« 2127 m から降りてまた峠を越えて、高温槽へ | トップページ | Nikon D3 の輝点調整 »

2011.07.14

来月の 900 km ツーに向けて、整理

  ご飯!アピール

 記事数だいぶ多く引っ張った遠山郷お泊まりツーのこと。前回で終わりです。と書きつつ、総括をば、ちょっと。来月の温海&土湯お泊まりツーに向けた整理にもなるか?と。v(^^;)

 お出かけの回数を重ねていくと、ぽろっ、ぽろっと発見がある。あらためて感じました。経験と情報って、大切なんですね。
 今回は「全身しろくまのきもち」がとても有効であることを発見。いくら有効であっても、グローブと肌着パンツまでずぶ濡れしたら負担感があることも。(^^;) そして、くねくね道等では「夏は自己責任」((C)さるお方)が、かなり有効であること。

 「夏は自己責任」について、ちょろっと触れる程度に書いただけでした。ぽてちのそれは、ジャケットを脱いでしまうことです。
 ちなみに、ジャケットを脱いでも HONDA のボディプロテクターは羽織ったままです。胸プロテクターって、これだけ通風形状でもけっこう暑いんですけどね。

 んで、アームカバーのおかげで腕がむき出しになるわけでなく日焼けもしなかったが、肩、肘のプロテクターが無くなり、飛び石や甲虫激突への耐性も落ちる。(大カウルと大スクリーンのおかげで滅多にないんですけど) 転倒すれば、ジャケットを着ていた方が切り傷すり傷が少ないことでしょう。
 それでも、2日目午前の道の駅下条から3日目午後の道の駅鬼石まで、脱いでいました。

 暑さにあっぷあっぷしてフーフーとあえぎ意識が朦朧としてきながら先を急ぐのみでタスクをこなすようにして走る・・・ 景色も何も楽しめず、こんなキツイことを何で自ら?との思いが脳裏を何度もよぎりつつ・・・
 それで乗らなくなって家でショボつくよりは、リスクを受けいられる範囲で状況を改善するのが、自分の現実解だと考えました。

 高速道路や交通量の多い幹線道、大きな町でそうする気はなく、基本、お山の中。交通量の少ない田舎道も、状況に応じて。
 それなら速度が出ない(出せないσ(^^;))し、飛び出し車や うっかり右折車にはじき飛ばされる可能性をはらむ機会も、比較して少ないから。

そろそろ交換しなきゃ   

 来月の温海&土湯ツーでは、一年で最も蒸し暑い時期に、暑いところを走る時間がだいぶ長い。体力の無い ぽてちが、蒸し暑さ疲弊をどれほどせずに済むのか? 「全身しろくまのきもち」自己再現と「夏は自己責任」の2つ、どんどん試してみようと思っています。

 そして、「そうだ、ぽてちは慣れてきた頃が危ないのだった・・・」と、帰宅してから思い至る。「一倒し 50 万円」の言葉を思い出すとともに、このことも次回に向けた準備の一つとしておきましょう。(^o^;)

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

|

« 2127 m から降りてまた峠を越えて、高温槽へ | トップページ | Nikon D3 の輝点調整 »

コメント

自己責任の夏が広がってるような気がしますが..
とにかく無用に飛ばさない、すり抜けない、蛇行運転しないです。
どうしようもない渋滞時には腹を括って1点くれてやりましょう。
追伸、うちのおじさん、すり抜け出来ないからじゃないからね。
やりだすとトコトンのお人です。(爆)

投稿: にゃびのママ | 2011.07.15 17:40

ぽてちさんへ
我家にもkushitaniのプロテクター入りメッシュジャケットあるのに、まず着る機会がありません。着てた方がいいに決まってますが暑すぎて…自己責任と安心感 出る答えは一つなんですけどねえ〜

投稿: 熊鹿夫婦 | 2011.07.15 20:37

GT二回立ちゴケやらかしちゃいましたけど、1回目は5万円で修繕できましたよ~。2回目は自力でしたんでタダ(汗)

900kmってどこいくんですか?

僕も夏の計画立てよ~っと^^

投稿: たーさん | 2011.07.19 20:28

>>にゃびのママさん

実は ぽてちも時々やっちまいます。v(^^;)
タンデムでは、技量的にまだ無理ですけどね。
そんなこともあって、春秋でないとタンデムで遠くはまだ厳しいと判断してたり。

無用に飛ばさないのは御意の通り。免許のことを考えても。(^^;

蛇行運転は、やらない方かなぁ。
大パワーと高速走行性能にモノを言わせれば、蛇行も楽々なんですけどね。
蛇行運転するまでもなく、一番左の車線にいると早かったりしますし。(笑)

処理するときは・・・
タイミングを測って測って狙いすましてドン!、タイミングを測って測って狙いすましてドン!、これを繰り返す感じです。
 
 
>>熊鹿夫婦さん

経験と知恵と工夫から成り立っている先人のスタイルをこうして知って、自分も真似真似を。
そう考えてしまうのですね。(笑)

まぁ、暑さで参っちゃうことを考えたら、参らないようにするのが先決だと考えていました。
検討のための参考情報として活用させていただきます!(笑)


>>たーさん

「一倒し 50 万円」の言葉は、カウルとマフラーをザリザリ傷つけたときの費用なのでしょうね。

立ちゴケだとそこまでいかないでしょうけど、気を抜くとヤバそうです。(^^;)
パニアケースにつけた傷の修正と塗装、ディーラーで訊いたら 4 万円だそうで。
(いまはまだ放置中 v(^^; )
自己修理できるくらいのダメージに抑えることを考えながら倒さねばならぬバイクなのかもですね。(笑)

来月の(たぶん)900 km ツーは、山形県の道の駅温海、そして福島県の土湯のスタンプゲットが目的です。
温海に2泊して、鳥海山を見てこようと考えています。だからちょっと多いかな?と。
それくらいだと 900 km もの距離にならないかもしれませんが。

これで夏のレジャー気分を楽しむつもりなのですが、地域的にだいぶ暑そうです。(^^;;;
長野県の旅行予約が絶好調だそうです。やはし涼しいところが普通ですよね~。

投稿: ぽてち | 2011.07.20 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/52206865

この記事へのトラックバック一覧です: 来月の 900 km ツーに向けて、整理:

« 2127 m から降りてまた峠を越えて、高温槽へ | トップページ | Nikon D3 の輝点調整 »