« 面倒になって電話番号変更 | トップページ | 温と冷(今日の晩ぐあん) »

2011.11.02

カメラがほちぃ♪ネタ

  

 いつもなら大混雑している時間帯に閑散。日曜日の朝は特別な感じがして、好き♪

 さて、仕事がバタバタしてきていまして、休みがないわけじゃないのですが、バイク ネタの記事になるようなお出かけをしにくくなっています。でも、近々やりますが。(笑)

 で、いま現在のネタと言えば、Nikon 1 V1FUJIFILM X10頭をチラつき続けるんだよな~ くらい。(爆)

   

 上の写真、たぶん、いや間違いなく。Caplio GX100 だったら、手ぶれブレ~になって、残す気にならぬ写真になったことでしょう。
 D40 だったら、鞄から取り出す気にならず、なっても1枚2枚撮ればいいところ。

 手ぶれ補正の強力さ、低光量下でのノイズ処理、精細な描画、WB の精度、操作性のよさやカスタマイズ性の高さ。
 P7000 は、コンデジとしては かなり使える奴だと思います。

 立体感や生々しさに欠ける描画は、コンデジの小さなセンサーで撮影技術や工夫なく撮っていますから、仕方ないことです。(^^;)

 でも・・・ モード切替時のタイムラグ、AF の速度と迷い、ときに見せるハングアップ、情報表示がない素通しで使えぬ しょぼ~いファインダー。この4点、常時携帯速写カメラとして、けっこう痛い。(^^;)
 web で見つけたインプレッションにあったように、腰を据えて撮るにはいいのだけど。

  

 んで、チラつくんですよね~。(・_・) Nikon 1 V1 と FUJIFILM X10 が。(^o^;)

   

 FUJIFILM X10 はレンズ交換なしだから購入はコンデジ的な単発。実際、センサーも価格もハイエンド コンデジの範疇
 操作性 ok!、反応& AF びみょ~、ファインダーあうと、デザインよし、といった印象。だいぶキリッと描画するのに(不思議なことに)全体としては しっとりした絵づくり。ただ、彩度は高すぎ。これを抑えると しっとり感も落ちてしまう?

 Nikon 1 V1 は初中級とか中級一眼の価格だけど、センサーが少し大きいし、将来的にはボディを買い換えてレンズを使い回す、つき合い長いシステムの最初の一歩と見るべきカメラ。
 操作性びみょ~、反応& AF ok!!、EVF ok!、新機軸に興味津々といった印象。描画は良くも悪しくも Nikon 風の生々しさで、自分的には馴染んでいる硬質な風合い。

  

 印象は、仕様やサンプル写真、個人・商売あわせた複数のインプレッションや過去の知見からの推測で抱いたものです。
 そして Nikon 1 V1 は、新機軸路線に沿わせた操作性の善し悪しを別にすれば、X10 と同列に語ってはいけない、クラス違いなカメラだと理解しています。

 けっきょく、この2機種と Ricoh GXR が頭をチラつき続け・・・

   

 Ricoh GXR は GXR 2 となるのを待たなきゃ後悔する。絶対に。パッシブ AF がボディに積まれて、24-70 mm ユニットのセンサーと画像処理が最新のものにならなければ。

 やっぱり Nikon 1 V1 か、FUJIFILM X10 か・・・

  地上に出るなりこの町らしい光景

 でも、デスクトップ PC の動きが怪しくて入れ替えたい気持ちもあるし、バイクの 24 ヶ月点検と車の 12 ヶ月点検がもうすぐだし、任意保険の支払いもやってくる。

   

 つき合い長いクルマな友人たちは言うことでしょう。

 「で、いつ?」「どっちに決めたの?」「2台ともだよね」 なはは~。(^o^;)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

|

« 面倒になって電話番号変更 | トップページ | 温と冷(今日の晩ぐあん) »

コメント

もちろん取り敢えず気になったヤツは片っ端から買って使ってみて、肌に合わなかったら手放せばいいんですよ。

既にクルマやバイクでやれているコトが、たかがデジカメ如きでやれない訳ないですよね~(爆)

投稿: 鼓動 | 2011.11.02 21:49

そっか!、カメラも売っぱらう手がありましたね! ヽ(^◇^)ノ

知恵をつけてくれるのは、いつもの友がきなり。(違)

投稿: ぽてち | 2011.11.03 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/53146182

この記事へのトラックバック一覧です: カメラがほちぃ♪ネタ:

« 面倒になって電話番号変更 | トップページ | 温と冷(今日の晩ぐあん) »