« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014.04.30

お泊まりツー後半の『ブツ』偵察

  抜け駆けではない


 今回のツーリングはネタが盛りだくさん。過去何度かのツーリングで得た知見や web で得た情報を、時間計算しながら盛り込みました。

 ・富士川 SA からの眺め
 ・由比漁港、浜のかきあげ屋で桜エビ丼や かき揚げの食事(初)
 ・薩垂峠の眺め(初)
 ・川根茶の購入と、大井川鉄道の駅舎見物
 ・大井川鉄道が走る姿を撮影(断念)
 ・蓬莱橋と、広い広い大井川の眺め
 ・牧之原台地の茶畑景色
 ・御前崎に向かうバイパス快走路と、巨大風車等その景色
 ・御前崎の『みはる』で食事

 「財布を海ポチャ(;^◇^;)」の時間ロスで大井川鉄道の撮影をカットしていますが、他はこなしました。v(^o^)
 川根本町でなく川根地区の入り口でお茶を買ったのは、盛りだくさん故の時間短縮。川根地区に入り込めば十分に本物を買えるでしょうと、そこは当初からの計画でした。

 初日の走行 307.4 kmバイクで、高速道路だけでなく一般道もそこそこ走ってこの距離は、自分的には長大な距離です。
 半年も乗り込んでいなかった影響でしょうね。足腰尻だけでなく手のひらまでが疲れて筋肉痛を起こし、さらには夜になって足が盛大に攣るオマケつき。充実度がハンパなし。(笑)


 さて、2日目。 27 日、日曜日のこと。

 (希望的)予定より 30 分遅れで起きて、朝食へ。

 起きてからもグズグズがお約束の ぽてちですが、さすがに渋滞が気になります。慣れぬバイクで長い渋滞は、ひじょーに辛い。(^^;;;
 ある程度の出発準備をして、ほどなく1階へ。

 朝食バイキングが大好評との売り文句でした。うん、¥4,500- でこれならヨイ方でしょう。

また食べ過ぎ(爆)   

 売り文句通り、パンが良かったです。おかげでガッカリせずに済んだ。トースターがあったらパンの良さを引き立たせられるのにな~とも思うた。
 珍しくアンケートに書いてみるかな? わずか数千円の設備投資で良さが引き立って、評価が上がるはずだから。


 今回、着替えで持ってきたのは肌着と靴下、上着シャツだけ。朝食に行ったのはバイクのパンツとシューズです。着替えをほぼ終えている状態のため、部屋に戻ってからは時間がかかりません。v(^_^)

 普通のズボンを持ってきていると、戻って履き替えてから荷造りを開始する段取りになる。バイク装束が不適な外出予定があるツーリングだと、靴も普段のものを持ってきているから、着替えの儀式感が強くなる。
 わずかな違いだけど、感じる面倒臭さと進行が違うな~と、あらためて感じてみたりしました。(^_^)

 遅くなると渋滞が発生して、遅くなるほど酷くなります。相棒も同じに考えていて、モンカフェでコーヒーを煎れる食後の一息は無し。
 コーヒー煎れは晩のうちに済ませて、冷蔵庫で冷やしてあります。一口だけ飲んで、残りをボトルに入れ替えるのみ。


 09:30 宿を発つ

 段取りよく動いたと言っても、この二人はこんなもんです。(笑)


 今日のネタは一つだけ。藤枝の茶屋で、強烈に濃いという話しの抹茶ジェラート偵察なり。

 けっして抜け駆けではありません。(笑) わざわざ行く価値があるのか無いのか、複数台で一度に行けるところなのか、偵察に赴きましたですよ。(^o^)

 結論は、行く価値アリ。数台・数名も、でした。

 問題は、距離がちょっとあるのと、やはり距離が原因で時間的に他のネタとの組み合わせが難しいこと。
 今回みたく 10 時のオヤツくらいにサッと済ませて、サッと帰路に就くならよいのですが、のんびりしていると東名道の渋滞がひどいことになります。

 オフ会のネタとしては、ちっと難しいかもですね~。(^^;


 話しは戻って、お宿からのこと

 御前崎からバイパスを戻り、相良牧之原 IC から一区間だけ東名道。吉田 IC で降りて藤枝市街へ。

  

 吉田からの一般道は、大井川を渡った後が東海地方的なぬるい混雑。車列について のろのろと走り、信号停車も多い。おかげでだいぶ暑く感じて、疲れと痛みとトリプルパンチのバテバテ~。(^o^;)

   

 晩に盛大に発生した足の攣りが収まりきっていず、座り方と座っている部分の肌着の始末を工夫しないと、攣りそうになってきたり引き攣れて酷く痛んだり。(^^;)

 初日にも、この後にも思いました。運転姿勢(前傾ぶり)とシート形状が、RTGS は長距離・長時間に向いた作りになっているんですね~。
 新東名で巡航してるとき、指先でハンドルを支えて RT 的に上体を起こすと、だいぶ。するとシートの形状も RTGS のものが良いことに気づく。

 我がお知り合いの面々、距離が伸びるわけです。(笑)

 メバチくんはスペーサーでハンドルを持ち上げてあるけど、前荷重が減ってバランス悪くなるから限度があります。現状でも停車直前や微速度でフラついてしまう状態。
 車体全体の設計に抗うのは、限度があるし、安全なことではないですね。根本から対策しないとならんことでしょう。

 根本から対策・・・

 走行中の会話で。「バイクを買い換えることになったとき、国産には買えるバイクが無い事態が一向に変わらず、外国産に目を向けても候補は RTトロフィーしかない」と、あらためて。

 もっと根本にかえると、今の乗車頻度からして、バイクは「いい陽気のときの片道 100 km 圏まで」とすべきかも。それ以上は大鳥居くんで出かける、と。
 それが自然なこと、友人からも指摘されています。RT とトロフィーに限定されず、選択肢も広がる。「バイクに乗れる体調であることを確かめていたい」も充足される。

 見直すべきか・・・

 な~んてね、乗ってキツイ思いをするとあれこれ考えはします。が、まぁね~、先立つものがってやつが現実でしてね~。v(^O^;)


 閑話休題。また脱線して長くなった。(^^;

 とびきりに濃い抹茶ジェラートのこと。ななやというお店です。相棒が友人から聞いたのが切っかけ。

 10:50 ななや

  R1 沿いにある

   

  茶葉の販売だけでなく、茶を使ったケーキやあれこれを売っている店でした。

 車で来ていたら、あれこれ買って帰りたかったですだ~。(;^◇^;)


 抹茶ジェラートは濃度に No.1 から No.7まであって、普通じゃないのは No.4から先だとか。


 最上位の No.6と No.7は、濃度的には同じあり得んでしょだけど、抹茶の質が異なるとか。
 はプレミアムグレードの抹茶を使っていて、口当たりまろやか。だから No.6の方が濃く感じるかもしてないとのこと。見た目は圧倒的に No.7なんですけどね。

 まず、プレミアムの No.7を食べてみる。相棒は新茶焙じ茶の組み合わせを。手前が No.7です。

 なるほど~。これは「抹茶ジェラートではないです。

 良い抹茶をたくさん食べるため、もっと食べやすくするため、抹茶にジェラートを混ぜたジェラート入り抹茶かな。そういう感じでした。

 凄く! ンマかった♪ 凄く! ヽ(^O^)ノ

 次に No.5プレーンの組み合わせを試してみる。なるほど~、 No.5の方が渋みが強いように感じます。

 web 情報にあったという話しの通り、プレーンと組み合わせて食べるのが、他で食べられない「普通+」を求める人にはよいかもです。

 個人的には、圧倒的に No.7です。No.7は特別価格で、だいぶお高いのですけどね~。クーラーバッグに入れられるだけ買って帰ることにしました。

 情報源等に土産とするため、うちが食べられるのは何個かな?だけど。とりあえず 10 個入ったです。
 ペットボトルを抜いて二段に入れればもう 10 個入ったけど、だいぶお高いから。(^^;;;

 ちなみに、ドライアイスの販売はなく、自前の強力保冷剤と強力クーラーバッグが必要になります。
 まぁ、通販で買えるし、お店で宅配を注文できるようなんですけどね。


 「凄いね」「いいわ~」など話しながら、渋滞の発生が頭に渦巻く二人。東名道はこじれると長いですからね~。(^^;
 Google 先生の地図に新東名までのルートを訊ねて、早々に出発することに。(うちの Zumo 550 くん、古い奴だから新しい道を知らない。(^^;;; )


 11:30 ななやを発つ

 R1 バイパスから新東名に入ったのは、なぜか新静岡 IC だった。おかしいな~、藤岡岡部から入るはずだったのにな~。(^^;

 R1 バイパス広幡出路の出口表示に「焼津 岡部」が大きく書かれていて、東名・新東名は脇に小さく、まして藤岡岡部 IC の表示が無かったから。Google map のストリートビューで確かめて、わかりました。
 静岡 SA スマートに向かう出路も同様。新東名とも静岡スマートとも、まったく表示がなかったからですね。

 10 分 5 分が命取りになる時間帯にこんなロスをしたのですが、たいへん運がよいことに、渋滞が一切無く首都高速渋谷出路までたどり着けました。(^_^)

 もちろん、走行中は冷や冷やし続けです。電光表示がある度に「ガン見」でした。(笑)

 冷や冷やしていても、よい景色はよい♪

  

 ここらは風がだいぶ強かったです。メバチくんであれだけ揺さぶられるのだから、相当なものだったかと。(^^;)

   


 12:30頃 駿河湾沼津 SA でトイレ休憩

 13:05 愛鷹 PA で体を伸ばす休憩

 ここでビックリ。何も見ず意識せずに駐めた、その横の車は、獲物を捕食中の偽装パンダだった。(^_^;)
 あらビックリ~♪で、相棒に記念撮影を依頼。(爆)

  

 後で気づいたですが、8ナンバーでなく、無線アンテナも付いていないし白じゃない。本気で偽装しているんですね。(^_^;)

 N ONE の髄を食べ終えたパンダが出て行って程なく、我々も出発。

   


 順調に渋谷まで。

   


 渋谷からの下道も順調。


 家の近くで給油したら、20.06 Lも入る。あと4Lを切っていました。(^^;)

 一泊二日の総走行距離 553.1 km、燃費 17.45 km/L なり。

 ぽてちとしては半年ぶりの長いツーリングでした。衝撃的な出来事もあって、充実度ハンパなし!(笑)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.29

突発お泊まりツー前半の衝撃(長い)

 長くて写真も多いです

  


 金曜日の昼前に現実逃避したいな~と思いたって、晩に決まった突発のツーリング

 宿を web 予約したのは 22 時過ぎ。それからバタバタと準備と荷造り開始。
 寝たのは0時過ぎで、起きたのは4時。

 明らかに寝不足でした。出発前から、最終準備・積み込みの段取りを間違えたり、ものを取り落としたり。
 足柄でも富士川でも、レンズキャップその他を飛ばしたり落としたり。(^^;


 05:30 出発

   

  初台南から首都高速 → 大橋 JCT で渋る → 3号線 → 東名道
  「海老名 JCT を先頭に渋滞1 km 」表示 → 少々の速度低下のみ

   

  「左ルート 合流手前 渋滞2 km」表示 → 右ルートも少しのろのろ
  以降順調


 07:00 足柄 SA で休憩&軽食

  団子は半分こ


 08:05 富士川 SA で時間調整の一服

   

 試しで 300 mm 相当の撮影。やはり大気が澄んでいないと望遠はどうも、ですね。

  


  富士川 SA スマートで東名から下りる。

   


 09:40 由比漁港到着

  すぐに行列開始

  

    

 

  


 10:05 桜エビかき揚げ蕎麦桜エビ沖漬け丼をゲット

  

   


  かき揚げ蕎麦、よし! 沖漬け丼、だし汁をかけたらかなりヨシ!

  かなり満足で、ツーの充実度高し


 10:27 出発準備開始

   


 10:28 あっ・・・

 左手に Nikon 1 V2 を提げつつ、右ポッケの財布とタバコポーチ、首から提げてた XF1 、左ポッケのキーケースを同時に手に取り、トップケースに入れようとしたとき・・・

 手が滑り、落ちようとしたものを手に取り直そうとバタついた瞬間、弾かれて財布がポ~ン!とアーチ状に飛ぶ

 ふわ~っと弧を描いて海に ぽちゃん・・・ (;^◇^;)

 借りた幟用の竿と ちりとりを持参のテープで留めたもので取ろうとしたり、タモ網と竿をテープ留めしたもので取ろうとしたり、大騒ぎの救出活動。物見高い見物人、多数。(笑)


 しばらく浮いていたし、落としてすぐにタモと幟竿を借りられたら、引き揚げることができたのですけどね。

 ちりとりと幟竿は かき揚げ屋から借りきてくれたもの。長さも強度もぜんぜん足らなかった。長さも強度も足らぬものでオタオタやっている間に、排水口の排水が起こす水流で徐々に離れていってしまいました。

 自分が水に入る・・・ ちと難しい状況でした。状況が許せば、自分は泳げる奴(のはず)だから、それも考えたのですけどね。(最後の水泳は 30 年以上前)

 要するに、海に入って財布を救出できても、上がるところが無かった。もやい綱で船によじ登る腕力等がありません。人間の救助騒ぎになってしまう。そして、それを期待できそうな屈強な人は周りにいなかった。(^_^;)


 これなら力学的に可能だ!と思うタモと竿の組み合わせになったとき、財布は届かぬところに浮いていました。

 竿がもう一本あれば、岸壁側から相棒に海をかき回してもらって弱い水流を起こして、自分は船側で近づいてくるのを待てば大成功。
 となる可能性はあったはずなんですけど、もう一本の竿のアテがなかった。考えているうちに助力者がマズイことを始めてしまって。

 財布の中の空気が抜け切ったらアウト。札に水が染み込み切ったらアウト。

 もやい綱で突く寸前までパチャパチャやったって、こちらに寄せる動きはほとんど作れず、その勢いで空気と濡れをアウトな状況にしてしまう効果の方が圧倒的に強い。

 とは考えず好意でパチャパチャ・・・ 寸前どころか、何度か突いてしまっていた。

 10:38 す~っと沈んでいった・・・


 10:55 遺失届の作成のため、交番

 正社員がいず、パートさん対応。で、遺失届の作成を避けられようとしたり、けっきょく支店から正社員がやってくるのを待ったりで時間がかかる


 12:00 薩垂峠

 峠に登る手前の古い「街道」な道と家並みに感動する。部分的だけど、観光化してない本物の『旧街道』の風情を感じたです。

  


 観光地にはならない状況ですけどね。道の細さと曲がりっぷり、一部の建物の作り、「東海道って、こうだったのだろうな~」と思わせるものでした。

 この峠は、海沿いの道で人が波にさらわれぬよう、大昔に道をつけ替えたものだとか。

   

 東海道五十三次の時代には こちらですから、もっと昔のことらしい。

  

    

 薩垂峠では駐車場から「お約束」の景色を眺めて写真を何枚か。ここでだいぶ暑く感じてきました。

  

 残念ながら、富士山は見られませんでした。


 財布クプクプクプ・・・のショックと興奮冷めやらず、薩垂峠を発った後も状況をあれこれ反芻する会話が続く。
 失った現金の額もショックだったけど、入館証とかキャッシュカードとか、諸々を再発行してもらう手間と時間を考えて、うんざり。(^^;;;


 13:00 新東名の清水 SA で一服と給油

  1L ¥189- は、高い。(^^;


 この後、島田金谷 IC を下りるときから茶畑がガ~ンと増えて、若葉色が美しい。

   

  

   


 大井川の雄大さも、すがすがしい。

   

  


 13:55 大井川鉄道家山

   

  


  駅舎でベンチに座って、ペットボトルの川根茶で涼む。

  


 火照った体が落ち着いてから、目当ての川根茶購入へ。駅前の店で購入。高いものだとは思っていましたけどね。

   

 けっこう!なお値段ですね~。(^o^;)  自宅用には小さい方としました。

 抹茶アイスで涼みつつ、ふるまい茶でリラックス。どちらも美味しかった♪

   

 14:22 SL が入線してくるとの駅放送が耳に入る

  SL には興味を感じない奴 σ(^^;) なんだけど、いちお。(笑)
  相棒も、滅多に見ないものだから、と興味を示したし。

  

   


 15:15 大井川の蓬莱橋


 メバチくんを導入した年だったか翌年だったか、対岸側に来たことアリ
 広々とした大井川の風情を相棒に見せるため、再訪。

   

  

 橋の真ん中まで行って戻り、ベンチでまた休憩。

   

  


 15:55 頃に発ち、次は御前崎

 牧之原台地の茶畑景色を相棒に見せるため、少し戻る形の回り道を採る。

東海道本線   
   

  


 台地の上は、近世の開拓なんじゃなかろうか。そう思う立地・景色です。

   


 牧之原 IC の前を通り過ぎ、全通したバイパスで御前崎へ。

  


 16:40 御前崎みはる

  17:00 の開店一番に入り、夕食を摂る予定で。

 


 たまには勇姿を。(笑)

 ここは4度目かな。5年くらい前に CB1300 SB で来たのが最初。いずれもバイクで来ています。「気持ち、高いかも」だけど、値段以上に鮮度や量がまずまずで、苦手な ぽてちも食べやすい。

   

 何よりも『金目鯛煮付け』の煮汁の味付けが気に入っています。濃厚さがあって、甘くない。かと言って塩辛いわけでない。ぜつみょ~♪

 これは房総では食べられない味で、もしかすると「この店ならでは」かな?


   


 食べ終えて店を出たら、3級の 50 W で交信しているお父さん。聞くと、今日は福島県と繋がったとか。

  

 このアンテナだと福島県との交信はたいした話しでなく、中国と繋がるのは普通。海沿いを走りながら 10 W 機でグアムと繋がることもあったとな。

 なるほど、アンテナの威力は大きい。御前崎の立地もよいのでしょうね。


 さて、今回のお宿は御前崎市役所のすぐ近く。浜岡原発のすぐ近くでもあります。原発が止まっているからかな~。2人でツイン室の朝食つき ¥9,000- 也。安ぅ~。(^o^)

 相棒は「富山でも駅前で同じくらい。地方都市はこんなものでは?」と言いますが、駅や IC から遠いと言っても東海地方で原発の間近の好立地。一人 ¥4,500- はどうなんでしょう?

 部屋の状況は普通かな。大浴場はありません。改装からさほど間がないらしく、ベッドがヘタっていなかったのが助かりました。

 コンビニで買ってきたお菓子をつまみながらグダグダと時を過ごして

   

 不思議な食べ物でしたが、抵抗感を圧して食べてみると悪くないのが中京圏の食べ物だな、と。(笑)

 そして0時くらいに寝落ち。自分としては早い方かも。v(^^; で、初日、終了。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.04.23

芋ようかんとあんこ玉

  


 ジジババの原宿と呼ばれて名高い、巣鴨のとげぬき地蔵商店街。約 35 年ぶりに行ってきました。

 巣鴨。子供の頃は、年始だ彼岸だと、年に2度3度は染井へ墓参に連れられて行っていたところです。
 とげぬき地蔵商店街に寄ったのは 35 年以上前のことかも。

 当初から とげぬき地蔵を目指したわけでなく、都電の西ヶ原四丁目芋ようかんあんこ玉を買いに行こう、との思いつき。


 ぽてちが小さな頃は、「芋ようかん」や「あんこ玉」は庶民のご馳走お菓子だったようです。よく家にやってきた ばあちゃんや、たまに来た大伯母が持ってきたり、来客が手土産に持ってきたり。

 それが小学生も高学年になった頃は、頻度が落ちていたような淡い記憶。中学生になると、とんとご無沙汰。高度経済成長の波とともに、ご馳走の座から降りていったのかもしれません。
 そこらへんよくわかりませぬが、いつの間にか意識から遠のいていた菓子のひとつ、いや2つです。

 「芋ようかん」というと「舟和が有名だと思います。で、 10 年くらい前に「舟和」のそれを食べたとき、「なんか違う気もするし、これのような気もするし」と、だいぶ曖昧に感じていました。

 ちょくちょく見て楽しませてもらっている写真系 blog の記事で土佐屋の紹介を見まして、「小さな頃に食べていたのは、もしかしたらこれかもしれない」と思った次第。
 で、さっそく試してみる気になったわけです。近場ですしね。(^_^)

 またまた、当初はバイクで行こうと思っていた。が・・・ というやつ。(^^;;; 朝から冷や冷やとする日で、出かけるときには曇天。動き出すのも遅くて、やっぱり準備に時間がかからぬ車だな、と。(^^;;;

   

 結論を書くと、お店はここでなかった可能性が大きい

  

 土佐屋の後で とげぬき地蔵商店街に寄ってみると、何軒かの店で「芋ようかん」や「あんこ玉」を売っていました。

 都電の向原停留所まで歩いて 10 分弱にあった ばあちゃん家から、1995 年まで土佐屋があった西巣鴨に回って、そこから再び都電で早稲田まで戻るとは考えにくいです。
 かつてはそこら中で売っていたものだとすれば、大塚まで歩いて買って、都バスに乗ってやってきたか、池袋まで歩いて買って、都バスに乗ってやってきたか。

 もしかすると、東池袋四丁目停留所近くの坂下商店街とか、早稲田とか、もっと通り道な立地にあった店で買ってきていたのかも。

 母親に訊けばわかるかもしれませんが、そこまでするほどのものではないですね。

 でも、土佐屋のそれを食べてみて、「きっとこれの風だな」と思うたです。

  


 芋々しさがあって、庶民的。土佐屋のは芋感がだいぶ残っているタイプでした。そしてベタベタに甘くなくて、東京下町風。

   

 「舟和」にしても浅草ですし、要するに「芋ようかん」ですから、高級和菓子というわけじゃないですけどね。比べると「舟和」はやや上品だった気がするです。

 あんこ玉は、とても美味しかった♪ 栗がたいぶ少ない栗蒸しようかんも同様、独特の風味がたっぷりで美味しかった♪

  

   

 水ようかんは瑞々しくて、とても食べやすかった。あんこ分が少ないとも言えますが(笑)、そこはそれ、「庶民の味」ということで。十分にアリな美味しさです。蒸し暑くなってきた頃にキンキンに冷やして食べたら、ンマイ♪!だろな~。(^o^)

 かようにして、ばあちゃんや大伯母の面影を脳裏に、美味しい美味しい食後のデザート終了。


 ふと思うた。ばあちゃんがいなくなってからもう 25 年を超える。小さな頃の写真に写る家族な面々のうち、生きているのは 1/3 の2名だけ。
 虚弱体質なガキが半世紀を越えるまで生き残ったけど、あと何年もつかな~。(^o^;)

 とか。v(^^;

 とげぬき地蔵商店街のことは、次の記事で。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.04.20

ただの夢

  


 西日本にある大学の施設で。ちょうどトイレに行ったとき、遠いプレート型大地震による震度3程度の、周期も時間も なが~い揺れに遭う。

   


 しばらく後に目覚めてから、地震情報を見る。東京が揺れた地震は無かったらしい。

 ただの夢ですね。体調悪いのかな。(^^;;;

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山梨花見ドライブ

  


 前の記事の写真を、モノクロにしてみました。なんとなく、で。

 難しいですね。思いつきでモノクロにしてみて自己満足できるような写真が、たまたま撮れるようなものじゃない
 鉛筆一本でデッサン画を描くような能力が必要らしいです。

色つき版   


 東京区部の桜が概ね終わった 13日曜日バイクなお仲間から声かけをいただきまして、山梨の双葉、長坂に車で出かけてきました。

 当初はバイクで行くことを考えて相棒にもそう声をかけたし、バイクで行くべきでもあったのですけどね~。

 2つ前の記事に書いたように、予報最低気温と最高気温のギャップが大きくて、風邪やバテを怖れました。(^^;
 昨今の体力・体調・相変わらずの寝不足状況から、怖れが怖れに止まらない可能性があって、月曜からの仕事に影響するとマズイと考えまして。(^^;;;

 いつもの週末生活パターンからして寝坊の可能性も大きくて、近くで前泊して向かう用心もしてみた。v(^^;)

 前日は午後まで法事に出て、帰ってすぐにゴソゴソと準備開始。

     


 車で花見だで、一眼レフ2台体制の広遠各ズームとする。使わぬだろうと思いつつ、小型の標準ズームもバッグに入れる。一泊だけど、やはり車だで、ノート PC も
 イザというときの三脚はトランクの中。首には XF1 がぶら下がっとる。これ3台目。(火暴)

 16 時に移動開始。

  


 泊まったのは甲府駅のすぐ近くで、夕食は駅前でほうとうとしました。多店舗展開の店(小作)だけど、ンマ♪かったです。量もたっぷしでした。(^o^)

   

 さらにこれが満足度をガッツリと高めました。

  


 で、日曜日の朝。

   

 集合時間に遅れなかったことは強調しておきたいと思います。(笑)

  


 そして桜、満開! 素晴らしい景色を見ることができました。そこら中に桜や桃が咲いていて、まるで夢の国のよう
 桃園の桃の花は期待のうちでしたが、これほどそこら中に桜があるとは知りませんでした。

   

 この時期、新年度が始まったところで おとーさんたちは忙しないと思いますが、家族で山梨へ花見ドライブとか、いいかもです。d(^_^)


 まずはわに塚の桜。のどかなロケーションに見事な巨木、見事な桜でした。

 ワイのワイのと四方山話に花を咲かせるのも楽しくて、とてもリラックスできました。
 幹事さんに大感謝です。(^o^)

  

  


 次は高山神代桜

  

 お寺の境内に桜が山ほどあって、その中に一本の古木がある。

  


 たくさん咲き乱れる桜は、本当に見事でした。人の数もすごかった。

 人が多いと言うても混乱するほどではなくて、たくさんの人々が楽し気に過ごしている光景。子供の頃に連れられていった春の行楽地の風情かな。
 由緒正しい行楽の図ですね。懐かしかったです。

   

 これが神代桜です。かなりの古木のよう。

  


 この後、台が原宿の金精軒で土産を買い、

  

   

 お昼ご飯で待望の長坂 翁へ。

  

 もちろん、「ざるそば」と「田舎そば」を両方とも喰っとります♪

   

 どちらもそれぞれにンマ♪かった。(^o^)

  


 食後に記念撮影をして、みんなはオヤツ。ぽてちはここで離脱。体力に問題アリ。σ(^^;)

 ナビの案内に従って長坂 IC から中央道に乗ったのですが、 10 分後、なぜか小淵沢 IC にいたのはどうしてかしらん?(;^◇^;)

   

 以降、中央道は順調。首都高速の 10 km 渋滞を避けるべく調布で降りるときの出口渋滞と、 R20 の渋滞につかまりました。
 渋滞区間を過ぎた幡ヶ谷で首都高速に入り、代官町まで時間の節約と新宿混雑の回避。給油して帰ったら 16 時でした。

 まず写真を取り込んで、ザッと眺めて、寝る。(笑)


 出不精になっているところへお声がけをいただいて、おかげでいい一日を過ごすことができました。
 みなさんとワイワイやるのが、本当に楽しい。相棒も堪能していた模様。(^_^)

  


 幹事さんは、目的地やコースの選定から当日の先導・時間管理と、たいへんなんですよね。ほんと、感謝です。

 ぽてち的には、次こそバイクで。(^o^;)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014.04.13

桜、桜、桜


 おかげでいいものを見させてもらえました。


 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.12

甲府の空の下

  


 なぜか甲府にいたりします。


 金曜日のお昼すぎにその気になって、即座にお宿の予約。便利な時代ですね~。

   

 バイクな知り合いからのお声がけだで、本当はバイクで出かけるべきところ。だけど~、甲府の天気予報を見たら予想最低気温が 4 度で、最高が 20 度とな。(^o^;)

  

 バイクで行ってこの寒暖差を乗り切れる体力と慣れは無い。ヒヨリました。(^_^;)

 体調を崩しやすい自分は衣類を朝の気温に合わせるべきで、そうすると昼前から暑くて暑くてバテバテになって、楽しむどころじゃなくなるな、と。


 駅前のチェーン店で「ほうとう」を食べて


 お宿入り。小浴場で温泉に入ってさっぱりしました。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.09

(友人の)DP1 Merrill 画像掲載終了

  


 友人が撮影した写真ですから、いつまでもここで掲載しているのは申し訳ないことだと考えまして。

 掲載を終了しま~す。


 いや~ スッゴ!カメラで、撮り手のセンスも。い~写真でござった。(^o^)

 もちろん、物欲を刺激されましたが、そこまで手が出ないな~。宿題が2つあるし。(笑)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.04.08

匠の技

  


 うちの相棒ですが、じつはなんです。d(^_^)


 何の?


 液晶保護シート貼り。(笑)


 箱から出したばかりの新品タブレットと保護シートを渡すと、3分くらいで見事に貼って、これでどう?と持ってくる。できあがりはきれいなものです。


 ぽてちはダメダメ。(^^;

 埃やら空気やら、どうしても入っちゃうし。やっと上手くいったゼ!と思ったら、ズレて傾いていたり。(^O^;)
 シートを2枚も3枚もダメにして、埃や空気が入った状態で妥協するのが常です。


 今回は、匠も苦戦しました。

 1ヶ月半ほど使い込んだ状態で貼る気になったものですから、新品の保護ビニール付き状態とは違って、埃がなかなか取れなかったとか。

 だいぶ長いこと、レンズ用大型ブロワーのシュコシュコ!いう音が聞こえていました。


 気に入らない!2つ入った! でも、これ以上やるとシートをダメにしちゃう。

 そう言いながら持ってきたので見ると、微細な埃が1つ。微細な空気が1つ。よく見ないとわからんくらいの、小さなやつ。


 ぜんぜん合格♪

 今回も助かりました。(^_^)

ど~こだ?(笑)   

 貼ってもらったのはタブレットで、SHARP 製の docomo SH-08E というやつです。


 前に、ウンザリしてスマートフォンを替えた、と書いた話しの続き。タブレットもほどなく替えました。

 3回線目は絶対に不要なので、ムスビーというネットショップで買いました。ショップと買い手との間を取り持つサイトと言うべきなのかな。

 で、サクサクぶり、電池もち、やっぱり向上しています。それも大きく向上です。

 使い勝手的に、スマートフォンの方は替えなくても問題なかったけど、こちらは替えた価値が大いにありました。
 ちょいストレスを感じていましたから。(^^;)

 主チップの動作周波数だけでなく、メインメモリ搭載量とフラッシュメモリの読み書き速度が主因だったのだろうと推測しています。


 んで、「傷つけてしまう頃には、そのときの最新機種に目がいくはず」で液晶保護シートを貼らない派の ぽてちが、何で貼る気になったのか

 わずか1ヶ月の使用で、表面に擦り傷がついてしまったから。指がよく触れて、スクロールさせるエリアです。

 これはちょっと・・・ まぁ、 SHARP ですからね。(^^;;;

 でも SHARP にしてはよくできていて、今のところ、感じる問題点はこれだけ

 あとはカバーが無いことですかね~。

 GALAXY Tab 7.7 Plus は薄いフリップ式カバーが標準で付いていましたが、 SH-08E はオプションにもありません。
 同じようなものか、 iPad mini オプションにあったフリップだけカバーみたいのがあるといいんですけどね。

   

 あ、もう一つあった。(^^;

 じつは Arrows NX F-01F も同じなんですが、これまで使ってきた USB ポート型 AC 充電器では充電できないんです。

 繋いで一晩たって見ると、残量がわずか数%の増加だったり、GPS や Bluetooth 、WiFi 等を切り忘れると減っていたり。

  2 A 出力ポートがあって、「(かつての) iPhone にも対応」と謳っていたものなんですけどね~。
 Tab 7.7 Plus 付属のもの等、うちにある付属 AC アダプタ類、どれもダメ。相棒が iPad 初代 mini で使っていた同様のものでもダメです。


 docomo 純正の充電器を買ってきて、家では問題なく急速充電できるようになりました。


 問題は、お泊まりのときです。便利に使ってきた小型で収納性がよく 2 A 出力を含めて多ポートあるのもの、お泊まりでこれが使えないと不便だよな~と。(^^;;;

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.04.06

へぇ~(アクセス解析結果)

  


 これは興味深い

 4月1日から先ほどまでの、ここアクセス状況だそうな。



 ウン週間でウン十万ライセンスの出荷ウンヌンとか公表があっても、実際の普及状況が推測されますね。

  


 スマートフォン、タブレット、増えてきているんだな~。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (1) | トラックバック (0)

店しらべと秋葉原の日曜日

  

 とぉ~くに旅行する際の、夕食やら移動中の食事やら。半日近くかけて調べてメモ( Gmail に送信 )終了。

 便利な時代になりました。

 昔だったらわざわざ本屋へ行って観光案内本を買って、数少ない掲載店の中から決めうちせなならんでしたもの。
 店の場所の地図も小さく、選定にも たどり着くのにも苦労したものです。

 まぁ、こういうとき ぽてちが使う案内サイトは、完全に頼りにするのもどうか?と思うレベルではありますが。

 評価があまり頼りにならないのと、「最初で最後の訪問地。だったらここでしょう」といった有名店の発見が簡単でなかったり、掲載されていなかったり。
 積極的に評価を書き込む利用者の年齢層と ぽてちの年齢のズレが、主たる理由だと思います。土地の名物料理店は地元の人があまり利用するものじゃない、なんてこともありそう。

 でもね、無いよりは 10,000 倍も便利♪


 ということで年度が変わって最初の日曜日。遅くに起きてゴソゴソ調べていたら、昼を回っていました。

 翌日が仕事で、房総でも出かけるにはもう遅い。一日を無駄にしたな~と呟いたら友人から「秋葉原にいる」との返信。
 ということで秋葉原へ Go! 単にお茶と軽食だけの目的です。

   

 ヨドバシ カメラは寄りません。

 いずれ買うものがもう決まっていて、いじってあれこれ確かめるお楽しみはもう終わり。新たな調べものもありません。
 こうなると、断行に及んでしまうのを抑えるストレスだけ。(笑)


 あ、Nikon 1 の売却は早めにしておかないとならんですね。遅くなれば遅くなるほど、少しずつ金額が小さくなってまう。

 次の週末、日曜日のタスクかな。土曜日は法事だで。

   

 明日はもう仕事じゃ~。(-_-;)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.05

シビックセンターへ

  


 今年もまた、有休と自腹で研修会に参加してこよう。

 去年よりだ~いぶ遠くて、研修の日数・時数も多くてシンドイけど、かつてお世話になった人が講師を務めるとの話しもあって楽しみに転化でけた。

 だぁ~いぶ遠くまで行くのだから、ついでに プラリとしてこよう。


 てなことで、旅程の検討をして、宿おさえ

 帰路のプラリ立ち寄り先を相談して、だいたい目星がついた。ということで、最寄りの旅行代理店へ予約に行ってきました。
 いつもの楽天トラベルでもいいのですが、研修会後に合流してくる相棒の指定券予約もあったものですから。


 通称、『文京ロボ

  


 ロボ

 勝手にそう呼んでたりするだけですが。(爆)


 春休み中の週末だからでしょう。人が多く、賑わっていました。代理店の用事を終えて向かったロボ近くの喫茶店が2軒とも満席で、断念することになったくらい。

 子連れ客でなく、中年以上の女性客が多かったのが不思議です。ロボ周辺は桜の名所というわけでなく、あるのは後楽園くらいですから。

 向かいの公園でちょいと撮影。

     

 後楽園駅を通り抜けて

  

 向かいのラクーアに入っている成城石井で朝食用のスライスチーズを購入。で、帰宅。

 んなところ。

   

 出発直前に降った雨は気配もなく、ぽかぽかいい陽気でした。


 2枚並んでいるうちの右側写真だけ D40 で、あとは XF1 。

 あらためて気づく。 Nikon は赤色をだすのは上手いけど、緑を出すのは苦手?

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.03

黒点騒ぎに思う

  


 Nikon D600 の撮像センサー機構の内部にダストが侵入し、画像に黒点が写り込む現象が、大問題になっているとか。

 実質的にこの現象への対策と思われる早々な後継機 D610 の登場前から ぽてちは耳にしていた現象だったりしますが、あっちの海の向こうとこっちの海の向こうでは今が旬の大騒ぎらしいです。


 海の向こうの騒ぎを報じる記事を2つ3つ、チラチラと流し見した印象。2つの現象が混同されているように感じました。

 一つは、シャッター機構から油脂質の飛沫が飛んで、センサーの表面に付着するもの。

 もう一つは、センサーユニット内部奥深くにダストが入り込む深刻な現象。設計上のミスとか、普及機故の低コスト設計が原因に考えられる、『ヤバイ不具合』と言っていい症例かもしれません。
 実は、この現象もかつての大昔に、どこだったかで耳にしたことがあるんですけどね。

   

 で、深刻な方は、発症数が多くない印象です。

 Nikon の対応指針を見ると、黒点現象がでてしまったら対応(表面清掃)するとのこと。対応(表面清掃)しても解消しなかったら、さらにパーツの交換をするとのこと。(センサーユニットの交換でしょうね)

 現象の大半が表面の汚れだと判断しているからこそ「清掃する」と言うているはずで、分解&ユニット交換をする数が多いと見込んでいるようだったら、そんな悠長な対応をしていられないでしょう。


 騒がれているのは端から「叩きのめす」ことが目的で、Nikon の言い訳が難しい少数例を前面に押し出しながら、数が多い油脂質飛沫現象を気づかぬふりで混同して大騒ぎの報道をしているように推察しています。
 と同時に、油脂質飛沫現象をダスト内部侵入と同じく『欠陥』の類だととらえてヒートしているように見える話しもある。

 これ、なんの裏付けもない、勝手な憶測です。そう考えるのが順当に思う、というやつ。読んだ記事その他を探して URL 貼る労をとる気も、なし。憶測としておきます。

 なんのデータもなく憶測を重ねれば、深刻な侵入が1例に対して、油脂質飛沫は99例といったところじゃないか?と推測しています。


 何かネタがあれば訴訟に持ち込んで大騒ぎなお国柄の地のこととして報じられていたユーザーの一人は、「レンズを交換せずに 1,000 枚撮影する実験をしたら、こんなに黒点ができた」と息を巻いているとのこと。

 こちらは、まさしく油脂質飛沫の表面付着じゃないかな。

  


 で、油脂質飛沫の付着は D3 発売直後にも複数のユーザーから訴えがあって、多くのユーザーがそういうものだと諭していました。

 シャッター機構から油分を含む飛沫がたまに飛んで表面に付着し、通常のダストと同じで黒点になるが、油脂質だからブロワーで吹いても取れない。 Nikon が売っているクリーニング キットでクリーニングすべし、と。
 同時に、クリーニングを繰り返しながら撮影枚数を重ねていくと、そのうち発生しなくなる、とも。うちの D3 も、まさしくそうでした。

 『あって不思議はない、普通のこと』で、対処方法と自然解消の知識はユーザーが備えている『準常識』。どうも、そういった扱いだった。

 『常識』を知らぬ ぽてちは「ふぅ~ん、そういうものなんだ」と受け入れた。で、銀座 Nikon の講座も受けてきて、発生したらクリーニング。何度かしているうちに発生しなくなりました。


 しかし・・・です。知らない ぽてちが知らぬままに受け入れた『準常識』も、ユーザーが多い量販機では同じにいかないでしょうね。
 待望の普及価格フルサイズ機で たくさん売れた D600 は、これに相当すると思う。

 まして、もっともっと数が売れている外国では、「そんなの知らん!」「他は起こってないじゃないか!」と考える D600 ユーザーが莫大な数、いるはず。

 これって・・・

 車が、少数の有資格者だけが扱うもので(ある種の口コミ文化・共有知が)あった時代と、誰でも免許を買えてウン千万台の車が走っている今の時代とでは、常識もメーカーが払っている注意の深さ・範囲も、全然異なるのと同じではないかと思う。

 油脂質飛沫が飛んでしまうなら、そのことを広くしつこく周知する広報が必要でしょうし、そもそも発生しないよう作り上げなならんでしょう。

   


 ここであらためて思うのが、カメラメーカー全般、 Nikon は平均より高度に常識を重んじるように見えること。柔らかく表現しました。(笑)


 AF、デジタル化、手ぶれ補正、ダスト対策、小型化軽量化、EVF 、自動開閉バリア式レンズ防護、高感度性能向上、ステップズーム、ユーザー設定のダイヤル選択、etc・・・
 概ね導入済みだったり、今は導入が始まっているものだったり、でも手ぬるかったり、それぞれですが。

 どうしてこうしないのかしら?と思うことがチラホラあって、なっかなか・・・・

 で、カメラメーカー全般、中でも Nikon に感じるのは、動きが遅い!と。(^^;)

 マスのユーザー層に調査かければ出てくるはずの要望に、感度が鈍いと言うのかな。

 無駄をしないキャラの相棒が OLYMPUS Stylus 1 をポン!買った理由の 1/3 は、なんと、レンズバリアだったりするのですよ。
 ぽてちがいずれ E-M10 を導入したら常用しようと思っているレンズの選定ポイントも、自動開閉バリア式レンズキャップです。

 8年も前に Ricoh GX100 で感心したものが、最近になってようやく、OLYMPUS でも採用されるようになった。
 ちゃんとしたバリアだと、やはり比較的最近のこと、 Canon の開放 F 値が低い高級コンパクトにも採用されていたと思います。 Nikon 1 V3 と同時に出る標準ズームにもバリアが採用されるらしいです。

 口径が大きめの高級コンパクトや交換式レンズでも採用例が見られるようになってきたのは良いことなんですが、鈍いと言うのかな~。遅いんですよね~。

  


 話しを元に戻すと、カメラの『常識』を重んじて潜在ニーズへの感度の『鈍さ』となっているのと同根で、現地状況への感度と動きぶりが、今回の黒点大騒ぎを悪化させたのじゃないかと推察しています。

 マスになれば大半は ぽてち同様にカメラの『常識』を持っていないわけで、そこに意図を持って取り上げて騒がれたら、あとは推して知るべし。まぁ、やられ放題になりますわ。(^_^;)


 カメラの『常識』を持たぬ ぽてちが記事等を見て少し知っていたけど構わずやっていたのが、こんど試してみる気になったこと。

 ハレ切り

 このレベルだったりする~。σ(^o^;)

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.02

現像遊び


 
 ↑ XF1 で撮影。 Lightroom 5 でチョイいじり、Capture NX2 で最終仕上げ。
 
 
 ↓ Lightroom 5 のデフォルト現像
 

 
 
 ↓ 付属の Raw File Converter( Silkypix )デフォルト現像


 
 
 ↓ カメラ内生成 Jpeg


 
 
 フィルム写真のときと同様に、仕上げで大きく変わりますね。

 ぽてちは Raw 記録できるカメラと現像ソフトが必須です。 Lightroom を使えば Jpeg からでもだいぶ便利にいじれるのですが。

 何度も「アゲ」てる D40 でも同様です。Raw から現像すれば、今も十分に現役を張れます。レンズ次第で素晴らしく稠密で、キレる。

  調整現像( NX 2 )
 
 
  調整無し( NX 2 )
 
 
 変にいじらない方が生々しさが残ることが多いから、やり過ぎないよう気をつけてます。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »