« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.29

初めて見た燃費

  

 400 km/h 走ってきて、20.88 km/L スイフト凄すぎ。(^^;;;
 K-GT とほぼ同じだと思っていたけど、K-GT より良いじゃん。(^^;

お天気、下り坂へ   

  雪が舞っている

  

 湯守釜屋だけあって、他よりは入っているように見えたけど、やはし少ない。

   

 はふぅ~

  

 お風呂と、ここで買う必要はない土産物品で約 ¥6,000-
 燃料代が安上がりな分、ちっと頑張った

 沼田から日光までの金精峠超え一般道と宇都宮日光有料道路はガラガラでした。高速道路の渋滞も、のろのろでも動く程度。渋滞区間の他はクルーズコントロールを使えるくらい空いていた。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.27

判久ホテルの破産ニュースに思う

 GW の予定は、今のところ相棒の実家を訪問することだけ。

 できることなら、バイクの運転との運転の両方を、それぞれ丸一日楽しみたい。日帰りでいいから、白いお湯の香り高い温泉に入りたい。ぽてちとしては、そんな希望もあります。
 実際問題としては、休日前は寝るのが遅くなって、起きるのが遅く・・・ (;^◇^;)

 少なくとも、バイクのオイル交換はやろうかな、と。(^o^;)

 んなことを考えながらニュースを見ていたら、湯西川温泉判久ホテルが破産申請をした知らせが目に入りました。核の大事故による客離れがトドメだったと解説されていた。

 判久ホテルと言えば・・・ もう 20 年近く前になりましょうか、一度だけ、会社の慰安旅行で泊まったことがあります。
 東武のロマンスカーにみんなで乗って、集団で行って帰ってくる一泊宴会旅行。代理店の格安宴席パックでお安くなだれ込んだわけです。(^o^)

 幹事が「判久だよ、判久!」と強調していたのは湯西川エリアで随一の存在だということで、たしかに施設・設備が新しくなかなか良いお宿だと思いました。
 バブルが崩壊して間もない頃のことです。だから我々でも新しくて立派なお宿に泊まれるのだなぁと思った覚えがあります。食事も今どきの「料金なり」を少し超えていたと思う。

 そして数日前には別の記事で、旅館・ホテルの経営が難しさを増していると読んだ。

 まぁ、確かに。会社の宴会旅行は絶えて無くなって久しく、町会の旅行も日帰りになったらしいし、うちも一家総出とか一族総出の家族旅行をしなくなりましたからねぇ。
 近所のおうちでも、一家総出の話を聞かなくなりました。おじさんたちが亡くなった おうちからは、確実にその印象を受けます。(おじさんたち昭和一桁世代は、様々な面で日本の繁栄の牽引車だったのかもしれませんね。)

 それでは お出かけしてないのか?と問うと、印象はまた異なります。「近・短」で、小さなまとまりで、出かけているように見えるんですね。
 うちもそう。別階の一人は勝手に誰かとちょこちょこ出かけているし、我が家も一匹を引き取るまでは年に一度くらい、二人で一泊二泊を近場でやっていました。

 判久ホテルならば、「近・短」の距離圏・対象だと思うんですけどねぇ。別に読んだ記事にあったように、団体客対象のスタイルを変えられなかったんですかねぇ。

 もしそうだったら、わかるように思う。わずか1ヶ月の離客がトドメになるほど衰弱しきっていたこと。
 一団体あたりの人数が多いことが前提のスタイルは、我が家も我が社も近所もそうであるように、ニーズがどんどん減っていると思うですよ。

 そして大きく立派でピカピカなお宿は、上記判久ホテルのように、バブル直後にちょっと触れましたけどね。団体客相手を視野に入れているならば、見た目が立派でも、実際に利用してみると そういう施設と料金とサービスであることを感じて、個人客はイマイチ満足しきれず帰ることになってしまう。
 立派できれいなお宿で個人客の多様な要望を満たすサービスを得たいと思ったら、庶民の財布で実現するには だいぶ厳しい料金を払う必要がある。
 観光地の、一家総出型レジャー対象の旅館ホテルは、そこそこいい料金を取る割には基本が画一的かつ昔と変わらぬサービスで、やはり満足とは違う印象を抱いて帰ることになってしまう。

 ぽてちはそう感じていて、自然と、避けちゃっていますからね~。(^^;)

 目的地に近いビジネス ホテルに泊まって、食事は周辺のお店でとって安くあげる。食事をそれなりのものにしても、似たような満足レベルの食事が出る観光旅館ホテルの5がけ6がけで済むでしょう。
 もしくは、家族経営的な小さな旅館で頑張っていて、手が届く範囲いっぱいに近い料金を掲げているところ。
 このどちらかが、満足度高く帰ってこられるように感じるんですね。

 でも・・・ 家族経営的な小さな旅館で頑張っているところ、これに当たるのが結構たいへん。ネットの情報も活用して、あちらこちらを根気よく調べて・・・
 うちに一匹がいるうちは、それをする機会が無いんですけどね。もし機会があってもけっきょく、ビジネス ホテルか、頼むアテがあれば知人の会社や業界健保の保養所が無難で楽ちんかな。(^^;;;
 親が伝手に頼んだ出版健保とか IT 系のなんとか健保は、スゴ!良かったですよ。(^_^)

 ちなみに、我が業界健保の保養所は、噂を聞くと いかんです。(笑)

 なんだかわからなくなってきたけど、結論。・・・わからん。(爆)

 まぁ、なんですね。泊まるなら、大きくて画一的なとこより安いビジネス チェーンか小さくてほどほどに高く感じるところがよい。保養所は、金回りのよい会社・業界に限る。

 結論は それだけか! (゚゜)☆\バキ

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.04.26

ンマ♪夕ぐあん

 ンマい♪ チャーハンを食べたいと言うよりは、車を運転したくて。(^o^;)

 ただひたすらに車体の動きが不快だった ちび助と違って、スイフトはゆっくり走らせているだけでも気持ちがよいものですから。
 バイクを運転するか、車を運転するか、週末はけっこう悩ましいんです。(^^;)

 前の日曜日はバイクを選んだのですが、やっぱり車も動かしたい。
 ということで、片道 20 分やそこらの移動でも走らせたくなりまして。

  白龍

  スペシャル チャーハン大盛り

 焼き餃子をつけるなら普通盛りで十分でした。(^^;
 写っているスープが、またンマい♪

  焼き餃子

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高のツー日より、房総半島(2)

  

 行き先を房総半島に決めたことで、出発が例によって遅くなりました。房総半島に行くならカンパーニャを食べたい。ならば、木更津東から遠くはないカンパーニャに 11 時半前に着けばよい、と。
 朝ご飯をのんびり食べて、「そばにいろ」「ワシワシしろ」と五月蠅く呼びにくるに引率されて居間に行き、座り込んでしばらくワシワシ。(^^;

 ようやく始めた出発準備のついでにちょっとした作業も行う。ハンドル位置を上げたことで、電気系ケーブルがハンドル フルロック時に やや引っ張られるようになってしまったのです。
 ケーブルをクランプから外し、クランプの外側にタイラップでとめる。なんて作業も、のんびりやって。

 出発時の外気温計、18 度。

 パンツのインナーを外して、代わりにメッシュのアンダーパンツを履いた。夏に涼を得られるだけでなく、この時期も、風を通さぬアウター(パンツ)と組み合わせれば ちょっとした防寒にいいんですね。
 ジャケットはインナー付きで、薄手のセーターも着ていました。

 これで出発直後はジャスト!

 浮島まで、陽ざしを浴びて下道を走っている間に暑く感じてきましたけどね。海ほたるから木更津東までを寒く感じさせないために放置です。もちろん、木更津東で降りてすぐの、いつものコンビニ駐車場でジャケットのインナーを外し、セーターも脱ぎました。
 木更津東エリアで 18.5 度。南下すると 17.5 度。東京に戻ったときは 20.5 度。そんな気温で、出かけていた間ずっと、不快感ほぼ無しで気持ちよく過ごすことができました。(^_^)

 んて、カンパーニャは前の記事でレポート済み。カンパーニより後のこと。
 とりあえず館山を目指すことにしました。目当ては木村ピーナッツ♪(=^o^=)

 雑誌記事で見て、一月ほど前に買って食べてみたやつ、木更津の鈴木商店と落花生工房かずさ屋のもの。イマイチ美味しく感じず、やっぱり木村ピーナッツが好みだな♪と思ったもので買い出しです。
 そして、ただ行くだけなのもなんだから、以前から一度走ってみようと思っていた道を走ってみることにしました。最高のツーリング日よりなんだし~♪、と。

 その道は、まず嶺岡山中央林道。国道 410 号の酪農の里近くから愛宕山近くを通って白石峠に抜ける舗装林道です。
 次は、県道 185 号線。三芳村に向かう県道 88 号から富浦に抜ける舗装林道です。舗装林道と言うべき路面は全線じゃないですけどね。思ったより長かった。さすが房総半島!(笑)

 んで、どちらの道も、ロードタイプの重いバイクや普通乗用車で二度目を走りたくなる道ではありませんでした。(^^;) もちろん、移動時間の短縮になるような道でもない。
 楽しかったですけどね。いつか見てみたいと思っていた景色を見られたのも嬉しい。(=^^=)

 富浦に着く手前、舗装林道が今どきの普通の房総の道となってすぐ、道の駅おおつの里がありました。

  ベンチに座っていい気分♪

 ちょっと休憩。ナンシーばあちゃんと短い会話をして、空豆を購入。粒が小さかったけど、えらいンマかった♪ですよ。(^_^)

駅舎の奥にこんなとこ   

 そして木村ピーナッツではまずこれ~。(^O^)

  

 贅沢にも高価な手剥きの味付きピーナッツを買って、ピーナッツ アイスも買って、味噌ピーナッツを一袋いただいちゃって、14:20帰路につきました。

   

 帰りはオール上道です。混雑もなく 16 時過ぎには帰着できたのかな。筍ご飯が大好きな ぽてちは途中、君津 PA で筍も購入。700円でした。大きすぎで安かったのだと思います。

 ちなみに全行程で交通量が少なく、遅い車に いや~ん(^_^;)な思いをすることもなく、走ってこられました。
 道の駅も PA も、時期にしては空いていた。よくないですね~。(^_^;)
 と言っても、打つ手はそうそう・・・

 ぽてちは思う。たぶん、マスコミがウンヌンする自粛じゃありません。自粛の亜種かもしれないけど、被災地や世間に気まずく感じての自粛ではないと思う。

 キーワードは、「不安」じゃないかと思います。

 ぽてちが房総半島を選んだのも、前の記事に書いたように、不安があるから。翌日が仕事なのに出かけている間にド~ン!ときたら、面倒ですからねぇ。(^_^;)

 たぶん、そうそう来ないですよ。フィリピン海プレートがご近所さんに刺激されて参戦してくるまで、年の単位の間があると思う。でも、考えちゃう。関東大震災ほど強烈なものはすぐに来なくても、5強から6弱くらいの地震ならあり得ない話しじゃない、と。
 そして今回の「不安」は長いでしょうね。さすがプレート型の巨大地震だっただけあって、余震が多く、余震にしては大きいし、長く続いているし。

 さらには、不安を助長する核の大事故も発生してしまって、収束しないことも大きいと思うんですね。
 「事象」と言い張り炉心溶融や圧力隔壁の損傷もなかなか発表しなかったことをはじめとして、これまでの推移からして、「大丈夫」の発表を信じられない人が多いのじゃないかと思う。ぽてちもその一人です。

 いつ何時ふたたび大量に噴き上げるか わったものじゃないし、どうせその発表は何日もたってからでしょう。発生している事態を確認して、しかるべき会議と調整の後に行われる発表まで待っていたら、その間は だだ浴びですものね~。(^_^;)
 今は風評被害が喧伝されているから、各所に配慮して余計に発表が遅れたり、過小発表すらあり得ると考えてしまうし。

 こんな状況下で、うっかりすると浴びるためのようにわざわざ外出するのは、酔狂な人くらいでしょうね。σ(^^;;;

 ましてバイク。だだ浴びの だだ吸い込み。ヽ(^▽^;)ノ
 どーりで、ツーリング バイクがほとんどいなかった訳っす。(^^;

 ということで酔狂な皆さん。とーぶんの間はガラガラの走り放題ですよ!(笑)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.24

最高のツー日より、房総半島(1)

  

 地殻がまだまだ落ち着いていないようで、いつまでも地震が続きますね。

 東京も、大きなやつは来ていないですが、どうなることやら。東京湾北部直下の関東大震災級なんて激しいやつが来なくても、また5強が来ると面倒。高速道路の通行止めが確実と思われる6が来たら、もっと面倒。
 翌日が仕事だと、ついそんなことを考えて、さっと行けて帰りは下道でもそう大きな困難に遭わずに何とかなりそうなところを選んでしまいます。

 ということで、またまた房総半島。(^_^)

 まずは Pizza カンパーニャです。ここは生地もチーズも本当にンマい♪んだな~。

  

 いきなり食べ終わった図をアップしてどうする!(爆)

   

 最高のドライブ日よりだからでしょうか。これまでの3回よりも早い時間から人がたくさんで混んでいました。
 もっと混んでくることが見込まれるし、とても天気がよくて、でも まだ暑くは感じないちょうど最高に感じる陽気です。初めてだけど、屋外の席を選択しました。

   

 今日は トマトとスモークベーコン、4種のチーズのピザ

  

  

 あっという間に食べ尽くしてしまいました。v(^O^;)

 こんなものも逝ってみる。

   

 正直なところ、アイスコーヒーは 400 円の価値がないのだけど。ケーキだけで一気食いするような形になるのもなんだから。(^_^;)

  

 妙な香りづけや味付けをしていなくて、ほんと、美味しい♪

 屋外の席で待っていても食べていても、とても気持ちのよい陽気でした。周りは遅い桜もほぼ終わりで、山が若葉の色に包まれて、様々な花が咲き始めたところ。いや、ほんと、気持ちよかったですよ。(^_^)

  

   

 ありがちな里山の風情ですが、ぽてちにとっては非日常の景色で、レジャー気分につながります。
 食後には、駐車場周辺の花なんか撮ってしまいました。ぽてちには珍しいことですね。

     

 D3 って、本当によく写るな~。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.20

Audi A1 を見る

 10日の日曜にトイレを借りた南海部品。その道路向うにある Volkswagen 屋さんの店先に、Audi の新型車 A1 が駐められていました。

 ちょっと興味あった車。今の Audi のイメージからして、しっかり作られててデザイン性もある小さな車を期待できそうです。値段からしても、作りがよさそうじゃないですか。欧州車だけに、車体と足にイライラする可能性も低そう。要するに Volkswagen だし。
 もし大きさが許容範囲内であれば、スイフトを買ったことを後悔するくらいかもしれないと思っていました。

 んが、A1 は、我が家の駐車場的にアウト d(^^;) な全長の Polo とほぼ同じ長さ。けっこう無理してるスイフトより もう 120 mm も長い。だから完全にアウト。d(^O^;) 全幅も、自分はよくても相棒は一言ありそうな 1740 mm( RX-8 比 -30 mm )。
 少なくともバイクに乗っているうちは全長が致命傷で、候補になりません。もしバイクを手放したら、スバルの STi セダンかマツダのロードスターにしたくなるはずで、やっぱり候補になりません。

 それでも興味あり。しっかりした小型車って、惹かれます。(^_^)
 ということで、信号を渡って見に行ってみました。

 プロポーション。今どきの普通の乗用車で、今どきの室内高や着座位置を確保しようと思ったら、ここらが限界でしょう。そう思いました。まぁ、悪くはない。さすが、エレガントにまとめていると思いました。
 細かく見れば、Polo よりダッシュボードの位置が高く見えます。低くすることはできなくても高くするのは簡単で、プロポーションが理由で高くしたと推測。四角まで手足が届いているかのような見切り感は、ある程度振り回してみないとわからない。だから判断保留。

 内装は上質な印象で、いいですね~。今どきの小型車はスイフトを筆頭に安くても内装を上手に作りますが、パネル類の継ぎ目などに見えてしまう安さや、触ったときバレてしまう安さを感じません。さすが、300 福沢とるだけあると思いました。

 お店から出てきた営業氏がライト類をつけてくれたのですが、LED を多用していて、見事にデザインされています。デザイン上手だねぇ~ (^_^)
 国産車の開発陣からは「コストをかけてよければ、うちだって」という言葉が聞こえてきそう。その通りだと思います。たっぷり かけたやつ、デカくしないでスイフト並の走行質のものを出してください。お願いです! (^^;)

 さらに、あちこちを開けてみて、矯めつ眇めつ。すると・・・ ドアを開けたとき、ハッチを開けたとき、目に入る部分・・・
 普及価格帯の小型車がベースだと、Audi をもってしても・・・ かな。(^^;;;

 走ってどうか。見ただけなので、まったくわかりません。(^^;)

 ドイツ車だけにちゃんと走る車体なのじゃないか? 要するに、良い評判を聞く Polo なわけだし。サスペンションの設定で「日本向け仕様」なんてポカをやっていなければ、大丈夫でしょう。
 と思うことの他、1200kg の重さで2L級のトルク 20.4 kgm を 1,500-4,000 rpm で出していれば、かなりギュンギュンいけそう。ギュンギュンやらなくても、ゆとりを持って軽々と走ることができそうです。

 唯一気がかりで試してみたいのは、AT の制御。賢く上手にやれているか、否か。いちどハンドルを握ってみたいですね。(^_^)

 そして我が結論。買う算段をすべきか否か。バイク散財その他で財布が厳しくなってしまった ぽてち的には、半額で気持ちよく見事に走るスイフトがいいや。(笑)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.19

本田宗一郎ものづくり伝承館(浜松ツー)

 スズキ歴史館の次に向かったのは、かねりん鰻店。すでにレポート済み。ということで、その次の目的地。本田宗一郎ものづくり伝承館のこと。
 雑誌記事で見て、ここも一度いってみよう♪と思っていたところです。

 お昼をまわってだいぶ暑く感じてきまして、気温計を見ると 26 度とか 27 度とか。移動に思いのほか時間がかかって、あまり快適でないひとときでした。f(^^;

 なんか、浜松市の周辺って、流れを切る信号タイミングに設定されているような気が。お宿からスズキ歴史館へ向かうときもそうでしたが、ちょっと動いては停まり、巡航速度に上げたと思ったらすぐに減速停止。
 ここらへん、どう設定するかは警察の考え一つのことですが、疲れて暑くてシンドイときはやめてくで~。(^o^;) って感じ。燃料も時間も食うし。

 さらには、エンジンのテンションが高い K1300 GT は、そういう状況が ちっと辛いんですよね。(^^;) 一般道を使うツーリングは、やっぱり RT とか Tiger が楽なのかな~。
 あっ、念のため。財布状況からして買い換えなんかできませんからね~。(^◇^;)


 さて、伝承館のこと。幟のおかげで目的地を一発で発見です。

  

 Collection Hall や歴史館と比べたら小さくはあるけれど、立派な建物です。

  

 中に入ってみる・・・

    

  

 目を引かれて撮る気になったのは、こんなところでしょうか。(^^;
 天竜市って、ものすごいお金持ちなんですね。(^^;;;;;

 外で木陰のベンチに座って冷たいお茶を飲みながら一服。どこから東名に乗るかを考える。袋井が妥当との結論になりました。暑いし、疲れているようだし、一般道とその景色を楽しむ余裕が無いなら早く帰った方がよかろう、と。

 パンツの裾をいよいよゆるくして、ジャケットは下のボタン2つだけとめて。二俣から袋井までは信号も少なく、まずまずいいペースでツーリング♪といった感じ。(^_^) 外気温計が 27 度を示すときもあって、暑かったですけどね~。(^^;

 東名では休憩多数。日本平、富士川、中井と、3カ所も休憩をしました。暑さと疲れでバテを感じたことと、尻や股ぐらが辛く感じたことで。
 富士川は狙い撃ちです。相棒が「桜エビ!」とつぶやいていたものですから。(笑)

富士川 SA   

 冷凍の生桜エビ、冷凍の生しらすをゲット♪。v(=^^=) 道の駅からもアクセスできる建物で。

 富士川 SA あたりからの景色を日中に見たことが少ないので、ちょっと新鮮でした。

  

 この町並みの夜の明かり、走りながらそれを見ると「帰ってきた気分になるんです。名古屋とか関西から帰ってきたとき、何というか、「地元近くまで帰ってきた」「あと少し」な気分。
 まだ東海で関東じゃないんですけどね。富士川まで来ればもう富士山。富士山の周辺なら子どもの頃から何度も旅行して馴染んでいますから。(^_^)

 おうちには 18 時前に到着。 556 km 走って燃費は 18.5 km/L くらいでした。

 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.04.17

スズキ歴史館(浜松ツー)

  

 この階段を上った正面に、こんなもの。

  

 知りませんでした~。(^^; スズキもトヨタと同じく、織機屋さんの系譜なんですね~。

   

 せっかく見学してきたのに展示内容をまともに読んでいないので、正確なことはわかりません。(^^; が、エンジン乗り物も、太平洋戦争前から手をつけ始めていたようです。

 ちょっと話をした係のおじさまたちから感じたこと。「ホンダより歴史も由緒もあるんですよ」「浜松に根付いた会社なんですよ」って。
 そう語りたい気持ち。社への気持ちや誇り。ほんのちょびっと、語らずとも言葉の間なんかで感じられたですよ。(^_^)

 かつて産業技術記念館を見学したとき、展示の織機その他を誇らしく整備していた おじさまたちと似た空気を感じました。いいね♪、そういう姿って。

 さて、展示内容なんですが、こういうものに萌えてしまう ぽてち。(^O^;)

  

   

 こんなものにも萌えてしまって

  

 アングル変えて撮ってみたり。

   

 だいぶ萌えました~。(笑)

 普通はね~。こんなあたりや

  

 こんなところに

   

 目を奪われることが多いのじゃないかしらん。
 なのに ぽてちはこれ↓

  

 ぜんぶ、FCAR が悪いんです。(笑)

 やや寝不足だったのと暑さとで、ざっと見て終わってしまったのが残念です。産業技術記念館と同じく、機会があったら再び訪れてみたいところになりました。

 あれこれあって、面白いですよ~。(^_^)

   

   

    

D3 の驚異     

 こんなのばかりもなんだから、もっと普通のも。(笑)

  我が軽自動車感を壊した車

今も根強い人気ありますね   

  高2のとき後ろに乗せてもらった

中学生の頃、町でよく見た   

 これなんか、当時は驚異でしたね~。1回だけ、乗ったことあります。

  RG250Γ

 時代の変化をまだ知らぬ警察官が切符を切ろうとして騒動になったなんて話し、よく目にしました。その後に全盛を迎えたレーサーレプリカの、本当の最初じゃないかしらん。

左右とも、時代を変えたと思う   

 1時間弱、ざっと見て回って、満足して次へ向かいました。(^_^)

  

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お宿と本社(浜松ツー)

 これで ¥1,080- は、ちょっといい感じ♪

  牧之原 SA

 好きという訳ではないけど、呪文「せっかくだから」で (笑) これも注文。¥450-

牧之原 SA   

 この一品で、レジャー旅行にでかけた気分を盛り上げることができました。


 さて、お宿でのこと。PC は持って行ったけど、そう遅くまで起きていたわけではありません。だけど慣れないベッドで寝づらかったらしく、夜中に何度も目が覚めてしまって。(^^; バイク故の疲れや体の痛みも取れず、いつも通りの時間にあまりすっきりしない目覚めとなりました。
 出発時間まで、けっこうあったんですけどね。寝直そうとするより朝食をとってしまえ~と、ホテルの朝食バイキングへ。納豆ご飯が美味しかったです。

鮎沢から(昨年の撮影)   

 納豆ご飯と言えば・・・ ビジネス ホテルの朝バイキングはどこでも同じようなものですが、かつての昔と比べて、ちょっと簡素になった印象かなぁ。美味しく感じたのが業務用のミニパック納豆だったという。(笑)
 まぁ、その分以上に安くなりましたからね~。今回は朝ご飯つきで ¥5,950- 也。納豆ご飯が美味しければヨシ!v(^o^)

 ときどき利用しているチェーンは、車やバイクで使いやすい立地にあって駐車場の心配もほとんど無いし、大浴場と呼ばれる浴場があって体をほぐせるし。何よりもお手頃価格で、けっこう重宝します。

四日市(昨年の撮影)   

 朝食を終えて部屋に戻ってカーテンと窓を開け、ごろりとしたら・・・寝ちまった。(^o^;
 GW くらいの陽気で暖かく、風もあって、気持ちよかったんですよね~。(^^;

 出発予定時刻1分過ぎに目覚め、あわてて準備開始。 25 分過ぎに出発となりました。
 浜松西 IC すぐ近くのお宿から、スズキ本社向かいのスズキ歴史館へ Go!

 まだ 10 時前なのに動き出してみると けっこう暑くて、外気温計は出発直後で 24 度。すぐに汗ばみ始めてしまいました。真冬にも着ているジャケット&パンツですからね。「こりゃ裾やチャックを開けているくらいじゃダメだ。インナーを外さなきゃ」と考えながら進行。
 スズキ歴史館に着いたときには本格的に暑く感じていて、駐車場でインナーを外しました。パンツのインナーは・・・ 人の気配がほとんど無かったから。(^O^;)


 んで、スズキと言えば・・・ 世界を股にかける大企業ですよね。それも素材産業とか部品産業でなく、一般消費者に高度な最終製品を届けるタイプの世界企業。

   

 なんか、みょーにローカルに感じたですけど。(^O^;) 本社の立地、そして建物の風情。(^^;)

  

 さすがだな。と、じつは逆に感心したんですけどね。(^_^)

 不要不急のところは余計なお金を使わずに足りるもので済ませ、その分、健全財務と製品を少しでも安くする志向。そんな堅実さを感じ取りました。これって、自信と意志の力がないと、なかなかできないことですよ、きっと。
 萎縮しているわけでも殻に閉じこもっているわけでもない。新興アジア圏で躍進しているそうだし、スポーツカーでない日常の手足となる車にスイフトやスプラッシュのような ちゃんと走る、お見事かつ希有な小型車を作っているんだもの。(^_^)

 営業氏の頑張りぶりもそうだけど、ふと気づくと、好感させるものがありますよ。

 そしてスズキ歴史館は、と言えば、いきなり目を奪われるものが駐車場にポンと。

  

 この飾らなさ、さり気なさ、好感度がいよいよ高まるのでした。(^_^)

   

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.16

ツーついでに かねりん鰻店

  

 今回のお出かけの主目的は こちらだったわけなのですが

   

 こんなものを見る目的を達成した後に、行ってみました。


  

 かねりん鰻店。1年ちょっと前に前を通って、機会があったら入ってみようと思っていたお店。
 有名なお店らしく、ちゃんとしたお値段です。ちゃんとした値段と言っても、鰻だから、こんなものかしらん。

   

 「せっかく来たのだから」というお約束の呪文を唱えて、特上に逝ってみました。「明神下神田川より安いし」とか、イミフメイの言い訳 呪文も唱えながら。(笑)

 でてきた♪

  

 さすが特上ですね。イチゴまでついています。(^o^) (イミフメイ)

 アップ!

  

 おヨシ!
 甘くない さっぱり系で、小骨を感じることもなく、とても食べやすかった。

 鰻は田舎風の濃い感じが好きな ぽてちですが、それは平均レベルの鰻店の話し。ウナギそのものが良ければ、そして上手に扱ってくれれば、さっぱり系でも美味しいんですよね~。
 開店して間もない時間だったからかもしれませんが、ご飯もアチアチ。「うな重はこういうのがいいよな」なんて思いながら没頭。

 そして「なるほど、浜松はこういう所か」と思ったこと。隣の席が、20歳ちょいくらいの女の子2人連れ。
 若い女の子が鰻屋に入る。東京では見ない光景ですよね~。(^_^)
 
 にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
 にほんブログ村 

 かねりん鰻店 うなぎ / 高塚駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.15

お宿着

 7v7ur

 出発から4時間半くらいでお宿に到着。

 途中、富士川で一服。そして牧ノ原で夕食と雨宿りの1時間半ほど。大した混雑もなく、まずまず順当なペースでしょうか。

 87483799

 牧ノ原の手前から ぽつぽつきまして、牧ノ原に滑り込んだときにはパラパラと。レストランでのんびり夕ご飯を食べている間に土砂降りになっていました。

 78885728

 Ycefc

 どうしよう?もっと待ってみるか?と考えながら長い食後の休憩をとっていても降りが弱まりません。牧ノ原は台地ですからね~。下で小やみになっていても牧ノ原は降っている可能性あり。
 雨具を装着して出発することにしました。

 案の定、下に降りたら小やみ状態。止んでいたわけではないけど、ほぼ ok ♪


 明日はスズキ歴史館と本田宗一郎もの作り伝承館を訪れてみる予定です。(^o^)

 さて、雨具を片付けて、お風呂に入りますか~・・・と思ったら、大浴場に行けない。
 ズボンを忘れたことに気づいたのでした。(爆)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.04.12

パッドの減り具合と、癖

  トイレを借りただけ(爆)

 日曜日、夕方近くからプラっと外出をして、秋葉原経由で横浜駅前まで行ってきました。その出発準備のとき、のぞき込んでみた。

 12,880 km ほどの走行距離で、このくらい。写真はフロントです。

  

 面取り部分が大きいんだな~と思ったことの他、残量についてはまだ問題なしかな?と。

 1月中旬に行った1年点検の折、フロントの方が減りが大きいと言われました。減りが大きい方でこの程度ならば、リアもしばらく大丈夫かな。

 その際、工場長曰くの、フロントの方が減りが大きい人のパターン

  1.峠道等で攻めて走る人
  2.高速道路で、高い速度から強い減速をする人

 ぽてちはどちらにも合致しません!(笑)
 合致しないのにフロントの方が減っている理由を考えてみました。

  1.リアをあまり使っていない
  2.夏のスタンプラリーで、山道・峠道をたくさん走った

 んなところではないでしょうか。1が理由の大半を占めると思います。

 で、リアを使わないのは、ぽてちの癖です。癖がついてしまった原因は・・・

 むか~しむかし、その昔。(まだ爺さんではありません。おっさんです。(違)) 二十歳前後の頃のこと。教習所的な ゆったりかつスムーズな走行を心がけた結果、リアを多用する乗り方になって、リアパッドばかりをガンガン減らしてしまったのです。
 以来、「リアはすぐに減ってお金がかかる」といった思いからリアの節約を心がけるようになり、いつの間にか習い性になってしまいました。(^^;)

 原因その2。リアはわき役で、車体姿勢安定のための補助ブレーキみたいなところがあるじゃないですか。場合によってはあまり役に立たず、かえって急減速の足を引っ張ることもあると思って染みついているんです。

 とは、工場長が言うように、本格的な減速になればなるほとフロントが主役ですよね。そして本格的な急減速のときは、リアを限度以上にかけると Non ABS 車はリアがロックして流れてしまうこともある。
 むか~しむかし、リアがロックしたことが何度もあって、車体剛性の低さからリアが横滑りを始めたこと幾度も・・・ 以来、フロントだけで減速しようとしちゃうんです。

 現在も、珍しく急減速を迫られたとき、リアを踏むのが一拍遅れます。遅れたうえに「恐る恐る」になってしまう。本当は逆ですよね。一瞬だけ先にリアを軽く踏んで、それからフロントで本格的減速に入るのが正しいと思います。

サガミにて   

 ということで、まとめ。急ブレーキのかけ方を反省。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.08

漠然とした不安

 大規模停電の可能性と節電が喧伝されて計画停電が始まった頃の東京都心の夜。30 年ぶりくらいに夜の落ち着きが戻って感じて、けっこう気に入っていました
 必要と思う下限域の灯りは残り、無くても平気じゃんと思える灯りが消されていたためです。車の数も減っていました。

  土曜日晩の幹線国道

 30 年前と比べたら、それでもまだだいぶ明るい方だと思う。40 年前の子どもの頃の薄暗さと比べれば別世界と言えるほど明るかった。ひとつひとつの灯りが、明度・輝度・色温度ともに、明るさを感じさせるものになっているし。

   

 それが のど元過ぎれば熱さ忘れる・・・ という訳ではないでしょう。

 暖かくなって暖房需要が減ったこと、供給可能電力がやや増えたことや大口の節電、ピーク時が問題であることが認知されてきたことなどが理由じゃないかしら。
 駅のホームや構内、お店の看板や店内の照明、オフィスビルの照明などなどが、少しずつ灯されるようになってきて見えます。気持ちだけと言うか、世間をはばかって しるしだけ消しているようなところも出てきた。

 ちょっと残念。(笑)
 やる気になってやって、せっかく落ち着きを感じる夜の街を取り戻せたのに。

 ということで、電力の話し。と言うか、エネルギー

 3年後5年後の経済状況に、すなわち我ら庶民と呼ばれる経済力層の生活に、漠然と不安を抱いています。そういう人、けっこういるのではないでしょうか。

 ぽてちが不安に思う一番の理由は、もちろん電力不足。すなわちエネルギー不足が予測されるからです。
 すごく大ざっぱに言って、低コストで使えるエネルギーの多寡が、社会全体の豊かさ・貧しさを決める重要な要素だと考えるから。低コストなエネルギーの不足が予測される、イコール貧しさが予測される、となるわけです。

 原油が低価格で使い放題ならば、二酸化炭素と公害の心配をしながらも豊かな社会を維持できると思うのですけどね。もちろん、そうはいかないでしょう。
 原油価格は高値を維持することがあっても、高度経済成長期のレベルに下がることはあり得ない。まして、枯渇が心配されて幾年月。

 スーパーの品揃えを見ていて、心配が増したんですね・・・

 地震直後の食事商品払拭のときは別として、東京では世が落ち着いてきながらも一部商品が買い漁られたり入荷が不安定で棚が空になった時期。
 そんなときも、お高い系のスーパーで、お高い価格の商品は、棚に並んでいたんですね。一時的に無くなっても、すぐに戻る。少量ずつでも、こだわり系のお高い商品は戻る。

 まるっきり無かったのは、普及価格帯のスーパーの、大量生産な普及価格品。これが無い。

 今は、普及価格帯のスーパーでも、普及価格帯の商品の多くが戻っていますけどね。中には戻らぬものもあるし、不安定なものもある。でも、おおむね平常に戻りつつあると言える状況でしょう。
 そこでハタと気づいたこと。特売がなくなりましたよね。「あっ!」と思った。

 ぽてちのような庶民が依存している普及価格の商品は、低コストで豊富かつ安定して供給されるエネルギーを前提に、効率を突き詰めた工場で突き詰めた大量生産をするから、だから普及価格で買える。
 実質(一時的な)値下げである特売もある。その認識を新たにしました。

 工場を動かすエネルギーだけでなく、緻密な流通網が 24 時間、効率よく動いているからでもあるでしょう。ここでも、搬送のためのエネルギーが、道路を筆頭とするインフラの維持管理に要するエネルギーが、低コストで豊富に調達できるからこそでしょう。お店が普及価格の商品で満たされ、さらに値下げして売られる訳。

 25 %もの使用電力削減を行わなければならない今後、製造業が恐れる「工場が止まる」事態が常態化するわけですから、価格が上がりますよね~。もし緊急停電なんて事態が発生すれば歩留まりが下がって、もちろん価格が上がる
 それでも価格上昇を少しでも抑えようとすれば、だいぶ低質化させるか、雇用を減らして一労働力あたりの労働を密にするしかない。もしくは、賃金が下がる。世が海外産品の安さに頼れば、雇用はもっとる。
 さらには筋の悪い自粛世論が蔓延して、自粛災害とも言える業績悪化や倒産を招きかねない。そんなことも危惧される。危惧が現実になったら、また雇用が減る

 電力不足は要するに、普及価格帯商品の価格に上げ圧力をかけ、雇用と賃金には下げ圧力をかけるのじゃないか?と。
 もしそうなると被災地への復興支援や義捐どころではなくなりますね。

 かといって、原発の新設は、もうあり得ないでしょう。停止中の原発の再稼働すら怪しい。新エネルギーは時間とお金がかかるし、時間とお金をかけた後でも電力価格が高くなるようであれば物価上昇圧力であることに変わりはない。

 今月来月の話しでなくて、1年後、3年後、5年後。どうなっちゃうのかな~?と。贅沢をできなくなるとか多少不便になるとか、その程度のことで済まなくて、生活がけっこう苦しくならないか?と。
 そんな中でも、富裕層はダメージが小さいはずですけどね。品薄のものでも富裕層対象のスーパーなら富裕層向けの価格で並んでいたわけです。富裕層なら物は買えるし、電力だって自家発電の導入くらい、やる気になればできるはずで。

 気がかりなのは、自分のような庶民層の暮らし。もっとは貧困層と呼ばれる人々の暮らし。そしてその増加。ひいては犯罪や社会不安の惹起と視野の狭隘化、そして誤ったナショナリズムの蔓延。
 かつて日本が大陸の権益獲得と維持に向けて暴走を始めた出発点は、関東大震災じゃないか?と疑っています。

  偶然前を通った震災慰霊堂

 そんなことを含めてあれこれ、漠然と心配が湧いてくるんですよね~。(^^;)

 ということで、電力エネルギー不足は、うっかりすると道を誤りかねないインシデントだとも思い至り・・・

 とりあえず働かないと! そう思って日を過ごしていますけどね。平常の動きをできる限り維持して、さらには「より多く」「より良く」を心がけながら。

 もちろん消費も。日曜日はどこへ行こうかな♪ (笑)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.07

+αツー、文章追加(3)

 サブタイトル、『ハンドル高さ位置決定』


 話題がカメラに流れてしまいました。閑話休題で、ピザ丸太小屋のことに戻ります。

 しっかりした雰囲気の店でこれほど潔いお店は珍しいかもしれません。メニューがピザだけ。

  ピザ以外はなし

 普通、ピザ専門店であっても、多少は他にありますよね。たとえばサラダや、場合によっては前菜の2種3種くらい。
 丸太小屋は完全にピザだけです。ピザを食べるつもりで入ったのだけど、いや~、意表を突かれました。(^o^;)

 セットで注文し、先頭にのっている「チョリソー」とアイスコーヒーにしました。
 しばし待って・・・ 出てきた♪出てきた♪ (=^^=)

 

 食べてみると、サクサクとした軽い感じのピザで、軽食スナック的に感じます。ここも意表を突かれた感じ。

  軽くてサクサク

 ナポリだとかミラノだとか、アメリカンだとか。ピザにも何種類かあるようですが、どれに相当するのだろう? よくわかりません。ジャパニーズだったりして。(^o^)

 ぱりぱりした食感のものが好きだし、腹具合にちょうどよい感じで、美味しくいただきました。大食らいの自分の場合、はっきり空腹のときは2枚必要かもしれません。(笑)

 食後に霧雨が舞う空の様子を見て、すぐさま帰路につきました。

   

 県道伝いに上総湊へでて、上総湊から袖ヶ浦 IC まで R127 。特に県道は空いていて快適な移動。国道も時節柄でまずまず流れていて、ストレス無く移動できました。これも房総半島のいいところ。(^_^)
 袖ヶ浦 IC から木更津金田まで連絡道脇の道で移動し、乗ったのは木更津金田 IC 。

 帰着は 17 時過ぎ。丸太小屋から1時間とちょっと。燃費、17.69 km/Lでした。

 房総半島へ出かけると、K1300 GT でもスイフトでも燃費がほぼ同じになります。スイフトが立派、もしくは「もっさり CVT 制御の恩恵」と言えましょうか。(爆)
 ちなみに、660 cc Turbo の ちび助だと 14 ~ 15 km/Lといったところでした。RX-8 だと、よくて 8.5 km/Lでしょう。


 さて、じつはこの短時間ツーの中で、往路でも復路でもハンドル位置を変えるテストを繰り返していました。

 結論。Wunderich のハンドルバー ライザーで、下から2段目が我が落としどころ。

 前にセットしていた下から1段目だと、高速道路の移動で肩と背中が辛くなるだけでなく、くねくね道でも倒し込みが こあくて走りにくい。(「殿様の速さ」参照)
 下から3段目に上げると、都内下道と高速道路では体がとても楽だけど、首都高速のカーブや くねくね道で安心感(安定感)が減じる。頭の位置が高くなって、高速道路での風切り音も増す。

 ということで、下から2段目をしばらく続けてみます。


 最後の閑話休題。スイフトの CVT 制御のこと。ECU プログラムが Version 3 になって、CVT の制御が間違いなく変わりました。ぜったいに、エアコンの温度制御変更だけでありません。d(^_^)
 体感的に、だいぶよくなりました。イライラ!してスロットル コントローラーをスポーツの4とか5にセットしてしまってギクシャクすることがなくなり、状況でスポーツ1とノーマルを切り替えているのがいい感じ。

 まぁね、1200 cc の燃費志向だから。「もっさり」が無くなったわけではありません。高速道路での無意識巡航速度も DOHC VTEC アコードや RX-8 よりはっきりと低いです。
 でも、これならいいんじゃない? と思えます。軽さ、ハンドリング、静粛性、車の良さに意識がまわり、『我がツボを突いてる車』感を得られるようになりました。(^_^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.05

+αツー、文章追加(2)

 サブタイトル『新しいコンデジが欲しい』(笑)


 道の駅三芳村に着くちょっと前からポツリポツリと降ってきまして、到着する頃には雨となりました。なんとま~。
 出発の少し前に見たのは東京の予報のみ。南房でもほぼ同じだと思って。(^^;

 Galaxy S で調べてみると、館山は昼過ぎから夕まで雨予報。う~ん・・・ 安房グリーンラインを白浜まで走ってみる企画を断念。走りながら見かけたお店で食事をしてみる企画も断念。雨予報でない北方へと戻ることにしました。

 そうそう、キャベツと人参は道の駅三芳村の売店部でゲットです。どちらもアタリではなく、「これなら ODOYA で買った方がよかった?」という感じ。
 野菜の識別眼が無く、帰って相棒に指摘されて&食べてみて知ったわけですが。(^^;)

 ここらへん、富楽里だとちょいと期待できるんですよね。そう安いわけではないけど、スーパーより新鮮なものを買えることがあると感じています。ものによっては真に直売で、流通に乗る時間が無いからだと思いますが。
 直売所にありがちな「アタリ・ハズレは勝負!」的なところはありますけどね。普通の値段を出せば、新鮮かつ品質まずまずのものを買えることがある。農作物は三芳村より少しだけ安くて質が少しよい傾向を感じ、海産物は船形の「ふれあい市場」と同じ値段で質がよい傾向。かな?

 ということで、小やみになっている間に戻ってしまう決意をすゆ。BINGO!バーガーを食べている間に降りが強くなっても困るので。
 昼食はピザ丸太小屋で。どんなものが食べられるのか、試してみることにしました。

  ピザ丸太小屋
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR

 保田と鴨川を結ぶ長狭街道沿いにあります。

   
   Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR  

 けっこう立派な構えですね。

  店内
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR

 お店に入ってみると、中もまずまずしっかりした印象。清掃も行き届いて見える。ムーディなジャズか何かが流れているし、活きているお店に感じます。
 ほら、いつ閉店になってもおかしくないような沈滞したムード&清掃状況のお店ってあるじゃないですか。そういうお店ではありませんでした。

 ここでカメラの比較。焦点距離が違って写る範囲が異なるから、比較するのはどうかとも思うのですけど。まったく使い慣れぬ Lightroom 3 で補正ぐじゃぐじゃですし。(^^;)

GX100 だと   
   Ricoh Caplio GX100  

 GX100 の写真は、ホワイトバランスやカラーやコントラスト・トーンをいじっていじって、たいへんでした。今回のいじりはノイズを抑える方向で、ボケてしもうたです。
 んで、いじっていじって追い込めたのがここまで。知識も腕もないから、ここまでです。

 プリセット ホワイトバランスを使ってトーンを気持ち いじったくらいで色調整をやめ、縮小を前提にノイズと解像を残す方でいじってみると、こんな感じ。

  

 2つ合わせると、ちっとマシになる? (^^;

 いずれにせよ、厳しい条件下で一眼との差、あれこれ。比べるまでもない、ってか。(笑)

 これが、コンデジを新しくしたいと強く思う理由なんですよね。GX100 は、悪条件下の対ノイズ性能、ほぼイコールで解像能力が今よりも低い頃の素子で、手ぶれ補正も効果がとても よあい。

 ということでコンデジの更新をねらって現行機種を調べています。

 んが~、実用的なファインダーを持つものが極めて少なく、素子も相変わらず豆粒大ばかりだし、素子が大きめでもレンズやファインダーや Raw の使い勝手が要望と違うものばかり。(^^;)

 あれやこれや、機能的にも絵づくり的にも あちらを満たすものはこちらを満たさず・・・満たさぬ部分の満たさぬ度が大きい。
 あれこれ総合して検討すると、踏ん切れるものがないんですよね~。f(^^;)

 Nikon の COOLPIX P7000 がサクサク動くようになって、レンズを換算 24-85 mm 程度に抑えて EVF を積んでくれたら Capture NX2 を前提で・・・ 世はそれを P7*** とは言わぬ。(爆)
 Ricoh GXR のレンズユニットで、換算 24-85 mm 程度のレンズと大きい素子を積んだもので、手ぶれ補正がちゃんと働くものが出たら・・・ S10 の立場は?
 Olympus XZ-1 のカスタマイズ性(すなわち操作性)が上がって、ステップズームやズーム位置記憶もできるようになったら・・・ オリンパスだからなぁ。(^◇^;)

 現行機種をベースに考えると、ここらへんの待ちかなぁ。

 機能的にかなり要望に近い印象を受ける松下の LX-5 は、松下の絵づくりが どうしても好みに合わないからボツ。
 Leica 版の D-Lux5 になると絵づくり ok!! なんだけど、値段が高すぎ。

 う~ん・・・ 安物買いの銭失いを避けるべく、妥協せず D-Lux5 が順当?
 安くても D40 みたくツボにはまるものが、あるときにはあるんですけどね~

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.04

+αツー、文章追加(1)

 出発準備に時間がかかる理由の大きな一つに、未だ手慣れぬ荷造りがあります。その荷造りのうち、保冷運搬の手段はパターンが固まってきました。
 少なくとも暑くないうちは、クーラーバッグに保冷剤を入れて、写真のように強引に畳んでパニアへ放り込んでおく方法。

← 強引に畳んである図       
  クーラーバッグ
 Ricoh Caplio GX100
裏側   

 湿度の高い日は外側がすぐに結露するくらい、保冷力に問題のある安物バッグです。携行性と保冷力と、難しい選択なんですけどね。暑くないうちの半日くらいなら、保冷剤の量で勝負すれば何とかなることでしょう。

 次の写真は、前々回だかその前だったか、やっちまったところ。大井 PA で休憩ついでに撮影しました。

  
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR

              アップしてみる

   

   Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR  

 原因は走行中に蓋が開いてしまったこと。開いた勢いと中身の重さでリールケーブルが外れて 180 度開いてしまい、そこであわてて U ターンをしたものだから、車体が傾いて ガリッ☆ とな。(^^;;;

 ときどきやっちまうんですけどね、ロックのし忘れを。レバーを軽く倒して戻すと、仮止め状態になるじゃないですか。そのまま走ってしまったのです。
 中身が軽ければそのままいけちゃうんだけど、2 kg の米といくつかの工具類は、仮止めには荷が重かったようです。(^^;;;

 破けたビニールから1割ほどの米が道路にぶちまけられるし、蓋は傷つくし。悲しい気持ちで回収しながら、本家へ餅をもらいに行った帰りに暗闇でぶちまけてしまった勝海舟の話しを思い出しました。(イミフメイ)


 ということで、到着した富楽里とみやま。何が「ということで」なのか不明ですが、要するに到着。西神田から鋸南富山まで高速道路を利用したので、あっという間。

  富楽里とみやま  
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR

 駐車場を見る限り、客足がだいぶ戻ったようです。売店部もまずまずの賑わい。今の時期にしては混雑がまだまだ不足しているように思うけど、天気がいまいちだったから、こんなものでしょうか。
 風評被害や自粛災害を食い止めるべく、マスコミ様がようやく言い始めたようですからね。マスコミ様に許してもらわなければ踏ん切れないのもどうかと思うけど、まぁ結果オーライということで。(^_^)

 富楽里では相棒から仰せつかったキャベツと人参を物色。人参は無く、キャベツもいいものが無く、富楽里での購入を断念しました。あれば「値段の割にはまずまずいい方」のものを買えるのですけどね。
 仕方ないから道の駅三芳村へと向かいました。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.03

毎度のツーリング先+αでピザ

 まずは写真をば。文章は後々追加していきます。

← 強引に畳んである図       
  クーラーバッグ
 Ricoh Caplio GX100
裏   

 前々回だかその前だったか、やっちまったところ。大井 PA で休憩ついでに撮影。

  
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR

              アップしてみる

   

   Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR  


  富楽里とみやま  
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR


  ピザ丸太小屋
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR

長狭街道沿い   
   Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR  


  店内
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR

GX100 だと   
   Ricoh Caplio GX100  


  ピザ以外はなし
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR

チョリソー   
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR  

  軽くてサクサク
 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR


   

 Nikon D3,AF-S 24-120mm F3.5-5.6G VR  

 帰着は 17 時過ぎ。燃費、17.69 km/L

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発準備開始

  三芳村のメンチ
 こんな時間だけど、出発準備開始。

 目標、富楽里とみやま、道の駅三芳村。できたら安房グリーンラインを走ってみる。

 仰せつかった買い物、キャベツ、にんじん。

 ちと寒いから、気をつけていこうっと。(^。^)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »