« 試乗車に揺れる心(1) | トップページ | HDD の分解廃棄 »

2010.10.24

試乗車に揺れる心(2)

 シビアな駐車場にバイクと共存させられる普通自動車を探すと、MINI Cooper くらいしかありません。
 新型マーチ、長い。新型スイフトもたっぷり長い。デミオ、だ~~いぶ長い。フィットは万里の長城で、POLO やロードスターはもう論外。(笑)

 「ちゃんと走る」を求めて MINI Cooper にすると、これ、重いからターボの S を選ぶことになって、330 万円とかしちゃいます。妥協の車に 330 万円は、さすがにねぇ。(^_^;)

 悶々と車情報を見続ける毎日・・・ ちび助は乗る度に辟易が募る・・・
 仕様を何度見ても、POLO のノーズは宇宙の彼方にある。(笑)

 ふと知った情報。国産メーカーで、MINI 並に短くて、だいぶシャンと走る車があると。残念なことに安すぎるほどに安くて、要するにそういう作り・仕上げだともありましたが。

 すかさず見に行ったわけです。鈴木修さんちのスプラッシュです。そのとき話した営業氏が、玄関に立っていました。

  

 シビアな駐車場に実際に置いて試してみるために試乗車を持ってきてくれたのですが、残念なことに駐車場はこの状況。

   

 置いて試してみるのは次回に持ち越しとして、家の周りを@@と、30 分ほどの試乗となりました。

 その印象。いいんじゃないでしょうか♪

 車をサブの立場に落とすとき、これくらい走ってくれればいいや、そう思った「これくらい」よりちょっといいくらい。
 足がフニャついていずしっかりで、ストロークがあって、それが節度ある動き方で、リアもちゃんと路面をつかんでいるし。右に左に、自在にきびきびと動かせましたですよ♪ ブレーキも、思ったよりいい。

 サスペンションは要するに固いということですけど、取り付け部とボディがガッチリしているからでしょうか、短く強い入力を「不快な突き上げ」に感じにくいです。突入ショックを上手にいなしていると思いました。
 オペルに兄弟車があって、ボディはオペル規格、もろに欧州車でしょう。友人はそう言うてました。

 ここまでになると、日中に家の周りで化けの皮を剥ぐ走り方をするのは難しい。いい♪としか感じられません。一生懸命に追い込もうとしたけど、前走車も多くて、なかなか。我がスイートスポットに入っていると感じてしまうハンドリング&ロードホールディングでした。

 このハンドリングで 124 万円? ちょっと異常じゃない?と。

 まぁ、なんつったってパワーがありませんしね。(^o^;) 町中ではたいした速度がでないから、馬脚を現しにくいだけかもしれません。立ち上がりでフロントが暴れるような動きも、やって見せられるわけがありませんし。(笑) アベレージが高いシーンで試してみないとね~。
 うねる路面を探して探して(笑)走って、ターン中にトーションビームらしい落ち着きを失う動きがチラリと顔をのぞかせてはいました。そうなると少しテールハッピーな傾向? 噂通り? 首都高速だとどうなるか・・・

 でも、ここはある程度で妥協しないと、4輪独立懸架を持つ唯一の小型車 MINI Cooper しかないということになります。そうすると本体 330 万円ですから。(^^;)
 「ある程度」が許せる範囲かどうか、レンタカーで試してみることにしました。

 とりあえず、少なくとも、町中では優等合格でした。

 装備のことでは、エアコンがマニュアルであるところなんか、今どきかえって面白くていいと思ってしまったですよ。(^_^)
 基本(走行性能)がダメだとショボイと感じてしまうようなところも、基本がしっかりしていると、面白さに転化するんですよね。ここも欧州車的。痘痕もエクボというやつです。(笑)

 マジャール スズキ、侮れず。もしかして名車の予感です。

  

 落ち着いて考えると、長時間乗ってみれば見えてくるアラもたくさんあるのでしょうね。

 気になったところは、着座位置がだいぶ高くて、足がきつくなるかもしれないところ。テレスコピックが無いので、そうなりそうな気配です。
 アームレストがオプションにも無いのも残念。長距離にも使うときがありますから。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

|

« 試乗車に揺れる心(1) | トップページ | HDD の分解廃棄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/49837346

この記事へのトラックバック一覧です: 試乗車に揺れる心(2):

« 試乗車に揺れる心(1) | トップページ | HDD の分解廃棄 »