« 明日のスタンプ獲得ツーは中止 | トップページ | 宅内仮想露天風呂 »

2010.08.21

NEX vs Sky ACCESS

 成田? それってどこ?

 なんて言い出してもおかしくないくらい、海の向こうに縁がない ぽてち。海を渡ったのは、北海道1回と四国と九州それぞれ2回、そして伊豆大島1度くらいのもの。v(^^;)

 今回ももちろん、海の向こうに渡るわけでなく、単に往復してきただけ。> 成田空港

 行きは JR 東日本の成田エクスプレスに乗り、帰りは京成の新線スカイライナーに乗ってきました。
 バイク拭き掃除の際にぎっくり腰をやってしまったため、行き帰りとも確実に座れる指定席な特急を利用、ということです。腰を痛めた状態で K1300 GT のメインスタンドをかけるのは、それはそれはもう・・・ なんてことは別の話。(^^;)

 成田エクスプレス

 錦糸町から千葉まではいいですね。モーターのうなり方、車輪からの響きなどなど、かつて特急が特急らしく走った頃のような、迫力ある疾走ぶりでした。特急の停車駅がやたらと増えて通勤快速化しているご時世に、錦糸町に停まらず東京駅から千葉駅まで駆け抜けるところも好感です。
 実際に速い速い。(^o^) 錦糸町を通過して速度を上げ始めてから あっという間に新小岩を通過し、あっという間に江戸川を超えました。「うむ!、これぞ特急である!」と褒めてよい走りっぷり。かつてと同じに感じる迫力で、走行速度はかつてより 20 km/h くらい高くなっているのじゃないかしら。
 新型の車両はシートも悪くなく、幅がやや狭く感じることを除けば不満無し。Wireless Gate の AP を車内で使い続けられるところも好感。2度目3度目になれば、走りっぷりを楽しむより web で情報をあさっているのが現実的でしょう。

 いかんのは千葉から先。走りっぷりがだ~いぶ鈍りました。成田駅の手前からはかなりお粗末で、それが空港直結の新線に入るまで続きます。最後の2分間だけ、再び力走。
 おかげで東京駅から空港第2ビル駅まで 54分間もかかります。昔と比べれば格段によいのでしょうが、もし続けて6時間も半日も飛行機に乗るのであれば、飛行場まではもっと短くあって欲しい。自分のように必要に迫られて飛行場に行くだけであれば、やはりもっと簡単に、かつ短い時間でたどり着きたい。

 やっぱり成田空港は遠いこと。そして、JR になってから在来線は通勤電車のチューニング レベル改良ばかりで抜本的な速度向上策を講じてこなかったこと、再認識しました。


 Sky ACCESS 線 スカイライナー

 やはり在来線規格でシート幅が狭いと感じるものの、新しい車輌は気持ちよい♪ そして新線部分は良いですね~。まるで新幹線のような響きを聞かせながら、文字通り疾走!
 160 km/h 運転にもなると、風切り音、車輪からの響き、空調の響きがあい混じって新幹線に乗っているような錯覚を起こします。速い!!!

 あの速度、そして安定した走りっぷり。日本にやってきた外人さんに、日本の技術と精緻な社会インフラ運行感心してもらえるかもしれません。「じゃっぱ~ん! しんかんせ~ん♪(←これ、勘違いね) わんだふぉ~♪(^O^)」ってなもので。
 岐阜とか豊橋あたりのホームで 300 km/h 通過する のぞみ を見て「きゃあぁあぁ~~♪」と叫びながら飛び跳ねて喜ぶ外人さんの映像を見たことあるのですが、その姿が頭に浮かびました。(こういうのって、理屈抜きの日本ファンを生むと思う。(笑))

 追記:これ

 京成は新幹線と同じ標準軌だから、素質は高いんですよね。ちゃんとした線路とちゃんとした車両を作れば、160km/h 運転くらい楽勝のはず。実際に、新線の部分がそうでした。

 北総線の通常運行部分に入ると、ガタッと速度を落とします。掘り割りの中を走る部分で、たぶん 130 km/h か 120 km/h じゃないかと。JR 在来線の特急より速く感じたから、それくらいかと。
 これがずっと続けばまだいいのだけど、掘り割りでなくなる新鎌ヶ谷あたりから、もう一段の速度ダウン。それが JR 在来線の特急くらいのペース。最初の驚きが「なぁ~んだって感じに。(^^;
 新柴又の手前、江戸川を超えながらどんどん速度ダウンして、江戸川を超えたら、その先は・・・ いわゆる京成電車でした。(^^;;;

 矢切あたりから大深度地下鉄にして、少なくとも 80 km/h 運転は維持しながら真っ直ぐ東京駅まで持って行って、そのまま羽田へつなげてしまいなさいってば!(^◇^;)
 でないと不便で、少なくとも うちからの行き帰りに使う気にならんぞな。(^_^;)


 腰痛だったため、D40 を持って行く気になれず写真無し。(^^;
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

|

« 明日のスタンプ獲得ツーは中止 | トップページ | 宅内仮想露天風呂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85522/49205159

この記事へのトラックバック一覧です: NEX vs Sky ACCESS:

« 明日のスタンプ獲得ツーは中止 | トップページ | 宅内仮想露天風呂 »