« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.31

標準スクリーンに交換してみた

 日曜日に房総半島へ出かける直前に、ラージサイズ スクリーンから標準のスクリーンへ交換してみました。
 ねらいは体にあたる走行風を少し増やすこと。冬期の逆ですね。

 出がけにばたばたと作業したので写真なし。(^^; ねじを6本外してスクリーンを換えて、6本締め込むだけ。
 作業上の注意点だと思ったことは3点。

 一つ、スクリーンを地面に落とさないこと。
 一つ、左右のステーの間をつなぐ形になるブラケットを落とさないこと。(落とした(爆))
 一つ、適切な力でねじを締め込むこと。

 最初のことについて、ディーラーで営業さんがやっている作業を見ていて、慎重に扱っている姿を覚えていました。CB1300 SB のとき落として傷をつけたなんてこともあったし。f(^^;)
 二つ目のことについて、思い出すと営業さんの作業でもやっていたような気がするのだけど、忘れていました。ひっかかっているだけだったのねん。カシャーン☆、カラン、カランとなって、あちゃ~。(^^;;; 幸い、目に見える部分に傷や塗装はげはありませんでした。見えないところにはできたわけなんですが。
 三つ目は、慣れている人ならトルク レンチを使うほどのことはないでしょう。走行風の大きな力がかかる部分ですから振動で緩まぬように、かと言って締め込み過ぎぬように、適切に。


 サイズの違い方からして、少しの違いであることが予測できます。ラージサイズで納車されて、標準スクリーンは箱で渡されていたので比較したことがありません。スクリーン2枚を重ねてみると、発注時に聞いたとおりトップの部分が5cm ほど違うのみ


 一番下げた状態で高速道路を走ってみると、なるほど、胸にあたる風が若干違います。ラージだと鎖骨の下からに感じるのが、標準だと胸の中程からあたる感じ。
 たいした違いではないですけどね。いつもは風切り音低減のためにスクリーンを上げている高速道路でも下げて走ろうと思うくらい気温が高いとき、少しでも多い方が少しは楽に感じる。それくらいかしら。胸部プロテクターを着込んでいるので、その程度の違いに感じるのかもしれません。

 前の記事に書いたと思いますが、外気温計が 34 度以上になると、スクリーンを上げて熱風が体にあたらないようにした方が楽でした。

君津 PA(34度)   

 一番上にあげて走ったときも残る五月蠅い風の音。これは増えると嫌なものなんですが、変わりませんでした。ラージで鼻から上にあたっていた風が、標準では口から上になっただけといった印象です。
 もし雨に降られた場合、体に直接あたる雨は、首や肩にあたる雨が若干違うかも。それくらいです。

 ということは、自分の場合、標準と純正ラージの違いは、ほとんど無いのですね。(^^;;;

 でも、真夏は標準のスクリーンがよさそうです。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村  
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.29

房総半島ツーリング

 例によって寝坊して出発が遅くなっちゃったから、草津とか美ヶ原とか、無理。(^^;
 でも、貴重な休日、それも晴れだもの。ということで、お昼から房総半島を目指しました。

 思いだして出がけにディーラーへ寄る。クラッチ レリーズ シリンダーをとめる4本ネジのうち1本が無くなっていて、仮ネジで止めておいたところ。その場で純正のネジにしてもらえました。

 ついでにドレンボルト ワッシャーとオイルフィルターを購入。1回遊んでみるつもりです。フィルターレンチを手配しないとなりません。14 角の 74 mm だったかな?
 工場長さんから「ブラケットをとめてるこのボルト、なめやすいから気をつけて」と、アドバイスもいただけました。どうもです~m(__)m (← もし見てたら用)

 ディーラーを後にして、首都高速に乗る。湾岸線では 36 度です。アクアラインのトンネル入り口、32 度。出口近く、36 度。橋の上では 31 度。気持ちよい! 31 度が気持ちよいだなんて、何かが壊れてますね。(笑)
 その後、富津館山道で 34 度くらいの中を走っていて気づきました。33.5 度を超えると、スクリーンを上げて熱風を避けた方が楽。(^^;;;

 第一の目的地。木村ピーナッツ

  館山市下真倉 236-3
 Nikon D3,AF-S VR 24-120mm F3.5-5.6G

 ピーナッツを買って、ピーナッツ ソフトを食べる♪

   

 ピーナッツの味と香りが濃厚で めっちゃめちゃ美味しかった♪のだけど、気温が高すぎてあっという間に溶けてタレてきて、大変々々。(^^;

 この後は第二の目的地。南房パラダイス
 目当てはもちろんスタンプです。(^_^) ここの写真は無し。

 暑さにだいぶ疲れてきていたけど、第三の目的地を目指す。勝浦へ。R128 をひたすら東進しました。
 だいぶ暑さバテしていたのと、夕刻となってしまって目当てのお店が閉まっている可能性が高くなってきたのとで逡巡しながらも、やっぱり東進。途中、興津で旧道に入り込んで、休憩をとりました。

   

 あきらめて帰ろうか? そう思いながらツーリング マップルを見ると、勝浦までもう少し。目当ての店を目指すことにしました。
 夕闇迫る中、勝浦の町中を探して走り回って発見♪ 第三の目的地、しぎ商店

  

 閉店ぎりぎりの雰囲気でした。間に合ってよかった。(^^;

 鰺の開きを6枚買いました。中サイズ3枚、大サイズ3枚。中サイズが 130円/枚で、大サイズが 150円/枚でした。だいぶ安いのねん。
 大きさの割には安かったからなのか、うちの猫はあまり喜びませんでした。(^^;;; 焼いた相棒曰く、脂が少ないかな? なるほど・・・ 真夏だものねぇ。

 ここで 18 時。帰路につく。R297 → 牛久 → R409 → R410 → 木更津東 IC → アクアライン → 首都高速 → 箱崎 → 下道

 給油して帰り着いたのは 20 時 20 分。オドメーターが 7,000 km を超えました。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村  
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.27

見た目はいいからさ

 サスペンションを、少しは改善したのだろうか?
 http://www.honda.co.jp/LIFE/new/

 いいとこ前二人乗り。荷物は買い物袋3つ4つ程度。
 それが実際の使用シーンのほとんどでしょう。3人4人が乗るなんて、ほとんどない。

 もし、その前提でセットしたバネ&ダンパーに変えていたら(特にリア)、ちび助のを換装したいかも。
 高速道路で横風を受けたり路面のうねりがあったり山岳部だとダメダメなのはボディの形状と重心の高さとジオメトリーそのものが主な要因だろうから、変わらない。どころか余計に酷くなるだろうけど、少なくとも、主用途になっている買い物の苦痛は減るですよ。
 そうしたら、半年で 700 km 900 km の走行距離が、もうちょっと増えるかもしれない。

 いずれにせよ、あの車体&サスペンションには、動力性能が高すぎの車っす。アクティバンなら動力性能の使いどころが見た目でわかるけど、乗用車風であの動力性能は危ないっす。
 カタログ値をきっちり出してしまうホンダだと、カタログ値を2割5分引きしたくらいがちょうどいいでしょう。

| | コメント (0)

2010.08.25

秋冬への展望

 蝉の声がだいぶ聞こえるようになってきたけど、まだまだ盛夏な暑さですね。油蝉の声が中心であるあたりからも、まだ晩夏に至っていないことが感じられます。
 でも、早いもので、雑誌を見ると秋冬モノ衣類の紹介がもう始まっているですよ。(^o^;)

 冬の衣類・装備について、今年は購入の予定が特にありません。本来であれば長い年月をかけて徐々に揃えてくるべき衣類・装備類を、たった2年の間に試行錯誤しながらあれこれと山ほど買い込んできて、ようやく揃った感じ。
 相棒曰く、ここまできて やっぱり車がいいと言い出して、バイクをやめられたらたまらん。そりゃそうだ。(笑) そして相棒曰く、車を買うお金はもう無い。・・・そうだね。(^^;;;

 冬の装備としては、寒風でケンケン☆と咳き込むことがホンダの本格ジャケットでだいぶ改善し、外ももが寒くて風邪っぽく感じてしまうことも、ホンダのパンツでなくなりました。そこでバイクが K1300 GT になって、問題なし!といったところまで解決
 外気温 2.5 度でもカウルの整流効果で指先が思ったより冷え込まなかったし、首回りと足首の冷たさについては対策品を導入済みです。
 大柄なカウルとスクリーンの威力ですよね。さすが、寒冷なドイツの産だけある。

 頭に唯一あることは、純正ラージより大きなスクリーンの導入。かつてコメントをいただいた わぉさんが導入しているらしいやつです。走っていて欲しいと思い出すのは 12月後半からでしょう。ま、追々考えます。

 こんどの秋冬は、太平洋側の天候が安定する 11月~1月初旬に頑張ってみようと思っています。見たことない景色をどれほど見に出られるか、体力と気力の勝負になりますね。平日に睡眠不足をため込まない努力も必要でしょう。
 方面としては、やはり太平洋沿いに西の方へ、と考えています。天候が安定しているだけでなく、低温による雪や路面凍結の恐れが少ない方面ですから。

 自走式カメラバッグをと考えたバイク導入当初の趣旨に立ち返って、DSR 2台と三脚を積んで房総半島うろうろも、こんどの秋冬は積極的にやりたいな。(^_^)

 なん~て、まだ盛夏の暑さの中、雑誌に触発されて秋冬のことを考えてみるのでした。

 (714kb) 08年11月
 Nikon D3,AF-S VR 70-300mm F3.5-5.6G
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村  
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.23

腰痛と下カウル外し

 日曜日になればバイクに乗れるくらい回復するか? と期待して、期待に終わり。(^^;)

 時どき訪れる商店街の近くにあるベーカリー カフェへ、ちび助を引っぱり出してアイスコーヒーを飲みに行っただけとなりました。

  

 あ、晩ご飯でやっぱり商店街近くのデニーズへ。かつ丼を食べに行ったらかつ丼が無くなっていて、ガッカリな夕食をしに外出もしたですよ。(^_^)

 1週間前のバイク拭き掃除の際、正確には拭き掃除の準備中に、ちょっと前屈みになったらやってきました。(^^; > ぎっくり腰
 倒れたバイクを無造作に起こそうとして二十歳のときに痛めて以来、年に1度か2年に1度くらいの頻度でやってきます。なんと、バイク由来なんですね。v(^^;) たいていは1週間ほどで収まります。が、今回は1週間を過ぎてもぐずぐず・・・です。(^_^;)

 15日に松姫峠へ涼みに出かけるとき、センタースタンドから下ろそうとして、ちょびっと嫌な感触があったんですよね~。原因はたぶん、ゴロゴロしていた 13,14日の二日間。布団にうつぶせ姿勢で PC いじりは良くないようです。そして、帰ってからの拭き掃除は用心して先延ばしすればよかったのに。

 なのに先延ばしどころか、腰が痛い☆と呻きつつ、折りたたみ椅子に座って拭き掃除を敢行。あげ句の果てにはフロント フェンダーを外して内側を洗ってみたり、アンダー カウルを外して洗ってみたり、んなことまで。(^^;)

 アンダー カウルを外してみたことで、少々の収穫がありました。たくさんのネジを丁寧に緩める面倒はあるけど、難解なはめ込み固定は無く、ネジの他は2カ所のブラケットへの引っかけを外すだけ。案外に簡単に取り外せることが判明しました。
(ここらへん、製造コストと整備性に関する設計思想ですよね~。K1300 GT はネジが多く感じます。似たような車種の国産車だとネジが少なくて、代わりにはめ込みで固定している部分を多く持つと思います。)

 そして、アンダー カウルを外せばオイルフィルターの交換を DIY でできそうに感じたこと。アンダー カウルを外したまま走ったら右足首への熱風がどうなるか、やる気になれば、そんなお試しお遊びもできそうだとわかったこと。

 フロント フェンダー外しについては特に収穫なし。フロントサスペンションを、裏側まできちんと拭き掃除できたことくらいが収穫かしら。

 ブレーキ キャリパーが brembo 製品であることは、以前から気づいていました。キャリパーの裏側に、色分けせず黒塗装のまま brembo の文字が浮き出ているんですよね。
 brembo なんか使うとその分だけ高くなる。却下!却下! 国産で通常の量産車作りであれば、そうなるのが普通じゃないかしら。だけど、疲れずタフなブレーキのありがたみを考えたら、多少は高くても高品位なブレーキの採用は大いにありがたいことです。こういうパーツを市販の適合品に交換するのって、だいぶ敷居が高いことですからね。

 次の掃除の機会には、キャリパー周りを洗車ブラシで洗ってみようと思います。v(^_^)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村  
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.08.22

手のひらの上で動く みゅ~

 うちの猫を猫医者に連れてって診てもらった際に、斜め前のおうちの おねーちゃんが保護した猫のことを訊いてみました。
 そしたら、見せるよ!とのことで、本当にちっこいのを2つ、我が手のひらの上に。

 2つとも同時に我が手のひらの上みゅ~ みゅ~ と小さな声をたてながらもぞもぞ。それくらい小さな赤ちゃんです。

 1匹でなく、2匹とも医院で預かっていたのですね。医院は真に困っているらしく、先に見つけた元気な方は おねーちゃんが飼うと言っているから、瀕死だったもう1つの方をもらってくれないか?と。(^^;

 相棒が実物を見たら欲しがるかな?とか考えながら医院に行ったわけなのですが、相棒は冷静。「みゅ~っと、小さな声で、もぞもぞ動いていたよね。みゅ~って」と、帰宅後にもその後も、自分が何度も繰り返し・・・ (爆)

 う~ん・・・ う~ん・・・ う~ん・・・ う~ん・・・ (^^;;;;;;;;;;;;;;;

 う~ん・・・ う~ん・・・ う~ん・・・ う~ん・・・ (^^;;;;;;;;;;;;;;;

 う~ん・・・ う~ん・・・ う~ん・・・ う~ん・・・ (^^;;;;;;;;;;;;;;;

 給餌・・・ ンチをさせる刺激与え・・・ 面倒をみてあげられないんだよなぁ。(^^;;;
 今の猫が面倒を見られるわけがないし。(^◇^;)

 専業主夫になりたい。(木亥火暴)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村  
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.21

宅内仮想露天風呂

 風呂の窓を開け、風呂の入り口に扇風機を微風で、風が通り抜けるようにセット。

 くつろぎアイテムをセット♪ そして PC 小部屋から、'89年の New Year Concert(大好きだった Carlos Kleiber)が微かに聞こえてくる。

  
 Nikon D40,AF-S DX 18-55mm F3.5-5.6G VR

 のぼせずに済んで、長い時間浸かれる。だぁ~!!っとつぶやくリラックス♪

 擬似的に露天風呂が実現できました。(^o^)


 猫医者に行っただけで、家を一歩も出られなかったから。んま、気持ちだけ草津へ。(笑)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEX vs Sky ACCESS

 成田? それってどこ?

 なんて言い出してもおかしくないくらい、海の向こうに縁がない ぽてち。海を渡ったのは、北海道1回と四国と九州それぞれ2回、そして伊豆大島1度くらいのもの。v(^^;)

 今回ももちろん、海の向こうに渡るわけでなく、単に往復してきただけ。> 成田空港

 行きは JR 東日本の成田エクスプレスに乗り、帰りは京成の新線スカイライナーに乗ってきました。
 バイク拭き掃除の際にぎっくり腰をやってしまったため、行き帰りとも確実に座れる指定席な特急を利用、ということです。腰を痛めた状態で K1300 GT のメインスタンドをかけるのは、それはそれはもう・・・ なんてことは別の話。(^^;)

 成田エクスプレス

 錦糸町から千葉まではいいですね。モーターのうなり方、車輪からの響きなどなど、かつて特急が特急らしく走った頃のような、迫力ある疾走ぶりでした。特急の停車駅がやたらと増えて通勤快速化しているご時世に、錦糸町に停まらず東京駅から千葉駅まで駆け抜けるところも好感です。
 実際に速い速い。(^o^) 錦糸町を通過して速度を上げ始めてから あっという間に新小岩を通過し、あっという間に江戸川を超えました。「うむ!、これぞ特急である!」と褒めてよい走りっぷり。かつてと同じに感じる迫力で、走行速度はかつてより 20 km/h くらい高くなっているのじゃないかしら。
 新型の車両はシートも悪くなく、幅がやや狭く感じることを除けば不満無し。Wireless Gate の AP を車内で使い続けられるところも好感。2度目3度目になれば、走りっぷりを楽しむより web で情報をあさっているのが現実的でしょう。

 いかんのは千葉から先。走りっぷりがだ~いぶ鈍りました。成田駅の手前からはかなりお粗末で、それが空港直結の新線に入るまで続きます。最後の2分間だけ、再び力走。
 おかげで東京駅から空港第2ビル駅まで 54分間もかかります。昔と比べれば格段によいのでしょうが、もし続けて6時間も半日も飛行機に乗るのであれば、飛行場まではもっと短くあって欲しい。自分のように必要に迫られて飛行場に行くだけであれば、やはりもっと簡単に、かつ短い時間でたどり着きたい。

 やっぱり成田空港は遠いこと。そして、JR になってから在来線は通勤電車のチューニング レベル改良ばかりで抜本的な速度向上策を講じてこなかったこと、再認識しました。


 Sky ACCESS 線 スカイライナー

 やはり在来線規格でシート幅が狭いと感じるものの、新しい車輌は気持ちよい♪ そして新線部分は良いですね~。まるで新幹線のような響きを聞かせながら、文字通り疾走!
 160 km/h 運転にもなると、風切り音、車輪からの響き、空調の響きがあい混じって新幹線に乗っているような錯覚を起こします。速い!!!

 あの速度、そして安定した走りっぷり。日本にやってきた外人さんに、日本の技術と精緻な社会インフラ運行感心してもらえるかもしれません。「じゃっぱ~ん! しんかんせ~ん♪(←これ、勘違いね) わんだふぉ~♪(^O^)」ってなもので。
 岐阜とか豊橋あたりのホームで 300 km/h 通過する のぞみ を見て「きゃあぁあぁ~~♪」と叫びながら飛び跳ねて喜ぶ外人さんの映像を見たことあるのですが、その姿が頭に浮かびました。(こういうのって、理屈抜きの日本ファンを生むと思う。(笑))

 追記:これ

 京成は新幹線と同じ標準軌だから、素質は高いんですよね。ちゃんとした線路とちゃんとした車両を作れば、160km/h 運転くらい楽勝のはず。実際に、新線の部分がそうでした。

 北総線の通常運行部分に入ると、ガタッと速度を落とします。掘り割りの中を走る部分で、たぶん 130 km/h か 120 km/h じゃないかと。JR 在来線の特急より速く感じたから、それくらいかと。
 これがずっと続けばまだいいのだけど、掘り割りでなくなる新鎌ヶ谷あたりから、もう一段の速度ダウン。それが JR 在来線の特急くらいのペース。最初の驚きが「なぁ~んだって感じに。(^^;
 新柴又の手前、江戸川を超えながらどんどん速度ダウンして、江戸川を超えたら、その先は・・・ いわゆる京成電車でした。(^^;;;

 矢切あたりから大深度地下鉄にして、少なくとも 80 km/h 運転は維持しながら真っ直ぐ東京駅まで持って行って、そのまま羽田へつなげてしまいなさいってば!(^◇^;)
 でないと不便で、少なくとも うちからの行き帰りに使う気にならんぞな。(^_^;)


 腰痛だったため、D40 を持って行く気になれず写真無し。(^^;
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日のスタンプ獲得ツーは中止

 猫を医者に連れてくことになりました。口内炎の臭いがひどくなってきて。
 酷い目にあって歯の根をほじほじしてもらったのに、効果なしか~。(^^;

 家に帰ってくる頃には気温が上がっていて、でかける気になれないこと間違いなし。(^^;;;

 拭き掃除して間もないし、ま、いいか。気が向いたらプレクサスでもかけよう♪
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.17

赤ちゃん猫のその後

 医者につれて行ったところ、ミルクを与えれば大丈夫とのことで、連れて帰ってきてミルクを与えているそうです。
 飲むそばから排泄して、たいへんだそうな。赤ちゃんですからね~。(^o^)

 んで、医者に行く前に、気になって車庫の奥の棚をもう一度探してみたそうな。
 そしたら、もう一匹でてきたそうな。奥に落ちていたとか。
 こちらは重傷で、緊急入院相当となって医院で預かってもらっているそうです。

 気づかなかった~。状況からして、一匹に違いないと思ってしまったです。(^_^;)

 日曜日に汚したバイクをちょびっと拭き掃除しているとき、出てきた おばさんに聞いたわけなのですが、おばさんがたいへんたいへん
 保健所に連れてって殺処分してもらえと言ったけど おねーちゃんが聞かないとか、医院にいる方も医者が見切って助命措置をしないでくれればいいとか、いることを教えてくれなければよかったとか。

 そうは言われても、教えなければ教えないで、死んで腐って悪臭を放つようになってから「だいぶ臭ってるけど、気づいてる? 子猫の声がしていたことも気づいてなかった?」と話すことになるわけで。
 そのときゃそのときで「なんで教えてくれなかった」と言うのが見え見えですから。(^_^;)

 うちで引き取れればいいのですけどね~。下にも置かぬ接遇ぶりには自信があるし。(笑)

 ただ、猫が自由に出入りできない構造の家になってしまって、打つ手がなく、飼えないのです。自由に出入りできない状況で飼う気には、絶対になれません。なぜか信念に近いものがあります。
 今いる猫は、自由に出入りできる構造だった頃からの飼い猫です。構造が変わってから、飼い主だった親父が生きているうちは、夜中でも親父が鳴き声に敏感に反応して入れてやっていた。だから半自由で、許容範囲でした。

 その後いろいろあって うちの子にして、あれこれの変遷を経て、外に出さない座敷猫になりましたけどね。外に出せないこと、今でも忸怩たる思いがあります。
 んなわけで、うちで引き取ることはできないのですね。

 たぶん、医院に預けている方は、もし助かれば、医院でもらい手を探してくれるのじゃないかしら。うちの猫を緊急手術してもらったときの待ち時間に、手のひらに載る小さな猫を2つも出してきて、ほぃ♪と我が手の上に。
 おねーちゃん先生曰く、人間の愛情を味わせてやって欲しい。だけど、こちらの反応を見ていたに違いない!(笑)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家を出られない気温

  

 東京から一番近い緑色はどこ? 奥日光湯元こそが、そこ。さすがです。菅平でも 25.8 度だというのに。

 そして、外の気温がどんどん上がってきて、窓から熱風が吹き込む我が家の状況。

  玄関の前

 ベランダに出てみた猫が、@っとUターン。「おねーちゃん、エアコンが利いている寝室に戻ろうよ」「おねーちゃん、着いてきている?」「ちゃんと着いてきている?」といった風に何度も立ち止まって後ろを振り返り、何度も相棒を見上げながらトコトコと寝室へ。

 エアコンを入れていない居間、ヤバイから窓を閉めました。(笑)

 んで、こう暑いと、25 度を切る緑色まで涼みに行きたくなってきます

 んが、しか~し。ぽてちは気づいた!

 昨日の状況を思い出すまでもなく、たぶん、高速道路上はまた 37~38 度でしょう。家を出てから緑色に到着するまでの何時間かと、帰る道中の何時間か。
 すなわち外出している大半の時間を、36 度超えの熱風を浴びて、さらには股下からの輻射熱に炙られながら走り続けることになるんですね。(^^;;;;;

 全身汗だくとなって到着して、いいわ~♪と小一時間。そして再び高温槽へ

玄関の間、12分後   

 いかん! こういうときバイクで涼みに行こうとしてはダメっす! (^◇^;)

 と、自分を言い聞かせる。(^^; でないと、「どぇ~!」「しむぅ~!」と言いながら全身汗だくになるバイク外出をまたやってしまうに違いない。(^^;;;

  何かが狂ってます(笑)

 頭ではわかっている・・・ 猫と寝室に避難しているか、会社にいるのがベストだと。(^^;

 外出するなら、せめて車ですね。ロングでも使えるちゃんとしたシートとサスペンションを持ったまともな車高の小さな小さな車。そういう車が出ないかな~。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.16

訃報に驚く

 niftyserve FCAR 時代からの知人が亡くなった報せが入りました。
 見て、えっ?えっ?えっ? 理解するのに時間を要したことは言うまでもありません。
 なんつったって、まだ 44 歳。亡くなる可能性が頭にあるわけないです。

 なんでも、昨日、自分が談合坂 SA で「どひゃ~!」とつぶやきながら吹き出る汗をぬぐっていたf(^O^;)ゞ 頃のようです。
 場所はその近く。相模湖側から大垂水峠へと自転車で登坂中に意識を失ったそうで。

 おぃおぃ、八王子側は 38 度をコンスタントに表示していたんだぞ。
 相模湖側だって、場所的にまだ 36 度表示だったエリアだぞ。(^^;;;

 何か思うところがあると、脇目を振らずにガァー!っと突進するタイプ。(だと思う) ガァー!っと走ってきて、ガァー!っと登って、休憩や水分補給をおろそかにしたのだろうか?
 そんなことを考えます。

 もしかしたら、予想外の気温だったのかもしれません。

 大月で降りるときには 33 度くらいまで落ちたけど、相模湖にさしかかるあたりではまだ 36 度表示だった。
 そんな中を逆方向に走ってきて、意表を突く気温上昇に気づかず休憩水分とらずにいたのではなかろうか?と。自分も気温計が壊れたと思ったくらいで、あれほどの高温だとは思わずにいましたから。
 まぁ、あれこれ推測していても仕方ないのですけどね。(^_^;)

 アスファルトの路面上は、気象庁発表の気温より格段に高くなることが普通。座って熱風を浴びているだけのバイクでも体への負担が大きいのだから、自分で動かす自転車はそうとうなものでしょう。
 自転車に乗る人は気をつけてくださいね。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国道 139 号、松姫峠

  深城ダム

 ダムができるより昔は小金沢渓流釣り場があったあたり。だと思います。

 ちょうどここらへんの道は、かつて、なぜか峠の上の方より道が不出来でした。舗装はされていても山深い林道のように細くクネクネで、すれ違いがたいへんに困難。路面もけっこう荒れていたし、水びしゃガタピシの隧道があったり、冬期通行止めのゲートがあったり、秘境の雰囲気すら漂っていたものでした。
 そんなところに渓流釣り場と、一軒宿。渓流釣りの人が泊まるのかな?と、通るたびに考えたものです。
 釣り場を過ぎて、いつも開いているゲートと隧道を超えると、いよいよ本格的に標高を上げていきます。

 初めて通ったのは中学2年のとき。もう 35年近く前です。我が家にマイカーが導入されて、初めて迎えた GW のことでした。
 おやじに連れられて渓流釣り。小金沢釣り場よりずっと下流ですけどね。釣りは坊主で、断念して峠越えのドライブをしたことが鮮明に記憶に残ってます。

 その後、免許を取ってからすぐにレンタカーで再訪。まだほとんど変わっていなかったと思います。20年ほど前のこと。
 ときどき訪れて、飽きて行かなくなって・・・ いつの間にかダムができて、素晴らしい道になっていました。

 峠のてっぺんは標高 1247m くらいのようです。数値がふらふら変わっていたのだけど、見ていると 1247m と判断するのが良さ気でした。

松姫峠最上部にて   

 そして、めちゃめちゃ暑かった日曜日の夕刻 に 25.5 度。下界が 35 度超えであったことを思えば、涼しいといえば涼しいところです。
 ただまぁ、暑がりの自分が扇風機なしで快適に感じるか?と言うと、微妙なところ。奥日光湯元みたいに離れがたく思うほどには感じない。かつて同じ時期の夜中に行ったこともありますが、同様に、微妙な涼しさでした。記憶が正しければ、夜中でももっと高い気温だったと思います。

  松姫峠最上部

 道の混雑がなければ家からわずか2時間で行ける、一番涼しいところだと思います。でも、もう2度か3度、低いといいのですけどね~。(^^;)
 さらに、E MOBILE のエリア内だともっといい。(笑)

   

 この後、先日の記事に書いた「地方は道路整備がガンガン!進んでいる」を再び実感
 小菅村で右折して、走りやすくなった国道 139 号をさらに進むと・・・ 東京都に入った途端に道が狭くなります
 おぃおぃ、天下の首都府だってのに、東京都ってばさ。(^^;) と思った瞬間に考え直す。これって国道だもの。山梨県の道路整備に国が優先してお金を回しているのでしょう。

 東京都選出の国会議員に、もっと頑張ってもらわないとなりませんね。東京にも予算を取ってくるように。
 土曜日に走った中央線沿線エリアの道路状況なんて、お粗末な限り。他にもテコ入れが必要なところが山ほどあるんだから。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃん猫を保護

  

 赤ちゃん猫を保護しました。正確には、保護したのは斜め前の家の おねーちゃん(自分よりちょっと上)です。ぽてちの歳が歳・・・ 計算してはいけません。(爆) 自分にとってはいつまでも おねーちゃんです。v(^^;)

 ここ2,3週間、斜め前の家の方から赤ちゃん猫の鳴き声が聞こえてきていました。時おり、盛大に鳴いているのが聞こえます。
 昨晩は深夜まで眠れず、トップケースの手入れをしようと1Fの倉庫部屋へ降りた際にも強く鳴いているのが聞こえてきて、探索をする気になりました。
 深夜に強く響いて聞こえるということは、屋外に違いない。ということは、斜め前の家が飼い始めた猫という訳ではない。その状況で強く鳴くということは、何かを強く訴えているということだと、気になって。

 斜め前の家の車庫の奥、板で覆ってある棚のどこかに鳴き声の主がいると確信。
 紐でしばって板をくくりつけてあって、板をどけて探索することができません。
 50年以上のご近所さんとはいえ、夜中に勝手に板をガタガタやるわけにもいかない。

 時おり強く鳴けるということは、体力があるということ。十分ではなかったとしても、親猫が授乳をしているはず。半日を急ぐ状況ではなかろうと判断し、翌日に声をかけることにして、とりあえず退散。

   

 38 度の中を走る続けることになったツーリングに出かけるとき、出発準備を終えてから斜め前の家に声をかけてみました。
 車庫の奥の棚に子猫がいるらしいこと、気づいている?と。

 おねーちゃんが出てきて、やっぱり? 今朝も聞こえてきて、家と家の間の隙間から聞こえているのかと思っていたけど、うちの車庫なの?と。
 いっしょに探してみてくれと言うので、二人で探索開始。にゅ~という声が何度か聞こえてくるので間違いないと、紐をほどいて板をどけてみる。

 やっぱし!!! 全長 15cm くらいの赤ちゃん猫がへばっていました。

 生きているところからして、親猫が授乳させているとは思うのだけど、だいぶへばっています。そして、だいぶ薄汚れている。あまり面倒を見ていないようです。

 おねーちゃんは「○○先生に連れて行かないと!」と、前後の策を考え始める。様子を見に出てきた おばさんは おばさんらしく「○○くんはもう出かけちゃうの?」「おかーさんが猫を欲しがっていたよね?」とくらぁ。(^_^;)
 「いや、もう出かけるので・・・」と、バイバイキーン。(爆)

 うちの車庫じゃないも~ん。ヽ(^◇^;)ノ

 明日、どうなったか聞いてみよう。(^^;;;

  
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

デスバレー ツーリング

 気温計が壊れていたわけじゃなかったのねん。ヽ(^◇^;)ノ
(気温計が 0.5 度くらい高く表示されるので、実際の気温は 0.5 引いてください。)

 今日の中央道、15時前後のこと。調布の先で 37.0 度を超えて、日野あたりで 38.0 度時おり 38.5 度を表示しながら八王子バリアを過ぎて、周りが山の雰囲気になるまで 38 度が続きました。
 石川 PA の手前では一瞬だけ 39 度を表示したという。(^_^;)

 気温計が壊れたのだと思いましたよ。(^^;;; 八王子バリアを超えたとき、ゲートの先で一時停止して気温センサーの取り付けをチェックしてみたくらい。こりゃ完全に壊れたわ(^_^;) と思ったです。
 首都高速4号線を走っているときも、高井戸の先で見たら 36 度とか表示されていて、いいかげんな気温計だな~と思ったです。(^^; 14時過ぎに家を出たとき 32.5 度だったから、いくら何でも 36 度を超えるなんてあり得ないと思ったので。

 実は壊れていなかったようで、今日の多摩川沿い内陸部は、デスバレー状態だったみたいです。

 その後も大月まで 33 ~ 34 度が続いていました。暑い日だったんですね~

 そして帰路もなかなかでしたよ。d(^o^) 18時過ぎの圏央道日の出 IC 、29.5 度。八王子 JCT、同じく 29.5 度。八王子バリア 34 度。石川 PA から高井戸までず~っと 34.5 度。高井戸から外苑まで 34 度。都心環状の千鳥ヶ淵トンネル、37.5 度。西神田で降りて 33.5 度。

 盆休み期間だけあって、都心部はマシなんですね。驚いた。(笑)

 涼みに出かけたつもりなのに、デスバレー的な高温を味わうために出かけたようなものだったわさ。(^▽^;)

  

 12.07L給油。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニーグリップ シートの効果

 ツーリングと言うほど時間を走らず半日未満で気軽に行ってこられる涼しく暇つぶしもできるところ。東京都心からだと、無いんですよね~。

 う~ん・・・ 日中でも涼しいところ・・・ 高峰高原。志賀草津道路の周辺。戦場ヶ原から金精峠の前後。ビーナスラインあたり。富士山の吉田口五合目。ぜんぶ遠くて時間がかかります。(^^;)
 日原の鍾乳洞は比較すれば近くてひじょーに涼しいけど(寒いけど)、長時間を過ごせるところではありません。

 けっきょく家でエアコンが効いた部屋にいるのがベストだなんて結論になって、バイクに乗れないじゃないですか。(^_^;)

 家にいるだけもなんだから。15時に起きてから、ニーグリップ シートのテストを兼ねて、ちょっとだけ出かけてきました。
 趣旨は2つ。ていじんさんのお昼寝ベンチ記事に触発されて、キャンプ用品店へ折りたたみベンチを見に行くこと。そして猫が気に入った猫缶の追加購入でした。正確には猫缶でなく、パウチですが。

 2つのキャンプ用品店に入って、小川キャンパルのアルミコンパクトベンチ 1923とコールマンの三折りベンチの、2つの折りたたみベンチを見ることができました。
 予想通り、109 cm は微妙。(^^; 座る布部分はもう少し短いですから、身長 187 cm ある ぽてちの場合、端にお尻を乗せて横になると頭がはみ出してしまう印象。
 112 cm で布地が端まであるロゴスのものなら、また印象が異なるかな? でも、厚みが倍になるんだよな。GT に積む方法も「こうしようがまとまっていないし、いつかどこかで実物を見られてからにしよう。そう思いつつ、猫缶へ。

  

 うちの猫は気に入ったのだけど、小魚がグロに見えて人気がないのかな?、これだけが他のものより2割ほど安かったのでした。らっき~♪

 近頃は食が細っていて、水分た~っぷりのものを好みます。固形分のほとんどを残すことも多々。贅沢になって水代わりに猫缶を要求されると、そのうち人間より食費がかかるのじゃないか?と。(^_^;)
 「だいぶよれよれだから、仕方ないよ」と甘やかしています。完治すれば楽になると、心を鬼にして歯の根をほじってもらったのに、完治していないし。

 そしてニーグリップ シートのことだいぶグリップします。もうちょっと緩くてよい?と感じるくらい。軽く触れているだけで引っかかりを感じます。(履いていたのはジーンズ)

 ポチ♪をしたときの意図。減速時の前滑りをしっかりしたニーグリップで防ぎ、なおかつニーグリップで下半身が車両と一体化して安定すれば腹筋・背筋で上体を支えられて、減速のたびに体重が腕にずっしりかかることを防げる

 そういうつもりでしたが、ゲルザブの変な装着で前滑りが解消し、ハンドル スペーサーで腕に体重がかかり続ける姿勢の前傾を解消しています。
 ちなみにハンドル スペーサーの効果はアップでなく、バックさせた効果です。アジャスタブルの位置を最下段にして、ノーマルの最上段とほぼ変わらないくらいの高さに抑えてあります。自分にはこれが良く、R's Gear のスペーサーに買い直していない理由もこれ。

 趣旨が異なることになったとはいえ、しっかりとしたニーグリップは車両との一体感が増します。交差点を曲がるとき、軽く触れて引っかかっているだけで載せられている感から乗っている感に変わりました。

 結論としては、「悪くないぞ♪、これ

 あとは見た目だな~。(^^; とりあえず打つ手は無し。(^^; 猫の顔型とか、いい型があれば切り抜く形を変えるのも手かな?と思いますが。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.13

間違い探し

 ニーグリップ シートを貼っていて気づきました。調べてみると、納車1時間後には正しくて、その6日後には間違った状態になっていました。

 並べるとすぐわかっちゃうのですけどね。左が間違い。右が臨時の手直し済み。
 さて、どこが間違っているのでしょう。(^o^)

    

 そ、クラッチ レリーズ ユニットの取り付けネジっす。こんな明瞭な間違いに、半年も気づかなかったのですね~。σ(^^;;;

 いかに洗車や点検をしていないかが、もろバレ。(爆) いや~ 時間&体力があれば乗るのに忙しくて!(笑)
 とりあえず、正しい状態の比較サンプルも、パーツリストも持たない素人だから仕方ないと言い訳しておきます。あまり言い訳にならない明瞭な間違いだけど。(^O^;)

 でも、それだけに思った。1ヶ月点検のときと、その後のオイル交換2度で、気づかないものかね~。特に1ヶ月点検のとき各部の確認&増し締めをしているんじゃなかったっけ? ちゃんと点検してくれているのかしら。心配になってきますね。(^_^;)

 納車時の組み立て作業不良に、やっぱりようやく気づいて、先週末にディーラーへ行ったとき手直ししてもらっています

 ・・・まぁいいや。追々考えます。

納車1時間後   

  納車6日後、2度目の出動
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリップ テープ シート貼り

 ポチ♪してからずっと放ったらかしだったグリップ テープ シートを、ようやく貼りました。

 ハンドル スペーサーをつけたりゲルザブの変な装着をしたおかげで、必要度は下がっているのですけどね。
 午後から用事があってツーに出るほどの時間もないし、いっちょやってみるべぇ♪と。

 こんなもんだべ。そう思うサイズに切る。15cm × 12cm にしてみた。

  

 写真ではわかりづらいのですけどね。だいぶザラついた表面です。

  

 貼ってみる。

  

 こりゃ大きすぎ~(^^; の目立ちすぎ~(^^;

 ということで、切り直して張り直し。15cm × 8cm にしてみました。

  

 こんな感じ。↑
 やっぱり無様で目立つけど、実用性重視ということで。(^^;)

 空気が入らないよう、指でぎゅ~っ!ぎゅ~っ!と圧していったら、なんと、指の皮がむけてしまいました。すごい摩擦です。(^_^;)

  

 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.12

電池はまだまだなのねん

 思ったより早く登録会員(無料)でなければ読めなくなってしまったので、リンクを貼っても なんだかだけど。http://bit.ly/aSrI7T

 要するに、走行環境によって電気自動車の航続距離が大きく変わるという内容の記事です。

 米国政府基準に依る公表値が 160 km でも、涼しい大草原で定速走行すれば 220 km にもなるし、夏の東京みたいなところで混雑の中を走れば 75 km がいいところだったり、高速道路の走行でも同様の距離だったり、と。(日産の電気自動車の数値らしいです)
 三菱の電気自動車で筑波あたりを@@遊ぶと 40 km くらいで終わりらしい。サーキットでなくてもガンガン走らせればそんなものでしょうね。
 電池が切れると充電に何時間もかかると、そんな内容もありました。

 そんなものでしょう。当然だと思います。電気自動車に関するこういう記事は読んだことないけど、長年にわたってノート PC のバッテリ持ち時間の短さと格闘してきた人間としては、「それくらいであったり前じゃ~んヽ(^O^;)ノ」と思います。

 価格がとても高いリチウム イオン充電池を使ったって携帯電話あのざまPC でもあのざま。積める電池容積が格段に大きいとは言え、夏の東京で 75 km も走るようになったか!と、その進歩に感心するくらいですね。

 もし今、電気自動車が環境に左右されず内燃機関自動車に近い航続距離を持つようだったら、それは電気自動車が 15年も 20年も前に『使い物』になって実用化&普及してきているってことですよ。そして 15年 20年分の大進歩をしているってこと。
 同じ電池技術が様々な機器に持ち込まれていて、携帯電話やノート PC くらいだったら、1分も充電したら 10日間でも2週間でも使えてしまうくらいになっているはず。

 ホンダとトヨタ、ハイブリッドは出しても電気自動車は出さないとーぜんだと思っていました。
 取材で「電気自動車は出さないのか?」と訊く記事を読んで、「アホか、この記者は」と。(自動車雑誌にあらず) あのトヨタが長年取り組んでいるハイブリッドですらまだまだ危ういってのに。

 電池切れで路上障害物となって渋滞を巻き起こす電気自動車が、来年から世に蔓延するんですかねぇ。(^^;)
 電気自動車は、まだ充電式ハンディ掃除機みたいなもの。充電式ハンディ掃除機を広い家全体の掃除に使う人がいないように、電池の現状と特性をわかって乗る人に限られてくれるといいんだけど。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.11

LOOX 活躍

 FMV LOOX U/G90N の働きぶりについて。

 総じて、予想していたより使ってますけど、字が小さすぎて、けっこう辛いです。「はじめに」の「テキストサイズ変更」で 140 % 設定をしてみました。それでぎりぎり。でもやっぱり辛い。歳だな~。(^^;;;
 表示の小ささが使用頻度をちょびっと落としてしまっている面があることを否定できません。その代わり、その小ささが、持って出るのに大きなアドバンテージ

 通勤電車&バスの中で、予想していたより使っています。両手持ちに親指うちのリブレットスタイルで、テキスト入力が中心。テキストエディタのフォントサイズを変えれば目に苦はなく、予想を超える使用頻度です。v(^_^)
 web ブラウザによる情報収集。外ではまだあまり使う機会がなく、白馬・新潟へのお出かけ時は休憩中にひっぱりだすことがなかったかな。お宿でよく使いましたけど。
 最寄り駅でバス待ちを兼ねて喫茶店に入ることも増えました。一服しながらテキスト打ちだったり、Pocket WiFi を用いた web ブラウズだったり。

 LOOX U/G90N が良いも悪いも、やっぱりその小ささに起因すると思います。

 字が小さすぎて web ブラウザの表示を見づらいことと、拡大すると表示範囲が狭まって見づらくなってしまうこと。(ブラウザのスクロールが本当にサクサクのレベルではないし) そして表示が小さいとポインターをスッと合わせることもしにくくて(アプリ上のアイコンも同様)、次々とリンク飛びしながら情報をたどっていくのが億劫に感じてしまう。
 親指でポインターを自在に動かし位置決めできるようになると、もうちょっと違ってくるかもしれませんけどね。膝上にでも置いて両手打ちをしながら中指でポインターを動かすのは慣れてきて、まぁまぁいい感じ♪ですから。

 んなわけで、落ち着かぬ状況でチョイチョイというわけにはいかないようです。まぁ、そりゃねぇ、携帯電話と同じようにはいかないですよ。(^^;)

 新潟駅構内のヨドバシカメラで展示機を確かめた限りにおいては。VAIO P ならやっぱり表示サイズに問題がありませんでした。実に実用的な表示サイズで、キーボードも広々としています。落ち着かない状況で、かつ急いでいるときであっても、サッ!サッ!と作業をできそう。
 しかし、VAIO P はバイク外出のとき持って出るのが億劫に感じてしまう大きさなんですよね。持って出ても、邪魔にしてトップケースへ入れっぱなしとか。通勤電車&バスの中で取り出す気にもなれそうにありません。ここらへん、Let'snote R3E と大差がなさそうです。そう判断して、長らく VAIO P に手を出さずにいたわけです。

 その点、LOOX U/G90N は、バイクで外出するときもタンクバッグ等に入れるのが邪魔でない。持って出なければ使えないのだから、持って出られることは実用性が高いと言えます。通勤電車&バスの中でも、座れさえすれば鞄から出す気になれる。

 あちらを立てればこちらが立たず。わかっちゃいるけど、悩ましく感じますね。mini PC は。もしどちらか一方を他人に勧めろと言われても、やっぱり「よく触ってみていいと思う方を選んでちょ d(^^;)」と言うしかないと思います。

 ちなみに、CPU パフォーマンスについては不満がありません。フル Windows 7 に Single Core だって、Hyper Thredding 込みで2GHz もあれば mobile 機として十分です。CASSIOPEIA FIVA 101、Jornada 720、EM ONE と使ってきたテキスト ライティング マシンの後継と認識していますし。σ(^^)
 今どきどこでも使えて当たり前のネットを利用する端末として、その働きも求める気持ちからは問題を感じないわけではありません。それはグラフィックのパフォーマンス。動画性能は求めちゃいないけど、ブラウザのスクロールがもうちょっとだけサク!サク!だったらなぁと思います。来年初頭に出てくるらしい次世代 Atom プラットフォームに期待ですかね。自分はもう買えませんけど。

 んで、結論。Let'snote R3E 同様、6年は使うじょ。(^o^)

 んが、開発時点でできることを全部盛りする傾向を感じる富士通製品は、逆にあまり長く使えたことがありません。6年間、何事も起こらなければよいと、ちょっと心配しています。f(^^;)

 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

台風で『夏』 (^o^)

  戸隠の蕎麦屋

 今日の東京。大手町でたぶん 31 度台。32 度に届くか届かないか

 言うまでもなく当然、風がなければ 33 度を超えている時期です。35 ~ 39 度は少なくなっても、まだ 33 度は普通に超える時期でしょう。

 ところが、昨日今日は違う。(^_^)

 台風性の風がヒートアイランドの熱気をぜんぶ吹き飛ばして、南洋の暖かな夏の空気で東京を覆っている印象。
 おかげで自分が表現するところの『になっていず、『だ!といった感じ。

 バイクでお出かけしている人、登山や海水浴の人々にとっては、台風性の風や不規則な強雨が迷惑なことでしょう。
 でも、おじさん σ(^^;) は助かっています。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.09

我が家の次世代 TV

 ときどき話題に取り上げているネタ。アナログ停波と TV 買い換えのこと。
 現在、1988年製の 20 inch CRT TV (松下製)です。 ← さすが松下、壊れない

 んで、ほどんど見ない奴なので、やっぱり買い換える気になれずにいます。(^^;) 珍しくそろって夕食をとるとき、テレビ東京(12ch) の旅館紹介番組を、場の賑やかしにつけておくくらいですから。

 F1 もまったく見なくなって3年にはなる。モータースポーツ以外のスポーツはオリンピックすら興味がないし、ニュースも選挙結果も、べつにネットでいい。バラエティ番組はもちろん、ドラマも見ない。映画も同様。ニュースショー番組も、ドキュメンタリーの類も、見る気を失っている。
 そしてジャパネット タカタの話芸と品揃えに特段の興味を持つわけでもない。(笑)

 要するに、見る番組がほぼ0なのです。なのに何万円もかかるのは、電気オモチャ散財好きの ぽてちでも、散財の楽しみすらわき起こって感じないんですね。(^^;)

 ぽてち的には、このまま TV を見られなくなっても構わないと思う。

 災害時だって、TV を見られるときは電気が来ているということで、ほぼイコールでネットが使えるということ。断線さえしなければ。って、光ケーブルが断線してれば、電気も断線の憂き目でしょう。通る電信柱は同じだもの。ネットが使えない、ほぼイコール TV も見られないわけです。
 復旧までの早さは違うでしょうけどね。でも、ネットがだめなら車のラジオがある。充電池とガソリン発電機付きっす。(笑) 電池駆動の携帯ラジオもある。

 すなわち、日常的に見る番組がほぼ0だと、価値もほぼなのです。

 しかし、「このままだと TV を見られなくなる世帯が発生してしまう」と、だいぶ深刻な事態がやってくるような書き方をしている報道記事を見かけます。するとなんか、ちょっと考えてしまいます。何か手を打っておいた方がいいのかな?と。
 そこで、以前から頭をよぎっていたことを、実際に試してみました。お金をかけず、死蔵状態にある手持ち機材で対処できそうじゃないか、と。

  

 使えますね。災害時の情報収集なら、これで十分だと思いました。よしよし。(^_^)

 だけど~、TV を見られないことって、そんなに大問題なのだろうか。国の予算を使ってチューナーを配布しろとか、停波を延期しろとか、そこまでするほど重大なこと?と。やっぱり釈然としないものがあります。

 あらためて考えてみると・・・ 国だって真には困らない。開戦や敗戦の放送みたいな重大な政府広報は、TV でなくても何らかの方法で伝わってきます。真に緊急なら、区の有線スピーカーをも使うことでしょう。

 TV を見られなくなる世帯が多数発生して深刻なのは・・・ な~んだ、広告単価の説得力が減じたら困る TV 局各社じゃないのさ。(^_^;)
 好きなら買って見ればいいけど、嗜好も興味ない人間がお金を使う必要ないわさ。σ(^_^)

 その費用で、色再現性に優れた高性能ディスプレイかレンズ、はたまたバイク用ウェアとパーツを買うですよ。(^o^)☆\バキ
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.08

UDX AKIBA IHI 夏祭り

 だそうです。

  

 着いたときは TV で見たことのある漫才コンビが芸を披露していました。プロ野球ネタを多く披露する芸人です。TV 芸能に興味ないので、そそくさと通り過ぎてしまいましたが。

 けっこう賑わっていて、UDX の建物沿いの歩道に屋台がずらり。着いたときも、帰るときも、メインステージ前にかなりの人が群がっていました。テーブルと椅子をたくさん出してあって、帰るときは飲み物で涼みながら楽しんでいる風の人がたくさん。

 特段の集客効果の程は疑問です。だけどいいですね。こういうのって。

 秋葉原へは、べつにあても無く。バテ気味で暑く感じて本格的な外出をする気になれず、だけど家にいるだけもつまらないから。涼しいところでコーヒーを飲みながらコメント書きでもしようかな。バイク乗れるし

 そう思って、ぷらっと。最後のところが大切ですね。(笑)

 昨日は暑い最中に洗車をして、一息入れてからディーラーへ顔出しとライコランド東雲へ。ディーラーへは先週のお礼を言うつもりで、ライコランドは高速道路上で失ったタンクバッグのレインカバーを注文するために。
 特に昨日のうちに実行しなければならないことでありません。だけどバイク乗れるし。(笑)

 時間と体力&気力があれば、乗っていたいようです。σ(^o^;)

 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.07

完熟白桃のエクスタシー

 岡山県は一宮地区清水の白桃だそうです。桃の名産地出身であることがわかった相棒の会社同僚に依頼して、送ってもらいました。

  

 完熟♪。かぶりつくと、はじける香り。ほとばしる果汁。めっちゃうま♪ ヽ(゚▽゚)ノ

 面倒くさがって果物を食べない ぽてちが、桃と みかんだけは自分から食べます。子どもの頃から食べ馴染んでいる みかんは別として、桃だけは、面倒を圧す価値がある。(笑)
 いっとき住居していた兵庫県のとある町、そこの特産品とも言える完熟桃で味を占めてからのことです。v(^_^)

 東京では、デパートでも、お高い系スーパーでも、有名な高級果実店でも、いくら高い値段を出しても、とある町の完熟桃や今回の白桃のように美味しい桃を買えないんですよね~。(^^;
 流通の時間を考慮しなければならないから、熟す前に収穫せざるを得ないのでしょう。

 桃は完熟に限ります。とある町にタイミングよく行ける機会があって、たまたま飛び込んだ農家にたまたま余分があると買える完熟桃。「冷蔵庫に入れても明日中には食べてくれ」と言われるような、完璧な完熟桃・・・
 よ~く冷やしてかぶりつくと、めちゃめちゃ!幸せっす。(笑) 来年、時期に行けるかな~。

 とりあえず、こいつだ! (^◇^)

  

 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6気筒エンジンを見て思う

  

 白馬ミーティングで Concept 6 を我が目で見て、あれこれ。いつものように目はエンジンを向いていたわけなのですが。

 このエンジン、どんな車種展開をするのだろう?

 それが、あれこれとつらつら考えるネタになりました。

 予想外のところで、K1600 GT だか LT だかが、このエンジンを使うようです。BMW の DE サイトに出ている情報や、画像からして間違いのないところでしょう。

  動画のキャプチャ画像

 グランド ツアラーに載せてくることを予想外としてしまったのは、Concept 6 に騙されたという感じかな。(笑)
 直列6気筒横置きというとホンダ CBX のイメージがあって、アホのように幅広で重く、邪魔くさいはずだと思い込んでいたのも敗因です。

HONDA Collection Hall   

 CB1300 で大きく立派に見せることにも価値を置いたバイク作りの思想に触れていて、CBX の開発意図がやっぱり「すげぇだろ (^。^)」だと理解していること。それで、バイク用の直列6気筒なんてアホなものは、邪魔くさく作るに決まってると思い込んでいたのですね。f(^^;)

 今でもアホなものだと思うから「どう使うのだろう?」と考え込むわけですが、実物は思ったていたよりもだいぶコンパクトに見えました。
 幟の1車種で終わりそうな気もしますが、このサイズならば、もしかしたら他に使い道があるかもしれません。

 考えてみれば、今どき単一車種のためにエンジンを新しく起こすなんてアホなこと、量産メーカーができることではないですね。高額車に絞っていて販売数が少なくても、BMW はやっぱり量産メーカーです。逆に言えば、量産メーカーの資金と設備と技術と人材がなければ、エンジンなんて作れません。

  

 いくら K1300 のエンジンを切った貼ったしたものだと言っても、これは新エンジンですよね。開発費がかかってる。小改変バージョンを含めて相応の数を売って、回収しなきゃならない
 4輪車のように、ブランドの地歩を確固として固められたところが1台を 1500万、2000万の値札をつけてもそれなりに売れるなら、単一車種専用エンジンもアリでしょう。でも、しょせんは2輪。画像を見る限り、500万円の値札も難しいはず。

 とーぜん、複数車種に乗せることを考えているはず。

 K1600 RR? ないない。(笑) んな大きく重いもの、競争に使えない。

 K1600 GS? ないない。(笑) んな大きく重いもの、悪路で使えない。

 あるとしたら、GL1800 GOLDWING 的なラグジュアリー ツアラーかなぁ。画像のバイクは欧州市場向けの GT で K1300 のノウハウを多く使って手早く出し、いずれはじっくり作った北米市場向けLT を出す、と。
 北米市場の購買力は底知れぬものがあるそうですから、いずれ LT で回収を図る意図で、自分たち好みの GT はお先に作っておくとか。(笑)

 意外なところで、ストリート ファイター タイプがあるかもしれません。ファイトが目的でなく、プレジャー目的で。 (バイクでなく)6気筒エンジンに乗っている感や、(バイクでなく)6気筒エンジンを振り回す感、そこを目的としたプレジャー バイク。
 プレジャー目的ならば、直列6気筒なんてアホなものだって、大アリですよね。アホくささが楽しいのだもの。(^。^) お金がある人ならば、そんな遊びに 300万円だってアリなはず。

   


 そう考えると、Concept 6 のコンセプトをそのまま市販車のレベルまで仕立てたものが出てくるのかもよ。
 意外や意外、Concept 6 は本当にコンセプト モデルなのかもね~。(^o^)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.06

チャージ待ち

  お見事!

 ばたばたしている間に、こんなものが発表されていました。> LUMIX DMC-LX5

 う~む・・・ さすが松下。さすが。これほど要望を満たしてくるとは。

 要望に不足する機能、レンズシャッター。懸念、パナ絵。
 引っかかるのはこれくらい。ほぼモンク無しですなぁ。

 素子サイズ、コンデジならいっぱいでしょう。画素数を抑えてあるところは好感。できれば 800万画素以下に抑えてほしいけど、1000の大台を切るのは営業的にあり得ないと理解はする。EVF も付けられる。ステップ ズームも使えるし、オフ時に記憶しておいて復帰するらしい。カスタマイズ セッティングの記憶モードもある。
 あとは露出補正の操作性だけど、たぶん心配に及ばぬことでしょう。懸念、一つ消える。RAW データを Nikon Capture NX で扱えないことは、Nikon の問題で打つ手無し。

 ふ~~む・・・

 暑く感じるようなってからだけでも NAS キットHDD 4機、そして mini PC扇風機無線 LAN AP一太郎2010 Windows Anytime Upgrade Kitオイル&フィルター交換仮眠用マット、とどめにお泊まり外出と若干のお土産でお金を使い切っちゃっています。実は夏グローブも買い増しているし、予測外の猫の手術でけっこうな額が飛んでいったし。

 書き並べてみると、すっからかんな訳がよくわかる。ヽ(^▽^;)
 財布チャージ待ちですね。(^_^;)

 よし! 自分を騙す言い訳だ!

 Nikon から、来年頭にミラーレス機が出るかもしれないらしい。Coolpix の画質配慮機が、モデルチェンジするかもしれないらしい。チャージ待ちしながらそれらの動向を見守るのら!

 騙すも何も、鼻血も出ないのが現実っすが。v(^^;)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.05

夏じゃないよ

  アルビン ホワイト

 連日の 33 ~ 35 度で、日によっては 36 度を超えてマスコミが騒ぐ。最低気温が 25 度を切らず、熱気のこもる谷間に建つ うちのような安作りの家は、未明時でも部屋の中が 27 ~ 30 度。

 これは『じゃありません。突然、気づきましたよ

 タイムカプセルで 30 年前の自分と話したら、絶対に話がかみ合わないです。『夏』の中身が違いすぎていて。
 40 年前になると、東京都心だって 30 度を超える日はそうそうありませんでした。超えても時間にしたら1時間や2時間。夕立が降る日が多かったし、降ればもう一息つけて、暑い晩だって扇風機があれば眠れた。風邪をひくから、回し続けは御法度だった。

 なのに、今はどうよ。(^_^;)

 これは『夏』じゃない。1985年頃から日本は五季になったのです。(東京都心で熱界雷の集中豪雨が発生したのは 1987年)
 『夏』は一瞬で過ぎ去り、7月8月の多くの期間が『とでも言うべき別物の季節なのです。

 ぽてちは気づいたゾ! 気象学会の怠慢に!(違)

道の駅 中条   

 わかってます。だから何だ?っての。(笑)
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜多方から裏磐梯高原経由、東京へ

 タイトルですべてが語り尽くされていますね。(笑)

 国道 495 号で喜多方市街へ出て、道の駅 喜多の郷スタンプをポン♪ 生まれて初めてです。(=^^=)
 せっかく白馬まで行っておいて市振の関へ回っていないのですから、スタンプ ラリーが完成することはないでしょう。でもまぁ、見たことない景色を見るために回り道をする心理的な追加ネタということで、道の駅を目指しました。

 喜多方です。ラーメンですね。(^_^) ・・・食べていません。ヽ(^O^;)ノ

 食べたら、たぶん、眠くてどうしようもなくなる。そう判断しました。(^^; お腹は減っているけど、汗だらだらのフーフー状態で体が食べたがるものでもありませんでした。代わりに皮付きとうもろこし3本と枝豆3袋をお土産に買って、移動を続行です。

 ここでまた悩む。スタンプを一つ押してみると、二つ目が欲しくなる。(笑) ということで、那須を目指そうかな?と。
 日陰のベンチでたばこを吸いながらツーリング マップルを見て検討・・・ もし目指すなら、国道 121 号で会津若松を縦断して会津下郷まで行って、国道 289 号(甲子道路)で甲子高原へ、そして那須へと向かうのがよさそうです。高速道路を途中で降りて寄るのは、料金が高くなるからボツ。面白みも無いし。

 う~~~ん・・・ やっぱやめ。(^^;;; 家に着くのが遅くなります。明日は仕事だし。猫も待ってるしぃ。(^o^) って、ぜんぜん待っていませんでしたけど。(^_^;)

 そこで当初のもくろみ通りに動くことを決定。国道 459 号へ舞い戻って裏磐梯高原に上がり、涼風を浴びて、猪苗代磐梯高原 IC から磐越道に乗って帰る、と。

 檜原湖の手前にある道の駅 裏磐梯で再び休憩&遅い昼ご飯。昼ご飯は「会津のべこの牛乳1本で終わり。(^^; いやね、食べたら満腹するまで止まらなくなって(笑)、絶対に眠くて眠くてどうしようもなくなりますから。(^^;

  

 高原に上がると、さすがに涼しくなりましたよ。(^。^) ところによって違うけど、だいたい 26.5~27.5 度といったところ。檜原湖の奥の方、国有林の中では 25 度まで下がりましたともさ。(^。^)
 そして喜多方から檜原湖まで上る道と檜原湖の周回道路を快走できて、気持ち良いひととき♪

   

 猪苗代磐梯高原 IC 手前で給油するまで、新潟から 181.8 km でした。一般道だけで山道をたくさん含んで、暑い中をよく走った走った。
 この後、帰り着くまできっと 280 km あるな。そう考えながら磐越道に乗って、帰り着いたらドンピシャ!
 うち 230 km ほどの磐越道・東北道は、そのほとんどをクルーズコントロールで走りました。普通なら同一の姿勢を強いられて、力を抜くことができなくて結果的に上体を支え続ける右手のひらが痛くなるのですけどね。姿勢を変えられて、とても助かりました

 3泊4日のうち移動をしたのは3日間。総移動距離が 987.7 km で、一日あたり約 330 km体力と根性のない ぽてちにしては、過酷な環境下をよく走りました
 メッシュの上下にメッシュのグローブ、そしてメッシュのシューズ。肌着もメッシュの涼感シャツで、さらにはメッシュのアンダーパンツ。どとめにクールマックス素材のヘルメット インナーと、あれこれ整えてきた装備が集大成となって威力を発揮した、そんな真夏ツーリングでもあります。
 志賀草津道路ツー、奥日光温泉ツーと、暑さに体を慣らしてこられたのも、きっと効果を発揮していることでしょう。

 これをできるツアラーを求めていたのです。これまたドンピシャ!\(^o^)/

 K1600 GT にエアコンが付いていたら、買い直しを考えるかも。(笑)

 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟から福島入り、そして軽自動車の未来

 お泊まりお出かけ最終日の3日(火)。 前の晩にお宿の駐車場で隣に駐まる F800 ST を見た他は BMW バイクを丸一日以上見てないし。ここまで来ると白馬のことが頭から薄れてきて、新潟へ出かけてきた気分になってきます。
 なってきた頃に離れるのが、お出かけってやつですね~。気持ちの持ち方次第では仕事だったわけなんですが、気持ちの持ち方・動き方で、今年は旅行かな。(笑)

 新潟市内は午前中の早い時間から 31度や 32度あったようです。話に聞いていた通りですね。東京みたく広大な範囲がアスファルトとコンクリートの海となっているわけではなく、あふれかえるほどの数のエンジンとエアコン室外機がガンガン熱を出しているわけでもない。なのに、けっこう暑いところでした。
 市街からちょびっと走るとこの景色。新潟中央 IC のすぐ近くです。

  

 米どころですね~。って、そういう話でなくて、暑さのこと。これだけの環境で暑いのだから中学かどこかで聞いたフェーン現象なるものの影響なのか、それにしては湿度が高いぞ??とか、頭がすっきりしない ぽてちでした。(笑)

 朝食で意識して塩分を多くとったのは正解だったかもしれません。汗をだらだら流しながら国道 49 号で福島県を目指しました。阿賀野川を越えたところまでは、片側2車線の素晴らしいバイパス道です。すぐに普通の地方国道となるけど、まぁ普通の国道です。
 まもなく山間の雰囲気へと入っていくのですが、いつまでも、だ~いぶ暑く感じましたよ。(^^; じりじり照られて、そしてむんむんと、蒸し暑い(^^;;; 1時間も走っていないのに、休憩(飲み物摂取)タイムをとることにしてセブンイレブン駐車場に飛び込む。

 奥の方にバイクを駐めて、これな~に?

   

 どうやら、刈り取った稲を干す木枠の骨のようです。そっか~、もう準備開始なのですね~。(^_^)

 そしてもう一つ、不思議に思ったこと。これは走っていて気づいたのだけど、山間に入ってきたのに全然涼しくならない。そして阿賀野川が、悠々と静かな川面を見せていること。
 普通、これくらいの山間を流れる川は、もっと狭く、もっと浅く、もっと急流になっているもの。これまでの見聞をもとに、自然とそう考えます。が、違ったんですね~。広く、深く、悠々とした流れっぷり。

 ふと思い立ってナビのボタンを押してみると、なんと標高がたったの 56 m ばかり。周りの山景色に勘違いしていましたが、これってほとんど平野の標高。埼玉の熊谷あたりだってもっとあると思いますよ。うちのすぐ近所で坂を上がると海抜 25 m の標識があったのですから。
 ほとんど平野の標高に、山々が迫っている地形なのですね。そりゃ暑いわけで、流れがああであることも納得です。また一つ、新たな景色を発見♪ 色々なところを走り回ってみるものですね~。(^_^)

 道路途中にある気温表示が 32度とか 31度を表示したままなかなか涼しくならずに福島県入りとなりました。そして福島県入りするなり国道 49 号を離れて、国道 459 号へとシフト。本格的に山の中へ。一段涼しくなりました。
 これがなかなかの山道。政治の力で地方道を国道に昇格させたうちの1本だな、といった感じ。里を通り抜け、山を越え、里を通り抜け、また山を越え・・・ 里と里を結ぶ山道は、多くの部分で普通乗用車がすれ違える今どきの道路になってきています。

  

 この写真で普通くらいかな。昔ながらの狭いところが残っているし、中央車線があるほど立派に整備されているところもあるけど、多くがこんな感じ。県道時代に整備が進んだ部分でしょう。
 そして現在も、道の拡幅や付け替えの工事をあちこちで行っていました。これは GS 向けじゃん?(^^; と思う砂利の畦小道を迂回路として指示されて、300 kg 近くあるロードバイクに荷物満載でゴトゴト・・・

 ここ数年、軽自動車の販売が好調だそうです。だけど、軽自動車は大都市圏のものになっていくかもしれません。道路を見ていて感じます。

 地方は道路整備がガンガン進んでいます。小道が主要道として未だ残るのは、だいぶ山間の山村の、その中くらい。人々も、マスコミがネタにするような貧しさはありません。(今の時代は逆に、大都市圏ほど多いもの)
 ならば、限られたフットプリントの中で虐げられた設計のサスペンションと のっぽさんボディで安定せぬ軽自動車より、安定性がより高く重量相応なトルクもある小型普通自動車の方が絶対にいい
 実際、地方道を走っていて見かける若い女性が、小型の普通乗用車にシフトしつつあると見えます。失われた 10年期は、バブル期に売れた 1.5~1.8Lクラスの背の低い車から軽自動車にシフトして見えたけど、再び小型普通乗用車にシフトして見える。1.0~1.3Lの小型普通乗用車が、だいぶ使いやすく、かつお手頃になってきましたものね。

 地方の軽自動車「馴染んでいるこの大きさがいい」と言う高齢者と、「買ってやるのは軽。ちょっと安いし、十分だろ。普通車がよければ不足を自分で足しな、ちょっとだし」と言われる新入学生のもの。そして狭い私道(あぜ道等)を走る軽トラを必要とする人奥深い山村に住む少数の人々のもの。そうなっていく気がしました。
 自然と、軽自動車は都会の風物になっていくのだろうな~、と。

 ホンダは 1.0~1.3Lの小型普通乗用車の開発を急がないといけませんね。マーチより小ぶりに見えるくらいのサイズで。ベーシック グレードは、他社と比べて5万円高く見えるホンダ軽自動車の価格+5万円程度で。できれば、ホンダが勝ちパターンに入ったときお約束の、ユニセックス系でプレーンなデザインを。アジア市場の男性を意識した少年っぽいデザインのままは絶対にダメよ!(^O^;)
 デザインと要素技術の投入は市場ニーズより5年早いのに、市場ニーズの移ろいにマッチする商品の投入は1モデル遅れ。いつものパターンだけど、急げ~。(^o^)/

 ぼぉ~っとツーリングをしていても、自動車産業の動向に目と頭が向かう ぽてちです。って、いつものことか。(笑)

 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.03

987.7 km 走って帰着

  

 総走行距離 987.7 km 、総燃費は 19.34 km/Lでした。
 ガソリンの消費量は約 51Lの¥7,196-  RX-8 の半分弱かな。

 今日の走行は 461.8 km でした。猪苗代磐梯高原 IC で高速に入る手前で給油して、いつものスタンドで給油するまで、20.34 km/L。立派立派。(^o^) ほとんどずっとクルーズコントロールで走行していました。

 とりあえず帰着記念。
 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.02

新潟へ移動

 さて、新潟への移動のこと。戸隠でツーリング隊と分かれて信濃町 IC まで降りて、長野道の信濃町 IC へ。が、なんと渋滞の掲示が出ているじゃありませんか。(^^;) そこで唐突にルート変更を決意しました。

 どちらにしようか、分かれる直前まで悩んでいたのですけどね。信濃町 IC から上越 JCT 経由のオール高速道路と、信州中野 IC までツーリング隊といっしょして、中野から飯山線沿いに越後川口を目指すルートと。
 時間をとろうと思って信濃町 IC へ出たけど、急遽変更。時間はかかるけど、暑い中で渋滞に入るよりは良かろうと。さらに、気温が1度や2度は低いことを期待です。BMW ツアラーの、運転が楽ちんなところが選択肢を増やしたとも言えましょう。

 信濃町 IC 脇の道の駅でトイレ休憩をとり、地図を確認して、やはり白馬帰りの神戸ナンバー RT の方と一声かけあって、Go!
 休憩中に見ていると BMW バイクが時折現れて、高速道路へ入っていきました。みんな白馬帰りなのでしょうね。(^_^)

 信濃町 IC から野尻湖の近くを通って飯山へ出る県道の途中、走行中のこと。ヘルメットのてっぺんに突然 パチーン☆!と何かがあたりました。だいぶ硬質のものがあたった音色。帽体が高周波で短く響くのも感じられました。金属だと思うたです。峠道の途中でなぜ金属が?
 正体はこれ。

  十日町で休憩中に撮影

 正確にはわかりませんが、堅い木の実を含んだ鳥の糞爆撃とか? だいぶ高いところから落とされれば、あれくらいの音と響きもあり得るのではないか?と。
 自然豊かなところは予測を超える事態が起こりますね。ツーリングも冒険っす。(笑)

 飯山で国道 117 号に出てからは汗だらだらになりました。気温計も 31 度くらいを表示。気温だけが理由でなく、やっぱり湿度で暑く感じられました。
 津南くらいから曇ってきたのですけどね。ダメ。汗だらだら。ヘルメットの中が暑くて暑くて、気温よりは湿度で感じられて。けっこうヘバリました。十日町でセブンイレブンに飛び込んで、飲み物2本! 上の写真はそのとき撮ったものです。

 越後川口から関越道に乗って走行風を十分に浴びられるようになって・・・ やっぱりダメ。疲れていたのでしょうね。蒸し暑さ耐性が落ちていたようです。

 国道 117 号を初めて走ったのは、ちょうど 20 年前。親父の初代レジェンド、マイナーチェンジ後 2.7Lモデルでした。エンジンがシュンシュン回って、ハンドルも手応え少なく@@回って、変わった上級車でした。
 あのときと比べると、多くの部分で新道が作られていて、ものすごく走りやすくなっています。少し工夫をして、ところどころで2車線化したら、遅い車をパスできて最高なんだけどな~。

 大型二輪だとまだマシですけどね。ときどき現れる追い越し可能部分でビュン!と抜けますから。対向車が来なければ、ですけど。ときどき抜いてはまた前を抑えられ~の繰り返し。
 少なくとも関東甲信越一帯は、ほぼどこでも、車で日中にストレスフリーなドライブをできない道路環境だな。我が好みに近い車が登場したとしても、やっぱり二輪メインのままでいた方がいいのかも。そんなことを考えつつ。

 関越道ではちょっと感動です。三条燕のあたりから、道路の左右に一面の田んぼが広がっていました。延々と。日差しがもどってきたから、稲の緑がきれいな絨毯になって見えて。ずっと、広大な絨毯。すごいな~♪(^o^)
 広大な絨毯のず~っと先、とぉ~くに高層ビルがいくつか朧気に。きっと新潟だ~!

 新潟は初めてなので、足を踏み入れるだけでだいぶワクワクです。(^_^)

   
  にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬から離れた日曜日

  

 BMW バイカーミーティング in 白馬2日目となる日曜日は、ディーラー主催のツーリングが朝一番から白馬を離れる行程だったため、会場に行っていません
 たしかに、初日に雰囲気を一通り楽しめたし、特に参加したい・見たいイベントがあるのでなければ、高原の涼風を浴びて走り回るツーリングに時間を使うのが正しいかな。

 ミーティングは、ネットで知り合った人たちと示し合わせてオフミになるとか、そういうことにも利用できるイベントだと思いました。が、自分はそういう示し合わせもしていないし、blog で拝見する方々のバイクを発見する遊びも考えたけど、多くの人々が入れ替わり立ち替わりになっているので短時間では遭遇率がだいぶ低いことでしょう。
 そこで、お昼までディーラー ツーリングのお世話になることにしました。ツーリングは休憩ポイント毎に途中離脱 ok 。新潟への移動ルートを悩みながら、戸隠神社まではついていくことに。

 で、自分一人で移動するときより走行ペースが速くて、楽しかったです。(爆)

 一人だと、ブラインドの向こうから現れるかもしれない対向車が気になって、だいぶゆっくりになってしまいます。20台ものツーリングで真ん中より後ろに位置していると、対向車が来たときは前のバイクたちの動きでわかりますから、安心して走ることができますね。
 一人のときより速いと言ってもごく常識的な範囲で、ブレーキはほとんど暖まりませんでした。それくらいがいい感じ。さすが、営業氏が諸々に気を遣いながら引っ張ってくれていただけあります。

 営業氏と言えば、お昼に分かれた自分にまで無事到着確認の電話を入れるなんて、感心しました。この調子で気を遣い続けてくれていることを感じ続けた2日間。彼にとっては仕事とは言え、目配り気配りのし続けは、誰でもできることではありません。感謝々々。(^_^)
 お礼にちょっと宣伝。(笑)

  

 戸隠神社まで上がるのは初めてです。

十割蕎麦   

 んまかった♪ 香りがいい♪

 でも思うんですよ。こうして蕎麦どころで蕎麦を食べたとき、いつも。東京から つゆを持って行って食べられたら、どれほど美味しいことかと。(爆)

 
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »