« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013.02.25

BRZ インプレッション(長い)

  

 低重心でワイドトレッド、そして全長もほどほど。まともに動かぬわけがない車。実際、かなり気持ちよく走る車でした。

 mm 単位のステア操作にも意のままに反応して、なのに全体としては落ち着いた動きっぷり。落ち着いてヒュンヒュンと曲がり、町中でも ひじょーに運転しやすい。低重心の威力が炸裂している印象です。

 スイフト スポーツが見せる官能の軽快さとは異なって、地面にペタッと張り付きつつビュン!ビュン!走る感触かな。感触は違っても、意のまま感は近いモノがありました。
 町中レベルだと、気持ちよさの観点では、スイフト スポーツに分があるように思います。後述する速さは、BRZ が圧倒的かな。

 乗り心地もよいです。 RX-8 よりよいと思う。

 設計年次を考慮しても、ボディ構造からしても、剛性が全然違うはずですしね。ちなみに、と言うかもちろん、背の高いうちの大鳥居くんより格段によい。背が高いのに初期の緩さで乗り心地をだそうとしてフラれる大鳥居くんより楽ちんです。
 スイフト スポーツと比較しても、BRZ に分がありますね。サスペンション周りの剛性の違いなのかしら。重心の高さが違うから、違って当然ですけどね。それだけでない違いを感じました。

 試せなかったけど、首都高速を流すくらいだと とても楽ちんでしょう、きっと。RX-8 と同等以上に、長距離の移動も楽ちんです。きっと。

 あの乗り心地なら、車好きのファーストカーを立派に勤められるはずです。買ってしまえば、奥さんも乗り心地を理由に買い換えを言い張らないはず。
 逆に、高速道路のランプや山道を体験すれば、こういうのも楽ちんでアリだよね、くらい思うはず。世間相場+αくらいの低重心が威力を発揮する速度で、でもヒヤリと感じさせない運転をすれば、ですけど。

 低重心と適切に設定された剛性感は正義ですわ。(^O^)

 ブレーキの効きもよいです。RX-8 ほどの 強烈感は受けなかったけど、町中を走った印象では、とてもよく効いて感じました。
 RX-8 のように筑波 2000 でも不足を感じないほどか?は、やってみないとわかりません。が、自分が町中や山道を流すくらいなら、ノーマルのままで十分以上だと思いました。

 これ、車重の軽さも好影響を及ぼしているはず。

 全体として、とても運転しやすい車だと思いました。とてもどころか、ひじょーに運転しやすいです。
 スポーツカーの基本を持った車体にトヨタ的な日常性を持ち込んで、それがうまくハマっている印象です。

 ただし、ステアリングの重さは古典的。うちの大鳥居くんもそうだけど、スバルは古典的な「スポーツ」性を重んじるメーカーなのか?と。
 オレンジのメーター色も同様で、ここだけでもだいぶ古典的に見えます。暑苦しいし、夜間の長い運転では目と頭がボォ~っとしてきそう。これ、大鳥居くんも大同小異。スキッとした白色光で浮き上がらせればいいのに。

 ステアリングと言えば、太さと径は、違和感を何も感じない使いやすさがありました。

 続けてドライブ トレーン系のこと。

 スロットルの開き方とトルコンの食いつきが、いつもSモード。(^^;)

 全開をくれてやるまでは踏んでも踏んでも前に出なかったスイフトと真逆な設定です。出足の低回転・微少スロットル域から、2Lの出力を余すことなく引き出そうとしている設定でした。
 で、ビュン!ビュン!と速いが、いつもビュン!ビュン!で、いつも速い速すぎ

 のんびりペースで走ろうとすると、2mm 3mm の微少スロットルが必要です。こういうところからも、やっぱり古典的に感じました。
 悪い表現を使えば、下品な出足。速さ「感」に がっつき過ぎです。

 テストコースでいいからスイフト スポーツ( MT )に乗って「気持ちよさ」の再検討をしてみない?と、開発陣に申し上げたくなりました。(^^;)
 せめてモードスイッチを設けて、標準モードを選べるようにすべきでしょう。いつもエコモードで、モードスイッチによる標準モードが必要だと思ったスイフトの真逆。

 エンジン音の導入管は要りません。ボーボーとした音が低回転域で耳障りに感じ、高回転域でもけっして美しいノートではありません。ぽてちは無い方がよいです。

 アクセルを深く踏んで回していったとき。低回転域からグーンと回していくと、かなり力強い加速を見せます。速度もあっという間に乗る。さすが2Lの排気量があるわさ、といった感じ。

 ただ、それは中回転域までで、回転数が上がるにあわせて線形に力感が弱まっていきます。要するに、ストレスなく上までバーン!と回るけど、力感について言えば、トップエンドは「回っているだけ」感に近いフィールだと感じました。

 低回転域の微少アクセルでゴン!と出る力強さで演出した速さ感を土台に、中回転域でどこまで力を盛り込んで実際の速さをだすか。そういった設定思想ということかな?と推測してみる。
 中回転域が実質的な勝負どころになるターボエンジンが多かったスバルだから、NA では低いところの食いつきを重んじたのかな?なんてことも思ったり。

 ここで上記エンジン音の野暮ったさも加わって、エンジンが気持ちよい車ではないなぁ、とつぶやきが出たです。

 まぁね~、今はもう無い、低域を VTEC で補いつつトップエンドまで迸るように力が炸裂していくホンダのスポーツ VTEC を「いい!」と感じて渇望してしまう体ですからね~。σ(^^;)
 そのホンダですら、そういうエンジンの車を出せていないですしね。今どきの制約の中で実現したスポーツ NA は、こういうタイプになるのかな~とか考えました。

 自分の方がよっぽど古典的なのかも。(笑)

 総合して、エンジンを楽しむ系のスポーツカーではなく、実質的な速さに繋がりやすい低中回転の力強さとスポーツカーの基本を押さえた俊敏かつ運転しやすい走りっぷり、そしてそこに盛り込めている乗り心地のよさを大いに評価すべき。
 これ、大きな間違いではないと思います。

 誤解を招かぬよう繰り返しますが、 mm 単位のステアにも応分だけちゃんと反応する素晴らしく操りやすい車体で、安定感をも出しつつ、荷重を意識した操作をしたらもう・・・笑いが出ると思う。(^o^)
 開発陣が追ったのは、絶対的な速さではない。意のままの速さ。そう思うです。

 まだ続けます。v(^^;

 ぽてち的に、プロポーションは美しく見えません。特にリアのプロポーションが違和感を抱かせて、造形から「リアサスペンションの容量が不足していないか?」と思ってしまいます。

 現に、この程度で?と思う状況でリアが3cm ほど横に跳ねた。(^^;;;

 次は室内のこと。2ドア クーペの使い勝手の悪さを小さな工夫で改善する作り込みがなされていません。

 レバーの1アクションで前席シートバックを起こして前方にスライドさせるのは、普通の動きで、よい。問題は戻したとき。シートバックが直立してしまって元の位置に戻らぬのは、いかが?
 このことから、前シートを逐一調節するのを億劫に感じて、リアシートが荷物置きにすら使えぬデッド スペースになります。

 夫婦2人の家で、車好きの旦那がいる家でも、ファーストカーとしてはいかがなものか?になってしまう。内装のチープさよりも重大。このことが、BRZ の販売対象を狭めてしまう最大の欠点だと思いました。
 それと、小物を置く場所も少なすぎに感じました。

 長くて重いドアの内側、グリップ部の位置が遠くて、低い着座位置と姿勢から手を伸ばして開閉するのは女性に辛い作業でしょう。うちの相棒は辛いと言いました。
 アームレスト部にグリップ凹みを設けるべきです。

 エアコンのスイッチ類、いくつも並べて多機能感をだす意匠なのか? 数がある割には機能はいたって普通で、無駄に多く感じます。ごちゃごちゃして見えてしまう。

 うたい文句通りに若い人が購入の中心層なら、いいのだと思いますけどね。本当にそうなっているのかな?
 ぽてちはアラフォー以上が実際の中心購買層だと思っていて、もしそうだとすると、2台目3台目の『オモチャ』を買える環境の人でないと買えない車ということになります。

 ぽてち的結論。

 2台目の一人乗り用『オモチャ』を買える環境があれば欲しい。現実はそうでなく、正常進化した2代目の登場に期待。(^_^)
 それまで、「今どきこんなドアホな車が・・・」と思う大鳥居くんを楽しむです。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.02.17

超突発、浜金谷でピザ オフ会

  

 電極電線だらけのお泊まりから早朝に帰宅して、目はパッチリ。寝直しが必要な体調ではなく、PC に向かってゴソゴソやっていて

 「房総へピザを食べに行きたいのだけど、まだ起きてこない。」と、つぶやいた。

 そしたら しばしの後に・・・ なぜか・・・

 西武池袋線に乗っていた人物がメトロ有楽町線へと乗り継ぎ、我が家の最寄り駅で着いた♪」と つぶやく。

 そして横浜からはシルバーアローが射出されて、湾岸線を驀進し始めた つぶやき。

 どこぞを走っていた地を這うプレリュードまで、京葉道へと爆音をあげ始めた つぶやき。

 いったい どういうこと?(笑)

 よくわかりませんが、浜金谷Gonzo です。手作り窯で焼くお店だそうで。

     

 着いたときには店内いっぱい。少し待って入れました。けっこう人気のお店のようです。

  

   

 何を注文しますかね~。(^_^)

  

 それぞれ好き勝手に注文して、談笑して待つ。主な話題は、スマートフォンやらイヤホンやら通信キャリアの接続性やら。
 まだガラケーを使っていると思っていた人物もスマートフォン デビュー。時代っす。(笑)

 さて、だいぶ長いこと待って

ビスマルク   

  マルゲリータ EX

有機落花生と菜の花の Pizza   

 ンみゃかった♪ です。ヽ(゚▽゚)ノ

 この後、鋸山の中腹まで登って着いたのは寺の駐車場。「無料路はこんなものか~」となって、音楽と珈琲の店」へと向かう。

  

こういうお客さんが増えた   

  毎度いい眺めだこと

   

 3時には出ないとならないのに、出たのは4時前。(^^;

  富士が見える♪

 案の定、君津の手前で渋滞し、アクアラインで渋滞 8 km 。(^^;;;

 有り難いことにダラダラと動いている渋滞で、ぼやいているうちに帰り着きました。(笑)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013.02.15

5台で房総ぐるり

  

 お声がけをいただいた日曜日のバイク ツーリング。ぽてちは参加する気満々で休みを死守し、相棒も珍しくタンデムで出かける気になりました。

 2人してその気満々。遅くとも7時には出発するつもりで5時半起き・・・ だったのだけど、結果は実質7時 45 分。v(^^;;;

 2人して、ま~慣れてない慣れてない。(^^; 準備に時間かかり過ぎ。f(^^;

 そしてようやく出発してしばし走ってから、ETC カードを抜いたままであることに気づいて取りに戻る始末。(^^;;;
 車検に出すとき抜いて、そのままだったのでした。

 ヤバイ!ヤバイ!とつぶやきながら集合地点の君津 PA へと急ぎました。急ぐと言っても、やはり慣れていないタンデム。速度も動きも用心深く、淡々と。タイヤが新品ですしね~。

 世間は3連休だからでしょうか。菜の花にはまだ早い時期なのに、アクアラインは結構な交通量。海ほたる入ロでは本線上まで行列になっていて渋り、君津 IC の先でも1車線になる手前から渋滞。
 こりゃ帰りのアクアは大渋滞だろうね~と話してましたです。ちなみに、会話は3年以上前に買った by B+COM SB213 なり。

 08:00 集合 08:15 出発予定の君津 PA に到着したのは 08:45 でした。

   

 大井 PA から、大遅刻の旨と、合流場所指示依頼のメールを送ってあります。君津は、返信メールで合流場所を確認すること、または電話をかけて指示を仰ぐつもりでの立寄りでした。

 サクッと駐めて携帯電話を・・・ と思って入っていったら、なんと、みなさん出発せずに待っていてくれたではないですか。(^O^;)

 とても嬉しかったけど、申し訳な~。(^人^;)

 で、時間が圧していますから、挨拶&談笑はほどほどに出発を・・・ と思ったら、某にゃび号が「イヤイヤ」をば。(^^;;;

 詳しくはご本人の blog を見ていただくとして、ウンともスンとも言わず、4人がかりの押しがけ作戦もダメ。
 点火系もしくはセルスターターの異常らしいと推測し、すると打つ手がなく、その場での復旧を断念。

 で、とりあえず4台で出発となりました。(^^; 自分的には、追っかけ合流があることを期待しつつ。
 目的地までの道を走ったことがあって、ナビで粗々確認しながら走れば概ね間違わずに済む奴、ということで先導の大任を託されました。慣れぬタンデムで大丈夫かな?と思ったけど、みなさん慣れているから何かあっても何とかしてくれちゃうでしょう。(爆)

 時間優先のルート変更で保田まで館山道にするつもりが、渋滞8 km の表示を見て予定通り富津中央で下りる。県道をひた走り、長狭中学校前交差点のセブンイレブンで小休止。携帯電話を見たら、「エンジンがかかった♪」の報せ。
 4台8人が一気に盛り上がりましたですよ。(^o^)

 予約しているお店への遅刻連絡は まーぼーさんが済ませてくれて、みんなウキウキしながら再出発。その後、T字を一つ曲がり損ねて、混雑する鴨川市内国道に入ってしまったのはナイショで・・・ みんな気づいているか~。(笑)
 おかげで にゃび号との時間差が短縮されたはず。ヨシとしましょう。(^◇^;)

  

 とゆーことで到着したお店。バイク系 blog によく出てくるそうです。もちろん某ママさんパパさんの選定。

 で、だ。さすが評判がよいだけある。メニュー写真を見るとどれも美味しそう。自分は刺身どっちゃり寿司飯2倍盛りの海鮮丼を注文しました。

ドン!   

 うは♪ヽ(゚▽゚)ノ

  

 すご~!(^◇^)

 こちらは煮魚定食

   

 こちらは・・・ なんだっけ?(笑)

  

 ものが出てくる前に某ママ&パパも到着して、一段と盛り上がる。(^_^)

 ご飯を終えた後は県道をクネクネと。房総は日時をよほど選ばないと、海沿いを走るものじゃありませんね。中に入った県道で、気持ちよく走ります。

 多方面からの暗黙の要望(笑)で立ち寄った「ぽっぽの丘」? 一部萌えてみたり、写真を撮ってみたり。日なたぼっこで うつらうつらσ(^^; してみたり。(笑)

   

  

 陽ざしでぽかぽかだったからでしょう。冷たいソフトクリームの要望が出て、道の駅大多喜へ移動。
 ソフトやらアイスやらお土産購入やら。ぽてちはお約束、ソフトでした。v(^_^)

 ここで帰りのアクア大渋滞が話題に上りまして、あまりのんびりせず木更津東 IC へと向かうことになりました。
 その後、飯給の踏切で先導が停車。?と思ったら、あと3分で列車が来るとな。(笑)

 もちろん撮りましたとも。v(^o^)

  

 ここでも渋滞とルートの話しになる。情報では、アクアが 14 km 。(^^;;; 宮野木方向は短くて、蘇我のあたりで 2 km 。その後の湾岸線は渋滞なし。京葉道は花輪で 4 km 。

 アクアの渋滞が解消するのは 21 時過ぎでしょう。まだ 16 時半くらいで、木更津あたりで時間を潰すには長すぎる。
 高滝湖をかすめて牛久を通り抜け、うぐいすラインを使いながら ちはら台、蘇我と目指すルートも快走は ちはら台まで。その上、たどり着くのはけっきょく蘇我。時間はかえって長い。わんこや にゃんこが待っている おうちも複数。

 ん~~~~~ っと考える。考える。

 けっきょく蘇我ならば、蘇我まで館山道が早い。千葉北 JCT 前後の渋滞を覚悟して、木更津東 IC から市原 SA へと向かうことにしました。
 着く頃には渋滞が伸びていると思われますが、ほぼ全線渋滞で一向に短くならないであろうアクアトンネルの渋滞に入るよりマシ、と。

 そして市原 SA で それぞれが最適と思うルートを採って帰ることにし、解散のご挨拶となりました。
 うちは SA で給油後に館山道→湾岸線のルートを採ることにする。

 慣れきっていないバイクをしばらくぶりの運転。そして慣れぬタンデム。疲れてきたのでしょう。蘇我の先、松が丘の手前から渋滞に入ったとき、微速や停車・発車でだいぶフラつき始めました。(^^;
 こりゃマズイぞ、と・・・ ちょびっと悪い子を発動。v(^^;;;

 湾岸幕張 PA で大休憩。バイク ツーリングの楽しさやタンデムのこと、寒さ対策のこと。日頃の疲労蓄積の話し、今後の見込みなどなど、座り込んで話し、再出発。

 浦安手前の渋滞で にゃび号と うれしい遭遇をして、豊洲で降りました。首都高速の都心部タンデム禁止は不便だぞい。(^^;

 帰ったら も~、時間をおかずにバタン。(笑) 楽しい一日でした~。\(^o^)/
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.02.11

Let'snote AX2 で遊ぶ(SSD 保護)

  

 野望となっている『エンジン乗りものフラフラを春から復活のお供となってもらう予定で先月やってきた Let's note AX2 は、ストレージが SSD です。

 今どきの SSD はコントローラーがよくなって、普通に使っている範囲なら数年はまず大丈夫だ、なんて記事も見るのですけどね。
 やっぱり気になるので、不便がない範囲で、保護策をとってみようと思い立ちました。飽きたらやめると思います。(^◇^;)

   

 自分の場合、ストレージのデータ読み書きが多いのは、web ブラウザのキャッシュ。他のアプリケーションに比して、圧倒的に多いはず。
 これを、SD スロットに刺した SD メモリカードに持って行く算段を始めましたです。

 でも、SD カードの読み書きが遅くてブラウザの表示に大きな影響を与え、ストレスを感じるようでは本末転倒ですね。現実的な価格の範囲で、できるだけ読み書き高速な SD カードを使うべきでしょう。

 ということで、SanDiskExtreme Pro というカードの 32 GB を密林ポチ♪ Class 規格は選定の指標にしませんでした。SD は Class 規格で性能が決まらぬ印象を受けています。と言うか、class 10 でも遅いことが多い。(^^;
 だからここらへんが落としどころだろうと考えて、銘柄指定でゲットしましたです。

  

 んで、Google Chrome のキャッシュを SD カードに持って行ってみる。

 問題なし

 次に、Firefox のキャッシュも持って行ってみる。問題なし

 さらに、Firefox のプロファイルも SD カードに持って行ってみました。プロファイルも常に書き換えられていますから。
 で、これも成功。反応速度に不満がありません。まずまずキビキビと動きます♪

 大成功でした。v(^_^)

 読み書き速度に問題が無いのは、Buffalo の USB3.0 メモリカードリーダー用高速転送ドライバー TurboPC EX が効いている可能性もあります。
 UAC ダイアログの表示から、これが内蔵 SSD にも働いていることがわかります。SD メモリカードにも効いていて不思議ではありません。

   

 それと、問題も発見しているのですけどね。(^^;

 スリープからの復帰時に、SD カードの認識が一瞬遅れるからでしょうか。web ブラウザ(Firefox)を立ち上げたままでスリープさせると、復帰時にキャッシュが壊れたりプロファイルが読み込み切れずに異常を起こしたりします。
 プロファイル系と思われる異常はブラウザを再起動すると治るから、致命的な障害ではありません。

 飽きるまではこの状態で使おうと思います。

 なお、Windows 7 以前で SSD を利用するとき話題になるストレージの最適化機能ですが、Windows 8 では trim コマンドのみ実行しているようです。従って、設定はいじっていません。

   

 総評。

 SSD 採用の Let'snote AX2 Windows 8 モデルよりも、自分で SSD(Intel 520 )に換装した Let'snote J10 Windows 7 モデルの方が、キビ!キビ!と動く。v(^^;;;
 これはまぁ、CPU &組み込み GPU をドライブする電圧と OS レベルの設定が影響している可能性が大きいと思います。( J10 は TDP 35W の mobile 通常電圧版で、AX2 は TDP 17W の低電圧版だったはず。)

 文字の大きさによる楽さぶりは、11.6 inch 画面の AX2 が圧勝。老眼向き。v(^^;;;

 まさか自分が高解像度表示を嫌うようになるとはね~。(火暴)

(この観点から、SONY はあり得ないと思ってたりする。そしてこのことから、mobile PC ジャンルで SONY が売り上げ回復することは今後もないと思ってたりする。)

 AX2 のキーボードとパッドに慣れるため、自宅でもデスクトップより AX2 を中心に使ってみています。
 画面とキーボードで、デスクトップが圧倒的に使いやすいのですけどね。慣れるまで。
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »