« 中華街で食いオフ会と、スポーツ CVT 車 | トップページ | 意外なほど使えてる Coolpix P7100 »

2012.02.29

バイクは続けたい

  

 ダンパー交換の見積りをもらったり車の試乗をさせてもらったりしていると、東京モーターショーで考えた「の車への段取りを、再びあれこれ考えるようになります。
 バイクも好きだけど、やっぱり車が大好きだし。σ(^^;)

 で、そのバイク。「次」のとき、選定と段取りを左右する大きな要素となるのですね。とは、いつまでバイクに乗るのか? によって、段取りも選定も変わってくるから。そしてこの問いは、以下2つの自問に繋がります。

 すなわち、今の K1300 GT をいつまで乗るのか?と、いずれ買い換えるならどんなタイプのバイクになるのか?

 結論、其の一。「次」の機会に、バイクをやめたくない

 と思っても、そう遠くない時期に、バイクを続けられなくなるかもしれません。バイクは体力・気力・自然環境対応力等を、厳しく求められますからね~。
 よーするに、体力と体調が要なわけです。これがいつまでもつのだろう?ということ。

 もっているうちは、バイクに乗れる体調であることを乗って確かめていたい。バイクに復帰するとき強く考えたことです。これ、今も変わりません。

 そして確かめていたいどころでなく、バイク健康法を実感している昨今です。

 休日はヘタリ込んでお布団とお友だち。そうなると発散する機会も方法も少なくて、気持ちを含む全身の活動が低調に。そうなってしまいがちなところを、バイクが全身を活性化してくれている印象なんですね。
 バイクに復帰してから寝込んでいないのが、何よりの証明であり、驚きであり。いちど行った方がいいのだろうか?と思い続けている方面の医者にも行かず、何とかかんとか。f(^^;)

 バイクは機敏に走れることも好き。どれくらいの混み方でペースを阻害されるか、これもバイクに一段二段の分があるですよ。
 渋滞したときはバイクの方がしんどいですけど。(^^;) 回避する工夫をしますから。

 でも、バイクを続けると、「次」のサイズが厳しく制限されてしまいます。理由は駐車場事情。てことは、BRZ は無理なのねん。(^^;;;
 全長が 4580 mm もあって全幅も 1795 mm ある WRX STI も、当然ながら無理。(^^; 駐車場事情の前に、「次」の頃はもう売っていないでしょうけど。

 う~~~~~~ん・・・ 強く惹かれて、運転姿勢も取れる希少な車が無理か・・・

 まぁ、BRZ が無理なのは納得しないこともないんですけどね。(^o^;)

 実は、ダンパー交換の見積もりをもらった帰りに近くのスバル店へ寄り道しまして、BRZ再び見てみたのです。
 主眼は、丸1日乗って相棒が痛痒を感じずに済むシートであることの確認と、相棒もポジションを取れる車であることの確認でした。結果、その点は合格だったのだけど・・・

 「車好きのオモチャ。家に1台しかない車として、使い勝手や雰囲気、どう? 荷物を放り込むのもいちいち面倒だし、お母さんを病院に運び込むような事態が生じたとき、まず使えない。もう1台別にあるおうちの車でしょう。」

 おっしゃる通りです。f(^_^;)

 バイクと BRZ と下駄車の3台 10 輪体勢をとれでもしたら、問題ないのですけどね。事情からしてもあり得ない、そんなことを考えても仕方ありません。
 これを実現するために転居。かつてから考えないわけでもなかった手段だけど、今の年齢で転職は無理ですからねぇ。あ、違う。かつてでも無理。つぶしの利かない奴。σ(^^;;;

 ついでに実車を見た WRX STI も、強く惹かれる車です。大艦巨砲主義だし。(笑)

 たぶん最後でしょう。走りのための技術が「これでもか!」と投入されているウルトラ ハイ パフォーマンスなスポーツ車で、本体価格 400 万円未満で買える希有な本格派。たぶん、今のが最後でしょう
 何年か後の後継が 1.6 L ターボであることはいいけど、「これでもか!」の技術投入とシートや運転姿勢まで作り込むお金のかけ方を、親会社や財務系ステークスホルダーが許すとは思えません。

 今の WRX STI だからこそ、シートもポジションも、2人ともがかつて経験ないほどピッタリきた。
 今の WRX STI はこの面でも希有な車で、お金をかけて作り込めないであろう後継ではチト疑問。そして一つの究極な運動性能に、ぽてちは強く強く惹かれるのですけどね~。繰り返し、大艦巨砲主義だし。(笑)

 でも、いかんせん大きい。(^^;;; というか、バイクと両立が無理なのが、考えるまでもなく自明な車。(^^;;;

 大艦巨砲主義を優先して、バイクと山間や房総の小道徘徊をあきらめられる? 昨夏の中央構造線縦走なんて、バイクか小型車でないとできないこと。そういうのも、好きな ぽてち。

 ここで結論 其の一にたどり着いて、そして結論 其の二。K1300 GT がちゃんと動くうちは、バイクの乗り換えを急がない

 ついでに其の三。K1300 GT の後継がどんなタイプになるかは、そのときの体力次第

 乗れる体調であるうちはバイクをやめない気持ちだけど、やっぱし、どーしても、ちゃんと運転姿勢をとれてイライラせずに走れる車に乗りたい ぽてち。できるだけ早く「次」を実現したいです。
 その費用を考えると、同じような時期にバイクまで乗り換えるのは無理だし、重さの他に不便・不満なく乗れている K1300 GT の乗り換えを急ぐ理由がありません。

 「次」がやってきたとき、体力・気力が失われていたらバイク断念で車に集中します。考えたくない事態ですけど。(^^;;;

 体力・気力が残っているうちは K1300 GT を継続で、ボロるまで。ボロったら、軽い F650 GS とか、ホンダの 700 とか?
 重い本格ツアラーは、現在から推し量るその頃の体調からして、さすがに厳しい気がしないでもないもので。(^^;

 もし大丈夫だったら R1250 RT かな~。(^_^)
 
 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

|

« 中華街で食いオフ会と、スポーツ CVT 車 | トップページ | 意外なほど使えてる Coolpix P7100 »

コメント

この問題は乗り物好きにとって永遠の課題かもしれません。バイクにしろ車にしろ、そのポテンシャルを生かすも殺すも乗り手次第。
どちらにしても気力体力が必要とされます。
我が家のおっさんはアー見えても実は1台体制で責任を持って乗る派なので、車に乗り換えるときは恐らくバイクから足を運んでいると思います。
運転しない私はやはりバイクにも乗っていたいと思いますが、我が家では無理でしょう。
年間2万~3万のペースを車で走る男ですから...
さすがに両方の維持は出来ませんね。
車は何でもよくてその分、バイクで充実は無理な男。
気合いだけで追い越せない車は拒否りますからね。(爆)
まぁ、我が家の場合、RTでのバイクライフもそろそろかなと思ってます。寂しいことですけどね。
残された時間が少なくなるとバイクにしろ車にしろ、快適に走れなくなる前に何とかしたいと思うのは仕方ないことだと思ってます。
バイクから降りて車になっても遊んで下さいね。
只今、RTは熊指輪セカンドシーズンに突入で入院中です。あ~懐痛っ。

投稿: にゃびのママ | 2012.02.29 23:13

バイクから運んでるでなくて
洗ってるの間違いでした。

投稿: にゃびのママ | 2012.02.29 23:14

WRX STI 憧れです!価格以上の価値がある車なんてそうはないし…悩ましいところ

投稿: 熊鹿夫婦 | 2012.03.01 07:08

>>にゃびのママさん

ぽてちも、「バイクで楽しむから車は動けばいい」とはいかなかったようです。(^^;

車好きが昂じすぎていて、嬉々として運転できる車は高価すぎ。
ならばバイクで嬉々とすることにして、車は多くを望まない。と、考えたのですが。

多くを望まないと言うても、
「最低限これくらいは」と渇望してしまうものが「日本でその値段じゃ無理だよ」
くらいになってしまうようです。(^^;)

欧州仕様そのまんまのスイフトなら充足してくれると思います。ほぼ間違いない。
かといって日本じゃ手に入れるのが無理。
個人輸入する費用と手間を考えたら、欧州車を買った方がずっと安いでしょう。

嬉々として運転できる車にしちゃうのがきっと一番なのだろうと、理性は言います。
911、ケイマン、ボクスター、BMW M3 、GT-R 、WRX STI、S2000(2.2L(中古でも))
ロードスターあたり。
どれもそんな費用は無いし、もちろん、大もめするでしょう。(^^;)
で、モノにしては大バーゲンプライスな WRX STI に落とし込むとか、なりそう。

でも、思い切ってリターンして車輌にも装具にも費用をかけて、運用もこなれてきたバイクをやめるのは惜し過ぎる。
体力・体調の不安があるからこそ、バイクに乗り続けていたいし。
バイクを通じた交流が広がりつつあるのに、なんとなく疎遠になっていくのも嫌だし。

で、頭の中が @@@@@@・・・ (笑)

ママさんとこは、RT くんがそろそろなのでしょうね。17万kmオーバーですものね~。
出かける度に故障の不安が大きくつきまとうようだと、出かける気持ちが減殺されてしまいそうですし。(^^;;;

もし車に切り替える気持ちがあるなら、スイフト スポーツの MT 車を試乗してみてください。
旦那ライダーさんの脛が無事でシートも合うなら、抜群!のツアラーになると思います。
この2点が大丈夫なら、168 万円は激安!!!!!だと思います。
たぶん、浜松に押しかけて守衛さんにお礼状を渡してきたくなると思うです。(笑)
 
 
>>熊鹿夫婦さん

WRX STI 、これも激安!!!!!な一台ですよね~。
シートもポジションも、よかったですよ~。(^o^)

難点は、大きいことと、燃費がパフォーマンス相応なこと。くらいかしら?
燃費は、パフォーマンスの高さを考えれば「仕方ない」と思えるかも?

なんつったって、こういう車は国産車では最後。もう2度と出ないタイプの車。
これが気持ちを激しく揺すります。(^^;

投稿: ぽてち | 2012.03.01 18:54

稀有な存在のスポーツカーとして
当方も過去には、Lotus EliseやWRX-STiも
乗ってきましたが、さすがにその同時期には
バイクは50cc~125ccにしか乗っていませんでした。
さすがに保険とか車検とか考えると両立は厳しかったです。

バイクをZZR-1400に換えた時に、少しの間だけ
WRX-STiと共存期間がありましたが、WRX-STiの
とんでもないランニングコストに白旗揚げて
車は現在所有のR1になっております。

なぜバイクを優先したかというときに考えたのは
「あと何年バイクに乗れるのだろう?」
ってことでした。
間違いなく車を降りるより先に、バイクを降りるときがくるでしょう。
それを考えたら、当面はバイクを優先させる気持ちに落ち着きました。

あと、やはり当方の場合も大型バイクに本格復帰してから
全く風邪をひかなくなりました。
冬でも乗るからでしょうかね?(笑)

投稿: たんたん | 2012.03.01 20:37

>>たんたんさん

なるほど、なるほど。
WRX STI のランニングコスト、自分が考えるより大きいようですね。
ガソリン代と整備工賃が RX-8 くらいになると思っていますが、他にもあれこれと?
交換オイル量や消耗品の消耗頻度も違うのかしらん。
( RX-8 のオイル量は、フィルターなければ4L缶でギリギリ間に合いました)
重い分だけ、パッドとローターは RX-8 より減りそうですね。(^^;

バイク健康法は、
全身の活性化、体の過酷状況への適応力向上、衣類等調整の意識向上などかな?と。
そんな風に考えています。(^_^)

これも暑かろうが寒かろうが乗って過酷状況にさらされているからそうなるわけで、
暑い寒い濡れるの隙を突こうとしていたら、健康法にはならないのじゃないかしらん。
やっぱ、どんなときもバイクっす♪(^o^)

と言いつつ、不整脈が出ているらしいから、真夏は危ないかな~。(^^;;;;;;

投稿: ぽてち | 2012.03.01 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/54109422

この記事へのトラックバック一覧です: バイクは続けたい:

« 中華街で食いオフ会と、スポーツ CVT 車 | トップページ | 意外なほど使えてる Coolpix P7100 »