« じじ | トップページ | それはもう、一つの惨劇 »

2010.11.07

そろそろ決めないと

 土曜日にスイフトの半日試乗を行いまして、まだあれこれと考え続けています。

  棒寿司?(笑)

 が、営業氏がだいぶじれているようなので、たとえスイフト スポーツの登場を待って見てから決めるなんて結論になったとしても(たぶんない結論)、そろそろハッキリさせないといけないだろうと思います。(^^;)

 スプラッシュを丸1日乗っても、スイフトを半日乗ってみても、現在の ちび助と比べたらどちらも格段の向上であることが明白です。別次元の車体走行性能なのだから、どちらでもアリなんですよね。
 パワーと加速性能は、基本が同じエンジンだし、基本が同じ CVT ユニットだし、スロットル制御の影響を受けない全開加速ならどちらも同じようなもの。ちび助と比べても、実用域ではそう大きな違いを感じるわけではありません。
 扱いやすさという観点ではトルコンを使っている ちび助が扱いやすく、無意識にコントロールしていける。( CVT フィットにもトルコンを採用するわけ、わかりました) 660 cc でもちゃんと使えている。ホンダの動力系は凄みを感じさせると思いつつ。

 たいした違いはないと考えつつも、そこは好きなもののことだから、やっぱり細かなあれこれが深刻な違いに見えちゃうんですね。(^^;) あちらを採ってこちらを捨てる選択に、考え込んでしまうわけです。
 自作 PC のように、好きな組み合わせで好きにパッケージできればいいのに。(笑)

 シートとバネ&ダンバーは好みでチョイスできていいと思うんですよ。ほんと。
 痒いところに手が届く日本の自動車メーカーも、やってくれません。バイクなら車種によっては装備する調整機構も無い。
 車体色や外装パーツの選択より、ずっとずっと大切なことだと思うんですけどね~。

 シートは、欧州流のスプラッシュが圧倒的によいです。サスペンションのチューンも、欧州流のスプラッシュがだいぶ好ましい。踏むとやや荒っぽいくらいに出て行くスロットル制御も、混み合ってペースが速い都心部では好ましい。造形デザインも、リア周りが好ましく見える。

   

 対して、室内の静粛性はスイフトが好ましい。車体がステアに正確に動くところも、際立って感じる旋回バランスのよさも、長時間・長距離を気持ちよく楽ちんに移動する要のようなこと。ブレーキの優秀さも同様。
 そして何よりも、テレスコピックがついていて、これなら妥協の範囲だと思う姿勢を取れることが大きい。

 スプラッシュ最大のネガは、背高の物理法則と、テレスコピックがないこと。
 スイフト最大のネガは、伸び側ふわ~んなショックアブソーバーと、スロットル制御

 スプラッシュのネガは対策することが難しくて、現実的にはほぼ不可能でしょう。スイフトの方は後から手を入れることが不可能ではなさそう。スロットル制御については目処があるし、リア形状からシビアな駐車場も大丈夫そうな感じ。
 するとスイフトがやや有利?とは思いますが・・・スプラッシュのシートは良いんだよな~。

  
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

|

« じじ | トップページ | それはもう、一つの惨劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/49963796

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ決めないと:

« じじ | トップページ | それはもう、一つの惨劇 »