« 周辺減光 | トップページ | 続、万年筆(2)細字は国内モノ »

2014.01.28

続、万年筆(1)スーベレーン

 カフェ・ド・ランブル(銀座)


 万年筆萌えが再燃で web 上の情報をあれこれ見て回ってみると、これまた深くて濃い世界が広がっていました。(^o^)

 ちょこちょこ買って楽しんで、書いてみて楽しんで、比較も楽しんで、インク(正統な表現は『インキ』らしい)もたくさんの種類を楽しんでいる人。
 はたまた、ペン先等を調整してもらって書き味を正したり変更したりする人。人によっては自分で分解しての清掃やら、ペン先に手を加える調整やら。(ノート PC 分解してマザー上のチップ抵抗を半田ごてで外して CLOCK UP する姿を思い出した。(笑) )

 色々ですね~。深い人、多いんですね~。だいぶ濃い人も、いるんですね~。(^o^)

 車やレンズほど高くないからできるのかな。た~くさんの万年筆を手に入れては試して楽しむ人、少なくない印象です。


 そんな人たちが書き綴ったあれこれを読んで、Pelikanスーベレーンというやつを、自分もいつかは使ってみたいと思いました。
 blog 等で話題に取り上げられる率も量も、MONTBLANC よりずっと多いです。

   

 特権階級的なレベルにお金持ちの人のための宝飾品な世界にシフトしていった MONTBLANC は対象外となってきていて、スーレベーンというやつが「いつかは・・・」の高級万年筆として君臨してきているようです。
 パッと見た瞬間にわかる独特なデザインで、ぽてちも見知ってはいました。

 こういう世界は「上げ」な記事がデフォだから、という面もあることでしょう。でも、紹介を読むと、とても良く書いてある。
 良いと思うから書くネタになるのだ。書きたくなるのだ。そういう面もあることでしょう。

 ちょっと興味あり♪ ヽ(゚▽゚)ノ


 でも、それよりか、今は国内メーカーに熱いのであった。(笑)

 安くて良い。ペン先の調整をしてもらえる機会が得られるならば、ずば抜けてお買い得な高品質品という印象を受けます。

 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 周辺減光 | トップページ | 続、万年筆(2)細字は国内モノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/59027726

この記事へのトラックバック一覧です: 続、万年筆(1)スーベレーン:

« 周辺減光 | トップページ | 続、万年筆(2)細字は国内モノ »