« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013.07.31

ちょっと無理して房総(車)

  土曜の戦禍

 手前3つのレンズは Nikon です。お約束でしょう。(笑)

 左から、専用。真ん中、中・近。右、専用。奥のサングラスは、バイクでシールドを開けて走りたいとき用。度なしの ¥2,800- でした。
 手前3つの内訳はレンズ交換2つと、新規を1つ。いい値段になって・・・書きたくない。(爆)
 
 
 さて

 せっかくの週末に ひき籠もっていると、それはそれでストレスになります。d(^^;

 できあがったメガネを受け取りに行くとか、デパ上で夕食にするとか、そういうのじゃ解消になりません。
 そう、ぽてちはエンジン乗り物で出かけないとダメ。(笑)

 この日は、はじめから車で出るつもりでした。土曜日の、熱気団にやられて挫折した状況、その他の兆候とあわせて「これは暑さ疲れをしているゾ」と思いまして。

 ぽっきり足でずっと乗れずにいたところへ1週前の 888 km ツーリングでいきなり暑さにさらされて、体が降参気味なんだと思います。体力と根性がありませんね。(^^;)

 であ、車でどこへ? 特にアテがあるわけではありません。

 Google map を見て、あーでもない、こーでもない。水戸へ納豆を買いに行こうか それとも銚子へ電鉄を見に行こうか ぐだぐだと、時間ばかりが過ぎていく・・・
 ということは、時間切れで「結局また房総ヽ(^◇^;)ノ」のパターンです。(笑)

 土曜日に断念した、味来囲小櫃店へ とうもろこしを買いに行くことにしました。

 首都高速、アクアライン、ともに順調。交通量が少なくて、拍子抜けするくらいあっさりと、味来囲へ到着。
 もう午後に入った時間だったからでしょう。帰路は、こうはいかないはずだと考えながら。

 とうもろこしを7本と、朝食用に きなこ餅を購入。v(^_^)

 ここで考える。頭にあった「高滝駅の偵察でもして、市原鶴舞 IC で圏央道に乗って帰る」を実行するか、このまま帰るか。

 やはり体調がよくありませんでした。ずっと頭痛が続いていて、体全体もなんかシンドイ。この時は治まっていたけどお腹の具合もイマイチ。
 暑さ疲れと、エアコン冷えと、睡眠時間帯の乱れ。この3つかな? (^^;

 帰路の渋滞がなければ そのまま帰ったと思います。が、渋滞がもう始まっていた。出発が遅かったから当然なんですけどね。

 で、こりゃしょうがないやと、高滝駅へと向かいました。

 気温 30 度。楽な気温ではありません。高滝駅に着いて車を降りると、じゅわ~っと汗をかきます。体調からして、ちょっとシンドイ。

   

 時刻表を見ると1本行ったばかり。次は 30 分後です。

  

 特に車輌を撮りたい気持ちがあったわけではないので、すぐに引き揚げる気になる。

   

 撮りに来た人が、着いてまず撮っていた奴。(^_^) 奥の 911 が謎です。

  

 だいぶ人なつこい奴で、近づいて声をかけたら寄ってきて足にスリスリしてきました。頭をちょいちょいと撫でたら、だいぶ熱をもっていた。

 

 涼を得たい一心で、コンクリの上に寝転がっていたのでしょう。ご挨拶が済んだら、さっさとコンクリの上に戻っていきました。

 ちなみに、奥の 911 は練馬ナンバーでした。小湊鐵道に乗る目的でやってきて、ここに置いて乗っていったのかしらん?

 この後、すぐ近くの高滝湖に向かってみる。高滝神社の駐車場に車を駐めて、湖(人造池)を見てみる。

  

 予想通り特に何があるわけではなく、ふ~ん・・・ 時間も長くは潰せませんでした。

気温 30 度。駅まで歩くらしい   

 あらためて渋滞情報を見ると、より酷くなっていた。どうすべぇかな?・・・ 頭痛は続いているし、シンドさも・・・
 近くの「市原ゾウの国」に入るとか、「東京ドイツ村」を目指すのも、ねぇ。(笑)

 頭痛薬が無いからカフェインの錠剤を飲んで(イミフメイ)、市原鶴舞 IC をいちど見て、木更津の SENDO で無糖コーラを箱買いしよう。重ねてイミフメイです。(笑)

 イミフメイだけど、こういう「ぷらぷらドライブ」もいいんじゃないか?と思う。これをできるのが、アクアを使えば東京から近い房総の良さでしょう。d(^_^)

 ここららしい道。里山の香り残る集落を抜け、丘を超え、田んぼを縫い、大鳥居くんでは車幅ぎりぎりの小道に入り込んで ぎりぎりの隧道を抜け、丘を超え・・・ いつもの SENDO へ。

 SENDO では無糖コーラの箱の他に、晩ご飯用の寿司パックを購入。もひとつ、見ているところへちょうど出てきた揚げたてメンチも。
 たいていの揚げ物は、揚げたてならたいてい美味しい♪ですからね~。(^_^)

 箱を車に積み、寿司パックを保冷ボックスに入れた後、たばこベンチでメンチを食べました。なんか、急に幸せ感・・・ 単純な奴。(笑)

 メンチでエネルギー補給。カフェインが効いてきたのか? 夕刻になって気温が下がり始める気配が出てきたからか?
 乗り込むとき、頭痛が消え去っていて、シンドさも収まりかけていました。金田 IC に着いた頃には、自分が不調だったことを忘れていたくらいです。

  

 アクアラインはやっぱり渋滞していました。小櫃や高滝で見たときよりマシですが、金田 IC から、トンネルの下りが終わるところまでノロノロ。

 アクアトンネルを抜けたら順調。と言っても、浜崎橋は渋滞していたし、谷町も軽く渋滞。これはもう、仕方ありませんね。
 全体として順調に流せて、代官町で降りて、いつものガス スタンドへ。

 ここでびっくり給油口が開かない

 すぐにディーラーへ電話して、これから行くので診て欲しいと依頼。水曜日から泊まりで出かけるですからね。吹っ飛んでいきましたですよ。(笑)

   

 診てもらうと、迷うことなくコチョコチョっとやって、パカンと開いた。(^^;;;

 キャップを繋ぐプラケーブルを板バネに噛ませてしまうと、板バネがバカになってしまって、自ら開かなくなる。
 もしこうなってしまったら、一人が運転席下のレバーを起こし、もう一人が指で開けるようにすれば大丈夫。

 大丈夫じゃね~!ヽ(^◇^;)ノ と言うことで、アナログ的な修正を施してもらいました。

 要するに、板バネを ひん曲げた、ということだと理解。(笑)

 原因と対策がわかったことで、もし再発しても自分で対処できそうです。v(^_^)
 安心して帰路につきました。

 で、帰って寿司パックを食べる。マグロとイカと玉子がンマ♪かったです。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.28

バイク修理の後はひき籠もり

  やっぱツアラーがいい

 修理部品(左スイッチボックス)の在庫が国内にあったのかな。水曜日には電話をもらい、今日、修理作業に行ってきました。

 ついでにオイルとフィルターの交換も依頼。例によって、オイルは持ち込みです。車であれこれ試して遊んだ体験から、オイルは自分なりの「費用対効果と費用対耐用距離の、落としどころ」がありまして、バイクでも自分で見繕ったものを使っています。

 銘柄は ELF か Castroll 。灼熱期は ELF の 10W - 50 にして、他の時期は指定オイルである Castroll の 5W - 40 にしてます。 ELF は特に好みというわけでなく、粘度指数と価格と体感効果から。

   

 新しいオイルは、きれいでいいですね。

 ちなみに、車だと、HONDA 純正オイルが一番。これが ぽてちの到達点です。車のメーカーによらず、オイルは HONDA 純正が良い。これ、前にも何度か書いていたはず。同程度グレードの有名他社にはっきりと勝る効果を持ちつつ、費用対効果も頭一つ出ていました

 おにぎりで筑波を走っていたのも HONDA 純正でした。筑波では日常用と粘度指数を変えていましたけどね。おかげでエンジン絶好調でした。v(^_^)

 が、今はスバル純正。点検パックで定期点検時はオイル交換も含まれているので、そうなっています。体感フィールは良くも悪くもありません。マツダとスズキがダメだったことを思えば、上々でしょう。
 訊けば、5W - 30 だそうです。「ドッカン!系ターボで 5W - 30 ?」と思う人もいるでしょう。が、これでダメなほど踏み続けないから、十分っしょ。v(^_^)

 も一つ、松戸から東京に戻ってから、行きやすい用品店が変わりました。その東雲は、我が定番だった粘度指数のホンダ純正オイルを置いてないんですね。並んでいるオイルの品揃えも、低燃費・低価格指向品や(ぽてちが「安かろう悪かろう」と嫌う)PB ばかりだし。

 品揃えが多くピットも充実していたスーパーオートバックス沼南は良かったなぁ・・・

 ちなみに、上の写真で半透明ホースが刺さる黒いプラスチック部品。この根本にクラックが入り、オイル漏れを起こしました。これが前回の入庫。
 場所からして、わずかな漏れのうちに気づいて良かったと思います。(^^;)


 閑話休題

 修理とオイル交換の作業で1時間半くらい待ったかな。もっぱら雑誌を読んで時間をすごしていました。

  

 着いたときには暑くなってきていて汗だく。一階に下りる気にならなかったです。(^^;)

   

 でも、作業完了後に君津へ とうもろこしを買いに行こうと思っていましたです。館山のナカパンも、と。v(^_^)

 で、出発した。臨海副都心から首都高速に乗った。東京湾トンネルに入った。

 トンネル半ば過ぎの 39 度にやられました。(^^;;; トンネルを抜けた後も東海 JCT まで続く 36 度 35 度 34 度にやられました。(^^;;;;;;

 要するに、心が折れました。(笑)
 だって、アクアトンネルは何度?それが何分間続くの?(^◇^;) と。

 意を決して空港中央で下りる。空港で U ターン。気温は 32 度。また首都高速に乗って帰るのもナンだから、城南島からゲートブリッジを渡り、新木場から回ってライコランド東雲に行きました。

  

 あっついからでしょうかね。展示を見る客はゼロ。(^^; ただ一人ぽてちが見に行って、ちょっとお話しを聞いたくらい。

 店内は ひや~♪ (=^^=) バイク用品店はエアコンきっちりで、嬉しいですね。

 インナーキャップで後頭部が首まであるやつと、ホイール洗車ブラシを買って帰りました。都内はずっと 32 度。東雲のあたりも都心部も変わりませんでした。

 汗だくついでに「今日は車のリア ホイールだけ」とパシャパシャやっていたら、様子を見に来たやつ。(笑)

 終えて家に上がってシャワーを浴びて、ご飯を食べたら寝てしまって、エアコン引き籠もり。v(^^;)

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.26

修理の終わったレンズ

  

 AF 不調&ピント不調の修理から戻ってきた AF-S VR 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED を、ようやく試してみました。

 で、上は、相棒が冷蔵庫に入れていたものを、そっと喰ったもの。(笑)

 この写真、けっこう微ぶれしていて、アンシャープマスクを強めにかけてしまったものですけどね。
 修理前とは「抜け」が違って見えます。コントラストも。

 伝票に「 G4 レンズ交換」とか書いてあったから、レンズ群のうちの一つを換えた模様。その効果があったということでしょうか。4だと後玉かな?

 いずれにせよ、おかしな状態で長く使ってきたんですね。2年前にも同じ訴えで有償修理に出したんですけどねぇ。(^^;)

 こちらも試し撮りしたもの。

   

 うみゅ。やっぱり「抜け」とコントラストが今までと違う。

 以前は Picture Controll で「コントラスト」を +1 しないとならなかったのが、0 でもずっとハッキリ写っています。

 これなら重くても利用頻度がもっと高くなったはずだし、「代替に キリッ!と写る AF-S 24-70mm f/2.8G ED を」と考えず、「スカッとした写りを見たいときは単焦点」となったかもしれません。
 もっと早く最修理に出せばよかったですね~。
 
 
 で、何枚か撮っているうちに、また AF が動かなくなった。(^^;

 レンズの MA / M スイッチをパチパチやったらすぐに復帰したけど、やっぱり変なことは確かです。
 これはまた何かの機会に持っていくしかないですね。
 
 
 ところで、単焦点と言えば。

  

 長らく死蔵状態だった Ai AF 28mm f/2.8D の写真です。

 背景が背景なのでこの写真ではわかりませんが、開放だと けっこう周辺減光が出ます。気づかなかったけど、こってりした色乗りをする様子。ちょい、クセがあるレンズのようです。

 面白いな、と。(^_^)

 あらゆるシーンに対応しようとしてズームばかり持ち出すのでなく、思い立った単焦点レンズをつけて撮ってみることもしてみよう。そんな気になっています。

 ちなみに、外出先でレンズ交換をすることは、まずありません。σ(^^;)
 面倒くさくて。(爆)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.25

寝坊

  

 今週も東京は酷く暑くはなく、おおむね昔の夏を思わせる天候。このまま続いてくれるといいのですが。
 写真は酷い暑さが落ち着き始めた頃のもの。(7月16日)
 
 
 さて

 いつものように起きて、いつものように PC 小部屋でパンを食べ終えた頃。相棒が起き出して着替えを始めました。
 すぐに朝ご飯を食べ始めた気配も漂ってきた。

 ?? やけに早いじゃないか。

 朝食後の一服を終えてYシャツを取りに行ったとき、「今日はやけに早いね」と声をかける。「8時半から打合せがあるから」とのこと。

 ??? 8時半から? そら早いが、まだ早過ぎるでしょ。何をやっているんだろう??

 と思ったところで時計を見ると、時計が1時間進んでいる・・・


 えっ?・・・ 寝坊だ! 気づいてバタバタバタ・・・

   

 バイクツーリングから帰ってくると疲れが溜まっていて、なかなか抜けない。そういうお年頃のようです。σ(^^;)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.24

ツー2日目、予想外の長話し

  

 今回のお泊まりツーリングでは、燃費がまずまず良好な値でした。

 全部で 888.1 km を走ってきて、そのうち二日目が 353.0 km 。この帰路で 17.5 L の消費でした。すなわち、20.17 km/L だったことになります。

 初日に駒ヶ根 SA で給油してから田原で給油するまでは 290 km くらいで、 14.62 L の消費。19.83 km/L くらいということになりましょうか。距離をメモしてなかったので、ええかげんな記憶での計算ですけど。(^^;)

 日頃の房総日帰りツーだと 18 km/L 前後ですから、高速道路の巡航がほとんどなら もう一歩くらいは伸びるのですね。

 燃費がよいにこしたことはありません。とは、ガソリン代の観点でなく、航続距離給油タイミングの自由度が増すから。

 日ごろ燃費を気にしてチェックしているのも、この観点からです。

 60 L とか 63 L の満タンで出ても給油が必須となる距離が多かった ぽてちは、トリップ計の距離と残量計を見ながら「あと何 L 残っているか」「あと何 km 走れるか」を常に計算しつつ、「いつどこで給油するか」を考えながら走るクセがついています。
 そのために、残量計の表示誤差や、平均燃費計の誤差について、補正計算するための実測値が経験として必要ですから。
(大鳥居くんの残量計が ええかげんだ (-_-;) とブツブツ言っているのも、この計算と補正計算を面倒にするからです。)

 タンクの小さいバイクでツーリングに出るのにも必要な計算で、バイクでも「どういう走り方で、どれだけだったか」をチェックしています。

 メバチくんの 24 L タンクのうちの 20 L まで使ったとして、400 km は走れるんですね。これだと、東名・名神を西進したら養老 SA までたどり着けるかな?
 名古屋市内まで 350 km だったから、ちょっと微妙な気がします。手前の上郷 SA で給油しておくべきかな? 2 L 残しの勝負をするなら養老まで? なんて具合。

 昔乗っていた H22A エンジン アコードだと自宅からちょうど 600 km の中国道 社 IC を軽く超えられましたし、赤とんぼも四国の高松中央までたどり着けました。バイクは航続距離が短いですね。って、タンクが小さいのだから当たり前か。(笑)
 どだい、バイクだと一気にそこまでの距離を走り切ることができないし。σ(^◇^;)

 バイクだと、そんなものだ。

 と思っていたら、二日目の道の駅すばしりで、なかなか剛の者とお話しをする機会に恵まれました。(^_^)

 まだ暗いうちに埼玉を出発して、郡上市の「やまと」、高山市の「飛騨位山」「荘川」を三連発で叩いた後に安房を超えて、松本市の「風穴の穴」を退治。帰路、「すばしり」も落ち葉拾いをしてから帰るというタフなツアラー
 お別れした直後の走りっぷりからして、相当な乗り手とお見受けしました。

 これがなんと、素敵なお嬢さん。びっくら~。(^o^)

 22 度の快適な環境でリラックスしていたのと、お嬢さんの気さくな雰囲気に調子に乗って、BMW 談義バイク談義に盛り上がってしまい・・・ ぽてちの悪いクセで、長話しにつき合わせてしまいました
 もしもこれを見ていたら、ごめんなさい。(^人^;)

 ということで二日目。

 お宿で迎えた朝は晴れ。写真は部屋から見た田原湾です。

 

 7 時起きで、軽く荷物をまとめて朝食に下りたのが 7 時半過ぎ。朝食は、まぁ ¥6,000- だとこんなもんでしょう、といった感じ。

  また食べ過ぎ (^^;

 料金に関わらず美味しい可能性のあるご飯生卵を選択せず、パンを選んだ ぽてちの選択もよくなかった。わかってます。(^^;)

 ポット用に 100 円の氷を買って部屋に戻り、一服してから荷造りと着替えを開始。

 とっとと終わったんですけどね。エアコンの効いた部屋が快適で、なかなか動く気になれませんでした。(笑)
 で、出発が9時。

 荷物を積んでいるときから日射しジリジリ。今日も暑くなるゾ~。(^o^;)

 と、豊川 IC まで 30 分ちょいかかったかな? 暑くてもう嫌になり始めた。(笑)

 R23 豊橋バイパスに入る直前に VW & AUDI の新車をたくさん積んだ積車を見て気づく。そっか、車な友人が務めていた VW 豊橋テクニカル サービスセンターのすぐ近くを、いま自分は通ってきたのだな、と。
 いま見ているこの景色、友人の目には馴染んだ懐かしい景色なのだろうな~、と。(^_^)

 積車は、納車前組み立てが終わったのが5台。不織布で覆われた車が1台でした。

 気温は9時半の豊川でもう 33 度。三ヶ日 JCT で新東名に折れて、トンネルをいくつか抜けるまで 33 度が続きました。

 新東名は、広い車線と緩やかなカーブで走りやすいことと、東海道にも関わらず山深い景色が新鮮です。が、新鮮なのは浜松くらいまでで、すぐに飽きる。(笑)

 暑さ避難と水分補給で、浜松 SA で休憩をとりました。

   

 手前はこの SA 唯一の2輪用スペースです。体が不自由な人が乗っているなら仕方ないと思いますが、ぜんぜん自由で小走り駆け足可能ななジジ様バ様の4人組でした。(^_^;)

  

 浜松 SA の後、淡々と道をこなす。次の休憩は駿河湾沼津 SA で。昼食にしました。

   

 この日よけ、新発見でした。意外にも、日射しのキツさがだいぶ和らぐんですね。(^o^)

  

 ぽてち的に驚きの発見でした。たいした効果がないと思っていましたから。

 駐車場の端まで行って、駿河湾を見る。爽快な眺めと、海からの気持ちよい風♪

   

 こんなツーリング姿を見て、いいな~♪とニマニマする。(=^^=)

  

 次はいよいよツーリング最後の目的地、道の駅すばしり。御殿場 IC で本線から分かれた直後の曲線開始部分で、2輪がガードレールに突っ込んだ後処理をしているところを見ました。朦朧としていたのかな? 渋滞末尾に気づくのが遅れて脇に突っ込んだのかな? 状況からして、乗り手のダメージが心配。(^^;;;;;;

 ぽてちも疲れていたのでしょう。御殿場で下りてから、車の遅さと信号停車の多さにイライラしていました。(^^;

 で、須走の直前で突如 22 度。どえらい快適に感じましたですよ。(^◇^)

 スタンプの後に桃を買ってしまいまして、どうやって積むのよ?と、しばし悩む。(笑)

 

 クーラーバッグの中を整理して、何とかつぶさずに済むよう詰め込みました。で、ソフトでも食べるかな?と思ったところで上記のお嬢さん。(^_^)

 1時間以上ひっぱってしまったかしら。(^^;;;

 お嬢さんが颯爽と出て行った直後に おっちゃんから声をかけられるも、ぽてちも時間が気になっていて、早々に切り上げて出発してしまいました。
 古くからのバイク乗りだったようで、もっとお話しできればよかったかなと思いましたが。

 御殿場に下りて東名で帰るつもりだったのですけど、22 度をちっとでも味わっていたいと思って山中湖方面へ。
 富士吉田で、すでに快適さが失われましたけど~。(^^;)

 上野原のあたりから相模湖あたりまで、雨。気持ちよかった。(笑)

 雨がやんでから眠くて眠くて眠くて・・・ 八王子バリアを抜けたところで小休止をしてしまう。バリアを抜けた直後の広いところでも高速道路上ですよね。本当は停まっていてはマズイのでしょうけど。(^^;)

   

 首都高速は外苑まで順調。いつものスタンドで給油して、トータル 888.1 km になっていることを知る。いや~ ぽてちにしては走った走った走った。(^◇^)

 荷物を運び込んだ後に目立つところをザッと流して、以上、終了♪ \(^o^)/

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.23

ぽっきり足から復活お泊まりツー

  

 唐突に思い立って、一泊ツーリングに出かけてきました。

 標的は、信州新野千石平、瀬戸品野、田原、須走のスタンプ4つです。

 前日にスクリーン スイッチ故障の確認でディーラーへ行った際に、30 cm ぶかぶかシューズなら小指ぽっきり足でも大丈夫なことがわかりまして、急きょ決意!v(^o^)

 ディーラーとライコランド東雲から戻った夕刻には眼鏡のレンズ交換と夕食で池袋へと出かけていまして、帰宅後の晩に Google map でルートを検討し始めました。

八ヶ岳 PA   

 map を見ながらお泊まり候補地に空きのあるビジネスを検索して、天候の確認をして、「よし!、行けるゾ!」と。

 で、出発は例によって朝の9時。v(^^;

 選挙のおかげか高速道路がガラガラだったからよかったようなものの、一日で 540 km を走る企画の出発時間じゃありませんね。わかっています、はい。f(^^;;;

 出発したとき、概ね晴天なのに 25.5 度。すずし~♪

八ヶ岳 PA   

 大月まで、道は順調だし気温も概ね低いまま。高くても府中の先から高尾まで 29 度といった程度で、ひじょーに快適に感じつつ進行しました。
 甲府盆地に下りて 31.5 度。八ヶ岳を越えて諏訪南まで 27 度。岡谷から伊那谷を下っていくに連れてジリジリと上がってゆき、駒ヶ根 SA で給油したときは 30.5 度

  駒ヶ根 SA

 こんな天候の日曜日です。バイクツーリングが少ないわけがないですね。とてもたくさんのバイクを見かけ、そしてすれ違いました。

 飯田山本 IC で中央道を離れ、三遠南信道路を使って天竜峡 IC から R151 へ。

 見たことのある景色でした。阿南町まで、一昨年の中央構造体ツーリングで走った道です。一昨年のように、できるだけ天竜川沿いに走って景色を見たい気持ちがあったのですけどね。スタンプ ツーリングは先を急ぐ効率優先のスケジュールになってしまいます。(^^;)

 後の行程をたどっていたときにも似たようなことがあって、これは今後の課題だな~と思いました。先を急ぐだけは勿体なさすぎだゾ、と。
 もちろん、出発時間を早めれば、ある程度は違うのですけどね。我が体力の状況からして、大きくは違わないはずで。f(^^;)

     

 14 時前に到着した道の駅信州新野千石平は大いに賑わっていました。バイクツーリング、家族連れドライブ、ジジババ乗り合わせのドライブ。駐車場がほぼ一杯になるくらい。

 売店部をザッと見て、野菜が と~っても充実していました。そらそうでしょうね。立地からして。(^_^)

  売るほどいるんだ~

 この後に行った瀬戸品野は人口の多い平野部だけに、加工食品が充実していました。それぞれの立地からくる特色がよく現れているな~と。プラっと来られる距離ならば、どちらもちょくちょく来たいものだと思った充実ぶり。

 昼ご飯にこんなもの。

   

  

 と、こんなもの。

   

 御幣餅はとても美味しかったです。ソフトは、仕入れてきた素パックを機械に入れているだけの模様。(^^;)

 お腹が落ち着いたところで次の瀬戸へ。来た R151 を戻りました。14 時半くらい。

 気温はだいたい 30 度。日射しを少々シンドく感じますが、日が射したり曇ったりで、まだ大丈夫。飯田山本まで戻ると晴れて 31 度。恵那山トンネルを抜けて標高を下げていくに連れて、当然のことながらジリジリと上がっていきます。日射しもバッチリ。(^^;

 シンドイわ~と思って休憩した神坂 PA で 32 度。かなりキツく感じ始めました。さらに下っていくと、恵那あたりで 33 度。屏風山 PA あたりで 34 度。神坂で濡らした後頭部と背中が、すぐに乾いてしまいました。

 酷暑 34 度のキツさ、土岐 JCT で東海北陸道に折れるまで続く。(^^;;;;;;
 ということで、写真どころでなくなって、日暮れどきまで写真がありません。v(^o^;)

 この日、あらためて思いました。

 湿度が高くても走行風で快適に感じていられるのは 27 度まで。超えると不快に感じ始め、日射しも負担になってくる。それでも 29.5 度までは平気
 不快に感じつつも通常の意識状態でいられるのは、31.5 度まで。日射しがあるとだいぶ負担で、でもギリギリ通常の意識状態。
 ここから先・・・ キツいっす。シンドイっす~も~ダメ。(笑)

 暑さバテなのか、発汗バテなのか、神坂 PA に続いて道の駅瀬戸品野でも しぱしの座り込みをしました。
 気温に夕刻の気配を感じながら本日最後の予定地、渥美半島の田原へと出発。 16 時半くらいのこと。

 気温が下がってきても、いちど汗ベタベタになってしまうと不快でいけませんね。もとより湿度が高いのだし。
 豊川、豊橋と、30.5 度くらいだったにも関わらず、信号停車でけっこうフラついてましたですよ。(^^;;; そして田原に向かいながら夕暮れを迎えても、田原で日暮れを迎えても、不快感が続く。(^^;;;

 しばらくぶりの長時間乗車で背中が痛んでいて、慣れぬ新パンツの防護パッドで膝がキツいことから腿まで痛み始めていました。
 豊川 IC を下りてずっとドラッグストアを目で探していたんですけど、発見できずに長閑なエリアまで行ってしまいました。完全に断念したところで、道の駅田原の目の前に発見。(笑)

    

 スタンプゲットの後、バンテリンを購入しましたですよ。v(^o^;)

 道の駅瀬戸品野を出てからずっと考えていたこと。バンテリンを買って、田原のスタンプを取ったら手早く夕ご飯を終えて、お宿に入って ぐずぐずせずにシャワーを浴びる!!!

 そんな意図から、道の駅から5分のところにあったモスバーガーで夕ご飯をとることに決定。
 これ、道の駅に着く前に通り過ぎたときからの決定です。

 自宅から 250 km 以上の地までせっかく来ていて いつものモスで?とは思いましたけどね。
 あれこれ探して回って、店を見ては逡巡している余裕。ありませんでした。塩分たっぷりな、甘辛いものを食べたかったのも理由にあった。

   

 うま♪うま♪と平らげた。(^Q^)

  

 食後、コンビニに寄って飲み物を買って、すぐ近くで給油。
 よく覚えていないのだけど、出発からの走行距離は 540 km 程だったと思います。約 11 時間。ぽてちにしては よく走った走った。(^o^)

 お宿もまずまず快適。比較的新しい施設で、大浴場もあった。朝食つき ¥6,000- にしては良い方だったかと。

   

 荷ほどきして、ネットをチェックしながら一服二服。(^。^)y-゚゚゚ 落ち着いてから待望の大浴場へ Go!!

 初日、満足できる状態で終わりました。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.20

『夏』は涼しな~♪

  

 前の晩から早朝にかけての予報最高気温が 34 度だった日。

 午前のうちに予報最高気温がどんどん下がっていって、31 度になっていた。実際にはアメダスで 30 度を超えたくらいだったのではないでしょうか。路上の気温もさほど変わらなかった印象です。
 晩には夕立も降ってきて、夜半には ひんやりとした空気も感じられるようになりました。

 そんな日が続いた今週は、涼しいですね~♪

 という感覚が、すでに間違っている気がしますけど。(笑)

 これが『夏』っす。(^◇^)
 かつて、ぽてちが小さな子どもの頃は、『』ってのは、基本こういうものでした。

 これくらいだと、こういう文物を見て愛でる気にもなろうってものです。(^_^)

  

 撮影していたときのことを思い返すと、暑く感じていましたけどね。でも、許容の範囲。

   

 秋が来るまで、こういう日がずっと続くといいんですけどね。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.07.17

赤城の訳と、クネクネの大鳥居くん

  

 こんなん撮られてました。

 相棒の撮影です。 1 Nikkor 11 - 27.5 mm f/3.5-5.6 、サイズと値段を考えたら まずまずではないでしょうか。レンズキャップは 1 J3 。現像調整は Capture NX2 で。
 
 
 この写真の 45 分前までは、赤城に上るなんて、考えていませんでした。奥日光湯元で涼むことと入浴することを目指して出発したはずなんです。d(^^;)

 直接のきっかけは、赤城高原 SA での食事休憩時に、ぽてちが赤城のお山を指さして言うたこと。
 「(関東では国定忠治の伝承で)とても有名な赤城山。こうして何度も近くを通っているのに、上ったことが一度もないんだよね」と。

 九州、東北と大阪で中学校までを過ごしてきた相棒は、世代もあって、赤城は某Dなマンガで有名なところだと思って聞いていたようです。(^^;)
 鰭ヶ崎のお好み焼き屋さんで マンガをほぼ全巻読破したのも利いていたらしい。(笑)

 で、「これから上ってみたらいいんでね?」と、提案がありまして。

 出発がどえらい遅くて、湯元でいつも立ち寄り利用する温泉宿の入浴を断られる時間になるのが 100 % 確実なこと。
 曇天で、埼玉・群馬ですら予想ほど気温が高くなく、湯元の気温に感動と有り難みを感じにくい天候だったこと。
 出発がどえらい遅くて、湯元の後に考えていたドライブルートをたどれる明るさでなくなってしまうこと。

 考えていたこと3つが3つともパーなので、「今日はもういいや」と。計画変更で提案を容れました。d(^^;

 昭和 IC で下りてナビ任せに上ってみたところ、てっぺん近くの大沼湖畔に怪しげな建物群を発見。(笑)

   

 観光客を対象に、土産物、食事、遊具等を提供する、古典的な いで立ちの施設が忽然と現れました。あまりにも古典的で、かつ古びています。
 今どきの観光地に期待される、小ざっぱりとしていてシャレた姿には、まったく合致していません。高度に高度成長期的な、化石的空気に感動すら覚えて緊急停車。(^◇^;)

  

 「ほぇ~、こういうところ、まだ残っていたんだ~」と、つぶやきが出ましたです。(^^;)

 この後、宇都宮あたりで泊まる気になって宿を探したらどこも全滅だったくらい人が動いていた日にも関わらず、人がほとんどいません
 ぽてちは、赤城山はレジャー・観光の地の一つだと思っていたんですけどね~。

   

 おかげで静かなひとときを過ごせたのは、とても有り難いことでした。ちょっと湖畔まで行ってみるか。そう思って、歩いてみる。

 崩れ倒れそうな番小屋と、その上の枯れたオブジェに目を吸い寄せられる。

  

 ちょっと違うけど、『トマソン』という言葉が頭を過ぎりました。(笑)

  

 眺め回すと、小さな湖が静かでいい感じ。スワンが1台だけ動いていました。

  

 ふり返ると、ちゃんと営業しています。

   

 近寄ってみると、客寄せの犬と猫が繋がれていた。ぽてち的には「嫌でも子供にいじられるだろうに、気の毒な」と思う待遇ですが、考え方も事情もそれぞれ故、考えぬことにする。

  

 「放っておいてくれ」かと思ったら、手を伸ばすと積極的に寄ってきて「ワシワシしてもいいよ(・ω・)」だったという。案外悪くない待遇だと思っているのかもしれません。

   

 目抜きを通って車に戻る。

    

 客もちょっと出てきて、賑わいが?

   

 と思ったら、すぐこんな感じに。(^^;)

  


 この後の行動計画。当日押さえで宿に泊まって、奥日光の涼や温泉を翌日に堪能することで話しがまとまる。

 湯元は無理でも、宇都宮のビジネスなら空きがあるはず。とりあえず、相棒がその気だった日光のステーキ屋へ向かって、着いたら駐車場で宿を検索する。そんな計画。v(^_^)

 途中、足尾の鉱山跡を見物してみる気になりつつ、R122 へと下りました。

 赤城山から南へ下りる県道 16 号は、「林道+」な細いクネクネ道でした。ハンドル切ってアクセル充てれば、切った方向へ平然と曲がっていく大鳥居くん概ね楽ちんで、でも前が重く感じて RX-8 の気持よさはなくクネクネを下りきるのでした。

 重量が大きくて重心も高め。なおかつ FF ベースで前が重い 4WD は、よく作り込んでいても動きの傾向がこんな感じなのね~と、あらためて実感でした。
 楽ちんかつ気持よさも得られるのは、R122 や那須高原の道路で、通常ペースの車の後ろで緩く右に左に流して走ったようなシーン。ギアは4速、から時に5速。これもあらためて。

 そして ふと思い出す。

 RX-8 で通常ペースは気持よさの手前になってしまい、ものすごく歯がゆい思いをし続けたこと。(^^;;;
 リッター SS で 田舎のジイちゃんカブの後ろに抑え込まれ続けるような感じと言えましょうか。(笑)

 その歯がゆさは、旋回能力が高すぎること、すなわち微小操作にキチンと反応して無理感どこにもなく車が積極的に曲がっていく状況を自在に発生・収束させられて気持よく感じる、その速度域が高いことだけが原因でありません。

 低回転トルクがあまりにも無く、かと言って少しでも回すと 3.5 L 重量車級の燃費になってしまうことも、カーブで遅い車にイライラする原因の一つでした。

 とは、あまり踏まずに(燃費を稼ぎつつエンジンへの無理負荷感なく)速度を維持できる下限の回転域から、できるだけ外したくないんですね。d(^^;)

 すなわち、カーブでも できるだけ速度を落とさず、ほどよい回転数を維持して6速巡航したいエンジンだったわけなんです。
 (瞬発力が無いことをわかっていて燃料を大喰いする踏み込みをするのは、踏んで踏んで踏んで!回して回して回して!いける筑波だけでもうよかった)

 外すと、2つから3つはシフトダウンする面倒があって、燃料たくさん!使用を覚悟して ちゃんと回さなければ巡航速度を回復できない。カーブの度に「おっちゃん! そんなに速度落とさんといてー!」と叫ぶのがお約束。(笑)

 おにぎりは、飛行機とか発電機に向いていると思います。自動車で実用に供するためには、RX-7 のシーケンシャル・ツインターボか、POLO GTI のようにスーパーチャージャーとターボのハイブリッドが必要です。
 それだけの力があれば、燃費の悪さも納得して受け入れられます。

 そんなことを思い出しつつあれこれ考えると、大鳥居くん、ぽてちにちょうどよいのかもしれません。低回転トルクがやっぱり薄いけど、その程度も燃費も RX-8 よりかだいぶマシ。

   

 珍しく踏み込んで回せば爆裂パワー!を叩きだすし、そのエンジンノートもヨシ! おっそい車を捌くとき、爆裂パワー!に頼らぬよう気をつけねばならぬと、自分を戒める必要があるくらいなところも
 動きの重々しさは、いずれ低燃費タイヤに換えればあっさり解消することでしょう。

 前が もうちっと軽かったらね~。それだけ。 f(・ω・)

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.15

バイクがまた壊れてた

  

 今日は予定無しで、エアコンが利いた部屋に引きこもってばかりもナンだから。

 一番暑い時間帯だけど、ぽっきり足+電熱ソックス使用時用 30 cm シューズのテストで、ディーラーへ行ってみる気になりました。

 スタンプ帳がお店に届いたと電話までいただいていたし、早めに相棒に見せて予算の暗黙承認を得ておくのも悪くない、とも考えた。(笑)

 足は、先週の通院で「もう来なくてよい」と言われています。残る痛み(折れたところより、周辺が痛む)と足の腫れは、1年くらいかけて徐々に徐々に薄皮を剥ぐように少しずつ無くなっていくとのこと。大怪我ですから、と。
 実際は、腫れも小さくなってきたし、痛みも大丈夫になってきています。外側(小指側)にうっかり力を入れなければほとんど痛みません。

   

 で、しばらくぶりにバイク装束になり、30 cm シューズなら ぽっきり足が大丈夫であることの確認をしながらあれこれ出発準備。いつものように時間がかかる奴。(爆)

 さぁ、出発だ!

 早春に1年点検でエンジンオイルを交換して、2ヶ月ほど前に大黒 PA の往復をして以来。じつにしばらくぶりの出動です。v(^_^)
 エンジン快調。ダッシュよし!ブレーキよし! やっぱりバイクは俊敏でよいな~♪

 夏への備えで晩春に買っておいたメッシュの上下も使用感がそう悪くない。サイズに悩む自分はこれ以上を望めないよな、と。
 34 度くらいあるはずだけど、短時間なら体もついていくようだ、と。

 くらい 外気温計が 24 度に張りついたまま。v(^^;;;;;

 スクリーンも動かないじゃないですか。(^^;;;;;

  

 外気温計の方は丸の内警察署の前で唐突に動くようになりましたが、スクリーンの方はピクリとも動きません。バイクをリブートしてもダメ。(^_^;)

 スタンプ帳をいただくついでに部品の発注段取りだな。そう考えながらディーラーへ。

 定休日でした~♪ ヽ(^◇^;)ノ

   

 他にアテもないのでそのまま帰路に。近所のデニーズでお茶しながら blog 記事でも書こう。と思ったら、2輪置き場が自転車でいっぱい。(たぶん大半が客でない)

 断念して帰宅。v(^^;

 けっきょく、足とシューズを含めてあれこれテストして、バイクカバーを洗っただけ。

 バイクカバーが砂埃ディーゼル煤煙と猫足泥と猫ゲーでデベドボになっていましたから、洗いたいと思っていたので丁度でした。v(^_^;)

 最後に足とシューズのこと。 30 cm もあってブカブカな分、小指とその付け根周辺への圧迫がなく、痛まずに履いて乗ることができました。
 そしてブカブカなことも、この時期、空気が出入りして悪くないな、と。(笑)

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥日光へ涼みに行くはずが

 

 赤城山、足尾銅山精錬所、日光で夕食、そして館林まで戻って泊。

 館林発で板室温泉、都内に戻って Naps 、 UP!見物、車の1年点検、帰宅。

 一泊二日、750 km くらい。車でした。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.07.13

夏のプシュッ!

  

 左端、昨日(金曜日)初の購入。

 左から2番目は、一昨日(木曜日)初登場の残り。ビール風飲料としては「チト違わない?」と思ったけど、とても飲みやすかったです。

 ぽてちはビールもビール味も好きなわけでなく、ウーロン茶とアイスコーヒーとアイスティーに飽きて、違った種類の甘くない飲み物、そして飲んだときパンチ☆がある飲み物を期待して手を出しています。
 「チト違わない?」と思っても、清涼飲料的に飲めるこれが一番かもしれません。

 真ん中から右にかけての3本は、先週土曜日に銀座で買ったベルギービールです。2本ずつ買った残り。
 飲みやすかったのだけど、アルコール入りはなかなか減りません。f(^^;)
 
 
 昨日は営業で外歩きをしまして、蒸しアチかった~。f(^^; 会社にいてもアチイんだけど、やっぱり外は一段違います。

   

 空気が湿気で霞んでますですよ。(^^;;; 夕刻の早い時間には気温の低下を感じてきたけど、これではいけませぬ。(^^;;;

 そして歩いている最中に懐かしいもの発見。もう 10 年前に、車乗ってわざわざ松戸から食べに行ったことのあるお店でした。

  

 写真を撮ってたら 10 年前のことがあれこれ思い出されてきました。

 で、おうち帰って、最初の写真ので涼を取るのであった。

にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.09

ブッチギリ

 

 岐阜、愛知の平野内陸部、甲府盆地、埼玉と群馬の平野部。実力者たちが赤紫色に燃えさかる中で、ひとり孤高の黄色い 24.3ですか。

 奥日光元湯温泉。毎年の事ながら、さすがです。奥日光湯元によく食い下がって奮闘する菅平も、どうしても他に迎合しがち。
 奥日光元湯だけは脇目をふらずにいつもブッチギリ。見ていて気持ちいい。(笑)


 ご指摘いただきまして、記事を一つ、取り下げました。(^^;

 ぽてちも、チトな、と思うていたです。お騒がせでした。m(__)m
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.08

五季めのスタンプ狩り

   夏が来た!

 気象庁発表の梅雨明けは6日(土)でしたっけ?

 だとしたら、今年は夏がすっ飛ばされた感じ。(笑)

 って、最高気温が 33 度を超えるような日々は、ぽてちの感覚ではもうじゃないんですね。(^_^;)

   
あら、そんなとこ。買い物行くから、悪いけど逃げてちょ  

 東京の夏ってのは、最高気温が 30 度の大台に乗るのは 10 日間から半月ほど。 30 度を超えても 32 度まで。 10 日間から半月のうちの3日4日は 33 度 34 度の日があってよいですけど。
 熱帯夜は、もちろん 一週間未満2,3日に一度は本格的な夕立ちがあって、夕立ちの後は空気が ひんやりとして楽になるもの。

 それが東京の夏ってもの。そーゆーものです。(キッパリ)

 と、 40 年ほど前の記憶から断言してはばからぬ ぽてち。(^◇^;)

   
えっ?! おまっ、その動きはまさか  

 当時は、エアコン無しの区立小学校でも、なんとかなっていましたよ。梅雨の末期の蒸し暑さと夏のはしりで真に辛いのは1学期末最後の一週間くらいだったもの。「下敷きパタパタはみっともないし失礼だから止めなさい」と言われて止められたくらい。
 様子が変わってきた中学校の頃も、ギリギリなんとかなっていましたよ。変わってきたのは、高度経済成長の恩恵が遅蒔きながらも我が家に届いてきた時期に重なるのかな。

   
おぃ! それ違うでしょ!(^O^;)  

 ということで、以前から主張しておりますが、日本は四季の国でなく五季の国になりました!♪!   めでたい・・・のか?(爆)

 30 度超えが続いて 33 度だ 34 度だなんて日が当たり前のようにある時期は、もはや『夏』でなく、五季節め新しい季節です。d(^^;)

   
買い物に・・・見事な攻撃だ!(^_^;)  

 新しい季節をどう呼ぶかは、学者と気象庁で決めればよいです。ぽてちとしては、以前同様、「灼熱」から取って『』とか「酷暑」から取る『』とでも呼ぶのが良さそうだと思っています。

 今年は『夏』を飛ばして五季めがいきなりやってきた印象。毎年のようにすっ飛ばされて『が廃止されるようだと、やっぱり四季の国ですね。(笑)

  出たら夕立ちが始まった

 さて、そんな季節感の中、メトロネットワークのスタンプラリーが発表されました。待っていたよ~ん♪

 画像を見つめながら Google Map のお世話になって、集印ポイントの立地を把握。

 で、「う~ん・・・ 今年も完走ムリだな・・・」

 西の方に『ハード遠隔地』がけっこう多いですね。まず、東京以上にクソ暑い愛知県が2つあって、そこまでの東海道も、当然のことながらクソ暑い。そして、ついでに回らねば難しくなる岐阜県が、なんと3つもある。山間部と言っても谷間でクソ暑い
 やはりついでに回らねば厳しい長野県南部時間がだいぶかかりそう。これらの数と立地から、複数泊が必須の大回遊になる。それも、長野南部の新野千石平と渥美半島田原の両立で一泊増える。

 東北方面も、那須高原前後の他は東北道がクソ暑い。郡山を過ぎるまでは、きっと35 度 36 度の熱気の中で、郡山を過ぎても 33 度とか 34 度の中を巡航することになる。
 そして、岩手の一関からアクセスする厳美渓と、川俣や四倉を一度に集印するには、やはりお泊まりが必須。(四倉は3年前にもあったじゃん・・・ 泊まってまで行きたいとは・・・)

 ルートをあれこれと算段してみて・・・

 「健康体力」「休日」「費用」、そして酷暑に勝ち抜く「やる気

 完走するにはどれもが足らないな、と。(^^;;;

 車でも、うちの大鳥居くんじゃだもん。(笑) 前が重くて意のまま感に欠けるし、乗り心地が悪くて動きが重々しくて、長距離は疲れるからね~。(^^;
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.07

レンズ修理と、勢いってやつ

 

 外気温計が 34を表示した土曜日、Nikon の銀座サービスセンターに行ってきました。
 上の写真は、1階のサロン内にあった壁面ショウケース。右下の写真は銀座センター前から撮った 34 度の銀座。

   

 要件は AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED点検および修理ついでに D3 のセンサークリーニングも行ってもらいました。

 点検・修理の内容は、AF がときどき利かなくなることについて。それとピントのチェック。どうも甘い。さらに、カメラに装着したときのガタつきも大きめに感じるので、そこも診てもらうことにしました。


 レンジが同じ「標準ズーム」である AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED を買い増したことから、費用をかけずお蔵入りしちゃうかドナドナしちゃうのが順当かもしれません。
 でも、120 mm までの使い勝手のよさがあるし、VR がついている使いやすさもある。だいぶ使い込んでボロっているから、ドナドナしても捨て値にしかならぬはずだし。

 サービスセンターは相変わらず落ち着いていて待ち時間を過ごしやすく、映像系の会社らしく店内装飾も華美でなく品がよい

  

 対応してくれたのは若い女性でした。女性は初めてですが、いつもの落ち着いた おじさまたちと同様、物腰が丁寧で嫌みがなく、話しをするのが嫌になりませんでした。これ、けっこう珍しいことです。

 くだらぬことかもしれませんが、雰囲気や物腰がよくて行く気になれることって、カメラのように高額でアフターパーツも多くなる商品では大切なことかもしれません。
 D 一桁に至っては、グラム単価がポルシェより高いのですもの。(笑)

   

 これらが故障等のとき不快な気分にならず対処できる安心感を生んで、「次も Nikon を買おう」という気にさせます。
 レンズを増やしていってしまった後から「他社にしておけばよかった」と後悔する可能性も低くて済むよう感じさせます。

 で、安心して 少しずつでも増やしていけるですね。ヽ(^◇^;)ノ

 まぁ、銀座まで行くのは面倒くさいのですけど。f(^^;)

 故障・不調に陥らず使い続けられることが一番で、その面でも「 Nikon でダメなら他もダメ」的に構えていられるし、尖りに惹かれてニッチに手を出しがちな ぽてちとしては、珍しく無難な選択をして正解だったかな?と。

 さて、簡易点検&クリーニングで1時間預けることになりまして、近くのルノワールで暇つぶしをしていました。

   

 お呼ばれの時間に行くと点検が終わっていて・・・

 ・たしかにピント状況がよくない。特に広角側。要調整
 ・ AF 不具合の症状発生せず。(そらそうだ。たまに、だもの)
 ・マウントのガタつきは、他の個体でも見られる範囲。特に問題なし

 ということで、レンズが工場送りとなりました。1週間程度の修理期間の後に、修理費・送料とも着払いの宅配便で送ってきてくれるそうです。
 AF については、症状の内容を伝票に記載して工場でも診てもらう、ということに。

 センターを辞した後、輸入食材を扱っている酒屋でお菓子やらベルギービールやらを買って、駐車場へ。ビールはもっぱら相棒用。
 混雑した昭和通りをまっすぐ上って、ヨドバシ akiba へ Go!

 安心して少しずつ増やせますから。(火暴)

 銀座センターで気をよくした勢いで安心して闘い、闘いの後は近くのルノワールへ。これ、お約束。(笑)

  

 V2 に着けてみて、眺めて、フムフム。で、撮ってみる。

   

  

 なるほどね。周辺の描画が 10-30 mm VR よりしっかりしている。

 相棒のレンズキャップにつけるのが目的です。 VR 機能がついてないけど、無くても大丈夫な状況で描画を重んじたいとき用、に。

 Nikon 1 の VR 機能付き 10-30 mm の標準ズームが、周辺部の流れが強くて、どうも釈然としない。
 ぼっこりしていて見た目のコンパクトさにも欠ける。相棒も大きさを嫌がっている様子が感じられる。

   

 かと言って、薄くて描画も安定している 10 mm 単焦点だと、使い勝手に欠ける。

  

 相棒がバッグに放り込んでおくのに、これなら大きさも許容範囲じゃねか?

 なんてことで、おうちに帰る。室温 30.5 度でした
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.07.05

なかぱんのラスク

 


 これがンマイ♪!

 少し日持ちがするので自分用土産に最適です。(=^^=)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.04

1000 円に思う 100 円バーガーの意義

  たまには掃除

 マクドナルドの企画モノ 1000 円ハンバーガーが話題になっているようです。

 が、ぽてち的には、試してみる気にならずにいます。

 原材料、製法、保存方法、そして加熱と保温方法、および組み立てが、100 円バーガーと基本的に同じはずですから。
 試して失敗だったとなる可能性が、非常に高いと見立てています。

すぐに埃っぽく   

 マクドナルドは、他に ふやけた天ぷら蕎麦 340 円の立ち食いや チェーンの甘味料漬け牛丼屋しかないところで 100 円バーガーを2つ買うところに存在意義があると思います。

 揚げもの焼きものは高い温度で灼けた油脂の臭い。厚みのあるパテは混ぜ込んだ脂が溶けてベショベショ。高額モノはたいてい、甘味ソースで甘さべたべた。 100 円バーガーの他は、ちょっと食べられません。(^^;)

 逆に言えば、マクドナルドのシステムとオペレーションは 100 円バーガーにこそ最適化されていると捉えています。これぞマクドナルド!な品は 100 円バーガーです。

 他に、全国どこでも比較的行き届いた清掃状況とか、比較的手早い販売カウンターとか。訊かれる前に要点と注文を伝えていってしまうようなバイトちゃん想定外の対応を求めなければ、面倒なく空腹を落ち着かせられるのが長所でしょう。

  これも落ちて落ちて・・・

 100 円に最適化されたシステムとオペレーションで企画高額モノを扱っても、値段に見合うモノはできない。
 原田社長もそんなことはわかり切っているはず。

 ねらいは話題作りでしょうね。ぽてちもこうして見事に乗っています。(笑)

 話題を目にして耳にして「試してみよう」と思う人はたくさんいるはずで、かけたコストの回収は楽なはず。それで足が遠のいていた人の食習慣にマクドナルドを再び組み込めれば大成功!といったところかと。
 60 秒企画の裏には、収益率が非常に高いビッグマックの味を経験させることがあったマクドナルドだけに、この程度の裏は当たり前でしょうか。

これはンマ♪かった   

 さらにねらっているとしたら、800 円 1000 円のメニュー表を定期的に見せ続けることで、 650 円 700 円の通常セットメニューを高く感じさせない効果かな?

 システムとオペレーションの根幹に手をつけない極低コストの限定企画で全体の客単価アップを謀るとは、さすがです。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すぃ~っと房総

  

 今週は平日に休暇があって、昼前からお出かけしてきました。房総です。

 また房総? 一つ覚えだなぁ。

 と、思われるでしょうが、やっぱり行きやすいんですよね。アクアラインが 800 円でなければ、ここまでにはなりませんけど。(^^;)

 今回は小湊鐵道ではありません。朝昼兼のご飯を食べて、県道を走って おやつを食べて夕飯を買ってまた県道を走って帰ってきたのみ。

 湿度が高く晴れ間のない曇天で、出発時 28 度。首都高速の都心部 29 度。湾岸線 28 度。アクア橋を越えたら 26 度で、館山まで南下中に山の中 24 度。夕刻、戻りの山の中は 23 度。違いますねぇ~。

 朝昼兼の昼食は『村のピザ屋カンパーニャ』すぐ近くの『釜めし蔵』で済ませました。そうなんです。カンパーニャが休業でした。(^^;
 この『蔵』は、かつて友人たちと利用したことのあるお店。

   

 で、辺鄙な立地にしては栄えているようです。

  

 値段は少し高いけど、モノが良いです。平日の昼部終了間際に初老・老齢レンジの客が5名もいたように、高齢者が利用しやすい料理ジャンルであることも利いているのかな? これなら平日も客をとれる。
 よい材料を使って値段が少し高いと言っても限度のある料理ジャンルなことも利いているかな? 具材盛りだくさんの「五目」で ¥1,150- でした。一品追加しても2人で ¥3,000- といったところなら、高齢者なら利用するはず。

  

 メインは夜の酒席らしいこと、これは田舎の料理屋お約束のことでしょう。最新のカラオケマシンが店内の雰囲気をスポイルしていたけど、それで経営が安定して美味しいものを安定して出してくれるならヨシ。

   

 近くの『カンパーニャ』でご亭主が言うておられたけど、客が増えるまでとても長くかかるようです。この『蔵』もだいぶ前からあって、でも送迎のマイクロが2台にもなったのは近頃のことじゃないかしら。
 支えとなる収入源か十分な貯えがないと、たとえよいものを出していても客が増える前に畳むことになってしまうのじゃないかしら。

 ネットの時代になったことで、辺鄙なところにあっても価値あるものを出す、こういうお店がやって行きやすくなったと思いますけどね。
 十分な裏付けと、価値あるものを提供し続ける根気の良さと。やっぱり大変なんだろうと思いました。

 『蔵』の後は、平日午後で交通量の少ない R410 と県道を快適に走り、道の駅三芳村の前を通って館山中村屋の『なかぱんカフェ』へ。

  

 目当ては「ラスク」の購入。いつだったか、前回買って食べてみて、とても美味しかったので再び!と。

 ついでに「揚げたて」のうたい文句に惹かれてコロッケ、そしてぶどうパン(バタークリーム)も購入。その場でいただきました。

   

 コロッケは、揚げたてで美味しかった。ジャガイモを感じられる素朴なコロッケが、揚げたてっす♪
 ぶどうパンも美味しかったです。バタークリームの量をケチってないところが好感だけど、少なくてよかったかも。ぶどうパンをもっと前面に出しても十分に勝負できると思います。

 館山ってのは面白いところです。あれこれのものが、あの面積の中に一通りそろっている。美味しいパンもそうだけど、よいお店がいくつもあるらしいし。

 なかパンカフェの後はお約束の ODOYA です。「本日の水揚げ」表記なく、特に目を引かれたものもなし。
 唯一目を引かれたのが海鮮丼類。

  

 夕ご飯に買って帰りました。

 帰り道は再び山の中の県道を繋ぎました。ナビが帰ってきてついているけど、無くても平気。目をつぶっても帰れるくらい。嘘うそ。(笑)

 カーブがとても遅くて直線べた踏みの おっさん軽自動車に前を塞がれたことの他は、だいぶ空いていて快適なドライブでした。

 平日の房総山の中は空いていていいですね♪ 2日続けて行きたいくらいでしたが、翌日はもちろんお仕事。(^^;)
 快適だけど、ネ○ミ獲りに気をつけましょう。過去に見かけた頻度からすると、平日の方がやや湧きやすいようです。三芳村エリアでやっていました。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.03

あったらいいな

  

 梅雨冷えの雨が通り抜ける毎に蒸し暑さが少しずつ増していますね。順調に夏が近づいているようです。
 会社は自宅より少しだけ気持ちよい環境にあって、火曜の朝は、真夏の高原の朝のように感じました。湿度、気温、そよ風の具合が、ちょうどそんな感じ。

   

 一昨年はこの時期にスタンプを2つほど獲得していたように思います。今年は、スタンプ帳がまだ完成していないそうです。
 完成していても ぽっきり足で乗れないのですけどね。緩めでも靴を履くと痛みますから。

 先週、医者の診たてに気をよくして靴で仕事に出てみました。まだダメでした。帰る頃には痛くて痛くて。(^^;;;

 バイクに乗れるのは・・・ やっぱり8月、第2週末からになるのかな。

 靴の圧迫による痛みが落ち着いたとしても、不意の強い入力を危惧して、今月いっぱいは自粛するのがいいように考えています。
 世間が旧盆休みに入り始めた頃、高速道路を使わず廻れるくらいの近場を、いくつか獲得しに出るのが復活ネタになるのでしょう。

  

 バイクは3年半で走行距離約 23,000 km 。昨年の夏以来ろくに乗っていません。体力気力がようやく回復してきたと感じ始めたとき、ぽっきり足になってしまって。(^^;)

 延長保証があと半年です。先々どうなるのかな?と、懸念がまた頭をもたげてきています。時どき故障のあるバイクゆえ、出費が今後増していくはずで。
 かと言って、乗り換えの費用や飛びつきたい車種があるわけではありません。そのうち出てくるであろう水冷 RT も、重量を考えると無理してまで動きたい気持ちにならないし。

 テレレバーベルトドライブを採用し、乗り心地は R1200 GS な F800 RT なんてのが、あるといいのですけど。

 ちなみに、バイクをやめる気は、今のところありません。復帰からほぼ5年。復帰当時考えた、バイクに乗れる体力気力が残っていることを確かめていたい思いは、半世紀を超えた今も変わらず。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.01

レンズで大きく変わる

   

 新しいレンズですが、今までほとんど扱ったことのないコントラストの高さと色乗りの濃さに、戸惑っています。

 コントラスト、色乗り、ともにほとんど単焦点レンズ並のようです。色乗りがよい分、オート ホワイトバランスのブレも目立つ。

 今までメインで使っていたレンズは、コントラストも色乗りも解像のキレも、ほわっとしていて「ど~もねぇ~・・・」といった写りで、これを Picture Controll 設定で好みに仕立て上げていました。

 こんどのは Picture Controll をどう設定する?

 困惑しつつ試行錯誤中です。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »