« デスバレー ツーリング | トップページ | 国道 139 号、松姫峠 »

2010.08.16

赤ちゃん猫を保護

  

 赤ちゃん猫を保護しました。正確には、保護したのは斜め前の家の おねーちゃん(自分よりちょっと上)です。ぽてちの歳が歳・・・ 計算してはいけません。(爆) 自分にとってはいつまでも おねーちゃんです。v(^^;)

 ここ2,3週間、斜め前の家の方から赤ちゃん猫の鳴き声が聞こえてきていました。時おり、盛大に鳴いているのが聞こえます。
 昨晩は深夜まで眠れず、トップケースの手入れをしようと1Fの倉庫部屋へ降りた際にも強く鳴いているのが聞こえてきて、探索をする気になりました。
 深夜に強く響いて聞こえるということは、屋外に違いない。ということは、斜め前の家が飼い始めた猫という訳ではない。その状況で強く鳴くということは、何かを強く訴えているということだと、気になって。

 斜め前の家の車庫の奥、板で覆ってある棚のどこかに鳴き声の主がいると確信。
 紐でしばって板をくくりつけてあって、板をどけて探索することができません。
 50年以上のご近所さんとはいえ、夜中に勝手に板をガタガタやるわけにもいかない。

 時おり強く鳴けるということは、体力があるということ。十分ではなかったとしても、親猫が授乳をしているはず。半日を急ぐ状況ではなかろうと判断し、翌日に声をかけることにして、とりあえず退散。

   

 38 度の中を走る続けることになったツーリングに出かけるとき、出発準備を終えてから斜め前の家に声をかけてみました。
 車庫の奥の棚に子猫がいるらしいこと、気づいている?と。

 おねーちゃんが出てきて、やっぱり? 今朝も聞こえてきて、家と家の間の隙間から聞こえているのかと思っていたけど、うちの車庫なの?と。
 いっしょに探してみてくれと言うので、二人で探索開始。にゅ~という声が何度か聞こえてくるので間違いないと、紐をほどいて板をどけてみる。

 やっぱし!!! 全長 15cm くらいの赤ちゃん猫がへばっていました。

 生きているところからして、親猫が授乳させているとは思うのだけど、だいぶへばっています。そして、だいぶ薄汚れている。あまり面倒を見ていないようです。

 おねーちゃんは「○○先生に連れて行かないと!」と、前後の策を考え始める。様子を見に出てきた おばさんは おばさんらしく「○○くんはもう出かけちゃうの?」「おかーさんが猫を欲しがっていたよね?」とくらぁ。(^_^;)
 「いや、もう出かけるので・・・」と、バイバイキーン。(爆)

 うちの車庫じゃないも~ん。ヽ(^◇^;)ノ

 明日、どうなったか聞いてみよう。(^^;;;

  
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

|

« デスバレー ツーリング | トップページ | 国道 139 号、松姫峠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/49157043

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃん猫を保護:

« デスバレー ツーリング | トップページ | 国道 139 号、松姫峠 »