普通に買ってよい状況になってきたと思うんです。

 OM-D E-M10 も、LUMIX GM も、キットのパンケーキ標準ズームと組み合わせて、これなら買ってよいでしょ♪と思うですよ。(^_^)

 だから思い切って Nikon 1 から乗換えました。> E-M10

 Nikon 1 V2 比較で、動画並みの超高速連写が無くて微妙に(約 40 g )重いけど、AF の速度は変わらなく感じるし、操作性も機能も反応速度もそして画質も、はっきりと勝って感じるです。
 ( V3 なら画質以外は似たようなものだと推察)


 micro 4/3 は買い頃を迎えたのじゃないか?と。(^_^)


   

 一般な人々のうち流行に敏感な人が『女子カメ』等のキャンペーンで初期の Pen や Pen Lite を買ったのは、ちょっと早かったような気がしなくもない。
 低価格を優先した、センサー小さく演算性能も低いコンデジを大量売りして、撮れた結果を見切られてコンデジ総崩れになったのは、メーカーの自業自得だと思う。

 でも、今、初値がそれなりの値段で望遠域を欲張っていないコンパクト機(例えばこのシリーズとか)なら、ヒット率そこそこあるですよ。(センサーは 2/3 型以上にすべきだと思いますが)
 ヒット率を上げるために、カメラ内調整機能を持たせれば、一般な人にもだいぶイケルんじゃないかと思うです。(露出とホワイトバランスの調整を、Jpeg からも)

 コンパクト機でもそんな状況になってきたと思うくらいですから、 micro 4/3 ならなおのこと。
 「これだけ小さくて済んで、でもちゃんと写真が撮れる」になってきたと思うです。

 かつての昔に書いていた、 APS-C 機に迫る画質性能と APS-C 機に匹敵する操作性を APS-C 機じゃあり得ぬ小ささで実現することが 4/3 の進むべき道だとの意見が、モノになって登場してきた印象。
(「迫る」であって同等ではないですけどね。その分、小さくて軽いのだもの!)

 LUMIX GM 標準ズームキットも、その典型だと思う。


 ということで、モノに視点を当てて考えると、 micro 4/3 は失速でなく上昇に転じていいと思います。d(^o^)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.12

また失敗の週末

  


 土曜日は、上総松丘で本格ピザの昼食後に BikeJin 春祭りを覗いた。寝坊と発熱明けで、足は

    

  


 日曜日は、写真の現像・整理と net news 徘徊の引きこもり


 この週末はこれが限界線だったようです。v(^^;)

 土曜は、袖ヶ浦フォレストレースウェイに着く頃にしんどくなってきて、帰路につこうという頃にはバテ感たっぷり。
 日曜も寝坊で、出かける気まったくなし。昼ご飯を買いに出ることすらせず煎餅を食べていました。
 そして月曜日、起きたときから眠くてしんどくてなりません。

 金曜の晩には熱があったのに、睡眠補充の一日寝をしなかったのも、3晩連続で寝るのがついつい遅くなったのも、失敗です。

 また大はずしをしてしまったな~。懲りない奴ですわ。f(^^;)


 そんな週末でしたが、ピザはンマかった♪

   

  おたまじゃくし~


 『村のピザ屋カンパーニャ』は、口コミが広まって混むようになってしまったため、長いこと寄らずにいました。お初は CB1300 SB だったはずで、5年くらい前かな?
 今回は、多少の待ちなら良かろう、と。だけど行ってみたら駐車場も席も増えていて、待たずに座ることができました。

   


 生地がンマイ♪んです、ここ。


 以前の店主の blog 記事によると、客がよく塩辛いと言うけどピザは本来そういうもの。ワインとともに食べるスタイルを楽しんでほしい、とな。
 確かに、ぽてちをして塩味をはっきりと感じる。ということは強め。

 でもそれがいい。ワインは飲みませんが、生地を楽しむことができます。


 のっている具材では、やはり野菜類とハムが美味しいです。チーズは淡白な方で、ぽてち的にはもう少し風味が強くてもいい。
 いすみのチーズ工房のチーズに感じた、軽くてなめらかな印象と同じかな。


 特筆するパンチがあるものを求める人には。ミックスや、ベーコンとキノコのような、ハムがのるものを勧めます。


 で、たらふく食ってしまいました。(^O^;)


 食後は近くの袖ヶ浦フォレストレースウェイへ。 BikeJin 春祭りが目当てです。

   

 足を車にしてしまいましたから、装備が無くて試乗はできません。体調が良くてバイクで行けていたら、水冷 R1200 RT と TRIUNPH トロフィー SE に乗りたいと思うていました。

 水冷 RT はディーラーで乗ることも可能ですが、できたらタンデムで乗ってみたいのと、何年も先の乗換えなのに試乗して営業氏に期待させちゃ申し訳ないのと。

 出店ブースを覗き込みながらプラプラするだけのつもりで会場に赴きました。
 で、その通りにして早々に退散

   


 ひとつの雑誌があれだけの数の出店やメーカーを集めること、大変だろうな~と思います。
 F1 村ならぬ、バイク村。そんなノリがあるのかな?


 帰りは小櫃の『味来囲』に寄って野菜類の買い物。ぽてちはバテて、途中から店外のベンチに座っていました。(^^;;;

  5月じゃ~♪


 その後アクアライン通行止めの情報を見て、木更津 SENDO に寄る計画をパス。渋滞が短いうちに、と京葉道ルートで帰路に着きました。 16 時のこと。
 どうやら、FM VICS も JARTIC も情報が遅かったようです。館山道を走りつつハイウェイラジオを聞いてみると、上り線は解除されてトータル 4 km の渋滞だけだったらしい。

 蘇我のチョイ先から松ヶ丘まで渋滞して、湾岸線ルートを採ったら福住までスムーズに流れました。
 福住から先は「お約束」ですから、福住で下りたのは予定通り。給油して 18 時前に帰宅。全体としては交通量がだいぶ少ない日だったようです。

 そんなことで、土曜日が終わる。


 日曜日は書いた通りです。昼に起きて、ぐだぐだしていて終わり。せめて寝ればよかったのですが。(^^;)

 晩ご飯が相棒作のご馳走だったことと、食後に抹茶ジェラートを食べたことが目立って良いでき事だったなり。(笑)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.08

micro 4/3 レンズ野望ロードマップ

 結論は、つまらんです。きっと。(笑)

  


 さて、 Nikon 1 V2 をそうしていたように、 OM-D E-M10 も携行性を優先したいとき持って出るカメラとして使うつもりでいます。

 秋葉原へ買い物や偵察に行く。池袋や銀座に買い物に行く。オフ会(食事会等)に行く。そんなとき。
 もちろん、ツーリングやドライブに行くときも、メインのカメラになります。

   

 先日の花見ドライブみたく撮影そのものも目的のうちで、バイクや車を足にして出かける。そんな状況でなければ、一眼レフは暈ばって邪魔で重く、載せていってもなかなか持って降りませんから。f(^^;)
 バイクで泊まりがあると荷物がスペースを圧迫するので、なおのこと小さい方がいい。


 小さいのに画質と操作性まずまずの小型ミラーレス機が世の中になければ、一眼レフを持ちますけどね。世にあれば「それを」となる。

 ぽてちはエンジンだけでなくカメラも病のレベル(笑)の趣味らしく、音響・映像機器や無線機のように「ま、いっか。そのうちね・・・」となりにくいんですね。f(^^;;;

  


 とは言え、レンズの沼にははまらずにいると思う。 v(`・ω・´)

 小型の防湿庫はあります。が、いつの間にか何本も生えてきていて一杯いっぱい、ということはありません。v(^^;)
 防湿庫の数が増えているわけでもないです。念のため。(笑)

 我が使い方に鑑みて欲しいと思うレンズや「これは使ってみたい!」と思うレンズが出ていない、そうそう出てこない。なんて理由もあったりしますが。

 ・・・ありがたいことです。(笑)

   


 我が使い方に鑑みて、高倍率の標準ズームはいずれ導入する予定。換算 100 mm ちょい先までは、常用する焦点距離なもので。
 財布からしてまだ先のことになるんですけどね。

  

 壁、天井、扉の微妙な凹凸や陰影がちゃんと表現できてるな~と。


 「大いに興味あり」なレンズで、 12 - 40 mm F2.8 PRO なんてのがあります。でも、E-M10 を実際に使ってみて思うた。
 あの大きさ重さは E-M10 の長所をスポイルするな、と。

 たしかに、 F2.8 の画質優先レンズを「たったこれだけ!」の大きさ重さで使えるメリットは大きいと思う。
 D3 + 24 - 70 mm F2.8 の大きさ重さと比べたら、同じ機能を発揮する物体とは思えぬほど小さくて軽いですもの。

 ただね~、自分の使い方を鑑みれば、D3 + 24 - 70 mm F2.8 を持って出るべきなんです。
 ということで、 12 - 40 mm F2.8 はパス!かな?と考え直し中。

   


 さらに、小さい割には写りが良いと評判がいい、松下の 20 mm F1.7 II も、すっきり小さく持ち歩くとき良いかな~と思っていた。だけど、これもキットの小型ズームで十分か?と考え直し中。
 キットの小型ズームは、肉薄する小ささなんですよね。 14-42mm F3.5-5.6 EZ です。

 さらには、E-M10 の設定に、い~機能あり!

 電源を切ったときのズーム位置を覚えていて、再起動時に再現してくれる機能があるんです。
 ズームリングを触らなければ、単焦点的に使えるんですね~。d(^_^)

 GR-DigitalDP* の気分で単焦点振り回しな楽しみは、設定ひとつで賄えてしまうですよ。
 十分にパンケーキな大きさですから。

 絶対的な光学性能と開放 F 値については、さすがに「同じ同じ~(^o^)」といきませんけどね。開けたときのボケ味も全然違うはず。
 でも、これは「我が使い方に鑑みて」の頻度に入らないから、買うほどではないかな?と。

   


 ということで、 micro 4/3 レンズの野望ロードマップは、ツーリングや撮影遊びの余裕ない旅行用の高倍率標準ズーム1本だけ。d(^o^)

 で済む・・・ といいな。(火暴)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.07

OM-1(1973年)への憧れ

 

最後の1枚以外の写真は借り物です 

  


 OLYMPUSOM-1 は、1973 年の登場だそうです。

 どうしてなのか、理由を覚えていないのですけどね。 OM-1 に強く強く惹かれていた記憶がある。
 小学校中学年から中学生の頃のことです。

  

   


 Nikomat EL でも中学に入る頃に発売された OM-2 でも 後に友人が買った Pentax K2 でもなく、ずっと OM-1 がいいな~と。

  EL

OM-2   

  K2


 実際に使ったことが無くて、 OM-2 や K2 に採用された絞り優先オートの有り難みがわからなかったのかな~。

  

K2   


 ぽてちがカメラに興味を持った小学校中学年の当時、一眼レフカメラがブームだったらしい。そして一眼レフカメラはたいへん高価なものだったようです。
 だから自分が一眼レフを手にする現実感はまったく無くて、中2の頃にフィルム・印画紙・現像液等を新宿まで買いに行っていたときも、カメラコーナーはスルーでした。

 雑誌を買うお金も無いし、何の情報もなかったと思う。

 小学3年4年のときお世話になった担任の先生がお兄さんとお揃いで買ったのが OM-1 だったように思うんですね。
 その影響かな~。それとも、違う人が OM-1 を使っていてよく見たのかな~。

 OM-1 の小ささと凝縮感が魅力的に見えたのは覚えています。バヨネット式マウントがカッコよかったことも。


 あれから 40 年。OMと銘打たれたカメラを、初めて手にすることになりました。


 当然 OLYMPUS は狙ってそうしているのですが、クラシカルな「一眼レフらしさ」と現代的なデザインを融合させた姿は、狙われた通りにツボだったりする。(笑)
  E-M1 や E-M5 よりも、 E-M10 の方が記憶にある「一眼レフらしさ」を持っているように感じます。バランス?

 色はもちろん、シルバー モデルに決まってます。(笑)

 見ているだけで嬉しくなるデザインと言えるかな。(^_^)
 モードダイヤルが黒地に白文字であるあたりも、けっこう何かを突いてきていること、さっき気づきました。


 続いて E-M10 の大きさ。と言うか、小ささ。「 OM 」だな~と思うところです。

 この小ささと凝縮感は、 OM-1 や OM-2 に感じたものと同じ。実際は OM-1 や OM-2 よりさらに小さいはず。
 「小さいけどカッコよろしいがな・・・」という CM があったけど、同じ同じ。(^o^)

 ということで、大きさが目的に合致して、デザインはツボ♪ (^o^)

 プライベートの外出でよく持ち歩く VANGUARD のショルダーバッグ The Heralder 28 に他の荷物といっしょにヒョイ放り込むと、 Nikon DX 機はいっぱいいっぱいになるけど、 OM-D E-M10 だと余裕があってとてもよろし。d(^_^)


 マイナス点として感じるのは、ずっしり重く感じること。

 標準ズームをつけた状態で、Nikon 1 V2452 g に対して E-M10489 g と、約 40 g 重い。いずれ導入する予定の高倍率標準ズームをつけると、 V2 の 635 g に対して 656 g で、約 20 g の増

 背面液晶が動くことで、 V2 より重くなっているのかしらん。 OM-D の末弟とのことで、使う金属材料にコスト制約がつおいのかしらん。

 現状の標準ズームで 40 g の違いは頭で大差なく思うのですが、小さい分だけ、ずっしりと感じるようです。
 まぁ、店頭で矯めつ眇めつしたときに気づいていたことです。大きなマイナス点とは思わず選択しました。


 使ってみていて再認識したこと。

 ズームリングを動かす向きが Nikon と逆なのが、やはり混乱する。

 露出補正や絞り値を変えるダイヤルの回転方向は設定で選べるので問題なし。ズームリングは変えようがなく、咄嗟に混乱します。
 あとはキットの小型ズームが電動であること。やはり咄嗟の操作で歯がゆいことになりやすい。

 これらは使い込んで慣れるしかないですね。


 その他の設定項目に不足はありません。

  EVF や LCD のフォーカスポイントを、設定したボタンひとつで拡大表示させられるのは便利。
  AF で合焦した後、半押しのままフォーカスリングを触ると MF に移行するとともに拡大してピーキング表示になるのも便利そう。

 行った各種の設定を複数セット、記憶させられるのは今どき当然として( V2 も J3 も無かった)、モードダイヤルの『 iAuto 』と『 ART 』に割り当てて呼び出せることは、嬉しい発見でした。
 これを知るまでは、呼び出しがスムーズでないな~と思っていたです。いや、よかった♪


 現在のボタン設定だと、 AF の方式やエリアサイズの変更を一発で呼び出せずにいるのが課題かな。やはり咄嗟のシーンで大きくもたつく。

 そこまで求めちゃいけない小ささですね。ボディサイズと値段を考えたら、「全部盛り」に近い機能の盛り込みは凄いな~と思うです。


 で、 OM だぁ~♪\(^O^)/

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014.05.06

FUJIFILM X-T1 の魅惑

  


 FUJIFILM X-T1 に、だいぶ惹かれているのですけどね。当初目的の通りに、 OLYMPUS OM-D E-M10 にしました。v(^_^)


 X-T1 の画質、操作性、ともに問題なく『ピンキリ』の『ピン』に光って見えるけど、やっぱり大き過ぎでした。
 「画質、操作性、ともに良すぎた」とも言えます。f(^^;


 大き過ぎと言うてもメインのカメラと捉えれば、レンズの大きさを込みにして Nikon DX 機と比べたら、十分に小さいと思うです。
 今現在の時点で、画質と大きさの理想的なバランス点にあると思いますですよ。


     
モノクロは都交通局からの借物  


 APS-Cは、どのメーカーでも、コンデジとは比べものにならぬ画質性能を持っていると思います。

 中でも FUJIFILM X-Jpeg は、飛び抜けて秀でた絵作りがあると思う。

 そして過去の規格にとらわれずに済むからでしょう。秀でた光学性能を持つレンズが(対 Nikkor レンズ比で)驚くほどコンパクトにまとまっています。


 フルサイズ機が本命の Nikkor は APS-C 用レンズに光学性能優先のものがとても少なくて、光学性能を重んじた(フルサイズ用)レンズを FUJIFILM X レンズの立ち位置から逆に見れば、異様に大きく重く感じてしまうものばかりなんですね。

 さらには、撮像面との距離が必要なのか、コンパクトにまとめようとしたレンズでもボッコリと大きく飛び出た装着姿になっている。

 余談ですが、このこと、 D300 の後継機が出ても買う決断が容易でないと思う理由のひとつです。


 今からレンズ交換式一眼カメラシステムを導入するならば、 X-T1X レンズ、決まりだと思いますです。
 ぽてち自身もそうするだろうし、我が意見を取り入れてくれる気のある問いにも、そう答えるでしょう。

   

 FUJI X- はそれだけ優れていると思うからこそ、ぽてちは逆に導入しにくいんですね~。

 一言でいえば、 F マウントのカメラに取って代わってメインになってしまうから。(^^;;;

 D40 を筆頭とする DX 機はともかく、 D3 の登場頻度が一層少なくなってしまうこと、間違いありません。(^^;
 そしてそういう事態は X レンズを増やしていく出費を招き、これまでの F マウントレンズへの投資価値を大いに下げていってしまう

 ぽてちにとって、X-T1 は、ひじょーに危険な物体なんですね。(笑)



 もっとも、 Nikon 1 V2 に代わる携行機にはなり難い大きさではあって、ここが辛うじて自制をできた要因だったりします。(^o^;)

 「使いたい」の色気よりも合目的性で選択できたなんて、大人だ~。(゚゜)☆\バキ


 んなところで、 X-T1 への未練の巻き、終了。(笑)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.05

リカバリー進む

  XF1


 OM-D E-M10 のテストを兼ねた散歩に出ようとして、玄関を出ると。

   

 階段を下りていくと。

   

 駐車場に出てみると。

   


 ご飯の提供を待っているのだろうけど、別階は泊まりでどこかへ出かけているらしく、いない。
 ぽてちは、居つかせてしまうご飯の提供に反対だから、提供しないのだ。(^^;)

 もう居ついているけど。(爆)

 車の塗装に爪傷をつけたり(大鳥居くんは、すでに惨状)、車やバイクや階段周りをション臭くする(大鳥居くんもメバチくんも階段周りも、すでに惨状)元を招くのは、駐車場や部屋を他人に貸す おうちがすることじゃないのだ。d(^^;)

 気の毒だけど、追い払わないことで満足してくれなもし~。


 カリカリに鰹節の粉をかけないと食べないくらい、余所でご飯をもらって艶々している奴らだで、気の毒じゃないのですけどね。(笑)


 さて、現金を除く財布の中身リカバリーのこと。

 クレジットカード A 、クレジットカード B 、キャッシュカード A 、届く。

 ヨドバシの point カードも再交付完了。

 ガソリンのプリペイドカードも、新たに作成完了。v(T_T)


 あとは、アホな展開になったキャッシュカード B と JAF の会員証。


 キャッシュカード B は放置が決定なんだけど、 JAF の会員証も郵便局の振り込み限定とのことで、先行きけっこう怪しいかな~。(^^;

 昼休みに出られれば郵便局に行けないこともないのですが、昼休みがあって無いような会社なものですから。(^^;;;

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小型カメラをドナドナして交代

  Nikon D40


 Nikon 1 V2 レンズキット
 Nikon 1 J3 レンズキット
 Nikon 1 用 レンズ
 Nikon 1 用 マウント アダプター
 OLYMPUS Stylus 1

 をサクッとドナドナして、バッグにヒョイ放り込んで持って出られる携行性重視のカメラを入れ替えました。


 Nikon 1 V2 の反応速度や操作性と描画にイライラが募っていた。 Nikon 1 J3 の描画にも厳しいものを感じていた。(うちの J3 が不具合品であったか、または J3 の描画は市場に出せるレベルに達してなかったのだと思う)

 そして Nikon 1 V3 のサンプル画像を見て、アプティナ製センサーを採用して超高速連写を追う Nikon 1 の路線が、たいへん残念ながら、希望に沿わないことを認めざるを得なかった。

 加えて Nikon Capture NX2 の断絶発表と NX-D ベータ版の使えなさに愕然とし、携行性優先機を Nikon にこだわる意味が無くなった。
 さらには、 adobe Photoshop Lightroom にも使い馴染みが出てきた。


 なんて理由だけで買い換える候補がなければ踏み切れないのだけど、なんと、候補が登場してしまったのですね。v(^o^;)


 OLYMPUS OM-D E-M10


 そらぁね、 100 % は、あるものじゃないです。

 現品確認やら店頭でのテスト撮影やら、調べていくと希望にピッタリでない部分は、諸々ありました。
 だけど Nikon 1 V2V3 より我が希望にグッと沿っていた。


 ということでマップ某に赴きまして、下取り見積もりの依頼。

Fujifilm XF1   


 昼前には暑さを感じる日でした。見積もり中にルノワールで休みながら野望ロードマップの検討をば、行う。(笑)

Nikon D40   

 出た見積額は web 見積もりと同じでした。減点なし。

  Fujifilm XF1

 OLYMPUS Stylus 1 もドナドナしてしまっています。その理由、やっぱりそこ。 1/1.7 型センサーの画質です。f(^_^;)

 相棒には FUJIFILM XF1OM-D E-M10 のどちらかを、そのときの都合の良い方を使ってもらうつもり。
 買い取りを断られた Nikon Coolpix P7100 も、使ってもらってよし。要らんらしいけど。


 で、ちょっとプラスして、入替え。


Nikon D40


 没頭して、設定がだいたい煮詰まってきました。翌4日にはテストを兼ねた散歩に持ち出してみた。
 対象が対象だったため、同時に持っていった一眼レフ+望遠ズームの枚数の方が多かったですけど。(^^;)

OM-D E-M10   


 だいぶちっこいのにレンズ交換一眼カメラそのものだから、ボタン・ダイヤルが多くてスペース密度がだいぶ高いこと、改めて感じます。

 おっきな手でサクサク操作するには慣れが必要のようです。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014.05.01

リカバリー

  


 財布は相棒が火曜日に同じものを買ってきてくれた。
 バイク外出用の財布も、今日買ってきてくれた。

 入館証、月曜日にその場で再交付。今日、店長が来て嫌みを言っていった
 福利会員証、月曜日に再交付申請書を渡したが、2ヶ月くらいかかるそうな

 免許証、無理に無理を重ねて再交付に行った

 クレジットカード A 、届くの待ち
 クレジットカード B 、届くの待ち

 キャッシュカード A 、届くの待ち  電話で申請可とは、やるな大手都市銀

 キャッシュカード B 、放置が決定

 こいつがアホな展開。せっかく無理して行ったのに、「昨日発送した(まだ届いていない)『照会状』も持ってこなきゃ手続きしてやらない」とは、イミフメイ。(^_^;)
 電話したの土曜日なんだから、月曜日には発送できるべ~。信金なんとかセンター → 某信金本店 → 支店 と流れるのに時間かかって、発送が火曜日になったのでしょう。

   

 ヨドバシ ポイントカード、土曜か日曜日に行って再交付してもらうべ
 バイク用品店ポイントカード、どうせ 0 point だし。(^^;)

 ガソリンのプリペイドカード、打つ手なし

 診察券2枚、次に行ったとき再交付してもらうべ

 JAF 会員証、・・・あ、電話しなきゃ


 んなとこ~。寝るだ。ヽ(゚▽゚)ノ

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »