« 国道 139 号、松姫峠 | トップページ | 家を出られない気温 »

2010.08.16

訃報に驚く

 niftyserve FCAR 時代からの知人が亡くなった報せが入りました。
 見て、えっ?えっ?えっ? 理解するのに時間を要したことは言うまでもありません。
 なんつったって、まだ 44 歳。亡くなる可能性が頭にあるわけないです。

 なんでも、昨日、自分が談合坂 SA で「どひゃ~!」とつぶやきながら吹き出る汗をぬぐっていたf(^O^;)ゞ 頃のようです。
 場所はその近く。相模湖側から大垂水峠へと自転車で登坂中に意識を失ったそうで。

 おぃおぃ、八王子側は 38 度をコンスタントに表示していたんだぞ。
 相模湖側だって、場所的にまだ 36 度表示だったエリアだぞ。(^^;;;

 何か思うところがあると、脇目を振らずにガァー!っと突進するタイプ。(だと思う) ガァー!っと走ってきて、ガァー!っと登って、休憩や水分補給をおろそかにしたのだろうか?
 そんなことを考えます。

 もしかしたら、予想外の気温だったのかもしれません。

 大月で降りるときには 33 度くらいまで落ちたけど、相模湖にさしかかるあたりではまだ 36 度表示だった。
 そんな中を逆方向に走ってきて、意表を突く気温上昇に気づかず休憩水分とらずにいたのではなかろうか?と。自分も気温計が壊れたと思ったくらいで、あれほどの高温だとは思わずにいましたから。
 まぁ、あれこれ推測していても仕方ないのですけどね。(^_^;)

 アスファルトの路面上は、気象庁発表の気温より格段に高くなることが普通。座って熱風を浴びているだけのバイクでも体への負担が大きいのだから、自分で動かす自転車はそうとうなものでしょう。
 自転車に乗る人は気をつけてくださいね。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

|

« 国道 139 号、松姫峠 | トップページ | 家を出られない気温 »

コメント

最近の気温は以上ですから他人ごとではないですね。
適度に休憩が必要なようですね。
知人の方のご冥福を祈ります。

投稿: たーさん | 2010.08.16 17:29

今日はもっと酷かったけど、昨日も東京圏はすごい高温でした。(^^;
東京圏と言うより、昨日は高井戸以西の多摩川流域となる内陸部。
彼が意識を失ったのは、そのエリアから高尾山を越えたところで、熱波の余波が十分に。

緑深い山間の雰囲気が始まるエリアとは言っても実はたいした標高がなくて、
低い大垂水峠の向こう側から熱波が襲ってきていたはずです。
緑の木陰でも 36度 くらいあったはずなんですよね。

親密にさせてもらってたというほどではなかったので、詳細な情報は入ってきません。
でも、ときどき会っていた頃の姿、そして彼の人となりがありありと目に浮かびます。
一途で純粋な人で。

彼のことだから、「なんのこれしき、へばってたまるか!」くらい考えながら休まず走り続けちゃったのじゃないか?と推測。(^^;

熱による負担や疲労って、慣れてくると気づきにくいのだな。そう思っていたところです。
(帰りの石川 PA で立ちゴケしそうになって、ダメージをはっきりと意識しました。)
意識して休憩をとって、キツイと思ったら「○○まで」と考えずにすぐ休んで、腹を下さない程度に飲みたいだけ飲む。

お互い、気をつけましょう。(^o^;)

投稿: ぽてち | 2010.08.16 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/49160892

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報に驚く:

« 国道 139 号、松姫峠 | トップページ | 家を出られない気温 »