« 近藤牧場を食う♪日曜日 | トップページ | ROADTEC Z6 INTERACT »

2011.02.10

スイフトのカラカラ音、止まる

 日曜日の房総半島ツーの帰りにスズキの販売店へ寄りまして、異音対策が済んだ車の確認をしてきました。

 ひどかったあのカラカラ音が、見事!、止まったようです。

 なんとま~、本当にシフトケーブルが原因だったようです。いや~、そうだとは想像もしませんでした。やっぱ素人はダメですね~。σ(^^;)

 メカニック氏は、プロでした。そうとは言えないメカニック氏だって世にはたくさんいるけど、彼は本物でした。
 話しを聞くと、可能性を思い巡らせながら理論的かつ根気よく試行錯誤を重ねて、とうとう突き止めてくれたのですね。感謝!感謝!

 シフト セレクターレバーの根本から、エンジンルームへと延びるシフトケーブル。ケーブルがエンジンルームの中で CVT ユニットに繋がる金属製リンケージ部分でビビっていたそうです。

 セレクターレバーを D にしておくと鳴り、M にすると鳴らない。自分の試行錯誤ではそう結論づけていましたが、メカ氏の試行錯誤においては、注意深く何度もテストすると M でも鳴ったそうです。
 そして D で派手に鳴っていたとき、セレクターレバーに触れたら止まった、と。

 ボンネットを開けてリンケージ部を触ってみたらカチカチ☆と鳴って、グリスアップしたらぴたりと止まったそうな。
 よし!と、交換部品を取り寄せてみると、それは対策済み品だったとな。

 対策済み品?・・・ おぃ、修くん、どうしてさっさと販売店に情報を流さない?(-_-;)
 不具合情報&対策品情報を流していれば、メカ氏が苦労して原因を突き止める必要なんか、無かったじゃないのさ。そういうことをやっていると、不具合「隠し」と言われちゃう世相なんだゾ!ヽ(-◇-)ノ

 ついでに、ときどき聞こえるキュ~ンという音、これが副変速機切り替えの音であることも試行錯誤の中で突き止めたそうな。
 アナライザーを見ながら走っていて、音が聞こえた瞬間に合わせて副変速機が切り替わっていたことに気づいたそうです。なるほどね~。なるほどね~。(^o^)

 今回のドタバタで、かえって収穫がありましたね。販売店に、主治医となってもらいたいマイスターがいると知れたことです。できたら長く乗りたい走り味の車ですから、とてもありがたいことです。(o^_^o)

 というわけで、ご機嫌で車を預けてきました♪

 はい。伊勢湾岸道で派手なバッチーン!の音とともにできた塗装傷の、板金修理に託してきました。走り味をだいぶ気に入っているので、シャン!とした状態で乗り続けたいですから。
 FF 小型車では最上級の走り味(車体走行性能)を持つ車です。お金がかかってしまうけど、シャン!として乗りたい♪

 なお、ECU のプログラムも Version 3 にアップデートしたとか。主たる変更内容はエアコンの温度制御に関するものだそうで、スロットルや変速制御の「もっさ~」は変わらないはずだとのこと・・・ 気持ち違ったような気がすゆゾ。(^^;)
 戻ってきてから、少し走り回ってみればわかることですけどね。v(^_^)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

|

« 近藤牧場を食う♪日曜日 | トップページ | ROADTEC Z6 INTERACT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/50825435

この記事へのトラックバック一覧です: スイフトのカラカラ音、止まる:

« 近藤牧場を食う♪日曜日 | トップページ | ROADTEC Z6 INTERACT »