« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.31

長距離前の微調整と戦禍

  意外とンマ♪

 長距離に備えて、微調整を実施。クラッチレバーの傾きと、シフトペダルの位置です。

 先週の日曜日に、お漏らし修理でクラッチレバー根本のマスターポンプ部を交換してもらい、ついでにオイルとオイルフィルターの交換も行ってもらいました。
 この際、クラッチレバーの傾きが変わるのは避けようがないこと。だいたいの目安をつけて元の位置にするよう作業してくれたようですが、びみょ~に変わっていました。お店からの帰り道に試行錯誤の微調整をして、徐々に追い込みつつあった。

 でも、なんか、すご~く運転しにくかったんですよね。(^^;
 ぎくしゃくして、スムーズに動かせない。ぎくしゃく、ぎくしゃく・・・

 今日、近所の買い物に出て、気づきました。ようやく。(^^;;;

 シフトペダル位置が変わっていたんですね。オイルフィルター交換のとき、リンケージをバラしたようです。

 これまでの数度はペダルレバーがつくプレートごと外していたようで、ペダルの位置が変わることはなかった。
 だから・・・と言うには鈍いですが、位置が変わっていることに気づかなかった。

 昼寝して起きたら元気になって、放置せず試行錯誤の調整をする気になって、もう一度買い物にでる。何度かいじって、ok!

 見ると、目視でもわかるくらいペダルの位置が変わっていました。それですぐに気づかなかったのだから、我ながらたいしたものです。(爆)

 調整のためだけで走り回る気にならず、ついでにデザートを買おう♪と、セブンイレブン巡りとなりました。
 様子を見ながら走っていってセブンイレブンの前に駐めて、調整。セブンイレブンで買い物をする。また様子を見ながら走っていって違うセブンイレブンの前に駐めて、調整。セブンイレブンで買い物をする。・・・

 で、何度か繰り返した戦禍。(木亥火暴)

  

 いや~、あれば買ってしまって。ヽ(^◇^;)ノ

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.07.30

長距離前のザッと洗車

  

 腰下の水洗い洗車、終了。ふ~。(^。^;)

 けっきょく起きて来ず、今日のお出かけは無し。予報が雨模様で、バイクで出かけるのも気が向かず。

 猫缶を買って帰ってきて、そのまま洗車開始。遠山郷ツーでどろどろになったままなのを、水とタオルでジャバジャバ。腰下だけです。磨きも拭き上げもパス! (^o^;)

 どうせ今週後半には山形行きで またどろどろになるはずだけど、こうしていると不具合を発見できるので。(^_^)

 仮駐め乾燥中。乾いたらしまうです。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽち♪完了

  人恋しいモード

 せっかくの代休なのに、前の記事書きと、寝落ちと、夕からの飲み会で終わった金曜日。ちと不完全燃焼な気分ですが、まぁ、仕方ない。(^^;
 寝落ちしちゃってバイクの掃除をできなかったのが残念。でも、仕方ないか~。(^^;

 最後にやったことが、やはり飲み会で遅く帰ってきた相棒にことわって、ぽち♪

 義捐金込みらしく、チト高いようですけどね。いいでしょう。食事を自作する機会がほとんどない我が家では、消費するあてもあまりないんですけどね。いいでしょう。お菓子やデザートの代わりに、blog 記事でも書きながらキュウリをポリポリやります。(笑)

 体にいいかも~。ヽ(゚▽゚)ノ

 いいかげんな生産者も あこぎな流通業者も世の中にはた~くさんいて、公があてにならない。いつだったかの米不足騒ぎ。野菜不足騒ぎ。何が行われたか、消費者として忘れちゃいません。関東大震災の直後や、戦中戦後の食糧不足のとき何が行われたか、世代を超えて伝え聞いています。

 やはり、利害は簡単に一致しないのです。

 そんな世の中で、こういった取り組みの努力芽を潰さないようにしなきゃいけませんものね。それが消費者の利益ですから。

 さて、明日は出かけられるかな。お風呂入らなきゃ。(^^;

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.07.29

これなら応援できる

 こういうのを待っていました。これなら応援できる。(^_^)

 霞ヶ関が示す基準や、霞ヶ関や多くの県・市の安全宣言は信用していません。御用学者というやつがこれまで(この 50 年に限らず)どんなことをやってきたかを見聞していると、学者が大手マスコミの場でいくら「害はない」と謳っても信用できません。
 大手マスコミも、イザ!というとき霞ヶ関と経団連の広報をやるから日頃いい生活をさせてもらっているわけで、もちろん信用なりません。

 現に、ぽろぽろと発覚してきている。霞ヶ関、県、多くの市町村が調べようとも認めようとしなかったホットスポットも、今や周知の事実。次は果物と米。その次は魚貝でしょう。豚や鶏も、飼料でひっかかるかもしれません。

 そして、渦中の人のようで鳴らす警鐘に評価は色々あるようですが、この意見には大いに賛成。

 経団連、霞ヶ関、自治体、生産者、消費者それぞれの利害は異なり激しく対立するもので、ぽてちが「早く!早く!」と言っている、土壌の精緻な計測や除洗、食品等の精緻な検査および検査値の表示義務化は、容易なことでは進まないはずです。
 進まないどころか、公には実現しない可能性の方がずっと高い。利害が対立するプレーヤーのどこか力を持っているか、言うまでもないですからね。

 たぶん、購買の対象として避けられた農・畜産・漁業者の破産や廃業が莫大な件数に登ってくる前に、もっともらしい独自新基準がどこかから示されて、「混ぜてしまえばわからない」方式も密やかかつ広範囲に採られる。表示偽装も当然のことのように行われて、知る者は黙して語らず、肝心の消費者も怖いことには耳を貸したくない。

 そして、20 年後 30 年後には東日本を中心とする広域で、たくさんの、望まれぬ、早すぎる死がもたらされます。

 納得して笑顔で死にゆくならいい。が、たぶん、大多数は納得することが難しく、嫌々死んでいくのです。
 戦中戦後に極度の栄養不良下におかれ、その後も大気汚染、水質汚染、薬物汚染、食品添加物による食品汚染、核実験による放射能汚染、喫煙行為などなど、多くの発癌要因に身をさらしてきて癌を発症することに何の不思議もなかった我が父親ですら、「どうして?」と心悩ませ苦しんだように。

 1億1千万全体から見れば、それが 10 万人だってわずかな数でしょう。わずかに多く死んだって、国家経済に及ぼす影響だって微々たるものでしょう。多くの生産者が破産・廃業することの方が、原発マネーが目詰まりする方が、国家財政に余計な支出項目が増えることの方が、経済や治安に対する影響が大きい。
 今ある食い扶持を深く大切に思う霞ヶ関の視点に立てば、そんなもののはずです。

 わかっていて「早く!早く!」と言っているのですけどね。我が身のことは、実は半ばどうでもいいと思っているのに。
 どうして? どうしてなんでしょうねぇ。半ばどうでもいい思いと、やっぱり本能と、その間で我が身の先を思って心揺れ動いているだけではないようです。

 店頭表示を見て買うものを選別する他に打つ手をほとんど持たぬ消費者は、こういう努力を応援し、共助していくのがよいのではないでしょうか。

 霞ヶ関はまず動きません。県にも期待できない。農協・漁協の動きも見えてこない。そんな中で動き始めたところがあるならば!
 検査の方法も、密度も、期待するほど精密なものではないかもしれない。だけど、しないよりはずっといい。この芽、潰さず育てなければなりませんね。(^o^)

 ということで、相棒に一言ことわってぽち♪の予定。v(^_^)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.28

涼しいところでお昼寝用グッズ

  

 その壱は昨年買った折りたたみベンチ
 使用実績は1回のみ。(^^; 昨年の初秋に道の駅奥大井へ行ったとき。

 あのときは良好な環境で、暑くもなく寒くもなく、虫に悩まされることもなく。でも、今の季節、ツーリング先の涼しいところ(すなわち山の中)で積極的に昼寝をしようと思ったら、虫対策が必要だろうと考えました。
 先日の麦草峠では、昼寝どころか休憩すら落ち着いてできなかった、その理由がブヨが回りをぶんぶん。(^^;;;

 ということで、ていじんさんからいただいた情報をもとに、その弐

  

 ポイズン リムーバーは置いてなくて、まだ買えていません。2店のぞきましたが、都心のドラッグストアは虫対策商品の用意が少ないようです。こんど、ツー先のドラッグストアで買いましょう。(^_^)

 電池式蚊取りは2つ買ってみました。横になって使用しますから、頭の方と、足下と、2カ所で動かしてみるか?と思いまして。
 ただ、屋外なので拡散しますね。そよ風でもあったら、もう効果無しだと思っておいた方が無難な気がしています。

 効果を期待しているのはムシペールα。こういうのが一番効くのではないか?と。寝る前にシュコシュコやってみます。

 なお、我が家では線香を含む蚊取り薬剤を使えていません。理由はふたつ。ぽてちが気管支が弱いことと、猫がいること。現れたら、もうアウト。やられ放題です。(^^;;;

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.07.27

見にいってみたい

 そう思わせるだけで、まずは勝ち星ひとつ。

  

 と考えたら、なかなかのもの? > ダイハツのイース

 先日のアルト返却(赤とんぼ帰還)のとき。「エンジンの力をよく引き出して、ビン!ビン!と走りますね~」と話したら、「高速道路で追い越しをかけるときなどはターボのようにいかないけど、それ以外、特に街中なら十分です!十分!v(^_^)」とのこと。店長さん。

 十分なんてものではありません。(^^; 先日書いたように、今どきな作りの軽の車体走行性能に今の軽のエンジンは、力があり過ぎ
 速度制限装置をつけるか、それこそスイフトのようなスロットル制御&ミッション制御を進めて持ち込んで、容易なことでは 65 km/h を超えられないようにすべきだと思っています。d(^^;

 イースは、そんな適切バランスに一歩近づいた軽もしれません。

 JC08 モードで 30 km/L、10・15 モードなら 32 km/L にもなるそうです。

 とあるプロトタイプ試乗記によれば、特設会場で、エコランして 24.7 km/L、町乗り運転で 19.9 km/L、エアコン オフのエコランなら 34.1 km/L だったそうな。

   

 これだけ燃費を伸ばすことに傾注したら、ちび助やアルトのようにあらん限りの力を発揮しながらビン!ビン!と走る、そういう動き方をするわけがない。スイフトのスロットル制御や CVT 制御がもたらすそれのように、普通に踏んでいると自然にもっさり」走りになる、燃費スペック相応な走りっぷりだと推測します。
 推測ですけどね。

 いいんじゃないでしょうか。(^_^)

 多様な道路状況で縦横無尽に走る車は、車体走行性能に見合った出力であるべきですし、街中ではそれこそ「十分」だと思う。

 実際のところは、迷惑ですけどね。(^^; そんな車に前に入られたら、イライラしてたまらないことでしょう。(爆)

 でも、いいんじゃないでしょうか。(^o^)

   

 ってのは、本来そういうもの。車体走行性能に見合わぬ速度で走られるより、納得して割り切って適切バランスで動かせる方がずっと気持ちがよい
 倍の排気量で車重2割増しの車より実燃費が劣るとか、優遇をやめるべきだと思わせるような、そんなおかしな車よりずっと清々しい

 んで、納得させるだけの燃費割り切らせるだけの価格じゃないかしらん♪

 後ろに車が来たら、イライラさせないよう、意識したアクセルワークでカバーすればいいのだし。街中でそれができないほど力がないとは思えません。運転者の注意と意識の持ち方次第でしょう。

 ということで、まさに軽らしい軽、清々しい予感させるんですよね♪

 お店に展示されるようになったら、ぜひ見に行ってみたいです。(^_^)

 次に買うならロードスター♪とか言っている ぽてちだから、見ても買うのは無理なんですけどね~。でも、次に買うときまでに、状況が変わるかもしれないし~。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.26

走行ペース

  

 半年で、赤とんぼが 5,000 km 。メバチくんが 5,000 km
 あわせて 10,000 km

 ぽてち的には順当以上のペースです。かつてのように月1回以上のペースで兵庫県と往復することもないし、かつてのようにお休みイコール箱根通いというわけでもないし。(;^◇^;)
 赤とんぼの方は、年末の四国高松往復が利いています。メバチくんは、スタンプラリーが利いてます。(笑)

 この比率で年に 20,000 km 走ると仮定して、ガソリン代を計算をしてみたら・・・

 RX-8 で同じ距離を走った場合と比べて、17 ~ 18 万円の節減となるようです。スゴ!違いですね。(^o^;)
 1年半も続けば、あのレンズが買えるじゃないですか♪ (゚゜)☆\バキ

 実は、燃費がよいことって、あちらこちらをフラフラと走り回るのに大切なこと。ガソリン代が重くのしかかると、出かけたい気持ちを抑え込むようになっちゃいますからね~。
 そういう意味で、お出かけメインをバイクにして良かったな~と思います。ツーリングならば 18 km/L は走ってくれますから。v(^_^)

 さて、Google map のルート検索によると、温海温泉から鳥海山経由でレストラン シマダまで 200 km の4時間30分とな。有料道路を使って秋田空港の方へ回り込むルートだと、4時間。

 帰路は違う道を走りたくなって、横手、湯沢、新庄と走って一般道が大半になることや、休憩やら自分の走行ペースやらを考えると・・・ お宿の夕食に間に合うよう戻るには、7時に出発してもぎりぎりか・・・

 前の晩の睡眠状況や、プジョー乗りの秋田な友人と鳥海山ランデブーすることになるか否か、そこらへん次第かしらん。(^_^)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今夏のツーリング テーマ

 『涼しいところで昼寝』(笑)

  

 夏、涼しいところへバイクで出かける・・・ 疑問を抱いていたんですよね。(^^;)

 だって、出かけてから帰還まで 10 時間だとして、そのうち7時間から8時間は猛烈な暑さに辛い思いをし続けて、疲れ切って帰ってくるのですから。

 うちは東京の真ん中。暑さ強烈な関東平野を脱出するまでに、時間がだいぶかかる。関東平野を脱出しても、涼しいところまで まだまだ先があるわけです。
 その上、帰路につく頃には眠くなって体が重くて眠くてしんどくなる。そして暑さが余計にこたえてしんどさ倍増で帰ってくる。家にいれば朝寝坊と昼寝をできたのに・・・とか思いながら。

   

 それでも行きたいから出かけているわけなんですけどね。頑張れるうちはまだ体が衰えきっていない証拠だ!とか考えて。(;^◇^;)
 でも、やっぱり疑問には思うわけです。いくら ぽてちでも。(笑)

 ふと気づいた。ぽてちは体力ないんだから、涼しいところで素直に寝てしまえばいいじゃないか!ヽ(゚▽゚)ノ

 考えてみれば、昨夏にも似たようなことを考えながらていじんさんの blog を見て、真似して折りたたみベンチを買ってあるじゃないですか。

 この夏は、『涼しい昼寝』をツーリングのテーマにして、意識して昼寝をしようとしながら出かけてみようじゃありませんか。d(^_^)
 昼寝をしに行くつもりで行けば、適当な場所を目が探すようになることでしょう。「いいところが見つからないし、どうしよう?」と思いつつ帰宅を急いでしまうのでなく、多少よくなくても涼しい日陰が見つかったら寝てしまえぃ!と。

 よっしゃ、虫除けスプレーと蚊取り線香を買ってこよう♪ (^o^)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.07.25

スタンプの計画と、日帰りの計画と

  

 バイクのディーラーで作業待ちをしている間に、うちは TV 番組を見られなくなったようです。1981 年製造の 松下 20 inch CRT 、よく頑張りました。(^_^)
 今後は相棒の XBox 360 用ディスプレイとして頑張り続けてくれることでしょう。

 熱暴走を起こすらしいのだけど、起こったら中断して冷やせば使えるらしい。v(^^;)

 さて、お漏らし対処を終えて、エンジンオイルも交換して、これで心置きなく動かせるようになりました。
 ついでにザッと消耗品を見てくれたそうで、問題なし。エンジンの調子もよいとのこと。

 走行距離 16,500 km 、いよいよこなれてきたところでしょうか。上まで回すことが滅多にないため、軽々とフケあがるエンジンに仕上がる気配はありません。用途からして、まぁいいでしょう。(^_^)

 まずは来月温海&土湯スタンプツー。これを予定したため、今年は白馬に行けません。ディーラー主催のツーリングで白馬へ行くのも面白いのですけどね。もし行ったらついでの避暑をたくらんで、涼しいところに前泊か後泊をとって、ゆっくり涼んでくるもの良い案だと考えていました。
 んが、日程的にここが一番出やすいところ。泊まりでないと難しい温海を優先して、ここに当てる計画をしました。

 現時点での大まかな予定。

 1日目、東京から温海温泉へ移動。そして泊。
 2日目、温海から鳥海山を目指し、うろうろして温海に戻る。同じく、泊。
 3日目、温海から月山・蔵王あたり経由でのんびり米沢へ。そしてビジネス泊。
 4日目、山越えで裏磐梯に出て、土湯でスタンプ。そして東北道で一路帰還

 まだ見たことのない北日本の日本海側や有名な鳥海山。見るのが楽しみです。でも、どーも、かなり暑そう。(^^; 涼しいのは檜原湖周辺だけかな~。

 せっかくだから、これとは別に日帰り避暑ツーリングも計画しなきゃいけませんね。何が「せっかく」なのか不明ですけど。(笑)

 ちなみに、米沢をビジネスにしたのは夕食のため。宿代を抑え、外で豪遊するつもりでした。泊まる場所に米沢を選択したのも、夕食豪遊をねらったから。
 ところが、今の状況からして、米沢牛を退治するのは難しい。(^^; 稲藁が、かほどに広域流通しているとは知らなんだです。

 四の五の言ってないで とっとと飲食物の全品・全数検査。数値表示。疑わしきははじく。早くそうしてくれないと。(^^;)

 話しがズレた。(^^;

   

 日帰り避暑ツーリングは、涼しさでこの夏大人気長野県かな。美ヶ原なら夕には寒さすら期待できるし、夕暮れ以降に戻れば帰路のキツさもやわらぐことでしょう。高ボッチも景色がよいそうで、暑さもほどほどじゃないかしらん♪と期待。菅平も、アメダス気温情報を見ていると涼しそうですね。
 ここらへんなら、道が混まなければ入口まで約3時間。アクセスも良いです。v(^_^)

 もいっこ考えていること。2回に1回は、相棒にも声をかけないとね~。そうすることで車になってしまう可能性がグンとあがるけど、それはそれで ぽてちも楽だから。(笑)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

メルセデス大賑わい

  

 お漏らし修理待ち中の暇つぶしに Twitter のタイムラインを見ていても限度があって、暇感たっぷし。暑いけど、タバコがてらにメルセデスのショウルーム前を歩いてみた。

 すると、すご!賑わいじゃありませんか。

 見送られてお客の車が次々と出て行く。ショウルームの中も大賑わいで、たくさんのテーブルが埋まっていて、商談をしている。
 見送られて出てくる人、商談している人、車を見ている家人、もちろん、平均的庶民といった風情ではありません。大金持ちかどうかは知りませんが、皆、それぞれに豊かであることが感じられる身なり、そして雰囲気。

 BMW 2輪のお店に出入りするお客さんにも、そういう人、多いですけどね。そういう人ばかりでなく、ぽてちのようなのも混じっているわけで。(笑)

   

 いずれにせよ、かつてのクラウンやマーク2の位置とお客を、EクラスとCクラスにごっそり持って行かれたな~と感じる光景でした。もう、確信です。

 もし自分がそのタイプの車を買うとしても、やっぱりCクラスに逝くと思います。レジェンドがうすらデカくなってしまった上に、マイナーチェンジであんなになってしまって、選択肢に入ってこない。すると、かえって平坦な目で見られる。(笑)

 見ると、他の国産セダン、みんなプロポーションが悪いと感じますし、たぶんシートが好み違いだと推測させる。プロポーションでは BMW も微妙。きれいに見えるセダンって、今はCクラスが一番じゃないかな~。

 とか何とか考えながら、近くのホンダの前にも行ってみる。・・・置いてある車を見て、がっかり。(^^;)
 あたらめて がっかりする必要はないんですけどね。やっぱりね、ホンダって、自分には特別な存在だから。とことん合理的に振る舞うようになったことも、原点に立ち返っていることもわかっていて、でも見るとがっかりしちゃいます。(^_^;)

 ロードスターか K1600 GTL か、目指してお金を貯めよう♪

 赤とんぼの修理に大金を要した今、やっぱし TV なんか買ってる場合じゃないゾ。(^^;;;

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.24

お漏らし修理中

 クラッチマスターシリンダーからの液漏れ修理(パーツ交換)で、バイクのディーラーへ来ています。
 ついでに持参のオイルで交換を依頼して、2時間半待ち。暇っす。(笑)

 道路向かいのメルセデス展示室へのぞきに行こうか?
 いや、この格好(夏のバイク スタイル)では目立ちすぎるな。(^^;;;

 なんて考えると、すること無し。暇。

 とりあえずタバコを吸いに店外へ出よう。ついでにメルセデス展示室の前を通る。前を通るだけならこの格好でもいいべ~。v(^o^;)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

志ち乃の どら焼き

  

 鰻を退治した後、土浦へと向かう。

 目当てはどら焼き。某にゃびのママさんからお教えいただいた「志ち乃」というお店を襲撃する予定で。

 霞ヶ浦の北側へ回って、行方市、かすみがうら市を通り、土浦の「志ち乃」へ。R355、R354 を使いました。
 この道、たしかアコードに乗っていた頃に、銚子からの帰りに使った覚えがあります。あのときは陽ざしがキツく、エアコンをつけても相棒がバテた記憶が。今日はどんよりとしていて、時おり小雨が落ちてくるような天気。気温は 26 度くらいで、少し蒸し暑く感じる程度。助かりました。

 この程度の陽気なら、バイクでもキツさは無いのですけどね。眠くてだるくて、車を選択していました。二人ですし、道が空いていたし、それが正解でしょう。(^^;

 さて、志ち乃。広大な蓮畑に囲まれたお店でした。

   

 そして、人気店なんですね~。遠くから来る客で賑わうのでなく、地元土浦ナンバーの車が次から次へと入れ替わり立ち替わり、た~くさん入ってきては出ていく。半端な数ではありません。そういう賑わい方です。

 これはちょっと期待ですよ♪ 今どき、ベタベタに甘くてくどい どら焼きではここまでの賑わい方はあり得ませんから。お使いもの向きのベタベタな保存食どら焼きでなく、生菓子に近い どら焼きを期待しました。

  アイス系

生菓子系   

  ケーキ系

 白い夏うさぎ。これはもう、どら焼きの範疇ではないかも。一かけ試食して、当日中に食べろとされているものを3つも掴みました。(爆)

通常系   

 とゆーことでガバガバと掴みまして。(爆)

  

 ち~ん☆ (^^;

   

 お店を出てベンチに座り、アイス系を一つ喰う♪

  

 お店の前はこんな景色。

   

 この後、土浦北 IC から常磐道に入り、まっすぐ帰りました。

 燃費は 15.0 km/L。出発前に 60 km 近く都内を走っていたことと、燃費より流れに乗ることを優先したアクセルワークだったため、こんなものでしょうといった燃費に落ち着きました。
 「こんなもの」で 15.0 km/L ですから、CD アコードやその直後世代の車とは隔世の感がありますね。でも、燃費がいいのは良いのだけど、もうちっと落ちてもいいからスムーズに走れる CVT 制御をしてくれたらな~と思う。(^^;)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐原へ鰻ドライブ

 どこへ行こうかあれこれ考えていた鰻。

 せっかく情報をもらったけど、チャレンジして好みに合わなかったときのことを恐れて、かつて訪れたところへ行くことにしました。

 元来、ぽてちは魚が嫌いです。珍しく美味しく食べられる魚だけど、やっぱりだいぶリスキーな食べ物ではある。
 タイプによっては有名店でも老舗でも、アタリの日でないと(仕入れがよかった日でないと)「アウト! b(^O^;) 」だった経験が、何度もある。

 鰻はが多く、外れると悲劇です。まして系の川魚。悲劇です。(^^;;; 逆に、良品に当たれば、マグロの大トロと同じで、調理でへたを打たなければ美味しく感じるのは自然なことだと思います。
 しかし、庶民価格帯だと当たることはそう多くなくて、美味しい♪と思っても実はタレの味と焼き方で誤魔化し誤魔化し美味しく食べている。そういうことかもしれません。

 かように ぽてち的にだいぶリスキーな食べものですから、二人で出かける今回は安全策を採りました。

 ということで佐原うなぎ割烹山田へ。眠いから(笑)スイフトで向かいました。

 例によって寝坊気味。(^^; 西神田から首都高速に乗り、京葉道、東関道で佐原香取まで。道が空いていて、開店の 35 分前に到着。

  

 先着は車が1台。車内で時間を潰していました。自分は暇つぶしでカメラを持って車外へ。

   

  

 脇に別の入口。宴席用の座敷への入口のようです。

   

 なるほど、佐原だ。(イミフメイ)

  

 お店の真向かいに話題の寵児、かの巨人が。(笑)

   

 そうこうしているうちに時間が迫り、車がもう1台。このお客、降りるなりお店の前に並びます。こりゃイカンわいと続けて並び、丸椅子に座る。

  

 10 分くらいたった頃、店内に誘導されて、注文を終えて、待つ。

   

 ちゃんとした鰻屋は待ちますね~。とは言ってもかなりの客数が見込まれるお店だけに、下準備をだいぶ済ませているからだと思います。待つと言ってもほどほどで出てきました。

  

 はみ出ています。(^◇^;)

 これ、お薦めの「上」2,000 円でなく、約3,900 円もする「特上」です。

  

 メニューを見て「どう違うの?」と訊ねたら、「よいものを選り分けている。だから2名様からになる」とのこと。
 ということは、一人で来たときは食べられません。ダダをこねました。ヽ(^▽^;)ノ

  

 ンマ♪かったです。が、結論から言えば、前に来たとき食べてンマ♪かった「で十分だったかな。(^^; 大きくて、食べ応えがだいぶありましたけどね。2倍近いお値段は、費用対効果の観点から。(^^;;;

 タレ焼き方のこと。相棒曰く、ぽてちが好みだと言うのを納得だそうです。甘いのだけどくどくなく、濃い味付けに感じる。香ばしく焼けていて、脂っぽさが程よく感じる。まさに ぽてちの好みを突いた田舎風うなぎ。v(=^^=)

 で、人気店なんですね。外に出たら、雨模様だというのにこの景色。

   

 この後、伊能忠敬の生家前を通過見学して、土浦へと向かいました。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.23

Coolpix P7000 が帰ってきた

  広大な蓮畑(志ち乃前)

 Nikon の工場送りになった P7000 が帰ってきました。

 金曜晩のうちに帰ってきていたのだけど、相棒管轄の大荷物といっしょに届いたので気づかずいました。相棒が、鰻ドライブの出発間際に発見。(^^;

 工場では、お約束の「症状再現せず」だそうです。まぁ、そうでしょうね~。まれにひょっこり発生する事象ですから。
 それでも「考えられる要因のメイン基板部を交換した」とありまして、大作業を行ってくれたようです。

 んが、さっそく暴走再発しました。(^^;

 「志ち乃」なる どら焼きのお店を出たときのことです。出ちゃったか~と、症状を相棒に見せ、なるほどね~と。

 こうなると、ファームウェアバグと考えるのが順当でしょうか。

 開発部隊は症状を把握していて、次なるファームウェアを開発中であること、祈る

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ来た♪

うなぎ来た♪
行列中

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うなぎ行ぐ♪

  

 はぅ~ 安くても単焦点の写真は気持ちいいの~。(^o^)

   

 ということで、明日、鰻を食べに行くことになりました。v(=^^=)

 早く寝なきゃ!

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.07.22

うなぎに行くべ

 世間では、土用の丑の日イベントを終えたようです。ぜんぜん気づかずにいたので、遅ればせながら鰻を食べに行こうかと思っています。

 が、これは一人じゃいけない。この「いけない」は両方の意味。"can not" と、"not good" と。ん?、"not good" だから "can not" で、同じことか? ・・・どうでもいい。ヽ(^◇^;)ノ

 ということで相棒を誘ってどこかへ行こうと思います。予報を見ると、明日からは再び暑いらしい・・・車が無理ない選択だな。車でどこへ?・・・

 浜松は遠いな~。RX-8 なら問題なかったと思うのだけど、横風の影響が大きいスイフトはチトやりにくい。おかげで帰宅時間の帳尻あわせが難しくなるし。(イミフメイ爆)
 佐原は? 行き帰りが面白くない。周辺で他に回るところも、ご時世柄、ない。いつもの明神下? お出かけ気分は味わえない。ついでの買い物で終わるのもなぁ。いっそ、家の近所にある有名店とか? 上品すぎて好みじゃないんだよな・・・
 やっぱり佐原が妥当かなぁ。

 などなど、考え中。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.07.20

知らぬが仏のマツダ地獄か?

  

 有名なアルトをもってしても、軽はこうであったか。

 そう思うのって、車体。LIFE DIVA Turbo に乗っていたとき何度も書いているけど、エンジンは優秀ミッションも優秀。世界に比類なきデキの良さだという話し、頷けます。

 だけど、車体走行性能が低い。これが軽自動車の抱える大きな欠点だと思う。

 今どきの軽自動車は、車高が高すぎですね。すなわち、重心位置が高すぎる。そして、車室を広く取りすぎている。すなわち、サスペンションに割く空間が狭すぎる。加えて、サスペンションを構成するパーツやブレーキにお金をかけていなさ過ぎる。
 さらに加えれば、シート運転姿勢の設定。やはりお金をかけていなさ過ぎるし、大柄な人は対象外とされている。

 ダウンサイジングの流れでミドルクラスのスポーティ車から乗り換える対象としては、あまりにも役者不足だな~と、それが結論になってしまった感じ。
 あまりにも役者不足なのは、パワーじゃないんですよ。繰り返し。車体走行性能です。

 広く!広く!との声に応えて、普通自動車のように全幅・全長を膨らませることができない。安く!安く!との声も普通自動車以上に強い。そんな軽自動車は、仕組みと作りに無理をさせて、物理法則に翻弄されている印象を抱きます。

 で、行き着くところは規制じゃないかしら? 実際、今どきの軽自動車は速度制限装置をつけるべきだと思いましたもの。
 1400 mm を越える全高で車室空間優先のサスペンション作りをするのだったら、装置で 65 km/h 以上だせないようにすべきです。そうでなければ、加速性能も犠牲になっちゃうけどエンジン排気量を 450cc 未満くらいで加給も禁止にすべき。
 加えて自動車専用道路は通行禁止。それなら今どき軽の車体走行性能でいいと思います。

 でもね・・・ そんな規制が必要だと思わせていないで、物理法則からして割り切るべきところを割り切って、走って曲がる車としてマトモなものを作って欲しいのですよね~。

 軽自動車の全長と全幅の小ささ、都市と くねくね山道で便利かつ楽ちんだと思いますもの。小ささにも価値と意義が、ちゃんとあるんですよね。
 排気量が小さくても十分に使える見事なエンジンがブンブンと回って、走る気持ちよさだってある。実際、アルトで首都高速を走っているとき、エンジンのノートが気持ちよいな~と思ったもの。(そこらへんはスイフトの方がつまらない。回させないギア比選択だし、回してもノートを聴かせるよりノイズが勝つ感じ。)

 1350 mm ~ 1390 mm 程度まで車高を下げて、空間と部品点数と工数を割り当てるべきだけ割り当てて、無理のないサスペンションを作る。割り当てた空間の分だけ狭くなる車室や荷室は、それが自然で安全なんだと割り切る。
 サスペンションを構成するパーツや、ブレーキ、タイヤは、動力性能の高さゆえ出る速度に見合った性能のものを使う。シートも、成人男性を視野に入れた大きさにして、コストをかけてまともな作りのものを使う。ステアリングのチルトとテレスコピック機構も積む。

 世がバブルに湧いてなきゃ無理。(笑) わかってます。(^^;

 でも、そんな軽自動車が作られたら・・・ 国内各地を徘徊して回るに最適な、どんな細道でもグングンいける日本の旅車ができるはず。日本の GT です。d(^o^)
 都会の混雑の中で、路上駐車と追い越し車線の間をすいすい走れて駐車場でも楽ちんな、格好のシティ コミューターができるはず。

 スイフトも大き過ぎるよな~と思っている ぽてち的には、本当はそういう軽自動車が欲しいんですよね。
 バイクとの併存を図るために車を小さくしようと考えて、乗ってみて、小さいことの良さを知ってしまったですよ。

 そうでなければ、いっそ小ささを求めず(バイクは使用頻度からしてガレージを借りて置き)、長距離ドライブがひたすらに楽ちんだった RX-8 に再び乗り換えるとか、楽ちんを予測させるプロポーションを持つロードスターに乗り換えた方が幸せか?とか、考えちゃう。
 実は2台とも、今どき希有な高い車体走行性能を持つ今どきの車の中では、だいぶコンパクトな方ですし。

 スイフトは、我が希望にだいぶ近い車で、こんなハンドリングの小型車が国産車に存在するのは奇跡に近いことだと思っていますけどね。
 あと一歩、二歩、足りないものがある。(^^; もしかして、欧州向け仕様のショックアブソーバーとシートに換えられたら、足りないものがあると感じさせないのかもしれない。わからんです。

 こないだの遠山郷ツーのルートを車で行ったらどうか? 考えると、RX-8 だったら行く気になる。くねくね道には大柄だけど、一部を除けば気持ちよく走れて楽しめることも、疲労をまったく感じないことも間違いありません。
 ロードスターをレンタルして行くことを想像すると、同じ結論になります。

 であ、スイフトだったら? 国産小型車の中では図抜けて気持ちよく走れて、疲労もほとんど無いことでしょう。
 でもね~・・・・・「国産小型車の中では」という言葉がついちゃう。そこが、あと一歩、二歩、足らないものを感じているところでしょう。(^^;)

 もしかして気づかぬうちにマツダ地獄にハマっちゃってます? σ(^_^;)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.19

アルトに乗って、ハングリータイガー

 不注意で、リアハッチとリアバンパーを、ちょいゴツン☆やっちまいまして (^^;;; 車を修理にだしていました。
 見積もりにかかった時間やら見積もりの内容やら、また話しが行ったり来たりドタバタあったことは、まぁいいとして・・・ よくない! 3週間もかかった見積りの額が最終的に 54 % もズレるって、どういうことよ。(笑) 当初見積もりからだと 102 %も違うし。(^▽^メ)

 さすがにね。店長さんと話しをさせてくれ、とやりましたです。はい。

 店長さんと話しをしたかったのは別件の内容なのですが、ついでに。どーも、依頼して返事をもらったことと、実際に起こることとが異なる傾向。強くあるようです。(^_^;)

 んで、代車をだしてもらって、それがこれ。

  

 最初は、おぉ!やっぱり軽ってこうですか! と思いました。要するに、サスペンションがお粗末なんですね。タイヤも酷いですが、根っ子はサスペンションです。
 実に貧相。(^^; 「ショックアブソーバーを、屑値で作らせているでしょ。サスペンション作りもチープ感ぷんぷんの動き方だし、これで 100 万円は高すぎるよ」と思った。トーションビームの動き方はぶらんぶらんだし、たぶんスタビライザーも無い。実に貧相だと感じましたです、はい。(^^;;;

 でも、軽の現実って、こうなんですね。「どうしようもない」と見切りをつけた LIFE DIVA Turbo は、スタビライザーをつけて、安いダンパーでも締めた設定、そしてタイヤで何とかしようとあれでも頑張っていた方なのねん。(^^;

 ポジションの設定も、大柄な人間が乗ることは想定外。シートも貧相。AV 系の装備は交通情報とニュースしか聴かず、興味の対象外なので どうでもいい。ウィンカーを出すと鳴り続けるチャイムが、これまたチャチな音色で大きく、耳障り。

 その代わり、エンジンは良い。アイドリングはやっぱり静かだし、回せばそこそこ力がある。非力をカバーする回し方の AT 制御も、実用的でよい。ブレーキはアシストが強く、思ったより実用になる。もうちょっとマシなタイヤを履いてバランスするでしょう。

 ぶっつけ検査を通るボディに、まともに使える見事なエンジンとミッションを載せて、アシスト付きブレーキも奢って。あとはどうでもいい。許容範囲のぎりぎり薄皮一枚を残すくらいまで、コストを削る。
 要するに、そんな作りなのねん。サスペンションも「まともに使える」要素のうちに入れるべきだと思うのだけど、要するに、そんな作りなのねん。

 乗ってみた感想がこうだったので、銀座はいいけど、その後で横浜の日野と幸浦まで行くのはチトいや~んでした。(^_^;)

 でも、仕方がありません。営業氏が電話をくれて、出かけるときは自分の SX4 を使ってくれてよいと申し出てくれたけど、そこまでしてもらうほどでない。中央道や上信越道を延々と登るわけじゃないし、志賀草津道路を走るわけでもないから。

   

 ということで、覚悟して西銀座入口から入った首都高速

 用心しながらカーブに入ると、なんとか走るじゃないですか。会社線のカーブ、汐留あたりのカーブ、レインボー橋手前のカーブ、なんとか走るですよ。少なくとも世の遅い車より、高い速度で曲がっていけます。
 レインボー橋の登りや、浮島から鶴見つばさ橋への登りでも、遅い車をパスしながら登っていくし。すごい!すごい!(^o^)

  

 帰る頃にはすっかり慣れて、浜崎橋から宝町、そして西神田までのワインディング区間(笑)もすっかり平気。教科書通りにこう扱うと「なんとかなる」のねんと、運転を楽しんでしまいました。v(^_^)
 「なんとかなる」の範囲で、そういう速度ですけどね。でも、世の遅い車より高いペースで大丈夫。助手席はいや~んな気持ちに包まれていたようですが、ぽてちはコントロール感をもって運転していました。

  

 重心の低さは偉大。あらためて感じました。低いといっても今どきの高さがあって、全高を 10 cm、応じて着座位置も下げるべきだと思います。が、非常識に感じた LIFE DIVA Turbo よりナンボもマシな動き方ですもの。
 LIFE DIVA Turbo の、ぴょこたんぴょこたん跳ね動いてトッ散らかって制御不能に陥り、バスのように倒れかねない系の動き方でない。チープさ故に腰砕けする系の動き方なんですね。おまけにチープだから予兆がたっぷりで、かえって制御が楽です。(笑) わずかな違いこれほど違うか!と感心でした。
(全高の違いだけでなく、ボディ形状からくる屋根重の違いも重心に利いてそうです。)

   

 重心の低さの偉大さぶりを考えると、ダイハツのコペンは「マトモに走る」車として、けっこうイケるのじゃないかしら。後席が無いことから運転姿勢も無理がない設定なのでは?と推測できる。
 できたらいちど乗ってみたいです。(^_^)

 さて、写真のハングリータイガー。駐車場で友人夫婦と合流して、突撃しました。

 2つ上の写真なんか見ても、賑わっていますね。3つ上の写真にある価格帯でこれですから、神奈川は豊かなところなんだな~と、あらためて思いました。
 3世代家族連れが多く、じーちゃんの財布に依るところが大きいだろうと、友人談。それはそうですが、じーちゃんの財布が大きくないとね。(^_^)

  

 練りものでなく、ちゃんとお肉しててンマ♪かったです。(=^^=)

 この後、相棒の主目的たるコストコへ移動して、友人夫婦の手引きで入場&買い物。

   

 相変わらず豪快な商品がたくさんで、楽しかったです。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.07.18

Nikon D3 の輝点調整

  

 サービスの受付に、経験豊富で製品をよくわかっている確かなおじさんがいる。今どき貴重なことです。
 Nikon の銀座サービスセンターへ行ってきました。

   

 目的は2つ。 一つ、D3 の調整(輝点殺し)と、センサー交換の概算費用を訊くこと。もう一つ、Coolpix P7000 の暴走と AF 迷い改善(ファームアップ)のアピール!(笑)

 ローパス クリーニングと同じで1時間と言われ、2機を預けてセンターを出る。その際、もしセンサーを交換したらいくらかかるのか?を、1時間後の引き取りの際に教えてもらうことになりました。
 センサーは宇宙線の突入で必ず劣化するもので、交換してもすぐに再発する。よほどの必要がないと交換なんて高すぎることだ。おじさんはそんな反応でした。そりゃそうだ。(^^;

 ちなみに、福島第一の一号機建屋の中で撮影したデジカメ画像。補正前のものをどこかで見たのですが、ものすごい輝点の嵐でした。状況からして猛烈な放射線でしょうから、至極納得の現象ですね。
 うちの D3 に生じた輝点も、福島第一のせいだったりして。だったら東電死刑。b(^^;)

 さて、2機を預けているのに写真を撮っている。・・・調整および点検に渡す2機とは別に、その間の撮影用に3機目(D40)も持っていった(爆)ので撮れてます。(^▽^;)アホ
 いや、なに、その・・・ 銀座はしばらくぶりだから。(^^;;;

  

 で、外は暑かった! 陽ざし、雰囲気、もろに東京都心の夏。f(^O^;)

ドトール前にて   

 まずは予定通りに、すぐ近くのドトールへ飛び込みました。レタスドッグで昼食です。そのまま約1時間居座る。(銀座撮影はどうした!) しばらくぶりの銀座とはいえ、こんな天気で屋外を1時間も歩き回るなんて、そんな大冒険できませんでした。ヽ(^◇^;)ノ

 ・・・・・

 センターに戻って、ちょびっと待つ。大きなレンズを修理に出している方がいました。最新ピカピカのレンズでなく、だいぶ古いレンズを大切に扱っている感じ。中古でゲットしたものかしらん?
 山景色屋さんの重装備や疲れ方でなく、フィールド系の服装で長袖を着て、昼過ぎに大玉を持ち込んでいる・・・ 鳥屋さんですかね~。(^_^)

  

 古くからやっているカメラ メーカーだと、いったい何年前の製品だ?と思うようなものまで修理に持ち込まれるのが普通のことだと思います。30 年ほど前50 年ほど前の製品Pentax に持ち込んで、「部品を作って治してみせます!」言われたことがある。で、本当に治してくれちゃった。それもだいぶ格安で。
 若いおにーちゃん(当時は(笑))が、年配者から譲られたこと見え見えの古い古い自社製品を修理に持ち込んで、これから写真デビューしそうな様子。そう思って一肌脱いでくれたのかもしれませんね。

 いまは部品がないと修理できません」で終わるようですが、完全機械式の古い(当時は猛烈に高価だった)一眼レフなんかだと、もしかして今もナイショで部品作って治してくれるのかな??
 まぁ、そんなこと、できるご時世じゃないですかね。f(^^;)

 閑話休題

 センサーを交換したらいくらになるのか? P7000 を工場点検預けに出す話しに夢中になっていて、訊くのを忘れました。(爆) で、大黒 PA から電話して訊いた。(^^;;;

 12万数千円だそうです。12万7千ウン百円と言ってたかな? うち、2万5千ウン百円が工賃。残りの9万数千円がセンサーのパーツ代だそうです。さすがフルサイズ。いい額しますね~。(^o^;)
 でも、殺しても目立つようになったら、やります。だって、D3s に買い直したら 56 万円もかかるんだもの。(・_・;)

 でも・・・ D4 が出て、D3s の流通在庫が値下がりしてきたら・・・ (゚゜)☆\バキ

 この後、相棒のリクエストで三越の B2 へ冒険に出向き、収穫なく駐車場に戻る。そして横浜へ。
 横浜在住の友人と合流して、ハングリータイガーなのでした。ヽ(゚▽゚)ノ

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.14

来月の 900 km ツーに向けて、整理

  ご飯!アピール

 記事数だいぶ多く引っ張った遠山郷お泊まりツーのこと。前回で終わりです。と書きつつ、総括をば、ちょっと。来月の温海&土湯お泊まりツーに向けた整理にもなるか?と。v(^^;)

 お出かけの回数を重ねていくと、ぽろっ、ぽろっと発見がある。あらためて感じました。経験と情報って、大切なんですね。
 今回は「全身しろくまのきもち」がとても有効であることを発見。いくら有効であっても、グローブと肌着パンツまでずぶ濡れしたら負担感があることも。(^^;) そして、くねくね道等では「夏は自己責任」((C)さるお方)が、かなり有効であること。

 「夏は自己責任」について、ちょろっと触れる程度に書いただけでした。ぽてちのそれは、ジャケットを脱いでしまうことです。
 ちなみに、ジャケットを脱いでも HONDA のボディプロテクターは羽織ったままです。胸プロテクターって、これだけ通風形状でもけっこう暑いんですけどね。

 んで、アームカバーのおかげで腕がむき出しになるわけでなく日焼けもしなかったが、肩、肘のプロテクターが無くなり、飛び石や甲虫激突への耐性も落ちる。(大カウルと大スクリーンのおかげで滅多にないんですけど) 転倒すれば、ジャケットを着ていた方が切り傷すり傷が少ないことでしょう。
 それでも、2日目午前の道の駅下条から3日目午後の道の駅鬼石まで、脱いでいました。

 暑さにあっぷあっぷしてフーフーとあえぎ意識が朦朧としてきながら先を急ぐのみでタスクをこなすようにして走る・・・ 景色も何も楽しめず、こんなキツイことを何で自ら?との思いが脳裏を何度もよぎりつつ・・・
 それで乗らなくなって家でショボつくよりは、リスクを受けいられる範囲で状況を改善するのが、自分の現実解だと考えました。

 高速道路や交通量の多い幹線道、大きな町でそうする気はなく、基本、お山の中。交通量の少ない田舎道も、状況に応じて。
 それなら速度が出ない(出せないσ(^^;))し、飛び出し車や うっかり右折車にはじき飛ばされる可能性をはらむ機会も、比較して少ないから。

そろそろ交換しなきゃ   

 来月の温海&土湯ツーでは、一年で最も蒸し暑い時期に、暑いところを走る時間がだいぶ長い。体力の無い ぽてちが、蒸し暑さ疲弊をどれほどせずに済むのか? 「全身しろくまのきもち」自己再現と「夏は自己責任」の2つ、どんどん試してみようと思っています。

 そして、「そうだ、ぽてちは慣れてきた頃が危ないのだった・・・」と、帰宅してから思い至る。「一倒し 50 万円」の言葉を思い出すとともに、このことも次回に向けた準備の一つとしておきましょう。(^o^;)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.07.13

2127 m から降りてまた峠を越えて、高温槽へ

  

 麦草峠から下っていき、松原湖へと降りてゆく県道との分岐にあるレストハウス駐車場にて。小海の方を望む。

 今回のツーでは不思議なことに、学生時代の夏合宿で訪れたところ2カ所の、すぐ近くへと行くことになりました。
 ひとつは駒ヶ根高原。今回泊まったお宿からもうちょっと登ると、懐かしのお宿があるはずです。もう一つは松原湖。合宿先のモロ近くを通ったわけじゃないけど、この道を下ると合宿先だ~♪と。

 合宿先のどちらにも、 MVX250F、観光バスと別働隊の幹事車を追走して訪れました。あのとき一緒に走っていった RZ250 の I 先輩の動向は、その気になれば今も把握が可能。RG250Γ の T 先輩は、どうしているのかな。
 T 先輩の RG250Γ 試乗で、今回のお宿の前の道を走ったことを思い出しました。30 年近く昔の話しです。懐かしくて、遠い目になっちゃいそう。(笑)

 さて、高遠のお宿からそこそこの距離を走ってきて、2時間になろうとしています。立ったままの休憩はあったけど、座り込んでの休憩は取っていません。
 レストハウスに入る気にはなれず(中はどうせ禁煙だろうから)、かと言って駐車場も日が照りつけると暑い。

このときは雲がかかっていた   

 もうちょっと下って、休むにいいところはないかな?と、出発。で、下りすぎると暑くなるから、途中で停める。木陰じゃなかったんですけど、まぁ木々の中といった道ばたです。

  いい感じ♪に撮れた (=^^=)

 アブがいなかったので、ちょいと大休止。飲みものを出して、タイヤを見ながら たばこを吸って、冷やしたトッポを一袋、おやつに食べて♪
 そしたらアブがいくつか寄ってきたので、即座に退散!(笑) 刺されたら嫌だもの。(^^;

佐久穂に降りる   

 もう夏の雲だな。そう思っていたら、長野はこの日、梅雨明けだとか?

 この後、十国峠と上がりました。ぶどう峠は 15 年前に車で越えています。そのとき十国峠はまだ舗装されていず、底を打って途中で断念し、ぶどう峠を越えたのでした。今はもう完全に舗装されているとのことで、初めての挑戦。v(^_^)

 今回のツーでこれまで走ってきた峠道より交通量が多いことを予測して、ヘッドライトをハイビームにする。くねくねのとき、予測する状況によっては昼間にハイビームを使っています。
 結果的にはその必要がないくらい交通量が少なかったですけどね。集団ツーリングと1回、車と2回すれ違ったくらいでしたから。

 R152 の地蔵峠やら分杭峠と比べたら、深い山の中だと言ってもどこかしら人里の近さを感じる道。高をくくってはいませんが、非日常感がやや薄らいで感じました。こういうものが、峠のてっぺんにあるくらいですから。

  

 とーぜん、登ってみるわけです。(笑)

   

  これから進む方向

 見回すと、雲がきれい♪

   

 これなんか、夏の雲に見えます。長野県方向です。

  

 群馬県方向を見ると、今にも降りだしそうな天気。雷鳴も聞こえてきました。(^^;

   

 塔を降りてベンチで休んでいたら、ぽつ・・・ぽつ・・・(^^;;;

 出発することにしました。念のために、首から下げていたコンデジをトップケースに入れて、タンクバッグは防水カバーをかけておきました。
 これが大正解。下り始めて程なく、猛烈なドザ降りが始まる。(^^; 鬱蒼とした大きな木の下も、葉から落ちてくる水滴でドザ降り。雨具をつけるような待避場所がありません。

 待避場所がないのだから、停まって雨宿りもできません。グローブも肌着パンツもびしょ濡れです。道の駅上野村を目指して走り続けるのみ。

 ここで発見。d(^◇^)

 ずぶ濡れで走ると、涼しい♪ 山の中では寒いくらい。これ、「全身しろくまのきもち」((C)旦那ライダーさん)状態なり。ヽ(^▽^;)ノ

 里に下りたら雨がやんで、びしょびしょで道の駅上野村

  

   

 スタンプをゲットしにきた GS 乗りの方とご挨拶。だいぶお忙しい方だそうです。

 さて、時はご飯どき。つい、駅の食堂でこんなん食べちゃいました。ヽ(;^o^;)ノ

  

 やめておけばよかったです。ヽ(;^o^;)ノ ・・・要するに、美味しくはなかった。(^^;;;

 でもねでもね、キャベツはンマ♪かった。群馬じゃよく洗い流してないとセシウムが怖いよな~と思いつつ、もりもりと、全部食べちゃった。(笑)

 食堂をでると、また雨が降り始めてくる。雨の中で出発準備をして、雨の中をそそくさと出発です。R299 と分かれて R462 へと入る頃まで降られました。
 そして神流川沿いの R462 を一路、本庄児玉へ。気持ちよく走れる道です。遅い車が前にいなければ。(笑) もう関東平野の一端ですからね。難行苦行をけっこうこなして、道の駅鬼石へ待避。(^^;

 ここはあまり流行らぬ駅と見た。街道沿いの流行らぬドライブインが、道の駅の称号による利用客増を期待して、駐車場と裏の小さなトイレを 24 時間開放して認定を得た感じ。駐車場へ入ってきたのに、雰囲気を見て出て行っちゃった車が2台もいたゾ。(^^;)
 せっかくなんだから、駐車場の脇にあるこういうものを活用して盛り上げればいいのに。町の農協と提携して農作物直売所をやるだけで、だいぶ違うと思うんだけどな。(^_^)

   

  

 この先は、高温槽に入ってきます。道の駅鬼石ではまだ 30 度くらいだけど、この先は 33 度超えが間違いありません。
 ということで先ほどの発見をもとに、アームカバーびしょ濡らししてみる。(^o^)

 出発して児玉に入ったら、きたきた!34 度です。
 関越道に乗ったら 37 度! 東松山あたりで 38 度! きた~!ヽ(゚▽゚;)ノ

 朦朧としてきたので三芳 PA に飛び込み、再びびしょ濡らしアームカバーだけでなく、ヘルメットインナーも。さらには首からどぼどぼかけて、涼感シャツもびしょ濡らし。

 おかげで意識を保ったまま、33 度の都内へと逃げ込むことができました。(笑)
 温海&土湯ツーに行くときは、水くみ用空きペットボトルを積むことにします。v(^^;)

 ぜんぶで 701.4 km、とても充実して感じるツーリングでした。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.07.12

杖突峠、そして 2127 m の麦草峠へ

 高遠の朝

  

 同じ景色も、朝の澄んだ空気の中で見るとパリッとして見えます。

 慣れぬ枕の2晩目、あえて寝坊するつもりがいつもの時間に目覚めてしまって、ちょっとダルい。朝食を終えてとりかかった出発準備に、ちょいモタつきました。
 精算して、凍らせておいてもらうようお願いしておいた保冷剤を受け取って、出発です。

 ねらった通りに、朝は日陰だった! v(゚▽゚)

   

 対岸に見えた橋の上から、お宿と昨日やってきた方向を望む。あのお山の向こうからやってきたんだな~。(^o^)

  

 橋を渡ってうろうろと、高遠城趾の方にあがってみました。いつか相棒を連れてやってくる機会があったときのため。下見のつもりです。まぁ、ないでしょうけどね~。だから駐めて歩いてみることなく、「ふ~ん」で通り過ぎました。

 その後は予定通りに R152 で茅野まで。昨夏、南アルプス村長谷のスタンプをゲットした帰りに使った道です。気持ちよく走れる快走路で、交通量も少ないことを知っている。この日も、とても気持ちよく走ることができました。(^_^)
 そして、昨夏は「どうしよう?」と思った瞬間に通り過ぎてしまった展望台で停まる。杖突峠を越えて、下り始めて少ししたところにある展望台です。いちど見て知っている強みですね。

  

 展望台から、茅野の町を一望に見下ろすことができます。web で見る陣馬形山の眺めほどではありませんけどね。簡単に寄れるところにしては、なかなかの眺めだと思います。d(^_^)

 上に入るなら 100 円入れてから入れと書いてあったので、入らずに手前から。(爆)

   

 まっすぐ延びて見える道は、これから走る予定の R152 の続き? 向こうのお山はこれから越える予定の八ヶ岳?

   

 あの道、どうやらそうらしいです。孤高に高い建物は、茅野市役所の模様。

  

 またくねくね道で茅野まで降りて、中央道をくぐり、市役所のちょっと先で給油しました。

 下条で給油してから 151.6 km でした。たぶん、関越に乗る予定の本庄児玉まで行くのに足るガソリンが残っています。んが、スタンドが疎な地域を走るときは、給油できる機会に早めの給油をする方針。
 推定燃費から残量と走行可能距離を暗算しながら走るの面倒で。(^^;

 給油してからちょっと走って R152 とお別れ。昨日の遠山郷から、ず~っと R152 でした。なんか別れ難くあったけど、R299 に浮気して麦草峠、十国峠を越えて上野村へ。

 妙に くねくね自信がついちゃって、当初に考えていた諏訪からさっさと帰るルートは止め。涼しさを期待できる本格的な峠を2つも越える気になっていました。1つは 2000 m 超級。涼しいこと間違いありません
 越えた先の上野村では、もちろんスタンプをゲットする予定です。v(^_^)

R299 に入ってすぐ   

 土曜日だけどまだ時間が早く、遅い車に邪魔されること少なくメルヘン街道を走る。

  

 登りはじめてすぐ、またこんな景色を見て停まったりして。東京発の日帰りだと、こういう余裕がありません。泊まりで出かけた威力ですね。(^_^)

   

 レジャー気分になる景色ですね♪ 頭は完全に非日常モードで、この日のうちに帰るというのに、仕事のことが頭によみがえってきませんでした。

 この後、本格的なくねくね道。だいぶ昔に相棒と泊まった横谷温泉への入口を横目に見て通り過ぎる。奥蓼科の別荘地帯も通り過ぎる。もちろん舗装林道ではなく、快適な高原道路でした。上の方は路面が荒れていましたけど。(^^;)
 このときではないかな~。象さんの鼻先だけでなく、象さんの顔も地面に触れていたのは。ぽてちがそんなことになるんだから、いいタイヤです。(^_^)

  フロント

リア   

 そしてたどり着いた 2000 m 超。

  

 麦草峠てっぺんチョイ手前にある、トイレつき駐車場です。ハイカーのための施設でしょう。

  

 ときおり、バイクが通り過ぎていきます。

   

 一休みするか~と、たばこに火をつけたら。後ろの方からガゴッ!という音。

 あれまぁ~。(^^;;;

  

 車の正面方向、おねえさんが立っている側から見たので、フロントを押さえつけながらトラクションをかければ脱出できね?と思いました。

 ちょっとやってみましょう!で、ぽてちがAピラーの付け根を抑え込んで、おねえさんにアクセルを徐々に踏み増してもらう・・・ 微動しかしない。(^^;
 そらまぁね、車の外板を傷めない程度に抑え込んでも、効果は薄いわな。(^^;;;

 効果をもっと増す方法はないものか?と離れて見て、上の写真の状況だったわけです。そして、こりゃダメだわヽ(^◇^;)ノ と思わされた図が、これ。↓

   

 反対側から見ていたから、ここまで落ちていると思わなんだ。(^^; 「タイヤの下に何かを」という方法もダメ。完全に浮いている。下も平らでない。
 我ながら役立たずだな~と思いながら、素直に、レスキューを呼ぶ進言をしました。

  

 これだものね~。道具無しの素人が一人では、ちっと・・・ (^^;;;

   

 携帯電話は完全に圏外。電波が届くところまで、自分が降りていって電話をかけてこなきゃダメかな?と思ったら、おねえさんがバッグを持って歩き出そうとしている。(^^;??
 訊けば、すぐ近くに麦草ヒュッテなる山小屋があるそうです。ご挨拶をして分かれました。

 たくさんのアブがぶんぶんまとわりついてくるので長居をできず、ぽてちも出発しました。本当だったら、キャンプ椅子をだして座り込みたかったのですけどね~。
 なお、ここでメッシュジャケットの薄いインナーを羽織りました。20 度になると、陽ざしがあってもチト寒い♪ (=^o^=)

 峠のてっぺんだ~ やっぱり 2000 m 超だ~ ヽ(゚▽゚)ノ

  

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

高遠で泊まったお宿の食事

  

 これは分杭峠のてっぺんにある駐車場から撮ったのだったかな バスの入れ替え待ちをしたのはちょびっと下にある第2駐車場みたいなところだった? たくさん撮っていて、もう覚えていません。(^^;

   

 高遠にたどり着いて飛び込んだ喫茶店は、アタリでした。エアコンが効いていて、タバコを吸える。コーヒーもまずまずで、できたら e mobile の圏内であること。
 希望を満たすお店って、求めてみるとツー先では割と希少なのかも。今風のしゃれたお店って、禁煙が増えていますし。

  

 座り込んで どへ~っと涼み、汗がひくのを感じながら道の駅下条以来のネットチェック。道具は GALAXY S なり。まだ 15 時半だったけど、涼んだ後にどこぞへ観光して回る意欲は0。動く気になったらお宿へチェックインの気持ち。疲労感が。(^^;

 疲労「」だったんですよね。さらされていた気温からして、実際にはそれほど疲労していなかったようです。くねくねの疲労も、他車に気を遣うことがほとんどなく自分のペースで走れたせいか、恐れていたほどではなかった。
 でも、蒸し暑くてね~。汗だら汗べたの不快感だけは山盛り。そして壮大な山道の記憶も生々しく、気持ちだけ「疲れた~」という具合で。(笑)

 考えると、その程度で済むのだから、BMW の2輪って、やっぱたいしたもの~。(^o^)

 この日のお宿は観光旅館ホテル。高遠の桜を見に来る客に一番の焦点をあてたホテルなのかな?と推測しながら入る。

   

 他の時期にも客を見込んでいるからやっているのでしょうけどね。夏は涼しいところではなく、冬はスキー場があるわけでない。他地域での観光から流れてきて1泊、といった団体客を見込んだのかしらん? 見て、そう思い直す。

   

 ホテルの外観とフロントやロビーの作りで、部屋は和室。ありがちな観光旅館ホテルだと思いました。季節の観光客と、オフシーズンの団体客の二面ねらい。景気がよければ社員旅行や町会旅行を中心に賑わうのかな? 入って見て、考えがまとまる。(笑)

部屋からの眺め   

 出発の荷造りを翌朝していて気づいたのですけどね。LAN のケーブルが TV の下にあったことを。気づかず、e mobile の電波が届くか届かないか、どたばたしちゃいました。(^^;)
 出発前にサイトで調べて、湖の対岸まではエリアであることがわかっていた。もしかしたら届くかな~?と、あれこれ試して、これならバッチリであることが判明。v(^o^)

  ここでないとダメ

 夕食の時間まで、お風呂に入って戻ってごろごろ。ごろごろしながら web サーフィンで、夕食の時間を迎えました。

 食堂は、やはり湖に面していた。

   

 で、この野菜がめちゃめちゃンマ!かった。

  

 訊くと、自家栽培を中心に地のものを使っているとか。なるほどね! ンマい♪わけだ!

かぼちゃのスープ   

 クリームの加減がくどくなくて、淡泊すぎず、ンマ♪

  魚のパン粉焼き

 青森産の鮃とか言っていたような・・・ 魚だけど、臭みが無くて食べられた

サラダ   

 このレタスが、それだけでンマ♪

  牛のお肉

 火加減上手。(=^^=)

デザート   

 グレープフルーツのシャーベットがンマ♪

 という具合で、次はどんなンマい♪ものが出てくるのだろう?と、楽しむことができました。強く印象に残ったのは野菜ンマ♪でした。どれも瑞々しかったです。(^_^)

 ふと窓を見ると、もう夕暮れ。

  

 ぐぅ~っと色が濃くなるところを見られました。

   

 満足して、いい気分で食堂を出る。ロビーの窓の外に・・・ そう言えば、兵庫県の山の中にいたとき、毎晩がこうだったよな~。懐かしいな~と。(^o^)

  

 という具合に満足して、リラックスもできた晩でした。お宿はそれが一番なのでしょう。そういう意味でいいお宿に泊まれたと思います。

 これで ¥10,150- 也。地方のビジネスホテルだったら ¥6,000- 弱くらいですから、朝食の質アップと夕食に ¥4,000- ~ ¥4,500- かかったようなもの。

 一大観光地や温泉地のお手頃価格な旅館ホテルに多く見られる、どこぞの調理センターから配達されたものの盛りつけと一部の加熱をしただけのような食事だと、チト高いと思ってしまいます。自作のものがあっても作り置き感たっぷりで、冷え冷えとかね。(^^;) ひどいところになると、自作はご飯を炊いただけか?と思うような状況だし。

 だから旅館ホテルにはそうそう泊まらないし、泊まっても夕食付きはあまりやりません。だけど、この日このホテルはお得なお値段に感じられました。v(^_^)

 ちなみに朝食はこんなでした。

  

 代わり映えはしないけど、品数が多いのがよかったっす♪

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.07.11

遠山郷から断層伝いに高遠へ

 丸西屋を出て、進む方向を見る。

  

 う~む・・・がくちい。(爆) そして先は長く、暑い。(^_^;)

 距離にしたら 80 km くらいのはずなんですけどね。中央構造線の断層上をたどる険しい地帯。国道とは言っても、秘境からさらに山奥へと向かう道。途中で中断していて、迂回林道を使うような険しいルート。
 くねくねの山道がどれほど続くわかろうというものじゃありませんか。d(^^;)

 つい二月前の ぽてちなら、だいぶ悲壮な覚悟で挑んだところです。が、ここのところ急に、くねくね慣れをしてきています。
 5月の あじまご茶ツーで追走学習を行って、先日の道の駅天城越えのときにはバイク慣れ・くねくね慣れを自覚してきています。今回ここまでの走行で、タイヤが替わってロードホールディングが増していることも、くねくね慣れの理由の一つだと気づきました。人間とタイヤと、両方に自信増の要因があって、臆さずに地蔵峠へ向けて Go! (^o^)/

 飯田へと抜ける R474 大トンネルとの分岐まで、だいぶ蒸し暑いけど、道と進行は大いに順調でした。途中、田舎の快走路になったり、房総のゴルフ場に入っていく道のようになったり、改良前の昔を思わせる道になったりを繰り返しながら、分岐のある程野・小沢地区まで。
 トンネルの入口、行き止まりの R152 を進む道、分岐が立て続けに現れて、迂回林道で地蔵峠へと向かう道を進む。

分岐してすぐの交差   

 この後、舗装林道へと入っていきます。

  

 入ってすぐは、房総のゴルフ場へと入ってく道のよう。まずは安心させておいて・・・ そのパターンでした。(笑)
 すぐに舗装林道感がたっぷりになり、標高をぐんぐん上げていきます。あわせて気温も下がっていく。

   

 30 度くらいあったのが、トンネルと分かれるあたりで 28 度ほどになり、ここらでは 26 度から 27 度くらい。
 どんよりしたり陽がさしたりを繰り返し、陽がさすと暑いし、何より湿度が高くて蒸し暑く、汗がでるのですけどね。まぁ何とかしのげます。大鹿村の里に下りたら 31 度の日、26.5 度くらいの気温の中を走る時間が多かったと思います。それだけ山の中を走る時間が長かったということです。d(^^;

 もっと標高があがると、23.5 度くらいでした。地蔵峠のてっぺん前後とか、分杭峠のてっぺん前後とか。
 23.5 度くらいでも、涼感シャツやアンダーパンツが汗べたになったままで快適に感じられない日でした。湿度が高いからなのでしょうね~。

 くねくね道については、時おり「あ~面倒くさ!」と思いながらも激しく疲労することなく淡々とこなしていけました。走りながら、DUO レバーの恩恵と前傾の強いエンジン搭載方法の恩恵が大きいのだろうと、そう考えながら。
 ちなみに、リアブレーキの使用頻度が以前より増していました。徐々に徐々に、疲れぬ乗り方を自然と覚えていきつつあるようです。

 で、ちょっと疲れたなと思ったら、すぐ停める。何かあったらすぐ停める。これも大切だと気づいています。v(^_^)

  その「何か」(笑)

 地蔵峠のてっぺんです。(^o^) このすぐ後に、「ちょっと疲れたな」で停める。

   

 谷の様子を眺めに行って戻るときパチリ☆

   

 だいぶ汗べたで、それ故に疲労感を抱いて、キャンプ椅子を出して大休憩としました。

  

 一服つけて、もう一服。フ~(-。-y~゚゚゚ クーラーボックスから飲みものを取り出して、側溝に流れるきれいな水に「しろくまのきもち」を浸して、のんびり♪

 ここまで来ると、他のバイクはもちろん、車もやってきません。地蔵峠てっぺんから下りてくる途中、林業等で作業する人々の車が駐まっているのを見たくらい。国道が分断されて林道になっていると、さすがに通り抜ける車はいないのですね。

 もうちょっとで安康の露頭だろうと思い立ち、出発しました。

その安康露頭への入口   

 停めて、見にバイクを降りたのですが・・・

  

 この坂道を見てやめちった~。(^O^;)

 だって、帰りが登りだもの。(^^;;; 暑い。(^^;;; 前に調べたとき、北川露頭はそれっぽいのがはっきり見られるようだったけど、安康露頭は川の対岸に少し見られるくらいだったし~。
 ということでバイクに戻り、先へ Go!

 頭の中は北川露頭、それ一色。おかげで、大鹿村中心部にある中央構造線資料館に寄るのを失念しました。ヽ(;^◇^;)ノ
 停まってこんな写真まで撮っておいて、なに忘れているんだか。(^^;;; 気温 31 度。蒸し暑くてボケていたのでしょう。

   

 やっぱし観光より走ることが優先になっているのでしょうね。停まると重くて面倒な K-GT も、いいペースで走っていると ひじょーに快適ですから。v(^^;)

 そうそう、タイヤのこと。くねくね山道を散々走ってあらためて感じた。いまのタイヤ、メッツラーの ROADTEC Z6 INTERACT ですけど、すごくいい♪です。ライン装着タイヤよりも、たぶん MICHELIN の Pilot Road 2 よりも、バイクと ぽてちに合っています

 コンパウンドで強力なグリップを生むだけでなく、強い荷重をかけて潰さなくてもケースが少し動いてロードホールディング感を醸し出してくれる感触。
 だから下手っぴで旋回速度が低い ぽてちも安心して曲がれるし、路面の荒れによる突入もある程度はいなして和らげてくれる。

 これでライフが他銘柄並だったら、かなりツーリング向き♪ 次に交換するときも、流通在庫がまだあれば ROADTEC Z6 INTERACT にするでしょう。v(^o^)

 話しが横道ばかりで先に進みません。次!(^^;

 大鹿村の中心部からさらに標高を下げた大鹿村役場のあたりを過ぎると、再び標高があがってゆく。31 度まであがった気温も再び下がり始めてホッとする。いよいよ北川露頭です。

  

 戻りの登りも覚悟して、下りていくしかありません。ここもパスしたら、せっかくここまで来ておいて、になりますから。(^^;)

   

 ハイキングで歩くような道を下りていったら、ありました。(=^^=)

  ほほぉ~

ほほぉ~   

 なるほど、複数の岩質がぴったりハッキリくっついている。なるほどね~。(・_・) 峡谷が険しいこと、納得です。書いてある通りに、もろくて浸食されやすいのでしょう。

  

 それよりも、入って浸かりたい・・・

   

 とか思いながら(爆) 上がって表示板をもう一度見て、眺め渡すと書いてある通り。

  

 断層が、谷の先へ真っ直ぐ向かっています。すご~ 万年単位の自然の驚異だな~とか思う。大地は不動のものじゃないんだな~とか、あらためて思う。(・_・)

 駐車場に戻って、またまた大休止としました。いや、蒸して暑くてね~。(^^;)

 その後は急に俗っぽく、パワースポットだとか? ユリゲラー(古い!)とか Mr.マリック級の話しだな(笑) なんて思いながら、「上に駐車場はない」とか「車を道に駐めるな」などの看板を見つつ分杭峠へと登っていく。
 峠のてっぺんチョイ先にある駐車場前で、マイクロバスが上がってくるので待ってくれと言われて停まる。停めた おっちゃんと、バイクは気持ちいいでしょンにゃキツイ、なんてお約束の会話。

 下っていくと、昨年スタンプをゲットした南アルプス村長谷の前を通り、すぐに高遠。
 お宿に入る前に、コンビニで夜食を買い込み、喫茶店でどっかりと一休み。

 長くなったので、この記事はここまで。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.07.10

丸西屋で蕎麦と二度芋の田楽を食す

  道の駅の情報館にて

 バスは平日3本。乗合タクシーが1本(火木は2本)。土日祝はバスが2本。やはり、なかなかの山里です。
 もっとも、全国どこの鄙でもいっしょ、みんな車で移動が中心なのでしょうね。

 道の駅遠山郷の情報館で教えてもらった蕎麦屋さんに向かいながら思う。ガスが渦巻いて流れる駒ヶ根高原の景色。天竜峡の景色。R418 脇の渓流や、随所に残る付け替え前の旧道跡。相棒を連れきて、見せれたらな~と。

 バイクでタンデムは厳しいことでしょう。ぽてちも相棒もぜんぜん慣れていず、暑い季節は談合坂あたりでもう降参!となりそう。(^^;)

 車ならば、もちろん十分にやれるはず。いま乗っている現行型のスイフトは、国産小型車離れした素直なハンドリングを持っていて、旋回バランスもきわめてよく、スイスイと曲がります
 足がよく動いてロードホールディングも良好、うねる路面の山道カーブ連続をドタバタせずにひらりひらりとこなし続けてくれる。乗り心地も・・・のび側が柔らか過ぎて「いや~ん」だけど、腹が立つ柔らかさではなく、総じて悪くはありません。

 もっとも、通常グレードの FF だし重心も高いが故に RX-8 ほどのキレ味はない。うねる山道で速度が乗ってくると、のび側の柔らかさとトーションビームが馬脚を現すのと、重心の高さとで、RX-8 ほどの安定感もない。
 でも、比べなかった ちび助と違って、つい比べてしまうあたりが凄い。まして、だいぶ追い込まなければトーションビームが馬脚を現すなんてことはない。その前に、延び側の柔らかさで運転者が音をあげる。

 値段半額の国産小型車ですよ、これ。「たくさん載るのがよい車」ではない、きわめて貴重な車です。(それだけに、欧州向けのショックアブソーバーとシートをつけられたらなぁと、深々と思う・・・)

 小さな車体と、このハンドリングで、舗装林道のオンパレードなんのその。高遠で泊まらず3日目の行程もその日のうちにこなしてケロッとしていられるはず。「日本の旅車を勤められる車だよな~(^o^) と思う。

 車が良くても、がいる間は、二人で泊まりは無理なんですけどね。(^^;)

 さて、閑話休題で、二度芋の田楽を食べられる蕎麦屋さん。丸西屋というそうです。

  

 山の中にあるお店にありがち、暑い日がほとんどないからエアコン無しとか、あっても利きが悪いとか。その手のお店かな?と思って入ったら、嬉しい見込み違いでした。(^o^;)ホッ
 11:00 を回ってかなり蒸し暑くなってきていて、汗がだらだらになっていましたから。

   

 あらかじめ注文を決めて来たようなものだけど、メニューを見る。もり蕎麦の予定を玄挽き蕎麦に変更。二度芋の田楽を食べるつもりなので、二枚蕎麦を選ばず。そして暑いからと、冷や奴も注文してしまう。

  

 待っている間に暇で、見上げる。なるほど、丸西屋さんね。(イミフメイ)

   

 色々な銘酒を楽しめるお店らしい。かぐらの湯併設の宿泊施設に泊まった人とかで、お酒が好きな人が夜に出向くにいいお店かも。(^_^)

 最初にでてきた冷や奴の写真を撮っていると、二度芋の田楽の いろりセットが始まる。

   

 ほほ~ こんな外観のものですか。(^o^)

  

 しばらくしたら1本を奥に持って入って、少しして皿に載って出てくる。が、気を利かせてくれて「ガスで炙ってあるのだけど、炭火で香ばしくしましょう」と、いろりへバックすゆのであった。(=^^=)

 そのまま忘れられて、出てきた蕎麦を食べていたら田楽の皿を片付けられそうになったのはナイショ。(笑)
 それ、まだなんです・・・ と声をかけて、ようやく いろりから。

ふむふむ   

  ふむふむ

 見ているだけじゃわかりません。ヽ(^◇^;)ノ

 食べてみると、荏胡麻味噌が香ばしく焼けていて、まずはヨシ! そして、なるほど、ジャガイモの一種のような感じ。食感も、味も。

 ちなみに玄挽き蕎麦はこんな感じ。

   

 つやと、コシではない堅さがちょっとあって、郷土食堂や かじか亭で食べた富倉蕎麦を思い出す。富倉蕎麦ほど堅くないのですけどね。つなぎに何か理由があるのでしょう。

  

 とりあえず全部たいらげた。食べ過ぎた。(゚▽゚)

 食べ過ぎで眠くなるといけないので、出発のとき無水カフェインの錠剤を1つ呑んでおく。通常の服用量の半分です。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒ヶ根から天龍村回りで遠山郷へ

 首から下げてジャケットの内に吊しておける大きさで、ハマればそこそこの写真が撮れる Nikon Coolpix P7000、今回はこれ1台でまかった形になります。
 ツーリング主体のときは、こういうのが便利ですね~。D40 に望遠ズームをつけてバッグに入れ、トップケースに放り込んでおいたけど、1度しか使いませんでした。

 ただね~、やはり難点が。(^^; AF 迷い暴走です。(^^;;;

 電池を替えて以降に暴走が頻発したことから、電圧と何かしらの関係があるのかも。AF 迷いはシャッターチャンスにたいへん弱い事態をもたらし、本来はツーリング向けでないと思わされました。
 やっぱし銀座に持って行って、改善をアピールしてきます。d(^^;

 さて、駒ヶ根高原の朝。少しでも標高のあるところを。そう考えて、いつものビジネスより ¥2,000- くらいお高いリゾートホテルを選んだこと、正解だったようです。(^_^)

  部屋の窓から

 見所が何もない写真ですけどね。気温の低さと、写真を撮る気になった快適を理解していただければ幸いです。
 湿度はとても高いけど、初夏の高原の朝~♪という感じ。(^_^)

 朝食にいくため部屋を出た瞬間、エレベーターに乗ったとき。利便のいい立地にある(すなわち暑い低地の)ビジネス ホテルでも全館冷房にしていることが多いけど、やっぱりどこかしら違う。
 そして出発でお宿をでたとき、これがまったく違うんですよね~。

食堂からの眺め   

 食堂の様子もリゾートしていました。

  食堂

 食事も、ビジネスホテルとは質がちょびっと違う。用意しているが違う。(笑)

パンをお代わりで食い過ぎる   

 たらふく食べた後、自分にしては頑張ったペースで出発準備です。PC やら電気ひげそりやら持ってきているうえに、用心して衣類を多めに持ってしまったため、ディパックがパンパン。ちゃんと折り畳んでねじ込むなんて、ぽてちには珍しい努力。(^^;

 やっとこさ準備を終えて、会計へ。出発は 08:30 過ぎでした。

   

 タンクの上の「しろくまのきもち」が写っています。いよいよ登板。(^_^)

 宿を出て、考えながら IC 前を過ぎる。高速に乗ってしまおうか、「きらく」の前の道を使って飯田を目指そうか・・・ 悩みながら脇に入って写真をパチリ☆

   

 決めた! 駒ヶ根 IC に戻る!

 時間はいま 8:45 。今日は天龍村回りで遠山郷に入り、ひたすらに山道で高遠まで上がる予定。時間のかかる行程なのに、気楽に構えていて見知らぬ深い山の中で暗くなってきたら、心細いに違いない。
 まして自分は、中央構造線露頭を見るという偉大な野望を密かに抱く身であるし。(イミフメイ)

 ということで、高速に乗り、すぐに駒ヶ岳 SA へ。飲み物の調達です。

  

 ここまで快適。ガスが流れて去りつつ、陽ざしがやってきつつ。でも気温がまだ低く、快適。しろくまのきもちも活躍。v(^_^)

   

 標高をどんどん下げて飯田 IC を通り過ぎる頃には上空が晴れて陽ざし強く、気温もあがってきました。
 今日はきっと暑いゾ~!との予感を抱きながら飯田山本 JCT で三遠南信自動車道へと分かれ入り、終点の天竜峡 IC で下りたときには「初夏だ初夏!」といった陽気。(^O^;)

  R151 に入る

 道の駅下条でちょいと休憩。疲れがでたわけじゃないけど、本格的な山道に入っていく前に、水分補給の休憩と心の準備です。(笑)

   

 ここ、面白い施設がありました。自由に使える座敷。これ、仮眠を取るのにいいですね。

  

 利用者の多いところでは設置できない施設でしょう。利用者数が多ければ汚す人が相対的に多くなるし、中には荒らす奴もいるだろうし。はじめから泊まりを決め込んでいたり、煮炊きを始める奴だって出てくるかもしれないし。(笑)
 でも、こういうのがどこにもあると、ツーリングの帰りに助かるんだけどな~。

 空気がむんむんとしてくることを感じながら出発準備中に上を見上げると、そこには「初夏だ初夏!」(^O^;)

   

 コンクリート運搬車のおっちゃんに声をかけられて、雑談をしながら出発準備。こういう事って、バイクならではのことですね。ぽてちはけっこう好きです。

 さて、いよいよそれっぽい空気になってきましたよ♪

  

 阿南町役場のあたりで天竜川の方へ折れ、天竜川沿いの県道1号へ。いやいや、なかなか素晴らしいところです。これは期待以上の景色ですよ。ここらへんでようやく、仕事の気がかりが頭から消え去っていました非日常モード入り也。v(^_^)

  

 あそこを走るのか~と、ちょっとアップ。

   

 どんどん山深くなっていき、自然の色合いが増していきます。天竜川が悠々と流れ、静かな山中に鉄道の音が聞こえてくる。

  

 あっ、鉄橋だわさ。(^O^) あの線路を走る鉄道の音だったのねん♪

   

 いいロケーションを探し当てられて、時間をかけてねらえたら、かなり自己満足できる鉄道写真が撮れそうな立地です。
 でも・・・ 2枚3枚のアタリ写真のために何回も泊まりのロケハンに行って、2枚3枚のアタリ写真のために2泊3日で朝から晩までの撮影時間を確保する・・・ なかなかできることではありません。(^o^;)

 いよいよ天龍村です。

  

 ここから遠山郷まで、写真なし。さほど急ぐ必要はなかったのに、遠山郷から先のことを考えて、なんか先を急いでしまいました。

 天龍村役場の手前で折れ入った R418 も、道路改良付け替えの跡が随所に感じられました。昔は大変だっただろうな~、天竜峡ですらスゴイところなのに、その先だもの、昔は真に秘境だったのだろうな~と思いながら走る。

 で、道の駅遠山郷に到着。

   

 振り返って来た方向を。

  なんか飛んでいる (^^;

 お目当てのスタンプをゲット。

  残すは3つ、うち2つは大物

 情報館で 二度芋の田楽 を食べられるところを教えてもらい、そのお蕎麦屋さんへ♪
 時は 11:00 過ぎでした。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家からソースかつ丼経由でお宿へ(写真あり編)

 東京を出たとき、30 度。どんよりと曇り始めていて湿度が高く、大いに不快ではあっても熱さがキツイ!といった暑さではない。それでも、ちょびっとでも動くと汗がでてくる蒸し暑さだけに、バイクだとけっこう汗たらたら

 仕事から戻って出発したためか、なんか、調子が上がりません。バテちゃいないけど、気分高揚というわけでもない。
 どんより蒸し蒸し天気?、疲れか? それでも「行くのやめた!」とならないあたり、本格的に疲れているわけはありません。

 出発から1時間ちょっとになったこともあって、談合坂 SA で初の休憩と決め込む。

  気温 27.5 度

 疲れて眠っておられる方もいらっしゃいました。尾骨が痛くならない?と心配。(^^;

   

 バイクに乗るようになる前は、SA のベンチで寝るとか、不用心だしすごいよな~と思っていたものです。
 が、バテているときはベンチでもどこでも寝てしまうに勝ることはなく、自分も一度やってしまえば「そんなものでしょう」。(笑) SA なら用心がいい方ですしね。

 一息ついて、再スタート。雨がパラパラと落ち始めてきましたが、蒸し暑く感じていたから「このまま濡れていっちゃえぃ!」で放置。雨具なんか着たら蒸し暑さでバテちゃうもの。(^^;

 30 度の甲府盆地に下りると小雨模様となってきて、小淵沢を超えたら雨具を着た方がよい?と思うくらいの小雨模様。でも、手遅れです。(笑) 腕と、ヘルメットから落ちる雨滴で太ももが濡れる程度だし、いいでしょう。
 濡れた腕と脇腹が、20 度の風に吹きさらされて寒く感じました。

 原 PA でいったん停まって、チェックインが遅れる旨の電話をお宿に入れる。予約が夕食なしプランのため、他で夕食を摂ってから入らねばなりません。お宿指定のチェックイン時間帯に遅れることが間違いなし。
 指定の時間帯はお宿で夕食を摂る人のものでしょう。だから夕食なしの ぽてちは指定外 ok でしょう。と、はじめから確信犯的に決め込んでいたです。(^^; このとき 17:50

 雨具の最終判断機会ですが、小やみになってきたので着ずに出発。騙された。(笑)

  この様子に騙される

 諏訪湖 SA から先、「やはり雨具が必要だった?」と思うような小雨模様。

 駒ヶ根 IC で下りて、調べておいたソースかつ丼のお店へ。前に書いたように、「きらく」というお店です。駐車場がしっかりあるのでバイクも安心。v(^_^)

  

   

 ソースかつ丼発祥のお店という話しもありました。どこが本家?論争があるのか無いのか知りませんが、少なくともソースかつ丼の老舗の一軒のうちであることは間違いなさそうで、ならばハズレではないのでは?と考えての選定です。

   

 ソースかつ丼の基準って、どんなものなんでしょう? 厚めのロース肉に細かめのパン粉を使って、千切りきゃべつを乗せた上に、ウスターソースに浸けて乗せて。それくらい?

  

 う~ん・・・ 揚げもの好きだし、疲れてお腹が減って感じるし・・・

 おっちゃん、上ソースかつ丼串カツね! v(^O^;

 おっちゃんに漂った一瞬のとまどいを見逃さぬ ぽてち。(爆) えぇ、わかっています。食い過ぎです。v(^^;;;

きたきた   

 厚いから、揚げるのに時間がかかるのでしょう。本命はけっこう待ちました。

  ぶ厚いっす!

 んで、なるほど、こういう食べものね♪ と。

 ソースに浸けるからでしょう。関西に多く見られる細かなパン粉を使った とんかつです。どんぶりの底はソースたっぷりのご飯になっていました。多すぎると「汁飯じゃないんだから!」になるから加減が難しいと思うけど、これは上手な加減で、アリだと思ったですよ。(^_^)

 そして、食い過ぎの腹を抱えてお宿へ。

 お宿に着いたときはほぼ本降りの雨。あわてて荷下ろしして飛び込む。おかげでやっちまったこと。zumo 550 のマウントにある端子を覆うカバーをし忘れた。(^^; 翌日に起こった数度の暴走は、濡れて水が染みこんでいることが原因。そこに気づくまで時間がかかりました。(^^;;;

 なお、お宿は慣れぬリゾート ホテルです。

 見慣れた雰囲気となんか違います

   

 雰囲気すご~ (^o^)

  

 ありがたいことに寝る前に内線電話をくれて、バイクを軒下へ移動したら?と。すでにずぶ濡れだけど、翌朝に違うだろうと思ってご好意の通りに。(^_^)

 この日、241.5 km、 18.88 km/L

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.09

701.4 km、帰ってます

 疲れてます。記事はまたこんど。

 Dscn1398
 
 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.07.08

天龍村から遠山郷を抜けて R152 縦走

 今日の走行距離は 190 km くらい。でも、そのうち 110 km くらいがくねくね山道で、さすがに疲れているようです。
 早めにお宿チェックインする気になり、お風呂から部屋に戻ったらゴロン。f(^^;


 さて、朝からのこと。

 駒ヶ根のお宿はちょいと標高あり。雨も止み、とても爽やかな朝でした。無理して来たかいがあったよな~と思う。
 チェックアウトが 11:00 とのことで、慣れぬベッドでよく眠れなかったこともあって、時間までベッドでごろごろしていたい気分になります。でも、どれだけ時間がかかるか不明な山道を走る予定だし、誘惑に負けてはイカン!と、宿を出る。8:30 だったかな?

 すぐ中央道に乗って、飯田山本で三遠南信自動車道へと分かれる。終点の天竜峡 IC で R151 へ。ここから、初夏のレジャー気分たっぷりな景色と蒸し暑さでした。

 陽射しは概ねたっぷり。青い空白い雲。海と砂だったら昔の房総快速。(イミフメイ) むんむんと蒸し暑く、初夏です初夏!
 道の駅下条で、ジャケットを脱いでトップケースにしまい込んでしもうた。(^o^;)

 以後「夏は自己責任」で高遠まで。v(^^;) 胸部プロテクタ ベストは着ていましたが。

 阿南町役場あたりで R151 を逸れて、天竜川沿いに天龍村役場手前の R418 まで。県道1号になるのでしょうか。短い距離だったけど、いや~、ここが凄かった。
 青々とした緑に包まれ、豊かに流れる天竜川渓谷美たっぷし!です。(^O^)

 R418 に折れて遠山郷まで、やはり渓谷沿いの道。ここもね~、昔はたいへんだったろうな~と思う道で、ぽてち的には非日常感たっぷしです。

 道の駅遠山郷スタンプをゲットして、そば屋さんでちょっと早い昼食。

 玄挽き蕎麦と、二ど芋の田楽と、冷や奴。朝食も食べ過ぎでしたから、完全に食い過ぎです。(^^;;;

 いろりの炭火でたっぷし炙ってもらった二ど芋の田楽は、香ばしくて最高でした。

 この後、R152 をひたすらに北上。どんどん山深くなっていく。地蔵峠へ抜ける迂回林道はナビの標高表示が 1470 m まで上がりました。林道と言っても舗装林道で、よいな~と思う代わりに国道と言っても舗装林道のようなもので(笑)、随所で伊豆の県道 59 を思わせる道が高遠まで。
 我ながら、まだまだなバイクでよく走った、もとい、走れたと思う。(^o^;)

 気温は 23 ~ 26 度。標高の高いところではこれが続き、木陰で風に吹かれているとひじょーに気持ちよかったです。
 日を浴びて走っていると、むんむんとして蒸し暑かったですけどね。(^^; だから時どき木陰に止まって休憩。持参のキャンプ椅子を取り出して、ぷは~っと。(^O^;)

 これが高遠に下っていくまで続いた感じ。

 そして、密かな野望も果たすことがでけた♪ 中央構造線の北川露頭を見た。v(^_^)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.07.07

ソースかつ丼の「きらく」(駒ヶ根)

 ということで、食事を終えて給油もし、お宿にチェックイン。
 給油のときの ODO は 241.5 km でした。はふ~。(^O^;)

 東京を出るときは曇りで 30 度。蒸し暑くても日差しがないから楽。談合坂で 27.5 度。甲府盆地に降りていくと小雨模様になってきて、気温も下がっていきました。
 小淵沢あたりからは小雨が続いて、気温も 20 度まで下がる。腕が濡れて、20 度の風に吹きさらされて寒くなり、中央道原 PA でメッシュジャケットのインナーをつけました。
 以後、ずっと 20 度で、雨が「いや~ん」なことの他は順調。v(^_^)

 食事は駒ヶ根 IC の近く、きらくというソースかつ丼のお店です。

 ソースかつ丼は初めてです。こだわって選んだわけでなく、さっと検索して IC からほど近く、駐車場がしっかりありそうなところを目当てにしておいて向かいました。

 で、なるほどね。こういう食べ物ですか。(^_^)

 と書きつつ、残念ながら写真はまだありません。RAW 現像には向かぬ低パフォーマンスな PC を持ってきたため、帰宅後の現像になります。

 これで課題としていたソースかつ丼の退治をできたので、明日はローメンかな。

 明日は起きた時間とそのときの体調とで、北側からアクセスするか、南から回り込んでアクセスするか、いずれにせよ遠山郷のスタンプを目指します。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

談合坂SA

出発から1時間ちょっと。さすがに空いてます。
空はどんより、ときどきパラパラ。

今日の宿泊プラン、ぼんやりして夕食なしにしてしまったです。(^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.07.06

行けるときに行こう!

  この坂をまた登る

 ということで、遠山郷のスタンプをゲットするお泊まりツー今週末に迫りました。時期的に、雨にたたられるかもしれません。実際、長野県の予報はぐずつき気味。それでも決行!します。v(^_^)

 今回の出発は土曜日でなく、予定は木曜の夕刻から。代休を活用して2泊で行きます。(日曜日は仕事の予定)

 夕刻の出発ですから、初日はできるだけ進んでおいて泊まって、2日目のツーに備える感じ。本当は朝から出発の予定だったのが、休みでも行って片付けなならん仕事が発生してしまいまして。(^^;)
 仕方なく、早めに帰宅して即座に出発!ということに。

 んで、即座に出発!に備えて、昨晩から荷造りを開始。

 あれが無い、これはどこだ?、カメラとレンズと PC はどれを?、他に必要なものは?、どこに何をどう積む?・・・
 車なら、思いついたものを片っ端から放り込んで、とりあえず持って行ぐ!ができるのですけどね。そうはいかないバイク旅。まだまだ慣れとりませんです~。(^o^;)

 まぁ、着て行くものを迷わないだけでも進歩したとは思うのですけど。(笑)

 格納スペースを圧迫する原因の一つ、カメラが、天候不順だと活躍しません。中でも、大気が霞むと活躍できなくなる望遠系ズームをどうするか。悩ましいところです。
 通常なら、D40 + 望遠系ズーム、そして D3 + 標準ズームの体制を組むところ・・・ 望遠系ズームをやめて D40 + 標準ズームだけにするか・・・ AF 迷いでチャンスに弱いとは言え、いちおうコンデジもあるし・・・ う~ん・・・

 格納スペースを圧迫するもう一つの原因保冷。使い込んでいる発泡剤のボックスを持って行く予定。飲み物と濡れタオルを冷やしておくため。
 これも、雨がちで気温が低いと活躍しなくなるんですけどね。どうやら降ってもだいぶ蒸し暑くなるようなので、こちらは持って行って正解かな。

 なお、お宿は2泊とも伊那谷の内といった立地になります。雨が降らずにいてくれれば、伊那谷および南アルプスの根本をのんびりうろうろ見て回るツーになることでしょう。(^_^)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.07.05

ベーコンと飲むヨーグルト、とうもろこし

 集合場所の道の駅朝霧高原に着いて車を降り、駐まっているたくさんのバイクを見ながらぷらぷら建物の方へ。今回の声かけをしていただいて、先に着いて待っていてくれたにゃびのママさんと合流です。
 旦那ライダーさんともご挨拶をする。やはし大きな方です。(^o^) 負けそうです・・・って、勝ち負けの問題じゃない!(笑)

 そして、旦那ライダーさんが首から下げている EVF 付き Olympus PEN に、目がキラ~ン♪(爆) 標準ズームなら、大きさ的にイケる?!、も、も、もしかして買い増しか!?(核爆)
 ・・・見比べて、ぽてちは腹が大きいからダメでしょう。( ̄。 ̄;)

 時間までまだ少しあって、ちょっと見に行ってみます~♪と、売店部へ。

 そしたらなんと、先ほどと同じ品種が、先ほどよりちょっとお安く並んでいるじゃありませんか。失敗した?感を打ち消すために、こりゃ買わなきゃなりませんよ、えぇ♪ (爆)

  

 ・・・大男が袋を持ってうろうろ、うろうろ、うろうろ・・・そんな姿を見られていたとは、気づきませんでした。(^^;)

 その他、この壮観な図を見て立ち尽くす。飲んでみたい♪・・・

   

 小さいのは価格と量の観点でお買い得感が低く、却下。製造者名から勝手に推測するお味と価格との観点で、大きいのも却下。真ん中なら朝ご飯に許すとのことなので。v(^^;)

  

 こちらは試食の後に相棒が手にしたもの。

   

 こちらも試食して、スーパーで普通に買えるものより美味しいとのこと。でも、お高いので手を伸ばさずにいます。

  

 シビアです。(^^;) 行楽地なのに「せっかく来たのだから♪」気分で気軽にひょいと手を伸ばしてくれない客です。d(^^;)
 まぁね~、だんなが浪費野郎ですからね~。それに「せっかく来た」も何も、いっつも出かけて何か買っているし。(爆)
 せめて一方がシビア目シビア目に抑えていないと、財布が決壊してとんでもないことになりますから、それでいいのです。d(^◇^;)

 んで、ぽてちが代わりに取ってあげました。(火暴)

 買い物を終えて外に出ると、先ほどの2組が到着されていました。takeさんayumiさん、そしてカメさんウサコさん。どちらも blog をちょくちょく拝見して、楽しませていただいています。(^_^)
 初対面のご挨拶をして、さっそく四方山な話しに花が咲き始める♪ にゃびのママさん、旦那ライダーさんとお会いするのは2度目だけど、他の方は初対面だったのでは??と疑問符が飛び交う感じ。(笑)

 時計を見て「そろそろ・・・」という言葉が3度目で、ようやく動き始めたです。v(^^;

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうもろこしと桃(道の駅鳴沢)

 集合場所のちょっと手前で休憩に寄った道の駅鳴沢。そこで買ってみたもの。

  

 とうもろこしは ぽてちの大好物。(=^o^=)
 モノの程度に疑念をはさむ相棒を圧して、だだをこねて購入。(;^o^;)

 とうもろこしはとても甘く、水分も多く、生でも食べられるとの言葉に納得。いちど試してみたいと思った、その興味が充足されました。粒は小ぶりなタイプ。
 とにかく甘く感じて、自分が思う茹でとうもろこしとは違って感じたくらいです。何もつけずにそのまま網焼きして、軽く塩をふって食べるのがベストかも。(^_^)

 桃は完熟モノではないため、まだ部屋に放置。つけ加えると時期がまだだし、買った場所も値段もそれなりだし。あまり期待してません。(^^;)
 期待していないのに だだをこねて購入? 好きですから。(笑)

 桃と言えば、兵庫県の山の中に短期間いたとき、生産者直売の完熟収穫を食べる機会に恵まれました。

 「すぐ冷蔵庫に入れて、できたら今日中に。遅くても明日いっぱいまでに食べてくれ」と言われた完熟収穫桃のンマ♪さときたら・・・
 ものすごく甘くジューシー猛烈薫り高くフルーティ。食べ終えてからず~~っと、家中に香りが充満していました。とても狭い家ですけど。(笑)

 この経験のおかげで、と言うか この経験のせいで、桃が好物になったと言えます。そんなもの、知らない方が幸せだったかもですね。(笑)
 以来、親がどこぞからもらってきた贈答品のお裾分けでも、デパートや千疋屋で試しに買っただいぶお高い桃でも、期待と違う!と思うようになってしまいましたから。(^^;;;

 要するに、ぎりぎりまで熟させてから収穫した桃なんて、東京じゃ手に入らないのですよね。産地直送のモノですら、普通は輸送にかかる日数と、届いてから食べるまでの日数を見込んで収穫してあるし。やっぱし、ピンポイントな時期に産地で直に。これなのでしょう。
 そこらへんを理解するので、あのンマ♪さはたまたま巡り会えた僥倖だと考えています。そして、こうして道の駅やら直売所やらスーパーやら、すぐ買ってしまう。おまけにそれが買いすぎで、叱られます。(爆)

 桃を買ったので、こちらは自粛。(^^;

ラベルに惹かれた   

 外に出て、ふと見ると。

  

 なんか微妙に違うんだけど。(笑) つまみ喰いする奴って、いるんですね。老若男女を問わないんだろな~。(^_^;)


 おまけのようになってしまった Fairy Cafe オフ会の話題。

 鳴沢の売店部すぐ前に停まっていた RT と GS と、もしかしたら?と思ったのはアタリでした。とは、この2台の4人はオフ会の参加者2組だった、と。(^_^)

 でも・・・あれこれを幹事さんにお任せで自分はお気楽参加♪v(^o^;) とか決め込んでいたため(爆)、事前確認不足。おかげで目の前のお4方が参加者か否かの確信を持てません。で、そのまま通り過ぎてしまいました。f(^^;

 集合場所の朝霧高原でご挨拶となった際に、やっぱりそうだったのね~♪と。(^O^;)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.07.04

砂場に行きたくなる

  

 いい歳して揚げものとお肉が好きな ぽてち。死んだ親父に似ているよな~と思う。
 写真は先週土曜日の昼ご飯です。2枚モリかき揚げ蕎麦に、ついつい、かき揚げを追加しちゃいました。(^o^;)
 まだ書き入れ時で、蕎麦が茹でたて。かき揚げもヘニャっていませんでした♪

 蕎麦と言えば、日本橋室町の砂場。何年も行っていません。蒸し暑い中で写真を見ていたら、しばらくぶりに行きたくなりました。(笑)

 でも、高いんですよね。その代わり、いまいちにぶい ぽてちでもハッキリとわかるくらい蕎麦に香りがあって、そしてつゆもの凄いこれぞ蕎麦つゆ!という感じ。

 砂場のつゆは醤油の香り素晴らしいです。そして蕎麦湯に2,3滴たらすと・・・ とても香り高い鰹スープのできあがり。

 蕎麦の先っちょにほんの少しつけて、蕎麦をざっと吸い込んで、鼻に抜ける蕎麦とつゆの香りを楽しみながら、半ば飲み込むようにして食べるもの。
 それが深く頷ける蕎麦とつゆ。それが日本橋室町の砂場です。いまのご時世でも、たぶん変わっていないはず。(^_^)

 砂場は量が少ないから、小腹が減ったとき、ささっと食べるような感じ。ぽてちが満足する量を食べたら財布が昇天します。(;^◇^;)
 砂場のつゆを持って別のお店、大盛りな蕎麦屋さんに行ったら、お腹が昇天できるな~。(笑)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.07.03

Fairy Cafe(朝霧高原)

 お漏らしの修理がまだなので、温存を図って今日は赤とんぼにて。

  向かう

  寄り道をして

  買う

 道の駅朝霧高原で合流して

  到着

  到着!

  出迎え

  一仕事終了らしい

  入る

  中

  窓の外

 ここらは、こういう天候もとてもいい感じなところです。

  中、そして賑やかな面々

 賑やかなのは? σ(^_^;)

  野菜カレーとキッシュ

  チーズ焼きそば&カレー

  焼きそばパン

  チーズケーキ

  今日はお休みらしい

 帰りは談合坂 SA から渋滞で、上野原で下りる。30 分も停まったり動いたりをやってきて、出口の直前に「八王子まで2時間以上」とか表示されていたら、そらねぇ。(^^;;;

  

 19 時くらいに帰着。304 km の 15.3 km/L でした。(今日は赤とんぼ)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.07.02

目の錯覚

  

 家に帰ってからストロボを焚いた写真を見ると、色がやや淡いくらいで普通の とんかつに見えます。上の写真ね。

 これがお店で直接見ていると、ぜんぜん違って見える。下の写真が、見え方に近いです。

  

 お店で見ると、だいぶ白っぽく感じて、ちゃんと揚げてあるのかな?と思うくらい。ストロボを焚いた写真を相棒に見せたら、やはり驚いていました。お店で見ていて白いと思っていたから、と。
 照明の色温度や明るさ、このマジックなのでしょうね~。

 ぽてちは明るくないのが嫌いです。薄暗いと、目が悪くなったような気がして目がモヤモヤしてしまう。(^^;
 まぁ、目がよくはないんですけどね、実際に。だから余計に見えない気がしてイヤ。

 だけど、とても美味しかったです。御徒町の「ぽん多本家」です。初めて入りました。

 すぐ近くの「井泉」には通いつけていたのに「ぽん多本家」が初めての理由。高いから。(笑) 写真の とんかつ定食で ¥3,150- です。たかが とんかつ定食で3千円越えだって!? と思うけど、その代わり、本当に美味しかったです。

 とんかつはお肉がとてもよい。井泉のような とんかつ専門店にあるまじき行為パン粉のつけ置きをせず、揚げる直前につけているサクサク感ある衣。揚げ油もよいものを交換頻度高く使っているのでしょう。くどさがありません。
 もうちょっとカラッと揚げてくれると、かつての井泉のようで好みなんですけどね。そこはお店の特色でしょうから。

 キャベツも さらし置いて味が抜けてしまったものでなく、しんなり感があって食べやすく、ちゃんと味があった。お米も意識させないということは、他のモノに負けていない証拠。

 特筆は味噌汁新香。めちゃめちゃに好みで、めちゃめちゃに美味しかったです。こういうのが本当に美味しいって、お高いお店ならではのことですよね~。

 単品とご飯と豚汁を頼んで約2千円の井泉が堕落して美味しく感じられなくなり、3千円超のぽん多本家はかなり美味しく感じられた。
 ・・・ 3千円ださないと、たまのご馳走を楽しめない時代なんですかね~。(^o^;)

 井泉もパン粉のつけ置きをするようになる前は安い『定食』で十分に美味しく楽しめたのにな~。その『定食』も、バブル期で ¥900- だったのに、今は ¥1,250- も取るし。

 井泉は、パン粉のつけ置きをやめるだけで、「かなりいいお店」に復活できるのに。
 パン粉のつけ置きをしているうちは、ぽてちのような昔から通いつけている客が、少しずつ離れていくと思う。(^^;;;
 ぽてちは頻度を1/3に下げて、ぽん多本家へ行くです。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

しろくまのきもち

  

 ぽてちも買ってきました。(^o^) 正確には、買ってきてもらった、ですけど。(^o^;)

 バイクに乗るときだけでなく、PC 小部屋でごそごそやっているときも使おうと思っています。BMW Bikes のオマケについてきたチャチなものを昨日から使い始めて、今現在も首にかけてあります。扇風機の効果が増す感じ。v(^_^)
 もうちょっとしっかりしたものを使おうと考えて、新たに買ってきてもらいました。

 バイクに乗るときは、首の日焼けと熱さ防止にもいいかしらん♪ Coolpix P7000 のストラップは、より以上に痛みがでるでしょう。だけど、少しでも楽な方がいいからね~♪

 こういうやつって、30 前後の頃にテニス遊びをしているとき使っていました。体を動かし自ら発熱しているテニスの場合、それほど効果を感じなかったですけどね。無いよりはマシかな?くらいで。
 自らは発熱せず、風(熱風だけど(笑))を浴びているバイクの場合、効果をちょっと期待しています。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通信料金削減の試み

  

 月曜日に、ヨドバシでカメラを見た帰り。夕暮れで暗くなりかけていただけでなく、今にも降り出しそうな空でした。


 ガラケー N-04B、パケット通信ダブル定額で、使用量ほぼ0
 GALAXY S、パケット通信ダブル定額で、使用量はスマートフォン満額
 Pocket WiFi、パケット通信定額で、あまり使ってないけど定額だから満額

 ガラケー N-04B が、たまに音声通話があって、たいてい無料通話分で済む程度。ダブル定額下限額の ¥350- 等を込みにして月に ¥2,600- くらい。
 パケット通信は i モードを含めて使っていない。いわゆる携帯メールGmail へ実質的に移行していて、相棒との日常のやり取り等、ほとんどが GALAXY S になっている。車の仲間や かつての同僚からたまに i モードメールが来るくらい。だからダブル定額下限の ¥350- で終了がほとんど。
 ただし、イザというとき使う気になれば WiFi テザリングUSB モデムとしての利用が可能。その場合、PC 利用満額の ¥10,350- が乗っかって、¥13,000- くらいになるはず。

 GALAXY S は、音声通話がほぼ0。基本料金等にパケット通信ダブル定額のスマートフォン満額 ¥5,700- が乗って、毎月 ¥7,603- の利用額。
 パケット通信がなければ ¥2,008- で済むようだが、パケット通信をたくさん行うのがスマートフォン。Google map 、Google プレイス、Gmail 、Dropbox 、日常のブラウジングなどなど、もう手放せないくらい使っている。
 問題は PC での利用が封じられていること。OS の持っている機能が削られていて、WiFi テザリングも Bluetooth DUN もダメ。できても ¥10,350- も乗っかるのじゃ、イザというときの他は使う気になりませんが。(^^;)

 それで Pocket WiFi を手放せず、あまり多くはない PC 利用のために維持。2年しばり月々定額の ¥3,980- で固定。
 古い料金体型の頃の契約ということなのか、いまサイトで見る額より少しだけ安い。使うときはたくさん使うということで、特盛り電池も奢ってある。
 問題は、出かけたときのエリアの狭さ。都市部以外では、どうにもならないくらい使えない。ツーのとき、まず使えないと考えておくべき。お宿がビジネスホテルなら、立地からして使える可能性もあるが。

 状況の陳列が長くなりました。

 Pocket WiFi の ¥3,980- が無駄になっているを否めない。もしくは、GALAXY S での ¥5,700- に浪費感を否めない。
 これを何とかしようということで、ごく順当な試みを始めました。v(^_^)

 GALAXY S の 3G パケット通信を OFF にして、Pocket WiFi でネットアクセスをする方法。iPod Touch + Pocket WiFi な人と同じことです。
 そこで Pocket WiFi の設定を、WiFi の自動断を OFF。3G の自動切断を 30 分に。

 丸2日近く試してみて問題なく使えるかな、という感じ。平日の日常行動圏&使用方法なら、問題ないようです。基本、23 区内の移動ですから、エリアも心配がない。
 パケット通信そのものは DoCoMo の FOMA よりサクサクなくらいです。

 気になるのは、特盛り電池でも、丸一日の利用には電池がちょっと厳しいこと。2つ目の電池を持っているべきかな?という感じです。
 スマートフォンは触っていないときも定期的に通信を行っていますから、実質、Pocket WiFi が通信をし続けなんですよね。特盛り電池を買い増すか、付属の電池を活用するか、何らかの対策を行って試験運用をしばらく続けてみようと思います。

 ただねぇ・・・ ¥5,700- の節減も、いきなり挫折しそうだったりして。(^^;;;

 遠山郷ツーのときも、温海&土湯ツーのときも、Google map を見たくなりそうなところ、お宿、e mobile圏外なんです。(^^;
 それで GALAXY S で直に FOMA パケット通信をしたら、たぶん1日で満額 ¥5,700- に達してしまう。たった1日でも使えば、1ヶ月の試みがパー。(笑)

 はてさて、どうなるかな~。(^o^)

 もし常態化できれば、1年でレンズが1本買える! (゚゜)☆\バキ
 
 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.01

注目のニュース

  川面

 午後に突然降り出す雨も、夏の激しく叩きつけるような雨ではありません。いつ降ってもおかしくない雰囲気に感じる空から、やっぱりきた。さーっと来た。そういう印象の雨。梅雨明けはもう少し先ですね。
 
 
 7月1日のこと。ぽてち的に注目の発表がされました。

 HOYAペンタックスのデジカメ事業売っぱらう。そして買ったのは Ricoh とな。
 デジカメ Watch の報道ページ
 リコー、HOYAからペンタックスのデジタルカメラ事業を買収
 HOYAとリコー、ペンタックスブランドの譲渡について会見

 HOYA がいつまでもペンタックス(デジカメ事業)を抱えているだろうか? 企業の指向性として、HOYA とデジカメ事業はマッチしない気がする。医療光学の分野等、あまり激しくない分野のみ残して、激闘のデジカメ事業そのうち売るに違いない。
 もし売っぱらわなければ、いずれ時間をかけて収束させていく。ペンタックスのカメラは消えていくはず。

 なんて思っていたですよ。買うのは韓国企業か?、中国企業か? とか。

 だから、HOYA が売ったことは特別なニュースではありませんでした。案の定、2つ目のリンク先記事にあるけど、HOYA はいずれ売る気だったそうです。

 へぇ~ (^o^) と思ったのは、買ったのが Ricoh だったこと。
 GR DigitalGXRCX5 の Ricoh です。うちにも Caplio GX100 があります。

 はっきり言えば、かなりニッチ。コンデジで単焦点レンズの GR Digital は言うまでもなく、GXR なんて、まさに Ricoh らしいニッチ路線ですよね。GXR は、さほど高く評価していませんが。(笑)
 念のため。コンデジで単焦点のキレのある写真、それを広角で実現して速写性も高い GR Digital は、高く評価してます。(^_^) プロや玄人衆に評価されるのが理解できます。

 OA 関連事業とその稼ぎを主力として、デジカメはニッチ路線で細々と独特のブランド力を磨いていくのかと思っていましたですよ。赤字にならなければヨシ、という具合か?と。

 なるほど、本格的なレンズ交換式の一眼システムを、Ricoh も欲しかったんですね。
 デジカメ事業をニッチでヨシ!としていたわけではなかったんですね~。意外でした。

 確かにね~。ニッチなコンデジって、唯一無二な特色と特定の面での高い性能があって、そこを著名な人々から高く評価されて高いブランド価値を持たせられなければ、まったく売れないでしょう。
 その意味で、GR Digital に続くヒットが出ていないですからね。GXR はプロフェッショナルより趣味な人々から評価されている印象だし。

 現状は、CX5 の稼ぎに頼っているのが商売の実態かもしれないと推測しています。それだって高の知れた金額ではなかろうか?と。

 ニッチ路線で磨いてきた感性と決断力が、ペンタックスの一眼カメラにどう活かされていくのか。ちょいと楽しみです。(^_^)
 
 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

お泊まりツーのお宿選び

  写真ネタ切れ(笑)

 上の写真、amazon で ぽち♪したものです。近頃多くなってるな~。
 
 
 遠山郷ツーのときの宿泊先。温海&土湯ツーのときの宿泊先。どうしよう?

 ということで、宿の予約サイトと Google map と。あちらを開いたりこちらを開いたり、縮小したり拡大したり、スライドしたり。
 宿の位置はルートを決定しますから、けっこう真剣。(笑)

 いつもであれば、迷うくらいならルートインで決まり。目的地に近いとこ。

 ルートインなら、駐輪場所の心配がなく、清掃まずまずで、エアコンも効くし LAN も提供されている。おまけに大浴場があって、朝食つきでもお安い。さらには高速道路 IC の近くが多く、便利。
 文句あらしません
 あるとすれば、ベッドがいまいちで、寝相によっては体がチョイきついこと。その程度。

 普通ならルートインのサイトしか見ずに決めるんですけどね。今回はのレジャー少し意識したい思いがあって、そして、できたら夜が涼しい高地に泊まりたいと思いました。

 すると宿の種別が変わってきて、ビジネスホテルでなく、旅館や観光ホテルということになってくる。そういう立地だと2食つきが順当になってきて、宿の種別柄、季節柄、料金も次元が違ってくる
 宿の予約サイトで調べてみた印象です。

 宿の予約サイトだからか、1人客でも受け付けるプランを用意している旅館やホテルも、ちょぼちょぼあるんですね。最繁忙期をちょっと外して調べたからかもしれませんが。この点は嬉しい見込み違いでした。

 旅館や観光ホテルに比して安いペンションの類は、検討したすべてのところが選定外となりました。
 とは、まず第一に、禁煙にしているところが大半だからです。続いて、経営者のこだわりや好みを軸にした特色・サービスも、好みが違えば鬱陶しく感じるから。(^^;)

 まぁ、要するに、女性向けなんですよね。ほとんどのペンションが、女性の好みを軸に施設やサービスの内容を仕立てていると考えて間違いないでしょう。それも特定の傾向が感じられます。
 ぽてち的には、経営者をオーナーと呼ぶあたりでもう、お尻がむずむずしてダメ。(笑)

 おっさんにはサラッと気軽で便利安いビジネスホテルがあるのだから、文句を言ってちゃいけませんね。f(^_^)

 ということで、とりあえず押さえたところ、遠山郷ツー用に観光ホテル温海&土湯ツー用に温泉旅館。こういうところ、しばらくぶりです。(^_^)

 温海&土湯ツーでは、土湯でのスタンプ前後にもう一泊、土湯の近くか移動ルートを組めるところに入れたいと思ってます。

 すると米沢南方の山里にある温泉街か裏磐梯が涼しいところ候補になる。すると次元のだいぶ違う料金か、ペンションかの二択に。(^^;;;

 なんとか妥協の範囲とできそうな料金の観光ホテルや旅館が一つ二つあったけど、先客たちのインプレに気になることがチラホラ。
 気になることがあってこの料金はなぁ・・・ と、踏み切れずにいます。

 いっそ、低地で暑くてもルートインがいいか?と考えたり。その差額で夕食を豪遊したら?と、相棒もそう言うし。
 
 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »