« アルトに乗って、ハングリータイガー | トップページ | うなぎに行くべ »

2011.07.20

知らぬが仏のマツダ地獄か?

  

 有名なアルトをもってしても、軽はこうであったか。

 そう思うのって、車体。LIFE DIVA Turbo に乗っていたとき何度も書いているけど、エンジンは優秀ミッションも優秀。世界に比類なきデキの良さだという話し、頷けます。

 だけど、車体走行性能が低い。これが軽自動車の抱える大きな欠点だと思う。

 今どきの軽自動車は、車高が高すぎですね。すなわち、重心位置が高すぎる。そして、車室を広く取りすぎている。すなわち、サスペンションに割く空間が狭すぎる。加えて、サスペンションを構成するパーツやブレーキにお金をかけていなさ過ぎる。
 さらに加えれば、シート運転姿勢の設定。やはりお金をかけていなさ過ぎるし、大柄な人は対象外とされている。

 ダウンサイジングの流れでミドルクラスのスポーティ車から乗り換える対象としては、あまりにも役者不足だな~と、それが結論になってしまった感じ。
 あまりにも役者不足なのは、パワーじゃないんですよ。繰り返し。車体走行性能です。

 広く!広く!との声に応えて、普通自動車のように全幅・全長を膨らませることができない。安く!安く!との声も普通自動車以上に強い。そんな軽自動車は、仕組みと作りに無理をさせて、物理法則に翻弄されている印象を抱きます。

 で、行き着くところは規制じゃないかしら? 実際、今どきの軽自動車は速度制限装置をつけるべきだと思いましたもの。
 1400 mm を越える全高で車室空間優先のサスペンション作りをするのだったら、装置で 65 km/h 以上だせないようにすべきです。そうでなければ、加速性能も犠牲になっちゃうけどエンジン排気量を 450cc 未満くらいで加給も禁止にすべき。
 加えて自動車専用道路は通行禁止。それなら今どき軽の車体走行性能でいいと思います。

 でもね・・・ そんな規制が必要だと思わせていないで、物理法則からして割り切るべきところを割り切って、走って曲がる車としてマトモなものを作って欲しいのですよね~。

 軽自動車の全長と全幅の小ささ、都市と くねくね山道で便利かつ楽ちんだと思いますもの。小ささにも価値と意義が、ちゃんとあるんですよね。
 排気量が小さくても十分に使える見事なエンジンがブンブンと回って、走る気持ちよさだってある。実際、アルトで首都高速を走っているとき、エンジンのノートが気持ちよいな~と思ったもの。(そこらへんはスイフトの方がつまらない。回させないギア比選択だし、回してもノートを聴かせるよりノイズが勝つ感じ。)

 1350 mm ~ 1390 mm 程度まで車高を下げて、空間と部品点数と工数を割り当てるべきだけ割り当てて、無理のないサスペンションを作る。割り当てた空間の分だけ狭くなる車室や荷室は、それが自然で安全なんだと割り切る。
 サスペンションを構成するパーツや、ブレーキ、タイヤは、動力性能の高さゆえ出る速度に見合った性能のものを使う。シートも、成人男性を視野に入れた大きさにして、コストをかけてまともな作りのものを使う。ステアリングのチルトとテレスコピック機構も積む。

 世がバブルに湧いてなきゃ無理。(笑) わかってます。(^^;

 でも、そんな軽自動車が作られたら・・・ 国内各地を徘徊して回るに最適な、どんな細道でもグングンいける日本の旅車ができるはず。日本の GT です。d(^o^)
 都会の混雑の中で、路上駐車と追い越し車線の間をすいすい走れて駐車場でも楽ちんな、格好のシティ コミューターができるはず。

 スイフトも大き過ぎるよな~と思っている ぽてち的には、本当はそういう軽自動車が欲しいんですよね。
 バイクとの併存を図るために車を小さくしようと考えて、乗ってみて、小さいことの良さを知ってしまったですよ。

 そうでなければ、いっそ小ささを求めず(バイクは使用頻度からしてガレージを借りて置き)、長距離ドライブがひたすらに楽ちんだった RX-8 に再び乗り換えるとか、楽ちんを予測させるプロポーションを持つロードスターに乗り換えた方が幸せか?とか、考えちゃう。
 実は2台とも、今どき希有な高い車体走行性能を持つ今どきの車の中では、だいぶコンパクトな方ですし。

 スイフトは、我が希望にだいぶ近い車で、こんなハンドリングの小型車が国産車に存在するのは奇跡に近いことだと思っていますけどね。
 あと一歩、二歩、足りないものがある。(^^; もしかして、欧州向け仕様のショックアブソーバーとシートに換えられたら、足りないものがあると感じさせないのかもしれない。わからんです。

 こないだの遠山郷ツーのルートを車で行ったらどうか? 考えると、RX-8 だったら行く気になる。くねくね道には大柄だけど、一部を除けば気持ちよく走れて楽しめることも、疲労をまったく感じないことも間違いありません。
 ロードスターをレンタルして行くことを想像すると、同じ結論になります。

 であ、スイフトだったら? 国産小型車の中では図抜けて気持ちよく走れて、疲労もほとんど無いことでしょう。
 でもね~・・・・・「国産小型車の中では」という言葉がついちゃう。そこが、あと一歩、二歩、足らないものを感じているところでしょう。(^^;)

 もしかして気づかぬうちにマツダ地獄にハマっちゃってます? σ(^_^;)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

|

« アルトに乗って、ハングリータイガー | トップページ | うなぎに行くべ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/52261801

この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬが仏のマツダ地獄か?:

« アルトに乗って、ハングリータイガー | トップページ | うなぎに行くべ »