« 大事に至らず、ようござんした | トップページ | 総評( Nikon 1 V2 ) »

2012.12.08

落としどころ( Nikon 1 V2 )

  

 ときどき見て回っている写真系 blog の主で、Nikon 1 に手を出している人は少数であるように感じます。そして、手を出した人からの評判は、あまり芳しくないようで。

 わかるように思います。

 V1 は、操作性と画質に難あり。画質のことは置いといても、一眼レフの自在さに慣れた人が苛立つのも不思議じゃない。

 V2 は、操作性はグッと改善されたけど、画質V1 と変わっていない印象です。

 明暗が粘らず、どうも白らっちゃけ気味で薄っぺらな印象がぬぐえない。コンデジよりいいのは確かだけど、やっぱりコンデジ臭がプンっと・・・
 これ、センサーの面積に分不相応高画素数化高速読み取りの弊害だよな~と思う。技術が進歩した分の余力をそっちに使ってしまって、 APS-C 一眼レフの画質に肉薄させる方向には回してくれなかったのね。

 そんな印象。

 と、思うけど、まぁ、気に入ってますですよ。(^_^)

   

 タバコをくわえながら手持ちでこんな写真を撮れてしまう。コンデジのつもりでいれば段違いの高性能に感じて大喜び。(笑)
 こんな写真でも、Coolpix P7100 とは ひと味ふた味違ってますですよ。

  

 そして、コンデジのつもりでいれば、一眼レフ並の圧倒的な AF 性能に大喜び。(笑)

 で、コンデジのつもりでいることが可能な大きさ重さ。そう考えればスゴイ奴で、やっぱり大喜びです。

 技術進歩の分で APS-C センサーを持つカメラの画質に肉薄してほしい。なんてのは、後から思う「もっと、もっと」というやつです。
 APS-C 以上の一眼レフ並を期待するから「ムムっ!」と思うわけで、振り返れば、2,3年前に望んだ通りの「携帯性のあるコンデジを、もうちょっとマシに」なセンに落とし込まれていると思う。

 実際、標準ズームレンズをつけたまま通勤鞄に常時入れておける大きさ重さで、光の条件が微妙なときは明らかにコンデジよりマトモに写ります。

 より一眼レフの画質に近い写真を期待して APS-C や 4/3 サイズのセンサーを持つミラーレス機を選ぶと、レンズが大きくなっちゃうんですよね。すると、常時携行の要望から外れてしまう。

   

 そう思うのに少々釈然としていないのは、きっと、Ricoh や Picture Control D2X MODE1 の風合いが好きでそれに慣れた目が「色味が違う」と言い、怠け者の体が「細々とした現像調整が必要で面倒だ」と抵抗しているのでしょう。(笑)

 そのうち慣れますです。(^_^)
 
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ mixiチェック

|

« 大事に至らず、ようござんした | トップページ | 総評( Nikon 1 V2 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/56280246

この記事へのトラックバック一覧です: 落としどころ( Nikon 1 V2 ):

« 大事に至らず、ようござんした | トップページ | 総評( Nikon 1 V2 ) »