« モンブラン東京店(万年筆再燃3) | トップページ | 周辺減光 »

2014.01.20

水沢うどんと石段の湯

  

 年が明けてから、引きこもり度がアップしている今日この頃。それを端的に表すここのネタはと言えば、万年筆だ食い物だと「机の前」系ばかり。

 これで良いのだろうか?と思う気持ちは、ある。d(^^;

 ぽてちだけでなく相棒も、放っておけば2日間でも3日間でも、ヒーターの前で iPad mini をいじっていて一日が終わるタイプです。
 この正月休も成人の日の連休も、2人して見事に引きこもりでした。ホント、しょうがないですね~。(^^;;;

 でも、ぽてちに関しては、今は そーゆー気分なのだ。放っておいたらず~っと続いてしまうわけではない・・・ はず。(笑)

銀座やヨドバシakibaへ単用事で行ってくるくらいは『お出かけ』のうちに計上せず


 さて、年末のどん詰まり、1230のことになります。水沢うどんの老舗と、伊香保温泉の石段の湯に行ってきました。


 先に紹介しておくと、バイクで行けるところです。水沢うどんの店はどこも駐車場があるし、伊香保で『石段の湯』に入る間は徳富蘆花記念文学館の大駐車場(有料)に駐めれられます。
 水沢と伊香保の間には、こういう展望に臨める駐車場もある。

OLYMPUS Stylus 1 による撮影

 雨が降ると雪になる可能性がある今月来月は、やめておいた方がいいと思いますけど。天候の安定を狙い澄ましていくなら問題ありません。前日に雪が降ったくらいなら、当日に晴れていれば路面はもう大丈夫です。
 前日が雪の場合、榛名湖まで上るのは、午後でもさすがに微妙だと思います。(^^;)

 それと、水沢うどんは関東で有名ではあっても、讃岐うどんの『中村』だ『山越』だといった全国区認識で「一度は行ってみたい」人気店があるわけではありません。わざわざ行く価値があるのか?と考えたら、びみょ~なところですね。
 伝統的な観光ブランドといった面、かつフルサービスの店であることもあって、讃岐のセルフ方式ほど安くはないし。

 でも、今回行った清水屋に関しては、胡麻つゆ ざるうどん一本で勝負するだけあって、だいぶンマい♪です。 『石段の湯』と合わせ技なら、相乗効果で価値がある。我が認識なり。

 先立つ紹介、終了。


 12 月 30 日に温泉とンマい♪ものを求めて出かけるのは、 20 年近く続けているお約束の行事だったりします。
 一昨年までは上諏訪温泉と鰻が 15 年ほど続いていました。その前は山中湖で ほうとう。

 世間が大掃除だ新年準備だと浮かれて騒ぎ立て、機会主義の商業がそれを煽ってより軽躁な様相に陥ってるところ、自分は軽躁なお祭り騒ぎに迎合することなく、ポ~ンと高飛び避難するという算段。d(・_・)

 この意義深い趣旨、おわかり頂けますでしょうか。よーするに、大掃除からの現実逃避っす。v(;^◇^;)


 11 時くらいの入店を目指して、我が家にしては早めに出発。でも、12 月 30 日の関越道はダメですね~。川越のちょい先から寄居まで大渋滞でした。
 一昨年もわずかに発生していました。我々の通過後には大きくなったとの情報も。

 これが中央道であれば、過去 20 年近くの間、混んだことがありません。 30 日は真空地帯のように空いているのが通例です。たとえ短い渋滞の情報が出ても、近づいたときには解消しているのがパターン。
 首都圏は新潟から出てきた人が伝統的に多いですから、近さもあって、30 日の帰省台数が少なくないのかもです。

 来年は、中央道方面に戻すか東名道方面に変えようかと、考えています。

 時間にゆとりがあったため、川越 IC で関越道を降りました。川越から嵐山小川 IC まで一般道です。
 前走車が常にあって、かなり もたもたで、信号のタイミングも車を止めるよう止めるように操作してあって、快適ではありませんでしたけどね。気分は消耗せず済んだと思う。(笑)

 嵐山小川 IC で乗り直してからも、寄居まで渋滞が続きました。寄居からは順調。駒寄 PA のスマート IC で降りる。水沢まで、あとは一本道のようなもの。ほぼ予定通りの時間に到着しました。

  少し手前

到着   

 水沢観音周辺にある うどん屋で、水沢うどんを名乗れる店は 11 軒だけだそうな。どういう基準で認定されるのか知りませんが、今回訪れた清水屋は名乗れる店だとのこと。

   

 胡麻つゆ ざるうどんの一本勝負です。

  

   

 店内に掲示される写真を見ると、少なくとも幕末には開業していた模様。創業がいつの頃なのかは気にしていず、わかりません。

   

  


 大盛りを頼んだためか、お代わり分の胡麻つゆも出てきました。

   

 きた!♪


 ンマ!♪ でした。(^◇^)

 これだけの量の うどんを食べると、さすがにお腹いっぱい。眠くなってきてしまう前に、と長居をせず店を出て、伊香保へと向かいました。

 ここに来てスカッ!と晴れたのはしばらくぶりで、先立つ紹介のところで載せた写真のように赤城山の展望が素晴らしかった。
 水沢観音から伊香保まで、あっと言う間の距離です。車を駐めて、石段の湯へと向かいました。

    

 『石段の湯』の庭から望む景色。山はよくわかりません。これは武尊の方になるのかしら。

   

 こちらは三国峠のあたり?

   

 白砂山とか上ノ間山とか? 向こう側は赤倉とかなるのですかねぇ??

   

 これだけ見渡せる天候だったのは、初めてかもしれません。そして『石段の湯』は、この日も最高のお湯でした。

   

 鉄分の茶色いお湯です。ちゃんとした泉量があるらしく、とてもいい感じ。相棒からも、相変わらずここはいいお湯だ、との言葉が出ました。

 入浴後は2階の広間でぐったりできます。この面でも、バイクで行けるところ。d(^_^)

 例によって牛乳を飲んで、しばしぐったりしていました。


 入浴後は駒寄 PA 近くのFarmdo 食の駅吉岡店へと下りる。

   

 着いた先の『 Farmdo 食の駅吉岡店』は、産直所とスーパー兼ホームセンターと食堂部が一体になった、道の駅みたいなものです。

  

 特に「あれを買おう」なく、ふらふら見て回って、これいいね♪があったら買おう。そんな程度で寄りました。

   

 ここで感心したこと、2つ。v(^_^)

 一つ、小麦粉と蕎麦粉が大量に売られていた。産地ですね~。

  

 一つ、機具が本格的。首都圏のホームセンターじゃあり得ない本格ぶり。

    

 そらね、食べる前に精米するのが美味しいとは思いますよ。でも、このサイズで毎日動かすのか!?と。(笑)

 で、何を買ったんだっけかな。忘れた。(;^◇^;)

 たしか翌朝の食事に酒饅頭とか、お菓子とか、あれこれ。これも!だ。

  

 貴重な体験って、どんな体験なんでしょう? (^^;;; まだ飲んでいないのでわかりません。

 飲むのがこあいかも~。(;^◇^;)


 買い物の後は駒寄 PA スマート IC へ。

  Nikon 1 V2

Stylus 1   

 帰宅まで、順調でした。

   

 行きの渋滞が嘘のよう。交通量は多かったですけどね。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« モンブラン東京店(万年筆再燃3) | トップページ | 周辺減光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/58980383

この記事へのトラックバック一覧です: 水沢うどんと石段の湯:

« モンブラン東京店(万年筆再燃3) | トップページ | 周辺減光 »